シンガポール留学について

シンガポールへ大学留学したいんですが、なかなかこれだ!っていう留学会社を見つけられなくて、どこの会社が良くて、どこの会社がダメかっていうのを教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

仲介業者どこでも同じだ



超大手のJTB 、HISが確実
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やってみます

わかりました!!!

お礼日時:2017/02/12 16:41

何で留学斡旋屋を通すでしょうかね。

無知な日本学生対象の金儲けが目的ですから、どこでも似たり寄ったり。シンガポール国立大学(NUS)に直接に問い合わせれば、いいことなのに。ホームステイ先からすべて手配してくれます。

シンガポールの英語、最初なれるまでかなり苦労しますよ。ついでに中国語も覚えてしまいますけど。一年中真夏で暑くて暑くて。でも小さな島国で、あれだけたくさんの人が住んでいるので、ビルばかり。住む住居もコンドミニウム。きれいな海もないし、長期では住みたくないですね。女の子も親の躾がかなりしっかりしているので、固いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

ありがとうございます

お礼日時:2017/02/12 16:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシンガポールへ留学かイギリスへ留学

こんばんは。
私は、岡山大学に通う、大学1年生です。
毎年、ダラダラした夏休みを過ごしてきたので、今年の夏は、何か、行動を起こそうと思い、夏休み1ヶ月を利用しての短期留学を考えています。

理由は、英語を話したいのと、海外の文化に触れてみて、いろんなものを得たいからです。

国際交流に興味があり、夏に東京で行われる国際学生会議に出席する予定です。大学1年で、まだ初めて参加するのですが、おそらく刺激を受けるので、その刺激を受けたまま、4週間ほど留学したいと思っています。
その学生会議関係で知り合った、イギリスに留学している方に、留学を少し薦められ、今、真剣に慎重に考えています。
その方には、イギリスを薦められているのですが、いざ、留学しようと思うと、語学のためだけに海外に行くのは、お金がもったいない気がしてきました。

ならば、どこかと考えると、前から興味があったシンガポールが思いつきました。シンガポールは様々な宗教や人種があり、ともに生活していて、そこに魅力を感じています。
イギリスより近いし、交通費も安くてすみます。

しかし、シンガポールの留学制度がどれほど整っているか知りません。
イギリスでは、知り合いが紹介してくれた良い学校があり、すぐにでも、決めれそうです。

イギリスでも、いろんなことを吸収できるかもしれませんが、シンガポールに興味があります。
どなたか、シンガポールの留学についてアドバイスしてくださる方おられましたら、よろしくお願いします。

こんばんは。
私は、岡山大学に通う、大学1年生です。
毎年、ダラダラした夏休みを過ごしてきたので、今年の夏は、何か、行動を起こそうと思い、夏休み1ヶ月を利用しての短期留学を考えています。

理由は、英語を話したいのと、海外の文化に触れてみて、いろんなものを得たいからです。

国際交流に興味があり、夏に東京で行われる国際学生会議に出席する予定です。大学1年で、まだ初めて参加するのですが、おそらく刺激を受けるので、その刺激を受けたまま、4週間ほど留学したいと思っています。
そ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、anykkbさん

短期間の留学であれば、ご自分の興味のある地域に行かれるのが一番ではないかと思います。今回は、留学に慣れる・雰囲気を感じることが実際問題一番の目的になるでしょうから気軽に考えて見られてはどうでしょうか。それはともかく、シンガポールは世界中から人・会社・お金を受け入れて成り立っている国ですからビザ等の心配はないかと思います。-30日以内の滞在であれば学生ビザは必要ありません。それ以上は必要です。(3ヶ月未満は不要と書いてあるガイドもありますが、あれは正確ではありません。)

学校で教えられる英語はどこに行ってもネイティブが正確な発音で教えますからシングリッシュの心配はありません。(イギリスだって、ロンドンの東と西では発音がまったく違います)ただ、どこに行かれるにせよ、もし将来英語を仕事で使われるおつもりならイギリス英語圏に行くことを強くお勧めします。(ビジネス英語の標準はイギリス英語です、アメリカ英語ではありません)

イギリスは、ヨーロッパ、日本、韓国からの学生が多い分、年齢層は高めで、猛烈に勉強をする雰囲気ではないでしょう。シンガポールはアジア諸国からの学生が海外の大学/院に行く前にことが多いので、年齢層はやや低めです。その分、レベルの高い学校に行くとみんなの勉強量が日本人のするレベルとは違いますから、いい刺激にはなるでしょうね。ただし、そのつもりでないと、すぐに挫折して帰国する日本人が結構いますからご自分のやる気と目的をはっきりさせた上で選ばれるのがいいのではないでしょうか。

シンガポールのいいところは、ロンドンほどは物価が高くない、日本よりも治安がいいことです(レストランでお金をテーブルにおいて席を離れても無くなる事はまずありません。)

悪い点は、日本人が嫌いな人がいることです。(太平洋戦争のことです)もちろん、重要なのはあなたの人柄ですので、発言に気をつけてさえいれば問題はないですが。(私のシンガポール人の親友は大の日本人嫌いでした。現在は普通の日本人嫌いですかね(笑))

それでは、たくさんのいった人にしか感じられない事に触れることができる、よい留学になることをお祈りします。がんばってください。

はじめまして、anykkbさん

短期間の留学であれば、ご自分の興味のある地域に行かれるのが一番ではないかと思います。今回は、留学に慣れる・雰囲気を感じることが実際問題一番の目的になるでしょうから気軽に考えて見られてはどうでしょうか。それはともかく、シンガポールは世界中から人・会社・お金を受け入れて成り立っている国ですからビザ等の心配はないかと思います。-30日以内の滞在であれば学生ビザは必要ありません。それ以上は必要です。(3ヶ月未満は不要と書いてあるガイドもありますが、あれ...続きを読む

Q高校留学、留学先の決め手と留学会社について

現在高校1年生で、今度海外への留学を考えています。
その留学先の高校を卒業する予定です。
また、留学目的は英語力をつける事です。

現在留学先がなかなか決められずに困っています。
オーストラリアとニュージランドがいいと聞くのですが、英語の訛りが心配で…。

そこで、このような場合の

・留学先の決め手
・おすすめの留学先(そのメリットとデメリット)
・おすすめの留学会社

を教えてもらいたいです。
上記の質問のどれかひとつへの回答でもいいので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちわ

中・高・大とオーストラリアに留学していたものです。

まず、オーストラリアとニュージーランドの英語ですが、はっきり言えば都会と田舎、町や州でまったく違います。オーストラリアで言えばシドニーはちょっとばかり英語に癖があります。ただ、町の中ではアメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語がごっちゃになっている感じです。逆にメルボルンはイギリス英語が主流でオーストラリア訛りの人も少々居ます。これがパース、ケアンズ、アデレードなどになるとオーストラリア訛りがひどくなります。 やはり多くの人がオーストラリア訛りを気にしますが…こちらではイギリスの様な階級が存在し、金持ちはイギリス英語をしゃべりブルーカラーの人たちはオージー訛りの英語をしゃべります。実際に私が思うのは入る学校によって英語の訛りが物凄く憎くなることです。お金持ちの多く入る私立であればキレイなイギリス英語をしゃべりますし、逆に田舎の公立高校に通えばオージー訛りになります。

留学先の決め手…これは学費・学校の整備・留学条件によって変わると思います。NZは比較的に学校数も少なく、町自体もこじんまりとしています。逆にオーストラリアは多くの学校があり、有名な私立高校が沢山あること、町自体も大きく不自由なく過せる。私はオーストラリアをお勧めします。最近ではNZの若者や国民が大量にオーストラリアに移民して問題になるぐらい、NZは少し寂れているからです。

お勧めの留学先…私の経験上、公立高校に留学し、ホームステイをされる留学はやめたほうが良いです。留学でも勝ち組と負け組みがはっきりと分かれており…留学後に大学に入りたいか、そもそも留学中に真面目に学業を学びたいのかで変わります。真面目に留学してよい学校を出て、良い就職先を見つけて不良にはなりたくない場合は真剣に学校を決める必要性があります。

おすすめさきの留学会社…はっきり申しますとあまり留学会社に頼ると良い留学はできないと思います。留学会社は利益を優先しているために現地の高校と提携を結んでいることが多いです。私はオーストラリアに留学していたのでわかるのですが…留学斡旋会社のホームページに、よく“○○高校はオーストラリアの中でもレベルが高く名門校です”とか書かれていますが信用してはいけません。なんせ現地では名前も知られていないような私立や公立の可能性が大です(おまけに生徒は日本人だらけ)。やはり肝心なのは本当に行きたい学校を自分自身で探して得ることです。オーストラリアの中でも有名な高校は都市部に集中しており、中でも名門高校といわれる学校は全寮制や寮制である事が多く、殆どが私立高校です。おまけに歴史の古い学校の方が良いです。

ちなみにオーストラリアのビクトリア州では私立高校の集まりでAPSと言われる学校の組織が有ります。この組織に名が乗っている学校は全て名門高校です。ちなみにオーストラリア人であれば名前を聞くだけで大抵は知っている(日本で慶応とか灘、開成など)学校です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Associated_Public_Schools_of_Victoria
このリストの中の高校に通っていましたが…日本人の留学生は何処の学校も一学年に0~3人程度。その日本人も殆どがハーフ(外国人と日本人との)やすでに海外に長い間住んでいるような日本人です。また、留学斡旋業者を通して留学している人は学校の中で1人居るか居ないかぐらいでした。

ただ、英語力を付けたいのであればあまり高校留学はお勧めできません。何故ならオーストラリアの高校2~3年生は日本以上に受験勉強が激しいからです。すでに高校3年で大学1~2年の分の授業などを受けるので(こちらではその分、大学が3~4年で卒業できる)生半端な英語で留学すると留年を1~3年程度見なければなりません。そこまでするならば高校卒業後に語学留学でオーストラリアやニュージーランドに行かれることをお勧めします。

こんにちわ

中・高・大とオーストラリアに留学していたものです。

まず、オーストラリアとニュージーランドの英語ですが、はっきり言えば都会と田舎、町や州でまったく違います。オーストラリアで言えばシドニーはちょっとばかり英語に癖があります。ただ、町の中ではアメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語がごっちゃになっている感じです。逆にメルボルンはイギリス英語が主流でオーストラリア訛りの人も少々居ます。これがパース、ケアンズ、アデレードなどになるとオーストラリア訛りがひどく...続きを読む

Q交換留学、語学留学、推薦留学この意味って何ですか?

交換留学、語学留学、推薦留学この意味って何ですか?

Aベストアンサー

定義するのは難しいですが、一般論としては、当らずとも遠からずではないかと思いますが。。。

・交換留学:
高校生の場合は、国と国の約束で、異文化交流を目的として、1年間留学可能で授業料は、留学先では無料で、基本的にはボランティア団体等が斡旋してくれます。
学校が独自に行っている所もありますが。
又、大学生の場合は、大学間で協定を結んで、それぞれの在学生の中から1年間とか1学期間の留学が可能になります。
授業料は、留学期間中も、在学校の授業料のみで、留学先は不要です。

・語学留学:
英語等の外国語学校や大学付属の外国語学校やコース等へ留学する事で、期間は数週間から数年間と希望と実力によって決まります。
授業料等は、留学先の学校や留学期間よって決まります。

・推薦留学:
例えば、大学が指定のした外国の大学の付属外国語研修機関等へ学生を留学させますが、成績優秀で留学して効果を上げそうな学生を推薦するという事でしょう。
交換留学と比べると、語学に限っていたりするので、自由度が高いのかも知れません。
授業料は、留学先の授業料が適用されるのではないでしょうか。

定義するのは難しいですが、一般論としては、当らずとも遠からずではないかと思いますが。。。

・交換留学:
高校生の場合は、国と国の約束で、異文化交流を目的として、1年間留学可能で授業料は、留学先では無料で、基本的にはボランティア団体等が斡旋してくれます。
学校が独自に行っている所もありますが。
又、大学生の場合は、大学間で協定を結んで、それぞれの在学生の中から1年間とか1学期間の留学が可能になります。
授業料は、留学期間中も、在学校の授業料のみで、留学先は不要です。

・語学留学...続きを読む

Q韓国留学の件でお答えください。 もし、韓国に留学するとしたら どこの高校がおすすめですか?

韓国留学の件でお答えください。
もし、韓国に留学するとしたら
どこの高校がおすすめですか?

Aベストアンサー

朝鮮語が学びたい、と言うのでもなければどこもお勧めしません。
もっとも朝鮮語自体、日本国内で学べますし。

漢字を捨てて、ハングルのみでの教育になったせいで教育レベルは
信じられないくらい低いですよ。

Q長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか? 先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘

長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか?

先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘いも色々学ばせてもらいました。
そこで考えたのが、「長期留学(1年~)の前に短期留学をして、留学の具体的なイメージを掴む」というものです。

正直、大学の留学センターに聞け、というような質問なのですが、留学経験者の方の生きた意見を聞いてみたいです。

ちなみに、長期留学は勿論TOEFLスコアなどが必要なもの、短期留学は初心者の語学留学的なものをイメージして頂くと助かります。

Aベストアンサー

長期留学の前の語学留学は、短期でも、有効でしょう。

大学2年の夏から、留学(転学)した人で、春休みに大学付属?のESL(英語学校)で英語を学び、異文化や学校の雰囲気に慣れて来て、長期留学で成功した人が居ますよ。

また、イギリスの大学で、交換留学を受入れている教授の話では、
・英語が流暢にコミュニケーション出来る。
・異文化に適応出来て、早く地元の生活に慣れる。
等の事が出来る学生は、留学に成功して帰ると言っていました。

短期でも、事前の語学留学は、長期留学への予行演習になると思います。
唯、費用と時間が掛かりますから、目的を良く弁えて、行かれると良いでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報