乾燥肌、冬の肌トラブルに本気の対策 >>

投資をはじめてそろそろ一年が経とうというところです。信用取引も含め、利益はトントンです。近頃はなんだか疲れてもきました。
このような状態なので、自分に「投資」が向いているのかどうか日々疑問を感じつつあります。

この間も株式投資の参考となる文献をけっこう読みました。林輝太郎氏のシリーズ、栗山弘、三木彰、杉村富生、佐々木良子、日向野利治、岡本治郎、鶴田幸男、照沼佳夫、板垣浩、バフェット、ピーターリンチ、ゲイリー・スミス・・・etc...
だいたいにおいて、株は長期に持つものだと書いてあります。
実際、そのように真似してみたのですが、一時大きく伸びて、驚いた時もあるものの、このところの地合いで、結局振り出し近くに戻ってしまいました。
時間ばかりかかり、気苦労も絶えず、デイトレードもしてみたりして、むしろこっちの方が利益を出せたりと(同じ時間を使うなら)先人の声は今の時代にあっているのか? とはたはた疑問を感じてます。

長期に持つ? ニュースを追うな、落ちるナイフはつかむな、底を拾え・・・ROE、EPS等々を重視しろ、消費者独占企業を狙え、ドテン、つなぎ、うねり取り、チャート、二番天井売り、・・・なんだかいろいろ書いてありましたが、結局のところ、どうなんでしょうか。今のようなネット取引が盛んな時代でも、株はやはり長期に持つべきなのでしょうか。それとも時代は徐々に代わりつつあり、自分で新たな投資法を模索するべきなのか。

投資暦が長い方は、ここ最近をどう思われてるのかぜひとも聞いてみたいです。
デイトレで笑いがとまらない人も(実際器用な方だと思います)、長期投資をどう思われるのか率直な意見を聞いていみたいです。

結局のところ投資で食っていける人は100人に3人とか何かに書いてありました。努力でそれがカバーできるのだろうか? 才能なのか? 沢山疑問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

皆さんの、おっしゃる通り自分のスタンスを


見つけるというのが大事ですが、これが一番大変なんですよね(^^ゞ
たくさんの本を読み漁り、高い授業料も払いました(^^ゞ
でも、最後はは自分の判断ですのでがんばってください。
私は、株を博打とは思っていません。
ゲームだと思っています。ゲームには自分なりの
勝つ法則があります。
私も不器用なので、ここに来るまで3年かかりました。
(毎日すごい時間を費やしてですよ(^^ゞ)
投資暦は10年になります。
 
苦労しましたから、参考になるかわかりませんが
スタンスと、その理由を書いてみますね(^o^)丿


(1)長期投資について(私の長期は6ヶ月以内です(^^ゞ)
簡単、確実なな方法として、業績が極端に悪くない場合
(倒産のうわさが無い場合(^^ゞ)
大底の銘柄が(大底でなくてはなりません)、週足で赤三平が出て、底で押し目を作ったところです。これを出来高を見ながら、また、そのあとのニュースを見ながら判断します。週足大底赤三平が出て、押し目の出来高が増えていくものは
高い確立で1.5倍にはなります。出来高次第では勢いよく上がります。
上昇軌道に乗った場合(週足の移動平均線にロウソクがしっかり乗ったもの)は、きれいに
押し目を作りながらしばらく上がっていきます。
売り時は、一番難しいですが、私はこんなおいしい銘柄のときは、3回まで押し目の波を売買します。3回目は前回の安値で利確することが多いです。
3回目はいわゆる三尊の形が出来て、一時的な急落がどこまで押すかわからないから、注意します。
ですので、3回目までで、手仕舞いをして3回目が高値更新することがあれば
出来高の具合によっては空売りをかけます。そこで完全に
終了です。2003年4月からの6701NECを見てみると
良くわかると思います。ただ、この場合大きな押し目が出来ませんでした。なぜでしょう?
理由付けとしては、赤三平出現後に出来高が膨らみ信用取り組みが1に近づいてきました。と言えばわかるでしょうか?なので、大きな相場になると思いました。
450円前後で買い出動し3回の押し目を売買し
3回目を売ったところで1000円の大台が近づいてきたので
3回目の三尊の形を手仕舞と空売りしました。
この間、良く動く銘柄でしたので
デイトレを長期用とは別に30回ほど売買しました。
では、貸借銘柄ではない場合は如何でしょう?
3113BSLの2003年12月からを見てみると
赤三平が勢いが無いですが出ています。
70円以下で集め始めたのですが、急に出来高が膨らみ始めたのでコストが80円になってしまいました。100円目標で
とりあえず始めたのですが、(赤三平が勢いが無かったので)一旦100円で売り切りました。弱かったので、出来高が膨らんだらそのとき乗ればいいと思っていました。
しばらくすると90円以下の押し目をつけたときに先週の出来高を上回りそうな勢いになってきました。
案の定、週明けより付が買い気配になってしまったので
迷っていたら、出来高がすごく膨らんだので
本格出動でもう一度100円で買いました。
このときは勢いがあまりにすごかったのでビビってしまい
230円平均で売ってしまいました。(友達は150円と言って泣いていました)貸借ではないので、出来高の勢いでかげりが出始めたら売ることにしています。
実際このあと急落するのですが、空売りでヘッジを
かけることが出来ないので、200円を想定して
デイトレ&スイングに移行しました。
貸借でないときは3回目までトライしても空売りを
かけられないので、追いかけないようにしています。
また、三尊が(三回目が)前回の高値を上回るとも限りません。
ただし実際は300円以上上がってしまいましたが…
十分利益が出ていたので、わずかな株数は300円を超えたところで売りました。
この3月末から日経も転換し始めたので、2ヶ月ほど忙しかったですが(この時はほんとに時期が良くて、13銘柄ほどを6ヶ月予定で買いましたが、3ヶ月で手仕舞い出来ました)今は、またこのような銘柄を探しているところです。

なぜ、この2銘柄を例に出したかと言うと、
いわゆる、日経採用銘柄と、仕手性のある株であっても
ある程度、チャートの通りに動くと言いたかったからです。波をしっかり読みましょう。


(2)デイトレ&スイング
これは、見ての通り、一日中パソコンの前にいなくてはなりません。
トイレに行くのも、大変なときがあります。
選定方法としては、RSI、ストキャスティックなどの指標が
ある程度読めなくてはなりません。また、気配値の
板の波を読まなくてはなりません。日中足で
ローソクの流れと出来高を読んですばやい判断が必要です。判断が苦手な方はスイングトレードにするべきでしょう。銘柄は、動きがあったときに押し目を作りながら
規則的に(重要!!)上がる、もしくは下がる銘柄を
探します。その時に、銘柄に合った指標がその波に合っているかどうかが重要です。価格帯や利益範囲は自分の予算で絞り込んで下さい。その押し目の波の中で(押した額と高値)が
自分のほしい利益の160~170%をカバーできているか。
(頭と尻尾は取れませんので確実に取れる範囲を決めます)
というのを見て、自分のライフワークの銘柄を
異業種から4~5銘柄決めておきます。
その時に、日経平均とどの様に連動するかを調べ
寄り付き前に前日のNYの相場が如何だったのかを
念頭において、当日のデイトレ銘柄を決めます。
これが、ライフワーク銘柄のやり方ですが
それ以外にニュース銘柄や、前日の出来高の膨らんだ銘柄
の、寄り付き前の状況で新たに投資するかどうかを
5分前までにきめて、デイトレをします。ただし、
これは賭けになります(^^ゞ
板の癖が読めないので、運次第になってしまいます。
デイトレの基本はその日のうちの手仕舞いとなりますが、勢いによっては、2~3日様子を見ます。
ただし、金曜日特にSQの日には、注意が必要なので
私は、余程の自身が無い限りは手仕舞いすることにしています。板や、気配値の銘柄ごとの癖がありますので
自分の得意な銘柄を探すことです。
板を見ながら、仮想売買で練習して(買った理由と、その板の状況、売った理由もメモをしておく、時間帯や、大口投資家がどの価格で、売りもしくは買ってきているかを約定内訳で探します。Eトレの場合、パワーイートレードプロフェッショナルで見られます他は使っていないのでわかりませんm(__)m)その理由付けが
一番合っているものをライフワークにします。
また、買ったものの、下がり始めてしまった場合は
その日のうちに損きりをしてください。出来高で、底や押し目の確認が出来ない場合は危険です。損きりの範囲は
自分で決めて機械的にした方が良いでしょう。
(中々難しいですがね。)
デイトレは、とにかく大口のトレーダーが
どちらに転ぶのかに乗っていくのが主な方法ですので
すばやい判断が出来ない場合は、やめておいた方が無難です。ですので、スイングトレードをお勧めします。

以上を読むと、何だ、結局はスイングではないか?
と思われるでしょう。そうです。
スイングが私には一番合っているみたいです。

ただし、裏技の長期投資をしています。
出来高の少ないものが、半年程度のスパンで暴騰するのもがあります。余裕が出来たら、仕込んでみるのも
面白いですよ。仕手性の強いものほど、チャートに
顕著に表れます。これは、最後にしておいてください。
私は、最初にたまたまこのような銘柄に
当りまくったので、買えば上がるものと信じており
痛い目にあいました。今は、売り時を欲張らないので
大丈夫なのですが…(^^ゞ

結論
人はどうであれ、私にはスイングが合っている。
仕手性の強いものだけ長期投資にしている(^^ゞ
と言うところです。
感で売買をするのだけは、避けています。
必ず、チャートや指標の理由付けをして
売買をします。そうでないと、どんどん迷って
上達しません。ゲームには大抵法則があると思ってください。

銘柄選定をするときに、便利なチャートと言うか
私が使っているものは、パワーEトレードプロフェッショナルと、Meネット証券のMe'sチャートを使っています。
銘柄検索には、ソフト工房REEDのITickerを使います。



参考になればいいですけど…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長年の実体験からの貴重なお話ありがとうございました。何よりも得がたいアドバイスになります。
知らない言葉などがあり、一度にはちょっと理解できませんでしたので、メモさせていただき、調べながら繰り返し反芻したいと思います。
詳細な回答に感謝いたします。

お礼日時:2004/07/27 23:19

いまさらアドバイスしても遅いかもしれませんが・・・。


 
 投資暦は10年以上です。投資スタンスとしては、長期投資家の部類に入ると思います。

 株は長期で持つものだと言われるのは、株の成り立ちを知ればわかります。

 何か事業を始めるには、お金が必要です。大規模なものになればより多くのお金が必要です。そこで株券を発行してお金を集めます。事業が成功して利益が出たら株の持分に応じて利益の還元をします。(お金を出してくれた人に報いるわけです。)

 事業が成功するには時間がかかります。1日、2日では無理です。少なくとも年単位の時間が必要です。株を持っている人は事業の成功(利益が出ること=株の価値の増大)を信じて株を持つことになります。結果的に長期の投資になります。

 ご質問の中にある大投資家と呼ばれるような人たちも似たようなことをやっているのです。つまり、将来の(株の)価値に比べて今が割安だと思ったら、それに投資して価値が上がるのを信じて(株を)持ち続けるわけです。
 
 長期投資家というのは、将来自分が持っている株の価値が大きくなると信じているので株価がどうなろうが持っていられるのです。ただし、価値が上がるのを信じて買っているのですが、途中で何かあってそれが信じられなくなったら値が上がろうが下がろうが売ってしまいます。長期投資だからと言って、いつまでも持っているわけではなく価値判断で臨機応変に売りや買いを行います。結果的に持っている株を半年くらいで売ってしまうこともあります。
 
 長期投資家は長期的な視野を持って投資を行う人と考えてください。

 株価を買っているのではなくて、株そのもの(事業や会社の価値)を買っているのでそのようなことができるのです。

 私の場合は、デイトレに代表されるような短期の売買をして利益を出すやり方はダメなのです。ある意味、忙しすぎて疲れてしまいやっていけませんし、自分の性格や生活パターンなどに合っていないのでとてもできないと思ったからです。(デイトレをやったこともあります。)

 とにかく、自分の性格や生活パターンに合わせて投資をしてください。そうすれば楽しんで投資ができるようになります。投資をするということは、投資先(株など)の事を知ることばかりではなくて、自分自身を知ることも重要です。自分を鏡に映して自分自身のことをよく考え知りましょう。

 それと、投資の本ばかり読まないで違う分野の本をよく読みましょう。自分の投資に生かせることがたくさんあります。(私の場合は、孫子や三国志を読んだり、科学雑誌から漫画、小説まで何でも幅広く読みます。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ほんとうにおっしゃる通りだと思います。難しく考えることはなく、いたって単純な理屈で株というのは成り立っていて、利益を出すことが出来るのだと思います。どうも短絡的に(よく言う近視的に)見ていたのですね。
この頃、自分のあった投資法というのが少しずつですがわかりつつあります。
あせらず、チャンスを逃さず、自分なりのやり方をまずはしっかり確立したいと思います。

お礼日時:2004/07/31 02:43

多分、手厳しい人なら


「この一年で利益だせないならやめたら」
とか
「驚くほど上がったら普通ヘッジで売るだろ」
とかいう声が上がるでしょう。

本当に長期なら、まだ利益を気にする段階ではないはずなので、実際には短期売買の方なのでしょうけど、疲れたら全部換金して、英気を養うのも大事ですよ。

また、向き不向きはありますから、必要がなければ無理に株の売買をすることもないかと存じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ハッと気が付いた気がします。
本当に長期なら、たしかに今、利益を気にする段階ではないのでしょうね・・・どうやら自分は短期型、スイングトレードとかに変えたほうがよさそうです。
もう少しフットワークを軽くすることをこころがけます。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/26 00:30

長期・短期ということよりも、自分に合った方法で利益が出ればそれがベストです。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

やり方複雑にするな、というのが、株の熟練者のモットーらしいです。
ベテランになればなるほど、あっさりシンプルなやり方だと、そういえば書いてあったのを思い出しました。ちょっと方向性を変えることにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/26 00:24

結論から言うと、どの手法でも利益を出すことは出来ます。


では、何故ほとんどの人が知識はたくさん持っているものの、どれも使っていないか、またはその場その場で適当に使っているからです。

例えば、ローソクと移動平均だけでも充分です。
そのときに、これまた例えば、ゴールデンクロスで買って、デッドクロスで売る。これを貫徹している人がどれだけいるでしょうか?
特に多いのは、買うときだけチャートを見て売るときは感覚だけで売ってしまう人ですね。

自分自身の投資スタンスを明確にされて、確実に遂行する。
これで利益は絶対に出せます。

世の中にこれだけたくさんの投資手法があるにもかかわらず、損をしている人がほとんどなのは、そのせいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

少し考え方を変えます。
もうちょっと遊び感覚というか余裕が必要なんじゃないかと思ってきました。
ありがとうございました。とてもヒントになりました。

お礼日時:2004/07/26 00:22

長期か短期か?と言うより


あなたが株式投資をなぜ始めているのかの目的を省みるべきだと思います。
例えば、1年間で投資額の30%の利益を上げたいのであれば、
それを達成すべき1年の投資戦略を持つべきだと思います。
10年で利益を上げたければ、10年の投資戦略を持つべきです。
そう言う私も目標設定できずに投資してしまうことが多々ありますが、
株は買うより売りが難しいと言いますから、
日々研鑽してこの甘さをなくそうと努めているところです。

さて、このところの相場環境ですが、あまり芳しくありません。
私は日中会社員で弱小者なので相場を主導する者の動向、心理を常に気にしています。
今は、大丈夫だろうの銘柄を残してすべてキャッシュに替えています。
市場には魔物が住むと言われる時もありますから、
No.1の方が言うように必ずしも長期がいいとは言い切れません。
ただ、株式投資は学習し、正しい分析ができ、判断できるようになれば、
リスクヘッジを十分高めることにつながると思っている一人です。
利益を上げることを前提にして攻撃的なトレードをしている方が多いですけど、
リスクを低減させることで損失最小限にし、利益もあげることができます。
逆転の発想とでも言いましょうか?
リスク回避の投資スタンスに努めるようになってから、いろんな事も見えてきています。
私は、努力すればカバーできる世界だとも思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも愚問のような気がしてきました。
失敗を恐れるあまり、いっぺんとうなやり方に
とらわれすぎたのかもしれません。
資金が豊富にあり遊ばせておくほどあれば、きっと
長期ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/26 00:19

私はyoinさん以上の初心者ですが、


特に長期、短期と決めてかかる必要はなく、自分なりの投資スタンスを確立するとともに、今は必ずしも長期に保有していれば安心という時代ではないと思いますので、状況に応じた機敏な行動をとることが勝つ秘訣なのかなと思っています。
また、宝の山は専門家から得られるものではなく、身の回りに埋もれているものだと考えていますので、Yahooファイナンスの掲示板などをROMったりして候補銘柄選びを行っています。
こんなやり方でも今年に入って500万円強利益がでています。
もちろん、売った後に急騰したという失敗も重ねていますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんだかだんだんわかってきました。
臨機応変さも必要ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/26 00:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式投資の利益率 何%稼げれば好成績でしょうか

人それぞれのお考えだと思いますが、お伺いいたします。
個人で株式投資を行っていて、年間の利益率がどれくらい行けば好成績と言えるんでしょうか?

2.000万円程の余剰資金が手元に有ります。
当初、投資信託で運用を検討致しましたが、リスクのわりに見返りが無いようで、株式投資を検討してみようと思います。

冒険せずに、有る程度どんな商売をしているのが分かる国内の一流企業の株のみで、分散させて運用してみようと思います。
ご意見いただければ有難いです。

Aベストアンサー

株式投資はリスクがあるので、年間の利益率が15~20%ぐらい
あれば好成績かと思います。
10%以下の目標ではリスクに見合うリターンとは
言えないと思っています。

投資信託をやめたのは良い選択ですが、2000万円の資金を
全て使って株投資するのは危険性が高いです。
しばらくは少ない資金で投資し、自分の投資スタイルを確立してから
本格的に始めた方が良い気がします。

国内の一流株の分散投資は良い考えですが、それでもタイミングを
間違うと利益が出ません。
そのタイミングをつかむ為にも、小額がら投資を始める事をお勧めします。

Q株で儲かっている人ってどのくらいいるの?

最近、株で儲ける系の本とか雑誌が氾濫し、株式市場が賑わっているようですが、実際のところファンダメンタルズだのテクニカル分析など学んで儲けている人ってどれだけいるんでしょう?

ファンダメンタル的な指標は、あくまで過去のデータの蓄積にすぎないし、テクニカル分析は現実の株価の動きに適合しずらい気がします。


ボクはこういった本全般は、ただひとえに証券会社が儲ける為の大規模な宣伝活動でしかなく、また、一部の株で運よく儲けた人達の思い込みで構成された、印税目当ての出版にすぎない気がするのです。


だれか、ファンダメンタルズ、もしくはテクニカル分析を駆使して本当に儲けている人がいれば、教えて下さい。

また、逆にそれらを使っても全くダメでした、こんなに存しちゃいましたという人にも体験談をいただければと思います。

Aベストアンサー

デイトレを煽るような本がたくさん出ていますが、それは確かに証券会社の宣伝活動と結びついていると思います。デイトレで儲かるのはよほどの才能がある人だけかなーって思います。

でも、優良会社が何らかの理由で安くなっている時に買ってしばらく辛抱して持っていれば儲かります。スズキショックの時のスズキを拾って1年半くらい持ってましたが、中級の新車1台分くらい儲かりました。
反日デモの時、拾った銘柄もいい儲けになりました。

株投資歴3年目のど素人です。一応、ファンダメンタルとテクニカルは
見ています。

Q株で儲かっている人が1割で9割は損をする理由(どうして50%ではないのですか?)

ネットで株をはじめて7年くらいになります。
株は上がるか下がるか、1/2の確立ですよね?
デイトレーダーやネットで株取引する人がどうして9割が負け、勝てるのは1割の人になるのか、どうしてもわかりません。
私の周りにいる人も実際9割くらいの人が負けています。
証券会社に勤めていた友人も「前にディーラーやっていて、手数料なしで売買してたけど、10人いたら9人まマイナス出すよ」と言っていました。
インサイダー情報とかで儲かる人がいるのはわかりますが、自分が買った株が上がるか下がるかは50%ですのでそれとは別だと思います。
本に書いてあるとおり「10パーセント下落で損きり」などの決まりを守ってもどうもプラスになりません。
数学的にでも、精神的にでもかまいません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>目を閉じて銘柄を選びます。
>コインを投げて表が出れば上がる、裏が出れば下がる。
>30日後に必ず売る

数学的確率論ですか?今の下落相場でも45%はプラスですね。
でも個人投資家はそんな風に銘柄を選択しません。
3ヶ月前、この一年の平均の半額に下がった銘柄・小型株が人気です。
そういうものの7割がたが、さらに3割以上も下げています。

7割でも普通は数社に分散投資するので、合計で9割がマイナスに
なるというわけです。

個人投資家はなぜ9割が損をするかというのは、機関投資家が
儲けてしまうからと説明したつもりでしたが。

Q株を売るタイミングって?

株初心者です。
株って大体どのくらい値上がりしたら売るものですか?
仮に今日買ったとして1週間以内ならどのくらい値上がりしたら
売ったほうがいいのでしょう?
また、長期的にはどのくらい値上がりしたら売りますか?
一般的にはどうなのか慣れていらっしゃる方の意見を
お聞きしたいのです。

株は買ったことは2度ありますが売ったことがありません。
一応値上がりはしているのですが売った途端にもっと上がったり
しそうでそのままです。
上がったり下がったりしててタイミングが分かりません。
安定している株は売らないで配当金を貰ってるままのがいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

株を売るタイミングは、投資スタイルや、銘柄、経済情勢などにより変わってくるので、一概にどのくらい値上がりしたら売れば良いかは言えないと思いますが、あくまで参考程度に以下に記述します。

まず「いくら値上がりしたら売る」といった目標を持たないことが大事です。株は個人の思い通りにはなりません。

・保有していた方が良い場合
保有している株が、チャートでまだ上がりそうな場合や、新商品を出すなどの良いニュースがあったり、関連する他の銘柄が好調だったりした場合など。

・売った方が良い場合
保有している株が、チャートで下がりそうな場合や、減配した場合、悪いニュースがあった場合や、今の銘柄を売り他の銘柄を買った方がより大きい利益が見込める場合など。

長期投資については、細かな値動きに余り一喜一憂しないことが大事です。

それでも売る時期を知りたいのであれば、同じ銘柄を少なくとも半年間、毎日値動きを見てれば自然と買い時、売り時のタイミングは分かるかと思います。

基本的にmarquisesさん自身、保有している銘柄が高いか、安いかの感覚がまだないのだと思います。経験つめば、スーパーで安売りやってるから買おうと思うくらい、自然にトレードできるようになるのではないかと・・・。

株を売るタイミングは、投資スタイルや、銘柄、経済情勢などにより変わってくるので、一概にどのくらい値上がりしたら売れば良いかは言えないと思いますが、あくまで参考程度に以下に記述します。

まず「いくら値上がりしたら売る」といった目標を持たないことが大事です。株は個人の思い通りにはなりません。

・保有していた方が良い場合
保有している株が、チャートでまだ上がりそうな場合や、新商品を出すなどの良いニュースがあったり、関連する他の銘柄が好調だったりした場合など。

・売った方が...続きを読む

Q株を買うと何故下がるのでしょうか?

株式取引初心者の者です。最近取引していて疑問に感じるのですが、株を購入直後にいつも、誰かに見られているような感じで必ず、下がるのですがこれは何故でしょうか?本当に誰かに見られているような感じで、買った後に下がります。板?とかを誰かがチェックしているのでしょうか?すみませんどなかかおわかりになる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ。

もしかして、移動平均線を使いゴールデンクロス買い・デッドクロス売り、またはボリンジャーバンドで平均マイナス2シグマ買い・平均プラス2シグマ売り、または遅行線が雲に突入したらウンヌン、等々をしていますか?もしそうなら、貴方の「誰かに見られている」と感じるのは自然です。貴方が感じている謎は、大抵の人が初期に感じるモノです。でも見方を変えれば直ぐに解決しますよ。

米国株式市場では、動いているお金の9割が期間投資家の金です。素人の金は1割くらいです。また日本市場では、7割くらいが海外からのお金です。海外からの素人ではなく、海外の機関投資家です。ようするに、100人のトレーダーのうち、90人はプロという事になります。

貴方は当然に上がる株を買おうとします。「この株、上がるんじゃないかな?」と思い、オンラインで買い注文を出します。すると買いボタンを押して1秒後には買いが完了します。何処かの誰かから貴方が買うということは、何処かの誰かは貴方に売っているわけです。貴方の取引相手は、常に貴方とは反対の行動をしています。貴方が買うとき、相手は売っています。つまり、貴方が上がると思って買う株を、相手は下がると思って売っているのです。

その相手が誰かは知り得ませんが、トレーダーの9割はプロなのですから、貴方の取引相手も9割の確率でプロでしょう。プロが貴方とは反対の事を考えているということになります。素人がゴールデンクロスで買いに入る事をプロは知っていますので、彼らは売りを仕掛ける。ニーチェは「底知れぬ無知の深遠を覗き込むとき、その深遠もまた貴方を見つめている」と言いますが、将に「貴方がチャートを覗き込むときに、プロは貴方の行為を見つめている」のです。ウォーレンバフェット氏は「ゲームが始まって15分が経つのにカモが見つからない時は、おそらく貴方がカモなのだ」と言っていますが、チャートを使う限り貴方はカモかも。

テクニカル指標は使えない。これが結論です。

こんにちわ。

もしかして、移動平均線を使いゴールデンクロス買い・デッドクロス売り、またはボリンジャーバンドで平均マイナス2シグマ買い・平均プラス2シグマ売り、または遅行線が雲に突入したらウンヌン、等々をしていますか?もしそうなら、貴方の「誰かに見られている」と感じるのは自然です。貴方が感じている謎は、大抵の人が初期に感じるモノです。でも見方を変えれば直ぐに解決しますよ。

米国株式市場では、動いているお金の9割が期間投資家の金です。素人の金は1割くらいです。また日本市場では、7割...続きを読む

Qスイングトレードの利食いと損切りライン

自分は夜だけ売り買いの注文をするスイングトレードをしてます。

コツコツ買っても損切る時は、1回勝つときの倍以上は負けてます。

勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか?

みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか?

Aベストアンサー

# 勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか?

利益確定ラインと損切りラインの幅をどう調整しても、トータルの損益に対して何の意味もありません。
利益確定ラインを損切りラインより大きくすれば単純に勝率が下がるだけです。


# みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか?

何%という設定のしかたは間違いだと思います。
「主体事由」と「客体事由」というものを考えなければいけません。

「主体事由」は自分自身の運用資金についての事由です。
簡単に言うと、最大損失許容額と1回の取引での損失許容額です。最大損失許容額が100万円なら1回の取引での損失許容額は大きくても10万円程度。
値幅でいうと、1000円の株を1000株買うなら、100円幅が最大損失許容値幅になります。

「客体事由」は相場それ自体の事由です。相場観だとかテクニカルポイントとかいろんなものがあります。
たとえばトレンド形成している銘柄を買う場合に、前回の安値をロスカットポイントにするといった場合に、それが20%下ということもあれば5%下ということもあると思います。
簡単に考えたいなら、買う場合なら「ここまでは下がらないと思う」というレベルを損切りレベルにすればいいです。「ここまでは下がって欲しくない」というレベルを考えては絶対にいけません。
画一的に何%という決め方が絶対にダメとは言いませんが、少なくとも画一的に何%という決め方が有効なストラテジーが無いなら、意味はありません。
つまり意味がある損切りポイントを探さないといけないんです。
意味のあるエントリーのポイント、意味のある損切りのポイント、意味のある利食いのポイント、そのトータルで傾向的に利益になるストラテジーを考えないといけません。
客体事由は主体事由と無関係に考えなければいけません。
主体事由として10万円が損切り額だから5%にするとか10%にする、といった考え方は基本的に間違いです。
客体の特徴として確率的に5%下がることが少ないという傾向があるなら、それは正しい設定です。しかし一概に全ての銘柄、あらゆるトレード条件で、何%がいいといった傾向なんてのは絶対にありません。

まず客体事由からロスカットのレベルを考える。
そして主体事由を組み合わせます。たとえば30円下が損切りポイントで1回あたりの損失許容額が10万円なら、3300株買っていい。200円下が損切りポイントであれば500株しか買えない。
ところでもしこれが取引単位が1000株の銘柄だったら、最低単位の取引でも20万円の損切りになってしまいます。こういうときはどうするか。主体事由を曲げて20万円にする、というのは間違いです。500円で損切りするというのも間違い。
こういうときはいくら上がりそうでも買ってはいけません。100円下がったところで差値するしか無い。もし下がらずに上がるようなら諦めるしかありません。主体事由も客体事由も独立して絶対条件であり、双方の条件を満たすときしか取引をしてはいけません。

主体事由が絶対条件である理由は、破綻リスクの回避です。
たとえば最大損失許容額が100万円であるときに、1回の取引での損失許容額を30万円に設定したとすると、勝率70%の非常に優秀なストラテジーがあったとしても、運悪く2連敗する確率が9%もある。運悪く初回に60万円も負けてしまうと、運用規模が維持できなくなります。40万円の株を買って60万円儲けるのは120%の収益ですからとてもタイヘン。
10万円づつなら運悪く3連敗しても70万円ありますから、なんとか運用規模は維持できます。
主体事由としての1回のあたりの損失許容額は、できれば運用資金額の1/20ぐらいがいいです。期待収益額とのトレードオフになりますが、かなり安定すると思います。

# 勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか?

利益確定ラインと損切りラインの幅をどう調整しても、トータルの損益に対して何の意味もありません。
利益確定ラインを損切りラインより大きくすれば単純に勝率が下がるだけです。


# みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか?

何%という設定のしかたは間違いだと思います。
「主体事由」と「客体事由」というものを考えなければいけません。

「主体事由...続きを読む

Q買収された会社の株価はどうなるのでしょうか?

経済のことをほとんど知らないで、初歩的な質問ですみません。
買収されたA社の株価が100円だとします。
このA社がB社に買収されたとします。
買収されたのでA社はなくなってしまうと思うのですが、買収されたA社の株価はどうなるのでしょうか?
また、A社の株を持っていた人の株は、どうなってしまうのでしょうか?
すみませんが、お教えくださいますよう、お願いいたします。

Aベストアンサー

株価と言うことなので、上場している企業を買収すると言う前提ですね。上場していない企業には株価が存在しませんので。
買収した企業をどうするかによって違ってきます。子会社化(株式を50%以上持つか、取締役を多く送り込んで実質支配している)するのであれば、上場は維持される場合がほとんどです。親会社となる企業がきちんとしていれば、売り上げアップが見込めて株価は上昇する可能性が高いです。
上場廃止となっても倒産とは違いますので、株価は下がらない可能性が高いですね。
もし完全子会社化(株式を100%持つ)されれば上場は廃止されます。その前にTOB(株式公開買い付け)が行われて、市場に出回っている株を回収します。TOBに応募する人を増やす目的で、市場価格より高い価格で買い付けるのが一般的です。もしこれに応募しないで株を持ち続けても、臨時株主総会で定款を変更し株に全部取得条項を付して、すべての株を強制的に買い取ることになります。

合併の場合や持株会社の傘下に入る場合は、元の企業や○○HDといった持株会社の株と交換となる場合が多いです。この場合、交換比率によっては株価が大きく動きます。元の企業1株につき、新しい企業の株が何株割り当てられるかによるのです。
投資家に不利益が出ないようにはなっています。しかし高い価格で買ってしまって、仕方なく塩漬け状態となっている株を安くで買い取られたり、違う企業の株と交換となってしまって投資家が損をするのは良く有りますね。

株価と言うことなので、上場している企業を買収すると言う前提ですね。上場していない企業には株価が存在しませんので。
買収した企業をどうするかによって違ってきます。子会社化(株式を50%以上持つか、取締役を多く送り込んで実質支配している)するのであれば、上場は維持される場合がほとんどです。親会社となる企業がきちんとしていれば、売り上げアップが見込めて株価は上昇する可能性が高いです。
上場廃止となっても倒産とは違いますので、株価は下がらない可能性が高いですね。
もし完全子会社化...続きを読む

Q1部上場すると株価はどうなる?

持っている株の会社が東証2部から1部に上場の候補になりました。
東証2部から1部に上場したら、株価は一般的に
上がるのでしょうか、下がるのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的にどうなるかは、企業の業績とかにもよるのでなんともいえませんが、
一時的にはご祝儀買いで上がるのかな?

Q寄り付きとは?

こんにちは
株の寄り付きで買う、というのはその日の成り行きで買うということなのでしょうか?
辞書などで調べたり、検索したのですが、今一よく分からないので、質問しました。
初歩的な質問で恥ずかしいですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

寄付きと言う言葉があるのは、市場が開くてから最初に付く値段と
言う意味ですが、値段が付いた後と売買の成立方法が違うからです。

寄付きは板寄せと言い高値の買いと安値の売りをマッチングさせて
行き中心相場で最初の値段を決めます。この時の成行き注文は
最優先でマッチングされますので、ほぼ確実に取引が成立します。

値段が付いたあとはオークション方式になるので指値の場合は
反対取引の相手が現れるまで成立しません。

成行注文の場合は相手側(買いの場合は売り)の注文があれば
相手側の値段で約定します。

纏めると成行きは注文方法のことで、寄付きとは相場が出来ることを
いいますので別物です。

Qザラバ引けって何ですか?

用語集を見ると、

ザラバ(寄付と引けの間)に値段がついた取引を最後にして、引けに値がつかずに引けた状態。
執行条件で「引け」を選択したご注文は約定しません。

とあります。

これを読んでも、いまいち意味がわかりません。

引けに値がつかないというのは、
どうして起こるのでしょうか?

今日、後場の引けで売り注文を出そうとしているのですが、
約定しなかったら困りますね。。。

Aベストアンサー

ザラ場引けは、おおよそ下記の場合に起こります。
 1. その銘柄に対して引け成り注文が無く、
   引けに値がつかなかった場合
 2. 引け間際または引け時に大量の買い注文(売り注文)が入り、
   特別買い気配(特別売り気配)となって
   そのまま値が決まらずに引けを迎えた場合

1は出来高の少ない銘柄ではわりと頻繁に起こる現象ですが、
成り行き注文を出しておけば確実に約定できますし、
低めの売り指値や高めの買い指値でも、
売買相手さえいれば約定できます。


2はあまり頻繁には起こりませんが、引け時に大口の注文が入った場合は、
通常のザラ場時と同様に特別気配のような状態になり、
そのままの状態で引けを迎えてしまう場合があります。
この場合、場中に値段が決まらず特別気配のまま終了したことになり、
引け注文が成行か指値かにかかわらず、注文は約定せず引けてしまいます。
しかし、これはあまり頻繁に起こるものではありませんし、
ほとんど“運”のようなものですから、(^^;
あまり気にしなくても大丈夫だと思いますよ。

ザラ場引けは、おおよそ下記の場合に起こります。
 1. その銘柄に対して引け成り注文が無く、
   引けに値がつかなかった場合
 2. 引け間際または引け時に大量の買い注文(売り注文)が入り、
   特別買い気配(特別売り気配)となって
   そのまま値が決まらずに引けを迎えた場合

1は出来高の少ない銘柄ではわりと頻繁に起こる現象ですが、
成り行き注文を出しておけば確実に約定できますし、
低めの売り指値や高めの買い指値でも、
売買相手さえいれば約定できます。


2はあまり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報