仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!

66歳です。PSA検査で5.4がでました。生体検査をしたところ、サンプル10本のうち1本から
癌細胞が発見され、腹腔鏡手術による全摘手術を勧められています。
その後2回PSA検査をしたのですが、3.8と3.6です。
本当に癌なのか、全摘手術が必要なのか、迷っています。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

2回のPSA検査が、3.8と3.6なら


疑問です
排尿障害等症状が無いなら
全摘手術は見合わせます
男性機能を失ってはいけません
死んだも同じですから
PSAが8ぐらいで手術を考えます
まずは放射線から
転移は20-40PSA定期検査でそれほど心配しなくいてもいいです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な、数値ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/28 00:54

知人にPSA値が1000を越えた人が居ます。

絶望的にもなっていましたが“癌の特効薬は発見済だ!と云う本を見つけ、其処に書いてあるビオトーワ錠と云う錠剤を大量服用しました。すると2ヶ月後にはPSA値が9迄急減したのです。その方は9でもルンルン気分になっていました。PSA値が9でも心配する人や正常値でも深刻に考える人が居ます。腫瘍マーカーとはそれほど重要な物ではありません。それは相対的な物で、教室の他の生徒がO点だと1点でもトップの成績になる様なものです。そんないい加減な腫瘍マーカーに踊らされるより、自分は癌になる様な生活をして居るかどうかを自分に問うて見ることです。私は医者などに58年間も行っていません。具合が悪くなればその原因となる生活を改める習慣を身に付けたのです。68歳ですがとても元気です。話題になったドラマ“洞窟おじさん”(リリーフランキー主演)は43年間も群馬の山奥の洞窟で一人で暮らしていた実話です。現在の健康状態は最高だとのことです。現代病は病院自身が作っている医原病なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね、考えようですね。
少し気が楽になりました。

お礼日時:2017/03/02 17:42

私もここ7年間PSAを観察していますが、今回と前回ともPSAの数値が7.0をオバーしたのでようやく生針検査をします、4~10の範囲はいわゆるグレーゾーンです、普通は直腸診、MRI、そして針の生研です、それと前立腺癌は骨に転移しやすいですから骨シンチも同時に検査します。

サカンドオピニオンが良いですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
セカンドオピニオンを考えます。

お礼日時:2017/03/02 17:43

色々有る癌の中でも前立腺癌は一番進行速度が遅い癌です、最近は腫瘍マーカー(PSA)の発達によって初期の段階で発見される人が増えています、PSA5.4で10本生生検査で1本に癌細胞を確認、その時点で前立腺の全摘手術せすか、これは可笑しいですね、単に手術件数の数字を上げたいだけですね、普通なら針生研を10本やって1本より問題が見つかれば針の数を16本とか18本に増やして再度検査をします、貴殿の場合はましてその後のPSAは基準値内ですからね、仮に前立腺癌だとそても行き成り全摘出手術を勧める病院は少ないですよ、普通は経過観察、放射線治療、そして最後の最後が手術です、腹腔鏡手術ですかダビッンチは未だ導入されていない病院ですね、当然骨シンチの検査もしましたよね?前立腺癌は骨に転移しやすいですからね。

その病院は疑問ですので他の病院も一度受診した方が良いですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね、セカンドオピニオンを考えます。

お礼日時:2017/02/28 00:54

手術をお勧めします。

未だお若いのに、気苦労な事と、お察し致します。
手術は、前立腺摘出と、なりますが因みに、全摘で、男性機能がほぼ、無くなりますが、健康と、引き換えなら、止むを得ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
放射線と手術、半々ですね。
考えます。

お礼日時:2017/02/28 00:56

父が前立腺がん骨転移で死亡しました。

74歳でした。
遺伝的な要因もあると言われて、わたくしも機会あるごとにPSA検査をオプション追加しております。

さて、PSA検査の結果ですが、4~10ng/mL未満は前立腺がんが発見される確率は25~30%と言われています。

今回の検査では、5.4が一度、以後、3.8とか3.6とかの数値とのこと、この検査結果からいきなり全摘手術ってのは、どうなんでしょうか?

女性ホルモン投与によって、前立腺の活動を低下させる方法もあると聞きますので、
内分泌系の専門医からセカンドオピニオンを得ることをお勧めします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
セカンドオピニオンを考えます。

お礼日時:2017/02/28 00:57

ちなみにPSA検査で9がでました。

生体検査をしたところ、サンプル7本からは見つかりませんでした(現在は5程度)。癌細胞が発見された場合は全摘手術をするつもりでした。(リンパを通じて全身に飛ぶことがある)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですか
できれば、お歳をお聞かせください。
わたしの判断の参考にしたいです。

お礼日時:2017/02/28 00:59
  • 前立腺がん<男性生殖器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    前立腺がんとはどんな病気か  前立腺がんは、欧米では男性がん死亡例の約20%(肺がんに次いで第2位)を占める頻度の高いがんですが、日本では約4・8%(2004年神奈川県)と比較的頻度の少ないがんです。  日本人男性が1年間に前立腺がんと診断される人数は、人口10万人あたり28・6人(年齢調整罹患率、2004年神奈川県)で、胃がん、肺がん、結腸がんに次いで4番目、男性がん全体の12%を占めています。  年齢...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q癌再発恐怖・不安感

癌の再発恐怖・不安感との付き合いをどうしていけば上手く自分自身の気持ちをコントロールできますか?現在47才の男性です。9年前に37歳で胃癌でステージⅢAと診断をされ2/3を切除してその後は抗がん剤のTS-1とレンチナンを1年間服用しました。予後は全く問題点も無く順調に回復して復帰しました。
5年間は定期に検診を行い癌再発は問題無しとの主治医の判断です。
その後も当初の総合病院から独立開業した医院で観察してもらってます。
術後3年~4年目も凄く恐怖感に襲われた時期が合ったが何とか乗り越えました。
また、最近昨年の夏位前から恐怖感が段々と増してきて。
昨年9月の定期検診で喉のポリープが合ってその後再検では無くなってまして、主治医からは様子見ですね。と言われて先週に採血検査を行いました。今週末には採血結果が出ます。
将来的に癌が再発確率は誰にも分からない事だと、色々な方々にも言われて自分自身も分かってはいるつもりでです。余計な心配する方が精神的にも良くないし、体にも良くないとは頭では分かってるのでしが、ついつい考えてしまいます。その不安感・恐怖感から無気力的になったり、好きな趣味も出来ず仕事面にも支障が出てきてます。朝方の3時位に目覚めてしまい恐怖感が襲って来るときも度々あります。
妻からも「心配する必要ない」と「もっと楽しめる事をいっぱいしなさい」と暖かい言葉を言ってくれます。
仕事面は4年前に知人が会社を設立し、専務取締役をしてます。事業もスタートは順調でしたが昨年からは受注が落ち込み、社内人間関係から全若手社員が退職と上手く行ってません。
仕事面が上手く行かずに精神的にダメージがあり、余計に癌再発とか、悪いことを考えてしまいます。
仕事面も社長と自分自身で何とか切り開くしかないとも分かっているつもりです。癌再発も考えても仕方がないとは分かってますが、自分自身の気持ちをコントロールする事が難しい時が多々あります。
先週に行った医者で安定剤をもらい夜は服用して眠りに着いてます。
何か良きアドバイス的な事や経験的なお話を頂けるのなら幸いです。
宜しくおねがいします。

癌の再発恐怖・不安感との付き合いをどうしていけば上手く自分自身の気持ちをコントロールできますか?現在47才の男性です。9年前に37歳で胃癌でステージⅢAと診断をされ2/3を切除してその後は抗がん剤のTS-1とレンチナンを1年間服用しました。予後は全く問題点も無く順調に回復して復帰しました。
5年間は定期に検診を行い癌再発は問題無しとの主治医の判断です。
その後も当初の総合病院から独立開業した医院で観察してもらってます。
術後3年~4年目も凄く恐怖感に襲われた時期が合ったが何...続きを読む

Aベストアンサー

癌の治療の目安は一応は5年と言われています、5年生存率です、貴殿の場合は胃がんで手術をしてからもう約10年(正式には9年かも)が経過しているのだから胃癌は問題なしと解釈して良いと思いますよ。実は私も肺癌の患者で昨年の5月に手術をしました、幸いに転移はなく今UFT(抗がん剤)を飲んでいます。特に胃の場合は精神的な問題が原因の場合も有ると聞いていますのでくよくよしない様にしましょう。

Q癌家族との接し方

配偶者さんが癌になられた方のご意見が聞きたいです。
私47歳男性です。9年前に胃がんになりステージⅢになり、胃を2/3切除しました。
その後はとても順調に経過して問題はないです。
わたくしの妻ですが、発症時からショックがありました。
入院中は毎日看病等は完璧にしてくれました。
退院後からは、病気に対して受け入れることが難しい時が多々あります。
検査時にはかなり落ち込みますし、5年間の経過観察中も再発防止等の勉強会やセミナー・
その他書物は一切参加せずです。わたしも妻の気持ちを汲んで1人で行ってました。
1度だけ一緒に行って欲しいと言いましたが、拒まれました。昨年にそのことを聞いてみたら
自分本人でも良く分からないが行きたくないからと・・・
配偶者や家族は第二の癌患者ともわかってます。
昨夜も出来事ですが、昨年の定期健診で喉にポリープ見つかり、その後再検査ではなくなってました。しかし、再度検査を受ける必要があると。
この件は妻にも伝えて知ってます。先週に再度検査採決をして結果は問題無し。でも主治医はカメラで再度確認をするとなり今週末の土曜日の予約を入れました。この再々検査を妻に事後報告が問題で・・・事前に言えば落ち込みもあるので、なかなか言い出せず、後報告でも落ち込み・・・
私が癌になってしまったのが原因なのです。その事も何度かあやまりました。
気持の起伏が激しく、マイナスとポジテブ時が・・・
極力病気の事は話題にせずにいますが、胃切除者の症状が出ると顔が曇ります。
下痢や低血糖などなど。妻本人も理解をしてますが、時に受け入れられない時があります。
配偶者さまで癌をした当時者と接し方等の経験的なことやアドバイスがもらえたら幸いです。
妻ともこれからも仲良く過ごしたいですし、癌になった事は消すことはできません。
前向きなご意見が頂きたいです。
文章が分かりずらく申訳在りません。

配偶者さんが癌になられた方のご意見が聞きたいです。
私47歳男性です。9年前に胃がんになりステージⅢになり、胃を2/3切除しました。
その後はとても順調に経過して問題はないです。
わたくしの妻ですが、発症時からショックがありました。
入院中は毎日看病等は完璧にしてくれました。
退院後からは、病気に対して受け入れることが難しい時が多々あります。
検査時にはかなり落ち込みますし、5年間の経過観察中も再発防止等の勉強会やセミナー・
その他書物は一切参加せずです。わたしも妻の気持ち...続きを読む

Aベストアンサー

私は主人を胃癌で亡くしました。52歳でした。発見された時にはステージⅣでした。半年しか看病はしていないのですが、奥さんの気持ちも分からないでもないです。あなたは今、癌を克服したというか、安定している方なのですよね?
多分奥さんはあなたが癌になった時、相当不安だったと思います。
少しは安心した所へまた不安が…というのは辛いと思います。でも、本人であるあなたももっと辛いはず。なのに、奥さんに気を遣いすぎなような気がします。
私は主人に気を遣われたり、謝られたりした時、すごく辛かったです。主人の方が辛いし苦しいし、悲しいし…なのにそんな主人に謝らせてしまった事が申し訳ないと思いました。
表情が曇るのも、苦しんでる時に何もしてやれないのがあるんじゃないかな…セミナーに行かないのはちょっと分かりませんが、受け入れる事が出来ないのかもしれません。
でもあなたが気を遣ってるのも辛いかもしれないですね。
お互いの気分転換のためにも、もしあなたが体調がよい時があったらちょっと旅行でもしてきては…?

Qお金がないんですが癌になってしまいました。内容によって入院抗がん剤治療になりますと言われてしまい、お

お金がないんですが癌になってしまいました。内容によって入院抗がん剤治療になりますと言われてしまい、お金や死にたくないなど毎日どうしたら良いか考えて悩んでいます。治療など出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

血液の癌ですか、白血病ですね、大変ですね、この癌は手術ではなく抗がん剤の治療になります、治療のお金が無いとの事ですが、当然健康保険には入っていますよね、そうであれば高額医療費の申請をして下さい、申請は国民健康保険の場合は御住いの市役所にて申請出来ます、会社の健康保険の場合は会社に申請になります、高額医療費は毎月1日~月末までが対象になり一つ病院に限ります。他の方の回答に有る医療費が1年間で10万円をオーバーした場合は確定申告にて医療費の還付が受けられます、高額医療費とは別です。尚高額医療費は入院して治療を受ける際に差額ベット代とか食事代は医療費ではないので適用外です、あくまでも医療費です、生活保護を受けるとの回答も有りましたが生活保護の審査は結構厳しいですよ、先ず、貯金が0である、親兄弟が彼氏の生活の面倒を見る事が出来ない等役所とのやりとりがありますからね。

Q乳癌で、手術をするか否かについての選択。 2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移あり

乳癌で、手術をするか否かについての選択。

2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移ありの診断を受けました。her2陽性、ホルモン陰性です。

1年間の抗がん剤と分子標的薬投与の結果、petCT上、肝転移とリンパ節の転移が消失しました。現在、原発巣である乳癌のみ残存しています。(1.8センチ程度)

担当医より、原発巣である乳癌を取るか否かについての説明がありました。
ステージⅣであったため、原発巣をとることが完治したわけではないとのことです。しかし、再度再燃した時に、花咲き乳癌や乳癌からの出血などのリスクを考えると、今取っておくのも悪くはないそうです。そして、摘出するのであればサイズが小さい今が取りどきでもあると話がありました。また、リンパ節カクセイすることで腕のむくみが改善できるかもしれないともいわれました。(片腕が現在かなり浮腫んでいます。)


主治医からも、何が正しい選択なのかははっきりと言えないとのことを言われます。
他、原発乳癌を摘出することでのメリット、デメリットはあるでしょうか?
決めきれずに悩んでおります。

以上は母の話になります。ご意見ありましたら何なりとお願いいたします。

乳癌で、手術をするか否かについての選択。

2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移ありの診断を受けました。her2陽性、ホルモン陰性です。

1年間の抗がん剤と分子標的薬投与の結果、petCT上、肝転移とリンパ節の転移が消失しました。現在、原発巣である乳癌のみ残存しています。(1.8センチ程度)

担当医より、原発巣である乳癌を取るか否かについての説明がありました。
ステージⅣであったため、原発巣をとることが完治したわけではないとのことです。しかし、再度再燃した時に、花咲き乳癌や乳癌...続きを読む

Aベストアンサー

年齢が若いので
他の場所へ転移したら
手術ができなくなります
また
結果的にも手術をしなかった方が良かったとは
なりません
したがって
言い方は悪いですが
チャンスに掛けます
早い機会に手術に踏み切るのが
正解と思われます

Q食道癌と診断され、 内視鏡的切除術後の 2ヶ月後、 確認内視鏡検査にて再度食道癌が見つかる。 2回目

食道癌と診断され、
内視鏡的切除術後の
2ヶ月後、
確認内視鏡検査にて再度食道癌が見つかる。
2回目の内視鏡的切除術を行い、
2回目の確認内視鏡検査。
今回は問題なし。
今回は問題なかったが、
まだら食道の為、いつ癌になるか分からない状態。
内視鏡検査は、どれ位の間隔でしていけばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

普通は1年に一度検査をすれば良いのですが貴殿の場合は前回の検査で問題が有ったのですよね。その場合は3ケ月後とか半年後に検査を行えば良いと思いますが、詳しくはやはり主治医に聞くのが一番ですね。

Q義父(79歳)に肺ガンが見つかりました。 腫瘍は11、5センチ転移はなしだそうです。 医師は取った細

義父(79歳)に肺ガンが見つかりました。
腫瘍は11、5センチ転移はなしだそうです。
医師は取った細胞を調べ今後の治療(抗がん剤、治療放射線など)を決めると仰っていました。
腫瘍が大きいため手術は出来ないそうです。
完治はしないと分かっていますが、治療をして
余命はどの位なんでしょうか?
高齢なので心配です。

Aベストアンサー

肺がんですか、私も70歳ですが昨年の春の肺がんが見つかり手術をして右上葉を切除しました。11.5cmとの大きさなら抗がん剤+放射線の治療が標準になります、転移が無いのであれば医師が言う治療で癌細胞が小さくなれば手術が出来るかもね?当然年齢とか肺機能とか心臓とかの検査をして問題がない場合ですがね、もし先進医療が付いた医療保険に加入していれば陽電子治療とかも有りますが、この治療機器が導入されている病院が未だ少ないです。今細胞を採取して癌の種類(非細胞がんとか小細胞がんとか)ステージはどの位だとかを判断しているのだと思いますよ。肺がんは骨、脳、副腎等に転移しやすいのですが幸いにして転移がないのであればまだまだ治療の方法は有りますよ。

Q肺移植 胃ガンが見つかったのですが肺の機能悪く手術できないと言われました。 肺の移植をすれば手術が可

肺移植
胃ガンが見つかったのですが肺の機能悪く手術できないと言われました。
肺の移植をすれば手術が可能になったりはしないのでしょうか?

Aベストアンサー

臓器の移植は、いうほど簡単なことじゃないです。ほとんど移植者は1年以内にお亡くなりになっている事実。また、運よく移植を受けられても、拒否反応を起こさないように、体の抵抗免疫力なくし、エイズ(HIV)患者のようになり、無菌室で暮らすことに。免疫がないので、ガン性潰瘍は一気に肥大していきます。

肺の機能が悪い = 心臓も弱り切っている、です。

Q高齢者の癌、膵臓、抗がん剤治療、ターミナル、転移性、腰推腫瘍について

詳しい方や身内に同じような病気になった方、どんなお話でも構いません。

質問させてください
皆さんの経験やいろんなお話を聞かせてください。


本題に入ります。

重いものもって腰にヒビが入ったんだろうと診断され腰痛を訴えていた祖母の話です。
高齢で手術ができないとのことだったので、大事をとって入院ということになり。

色々な検査をしたところ「転移性腰推腫瘍」だろうと診断されました。

まだ転移元?は判明してないようで、ただ膵臓の数値が高いことは前から気にしてはいたようで。
これから分かることですから、憶測ではありますが膵臓からの転移かなと家族と話しておりました。

現在入院しておりますが、食欲がなく食べてもすぐ吐いてしまっている状況で元々痩せていた(38㌔ほど)祖母が今、そこから5㌔も体重が減っているのが現状です。

手術はヒビが入っていた時点で厳しいとのことだったので、腫瘍を取り除く手術などはできないのかなと個人的には思っています。

その場合、放射線治療であったり抗がん剤治療などがあることもネットで調べてわかりました。
高齢である以上この治療も本人はきついのだろうか、などとも考えました。

今、私は祖母の近くにおらず、電話で様子を聞いてる状況です。私を一番に可愛がってくれた祖母のために何かをしてあげたい、していないと落ち着かないのです。

祖母の歳ははっきりにはわかりません。
いつでも女性でいて歳の話は祖母の前ではタブーでしたので、、きっと84歳くらいだとは思います。

長くなりましたが、
ここまで読んでいただいてありがとうございます。

まとめますと
上のことを読んで、

(1)親族などで似たような経験がある方、差し支えなければお話を聞きたいです。

(2)もし、この病気に詳しい方いらっしゃれば些細なことでも結構です、教えてください。

(3)高齢者での癌治療(手術、放射線治療、抗がん剤治療、他)のリスクなど経験からのお話を聞きたいです。

(4)高齢で手術を行って術後回復したなのど希望的なお話もあれば教えてください。

厳しい話や、現実的なお話でも構いません。
質問した以上聞く覚悟は出来ています。
宜しくお願い致します。

親は、これ以上きつい思いはさせたくないと、先生に後は任せると言っていました。
先生にもさまざまいるでしょうし、先生も十人十色、任せる、それでいいのか?と疑問も現在浮かんでいるところです…

詳しい方や身内に同じような病気になった方、どんなお話でも構いません。

質問させてください
皆さんの経験やいろんなお話を聞かせてください。


本題に入ります。

重いものもって腰にヒビが入ったんだろうと診断され腰痛を訴えていた祖母の話です。
高齢で手術ができないとのことだったので、大事をとって入院ということになり。

色々な検査をしたところ「転移性腰推腫瘍」だろうと診断されました。

まだ転移元?は判明してないようで、ただ膵臓の数値が高いことは前から気にしてはいたようで...続きを読む

Aベストアンサー

医療側の一般的な考え方をお伝えします。(感情はヌキで、シーケンシャルですが)
転移性腫瘍が発見された場合、通常は原発巣(元のがん。複数ある場合もあり)とその他の
転移(脳、肺、リンパ節など)を確認します。
原発巣の種類(肺癌、すい臓がんなど)や患者さんの全身状態(転移の有無、年齢、持病、社会的立場)から
治療方法を決めます。(治療しないばあいもあり。)
根治(治癒を目指す)、あるいは姑息(一時しのぎの意味、卑怯やズルイではない)のどちらの方法をとるか選択。
がんの種類によって放射線治療や抗がん剤がよく効くもの、まったく効かないもの、手術しか治癒が望めないもの
など様々で、手術、放射線治療、化学療法のどれを選択するか(複合させる場合がほとんど)。
現在の状況から手術や放射線治療、化学療法が可能であるか判断。となります。
ここからは質問文からの想像になりますが、80歳前後で転移による骨の骨折があり、
食欲がなく、体重減少傾向。原発巣の状況にもよりますが、治癒は難しいのではないかという印象です。
ご両親のきつい思いをさせたくないというお気持ちも想像がつきます。
これまで元気にされていたのかもしれませんが、80歳くらいの方が骨折や病気で動けなくなると
一気に体力が衰えてしまいます。

病気の状態については完全に私の想像ですが、何かしたい、もっといい治療があるのではないか
という気持ちもよくわかります。
テレビで紹介されるような凄腕医師や治療施設はごくわずかです。
それ以外のほとんどの医師の治療が間違っているわけでもありません。

回復されればいいのですが、回復が見込めない場合は、検査がひと段落したら面会されることを
おすすめします。(離れて暮らしていることからも)
状態が悪くなり、鎮静剤を使い始めるとぼやっとした状態(朦朧)になり、会話も困難になることが多くなります。
放射線治療や、化学療法後もしんどいことが多いので、放射線治療や化学療法のお休みの期間など、
患者さんにできるだけ負担の少ない時期を選べればいいんですが。

医療側の一般的な考え方をお伝えします。(感情はヌキで、シーケンシャルですが)
転移性腫瘍が発見された場合、通常は原発巣(元のがん。複数ある場合もあり)とその他の
転移(脳、肺、リンパ節など)を確認します。
原発巣の種類(肺癌、すい臓がんなど)や患者さんの全身状態(転移の有無、年齢、持病、社会的立場)から
治療方法を決めます。(治療しないばあいもあり。)
根治(治癒を目指す)、あるいは姑息(一時しのぎの意味、卑怯やズルイではない)のどちらの方法をとるか選択。
がんの種類によって放...続きを読む

Q胃ガン

親に悪性の胃ガンが見つかったのですが、肺の機能が悪く手術できないと言われました。
どうにかして胃ガンを取り除く方々はないでしょうか?

Aベストアンサー

胃がんの腫瘍を取り除いても、

肺が悪いのでは、どうしようもありません。

私も、スキルス性悪性胃癌になりましたが、

10時間の手術だけで完治しました。

抗がん剤は一度も使いませんでした。

術後12年になります。

毎年、胃カメラを呑んでますが異常無しです。

肺が悪いのでは、胃癌の手術中に、死亡する場合もありますから

医師もリスクは背負いたくないでしょうから、

手術には臨まないと思います。

残念ですが、、、。

Qがんの再発防止でできること

半年前、前立腺のがんの診断を受け、腹腔鏡手術の治療を受けました。
医師からはきれいに腫瘍を取り除いたと言われて安心していましたが、その後の経過観察で腫瘍マーカーPSAの数値が急上昇することもあり、再発や取り残しがあったのではないかと心配しています。
医師からはあまり考えすぎないよう忠告されるのですが、気が気ではありません。何か再発予防やPSAの値を下げるためにできることや有用なサプリメントはありますでしょうか。
まだまだ楽しく生きたいのでなんでも結構ですので教えてください。

Aベストアンサー

私も同じように術後の経過観察で腫瘍マーカーの値にとても敏感でした。
私は胃がんでしたが、治療がひと段落終えた後はアントロキノノールというサプリメントを毎日飲んでCEAの値を気にしながら経過観察をしていました。
おおよそ5以下をキープしていましたが、それでも10を超えるときもあり、そのときは不安になりましたが、実際に再発することはなく2年半が経過し、アントロキノノールを服用することをやめました。アントロキノノールの効果がどの程度あるかは分からなないですが、体感としては体調が良好だったという意味ではあったのだと思います。
一度試しに飲んでみて、マーカーの平均値が徐々に下がるようであれば継続してみてもいいかもしれません。


人気Q&Aランキング