普通のカツカレーと、金沢のソースカツカレー。

別に何がまずいの?

味がまずいならそりゃダメだろうけど、カツ丼だって卵とじとソースであるし・・・

普通じゃないなら、焼きそばのカレー味とかスープカレーなども普通じゃない。

文句付けたい人って、負け惜しみですか?

■金沢カレーは「カレーじゃない」? 主張する原理主義者たち
http://j-town.net/tokyo/gourmet/tanbouki/239265. …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

食べたことないからわからないし、一生たべることはないと思うので


個人的な意見は言えないが、食べた人が「カレーじゃない」と
言っているんだったらそれはそれで尊重してあげないとね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。

回答ど~も

お礼日時:2017/02/21 19:30

>別に何がまずいの?



まずいとは言っていないのでは?
カレーとは別の食べ物だといっているだけで。

質問者さんはカレーと認めてほしいのでしょうか?
ナポリタンをスパゲティといえるくらいは
カレーだとおもいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。

回答ど~も

お礼日時:2017/02/21 19:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもったいないといわず「消費は美徳」じゃないの?

今の日本の景気回復には、個人消費を増やす必要があります。
ところがマスコミは「もったいない」は素晴らしいことだといいます。

しかし私には、今の日本に必要なのは「もったいない」ではなく
「消費は美徳」 「贅沢は素敵」 だと思えます。

なぜマスコミは、消費マインドを鈍らせるようなことを
礼賛するのでしょうか?

Aベストアンサー

No.6です。
本当に何度も済みません。(本当にこれで最後にします)

経済活性化には「お金を回す」なんて、経済学の初歩の初歩だと思っていたので、それを否定する馬鹿なんているはず無いと思っていたら違うんですね。

冗談で「贅沢は敵」と言ったら、未だに本気にしていた珍しい方もいらっしゃるみたいで、それに自分が金を使うのは自分の勝手であって他人にとやかく言われたくないよな。

経済なんて、お金を回さないとどうにもならない。
日本が栄えたのも(あの日本列島改造論で有名な)「公共事業」でしたからね。
(もちろんそれだけではありませんが)

今日本は、TPPなどを見てもわかるように「真の資本主義社会」「真の自由競争社会」に移行中です。
以前は公共事業で何とかなったのですが、今は民間が動かないと、活性化しないとどうしようもありません。

国民にできる事は、お金を回す事です。

Qメディアの橋下へのヨイショが尋常じゃないのですが?

何かメディアの間で橋下条約でも結んでいるのでしょうか?アメリカからVIPにでも指定されているのでしょうか?

Aベストアンサー

政治家がバラエティー番組に出る時代で、橋下サンは千両役者。
基本、それだけじゃないですかね?

タレントに比べたら、政治家はギャラも安くて済むし。
最近はテレビ業界も不況なので、「視聴率が稼げる政治家」なんて、大事にするしか無いんじゃないですかね?

おまけに彼は悪口を言われると、スグに拗ねて「もう出演しません!」などと言うし。
こじれたら相手が頭を下げるまで、絶対に許さず、ネチネチいじめるし。

これらは橋下サンの、メディア操縦術ですが、上手いと思いますよ。

中には、そんな橋下サンを見て、気骨のあるジャーナリストなどが、橋下批判を繰り広げますが、それも橋下サンの術中かと。
彼は叩かれたり、敵が存在する方が光りますから。

メディアの使い方は、政治史に残るくらい、スゴい人だと思います。
メディアにウケる政治家など、概ねはカスですが・・。

Q本日(2013/7/11)のHNK 「ハッケン伝」

本日のHNK 「ハッケン伝」 北九州の地方公務員(市役所職員)さん、すごい頑張ってる姿が描かれていました。映画の撮影に付き合って翌朝9時とか深夜1時までとか、すごい頑張ってますね。
で、この地方公務員さん、残業代を貰ってるんでしょうか?
それとも、残業代なしなんでしょうか?
残業代が出てるとすれば、相当の年収になりそうです。
残業代が出てないとすれば、市役所なのにサービス残業させてるブラック市役所といえるのでしょうか?

NHKさん、そういう視点では番組を作らないんでしょうか?

Aベストアンサー

おそらくすべて承知の上でのご質問のような気がしますが、いちおう現職の旧同僚から得た限りで回答します。

まず、いまどきの公務員の残業に100%手当が支給されるということはないそうです。
はじめから予算が限られているので、それをオーバーしないように勤務報告を調整して出すのが通例だとのこと。
補助金などの財源が無い限り時間外勤務手当の補正増額もありえない、という自治体がほとんどです。
なにしろ役所にはタイムカードが無いので、いくらでもごまかせます。
はっきり言えば違法なのでしょうが、今は組合も弱くなったので公務員でも内情は民間と極端には変わりません。
もっとも、安定した賃金と身分保障があるので反発する若手職員はほとんどいないようです。

次に、「まちづくり」などといった理由によるボランティア的勤務が役所では増えているそうで、この場合、職員が職務を離れて「自主的に」協力しているという体制がとられます。
本人が希望して従事するのですから組合も手が出せず、法的にも問題がありませんが、事故が起きた場合の責任や賠償のケースではさぞかし揉めることでしょう。

あと、深夜勤務ではなく休日勤務であれば振替という制度が多用されるというのも良く聞きます。
祝休日のイベントスタッフなどに出ている公務員の多くはこれだそうです。
当然、平日勤務日に振り替えて休むそうですが、その分、年次有給休暇の取得日数が実績として減るので事実上のタダ働きです。(有給の消化率はせいぜい五割程度とのこと。また買取は違法なので当然ありえない)

それから、タイムシフト勤務による擬似的なフレックスで調整している例もあるそうです。
深夜まで勤務して翌日は午後出勤という場合はこれでしょう。

おそらくすべて承知の上でのご質問のような気がしますが、いちおう現職の旧同僚から得た限りで回答します。

まず、いまどきの公務員の残業に100%手当が支給されるということはないそうです。
はじめから予算が限られているので、それをオーバーしないように勤務報告を調整して出すのが通例だとのこと。
補助金などの財源が無い限り時間外勤務手当の補正増額もありえない、という自治体がほとんどです。
なにしろ役所にはタイムカードが無いので、いくらでもごまかせます。
はっきり言えば違法なのでしょうが...続きを読む

Q北朝鮮にはまず謝罪しろですって?

今朝の「サンデー・ジャポン」井筒監督(違ったらゴメン)
朝鮮半島を分断したのは日本だから北朝鮮にはまず
「謝罪と補償をしてからお付き合いさせてもらえ、
韓国ともそこからスタートしただろう。」
なんて事を真顔で論じてましたが、
「おいおい、まじかよ!!!」
と思ったのは私だけでしょうか。

Aベストアンサー

そういう不可思議な意見を持つ方がおられるのはたしかですネ。
世界に類を見ない「平等な」支配を行った歴史については,現在,韓国でも見直しが行なわれていることはご存知の方も多いと思います。
また,賠償については,日本と北朝鮮とが戦争を行なったことは一度もありませんので,平等な立場で考えることが国際的な常識です。つまり,第二次大戦においては朝鮮半島は枢軸国であり,連合国ではなかったのですネ。
したがって,国際的な常識としては,日本が建築した橋,建物,鉄道,湾口施設などの評価額については北朝鮮側が日本に賠償しなければならないのですネ。新規に開拓された多くの土地などについても同様ですから,莫大な金額となり,それと日本が未払いとなっている軍票や正当な理由のない殺人などの被害に対しての補償などとを相殺することとなります。
「まず謝罪ありき」という外交には非常に疑問を感じ続けています。
外交戦略としては下の下だと思っています。
以上kawakawaでした

Q終戦じゃない敗戦あるいは降伏だろ!

太平洋戦争は、日本人が遂行した戦闘行為である。
米英のむちゃな要求に対し座して死を待つことを
良しとせずと起こした戦争である。
世論も当時は開戦やむなしと言っていたのだ。

それが「終戦」という他人事のような表現で良いのか?
なぜそれをおかしいと思わないのか?

なぜ終戦と言い続けるのか教えてください

Aベストアンサー

”なぜ終戦と言い続けるのか教えてください ”
    ↑
私も常々疑問に思っていましたが、考えて見ると
これは、日本特有の言い回しですね。

日本人はドギツイ表現を嫌います。
白黒をはっきりさせるのを敬遠します。

例えば、失われた20年です。
政府、日銀の失政が原因だろう、人為的なモノだろう
といいたいのですが、
それを、あたかも天災であるかのように表現する訳です。

敗戦記念日であるはずが、終戦記念日と表現して
しまうのは、それがあたかも天災であるかのように
イメージさせるためでしょう。

誰も恨むな、という意図がその根底に見え隠れします。

千年経っても忘れないとかいうどこかの隣国とは
国民性が異なるのです。
墓から遺体を掘り起こして辱めを加える、なんてことを
やる欧米中国とも違います。

仏教に基づく諦念観が影響しているのかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報