一緒に会社を運営していた友達の横領金を1期から3期まで、立替金にしていましたが、4期に新しい税理士さんに『立替金』について、相談したところ、「本来であれば、未収入金の方が正しい」と言われ、4期決算で、『未収入金』に変えました。
変えて良かったのでしょうか? 今後、融資を受ける際にも問題にならないでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

横領損失 999  / 売掛金  999


という仕訳は、売掛金を回収した者が、それを横領してしまったときに起こします。
売掛金を支払った取引先に取っては、支払債務が消滅してるのですから、債権者も債権消滅させておくべきだからです。

一言で横領と言っても、上記のように「売掛金を回収した担当者が、その金を使い込んでしまった」ケースもあれば、会社にある金庫から現金をパクってしまったケースもあるでしょう。
それぞれに仕訳は異なるべきでして、なにが正しいというのは、事実をみて判断するしかなく「横領されたら、とにかく売掛金が相手勘定だ」というのは乱暴に感じます。

現金なり預金がどこかに行ってしまってるのですから、貸方は現預金となります。
その原因はなんだろべ?となります。
借方の勘定科目はどうすべ?ですね。

未収入金としましょと言う税理士の意見は、現状を把握して言われてるのですから、受け入れればよろしいと思います。

返済してくれなくても良いとして「給与」などの経費科目にしてしまう手もありますが、果たして「それって営業上の経費ですかぁ?従業員に現金をパクられるって損失には違いないですが、経費性はないでしょ」と税務署員に突っ込まれたら、困ります。
    • good
    • 0

現時点では、横領損失は売掛金として扱い、その分を未収入金とするのが正しいと思われます。


横領者から賠償が得られた時点で、消すワケです。

一方、刑事訴追や賠償を請求しない方針であれば、給与として計上することになりますが、労働契約を解除していれば、寄付金となります。

「融資を受ける際にも問題にならないか?」に関しては、「問題の本質」に照らして考えるべきで。
上述とも関連しますが、そもそも加害者に対し、刑事訴追や請求権を行使するか?と言う『方針』が、不明瞭です。

たとえ友達であろうと、「横領は許さない」と言う姿勢であれば、賠償を得ることで、冒頭の処置が可能であり、問題は無いワケです。
逆に、友達の元従業員に対し、温情ある穏便な処置を行うと言うなら、給与や寄付と言う処置も、まあアリでしょう。

しかし、それを「立替金」などで、その場しのぎで、判断や問題解決を先送りすると言う姿勢が、銀行や取引先などから、最も信頼を失うやり方かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/07/07 08:40

「立替金」は、業務上一時的に立替払いした時に使うもので、出来るだけ早く回収すべきものです。



横領による焦げ付きは「不良債権」であり、取りあえずは「未収入金」や「貸付金」扱いとしますが、回収の目途がないなら出来るだけ早く償却(損金処理)すべきです。

また貸借対照表上では流動資産のひとつですが、資産価値のないものですから、科目が立替金だろうが未収入金だろうが、実態修正してマイナスされて見られるので同じことです。
というより、いつまでも不良債権を残したままにする経営姿勢は、決して良い方に評価はされません。
    • good
    • 0

立替金でも、未収入金でも資産には変わりないので、融資等では一切関係ないと思われます。



横領されたと言うことであれば、何れは返金・入金されるのかという可能性を考えると、
ほぼ間違いなく帰ってくると考えられる、一時的な立替金より
相手側の倒産、今回の場合は個人の自己破産等によって、回収できない可能性がある、という意味で
未収金という勘定科目の方が適していると、税理士さんが判断されたのだと思います。

問題ない、適当な科目振替だと考えられます。

参考までに。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛金に含まれる立替金の仕訳を教えてください。

経理を自力でやっている、素人経営者です。
外注業務として行った作業について、発注先より売掛金として振込み入金されるのですが、その中に個人的に立て替えた文房具代や交通費が一緒に振り込まれてしまいます。
すべてを売り上げとして処理すれば簡単なのですが、課税対象となってしまい、また無用な法人税や消費税が掛かることになるため、できれば別に仕訳をしたいと考えています。
現在使っている経理ソフトでは「諸口」のような入力方法ができないため、困っています。
請求時には売掛金として、「売上」、「交通費」「立替金」の3つに分けて仕訳を行っているのですが、入金時に普通預金に一括して振り込まれた後の仕訳方法がわかりません。
そのままでは当然ながら、「交通費」と「立替金」がマイナスになったままとなってしまいます。
また、立て替えた交通費と文房具代は、後日個人として会社へ請求して支払いを受けることになるので、個人の立替金を一旦会社へ預ける形になり、会計上問題がないか不安です。
素人にもわかりやすいアドバイスをいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

交通費は、会社が中抜きとか増額とかせえへんと、受け取った金額をそっくり渡すのやろ?ほいだら、仕訳に交通費そのものが出てこなくて一向に構へんのよ。

税務署に対しては、そのとおりで、請求書とか見せろ言われたら出せばええ。

請求については、別個にせんでもええよ。一括で請求して構へん。内訳書とか内訳欄とかで内訳が分かれば十分よ。

既に仕訳で分かりやすいんが出とるもの、そちらの回答さんも参考にしてな。「預り金」か「未払金」かは、きっちり言うと契約内容とか関わってくるけどこだわる必要ないもの、どっちゃでもええ。あなた自身で分かりやすいほうを選んでええよ。

Q前払金と前払費用の違いって?

簿記を勉強しているのですが,前払金と前払費用の
違いがいまいちよくわかりません。
役務の提供があるかどうかで区別するのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

企業会計原則注解5には

 前払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、
いまだ提供されていない役務に対し支払われた対価をいう。
従って、このような役務に対する対価は、時間の経過とともに次期以
降の費用となるものであるから、これを当期の損益計算から除去する
とともに貸借対照表の資産の部に計上しなければならない。
また、前払費用は、かかる役務提供契約以外の契約等による前払金と
は区別しなければならない。

とあります。

【前払金】は役務の提供がまったく行われていない場合に用いられ、
【前払費用】は継続的な役務の提供という契約の一部が行われている場合に用いることになるかと思います。

Q簿記仕訳 未収金?立替金?売掛金?

簿記の仕訳問題で疑問がありましたので質問させて頂きます。

問題は以下です。
栃木商店へ\500,000を売り渡し、代金のうち\300,000については、かねて当店が群馬商店を受取人、茨城商店を名宛人として振り出した為替手形を裏書譲渡され、残額については月末に受け取ることにした。なお、栃木商店負担の発送費\5,000については小切手を振り出して立替払いした。

になります。また、この問題では勘定科目に「立替金」がありません。

この問題の解答で、借方が
受取手形\300,000
売掛金  \205,000
となっていましたが、この「売掛金\205,000」が分かりませんでした。

受取手形\300,000は大丈夫ですが、その他の借方は
未収金\200,000
売掛金 \5,000

にはならないのでしょうか。立替金勘定がないので、先方負担の発送費を売掛金とするのは分かりますが、そうすると未収金も売掛金になるということでしょうか?

詳しい方、ご指導宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

簿記3級の試験問題ですね。

まず大まかにいうと
売掛金というのは、仕入や売上に関する仕訳の時に使う科目です。
たとえば○○商店に商品を売ったけど代金はまだです、掛ですなんて時。

そして未収金というのは、仕入や売上に関係ないもの対して使う科目です。
たとえば備品、建物、売買目的有価証券‥などが相手科目の時。問題としては、備品を売り渡したが、代金は月末に支払われる、などが多いかもしれません。
この問題では商品の売り渡し=売上の仕訳になるので、未収金が出る幕ではありません。

駄文失礼しました。
分かりにくいとは思うので
なにかあれば聞いてください。

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む

Q保険金収入があったときの仕訳

おはようございます。
店舗内のガラスが割れてしまい保険会社より保険金が振込されました。

↓以下の処理をしようとしているのですが正しいでしょうか?
保険金収入は不課税処理

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
******* 修繕費  / 当座預金 *******
******* 仮払消費税/
※まだ決まってないので***
----------------------------------------------------
社内の人に聞いたら、相殺で残りは利益にと言われました。
(仮受金でとっておき修理の請求が来た際に相殺、あまりを雑種とのこと)
総額主義の原則に基づくと相殺は間違った処理だと思うのですが、それでも宜しいのでしょうか?上記の仕訳意外に処理方法などあるのでしょうか?

過去の質問等を拝見しましたが不安で質問させて頂きました。
新任で色々と行き詰っておりアドバイス頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

社内の人の言われる相殺とはどのようなことを示すのでしょうか

例えば、保険会社から 90万円を現金で受け取り、その日のうちに修理代を現金で80万円支払った場合

 1)総額主義
   現金 900,000  雑収入 900,000
   修繕費 800,000  現金 800,000

 2)純額主義
   現金 100,000  雑収入 100,000

ということはあり得ます。

でも保険金が当座預金に振り込まれ、修繕費も預金から支払えば、
特に入金日と支払日が異なる場合はなおのこと、ご質問者が書かれたように

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
800,000 修繕費  / 当座預金 800,000

のように総額主義になりますが。

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

Q期を超えた立替金の清算日の仕訳について

Bという小さな会社の経理担当者で、簿記の勉強を始めたばかりです。

前期に、Aという会社の経費をB会社が立替払していました。
(実はAとBは経営者が同じで、お互いの会社の費用を立て替え合うのはよくあることのようです)

今期に立替金の清算が行われました(AからBに支払われた)。
その時の、B会社の仕訳が分からなくて、相談させて下さい。

ある方は、「立替日(前期)の仕訳が借方:雑費になっているから、清算日(今期)の仕訳は
借方:普通預金、貸方:雑費でいいよ。こうすれば、雑費が相殺される」とおっしゃっているのですが、
個人的に納得できなくて…。

(1) 費用は決算時に損益勘定で振替えられています。
なので、前期費用は今期の雑費元帳には記載されていないのに、「相殺」ということになるのか…?

(2) 前期の決算時に雑費勘定を未収金勘定に振替えておくべきだったのでは…?

(3) 結局、清算時の仕訳はどうすればいいのか?

もし、分かる方がいらっしゃれば、教えて下さいませ。決算が9月末なので焦っています。
簿記初心者ですので、できれば簡潔に教えていただけるとありがたいです。
いろいろ無理を言って申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

Bという小さな会社の経理担当者で、簿記の勉強を始めたばかりです。

前期に、Aという会社の経費をB会社が立替払していました。
(実はAとBは経営者が同じで、お互いの会社の費用を立て替え合うのはよくあることのようです)

今期に立替金の清算が行われました(AからBに支払われた)。
その時の、B会社の仕訳が分からなくて、相談させて下さい。

ある方は、「立替日(前期)の仕訳が借方:雑費になっているから、清算日(今期)の仕訳は
借方:普通預金、貸方:雑費でいいよ。こうすれば、雑費が相殺される」と...続きを読む

Aベストアンサー

>1)借方:普通預金、貸方:雑費でいいよ

  期をまたがない場合はそれでもいいですが、またぐ場合は、お考えのとおり相殺にはならないので誤り。

2)前期の決算時に雑費勘定を未収金勘定に振替えておくべきだったのでは…?

未収金よりは文字通り「立替金」がいいでしょう。振替えるというより、他社(B社)の経費とわかっている場合は初めから「立替金」です。

3)
B者(貴社)の仕訳
・A社の経費10,000円を立て替えたとき
  立替金 10,000 現金預金 10,000

・精算時
  現金預金 10,000 立替金 10,000

Q請負先への交通費実費請求は売上となってしまうのか

請負先で当社社員が業務を行っています。そこで発生した交通費実費分は、当社を通じて請負先へ請求し、受領分を当社社員に支払っています。
この場合、この交通費実費は当社の売上となってしまうのでしょうか?
それとも、売上は請負金額のみで、交通費実費は売上には算入されないのでしょうか?
算入されないなら、請求時と、相手会社からの入金時、及び社員への支払い時に、どのような仕訳を行えば良いでしょうか?

Aベストアンサー

請求書などに、交通費の内容が具体的に詳しく書かれ、しかも主要な交通費の受領証の写しを保存しておくことが出来るならば、そして交通費の合計額と請求額が一致しているならば、請求の内容を「立替金の精算」として会計処理できます。また税法上も、「立替金の精算」として認められます。つまり、売上にする必要はありません。

この場合は、
(1)交通費実費を支払った時点で、
〔借方〕立替金оооо/〔貸方〕現金оооо

(2)請負先から入金した時点で、
〔借方〕当座預金оооо/〔貸方〕立替金оооо

しかし、請求額が交通費の合計額よりも多い場合は、交通費の実費に利益を上乗せしたとみなされるので、請求額は売上にせざるを得ません。

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報