今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

労金住宅ローンの仮審査が通りましたが、条件が出ています。

その条件をクリア出来れば、本審査も大丈夫という解釈で良いのでしょうか?

返済中のローンの全額返済(住宅ローン300万)→昨日返済ずみ
クレジットカードのリボ払い全額返済・カード解約→今月の支払い時に全額返済予定、その後解約

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> その条件をクリア出来れば、本審査も大丈夫という解釈


一般的にはその解釈で間違いないです。
出された条件をクリア出来なければ駄目で、クリアすればokというのが普通です。
    • good
    • 1

仮審査時からあなたの状態が変わっていなければ、問題ないと思います。

状態というのは信用情報、属性の両方のことで、分かりやすく例えると仮審査から本審査までの間にローンの延滞があったり、転職して収入が減ったりと言ったマイナスの変化かないかどうかです。そもそも仮審査の段階で条件がついているということは仮審査段階では融資基準を満たしていなかったと考えられます。条件を満たして、なおかつ現状の維持が必要だと思われます。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労金の住宅ローン審査に落ちてしまいました。

建売のマイホーム購入で住宅ローンの審査に落ちてしまいました。

現在夫の年収440万円

建物の価格 2750万円

融資希望金額2750万円

夫の会社は日本の車メーカー、8年勤務。

残債 車のローンが320万円ありますが親の援助で全額返済予定です。

そのほかの残債はありません。

でも、去年PCを購入した際、割賦で購入し、来月1回で支払いは終わります。

後は5年前くらいに夫が車を購入した際、労金のマイカーローン使用しています。
その際、返済が3回くらい滞ってしまった事があるそうです。
(現在この車のローンは返済済みです)

私としてはまさか落ちるとは思っていなかったのでとてもビックリしています。

落ちた原因は教えてもらえないようなので、どこを修正して次の審査に挑めばいいのか
正直わかりません。

落ちた連絡が入った翌日農協の住宅ローンに申請を出しました。
この経緯をお話したところ、落ちる要因が見当たりません、とおっしゃっていました。

そして審査会社?に提出する書類に意見書のような文面を添えて、正確に今の状況を
伝えます、と言っていました。(建物の評価額は若干低いが問題はないとおっしゃってました)

労金の住宅ローン審査は都市銀行、地方銀行と比べると比較的通りやすい印象がありました。

ここの労金は夫の会社とお付き合いがあるので融通してもらえるのかという気持ちもありました。

車の残債も清算する意思もあるし、することも可能、
過去目立った借り入れも無い。

そして今回特に条件付融資、例えば、頭金をもうちょっと入れれば融資可能ですよ、とか、
具体的な融資可能に向けての積極的なアドバイスがありませんでした。

そうすると、何が原因か、考えられますか?

宜しくお願い致します。

建売のマイホーム購入で住宅ローンの審査に落ちてしまいました。

現在夫の年収440万円

建物の価格 2750万円

融資希望金額2750万円

夫の会社は日本の車メーカー、8年勤務。

残債 車のローンが320万円ありますが親の援助で全額返済予定です。

そのほかの残債はありません。

でも、去年PCを購入した際、割賦で購入し、来月1回で支払いは終わります。

後は5年前くらいに夫が車を購入した際、労金のマイカーローン使用しています。
その際、返済が3回くらい滞ってしまった事があるそうです。
(現在この車...続きを読む

Aベストアンサー

住宅ローン審査結果が出るまでにおいて、追加条件さえ提示されなかったと言うことは、全く、審査対象にすらならなかったと推測できます。
融資額と年収にあまりにも開きを感じますし、勤続年数も、あと過去の延滞履歴がまだ生きていると痛感致します。完済されているとしてもです。
それに、自動車ローンを完済できるのであれば、それをまず行ない、完済して半年などが経過した上で、住宅ローンを勤務先に関係しない金融機関において申込みされるべきことです。順序にも疑問を感じます。
さらに、今度は、農協に申込みされたとありますが、農協の場合には、会員になることが条件のようになっておることはご承知の上でのことだと思いますが。
どんな金融機関にしても、住宅を賃貸する場合の仲介業者と同等に過ぎません。あくまで、住宅ローンの場合は、住宅ローン会社が審査判断するのです。

Q本審査に落ちました

宜しくお願いします。

住宅ローンの事前審査を通り、
ほぼ間違いないので準備を始めてくださいと不動産屋に言われ、
引越しも決まっていたのですが・・
まさかの審査落ちでした。
落ちた原因ははっきり分からないのですが、
過去の通帳のお金の出し入れがネック・・らしいのです。

正直、理解不能です。
10年も昔からの通帳内容を言われても・・・
覚えているものも覚えてないものもあります。
審査落ちの理由によく「転職・新規借金」と聞きますが、
そんなことも全くありません。
もう他の銀行に行っても無理でしょうか?

現在の住居も出なくてはならないですし、
引越し業者も断らなければいけないし・・
本当に大打撃でした。

Aベストアンサー

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた書面を
全面的に正しいものと仮定しているのです。本審査は事前審査の
内容に間違いが無いことの確認作業が大半ですので、今回は通帳の提示などを求めたところ、提出できなかった、もしくは提出したところ
事前審査と相違があった、のいずれかの可能性が高いです。

よく見かけるケースとして、
自己資金の証明ができないことがあります。例えばローン2000万、
自己資金1000万で家を買う場合、1000万について自分のお金である
との証明(自分名義の通帳や証書で証明)が無いと、
「もしかしたらその1000万て他からの借金では?」という風に判断されることがあります。そうなると(1)に該当し、断られる可能性が出ます。
他に、以前に住宅購入など、大きな買い物をしていませんか?
そしてそのために銀行以外(親や親戚、知人、経営・勤務している
会社)から借入をしていませんか?
もしこれがあると、これも(1)に該当し、
「現在の借入残高」として申告した内容と違いが
出てくるため、断られる理由になりえます。

最後に、他行では無理かとのことですが、通る可能性は十分に
あります。包み隠さず相談してみると良いと思います。
(状況に不明な点が多いので、回答に対する自身は「参考」に止めます。)

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた...続きを読む

Q住宅ローン審査を断られました。

ろうきんで住宅ローン審査を断られました。でも仮審査も通っており
建設会社の営業担当の人も、「本審査も問題なく通ると思います!」
と自身満々で言ってました。
断られた理由がわからないと営業の方もびっくりしてました。
何がだめだったか、もし以下の状況から思い当たることがあれば
教えていただきたいです。

(1)物件価格3500万円
(2)ローン3000万円
(3)35年返済
(4)世帯主35歳
(5)年収450万
(6)勤続年数17年
(7)つい先日まで実家のローンの一部を抱えていましたが、今は完済しています。
(8)その為 実家の持分が3分の1あります

(7)(8)が問題なのでしょうか・・・

Aベストアンサー

#6です。

#7さんが仰っているとおり、実家の住宅ローンは完済されているものと読みました。

補足等を拝見して判断しますと、実家の住宅ローンについて、ご主人が主債務者となっている分は完済したけれど、ご主人が『連帯債務者』や『連帯保証人』となっている分については未だ残債がある…ということになりますね。
共有持ち分を持っていらっしゃる以上、残債がある間は「最低でも」『連帯保証人』ではあるはずです。
『連帯保証人』であれば、債務者と同等の責任・債務を負っていることになりますから、ご主人は「無関係」ではいられません。

ろうきんの住宅ローン申込書に「他の借り入れ」について記入する欄があれば、『連帯債務』or『連帯保証債務』については記入しなければならなかったんです。
ご主人は、ご自身の分を「完済」されたので、実家の住宅ローンについては「終わったもの」と認識されてしまったのかもしれませんが、実際には「終わっていない」んですよね。
ろうきんやその保証会社が、『個人信用情報機関』に情報照会をしたところ、その「終わっていない」情報が見つかり、申込書に記入した内容を『虚偽』と判断された可能性はあります。
ご主人には全く悪意はなく、単なる認識不足だったと思います。
それが悪い結果につながってしまったんだと思います。

> 住宅会社の営業の方がろうきん担当者に再度理由を聞いたところ、はっきりとは言わないものの、「保証会社でNGが出た」とのことは聞き出せたようです。
やはり住宅会社の営業の方は、「住宅ローン」のことを分かっていませんね…。
「ろうきん」は、地域ごとに「別組織」ですが、いずれのろうきんも『個人信用情報機関』の1つである『全国銀行個人信用情報センター』の加盟会員となっています。
保証会社もNGだったかもしれませんが、仮に『連帯債務者』であれば「住宅ローンの二重利用」となり、ろうきん本体でもNGになります(仮に、実家の「住宅ローン」が、実は『(旧)住宅金融公庫一般融資』で、その『連帯債務者』ならば、原則、ご主人は「公庫融資の対象物件である」実家から転居することもできませから、実質二重ローンは不可能ですけれど)。

『全国銀行個人信用情報センター』には、『連帯債務者』の情報のみならず、『連帯保証人』の情報も登録されています。
『連帯債務者』ではなく『連帯保証人』だったとしても、本審査の段階で『個人信用情報機関』に情報照会をして、『連帯保証債務』の存在が分かった…というところでしょう。

ろうきんは『全国銀行個人信用情報センター』の加盟会員ですから、借入申込者に『連帯保証債務』があれば、その残債についても『返済能力』の審査に加えますから、減額もしくは融資NGとなる可能性はあります。
保証会社ではなく、ろうきん本体でも十分にNGと判断できる内容なんですよね…。
(ろうきんの保証会社は、ウェブサイトなどに明記されていないので、そこがどの『個人信用情報機関』に加盟しているかは分かりませんが、『全国銀行個人信用情報センター』には加盟していない可能性もあるんですよ。そうなりますと、NGを出したのは「ろうきん」本体の可能性も出てきます。)

対策としては、まず、「実家の住宅ローン」の詳細を『金銭消費貸借契約証書』によって調べ、ご主人がそのローンについて「どのような立場であるか」を確認してください。
それと、その残債についても。
『連帯保証人』であれば、残債によっては「借入希望額の減額」によって、#7さんがおっしゃっているとおり、別の金融機関ではOKになる可能性があります。
借入希望額が3,000万円以下では資金計画が成り立たない…ということでしたら、話は難しくなりますが。
『連帯債務者』であれば、残念ながら、「実家の住宅ローンが完済」するまでは無理です(住宅ローンの二重利用になりますので)。

#6です。

#7さんが仰っているとおり、実家の住宅ローンは完済されているものと読みました。

補足等を拝見して判断しますと、実家の住宅ローンについて、ご主人が主債務者となっている分は完済したけれど、ご主人が『連帯債務者』や『連帯保証人』となっている分については未だ残債がある…ということになりますね。
共有持ち分を持っていらっしゃる以上、残債がある間は「最低でも」『連帯保証人』ではあるはずです。
『連帯保証人』であれば、債務者と同等の責任・債務を負っていることになりますから...続きを読む

Qろうきん住宅ローン審査通るか心配

住宅購入(新築分譲)の為不動産会社との見積もりをし借り入れ3170万で金利の安さからJAあいち三河に住宅ローンお願いしました、営業さんも基準負担率35%のところ33%なのでまず通りますよとの事で安心していたら結果年収倍率6倍で見る基準に変っていたといって2500万の借り入れしか出来ないと言われました。住宅購入を諦めるか延期しようと思っていたら200万値引きしますので東海ろうきんでローン申請してみませんかと提案されましたので借り入れ2870万で今日審査をお願いすることにしました。
30歳、勤続5年、年収400万、現在親と同居、頭金300万、カード残債なし(先月18万完済)
この借入額が無謀なのか適正なのかも分からない現状なのですが
基準28.9%のところ26.8%なので通りますよと営業さんは強気でした
本当に通るんでしょうか?心配です。
何度も審査を通すと基準が厳しくなるときいたので通ってくれると
嬉しいのですが・・・。

Aベストアンサー

こんにちわ。
先日私も住宅ローンを組みました。
28歳、勤続6年、年収500万で3500万の35年で住宅ローンを組みました。
審査自体は、やって見なければ分かりません。
A信金はだめでもB銀行はOKというのは十分ある話です。
頭金も1割近いし、営業さんの言う基準(おそらく年収に占める返済割合?)も基準値内であれば、通る可能性は高いと思います。

また、一般的に年収の25%以内の返済であれば、何とか頑張れるといわれています。年収400万(残業や賞与に大きく依存しないこと)を前提に考えれば(6万×12ヶ月+賞与36万=108万)でギリギリです。

あと、ここからはアドバイスですが、
地銀や信金よりは、
都市銀行のローンの方が優遇がいいようです。
私の場合全期間-1.2%優遇でした。
利息が下がれば、より多くの借り入れも可能になり、
返済が楽になります。

いろいろ都合がありJAあいち三河さんから借り入れるとおもいますが、
都市銀のローンも一度ごらんになられることをお勧めします。

この低金利時代に3年固定1.5%というのは、少々もったいない気もします。
変動金利で借りる不安はあると思いますが、とにかく金利の安いこの次期に元金を減らすめどが立てば、非常においしいお話です。

参考URL:http://www.mizuhobank.co.jp/loan/housing/housing.html

こんにちわ。
先日私も住宅ローンを組みました。
28歳、勤続6年、年収500万で3500万の35年で住宅ローンを組みました。
審査自体は、やって見なければ分かりません。
A信金はだめでもB銀行はOKというのは十分ある話です。
頭金も1割近いし、営業さんの言う基準(おそらく年収に占める返済割合?)も基準値内であれば、通る可能性は高いと思います。

また、一般的に年収の25%以内の返済であれば、何とか頑張れるといわれています。年収400万(残業や賞与に大きく依存しないこと)を前提に考えれば...続きを読む

Q住宅ローンの本審査にかかる日数

今銀行で住宅ローンの本審査中です。
不動産屋の担当さんから2-3日で返事が来ると聞きましたが
4日経った今、まだどちらからも結果連絡がありません。
契約書上の ローン審査の返事をもらう期日は昨日でした。
(不動産屋の担当が期日を過ぎても大丈夫と言っている)
契約書上の物件引渡し期日は21日です。
私は元々は時間や約束事はその時までに余裕を持って
済ませてしまう性格なので、正直かなりモヤモヤしています。
今までも担当さんは何を言っても「大丈夫、大丈夫」と
のんびりとした感じで、「まだですか」と聞いても
また「大丈夫」と言われるのが目に見えてるので
こちらで質問させていただきました。

大まかで構わないのですが、銀行の本審査は大体何日位かかるのでしょうか?
仮審査の結果は、丁度一週間で返事が来ました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

一般的な流れを申し上げると

気に入った物件が見つかって、住宅ローンを利用して購入する場合は、

(1)事前審査を提出
(2)買付証明を書く、媒介契約を結ぶ
(3)契約日の決定
(4)契約、手付金の授受
(5)住宅ローンの本審査申し込み
(6)審査OKで金消契約(住宅ローン契約)
(7)ローン実行
(8)決済・引渡し

一般的な手順はこんな感じとなります。

(1)と(2)は前後することもあります。
(5)で審査が通らない事があると購入できませんので「ローン特約」をつけます。

(1)は2~5銀行営業日で結果が出ます
(2)~(3)はほぼ1週間程度
(5)も2~5銀行営業日で結果が出ます
(6)は銀行営業日(平日)に銀行に出向いて契約をします(平日休みでない方は、お仕事をお休み又は抜けて頂くことになります)
(7)の審査OKから実行までは1週間から10日間程度必要です
(7)~(8)は間髪を入れずに行われます

本日18日現在が(5)と(6)の間ですよね。
この後に、金消契約を今日もしくは明日行ったとしても
ご質問者様の口座に借入れのお金が入金されるのは早くて大体1週間後ですから。。。
ですから100%間に合わないとお答えさせて頂きました。

担当者から「3~4日で結果が出る」と言うのは間違いではありません。
本審査の申し込みをして結果が出るまでには、上記しましたように2~5銀行営業日です。
金融機関によって多少バラツキがありますし、ご質問者様の資金計画・物件の決定・借入額の決定・金融機関期間の決定その他諸々の事情がハッキリしないと
「仮審査は一週間、本審査は二週間かかる」としか返答のしようがありませんので
他の業者さんの話はひとまず置いておきましょう。


まずは、上記日程を念頭に決済日・引渡日が何時になる予定か確認しましょう。

担当者が何を考えているかチョット理解できませんので。。。

一般的な流れを申し上げると

気に入った物件が見つかって、住宅ローンを利用して購入する場合は、

(1)事前審査を提出
(2)買付証明を書く、媒介契約を結ぶ
(3)契約日の決定
(4)契約、手付金の授受
(5)住宅ローンの本審査申し込み
(6)審査OKで金消契約(住宅ローン契約)
(7)ローン実行
(8)決済・引渡し

一般的な手順はこんな感じとなります。

(1)と(2)は前後することもあります。
(5)で審査が通らない事があると購入できませんので「ローン特約」をつけます。

(1)は2~5銀行営業日で結...続きを読む

Qろうきん住宅ローンを利用した方教えてください

ろうきん住宅ローンの審査をとおり、先日面談の上、本申し込みをしました。
申し込み後、融資決定通知を頂いてから、ろうきんローン契約書を提出することになる様なのですが、これも直接金庫へ行って面談の上提出するものなのでしょうか?
提携している住宅メーカーの方に書類手続き等代行は頼めるのでしょうか?
仕事上なかな時間が作れないうえに、労金の担当者の応対も曖昧で不安です・・・

Aベストアンサー

手続きは次の順です。
1.審査OK、2.住宅ローン申込書提出、3.ローン契約書締結
4.おしまい
ですが
この中で、
2.住宅ローン申込書にお勤めの労働組合の代表印を押印しする箇所が
あり、押印後提出するのが普通と違うところです。
提出は郵送でも可能と思います。
3.ローン契約書
代行は無理、立会いが必要です。
・ご参考まで:そもそも労金に関し、ローンの業務の一部をお勤めの労働組合が代行するこで金利が大幅低くなっているのです。
またお勤めの会社の組合と労金の手続きについては、労金の支店により
扱いが異なるとおもいます、担当する労金担当者や貴社の労働組合の労金担当によく説明しあたなの希望を申し入れるのが得策かと思われま。

Q【住宅ローン】労金で仮審査だめでした。

※夫36才公務員、勤続18年、ローンは車購入残債140万
年収700万

※妻。専業主婦、昨年自己破産。

住宅ローンは夫のみの名義。妻の情報開示チェックはなし


物件2900万

二人ともクレカは無し。(現在も過去も)


車ローンはコンビニ払いで数日の遅れは過去にあり。




千葉興銀に再度だしましょうとハウスメーカに言われましたが不安です

Aベストアンサー

#2&3です。

> 17日に千葉興銀さんに仮審査をだし、今日okを頂きました
取り敢えず「よかったですね。」と申し上げておきます。

> ハウスメーカーさんが仮審査に通れば100パーセント大丈夫だとまたいいますが^^;
ハウスメーカーは、またそんな「嘘」をついて…。
このサイトで、何件も「仮審査OK→本審査NG」だったというご質問に回答を差し上げました。
その殆どが「ハウスメーカーさんが仮審査に通れば100パーセント大丈夫だと言った」でした。
「これまでは仮審査OKならば100%大丈夫だった。」という言い方にとどめておけばいいのに…。
ですから、私は「仮審査OKであっても、安心しないでください。」と申し上げておきます。

> 正直冷や冷やします・・
「冷や冷や」していてください。
その方が本審査OKになった時嬉しいと思いますから。
安心されていて、NGになった時のお客さまの落ち込み&お怒りは、結構激しいですよ(もちろんお客さまにもよりますけれど)。
「ハウスメーカーがOKだと言ったのに、何でNGにするんだ。」という怒り方をされる方が多いです。

> ちなみに仮審査時の申し込み用紙に嘘は書いていません
はい、それで結構です。

> 本申し込みにあたり、一家全員の住民票が必要なのですがそこから調べられることはないでしょうか;
住宅ローンの場合、同居予定家族全員の住民票を提出していただくのは一般的です。
家族構成によって、「お金が必要になる時期、お金に余裕がある時期」が異なります。
そこから、実際の「返済計画」に無理が生じないか(計算上は問題なくても、「絵に描いた餅」になりはしないか)を判断したりします。

「住民票で名前が分かるので、そこから調べられることはないか?」という点については、「本来は『してはいけないこと』になっているので、調べることは『ないはず』です」としか言いようがないです。
「調べることができるか、できないか」と問われますと、「できないことはない」ものなので…。
名前なんて分からなくても、個人信用情報機関への照会の際の「検索キー」を「住所と姓だけ」にしてしまえば、家族全員分の個人信用情報を引っ張りだせます。
ですが、『個人情報の保護に関する法律』とそれに関連する諸規則、ガイドラインに基づいて、各金融機関およびその保証会社においては「個人信用情報機関への情報提供にあたっては、『事前に』『本人から』『書面で』承諾を得る」ことになっているはずです(私の勤務先、保証会社ともそうなっています)。
ですから、「妻『本人』」が「個人信用情報の利用に関する承諾書」やそれに類する文言を確認し、それに「署名・捺印」をしてからでなければ、個人信用情報機関へ「妻」の個人信用情報を照会「してはいけない」んです。

ただ、「自己破産情報」は「官報」に記載されます。
「官報」は、一般の方の目に触れることは少ないかもしれませんが、「公表」されているものですから、「一般の方がメイすることができない」情報ではなく、新聞と同じで「不特定多数の人間が目にする可能性がある」情報だと私は思っています(以前、こちらのサイトで「「官報」は一般人に見れるものではないから、自分が自己破産したということが、不特定の人間に知られることはない」という回答を見かけたことがあるのですが、私には納得できないのです)。
個人融資を担当していた頃には、私のところへも「官報」が回覧されてきました。
「官報」に記載された情報を銀行が独自に「データベース化」していて(官報に記載された自己破産情報を全て登録しておく…とか)、それを活用しているということが「ない」とは言いきれません。
『個人信用情報機関』があるので、そこまでしている金融機関はない…とは思うのですが、こうなりますと、個人信用情報機関に照会することなく、「妻」の「自己破産情報」を得ることはできますね。

#2&3です。

> 17日に千葉興銀さんに仮審査をだし、今日okを頂きました
取り敢えず「よかったですね。」と申し上げておきます。

> ハウスメーカーさんが仮審査に通れば100パーセント大丈夫だとまたいいますが^^;
ハウスメーカーは、またそんな「嘘」をついて…。
このサイトで、何件も「仮審査OK→本審査NG」だったというご質問に回答を差し上げました。
その殆どが「ハウスメーカーさんが仮審査に通れば100パーセント大丈夫だと言った」でした。
「これまでは仮審査OKならば100%大丈夫だった...続きを読む

Q至急お願いします。住宅を建てることになりました。土地の売買契約をし、手付金10万を支払いました

至急お願いします。

住宅を建てることになりました。
土地の売買契約をし、手付金10万を支払いました。

ローンの事前審査は通り本申込みをすることになりました。 必要書類を一部提出しましたが、足りない書類があり後日提出する予定でした。

が、事情がありその土地を解約しなければなりません。
事前審査のときと家庭の事情が変わるためローンの本申込みを通らなくする事はできましか?


事情というのは、家族が増えるためです。

Aベストアンサー

手付金10万円を放棄することによって契約解除ができることを契約書に記載していませんか?
(買主の家庭の事情が変わるため契約解除は無理)

Q中央ろうきんの融資実行までの日数

本日中央ろうきんの住宅ローンの仮審査でOKをもらい、本申込みをする予定ですが、今月末が融資実行期限になっているため急いでおります。
本申込みをして結果が出るまでと、OKになった日から融資実行日までは何日位みればよいのでしょうか?仮審査に約2週間かかっていたので心配です。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

私の場合は10日くらいでした。

本申し込みのとき「月末が期限です」といえば対処してくれるはずです。

Q銀行、信金審査落ち・・・ 労金は?

住宅ローンを組もうと思い銀行に仮審査を申し込みましたが、落ちてしまいました。
その後、不動産やさんとお付き合いのある信金(信用組合?)に申し込みましたがやはりダメでした。
理由は詳しくわかりませんが、主人の若い時のクレジットローンの遅延だと思われます。私たちもはっきり知りたいので、信用情報会社に情報開示に直接行くつもりです。

労金は審査が緩い?と聞きましたが、こんな私たちでも労金であれば住宅ローンを組むことは可能でしょうか?
(ちなみに年収は570万、融資希望は3500万です。主人の勤続年数は19年です。 今現在は他のローン等はなにもありません。)

Aベストアンサー

#8です。
補足とお礼をありがとうございます。

今日、情報開示に行かれるとのこと。
補足を拝見して理由が分かってきました。
といっても、私の推測に過ぎませんが…。
開示の結果とあっているでしょうか。

問題はやはりご主人の「個人信用情報」でしょう。
しかも、「20歳代の時のクレジットローンの延滞」が理由の可能性も出てきました。
このクレジットローン、延滞後すぐに全額返済したのではなく、延滞し、延滞解消後もコツコツと返済を続けられ、「完済」をされたのがここ5年以内-ということはありませんか?
そうでなければ、最悪、クレジットローンの「延滞解消」もしくは「完済」がされていない可能性があるのですが…。
一度、次の点を確認してみてください。

・セントラルファイナンスのカードを作ったのは、「延滞」をする前ですか?後ですか?
・「延滞」の後、カードの更新は何度かありましたか?
・セントラルファイナンスから「カードが使えなくなります。返してください。」という通知が届いたのは何年何月ですか?
・延滞をしたのは20歳代の時とのことですが、実際に「クレジットローンの延滞が【解消】した」のは何年何月のことですか?(間違いなく解決していますよね?)
・クレジットローンの完済は何年何月のことですか?

延滞していた状況で、
> 引越ししたり、いろいろある通帳をまとめたりなどしていた
って、延滞していた先に、速やかに連絡されましたよね?
引っ越しの事実、新連絡先、変更後の振替口座など…。
そうでなければ、契約義務違反になりますから、さらに「事故」として扱われても仕方ありません。

> クレジットローンの回収もずいぶん遅れただろう
遅れる-というより、こんなことをされれば、もう自動的には債権回収してもらえない可能性が高いです。
自分で手続きしない限りそのクレジットローンの返済は【放置】されることになります。
結構、いらっしゃるんですよ。
「そのうち勝手に債権回収されるだろう。」と思い込まれて、ローンを延滞したまま放置されている方が…。

クレジットローン関係会社の多くはCICに加盟していて、セントラルファイナンスもCICの加盟会員です。
ですからセントラルファイナンスが言ったことは、「カードの更新時期に当たって、個人信用情報機関にカード名義人の個人信用情報を照会したところ、『瑕疵』情報が掲載されていた。個人信用情報に『瑕疵』情報がある場合、原則として、セントラルファイナンスは契約続行できないことになっている。」という意味のことだと思います。
本当は、こんなことを言ってはいけないんですけれどね~。(バレたらセントラルファィナンスはCICに注意をされます。酷い時は罰則をくらいます。)
CICと加盟会員の間で「個人信用情報機関が保有する個人信用情報の内容を、契約諾否の理由にしてはいけない。あくまでも参考情報に留めなければならない。ましてや、申込者・契約者に、『CICに事故情報が載っている』ということを言ってはいけない。」という契約がされているんです。
ましてや、個人信用情報機関の側から「この方は個人信用情報に瑕疵がありますから融資してはいけません(クレジットカードの更新をしてはいけません)。」ということは、ありえません。

そして、今回の住宅ローンの謝絶は、保証機関がかかわっているでしょう。
保証機関の多くはCICに加盟していますから、昔のクレジットローンの延滞履歴を見ることができ、その結果、保証機関が保証を謝絶。
保証機関も金融機関に対して保証を謝絶する理由は言いません。
保証機関に「保証できない。」と言われたので、金融機関もご主人名義で申し込まれた住宅ローンについて「融資できません。」としたのだと思います。

そのCICの「クレジット情報」ですが、情報の保有期間は、「契約期間中および取引終了日から5年間」となっているんです。
延滞・保証履行・破産などを「異動」と言うのですが、その有無・発生日、延滞解消の有無・延滞解消日も「クレジット情報」です。
未だに情報が引っかかってくるということは、「延滞解消日もしくは完済日」から5年経過していない-ということが考えられるのです。

延滞をしたのは20歳代の時のことで、延滞はしばらくして解消した。
その後はずっと延滞することもなく返済を続けて、その分割返済が終わった(完済した)ばかり。
完済して5年経過していない-ということでしたら、保証会社がCICにご主人の「個人信用情報」を照会した時、昔の延滞が記載されることはあります。
加えて、「契約期間中」はずっと情報を持っていますから、冒頭で「最悪、クレジットローンの「延滞解消」もしくは「完済」がされていない可能性がある」と申し上げたのです。

少なくとも、セントラルファイナンスから「カードが使えなくなります。返してください。」という連絡が来た時には、個人信用情報で、昔の延滞の履歴が照会できたのでしょうね。
また、クレジットカードの利用限度額は、住宅ローンと比較すれば極少額です。
ですから、最近の利用履歴を見たうえで、「カードは使っていただいて結構です。」となったのだと思います。
「個人信用情報の内容に瑕疵がある人には一切の融資・クレジット契約・割賦販売契約をしてはいけない」という法律がある訳ではありませんので、これは可能なんです。

住宅ローンについても、ご主人が、金融機関が保証機関保証なしでも融資をしてくれるような条件を作ることができれば、交渉は可能かもしれません。
それには、20歳代のときに延滞したクレジットローンが、延滞後どうなったか-をしっかり把握しなければ無理です。
完済から5年経過していなかったり、まだ完済されていない状況であれば、正直申し上げて、どの金融機関へ申し込まれても融資を受けることはできないと思います。

> 借入条件ですが、実際にはあまり銀行さんなどと詳しく話していないんです。
> 早く返したいけれど、毎月の返済額が多すぎるとキツイので月に12万くらいの返済にしたいというような話はしましたが、「じゃあとりあえず10年固定でいっときましょうか?」というような感じで、仮審査が通ったら話を詰めるというような流れでした。
いい業者さんですね。
結構「まともな」ローンの見方をされていますよ。
3500万円をボーナス返済なしで、元利均等償還方式で計算されています。
10年固定ならば、適用料率2.50%(優遇後金利)というところが多いので、それで、毎月の返済額が12万5,000円ちょっとになりますから。
ただ、35年返済とされていますから、その点が難ですけれどね。
本当は、退職金をアテにしたり、年金を貰うようになっても返済が続く計画-というのは、頷けないんです。

> どうしても欲しい土地というのは、私たちにとって苦しみに変えてでも!と思えるような土地なのです。お金には変えられない自然あふれるところなんです。
今はそう思われるでしょう。
私も自然にはあこがれがあります。
両親とも都会生まれの都会育ちなので、私には一切「田舎」がないので…。
ですが、「リタイアメント世代」の「都心回帰」が増えています。
動ける頃にはよかった自然あふれる土地が、年を重ねると共に「不便」と感じ、便利な駅直近の都会のマンションに住み替える-という方が増えているのが事実です。
必ず、将来的な「売却」も視野に入れてくださいね。

最後に、
> 「回状が廻っている業者」というのは、どういう業者さんなのでしょうか?
> すみません、「回状」の意味がわからなくて・・・。
失礼しました。
「回状」というのは、いわゆるブラックリストのようなものです。
個人信用情報でもそうですが、実際にそのようなリストが存在する訳ではありません。
「回状が廻っている業者」というのは、『不動産業者や建築業者として、「過去に金融機関から不正に住宅ローン融資を受けようとした」ことがある業者やそれに協力した業者など』のことを「例え」の形で申し上げました。
これは「詐欺」になりますので、必ず新聞等に「事件記事」が掲載されます。
企業名は変えられてしまえば分かりませんが、個人名は簡単には変えられません。
不動産や建築ですと、個人事業主名で営業している場合もありますので、そのような事件にかかわった企業・個人がかかわる案件には注意を払わなければなりません。
ゆえに、「住宅ローンの不正融資にかかわったことがある業者・個人ではないか?」ということを気にして、そのような案件に融資してしまわないように注意を払うんです。
実際に、工事費用の見積書を水増しして作成し、本来は住宅ローンとしては融資を受けられない(金融機関によっても違いますが)諸費用、引っ越し代、家具・家電代まで、「低い金利で借りられる住宅ローン」で借りてしまおう-と考えられるんです。
そして、その融資を受けた金額から「報酬」を受取っているようです。

また、耐震構造疑惑などで逮捕された設計士や建築業者もそうですが、実際には「基準」をクリアしていないにもかかわらず、クリアしている書類を作ったり…ということもありますね。
#8でも申し上げましたとおり、違法建築の場合は融資謝絶-という金融機関は多いですから、書類上だけ辻褄をあわせたものを提出して、融資を受けようとしたりするんです。

また、長々と失礼いたしました。

個人信用情報の情報開示をされたうえで疑問点があれば、また、補足なりにお書き込みください。
私で回答できる範囲でしたら回答をさせていただきますので。

#8です。
補足とお礼をありがとうございます。

今日、情報開示に行かれるとのこと。
補足を拝見して理由が分かってきました。
といっても、私の推測に過ぎませんが…。
開示の結果とあっているでしょうか。

問題はやはりご主人の「個人信用情報」でしょう。
しかも、「20歳代の時のクレジットローンの延滞」が理由の可能性も出てきました。
このクレジットローン、延滞後すぐに全額返済したのではなく、延滞し、延滞解消後もコツコツと返済を続けられ、「完済」をされたのがここ5年以内-ということ...続きを読む


人気Q&Aランキング