一緒に会社を運営していた友達の横領金を1期から3期まで、立替金にしていましたが、4期に新しい税理士さんに『立替金』について、相談したところ、「本来であれば、未収入金の方が正しい」と言われ、4期決算で、『未収入金』に変えました。
変えて良かったのでしょうか? 今後、融資を受ける際にも問題にならないでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

横領損失 999  / 売掛金  999


という仕訳は、売掛金を回収した者が、それを横領してしまったときに起こします。
売掛金を支払った取引先に取っては、支払債務が消滅してるのですから、債権者も債権消滅させておくべきだからです。

一言で横領と言っても、上記のように「売掛金を回収した担当者が、その金を使い込んでしまった」ケースもあれば、会社にある金庫から現金をパクってしまったケースもあるでしょう。
それぞれに仕訳は異なるべきでして、なにが正しいというのは、事実をみて判断するしかなく「横領されたら、とにかく売掛金が相手勘定だ」というのは乱暴に感じます。

現金なり預金がどこかに行ってしまってるのですから、貸方は現預金となります。
その原因はなんだろべ?となります。
借方の勘定科目はどうすべ?ですね。

未収入金としましょと言う税理士の意見は、現状を把握して言われてるのですから、受け入れればよろしいと思います。

返済してくれなくても良いとして「給与」などの経費科目にしてしまう手もありますが、果たして「それって営業上の経費ですかぁ?従業員に現金をパクられるって損失には違いないですが、経費性はないでしょ」と税務署員に突っ込まれたら、困ります。
    • good
    • 0

現時点では、横領損失は売掛金として扱い、その分を未収入金とするのが正しいと思われます。


横領者から賠償が得られた時点で、消すワケです。

一方、刑事訴追や賠償を請求しない方針であれば、給与として計上することになりますが、労働契約を解除していれば、寄付金となります。

「融資を受ける際にも問題にならないか?」に関しては、「問題の本質」に照らして考えるべきで。
上述とも関連しますが、そもそも加害者に対し、刑事訴追や請求権を行使するか?と言う『方針』が、不明瞭です。

たとえ友達であろうと、「横領は許さない」と言う姿勢であれば、賠償を得ることで、冒頭の処置が可能であり、問題は無いワケです。
逆に、友達の元従業員に対し、温情ある穏便な処置を行うと言うなら、給与や寄付と言う処置も、まあアリでしょう。

しかし、それを「立替金」などで、その場しのぎで、判断や問題解決を先送りすると言う姿勢が、銀行や取引先などから、最も信頼を失うやり方かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/07/07 08:40

「立替金」は、業務上一時的に立替払いした時に使うもので、出来るだけ早く回収すべきものです。



横領による焦げ付きは「不良債権」であり、取りあえずは「未収入金」や「貸付金」扱いとしますが、回収の目途がないなら出来るだけ早く償却(損金処理)すべきです。

また貸借対照表上では流動資産のひとつですが、資産価値のないものですから、科目が立替金だろうが未収入金だろうが、実態修正してマイナスされて見られるので同じことです。
というより、いつまでも不良債権を残したままにする経営姿勢は、決して良い方に評価はされません。
    • good
    • 0

立替金でも、未収入金でも資産には変わりないので、融資等では一切関係ないと思われます。



横領されたと言うことであれば、何れは返金・入金されるのかという可能性を考えると、
ほぼ間違いなく帰ってくると考えられる、一時的な立替金より
相手側の倒産、今回の場合は個人の自己破産等によって、回収できない可能性がある、という意味で
未収金という勘定科目の方が適していると、税理士さんが判断されたのだと思います。

問題ない、適当な科目振替だと考えられます。

参考までに。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未収金の決算処理について

法人格を持たない非営利団体の経理をしています。
前年度から繰り越されている回収の見込みのない会員会費の決算処理仕訳を教えてください。
現在は(借方)未収金(貸方)会員会費 で処理してあります。

Aベストアンサー

 osieteさんは経理をして居るので団体が加入している入会金・入会費を扱っていると思いますが如何ですか?
それを簿記では収入/支出の形で処理をしていたが、誰かが会費を未納のまま消えてしまった。まさかこのような結果になるとは思っていなかった。だから引当金など考えていなかった。

あなたは仕方なく(Dr)未収金/(Cr)会員会費で処理をした。しかも前年度から繰り越している。分からない、どうしよう?だと思います。

決算P/L・B/S経理処理しているのなら税法的に扱うと言われても止むを得ないですが、兎に角0にしたい、それだけの事だと思います。

ここで質問したらお叱りを頂戴するのは当たり前です。でも何とかしなければなりません。このようにしてください。(会社なら諸団体に加入をしている場合は雑費で処理します。)

(Dr)雑費(会員会費)/(Cr)未収金
このような仕訳で前年度から繰越仕訳と相殺されて0になります。参考になればよいのですが検討してみてください。

Q未収・入金? 未・収入金?

経理用語?の「未収入金」は、どこで区切る言葉なのでしょうか。
「未収」の「入金」なのか、「未」の状態の「収入金」なのか教えてください。
何故か気になるのです。

Aベストアンサー

勘定科目としては「未収金」でも「未収入金」でもいいのですが、

日本語としては、「入金が未収である」は重複表現というべきで、

「入金が未(ま)だされていない」→「未・入金」

「金が未収(入)である」→「未・収(入)金」のどれかでいいわけです。 

「未収・入金」は不適切です。

(「未納・出金」とか「未払・出金」などと言わないで、「未払金」などというのと同様です)


>「未」の状態の「収入金」なのか教えてください

というよりも「未(まだ)・収入になっていない・お金」=「未・収入・金」と考えます。

Q未収金と未収収益の違いは?

タイトルの通りですが、どちらも資産科目ですが、
その違いを教えてください。 
また、きちんと使い分けないといけないのでしょうか。
前受金と前受収益の違いも分からないのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>「要は、未収金、未収収益、前受金、前受収益は商品以外を売却した場合の勘定科目であり、さらに未収金と前受金は営業活動上の取引。未収収益と前受収益は営業活動以外の取引と考えれば問題ないのでしょうか。」

まぁ、それでいいと思います。「売却」ではないです。「商品取引以外に使用する勘定科目」です。

Q決算書作成ようは決算のときに頼む税理士の報酬について

かなり零細企業なのですが、法人なので
決算書を税理士さんにお願いしようと思っておりますが、
相場がどれくらいかわかりません。

税務顧問料は相場の3-5万というのは
知っているのですが、(中小企業の場合)

決算書だとどうなのでしょうか?
15万円って高いような気がするのですが
とある税理士から進められました。

よろしくお願いします。
売り上げ規模は500万円ぐらいです。

Aベストアンサー

私も良くは知らないのですが、税理士会の税理士さんにお願いしたら、決済報告だけで、5万円でやってくれました。
年度途中に試算表が必要だと言われて、それを作っていただいたお金も請求された記録がないので、込みかもしれません。
私の働いている会社も社長以下数名の零細企業です。

その前に、顧問をお願いしていた税理士さんの場合は、月の顧問料が3万円強、決算処理は8万~20万くらいでした。
とても払えなくなってきたので、税理士会にお願いするようになりました。

年商は7000~8000万円(一番いい時で1億5000万円くらい)の会社です。

ご参考まで。

Q営業未収入金と支払い金の相殺について

当社(株式会社)の顧客であり、下請け先(運送業)の会社(A株式会社)について、営業未収入金(約百万円)が支払いサイトを過ぎても、入金になっておりません。当社からの支払い金も同額程度ありますが、当社が勝手に未収入金と支払い金を相殺しても問題ないのでしょうか?支払いサイトについては、特に契約書は交わしておらず、口頭によるものです。法律的にはいかがなものかご教示願います。

Aベストアンサー

>当社が勝手に未収入金と支払い金を相殺しても問題ないのでしょうか?

問題はありませんが、
道義上は先方の了承を得る方がいいでしょう。

いずれにしても、無用のトラブルは避けたいものです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報