EASEUS Todo Backup ・クローン作成でクローンSSDを作成したのですが、これを使ってWindows10が起動しません。エクスプローラーでは双方共、同じファイルの構成にはなっています。クローンしたSSDにて起動を試みると次のような画面になり前にすすみません。Reboot and Select proper Boot device or Insert Boot Media in selected Boot device and press a key   Biosで起動ディスクはSSDになっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

パーティションのクローンが成功したとしても、ブート領域が無いと起動はしません。


ディスク全部をクローンコピーしてください。
*Cドライブと回復パーティションは必ずコピーで、Dドライブ以降はチェックを外しても良い。
ブート領域は、隠しファイルの表示でも確認はできません。
HDDとSSDは同じ容量表示でも僅かに異なります。
私もはっきりとした事は知りませんが、ブートの容量は数KB程度です。
これが欠落しています。
英文は、「起動のシステムが有りません。起動が可能なのドライブを入れて、起動し直してください。」と言う事です。
なお、BIOSはパソコンをどの様に動作をさせるかの設定です。

私の使っている、バックアップ・クローンソフトで無償使用版もあります。
http://www.acronis.com/ja-jp/personal/computer-b …
バージョンアップでバックアップの使い方に苦労しましたが、今では昔の話です。
69の爺さんから。
    • good
    • 1

下記の記事はお役に立てると思います。



HDD / SSD の C ドライブ(システムドライブ)をOS丸ごとコピー/クローンできるフリーソフト「 Easeus Todo Backup 8.2 」の使い方解説!http://enjoypclife.net/2015/05/21/hdd-ssd-c-syst …
    • good
    • 4

「ディスク全体のクローンをした結果」であれば、これには問題なし。


次に確認しなければいけないのは「Biosで起動ディスクはSSDになっています」の再確認でしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。解決しました。

お礼日時:2016/07/27 20:04

クローン操作ではボリューム全体をクローンしましたか?


Cドライブのみのクローンでは起動できませんよ。ボリュームの先頭に書かれているMBRが正しく作成されていませんから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

もう一度、家に帰ってしてみます。EASEUS Todo Backup のcloneではMBRなるものは見当たらなくハードディスク丸ごとクローンしたのですが・・・。ありがとうございました。

お礼日時:2016/07/27 13:03

ディスク全体のクローンを行わないと、クローン先のディスクからは起動できません。


「Cドライブのみ」のようにドライブ単体でのクローンを行うと、「そのディスク上のどの領域から起動するか」といった情報がクローン先に書き込まれないのです。
と言う訳で、元のディスクを接続し直し、ディスク全体のクローンとして作成し直してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。説明不足で申し訳ありません。ディスク全体のクローンをした結果です。

お礼日時:2016/07/27 11:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWindows10のSSDクローンで失敗

数年前に買ったSSDが起動ドライブとして手狭に感じたので新しいSSDを購入してクローン処理して入れ替えようと思いました。が、どうにも入れ替えたあとにWindowsが修復がいると出てうまくいきません。お知恵を拝借できませんでしょうか。

入れ替え前の構成
C:SSD128GB NTFS(MBR)
D:BD
E:HDD1TB NTFS(MRB)
OS Windows10 64bit(windows7 64bit版からの無償アップデート)

クローン時に別のSATAにSSD480GB(Transcend製)を取り付け、「EaseUS Tobo Backup Free 9.2」でクローン。(SSDに最適化にチェック入り)
G:SSD480GB NTFS(MRB)

フォルダを見る限りファイルコピーそのものはうまくいっているように見えます。しかし旧SSDを新SSDに交換すると起動できません。
修復ディスクを作成して修復セットアップを試みましたが、できないというメッセージ。

次にaciiのページにコマンドを使った対応手順があったので、行ってみました。
http://ascii.jp/elem/000/000/945/945145/index-2.html

コマンドはすべて正常に完了しましたが、結果は同じでした。

万策がつきた感なのですが、なにか間違いがあるのでしょうか。それともほかに手段はあるのでしょうか。よろしくお願いします。

数年前に買ったSSDが起動ドライブとして手狭に感じたので新しいSSDを購入してクローン処理して入れ替えようと思いました。が、どうにも入れ替えたあとにWindowsが修復がいると出てうまくいきません。お知恵を拝借できませんでしょうか。

入れ替え前の構成
C:SSD128GB NTFS(MBR)
D:BD
E:HDD1TB NTFS(MRB)
OS Windows10 64bit(windows7 64bit版からの無償アップデート)

クローン時に別のSATAにSSD480GB(Transcend製)を取り付け、「EaseUS Tobo Backup Free 9.2」でクローン。(SSDに最適化にチェック入...続きを読む

Aベストアンサー

ディスクの管理では、分かりにくいですが。
1ディスクに対して、クローン
1ディスクです。
*ディスク交際がばらばらの様です。
複数ディスクを1ディスクには不可能です。
また、パ-ティションのコピーでは
ブートがコピーがされません。
他の回答者も良く紹介されているソフトです。
http://www.acronis.com/ja-jp/personal/computer-backup/
バージョン2017を紹介していますが、2016をバージョンアップで5台で使っています。
*バックアップ・クローン・削除不可のパーティション削除機能etc。
フリーソフトもよく使われていますが、何かと不便な場面が在ります。

*普通は、
*Cドライブ・・起動。
*Dドライブ・・データー。
*Eドライブ・・DVD・BD/DVD に割り当てが多いです。
*Fドライブ以降・・外付けドライブ。

クローンの失敗になるのは、起動ドライブ(元)とクローン(先)のドライブ以外を搭載しているからです。
クローンにはUSBケース等を利用します。

*クローン先の搭載では、クローンの失敗が多いです。

ディスクの管理では、分かりにくいですが。
1ディスクに対して、クローン
1ディスクです。
*ディスク交際がばらばらの様です。
複数ディスクを1ディスクには不可能です。
また、パ-ティションのコピーでは
ブートがコピーがされません。
他の回答者も良く紹介されているソフトです。
http://www.acronis.com/ja-jp/personal/computer-backup/
バージョン2017を紹介していますが、2016をバージョンアップで5台で使っています。
*バックアップ・クローン・削除不可のパーティション削除機能etc。
フ...続きを読む

QSSDのクローンが起動しない

64GBのSSDから240GBのSSDに換装が目的です。EaseUS Todo Backup Free 9.1を使いクローンを作ったのですがクローンにBOOT関連が入ってない状況です。EaseUS Todo Backup FreeでBOOTディスクを作ろうとしてもなぜかエラーになってしまいます。新SSDはフォーマットしてMBRでクローン作成しました。

あと一つ気になるのが新SSDも元SSDもPC起動する時に3~4回起動と終了を繰り返すようになりました。一度もこんなことはなかったのですが。。。情報が足りなければ補足します。

Aベストアンサー

ANo.2 を書いた後に、補足が来ていました。

あーっ、そのクローンの方法は駄目です。クローンする際には、クローン元 SSD のトップにチェックを入れる必要があります。
http://enjoypclife.net/2015/05/21/hdd-ssd-c-system-drive-windows-os-copy-clone-easeus-todo-backup-usage/

"以下の画面になるので、コピーしたいシステムドライブが含まれるハードディスクを選択します。クリックでチェックマーク✓を入れてください。一般的には【C:】という記号であらわされていると思います。"
→ この部分にチェックを入れて下さい。

それが、丸ごとクローンする方法です。そうしないと、C:パーティションのみコピーされて、肝心の起動部分(MBR)をコピーしません。ブートする部分がコピーされないため、起動できない SSD になります。改めてクローンをやり直して下さい。

QHDDクローン作成、CドライブがBになり、起動無理

こんばんは。

HDDをクローンさせて、新しいHDDに交換しようと思い、Easeus Todo Backup Freeを使いました。
クローンは成功したのですが、HDDを交換しても起動しません。ブートしません。

いろいろ自分でも調べてみたのですが、たぶん新しいHDDのパーティションの文字が(C)ではなく、(B)になっているから?のではないかと思っていますが、正しいでしょうか?

以前の入っていたHDDが(C)で、新しくクローンしたHDDが(B)になっているので、システムがブートしない と考えてよいのでしょうか?

また、このとき、どうすれば起動するようになるのでしょうか?
ご返答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ドライブ名がAやBだろうがCだろうがBootローダーがあれば関係なくBootします、Windows起動時にBootしたHDDにCが割り当てられ、CドライブのBと言う名前のHDDとなるだけです。
状態から考えて、パーテーションのみをクーロン化したのではないでしょうか?パーテーション外にあるBoot関連のファイルや設定はクーロンされませんから、当然ながらそのHDDはブート出来ません。
やり方
http://www.pc-master.jp/blog/freesoft/3887.html
もう一度HDDをクーロンコピーするしかありません。
HDDを自分でブートできるようにした場合、全て消してからになるので、再度クーロンしても同じだけ以上に手間がかかります。

QWindows10でのライセンス認証後のパーツ交換で事実上の文鎮化について

Windows10ではライセンス認証が非常に厳しくなっているらしく、無償アップグレード後に例えばHDDをSSDに変えたりグラフィックボードやマザーボードを変えてしまって、アクティベートできなくなるという事例がある、ということを聞きました。

私はWindows10に無償アップグレードして数ヶ月が経っているため、もう元のWindows8.1に戻すことはできませんが、もしパーツ交換によってライセンス認証エラーになった場合、Windows8.1のクリ
ーンインストールをしたとしたら、そのままWindows8.1で運用することは可能なのでしょうか。
それともライセンス認証に引っ掛かったり、自動的にWindows10になってしまったりするのでしょうか。

ライセンス認証に引っ掛かったり、自動的にWindows10になってしまってライセンス認証エラーになってしまうのであれば、事実上の文鎮化みたいな状態になってしまいますから、非常に悩ましいところですが、詳しい方がいらっしゃいましたらご教示いただければと存じます。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>無償アップグレード後に例えばHDDをSSDに変えたりグラフィックボードやマザーボードを変えてしまって、アクティベートできなくなるという事例がある

HDDをSSDに替えたりするというのは、HDDが古くなった時に自分の手でDIY交換する人もいらっしゃいますので、ディスク(記憶領域)の交換では
文鎮かはまずないと思いますよ。

■参考資料:Windows10搭載のThinkPad E560のノートPCのHDDをSSDに交換する手順
http://matome.naver.jp/odai/2146029626782857701

ノートPCの場合、OSそのものが、OEM版ですので、そのPCで使えないという制限があるタイプになります。

その場合で、HDDを別のHDDに寿命で交換するという事や、HDD搭載のノートPCを買い、届いて動作確認(初期不良チェック)を済ませると即SSDに
換装させるという人は昔から少なくないです。

光学ドライブのDVDドライブ搭載のものをブルーレイドライブに換装させても動きますし、CPU換装でも動くと思います。

>マザーボードを替える

これはPCそのものが別ものという感じになると思います。

Lenovo製や、hp製とかのノートPCとかは、Wi-Fiアダプターとかを別のものに交換すると、ハードウェアのエラーが出て起動できない!
というのは昔からあったりします。メーカーによってはハードウェアチェッカーが搭載されています。

Windows8.1とかを搭載しているhp製のノートPCのWi-Fiアダプターを自分でインテル製とかのをネット通販で買い、DIY交換してみて、
「あ~やっぱり噂通り、BIOSで制限しているっぽい。やっぱり動かなかった」という失敗談とかはネットで検索すると見れたりします。

そういったOSとは違う制限もあったりします。

>私はWindows10に無償アップグレードして数ヶ月が経っているため、もう元のWindows8.1に戻すことはできませんが、もしパーツ交換によって
>ライセンス認証エラーになった場合、Windows8.1のクリーンインストールをしたとしたら、そのままWindows8.1で運用することは可能なのでしょうか。

やり方はいろいろあると思います。

ノーPCで、Windows8.1とかWindows7とかを搭載している人というのは、「そうだ無料なので、Windows10にアップグレード試してみよう」と
思ったりした時というのは、2.5インチ9.5mm厚のHDDをヤフオクとかで買い、そのまま外付けしてクローンコピー作成してしまい、そのHDDは
そのまま保管し使用せずに、ノートPCをデーター等引き継ぐという形で一気にWindows10にアップグレードします。

そして、Windows10の状態でWi-Fiとか不安定なものとかを調整し、そこでまた別のHDDにクローンコピー作成します。

Windows10のHDDとかで使用してみて、「これは私には使いにくい気がする」とか、2・3カ月とか使用してみて、もしそういう判断になれば、
そのままWindows8.1のクローンコピーしたHDDに入れ替えて電源押せば、Windows8.1で起動できますので、その場合「Windows10のクローン
コピーしたものはもう使わない」と判断し、ヤフオクとかで売るという処分方法ができます。

逆にWindows8.1はもう使わないよな~と思えば、そちら側を売るという感じになるでしょうか。

HDDを2個で、1万円とかで最初に買えば、Windows10は販売価格2万円といわれていますので、それでもまだお得になる計算になります。

クローンコピーは、コピー先は、コピー元の容量を下回れないというルールがありますが、OSとか最低限インストールしているオフィスソフトとか
の合算は100GBもあれば十分だったりしますので、クローンコピー用のHDDは必ずしも大容量でなければいけないということでもありません。

例えば、2個で1万円でHDDを買い、「Windows10ってどんな感じなのだろうか?」とわからないわけで、それは想像してみても自分に合うとか
わからないので、無償アップグレードキャンペーンをやっているだけなので、想像するよりは実践してみてね! という意味だと考えますので、
やってみて、自分なりに「Windows10にしてみてよかった」と思えば、そこで2個のHDDを売却処分するという方法もあると思うのです。

クローンコピーのメリットは、復元とかの作業も要らないですし、作業時間そのものが短く済む、でもちょっとお金的にはかかる。

お金を安くするという風にする場合は、バックアップソフトで、ドライブを丸ごとイメージファイルでDVD-Rとかのメディアに焼くという方法も
あります。

Windows8.1搭載のノートPCとかに無料バックアップソフトをインストールし、「CドライブとDドライブを丸ごとバックアップ」としてDVD-Rとか
に焼いておき、Windows10が合わない時とかに、そのバックアップディスクを利用して、ノートPC内のHDDに上書きしてやれば理論上もとに戻すこと
が可能となります。

ただ、DVD-Rとかにイメージファイルを焼いて、それを復元しますと、光学ドライブそのもののデメリットとなるデーターアクセス速度の遅さが
ありますので、復元するときに「あれれ~まだこんな進捗具合か?」と感じる遅さがあります。

「私はWindows10にしてあり、気に入っているが、いつかハードウェア構成を変えた時に認証エラーになるのではないか?」という未来の不安
という質問であれば、お金をなるべくかけないバックアップとしては、DVD-Rとかに焼きておくという方がお勧めです。

使うか? 使わないか? 現時点では予想できないバックアップという点ではお勧めとなります。

ただ、お金に余裕がある場合とかは、HDDにバックアップしてしまい、2・3カ月後とかに、それが要る・要らないと仕分けをしてしまうという
方法とかを採用する人の方が多いような気がします。

ライセンス認証とかって、そもそもマイクロソフト社が判断している部分です。

今までにも、「マイクロソフト社のオフィスソフトを買い、AというPCにインストールして、”これは良いな。仕事でも使う機会も増えたのでPCを
買い直しても良いかな” という風に考え、新しく買った自作PCにそれまで某メーカー製のノートPCで使っていたオフィスソフトをインストール
したら跳ねられてしまった」なんて話はどちらかといえば珍しくもない話だったりします。

オンライン認証で、ハードウェア情報をぶっこ抜くような感じなので、PC構成が大きく変わり、ネット接続のIPアドレスとかも変わったりした
時とかに、跳ねられてしまったりするということはあるみたいですよ。

PCメンテナンスソフトで、3台まで使えるというのがあり、1台のPCでインストールし直したら4度目ではねられたという事例もあります。

一般的には、ネット接続用のIPアドレスを固定用のプロバイダーを使用しているとか、なるべく誤解を与えないように多少の工夫をしている
人の方が多いような気がします。

あまり深く考えすぎると、それに反比例して行動できなくなったりします。

2万円はそれなりに大切だったりもしますが、2万円でそういう癖が着いてしまうと、たぶん人生ではそれ以上のものを失うことになるだけだと
思いますので、「この問題は明日の朝目覚めたら結論を出す」という感じで、サクッと決めるとかにした方が良いと思いますよ。

>無償アップグレード後に例えばHDDをSSDに変えたりグラフィックボードやマザーボードを変えてしまって、アクティベートできなくなるという事例がある

HDDをSSDに替えたりするというのは、HDDが古くなった時に自分の手でDIY交換する人もいらっしゃいますので、ディスク(記憶領域)の交換では
文鎮かはまずないと思いますよ。

■参考資料:Windows10搭載のThinkPad E560のノートPCのHDDをSSDに交換する手順
http://matome.naver.jp/odai/2146029626782857701

ノートPCの場合、OSそのものが、OEM版ですので、そのP...続きを読む

QHDDを少量SSDにクローンする方法

HDDのSSD化をするのにクローンをとる方法を聞きたいです。
クローン用HDD台を持っています。クローンの元データのHDDからそれと同量かそれ以上のHDDの容量のものにしかクローンは取れないと思います。
HDDより容量の小さいSSDへデータ移行する方法がわかれば教えてください。
もちろん元のHDDの実際に入っているデータ量はSSDより少なくなくてはならないと思います。

もとのHDDの全体の容量を小さく見せる方法など目的が達成できるようご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

自作PC、BTOなどならクローンは大して難しいものではないですよ。
ノートの場合は、SSDは最低限256GB、コスト無視なら512GBのSSDにするしかないですね。

Windows8.1 pro 64bit&32bitの自作PC2台は、128GBのSSDを使ってます。
HDDからSSDにクローンするときは、起動HDDの使用容量を128GB以下にするだけです。
データは他の内蔵HDDに移し、ゲームとかは他の内蔵HDDにインストールします。
そして、パーティション管理フリーソフトで、HDDの使用容量を100GB程度に変更するだけです。
それから、バックアップ用フリーソフトでクローンします。
8.1 pro 64bitのSSDの使用領域はたったの41GBしかありません。
Windows7 64bit、Windows8.1 32bitならば、クローンはとても簡単です。
面倒なのは、Windows8.1 64bitの場合です。
UEFIでインストール、高速起動ならば、ソフトで未対応だったりします。
8.1 pro 64bitのSSDをプレクスターから東芝に交換するときは、最初使ったAOMEI Backupperが8.1未対応で見事に失敗。それから、EaseUS Todo Backup Freeで成功してます。
そして、2日前にAOMEI Backupperが正式に8.1対応になりました。
また、EaseUS Todo Backup Freeでクローン成功後、アンインストールしたらスタート画面からいくつかアイコンが消滅。ちょっと前に、バグ修正されたバージョンになってます。

パーティション管理ソフト
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20140411_644012.html
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/aomeiparti/
どちらも日本語化されてます。
8.1 pro 64bitでAOMEI Partition Assistant の有料版(4000円ほど)、7と8.1 pro 32bitでフリー版を使ってます。
Windows7、8 32bitならば、どちらのソフトにもあるOSを新しいSSD、HDDにコピーするで簡単に起動ドライブを交換できるようになってます。
8.1 pro 32bitは、AOMEI Partition Assistantで500GBのHDDから128GBのSSDにコピーして、起動ドライブをSSDに変更してます。
でも、8.1 pro 64bitのUEFIインストールだと、AOMEI Partition Assistant(有料版)でも失敗してます。

クローンソフト
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/easeustodobu/
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20140409_643534.html
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20140410_643802.html
AOMEI Backupper Standardでバックアップを使ってます。前バージョンで8.1 pro 64bitのクローン失敗もありましたが、気にせずにこのソフトをインストールしてます。
一般的には、日本語化されてるEaseUS Todo Backupの方が人気があります。

自作PC、BTOなどならクローンは大して難しいものではないですよ。
ノートの場合は、SSDは最低限256GB、コスト無視なら512GBのSSDにするしかないですね。

Windows8.1 pro 64bit&32bitの自作PC2台は、128GBのSSDを使ってます。
HDDからSSDにクローンするときは、起動HDDの使用容量を128GB以下にするだけです。
データは他の内蔵HDDに移し、ゲームとかは他の内蔵HDDにインストールします。
そして、パーティション管理フリーソフトで、HDDの使用容量を100GB程度に変更するだけです。
それから、バックアップ用フリー...続きを読む

QAOMEI Backupper Standardのシステムクローンのエラー対処方法について

AOMEI Backupper Standardのシステムクローン(アンロック済み)メニューを用いて、
Cドライブのクローンを作成している途中、54%位のところから急に処理がスピードアップしました。

終わってみるとCドライブに不良セクタがあったようでエラー34と出てきました。
一応、完了のアイコンが出たので完了し、PCをシャットダウン後、CドライブSSDと新しいSSDを換装し電源を投入したところ、立ち上がりませんでした。
起動ディスクに問題あり的なメッセージがでました。他に起動ディスクを用意していないので、
電源を切りCドライブを元に戻して立ち上げたところで、この質問分を打っています。

Cドライブに不良セクタがあってクローンが作成できない?場合、どのようにしたら
クローンを作成できるようになるのでしょうか。

ちなみに、オプション設定?のセクタごとのクローンは時間が掛かるという理由でチェックを入れていません。SSDを最適化する。またはパーテーションを合わせる。にはチェックを入れて作業をしました。

時間が掛かることを承知の上で、セクタごとのクローンにチェックを入れれば良かったのでしょうか。
はたまた、Cドライブにデフラグなど不良セクタをなんとかする?方法を試みてから、
クローンを作成するべきなのでしょうか。

まあ、クローンを作成できたとしても起動しないという現象はあるようなので少し萎えますが、
なんとかできるなら、したいのです。

また、AOMEI Backupper Standardに固執せず、別のクローン作成フリーソフトの方が良いなどありましたら、ぜひアドバスをお願いします。

AOMEI Backupper Standardのシステムクローン(アンロック済み)メニューを用いて、
Cドライブのクローンを作成している途中、54%位のところから急に処理がスピードアップしました。

終わってみるとCドライブに不良セクタがあったようでエラー34と出てきました。
一応、完了のアイコンが出たので完了し、PCをシャットダウン後、CドライブSSDと新しいSSDを換装し電源を投入したところ、立ち上がりませんでした。
起動ディスクに問題あり的なメッセージがでました。他に起動ディスクを用意して...続きを読む

Aベストアンサー

元ディスクに不良セクタがある場合、エラーでクローンできないことがあるとは思いますが、エラー34と言うのが何を示しているのかが判りませんでした。54% から処理速度が上がったのは、空き領域に達したので処理が簡単になってスピードアップしたのか、エラーが発生して処理自体をスキップしたのか? AOMEI Backup の動作説明がもう少し判ると良いのですが、そのあたりの情報が少ないのが、このソフトウェアの難しいところです。

元ディスクのエラーを無くすことができれば一番だと思います。取り敢えずは、CHKDSK が思い当たります。
https://pctrouble.net/running/chkdsk.html → chkdsk c: /f

"「chkdsk」は、ファイルシステムのエラーをチェックし、修復するためのプログラムです。つまり、「chkdsk」がチェックして修復する対象は、あくまでもソフトウェア的なものであり、決してハードウェア的なものではないのです。"
→ 一般的なのは、コンピュータでドライブを右クリックし、"プロパティ" から "ツール" を選択、「エラーチエック」 の "チェック" をクリック、"ファイルシステムエラーを自動的に修復する" にチェックをいれて "開始"、再起動して実行です。

また、コマンドプロンプトを管理者権限で開き、sfc /scannow とタイプすると、システムファイルを検査し、不備があると修復してくれます。
http://freesoft.tvbok.com/tips/windows/sfc.html

これらの処理で元ディスクのエラーがなくなればよいのですが。セクタごとのクローンは、元ディスクにエラーがあればそのままコピーするだけなので結果は同じですが、クローン処理自体にエラーが発生せずに終わるのであれば、試してみるのも良いでしょう。上手く起動した後に、上記のエラーチェックをやってみれば、これらのエラーは回復するかも知れません。

クローン自体は成功しているが、起動しないことは稀にあるようなの、スタートアップの修復で修正を試みます。そのためには、Windows7 のインストールディスクが必要です。
http://tipstour.net/windows/1545 ← スタートアップ修復を試してみる
http://tipstour.net/windows/4410 ← ブートセクタを修復

クローンのソフトでは、有名なところだと EaseUS Todo Backup Free があります。何度か使ったことがありますが、普通にクローンできます。実績のあるのは、この AOMEI と EaseUS ですね。後、Acronis True Image の WD版がフリーであるようです。システムに WD の HDD が入っていないと動作しないようですが、USB接続でも取り敢えずは繋がっていれば大丈夫のようです(笑)。
http://www.tekwind.co.jp/faq/WDC/entry_217.php
http://support.wdc.com/downloads.aspx?lang=jp ← ダウンロード

私は、もっぱらメインはこの製品版の Acronis True Image 2010 を使っています。現在は 2016版が出ているようですが、2010 でも Windows10 でイメージバックアップは使えたりします。CDブートでもイメージバックアップとクローン両方ができます。上記の WD版が、殆ど製品版と同じなので意外と良いと思いますよ。

クローン以外の方法もあります。AOMEI Backupper や EaseUS Todo Backup にあるシステムバックアップを使う方法です。これは、一旦別ディスクに C:ドライブのイメージバックアップを完全な形で取り、それを新しいドライブにリストアします。クローンと全く同じ結果になりますが、別のドライブを介するところが違います。これは、その都度のイメージリカバリになりますので、クロ-ンよりは活用範囲が広いと言えますね。

元ディスクに不良セクタがある場合、エラーでクローンできないことがあるとは思いますが、エラー34と言うのが何を示しているのかが判りませんでした。54% から処理速度が上がったのは、空き領域に達したので処理が簡単になってスピードアップしたのか、エラーが発生して処理自体をスキップしたのか? AOMEI Backup の動作説明がもう少し判ると良いのですが、そのあたりの情報が少ないのが、このソフトウェアの難しいところです。

元ディスクのエラーを無くすことができれば一番だと思います。取り敢えずは、CHKDS...続きを読む

QOSディスクのクローンをブートディスクに変更したい

Win7デスクトップSSDがCドライブです。バックアップ用にSSDを増設してCドライブのクローンを作成しました。試しにクローンディスクから起動してみようと、BIOSでブートディスクを変更したのですが、Cドライブが起動してしまいます。クローンディスクから起動するにはどうしたらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

完全なクローンならば現在のSSDを(ケーブル)外してクローンSSDだけで起動すればできると思います。

起動したら元のSSDを繋ぎますがOSが2つ入っているとデュアルブート設定になるかも。

>BIOSでブートディスクを変更したのですが、Cドライブが起動してしまいます。
SATAのケーブルの順序が後でも起動ドライブが必ずCドライブになりますのでBIOSでクローンSSDから起動しても起動ドライブはCドライブになります。

後から起動したクローンSSDを確認しましたか? Windows上でのドライブ名は変わらないので確認することを奨めます。

QSSDを外付けケースでUSB接続しました。認識しません・・・

こんにちは
端的には、タイトル通りです。

PC VAIO Fit15 i5 Win8.1

HDDケース Inateck FE2006 
http://www.inateck.com/jp/inateck-automatic-usb-3-0-enclosure-sata-ssd-fe2006-blue/

SSD シリコンパワー Slim S80 120G
    A-DATA ASP600S3-256GM-C

HDDケースは、USB2.0接続の一昔前の物も手持ちに有ったので、試してみましたが、ダメでした。
また、Inateckのケースに、HDDをセットすると、普通に認識されました。

「認識されない」というのは、正確ではないかもしれません。エクスプローラーの「PC」で、外付けドライブとして表示されません。
ただ、「デバイスとプリンター」では、外付けケースは認識されているようですし、SSDも認識されているようです(プロパティでメーカー、型番が表示される)。また、「安全な取り外し」をしなくてはならないようです。

SSDの取り扱いには、注意を払いました(静電気対策等)。

不良品、故障以外に、何か心当たりはありませんでしょうか?
よろしくお願いします。

こんにちは
端的には、タイトル通りです。

PC VAIO Fit15 i5 Win8.1

HDDケース Inateck FE2006 
http://www.inateck.com/jp/inateck-automatic-usb-3-0-enclosure-sata-ssd-fe2006-blue/

SSD シリコンパワー Slim S80 120G
    A-DATA ASP600S3-256GM-C

HDDケースは、USB2.0接続の一昔前の物も手持ちに有ったので、試してみましたが、ダメでした。
また、Inateckのケースに、HDDをセットすると、普通に認識されました。

「認識されない」というのは、正確ではないかも...続きを読む

Aベストアンサー

下記が判りやすいでしょうか。
http://www.windowseight.net/setup/ssdformat.html

以前に良くありましたが、HDDを外付けUSBケースに入れてパソコンに繋いだが、認識されないのは何故か? と言う質問と同じですね。通常、エクスプローラにはフォーマットされた使用可能な状態でないと表示されません。未フォーマットだと、エクスプローラでは表示されません。ただし、BIOSのレベルやディスクの管理などで表示されていれば、認識はされています。もし、認識されていない場合は、HDD/SSDが存在していないと言う訳で、故障している可能性があります。

また、USBケースに入れていると、インターフェースだけ認識されている場合があり、デバイスマネージャでは表示されているが、HDDが存在していない場合があります。これも、HDD/SSDが故障している可能性があります。

今回は、フォーマットの問題だけだと思います。多分........

QHDDの交換とシステムイメージの復元について

最近HDDの調子がおかしいので、HDDを交換しようと考えています。
交換後はPCに付属してあるインストールディスクから起動して、
システムをバックアップしてあった外着けHDDから
「システムイメージの復元」をして以前の使っていた状態まで戻そうと考えています。
そこで疑問が出たので質問です。


【質問1】

HDDを交換した場合、上記のやり方でHDDは以前の状態で使えるようになりますか。
(ちなみにHDDの交換はまだやったことは無いですが、「システムイメージの復元」を
外着けHDDから今のHDDに行った時は、一年前のバックアップを取った時の状態まで戻りました。)


【質問2】

システムイメージの復元でバイオス等、OSを起動する前のブート領域まで復元されるのでしょうか。


またバックアップでとってあったシステムイメージの中にブート領域がバックアップが取られているか
確認する方法があれば教えて下さい。
(当方はCドライブしか使っておらず、パテーション別けしてない為、おそらく「システムイメージの作成」の段階では
”C”しかチェックしていなかった記憶があります。)


以上、ややこしい質問で分かりにくいかもしれませんが宜しくお願い致します。




【使用環境】

デスクトップパソコン
OS: windows7 64Bit
グラボ:Geforce GT650
メモリ:8G

周辺機器:USB式のキーボード、マウス

最近HDDの調子がおかしいので、HDDを交換しようと考えています。
交換後はPCに付属してあるインストールディスクから起動して、
システムをバックアップしてあった外着けHDDから
「システムイメージの復元」をして以前の使っていた状態まで戻そうと考えています。
そこで疑問が出たので質問です。


【質問1】

HDDを交換した場合、上記のやり方でHDDは以前の状態で使えるようになりますか。
(ちなみにHDDの交換はまだやったことは無いですが、「システムイメージの復元」を
外着けHDDから今のHDDに行った時は、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

質問1は、バックアップをどうやって行ったかがカギです。

「ファイルのバックアップまたは復元」パネルで「バックアップの設定」で行ったものは、
既にOSが入っていることが前提なのでブート領域を含めた丸ごと復元はできません。
そのバックアップのままでは、質問2についても不可です。


HDDの交換を目的としたバックアップは、
「バックアップと復元」パネルで、左上に出ている

 ・「システムイメージの作成」でバックアップします。
  これでHDDやDVDにイメージを作成してください。
  バックアップメディアがDVDの場合、
  何枚かのDVDを作成すると、
  システム修復ディスクを作るように聞いてくるので、
  このディスクも作成します。

DVDイメージディスクが全てできたら、HDDを交換して、
PCがDVD起動できる状態にBIOSを設定してあることを確認した後、
最後に作った「システム修復ディスク」を挿入してDVDを起動してください。
最初の画面のIMEの選択を終えると、
「システム回復オプション」画面が出ます。
ここで「以前作成したシステムイメージを使用して~」を選んで、
後は指示に従っていけば復元できます。
途中、「コンピュータ上にシステムイメージが見つかりません」という
メッセージボックスが出たら迷わず「システム修復ディスク」を挿入してください。


ちなみに私は、ご貴殿と同じくHDDが不安定になって、
DVDにシステムイメージを保存(3枚程度)し、
異なるメーカーのHDD 1TBに乗せ替えました。

システムイメージの作成では、
バックアップ先として、HDDがDVD,またはネットワークに保存できるようなのですが、
私の場合、ネットワーク保存はパスが見つからず、うまくいきませんでした。


以上、お役に立てたら幸いです。

こんにちは。

質問1は、バックアップをどうやって行ったかがカギです。

「ファイルのバックアップまたは復元」パネルで「バックアップの設定」で行ったものは、
既にOSが入っていることが前提なのでブート領域を含めた丸ごと復元はできません。
そのバックアップのままでは、質問2についても不可です。


HDDの交換を目的としたバックアップは、
「バックアップと復元」パネルで、左上に出ている

 ・「システムイメージの作成」でバックアップします。
  これでHDDやDVDにイメージを作成してください。
 ...続きを読む

Q【代替処理済のセクタ数】 を回復させるフリーソフト

【質問(1)】

現在、CrystalDiskInfo(クリスタルディスクインフォ)で健康状態が【異常】と出ております。

HDD→ TOSHIBA MK6465GSXN 640.1GB  使用時間10936時間


●(赤) 代替処理済のセクタ数 <現在値1> <最悪値1> <生の値 0000000007FE>

●(黄) 代替処理保留中のセクタ数 <現在値100> <最悪値100> <生の値 000000000001>

●(青) 回復不可能セクタ数<現在値100> < 最悪値100> <生の値 000000000000>


【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?




【質問(2)】
現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。





優しい方からの回答お待ちしております。
できましたら、リンクとかナシで回答くださるとたすかります。





※使用OSは、Win7

Aベストアンサー

>【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?

そんなものは存在しません。
"代替処理済のセクタ数"が増えたということは、HDDの一部の領域が物理的に死んだということです。
それをソフトで修復するなんてことは無理です。
物理的にどうにかなっているものをソフトで修復できるんだとしたらノーベル賞ものの大発明でしょうね。


>現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。

最悪の事態にはなっていませんが、代替処理済のセクタが大量発生していますので危険な状態です。
重要なデータのバックアップを取り、なるべく早くHDD交換を行いましょう。

ちなみに、本当にヤバイのは"回復不可能セクタ数"の数です。
これが1個でもあるということは、HDD内に保存されているデータが壊れている可能性があるってこと。
しかも、本当にデータが壊れているのか?壊れたデータがどれなのか?ということが特定不可能なので、いつの間にか重要なデータが壊れていたなんてことも十分に考えられます。
"回復不可能セクタ数"が1つでも出たら、すぐに重要なデータのバックアップを取り、HDD交換を行いましょう。

>【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?

そんなものは存在しません。
"代替処理済のセクタ数"が増えたということは、HDDの一部の領域が物理的に死んだということです。
それをソフトで修復するなんてことは無理です。
物理的にどうにかなっているものをソフトで修復できるんだとしたらノーベル賞ものの大発明でしょうね。


>現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。

最悪の事態にはなっていませんが、代替処理済のセクタが大...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報