宜しくお願いします。

住宅ローンの事前審査を通り、
ほぼ間違いないので準備を始めてくださいと不動産屋に言われ、
引越しも決まっていたのですが・・
まさかの審査落ちでした。
落ちた原因ははっきり分からないのですが、
過去の通帳のお金の出し入れがネック・・らしいのです。

正直、理解不能です。
10年も昔からの通帳内容を言われても・・・
覚えているものも覚えてないものもあります。
審査落ちの理由によく「転職・新規借金」と聞きますが、
そんなことも全くありません。
もう他の銀行に行っても無理でしょうか?

現在の住居も出なくてはならないですし、
引越し業者も断らなければいけないし・・
本当に大打撃でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

関係業界人。


事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた書面を
全面的に正しいものと仮定しているのです。本審査は事前審査の
内容に間違いが無いことの確認作業が大半ですので、今回は通帳の提示などを求めたところ、提出できなかった、もしくは提出したところ
事前審査と相違があった、のいずれかの可能性が高いです。

よく見かけるケースとして、
自己資金の証明ができないことがあります。例えばローン2000万、
自己資金1000万で家を買う場合、1000万について自分のお金である
との証明(自分名義の通帳や証書で証明)が無いと、
「もしかしたらその1000万て他からの借金では?」という風に判断されることがあります。そうなると(1)に該当し、断られる可能性が出ます。
他に、以前に住宅購入など、大きな買い物をしていませんか?
そしてそのために銀行以外(親や親戚、知人、経営・勤務している
会社)から借入をしていませんか?
もしこれがあると、これも(1)に該当し、
「現在の借入残高」として申告した内容と違いが
出てくるため、断られる理由になりえます。

最後に、他行では無理かとのことですが、通る可能性は十分に
あります。包み隠さず相談してみると良いと思います。
(状況に不明な点が多いので、回答に対する自身は「参考」に止めます。)
    • good
    • 74
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

事前審査後、ショッピングや借り入れなど
一切しておりませんでした。
過去に(3年前)借り入れがありましたが、
事前審査で完済証明書を提出しています。

他行でも可能性があるというお言葉で頑張れそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/20 17:17

住宅ローン審査経験者です。



事前審査OK→本審査NGという事例は結構あります。
それどころか、私が購入したマンションの場合は、一部の方について本審査までOKだったのに融資実行で『待った』がかかりました(私が住宅ローン審査経験者で、マンション販売業者の担当者が経験浅だったので、いろいろ相談を受けたんです)。
理由は『銀行の査定ミス』。
複数いらっしゃった『100%融資』の方について、マンションの販売価格と銀行の担保評価額に差が出たため、100%融資が不可となったんです。

本審査落ちで一番多いのは、100%融資の場合です。
あと、仮審査では対象物件の担保評価をしないで、本審査までにしておく…という金融機関もあり、そういうところでは本審査落ちも多いですね。
それから、物件の現地調査を行ってみて、違法性が見つけられたとか、建築申請の申請内容と相違が見られた場合などもあります。

あとは、#2さんが書いていらっしゃるように、個人信用情報のチェックを後回しにしている場合ですね。
多くの金融機関では、事前審査の段階で個人信用情報のチェックもするのですが、後回しにするところがないとは言えません。
それに関連して、「保証会社の保証審査でOKが出なかった」ということも考えられます。

ご質問者さまの場合は、
> 過去の通帳のお金の出し入れがネック・・らしいのです。
なのですね。
要するに『口座』の資金の流れがネックということですよね。
それが把握できるということですから、住宅ローンを申し込まれたのは、お付き合いが長年にわたっている銀行ということでしょうか?
(他行の口座の動向なんて把握できませんもの。)
それとも、通帳のコピーでも渡されました?
ほかに「お金の動き」となると、総合口座で『当座貸越』の利用の仕方とか…。

個人的には「他行の口座の動向なんて把握できません」から、本当に「過去の通帳のお金の出し入れがネック」ならば、他行でチャレンジしてみる価値はあると思います。
    • good
    • 95
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。

もう10年付き合ってきた銀行さんでした。
オークションなどで過去に振り込まれた金額が
個人名というのが気に入らないそうです・・
正直、そんなこと言われても・・との心境です。

他行に審査を出してみます!
ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/20 17:11

過去に私も同様の体験をしました。



建築会社に勤務していて自社の商品を購入していたため、ローンの実行が遅れると、工程に「施主都合(融資)により着工延期」と表記され、恥ずかしい思いをしました。

断ってきたのは地方銀行でしたが、予備審査上で通ったものが本審査で通らなくなる可能性は、上記の「転職・新規借金」以外に、「銀行の都合」というものがあるようです。
腹立たしい限りですが。

私の場合、東京三菱UFJ銀行で無事実行され現在に至ります。

利率を考慮しつつ次の銀行を早急に探し、(その際は「他行で融資を断られて憤慨している」旨を伝え)早急に再審査を依頼する事をお勧めします。

銀行によって融資条件が違うため、「転職・借金」等、こちら側に不備がない場合、受け入れてくれる銀行が必ずあるはずです。
    • good
    • 77
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

不動産屋さんも「銀行の身勝手」と
憤慨しておりました。
他の顧客も一斉に断られたそうで・・

他行をあたってみます。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/06/20 17:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローンの仮審査をするんですが、審査が落ちないか心配です

今年中に住宅ローンの仮審査をしたいと思っています。一戸建ての土地と建物の代金3200万希望で、大手都市銀行に審査を依頼します。
主人は33歳、会社員勤続8年目、頭金は300万です。
心配なのは主人の過去の借入履歴です。過去に消費者金融2社、地方銀行のカードローン1社ありますが、そちらは遅延もなく完済しています。ただ今解約まではしていないため今から解約をしてもらう予定です。車のローンも過去に当て逃げにあい、450万のローンを組みましたが、去年すべて完済しています。現在はカードローンで70万ほどあります。それは住宅メーカーの担当の方から、申告をして完済をする条件で仮審査を受けたほうがいいといわれました。なのでその予定です。
年収は700万ありますが、過去勤続2年ぐらいのときに 2200万
のマンションを買おうとして銀行ローン300万を申し込みましたが
断られました。原因はわかりませんでしたが、私が調べたら主人が消費者金融より10万の借入がありました。そのせいなのでしょうかわかりませんが、今回は落ちることのないようによく勉強してから仮審査に
挑みたいと思っています。ローンに関しては全て解約して、今のローンも完済して、他に受かるためにやっておくべきことはありますでしょうか。詳しくわかる方ぜひご指導ください。よろしくお願いいたします。

今年中に住宅ローンの仮審査をしたいと思っています。一戸建ての土地と建物の代金3200万希望で、大手都市銀行に審査を依頼します。
主人は33歳、会社員勤続8年目、頭金は300万です。
心配なのは主人の過去の借入履歴です。過去に消費者金融2社、地方銀行のカードローン1社ありますが、そちらは遅延もなく完済しています。ただ今解約まではしていないため今から解約をしてもらう予定です。車のローンも過去に当て逃げにあい、450万のローンを組みましたが、去年すべて完済しています。現在はカー...続きを読む

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。
&かつて『個人信用情報機関』の1つである『CIC』の『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

> 頭金は300万
この頭金と書いていらっしゃるのは、「住宅取得に充当できる自己資金」のことでよろしいでしょうか?
「頭金」というのは、業者への資金の「支払い方法」のことなんです。
業者が「頭金として300万円払っていただき、残りは住宅ローンの資金実行で払ってください。」と言っている「頭金」の意味ならば、場合によっては「住宅ローン借入に必要な諸費用」が含まれていないこともあります。
それによって「住宅ローンを利用して土地・住宅を取得するのに必要な金額の合計」は、大きく違ってきますので、ご確認のほどを。

> 一戸建ての土地と建物の代金3200万希望
土地購入代金+建物の建設費用+土地・建物の『所有』に必要な諸費用が3,200万円ということでしょうか?
「住宅ローン借入に必要な諸費用」は、金融機関にもよりますが150万円程度は見ていただきたい内容ですので、先ほどの「頭金」というのが、「住宅取得に充当できる自己資金」のことならば、300万円-150万円は、「土地購入代金+建物の建設費用+土地・建物の『所有』に必要な諸費用」に充当できるかと思います。
ならば、借入額は3,000万円程度にできますね。

年収が700万円程度とのことですし、属性的には問題ないレベルだと思います。

> 車のローンも(中略)450万のローンを組みましたが、去年すべて完済しています。
こちらはディーラーローンでしょうか?
銀行ローンで、住宅ローンもその銀行に申し込むならば、有利に働くんですけれど。

> 現在はカードローンで70万ほどあります。
> それは住宅メーカーの担当の方から、申告をして完済をする条件で仮審査を受けたほうがいいといわれました。なのでその予定です。
申告については、当然してください。
ですが、事前に完済する必要はありません(「完済」だけしても意味がありませんので)。
申し込みの際に「いつでも完済・解約できます。」と伝えればいいです。

> 過去勤続2年ぐらいのときに 2200万のマンションを買おうとして銀行ローン300万を申し込みましたが断られました。
> 原因はわかりませんでしたが、私が調べたら主人が消費者金融より10万の借入がありました。
借入額が少ないにも関わらずNGということは、原因は「勤続年数を条件に設定している金融機関に申し込んだから」ではないかと思います。

ただ、消費者金融業者の可能性は否定できません。
住宅ローンのご利用では「保証会社保証」を利用されることになると思いますが、この「保証会社」がネックなんです。
消費者金融業者を嫌うところは徹底的に嫌いますので。
一番厳しいところでは「一度でも利用履歴が確認されればNG」というところがあります。
現在は解約もして利用していなかろうが、延滞なく完済していようが、関係ありません。
そのような基準のところでは、保証会社が『個人信用情報機関』に照会をした結果、ご主人の消費者金融の利用履歴が見つかれば、「保証NG」の回答を銀行にします。
銀行の住宅ローンは、「指定する保証会社の保証を受けられること」を融資の条件にしているところも多いので、「保証NG」となれば、当然、住宅ローン融資もNGになります。

> 今回は落ちることのないようによく勉強してから仮審査に挑みたいと思っています。
> ローンに関しては全て解約して、今のローンも完済して、他に受かるためにやっておくべきことはありますでしょうか。
あとは、住宅ローンをお申し込みになられる大手都市銀行やその保証会社が、そのような厳しい基準を設けていなければいい…と祈るしかないと思います。

住宅ローン審査経験者です。
&かつて『個人信用情報機関』の1つである『CIC』の『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

> 頭金は300万
この頭金と書いていらっしゃるのは、「住宅取得に充当できる自己資金」のことでよろしいでしょうか?
「頭金」というのは、業者への資金の「支払い方法」のことなんです。
業者が「頭金として300万円払っていただき、残りは住宅ローンの資金実行で払ってください。」と言っている「頭金」の意味ならば、場合によっては「住宅ローン借入に必要な諸費用」...続きを読む

Q低い金利のローンカードを申し込んでも審査で落ちる

オリックス・ローンカードや楽天カードなど、7.0や8.0%の低金利カードを申し込んでも、審査後に「15%とかの高い金利(より利用可能額が少ない)のカードなら作れる」と言われてしまいます。

この場合、低い金利のカードの審査に通るために足りないのは一般的にどのような理由でしょうか?
年収?他社ローンからの借入額?

他社からは30万ほど借りており、金利18%のため安い金利のカードに切り替えたいと思っています。
ちなみに、過去の返済実績は問題ない思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

<敢えて判り易いように単純化をして説明します>
1.ローン会社自体の銀行なり市場からの調達金利が3%、内部経費コスト(会社維持の為のコスト)が2%とすれば、5%で顧客に金を貸せば収支トントンとなり、それ以上で貸した分がローン会社の利益になります。7%で貸せば利益率2%、15%で貸せば利益率10%という考え方です。

2.一方で、貸し手側は貸し倒れリスクを設定金利で吸収する必要がある為、借入人の信用状態に応じたグルーピングと金利設定が行われます。(1)貸出金利7%の層は、100人に2人が返済事故になると見込まれるグループ(正規返済98人×上乗せ2%分=元本事故2人×元本部分1)、(2)貸出金利15%の層は100人の内10人が返済事故と予測される層(正規返済90人×上乗せ金利10%=元本事故10人×元本部分0.9・・・多少返済)、(3)貸出金利25%の層は、100人の内20人が返済事故を起こすと見込まれる層(正規返済80人×上乗せ金利20%=事故20人×元本部分0.8)という考え方で、過去の自社顧客データから独自の統計的な手法を用いてローン申込者の評価(スコアリング)を行うことになります。

3.質問者の現時点の職種・勤務先・勤務歴・収入・家族構成・持ち家の有無といった個人情報をもとにしたスコアリングによって適用金利と借入上限(場合により融資不可も含む)が決まり、加えて他社ローンで上限額を既に利用していれば融資金額の減額や融資不可の結論も有り得そうです。

4.ということで、質問にある「金は借りられるが、設定金利が高い」「金利が安くなると借入金額が小さくなる」という状況から脱するには、自身のスコアリングの基本要素を引き上げるということが必要なようです。

<敢えて判り易いように単純化をして説明します>
1.ローン会社自体の銀行なり市場からの調達金利が3%、内部経費コスト(会社維持の為のコスト)が2%とすれば、5%で顧客に金を貸せば収支トントンとなり、それ以上で貸した分がローン会社の利益になります。7%で貸せば利益率2%、15%で貸せば利益率10%という考え方です。

2.一方で、貸し手側は貸し倒れリスクを設定金利で吸収する必要がある為、借入人の信用状態に応じたグルーピングと金利設定が行われます。(1)貸出金利7%の層は、100...続きを読む

Q通帳のコピーで審査

この度不動産購入でローンを組みます。
自己資金の確認で通帳のコピーを・・・ということなのですが、
今はネットバンキング等の利用で通帳はなくネット画面のコピーでいいのだそうです。
それで印刷画面で印刷をし提出したのですが、そのとき思いました。
これっていくらでも改ざん出来るんじゃない?って感じ。
形だけの提出なのでしょうか・・・・
銀行に問い合わせて残高を確認すればすぐにばれてしまうことだから改ざんなんてする人はいないでしょうが、他銀行へ残高照会なんてするのかしら?って思ったり。
なんてことない疑問なのですが、詳しい方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンを担当した事もある者です。

> ネット画面のコピーでいいのだそうです。
> それで印刷画面で印刷をし提出したのですが、そのとき思いました。
> これっていくらでも改ざん出来るんじゃない?って感じ。
そう思うんですが、結構改ざんは手間がかかりますよ~。
私は多分作る事もできますが、逆に多分見抜く事もできます(理由は内緒)。
こういう人間がいる金融機関もあるので、甘く見てはいけません(笑)

通帳のコピー提出については、単純に「自己資金」の割合が多い人は提出していただく事もありました。
特に、年齢が若く、勤務年数も短く、年収も少ないのに、親等からの借り入れや資金援助もなく、やたら「自己資金」が多い場合は怪しいと思いますので。

ただ、本当に「証拠」を必要とするならば、その金融機関が発行した「残高証明書」でも不十分で、「取引履歴証明」でなければ意味がありませんから、一応「形だけ」、残高上でも本人が「自己資金」としている以上の額が通帳や確認画面上に記載されているかを見るんだと思いますよ。
だって残高証明は、何年何月何日現在でいくら残高がある…という証明でしかないでしょう?
それでは、一時的に残高を増やした「見せ金」であっても区別が付きませんから。
「取引履歴証明」などで、最近「大金」が入金されてはいないか、まで確認しなければ、結局のところ「形だけ」のチェックでしかありません。

ですから、理由については「本当にあるかどうか」は、少し違うんです。
「他からの借り入れにも係わらずそれを自己資金としていないか」ですね。
他からの借り入れならば当然に「返済」をしなければなりません。
自己資金ではなく、借り入れならば「返済負担率」が高くなります。
「返済負担率」が高ければ融資が受けられない事もあります。
これを誤魔化そうとして、他からの借り入れを自己資金と偽る人がいるんです。

例えば、年収400万円の人が住宅ローンを借りるとします(諸費用は除いて考えます)。
【パターン1 自己資金1,000万円は本当】
物件価格が3,500万円として、預貯金等で1,000万円あり2,500万円借りることにしましょう。
2,500万円を「35年返済、年利3.2%の全期間固定、元利均等償還、ボーナス返済なし」という条件で申し込んだとします。
そうしますと住宅ローンの年間返済額は1,188,300円となり、これを年収400万円で割って「返済負担率」を算出すると29.7%になります。
年収400万円ならば、「返済負担率」は30%まではOKとしている金融機関が多いので、他に借り入れがなければ住宅ローンの審査はクリアです。

【パターン2 自己資金1,000万円はウソ】
物件価格が3,500万円として、預貯金等で200万円しかなく、金融機関に申し込んだところ2,500万円までならば融資OKと言われたので、勤務先の住宅資金貸付から800万円を借り、それを金融機関には内緒にして、自己資金1,000万円ということにした…という場合。
勤務先の住宅資金貸付は、年利1.00%という低い金利で借りられるとして、返済期間は定年まで、現在30歳の60歳定年として30年返済としましょう。
800万円を「30年返済、年利1.00%の全期間固定、元利均等償還、ボーナス返済なし」という条件で借りたとします。
この勤務先の住宅資金貸付の年間返済額は308,772円。
金融機関から借りる方はパターン1と同じだとすると、住宅ローンの年間返済額は1,188,300円。
両方あわせた年間返済額は、1,497,072円。
これを年収400万円で割って「返済負担率」を算出すると37.4%になってしまいます。
年収400万円ならば、「返済負担率」は30%まではOKとしている金融機関が多いので、返済負担率が37.4%では住宅ローンの審査に通りません。
ですから、勤務先からの住宅資金貸付800万円は「内緒」にしなければなりません。

こういった違いが出てくるので、「自己資金が100%自己資金ではなく、他からの借り入れを自己資金と偽っているのではないか」を確認するために、通帳(取引履歴が記載されているので)のコピーをいただいていたんですけれどね。
ネット画面のコピー、しかも残高のみならば、本当に「形だけ」だと思います。

>> 他銀行へ残高照会なんてするのかしら?
> 自銀行の他支店ならともかく、他銀行に聞くことは絶対に無いですね
> 第一、聞いても教えてくれませんから。
そのとおりですね。
残高証明書の発行を依頼したって受けてもらえません。

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンを担当した事もある者です。

> ネット画面のコピーでいいのだそうです。
> それで印刷画面で印刷をし提出したのですが、そのとき思いました。
> これっていくらでも改ざん出来るんじゃない?って感じ。
そう思うんですが、結構改ざんは手間がかかりますよ~。
私は多分作る事もできますが、逆に多分見抜く事もできます(理由は内緒)。
こういう人間がいる金融機関もあるので、甘く見てはいけません(笑)

通帳のコピー提出については、単純に「自己資金」の...続きを読む

Q住宅ローン審査と通帳記入

住宅ローン審査を受けるのに
通帳記入をしているか、していないかは
審査の中に入ってきますか??

2~3年ほど通帳記入を行っていません。

Aベストアンサー

関係有りません。
私は前回いつ記帳してかも忘れてます。

クレジットカードの所有枚数などの方が審査に響きますので注意してください。

Q破産の際の通帳の審査について

こんばんわ。
自己破産を少額管財でする場合、通帳を提出してそれが審査されます。
その際に過去に振込した、またはされた個人について、管財人等から確認等の連絡がいくことがあるのでしょうか?
過去の知人に連絡がいってしまうのか少々心配です。
経験もしくは、ご存知の方ご教授いただけないでしょうか。

Aベストアンサー

結論から言うと電話を友人の方にすることはありません。

問題はお金の動きです。

これは自己破産の際に自分の資産が移動をしてわざと隠したりしていないかということを確認する意味です。

また、破産しても官報という役所が発行するものに載るのと関連の貸し付けたところへレターが行くという感じです。

ただ、不明瞭な振込や払い出しがあればそれはちょっと分かりません。

そのようなことは普通ないと思いますが・・・。


弁護士さんに頼んでいないということであれば例えば裁判所に直接聞いてみるといいと思います。

大体、今の官庁は何らかの形で相談コーナーというものがありますからそこへ電話や直接相談されたほうがいいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報