ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

3か月程前、私自信のミスで単独事故を起こしてしまい現在も通院、休業中ですが保険によっての補償があり生活は出来ています。

診断は頸椎ヘルニアと診断されたが保険会社よりそろそろ仕事に復帰してほしいと打診がありましたが、腕への痺れと首の痛みがまだあり事故前と同じ状況での業務はきついところです。
会社に相談した所、業務内容や労働時間を減らしての仕事はあるが当然収入も減るとの事でした。
自分での考えや判断に困り一度弁護士に相談しよう考えています。
その時、現在加入している保険には弁護士特約が付帯しているのですが、その弁護士特約を使って弁護士に相談や加入している保険会社に対しての交渉を依頼し弁護士特約で費用を賄う事は可能でしょうか?

質問者からの補足コメント

  • へこむわー

    御回答有難う御座います。
    単独事故と書きましたが、停車中の車に追突し相手は乗車していなかった為怪我が無く物損事故としての処理をしています。
    その場合も適用外ですか?

      補足日時:2016/10/01 08:32

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

弁護士特約は「事故相手」との交渉に適用される特約。


なので、適用外。
万が一、使えるとしても「質問者さんが自分自身に交渉する」際に
弁護士を使うことになります。

「医師の診断書」があれば、保険会社はそれに従います。
「全治●か月、安静期間として●か月を要する。」などとあれば
OKでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとう御座います。
一度先生に相談してみます。

お礼日時:2016/10/07 09:33

№1です。



>単独事故と書きましたが、停車中の車に追突し相手は乗車していなかった為怪我が無く物損事故としての処理をしています。
その場合も適用外ですか?
もちろん、適用外です。
弁護士特約は「事故の相手との交渉や訴訟で必要となる場合」に使える特約です。
保険会社からしたら、自分の会社に歯向かうような特約などつけません。
なので、逆の立場、停車中の車が貴方の車なら使えます。
どうしてもというなら、自腹で弁護士に依頼し、保険会社を相手取り訴訟を起こすしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりそうですよね。
御返答有難う御座います。

お礼日時:2016/10/03 13:04

まず、弁護士特約は加入保険会社の事前承認が


通常必要ですよ。

貴方が加入の保険会社が、自社に歯向かう貴方に
その特約使用を認めると思いますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当然そうですよね、もしやと思い掲載してみました。
御返答有難う御座います。

お礼日時:2016/10/01 12:10

今回の場合、弁護士特約は使えません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

御返答有難う御座います。

お礼日時:2016/10/01 12:11

>現在加入している保険には弁護士特約が付帯しているのですが、その弁護士特約を使って弁護士に相談や加入している保険会社に対しての交渉を依頼し弁護士特約で費用を賄う事は可能でしょうか?


いいえ。
不可能です。
自損事故は免責事項、つまり適用されません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御返答有難う御座います。

お礼日時:2016/10/03 13:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弁護士ドットコムは、弁護士に回答してもらうと、費用は発生しますか。 また、弁護士ドットコムに登録する

弁護士ドットコムは、弁護士に回答してもらうと、費用は発生しますか。
また、弁護士ドットコムに登録すると、費用は発生しますか。

Aベストアンサー

私も以前同サイトにて法律相談をしたことがあります。メールでのやり取りでの相談は、すべて無料ですから安心して下さい。

Qファミリー保険事故特約です。事故にあいました。いつまで入院、通院続けられるか?

ファミリー保険事故特約です。事故にあいました。いつまで入院、通院続けられるか?

Aベストアンサー

>いつまで入院、通院続けられるか?
 入院は、医師の診断によります。
 通院は、治るか症状固定までになります。

Qあなたならどちらの弁護士に依頼しますか?

離婚するにあたり弁護士に依頼しようと思いますが
どちらに依頼するか悩んでいます。

A弁護士 62歳 弁護士暦27年(ベテランといわれている)
     個人の法律事務所をやっている 
     堅くていまいち話しにくい、最近の離婚事情に
     あまり詳しくなさそう・・・
     (浮気の証拠のメールやブログ関係について)

B弁護士 41歳 弁護士暦9年
     共同の法律事務所のなかのひとり
     話しやすい、最近の離婚事情に詳しい
     (浮気の証拠のメールやブログ関係についても話しが
      スムーズに出来る)

私は42歳・女性です。離婚理由は夫の浮気です。
私が弁護士に依頼すれば夫側も弁護士に依頼するそうです。
両弁護士とも法テラスの扶助を受けての依頼です。
(なので費用は同じくらいだと思います)
弁護士同士の話になったときにはベテランのほうがいいのか・・・
それとも私自身が相談しやすい若手の弁護士のほうがいいのか・・・
悩んででいます。両弁護士とも「私がお引き受けします」と
言っています。

あなたならどちらの弁護士に依頼しますか?
     
     

離婚するにあたり弁護士に依頼しようと思いますが
どちらに依頼するか悩んでいます。

A弁護士 62歳 弁護士暦27年(ベテランといわれている)
     個人の法律事務所をやっている 
     堅くていまいち話しにくい、最近の離婚事情に
     あまり詳しくなさそう・・・
     (浮気の証拠のメールやブログ関係について)

B弁護士 41歳 弁護士暦9年
     共同の法律事務所のなかのひとり
     話しやすい、最近の離婚事情に詳しい
     (浮気の証拠の...続きを読む

Aベストアンサー

質問内容を拝見して私自身も悩んでしまいました。

私もただ今裁判の原告で戦っています。
私の経験で言いますね。

私も法テラスで二人の弁護士さんに相談しました。
一人目は 若い方で質問内容にいちいちミニ六法をみて答えるといった感じでした。
二人目は50代半ばの弁護士さんで、私の質問にも穏やかにかつ即答してくれました。

そこで、私のインスピレーションが働き「この先生にならお願いしたい」と思いました。

それで二人目の先生にお願いすることになったのですが、自分のインスピレーションを信じてよかったと思います。
長い裁判を闘う上で、自分自身の全てを弁護士に知らせることになりますので、信頼関係がないと乗り切るのが大変です。
裁判とは別に弁護士との事でストレスを抱えるなんて精神的にも、ものすごく大変です。
さっきから大変大変の言葉が多いですが、本当に「大変です」

弁護士歴は関係ないと思いますが、裁判所とつながりが深い弁護士さんでしたら、情報が下りてくるケースもあります。
話が合う弁護士さんがどこまで裁判所との関係が深いかということも気になります。

裁判官のくせを掴んでいる弁護士さんでしたら、一層依頼人としては安心です。
(裁判官も人間ですからさまざまな方がいらっしゃいます)

質問者様のケースの場合、私自身の置き換えてみても悩むところでありますが、長い裁判を更に自分に有利にして戦ってくれると思った弁護士さんを選んでもよろしいのではないでしょうか。

そこで一つ提案なのですが、共同の弁護士事務所の弁護士さんでしたら、年配の弁護士さんもいらっしゃることでしょう。
別な弁護士さんのフォローを受けることができるかどうか確認なさってみてはいかがでしょうか。

質問内容を拝見して私自身も悩んでしまいました。

私もただ今裁判の原告で戦っています。
私の経験で言いますね。

私も法テラスで二人の弁護士さんに相談しました。
一人目は 若い方で質問内容にいちいちミニ六法をみて答えるといった感じでした。
二人目は50代半ばの弁護士さんで、私の質問にも穏やかにかつ即答してくれました。

そこで、私のインスピレーションが働き「この先生にならお願いしたい」と思いました。

それで二人目の先生にお願いすることになったのですが、自分のインスピレー...続きを読む

Q事故で通院中にまた事故に 休業損害は2箇所に請求?

現在事故で通院中(休業)にまた事故にあいました。2度目の事故も人身事故です。こちらの過失はありません。聞きたい事は休業損害についてです。一度目の事故で休業損害を請求するのですが、2度目の事故でも休業損害を請求できるのでしょうか?そうすると詐欺罪ですか?2箇所に請求するのは間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

>2度目の事故でも休業損害を請求できるのでしょう
か?

認められるかは別として請求はできます。

>そうすると詐欺罪ですか?

はい、その通りです。

>2箇所に請求するのは間違っているのでしょうか?

ある意味、間違っていますね。

休業損害の請求には雇用主の休業損害証明書が必要になります。
雇用主に迷惑が掛かりますので相手方保険会社に確認した上で請求しましょう。

Q▽登録する弁護士会はどうやって決まるのですか?

▽司法試験に合格し大阪の弁護士事務所に勤務する事になった奈良県在住の
弁護士が登録する弁護士会は大阪弁護士会ですか?また独立して奈良に弁護士
事務所を開業したら、大阪弁護士会を脱退して、奈良弁護士会に
入り直すのですか?更に、弁護士は仕事場を確保出来てから入る弁護士会が
決まるのですか?わかる方、教えて下さい。ご親切なご回答が賜れれば幸い
です。ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

元弁護士です。

質問者様の状況なら、大阪弁護士会に登録することになると思います。奈良で開業することになったら、登録換えをして奈良弁護士会に移ることになります。
法律上は、登録弁護士会によって活動範囲が制限されることはないです。事実上、遠い場所の弁護活動は交通費がかかるので、依頼者が嫌がることが多いです(弁護士自体も他の仕事との兼ね合いで、あまり遠隔地で仕事をするのは好まないと思いますが。)

通常は、当該弁護士会に所属している弁護士1~2名の推薦が要件とされているため、仕事場を確保できてから、入る弁護士会が決まることが多いと思います。問題でも起こしていない限り、登録申請が拒否されることはないと思いますが……。

また、各都道府県の弁護士会を通じて、日本弁護士連合会(略称が「日弁連」です)にも所属することになります。弁護士は、日弁連に所属しなければならないとされていますので、全員どこかの弁護士会には登録しています。登録せずに活動することはできません。

Q事故通院中に事故を起こしてしまいました.

一ヶ月ほど前に,信号待ちをしている際追突され,事故後痛みが続くことから,頚椎捻挫の治療を相手の保険にて行っていました.

現在,レンタカー会社から台車が出され,その車を運転していたところ,不注意から追突事故を起こしてしまいました.
追突してしまった方への保障はレンタカー会社の保険にて行われることになりましたが,私の首の治療は,どの保険会社を通して行っていけばよいのでしょうか.

Aベストアンサー

#1です。
でしたらとりあえず2回目の事故と現在の治療は関係ありません。ただ医師に2回目の事故のことも伝えておいた方がいいでしょう。念のために。

Q弁護士ドットコムは月300円で弁護士しに質問できるのでしょうか?詳しい方教えてください。

弁護士ドットコムは月300円で弁護士しに質問できるのでしょうか?詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

単純な相談自体は無料です。
有料会員はざっくり言えば閲覧制限が消えるので、
様々な法律相談を自由に見ることが出来ます。

サービスの目的はあくまでも「軽い法律相談」や「希望分野に強い弁護士探し」だと思って下さい。
希望の答えが返ってくるとは限りませんし、込み入った相談には回答がつかないこともあります。

参加している弁護士にとってもあくまで宣伝の一環なので、
格安で弁護士に依頼できる、とは考えないほうが気持ちよく利用できると思います。

Q半年前に 単独事故をして病院に半年通院しました。自分の保険!人身傷害補償保険実損払に入っていたので保

半年前に 単独事故をして病院に半年通院しました。自分の保険!人身傷害補償保険実損払に入っていたので保険をつかいました。
この保険の支払いって 日数×いくら って計算するのでしょうか?

Aベストアンサー

それは1日いくらの定額払いの一般の傷害保険と異なり、
実損補償です。

日数に影響されることには間違いありませんが、
約款の支払い方式に基づき計算されます。

Q1ヶ月前不倫問題で和解が成立(双方弁護士をたて)したのですが、今後一切

1ヶ月前不倫問題で和解が成立(双方弁護士をたて)したのですが、今後一切口外しないという条文があるにも関わらず、相手方が出しているブログに、相手しか知り得ない情報を記載したり、勤務先に匿名ファックス(居住地とイニシャル記載)をされました。和解成立直後にも似たような事があり、それまでの弁護士に相談したのですが、その時はイニシャルも無かったので、氏名等特定出来ないので、相手弁護士に抗議しても刺激するだけと言われました。今回は居住地やイニシャルも入れられ、尚且つブログにまで内容を記載されたのですが、これは違反ではないのでしょうか?今までの弁護士には和解成立後の事なので、相談しても無駄なのでしょうか…別件として相談しなくてはいけないのでしょうか?どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず同じ弁護士さんに相談すべきです。特にブログの場合は、削除されたら終わりですからお早めに。約束違反か別件依頼かは、その時に判断すれば良いです。

ただ状況的に、そのファクスやブログ記載により、あなたに不利益が発生していれば、名誉毀損として民事ではなく刑事告訴も考えられますね。お早めの相談を☆

Q自転車事故による休業補償期間と通院期間について

こんにちは。
私は自転車(対歩行者)の加害者側です。
相手は仕事をしており、休業補償や慰謝料を請求していて現在困っているところです。
打撲だけなのですが、この際いつまで休業補償や通院が必要なのでしょうか?基本的に医者の診断で決定すると思うのですが、医者は大丈夫と言っても痛い痛いと言えばずーと通院が必要になり加害者側はかなり弱い立場だと考えています。例えば大げさな話打撲だけでも1年間補償しなければなりませんでしょうか?

Aベストアンサー

自動車の事故を例にとると、被害者の生きている期間中
一生補償が続くものではありません。

ある程度通院して、医師が「これ以上通院してももう
症状は良くならないでしょう」と判断した時点で通院は
終わりです。

だから被害者がどんなに痛いといっても、症状が良くな
らない!と判断された時点で通院は終わります。

ですので自転車×歩行者の事故は解りませんが、対車
となれば、こうのような感じです。

休業補償は通院のために会社を休んで給料が減らされ
れば減らされた分補償されます。
なので会社が終わってからとか、会社が休みの日に
通院して給料が減らされなければ休業補償は0円です。
でも、有給休暇使って通院すれが給料は減らされませ
んが休業補償は発生します。

通院だって医師が大丈夫といっているのですから
あとは通院するなら自腹で行け!で平気です。

あと、もめるのはなんといっても慰謝料でしょうね。

ただこういう悪質のヤツには、「これ以上は払えない
から俺は知らないよ」でいいと思います。

教えてgooでも、被害者なのにお金もらえない!
という悲痛の質問がたくさんあります。
ようは被害者に、俺がお金払わなかったら損するのは
あんただよ!と知らしめてやるのがいいと思います。

イヤなら裁判でもなんでも起こしてくれ!と言い切っ
てしまえばそれでいいんじゃないですか。
あくまでも悪質なやつならの話ですが。

自動車の事故を例にとると、被害者の生きている期間中
一生補償が続くものではありません。

ある程度通院して、医師が「これ以上通院してももう
症状は良くならないでしょう」と判断した時点で通院は
終わりです。

だから被害者がどんなに痛いといっても、症状が良くな
らない!と判断された時点で通院は終わります。

ですので自転車×歩行者の事故は解りませんが、対車
となれば、こうのような感じです。

休業補償は通院のために会社を休んで給料が減らされ
れば減らされた分補償されます。
な...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報