天皇陛下に人権は有りますか?

報道などを聞きますと、ご自身の意思で公務を取りやめることはできないようです。
また、後継者を自らの意志で選択することも叶わないようです。

これって国と国民の象徴というより、政府や宮内庁に隷従を強いられているかのようです。

とても気の毒に思えるのですが、どう思いますか?

A 回答 (7件)

いわゆる日本国憲法で歌われている一般国民と同じ基本的人権があるか?というご質問ならば「大幅に制限されています」という答えになります。



皇室典範に書かれている人権の制限については次の通りです。
1.天皇および皇族は養子をすることができません
2.天皇および皇族「男子」には結婚の自由がありません。
※天皇および皇族「男子」は当事者同士の意思だけでなく、皇族会議の決議を経なくてはなりません。他方、皇族女子の婚姻については、結婚とともに皇族の身分を離れるので皇室会議の決議を経る必要がありません。
3.天皇および皇族は戸籍法や住民基本台帳法の適用を受けません。
※、役所で住民票や戸籍謄本、印鑑証明書を受けることができません。

また、公職選挙法によって、天皇及び皇族の選挙権と被選挙権は認められていません。

それ以外にも法律条文に含まれていなくても、天皇及び皇族に職業選択の自由はなく、表現の自由や言論の自由、そして思想信条の自由も制限されます。住居移転の自由や旅行の自由もありません。

これらは、天皇が「日本国の象徴」「日本国民統合の象徴」であること、そして皇位が世襲(せしゅう)であるという特異な皇室制度を維持していく為の措置と言われています。
それを国民がどう捕らえるか、気の毒だから変えようという意見が増えるのか、いや必要だから制度を変える必要はないと考えるのかは、国民各位に投げかけられている問題と言えます。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

やはり天皇家の方々は皇室典範によって大きく人権の制限を受けているのですね。

> それを国民がどう捕らえるか、気の毒だから変えようという意見が増えるのか、いや必要だから制度を変える必要はないと考えるのかは、国民各位に投げかけられている問題と言えます。

まったく仰るとおりです。憲法改正ばかりでなく、不条理な現行の皇室典範にも目を向けるべきと思います。

お礼日時:2016/07/18 14:09

天皇陛下に人権は有りますか?


   ↑
人権というのは、人間であることによって
当然に享有するものですから、人間である
天皇にも人権はあります。


ご自身の意思で公務を取りやめることはできないようです。
また、後継者を自らの意志で選択することも叶わないようです。
    ↑
その通りです。
憲法や皇室典範でがんじがらめにされいます。
後継者を自分で選択できるとなると、権力闘争
に巻き込まれたりする危険性があり、
それは天皇制の寿命を縮めることになりかねない
からです。


これって国と国民の象徴というより、政府や宮内庁に
隷従を強いられているかのようです。
   ↑
その代わり、種々の権能があります。
衆議院解散権、総理大臣、最高裁長官の任命権
不逮捕特権、莫大な皇室予算等々です。

こうした天皇の地位をどう理解するかに
ついては諸説あります。
天皇は人権を有するが、憲法の定める人権の
主体では無い、とする説。
憲法の定める人権の主体であるが、制限がある
だけだ、という説。


とても気の毒に思えるのですが、どう思いますか?
   ↑
ワタシは天皇制肯定論者ですが、これが一番
説明が難しいところです。

日本の為に我慢してもらう、その代わり
敬意を払うから、というのが精一杯です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

やはり諸説あるのですね。近代思想の中に天皇制を温存していくにはどこかに無理が生じるのでしょう。

お礼日時:2016/07/18 20:44

実質的にはありません。

基本的人権は ある意味で自由権ですが 大幅に制限されていて 表現の自由もありません。
全て内閣の助言と承認のもとに行動しなければなりません。
政治的発言は影響力の大きさから規制されてもやむを得ませんが 個人的なものも制限されています。
今回の問題でも 実際は発言していると思いますが 「そういうことは言うはずもない」とか何とか有耶無耶にされて 天皇陛下の意向は通りません。
平民のように 一カ月前に通告したら会社を辞められるというような自由もありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

ほんとうにおかわいそうです。
ひどい話ですね。

お礼日時:2016/07/19 00:17

天皇陛下に人権は有ります。


陛下を「人」から除外している規定はどこにもないです。
だから、人権はあります。
「人」ですから生まれながらにして有ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

たしかにごもっともです。

お礼日時:2016/07/18 14:11

皆さん勘違いしておられるのですが、そもそも「人権」ってなんでしょう。

そしてどこから発生したものでしょうか。

人権の根本は、フランス、ルソーの啓蒙思想にあります。「どんな人にも自分が生きる権利がある」ということです。生きる権利は、殺されない権利ということもできます。

革命前のフランスでは王族・貴族と農民・町人そして奴隷に近い階級があり、貴族などが農民を殺しても基本的にはお咎めがないし、農民や町人は裁判もまともに受けれずに処刑されることもありました。
有名なレ・ミゼラブルは革命後の動乱期の作品ですが、その当時でもパン1個盗んで10年の懲役、という具合だったのです。
日本の場合も、ちょっと違いますが武士は「切り捨てごめん」の制度があり、農民や町民は切り殺されても文句は言えなかった時代がありました。(とはいえ、切り捨てると調査や理由説明で大変だったようです)

こういう階級差を無くし「すべての人が平等に生きる権利」を与えようというのが人権です。
そして、生きる権利だけがあっても、勝手に徴兵されたり、やたらに税金を重くされたりしたら実質的に生きられないので、選挙で政治参加することができるようになったわけです。

天皇や皇族というのは、庶民に人権がない時代に人権を保持していた側です。王族・貴族というのは元々「ノブレス・オブリージュ 」を果たすために特権的な地位におり、その代り庶民がしない勉強や軍事訓練をして、国を運営する責任を負ったものです。

今の日本の天皇を見てみるとノブレス・オブリージュ は立派にはたされています。その代り歳費が皇室費として68億5157万円 でそのうち天皇陛下と皇后の私的な費用は内廷費3億2400万円 となります。

費用としては一般国民ではあり得ないほどの所得が保障されており、人権において重要なお金は保障されています。またこれとは別に天皇家としての財産もあります。

また、非常時のことを考えてみてください。日本人に限らず一般市民は自分で自分の身を守ることが必要になります。特に制限はされませんが、逃げ切れない時もあります。しかし、皇室は種類にもよりますが、基本的には速やかに避難出来ます。その避難を誘導するのは「国家」です。

つまり、皇室は「国家」に守られている一族であり、人権の基本である「生きる権利」からすれば「国家が保護する対象」なのです。

こうような立場に「人権があるかないか」を忖度するのは無意味です。皇室や王室・貴族などがもっていた「生きる権利(国家に保護してもらえる権利)」を庶民にも与えたのが啓蒙思想だからです。

つまり人権というのは、もともと貴族や王族にしかなく、庶民は持っていなかったわけで、皇族はもちろん大和朝廷を開いてからずっと人権を保持してきたわけです。

天皇は「国家」なのです。皇室はそれを補佐するファミリーです。選挙権のような庶民が生きるために持つ権利など必要ありませんし、住民登録なども必要ありません。なぜなら、日本国は天皇の国だからです。皇族が日本国に住むのは「自分の家に住んでいる」というだけの話です。

現在の日本国は立憲君主制の(国政の)市民主権を守るために、ノブレス・オブリージュの義務だけがちょっと突出している感じになっているだけです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

基本的人権に関する歴史的・根本的な考え方をご教示いただきたいへん参考になりました。

仰るように「生きる権利」が陛下にも与えられているということですが、高齢にもかかわらず年間250日にも半強制的に公務を行っておられる現状はいかがなものでしょうか?

この公務は陛下の「生きる権利」を侵害していませんか?

お礼日時:2016/07/18 14:02

何ヵ月前から予定が入ると、受け入れ側は、あらゆる角度から受け入れ準備をします。

健康以外の理由でドタキャンなどはできない、やれば、大多数の人にご迷惑をかけることになるのを100も御承知なので、無理をしても予定をこなされるように。
国家の行政的長である首相や大臣、知事もおなじです。行政の長は一定期間だけですが、皇族のお方は、計算された一定期間ではなく、一生もの。一つ一つのお言葉や体の動きにさえ、気を最高の周囲を払うのは、並み大抵のことではなし、常人にはできることではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

確かにご高齢にもかかわらず激務をこなされています。
その健康が心配です。

お礼日時:2016/07/18 13:56

天皇陛下は人であって人にあらずだと思うのです。


生き神様というか…
私はあまり深く陛下について考えたこと、調べたことがないので何とも言えませんが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

> 天皇陛下は人であって人にあらずだと思うのです。
> 生き神様というか…

戦前はそうでしたが、現行は違うように思います。

お礼日時:2016/07/18 13:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老人ホームと後継人、後継人は自己破産できない?

現在、夫の祖母が老人ホームに入所しています。
入所のきっかけは、祖母が病気で入院をし、脳・言語・食事等体を不自由にし、
寝たきりになってしまったためです。

祖母は80歳位だと思います。
当初は普通の病院に入院しておりましたが、体も良くなり、特にこれ以上の治療等は必要が無いということで、費用の関係もあり、老人施設に入所ということになったようです。
市に申し込み、収入(年金)に応じての費用がかかるタイプに入所しているようです。
義母は祖母が心配ということで、医師が常駐しているタイプの老人施設に入れたのことです。
このタイプの施設で医師が常駐するタイプと、しないタイプでは費用は違うのでしょうか?

今まで祖母は遠くで一人暮らしをしていましたが、病気をきっかけに義母が面倒を見ることになりました。
祖母を老人ホームに入れるために、義母が「後継人」になったと聞きました。
実は義母には、自己破産を検討するようにお願いしておりましたが、祖母の面倒を見るにあたって「後継人になったから自己破産はできなくなったのよ。」と伝えられました。
自己破産していては後継人にはなれない、後継人は自己破産できないとのことだそうです。
そういうものなのでしょうか?
また、このように義母が祖母を引き取って面倒を見る場合は、後継人という手続きをしないとできないのでしょうか?

義母には年間100万円の仕送りをしております。
借金が300万円ほどあるみたいです。
仕送りを全て借金に当てていれば借金は返済できているのですが、生活費に当てているようで、借金は減っていませんし、少しずつ増えているようです。
義母はある程度の家じゃないと生活できないとのことで、自分の収入と私たちの仕送りの総額で暮らせる範囲の暮らしをしていないと思っております。
これではいつまでたっても仕送りは終わらないし、私たちに子供ができた事もあり、夫から義母仕送りを減額ゆくは仕送りは止める旨の話をしてもらいました。
でも、義母にもきちんと生活をしていってもらいたいので、仕送りを減額するとどうなるのだろうと心配になります。

祖母には迷惑をかけずに、なんとか自己破産できないものか、また他になにかアドバイスがありましたら、よろしくお願いします。

現在、夫の祖母が老人ホームに入所しています。
入所のきっかけは、祖母が病気で入院をし、脳・言語・食事等体を不自由にし、
寝たきりになってしまったためです。

祖母は80歳位だと思います。
当初は普通の病院に入院しておりましたが、体も良くなり、特にこれ以上の治療等は必要が無いということで、費用の関係もあり、老人施設に入所ということになったようです。
市に申し込み、収入(年金)に応じての費用がかかるタイプに入所しているようです。
義母は祖母が心配ということで、医師が常駐している...続きを読む

Aベストアンサー

後継人ではなく成年後見人(判断能力の衰えた人の法定代理人として、その人の財産管理、身上監護等を行う者。)ですね。

破産は成年後見人の欠格事由に該当しますが、破産それ自体の制限にはなりません。ですので、別の後見人(弁護士等の職業後見人がいいと思います)を探したうえで破産をすれば問題はないと思われます。

ちなみに、職業後見人の報酬は被後見人(祖母)の財産の中から裁判所の審判に基づき支給されますので、ご家族(義母)の方がその費用を負担するということはありませんのでご安心を。


借金が300万円とのことですが、もしサラ金からの借金ならば、その程度なら債務整理をしてしまえばすぐ解決すると思いますよ。
取引期間等、利率によってはお金も返ってきますし。



家庭裁判所の担当書記官、もしくは弁護士、司法書士、社団法人リーガルサポート、社会福祉協議会等にご相談頂くのが妥当だと思います。

Q意思表示の相手方が意思表示を受けた時に未成年者であったとき。

これは、具体的にどういう状況のことですか?

イメージがわかないのですが。

民法です。

Aベストアンサー

契約を想定したらどうでしょう。

契約は、双方の意思表示(効果意思に向けた表示)
の合致です。

甲が乙にパソコンを10万円で
売却する、という意思表示をし、
乙がその意思表示を受け、
10万円で買う、という意思表示をした。

その時、乙はまだ未成年であった。

Q統合の象徴による統合

無宗教・無神論が法的に禁じられている国家さえもが海外には存在しているそうですが、第二次世界大戦後の現代日本に「日本国民統合の象徴」が据えられている事情もが、同類の目的を志向しているのでしょうか?

因みに、「日本国憲法」の記述内容にも是は関わっていますので、
「法律」のカテゴリを選びました。

Aベストアンサー

この件はその条文を作った米国人の頭には「星条旗」and/or「大統領」があって、それをそのまま移し替えたと思います。
それを前提に条文を読むと非常にわかりやすいです。

Qオークションの落札取りやめはどうなりますか。

あるオークションの商品について入札したのですが、残り時間まで待てません。そこで他から用立て、こちらは放棄(落札取りやめ)したいんですが、罰則金を請求されるとか、法的に攻められるとかあるんでしょうか。

Aベストアンサー

まだ入札の時点で、落札したわけではないのでしょう?
終了時間までにredlightさんよりも高値をつける人がいたら、ナンの問題も発生しないのですが。
もし高値で入札する方が現れない場合、落札となってしまいますね。
どうしてもその商品が急いで欲しいのなら、出品者さんに、即決は出来るかどうか
メールで問い合わせ、値段に折り合いがつけば商談が成立する場合もあります。

メールでキャンセルするしかないかも知れませんね。
その場合、評価に「非常に悪い落札者」と評価されてしまいます。
でもそれ以外、法的な制裁はないと思います。
ちゃんとメールで説明すれば 怒るとは思いますが 相手もわかってくれると思いますよ。

Q宮内庁指定陵墓を守る法律は?

何年か前に出された、内田康夫の「箸墓幻想」を読みました。その中では戦中に学生が箸墓古墳を盗掘しています。また現在では同陵墓内に入るだけで処罰される旨の記述があります。そこで、
(1)現在宮内庁の指定する陵墓を保護する法律はどのようなものでしょうか?
(2)中に入った場合、並びに盗掘を行った場合、具体的にはそれぞれどのような処罰の可能性があるのでしょうか?

なお念のため書いておきますが、盗掘するつもりは毛頭ありません。

Aベストアンサー

宮内庁法第2条には、宮内庁の所掌事務が挙げられています。
12号に陵墓に関すること、14号には皇室財産に関すること と挙げられています。http://www.kunaicho.go.jp/15/d15-02gr-01.html
陵墓は、宮内庁陵墓課や陵墓管区事務所が管理しています(宮内庁組織令-罰則は有りません)。
また、国有財産法には、皇室用財産の規定がありますが、宮内庁法と同様にこの法律には、罰則はありません。http://www.houko.com/00/FS_SE.HTM

恐らく無断で入った場合は建造物侵入、盗掘の場合は窃盗ではないでしょうか。

参考URL:http://www.kunaicho.go.jp/15/hourei.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報