人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

一眼レフのPENTAXを使ってる方に質問です

PENTAXのことについて良いところ悪いところ、いろんな情報が知りたいです。
また、PENTAXの中から選ぶなら、これがいい!と思うものを教えて欲しいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

下のほうで昔のペンタックスについては粗方でているので現行品について少し述べてみたいと思います。



ボディーの全体的な印象としては、ニコンやキャノン等の同等品と比べて安く、機械としての信頼性は全ての製品で防塵防的滴性が高い(一部のレンズを除く)ので雨天等の環境下では有利と言えます。APS-Cサイズのセンサーならペンタックスを選ぶという選択は十分有ると思います。

問題は最近発売されたフルサイズのK-1ですが、ボディーそのものの欠点は殆どありませんが、フルサイズ用のレンズラインナップが極端に少ないというネガがあります。しかもフルサイズ対応レンズは古い物ばかりで、今の技術レベルからは少々時代遅れ感が否めません。実際にはフィルム時代から続くKマウントのおかげで古のレンズも使えますが、入手する場合は中古品を購入するしかありません。しかも一部のレンズは法外な値段が付いていたりします。

私はMEスーパーというフィルムカメラを未だに現役で使っていますが、ファインダーの倍率が0.95倍と非常に大きくマニュアルでのピント合わせでは比肩する物がありません。
FA43mmf1.9Limitedはフルサイズ時の画角が人間の視野角に近く、ファインダーを覗いた時の違和感が少ないのが特徴です。ペンタックスからは色々なレンズが出ていますが、私が気に入ったのは後にも先にもこの一本だけです。ライカのLマウントでも同じ仕様のレンズが出ていますが、あちらは値段が倍ほどするのが難点ですね。不細工ですし。
    • good
    • 0

カテゴリーが「カメラ全般」で、単に「一眼レフのPENTAX」って括りだから・・・



なんと言っても、PENTAXは、日本初の1眼レフ「アサヒフレックスI型」を作ったし、「アサヒフレックスII型」で量産型クイックリターンミラーを採用、「アサヒペンタックス・スポットマチック」でTTL測光の実用化など、世界初を実現してきた日本を代表する由緒正しきカメラブランド。

今、50才代半ば以上なら、ペンタックスで1眼レフを学んだ人も少なくない(#1さんもそのあたりの世代でしょう)。
昭和50年代に入るとオリンパスOMシリーズやキヤノンAE-1の人気には及ばなかったけど、小型・軽量のMシリーズは根強い人気を持っていたし、20年以上現役を続けたPENTAXのMFフィルム1眼レフの集大成「PENTAX LX」は、時代を代表する名機の1つ。

デジタル世代に移行して最初の「*ist」シリーズは、後発のワリに煮詰めが甘い感じがあってイマイチ決め手に欠けるトコロがあったけど、2006年に「K100」で、ペンタプリズムを採用するなど”基本をしっかり押さえた”良質なエントリー機デビューさせると、同年にはミドルクラス「K10」を発表。
以降、クラスを問わず、視野率約100%のペンタプリズムファインダー、防塵防滴構造を積極的に採用している。
クラス最軽量級の小型軽量のボディに加え、低温に強いバッテリーも相俟ってミドルクラスの「K-5(K-5Ⅱ)、K-3(K-3Ⅱ)は、”最強のフィールドカメラ”と呼ぶカメラマンもいる。

レンズも、ラインナップこそニコン、キヤノンに見劣りするけど、魚眼、超広角から超望遠まで一通り揃っているし、”Limitedレンズを使うためにPentaxのボディを買う」”人もいる「Limited」レンズは高品質で有名。

>また、PENTAXの中から選ぶなら、これがいい!と思うものを教えて欲しいです。
って、質問文から想像すると・・・
#2さんと被るけど、小型軽量の防塵防滴ボディ(純正キットで買えば、レンズも簡易防滴)で、クラストップレベルのファインダー、「Pentax K-70」でしょうね。
    • good
    • 1

こんばんは


20年以上前、高校生から大学生のころにから使っている感想です。

>良いところ悪いところ
低価格(当時のニコンの同等製品より安く購入できました)

20年前の機種が現役です。
SPは今でも扱えます。MFの一眼レフで学んだ知識は、デジカメの時代になっても役に立ています。

欠点は、デジタル化するためには、手間がかかることです。
写真屋さんでも、フィルムの現像やデジタル化(CD)には時間がかかるようになってしまいました。
…即日というわけには」行かない場合もあるのが痛いです。
    • good
    • 1
    • good
    • 0

はい、駆け出しのころペンタックス使ってましたよ。


SP・SP F。その頃一眼レフのシェアは驚くなかれ、ニコン・キヤノンを押さえペンタは40%を確保。
ニコンF 何て高嶺の花。指を咥えて眺めるだけ。

まぁ、昔の話はさて置き、ペンタは時々売れないカメラも造りますが、結構、真面目に造られたカメラ多いですよ。
特筆は、エントリーモデルでもきちんとペンタプリズムを使っている事。方やニコン・キヤノンは製造コストの安いペンタミラー。
もう一つは、防塵防滴。
知人の山男。同僚のニコン機がダウンするもペンタはノントラブルだったと自慢に話していました。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCANONとPENTAXで迷っています

今現在、コンデジを使っており「初の一眼レフ購入」の検討をしております。
で「色」で消去していった結果「CANONとPENNTAX」が残ったんですが、さて
ここからが決めかねています

ちなみに、ボディーは、重量の為「APS-C」で、将来「フルサイズ」に移行する
可能性もありますが、その際、ペンタックスが「無駄」になっても構いません

また、用途は殆どが「風景」で、後は、せいぜい「人」を撮る程度であり「動く
物」を撮るつもりは全くありません

で、一応、両社の「長所・欠点」の大体の所?は解ったつもりですが、さて
実際に使えばどちらが良いのか?

ちなみに「色」はペンタックスの方が好きです!ですが、ボディーが今一つ・
レンズが少ない、等で踏み切れません


「決めてが見付かりません、さて、どうでしょうか?」率直な所をお聞かせ願いたいです

Aベストアンサー

カメラの選び方は、自分の手で持ちファインダーを覗き しっくりくるものです
ボディースイッチ類操作性、レンズのズーミングやピント合わせ易さが良いのもが 一番シャッターチャンスを逃さず撮影できるものです。また しっくる来るカメラは、持ち歩く楽しさも出手撮影機会が増えるものです。

撮影被写体 風景・人物撮影に適したレンズバリエーションが有るかも重要です。

AF一眼や デジ一眼には、電子機能部分の特許が沢山有り
自社の特許を使わせる代わりに 他社の特許を使用させてもうなどのやり取りしています。
特許を多く持つ会社は、優位であり 最新技術は自社モデルに使用 古い機能を他社へ売るなどで
多くの利益も出ますが
特許を多く持たないメーカーは、他社から多くの特許を買う形になり 利益を多く出せない状況になります。
デジ一眼では、オリンパスがこれに相当します。ミラーレス以外は、力抜いてますよねー
ペンタックスも 同等では?

デジ一眼分野では、キヤノン・ニコンが 圧倒的主流であり 
他メーカーの今後は?です。
他メーカーでレンズバリエーションが増えるとも 考えにくく 撤退も考えられます。

APS-Cでとりあえずデジ一眼入門し 行く行くは フルサイズにステップアップをご検討なら
ペンタックス購入は、無駄になりかねません
お金の出費以外に メーカー変更すると ボディー操作慣れからくるメーカー変更の扱い難さも問題になりますので
出来るだけ 1メーカーを使い続けることをお奨めします。

キヤノンかニコンが最適化と思います。
レンズ資産は。APS-C専用レンズ以外なら長く使いまわせます。ボディーは日々進化し良い機能・性能の物が 発売されていきます。
写真の写りの好みも有るでしょう ボディーとレンズの組み合わせを確認し
ご自身に合ったものを選んで下さい

メーカー主催の 撮影会など 最新機種のデモ機を無料レンタルさせてくれますので 試し取りしてみるのも
良いかと思います。
フイルム時代 CAPA主催の撮影会で ペンタックスをレンタルしました 85mmF1.8で使用で
ミノルタより良いレンズ模写 キヤノンにはやや劣る感じでした。
メーカーによる 模写の差は大きいものです。

カメラの選び方は、自分の手で持ちファインダーを覗き しっくりくるものです
ボディースイッチ類操作性、レンズのズーミングやピント合わせ易さが良いのもが 一番シャッターチャンスを逃さず撮影できるものです。また しっくる来るカメラは、持ち歩く楽しさも出手撮影機会が増えるものです。

撮影被写体 風景・人物撮影に適したレンズバリエーションが有るかも重要です。

AF一眼や デジ一眼には、電子機能部分の特許が沢山有り
自社の特許を使わせる代わりに 他社の特許を使用させてもうなどのやり取り...続きを読む

Qペンタックスのデジカメってどう思われますか?

ペンタックスのデジカメってどう思われますか?PENTAXって名前は耳にするメーカーだとは思うけど、店で見たら他のメーカーよりも安いような気がしたんです。安い分、性能的や品質が他社のデジカメよりも悪いのかなって思ってしいまいます。もしそんな事がなければ購入したいんですけど…ペンタックスってどんなメーカーなんでしょうか?また、なぜ安いのでしょうか?わかりませんか?

Aベストアンサー

一眼レフかコンパクトタイプかで分かれますが
私はスナップ用に一眼レフのistDSを使っています。
気軽に持ち歩きできて、故障もなく使えて、そこそこの上がりですから
スナップカメラとしては最適だろうと思います。

そもそも最初に持ったカメラがペンタックス製で、
長いあいだ壊れずにずっと使えていましたから
全く個人的な感想ですが「丈夫で長持ち」が取り柄のカメラだと言えます。

ペンタックスは昔から安くて良いものを作るのが上手かったんですね。
何処と言って大きな特徴のないカメラばかりですが
普通の機能を持っていれば充分、という事なら
その範囲で安く作るノウハウは何処のメーカーよりもあると思います。

同様にして、高機能のカメラなら○○、高性能のカメラなら○○、といった具合に、
どのメーカーも得意な分野を持っていて
その中でペンタックスは、価格的にも形状的にも
「一般の人が持ちやすく使いやすいカメラ」を目指しているんだと思います。

ユーザーには大きく分けて3種類あると思います。
「素人」「アマチュア」「プロ」の3種類です。
その中でペンタックスは常に「アマチュア」の方を見てきたんだと思います。
「みんなが持っているからそれに倣う」というのが素人、
「究極の性能を求める」のがプロ、
それに対して「自分なりの使い方や評価ができる」のがアマチュアです。
そんな人達は他人の評価に惑わされずに自分にあったカメラを選ぶ事ができますから
ペンタックスのカメラはそうした人達に支持されているようです。

ブランドイメージや狂信的なユーザーの存在は他メーカーに劣るかもしれませんが
そんなカメラオタクになるつもりがなければ
一眼レフに限れば(コンパクトタイプを使った事がありませんので)、
選んで不足のないメーカー、カメラであると思います。

一眼レフかコンパクトタイプかで分かれますが
私はスナップ用に一眼レフのistDSを使っています。
気軽に持ち歩きできて、故障もなく使えて、そこそこの上がりですから
スナップカメラとしては最適だろうと思います。

そもそも最初に持ったカメラがペンタックス製で、
長いあいだ壊れずにずっと使えていましたから
全く個人的な感想ですが「丈夫で長持ち」が取り柄のカメラだと言えます。

ペンタックスは昔から安くて良いものを作るのが上手かったんですね。
何処と言って大きな特徴のないカメラばかり...続きを読む

QKマウントのカメラにNikonマウントのレンズを付けたい

Kマウントのカメラ、Pentax K100Dに、今までNikonのデジカメで使っていたNikonマウントの魚眼レンズをマウントさせたいのですが、まず、サイズが合わないので付きませんでした。
もちろん電気的な接点が合わないので、マニュアルフォーカスになるというのは承知です。
検索してみるとアダプター?やマウント変換を使うと出来るそうなのですが、種類や、値段、いくつかある商品の中での違い、買ってはいけないメーカー、安くて品質上も問題ないお買い得製品、中古として出回っているのか、等の情報が分かりません。
2000円以内でしたら新宿付近で購入予定なのですが、何か良いものはございませんでしょうか?
詳しい方、教えていただけませんでしょうか、お願いします。

Aベストアンサー

当方が探した結果です。

(1)補正レンズ付き:エレフォトで売っています。
http://elefoto.hp.infoseek.co.jp/
レンズが入っているので高いです。

(2)補正レンズなし:
厚みがあるアダプタで、接写用リングのようなものと思われます。
フォトショップサイトウで扱っていましたが、品切れ。
http://www3.yomogi.or.jp/gadsaito/log2cam.html
時々ヤフオクに出ています。

(3)マウンタの付替え:
レンズ共用をあきらめるなら、また、レンズ・ボディの干渉をチェックしてから行うなら、良い方法と思います。
目下、ニコンのクズレンズでの試行を検討中。
次のサイトがとても参考になります。
http://www-esl2.isc.chubu.ac.jp/mun/camera/omoshiro/omoshiro20.html

ペンタックスとニコンは、フォーカスリングの回転方向が同じだったり、フランジバック長が似ていたりするので、両者を愛用する当方としても、よいアダプタがあってレンズを共用できると良いなあと思います。

実際に両者を合わせてみると、ニコンレンズのでっぱりが大きいため、ペンタボディに当たってしまいます(ニコン35mmF2の場合)。

以上、ご参考までに。

当方が探した結果です。

(1)補正レンズ付き:エレフォトで売っています。
http://elefoto.hp.infoseek.co.jp/
レンズが入っているので高いです。

(2)補正レンズなし:
厚みがあるアダプタで、接写用リングのようなものと思われます。
フォトショップサイトウで扱っていましたが、品切れ。
http://www3.yomogi.or.jp/gadsaito/log2cam.html
時々ヤフオクに出ています。

(3)マウンタの付替え:
レンズ共用をあきらめるなら、また、レンズ・ボディの干渉をチェックしてから行うなら、良い方...続きを読む

QペンタックスのMF一眼レフでおすすめ機種を教えてください。

ペンタックスのMF一眼レフでおすすめ機種を教えてください。


題名通り、ペンタのMF一眼レフを教えてください。
現在、キャノンのデジタル一眼レフ、ペンタのAF一眼レフを所有しています。
友人がニコンFM2を購入したのをきっかけに、MF一眼レフが欲しくなりました。

評判が高いフジヤカメラさんで探したところ、KXが気に入ったのですが
KXの在庫があまりなく、またKマウントのレンズも高額だったため再検討中です。

レンズの在庫が多いMシリーズなんていいんですが。

ところで「ペンタックスSMCM24-35/3.5-4.5」このレンズを例にとって
SMC[M]・・・のMってMマウントっていうことですよね?
つまりこのレンズは、KXなどのKマウントカメラにつけることはできないんですか?

Aベストアンサー

こんにちわ。
PENTAX機のラインアップ、変遷については「PENTAX-FAN」という
サイトが非常に詳しいですね。
私なりにまとめると

S系(SV、SP等)・・・1960~70年代前半
 ペンタックス最初の一眼レフ系列。Sマウント(M42のスクリュー
 マウント)採用、横走り布幕シャッター採用。Spotmaticは
 追針式露出計搭載。
 純正組合せは「Takumar」。Supe-Takumar 55mmF1.8など

K系(KX、KM、K2等)1974~1975年
 S系ボディをバヨネットの「Kマウント」に変更したもの
 横走り布幕シャッター採用。追針式露出計。K2は絞り優先AE
 時代遅れといわれ2年ほどで次のM系にバトンタッチ。
 それなりに安いが、プリズム腐食によるファインダーの影がでて
 いるものが非常に多く、実用出来るものは少なく高め。
 K2は稀少。海外モデルでK1000もある
 純正組合せは「K」。SMC PENTAX 55mm1.8など
 
M系(ME、MEスーパー等)1970年代後半
 小型のボディに電子式縦走りメタルシャッター、LED表示式
 露出計と絞り優先AEを搭載、ベストセラーとなった。
 バリエーションも多い。
 ME・・・軍艦部金属の絞り優先AE専用機。AOCOマークあり。
 MV1・・・MEの廉価版。
 MEsuper・・・1/2000secのシャッタ、明るいクリアブライトマット
 スクリーン、マニュアルモード搭載。M系中興の祖となった
 ME-F・・・ME-Sベースのフォーカスエイド機。
 専用レンズでAFが使えた。
 MG・・・ME-Sベースの普及機。絞り優先AE専用機。シャッター速度は
 1/1000secにダウン
 どれもシャッターのダンパー劣化によるミラーアップ固着が持病
 中古市場は二束三文状態。タマ数は非常に多く入手性は良好
 純正組合わせは「M」レンズ。smc PENTAX-M 50mmF1.7等

MX 1976年
 ペンタ最後の機械式シャッター普及マニュアル機。Mの名があるが
 構造はM系と互換性は無い。横走り布幕シャッター、LED段階表示
 露出計採用。中古市場は結構高め。機械式ゆえに誤差のある個体や
 露出計が死んでいるものも多く見られる。

LX(LX2000)1980~2001年
 ペンタ最初のプロ用機械式シャッター機。機械式ながら1/2000secの
 シャッタースピード、豊富なオプションがありさすがのプロ機。
 価格もさすがのプロ機(笑)中古市場もまだまだ高いです。
 一度は使ってみたいがちょっと手が出ませんね

Super系(Super-A、Program-A)
 ME-Superをベースに電子式レリーズ、液晶によるファインダー内表示
 AレンズによるプログラムAEや両優先AEなど6つのプログラムモードが
 搭載された。これに伴いマウントに電気接点が追加され、「KA」
 マウントとなった。機械的形状はKマウント互換。
 内部機構は複雑になり、シャッター音も独特のものになった。
 
 ボディにはオデコ絆創膏やグリップが付きホールド性はとても良い。
 Program-AはSuper-Aのシャッター優先AE等を省いた廉価版。最高速も
 1/1000secとスペックダウン。
 M系の持病はそのまま引き継がれています(ダンパワッシャの材質が違い
 ますので、後期モデルは対策されていたようです。)
 純正組合わせは「A」レンズ。 smc PENTAX-A 50mmF1.4等

私が実際に使った事があるのはM系とMX、Super系ですが、実用として
使うなら、ME-Super以降がいいと思います。理由としては
・1/2000secシャッター
 高感度フィルム入れてる時、屋外でずいぶん助かります(笑)
・クリアブライトマットスクリーン
 ME、MX系と比べ段違いに明るく見やすいです。
更にSuper-Aだと、レリーズが電子式となりストロークが浅く
扱いやすいです。
機械式マニュアルにこだわるのであればMXかな?KXもいいですが
入手性とプリズム腐食が心配ですね。

私もM系はずいぶん修理して使いましたが、最終的に手元に残したのは
Super-A(実用に)とME(観賞用にw)です。


マウントの互換性に関しては、基本的にKマウントであれば機械的には
今のデジタル機も含めすべて互換性があります(一部デジタルに付かない
ものがありますが)ただMF機で使う場合はレンズ側に絞りリングがある
ものに限ります。

ペンタのMFレンズはデジタルでも使える事で人気が高く、結構高価で
取引されていますね。

ミノルタだとボディもレンズも恐ろしく相場が安いので、下手すると
Kマウントレンズ一本分でボディと50/1.4レンズが揃ってしまいます。
XG-S以降だとアキュートマットスクリーン(ハッセルブラッドにも供給
されてます)搭載だったり、露出補正も0.5段だったりとなかなか
使い勝手も良いですよ。
蛇足になりますが、、、(笑)

それと、どれも2,30年程度前のものになりますので、精度が出ていない
ものがほとんどです。もしきちんとした精度を求めるなら、どんな入手
経路であれ、専門の修理業者でのOHが必要と思います。
その分の費用も見ておいた方がいいですね^^
まぁ、使うのがカラーネガなら何とでもなりますけど(笑)

こんにちわ。
PENTAX機のラインアップ、変遷については「PENTAX-FAN」という
サイトが非常に詳しいですね。
私なりにまとめると

S系(SV、SP等)・・・1960~70年代前半
 ペンタックス最初の一眼レフ系列。Sマウント(M42のスクリュー
 マウント)採用、横走り布幕シャッター採用。Spotmaticは
 追針式露出計搭載。
 純正組合せは「Takumar」。Supe-Takumar 55mmF1.8など

K系(KX、KM、K2等)1974~1975年
 S系ボディをバヨネットの「Kマウント」に変更したもの
 横走り布幕シ...続きを読む

Q1眼レフカメラ国内4大メーカーの特徴は?

ニコン、キャノンが2大巨頭で+オリンパス、ペンタックスの4メーカーだと思いますが
機種の特徴ではなくメーカーの大まかな特徴があればお教えください。
当方、超初心者なので簡単な表現でお願いできたら幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

それぞれ、製品自体は拮抗しており、甲乙つけがたいでしょう。
1ガンレフであれば、純粋に、どのメーカーがすき、とか、そういう基準で、
良いと思います。
一丸レフは、交換レンズの値段が、ものをいいますので、あとあと、趣味を
ひろげたいとか、予定の交換レンズが、何本か、イメージできているなら、
その辺が、てにはいりやすいか、かかくがどうかで、きめたら。

キャノンは一流ですが、交換レンズは若干高めです。とうか、一番
たかいかも、同じ位のレンズでかんがえると、キャノンマウントは
高かったよううに記憶しています。

私はキャノンはで、キッスは歴代、4-5台使い続けましたよ。

QNikonの肌色再現はそんなにも酷いのですか?

質問失礼します。
以下のまとめサイトを見ていてこれはステマなんじゃ?と思ったのですが、(最終的にキャノンの宣伝だし)Nikonの肌色再現は本当にこんなにもひどいものですか?http://matome.naver.jp/m/odai/2137490225443752601

レンズや設定は同じもので撮り比べていないし、これはあまりにも酷く感じたのですが...

Nikonでもポートレートを撮られている写真家さんなどはいませんでしょうか?

Aベストアンサー

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入るCanon、ということですね。
実物より肌が綺麗に写るCanonの方が、撮られた人の側にしてみれば嬉しいのかもしれません。
ただ、それは「忠実に再現された色」というわけではないので、綺麗に撮れることを良し、とするか、忠実であることを良し、とするか、どちらが良いかは個人差あるでしょう。

まあ、例えば、人物を(実物以上に)より綺麗に撮りたいのであればCanon。
これは、広告やファッションなどの現場でのモデル撮影に向いているってことかもしれません。
Nikonの場合は、実物に対して忠実な再現力が高いと言うことなので、Nikonの場合はよりナチュラルで素朴な印象のポートレートになるかもしれません。
言い換えれば、Nikonはかなり、良くも悪くも「素人っぽく」見えるポートレート、Canonは良くも悪くもプロのカメラマンが撮ったみたいな「小綺麗に」見えるポートレート。
さらにもっと下衆っぽく例えると、Nikonは忠実な証明写真機、Canonは超高性能な画像補正が自動で行われるプリクラ、という感じ。

このNikonとCanonの違いは、どちらが優れているか、ということではなく、そもそも両社のカメラに対してユーザーが求めているものが異なるので、同じ土俵にあるようでいて、実はまったく同じ土俵では比べられないでしょうね。
ですので、Canonのような一見してナチュラルに見えるが実は高度に肌色を補正されている印象を好む写真家もいれば、画像補正を嫌う、または自分の手ですべて補正を行いたいからカメラは忠実な再現力があれば良い、と考える写真家はNikonを好む・・・という感じのように、撮りたい対象に合わせて、また撮りたい雰囲気(要するにカメラマンにおける「作風」)によって、異なるのです。

Nikonは、再現性を追い求め可能な限り現実に近づこうと苦心していますが、Canonは、現実とは異なったとしても人の目が見る理想を具現化しようと苦心しているのです。
Nikonの映す現実も、Canonの映す理想も、しかしどちらも、実際の現実とは異なり、写真は必ず嘘をつきます。

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入る...続きを読む


人気Q&Aランキング