最新閲覧日:

コネの無い者が政治家になるにはどのような手段がありますか?
さまざまな手段があると思いますが、もっとも効率的な方法を
ご存知でしたら、理由をつけて一言コメントいただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

政治家になって何をしたいにかが問題だと思うのですが。


名誉欲・金欲のためなら、既存の党にどうぞ。自民党・民主党で募集していますので、両方に応募してみてはいかがでしょうか。主義主張はどっこいどっこいなので、どっちに入党しても良いでしょうし。維新の会でも募集してましたが、右傾向が若干強めです。
日本では、昔から、ジバン(地盤)、カンバン(看板)、カバン(鞄)といわれるぐらい、コネが強いので、どうしても政治家になりたいなら既存の政党に入党することがスタートだと思います。秘書になり椅子を譲って貰って代議士になるパターンです。

ただ、既存の政党に入ってしまうと、党議拘束のままYes/Noをいうだけのものですが…。

>「政治家になるべき人」(以下、なるべき人)とは
>●子供たちの通学路のどぶ板が割れていたら
>●夜道に街路灯が切れているのを見たら
>こういった身近な出来事に出会ったときに「私がなんとかしなければ」と思う人です
>やることは市役所等に連絡し管理者を探して修理を依頼する。ただそれだけです

こんなことをやるために高い給料を払っているわけではありませんよ。そんなことは、住民が直接市・町に連絡すれば住むことです。市・県会議員は本来は行政・財政チェック・予算の組み方等が本来の仕事です。
現在の市・県会議員の仕事は年間30日程議会にでてあとは会合という宴会みたいな会にでること。将来的には市・県会議員はボランティアでやる方向にくるといいなと思っています。
    • good
    • 26

 コネてみる事ではないでしょうか。

パンでも、そばでも、うどんでも、パイでも、コネてみる事ではないでしょうか。
    • good
    • 14

私の周りでもコネがなくて、政治家になった人はたくさんいます。


と言うか、最初からコネのある人の方が少ないと思います。

方法として
1.議員秘書になる
2.選挙など政治関連のボランティア活動をする
3.議員が主催しているタウンミーティングなどに参加する
4.学生などを対象としている議員事務所体験などに参加する
5.政治塾(松下政経塾、小沢一郎塾など)に入る
6.候補者公募に応募する

各議員や政党のホームページなどをみれば、上記のことはたくさん出ています。上記の方法などで議員とつながりを作り、立候補したいとの意思を伝え、認めてもらえれば、今は普通の人でも政治家に十分なることができる可能性が高いと思います。私の知る限り、民主党などは地方議会で候補者探しにいつも苦労している様で、十分チャンスがあると思います。
    • good
    • 8

≫コネの無い者が政治家になるには?


No.9の方が正しいと思います

●結論
「政治家になるべき人」になることです
一般的な地域社会から選出される議員について話ます

「政治家になるべき人」は、純粋な気持ちで地道な地域活動に積極的に参加して
「近隣の方々から、あの人は地域活動に熱心だね」などの確固たる評判を得ていることが最低条件です
近代の日本では町会・自治会など地域活動が国家形成の細胞となっています
その細胞単位ですら人柄が不明な方ではどんな政治の場所でも役に立ちません
「政治家になるべき人」は、地域がよくなってほしいという健全な気持ちが備わっています
こういう人はコネが無くても政治家になれます。

≪ここからは読みたい人だけ読んでください≫

「政治家になるべき人」(以下、なるべき人)とは
●子供たちの通学路のどぶ板が割れていたら
●夜道に街路灯が切れているのを見たら
こういった身近な出来事に出会ったときに「私がなんとかしなければ」と思う人です
やることは市役所等に連絡し管理者を探して修理を依頼する。ただそれだけです
多少のたらい回しはあっても根気良く解決まで自分で確認する人は、政治家の資質を持っていると言えます
「子供たちが怪我しないか心配だ」「暗い夜道で犯罪が起こったら大変だ」
と思った瞬間に、心から心配し解決する人は「なるべき人」です

●「政治家になりたい人」にならないように
・他の職業でうまくいかなかったから
・同級生の中でぱっとした人生ではなかったので出世した仲間に追いつきたいため
・独善的にこの国を変えるのは俺だ、平成の坂本龍馬だなどと思っている
・新聞などのマスコミ報道を受け売りして「今の政府はなってない、俺ならこうする」などと言っている人
・周辺にその人を知っている人が少ない
・勝てそうだから出る人(高学歴で弁護士資格を持っていて、党が立候補を応援等)
こういった方はダメとは言いませんが、「なるべき人」の資質を持っていることが前提です
政治家は強い信念も大切ですが、周囲に押されて「本当に私でよいのか」と苦悩することが肝要です

●政治と金(政治資金とは政治家本人の財布とは全く別です)
政治にお金は欠かせないと言う話は沢山聞きますが、具体的にどういうことなのかわからないで政治家を目指してはいけません
「なるべき人」はお金の事を任せて安心な側近(=ゆえに身内が多くなる)を持ち、政治資金を下記のような基準で管理できる事が必須条件です。どんぶり勘定は絶対ダメです
(1)収入
・寄附
この人なら信頼できると思う方々から頂戴するものです。「なるべき人」としてしっかり活動すれば通常自腹を切ることはありません。躊躇せず、自分の政策を披露し、各々に見合った活動資金を依頼すべきです。(計画性の無い)借金までして政治活動をする人は「なるべき人」ではありません。寄附を1000円でもしてくれた方は、自分以外の方々にも宣伝してくれたり必ず応援してくれます。寄附して落ちたらモッタイナイという感性も良い意味で作用します。政党助成金も同じ寄附収入で計上されます

・行事収入
バス旅行、著名人による講演会、ゴルフ会など政治家の様々な行事を聞いた事があると思います。こういった会費を伴った行事は得られた収益を政治
活動に使うことができます。最も有名なのが1000万円以上の収入が見込める場合に指定される政治資金パーティです

(2)支出
・事務所経費(家賃、光熱通信費、事務員給与、ボランティア食事、車輌、交通費など)
・政治活動費(ポスター、チラシの作成、郵送料、宣伝カー、会合会場費、お茶代など)
・その他、志を同じにする政治家の活動に寄附をする場合もあります

支出例:住所をいただいた支援者が5万人(有権者は50万人)の政治家が年2回広報誌を支援者に郵送する場合
(30円(広報誌印刷)+50円(最大割引郵送料))×50,000部×年2回=800万円
これだけで800万円かかります。そして読まずにゴミ箱行きが沢山あり
そういう人々から「当選してから挨拶無いけど何してんのか全然わからない」など
クレームをいただく理不尽さに耐える精神も大切です(笑)
ちなみに封入作業などはボランティアで延べ200人となります

※外形上、政治活動資金は神社仏閣の寄進、お布施などと同種です。「少しでも幸せな人生になりますように」と精神的に祈願するのが宗教ならば、「現在と将来が少しでも良くなるように」願い、具体的な行動をするのが政治です

(3)政治家のふところ
政治家は当選して議員になれば高額な報酬を得られますが、落選したり、議員を目指している時は政治家としての収入はゼロです。
よく政治資金の話が誤解されていますが、寄附等を原資とする政治資金から議員(になろうとする人)に報酬が払われることはありません
すべて政治活動に使うべきものとなっていて収支報告で確認できます。
あるときは収入が途絶える事も覚悟の上で、人々のために人生を賭す事ができる人は早々いるものではありませんが、そういう人でなければ託せ無いのが政治でもあります

以上の事を理解し地道に実践していこうと思えればコネが無くても必ず政治家になれます。
20台の方なら思った日から3年~10年で政治家になるチャンスが自ずと回ってきます
既に地域などでお役職をお持ちの方なら、この精神さえ持っていれば即政治家デビューも
問題ありません。


●本題ではありませんが
有権者は日常から身近な事に関心を持ち「なるべき人」を選ぶことが正しい政治参加です
ここをサボって、マスコミの情報で「この党はだめだ」「一度この党にやらせてみよう」
などという感覚で投票行動に及べば、どんな国でも良い国にはならないと思います。
最寄の駅で朝から自分の名前のノボリを掲げ車の上に立って「この地域、国を良くします!」
と大声をあげている人は「おかしい人」か「本当にこの地域の事を考えている人」かに
はっきり分かれます
そのどちらかなのかを確認する作業は次世代のために
有権者一人一人がしなければならない義務です

●最後に
私は地域社会とPTAで役員をやっていますが
政治家ではありません。またなろうとも思っていません
政党支部の会計責任者を長年やっている立場から、
このような信念にたどりついたので、この質問を機会に自分の考えをまとめてみました
この時代に生きているものとして、次世代にちゃんと渡せる国にしとかないと
私たちの時代に日本はおかしくなったと子孫に言われてしまうと危惧しているのです
国を良くする責任は政治家のみにあるのではなく
日本人一人一人にもあることを忘れてはいけません
    • good
    • 14

政治家の定義 = 政治に携わる者


よく政治に携わりそれにより収入を得ているものを考える人がいるが、
収入を得ていなくても本人が政治活動を行っていれば当然政治家である。

私はよく街頭演説をしていますので、政治家でしょう。
しかし、それによって収入を得ているわけではありません。

効率的に街頭演説をするには「のぼり旗」を利用するとよいでしょう。
通り過ぎる人は街頭演説の内容をすべて聞く時間がありません。
通り過ぎるときにその人の名前や主義主張を興味がある人は覚えてくれます。

ところで政治信念とかありますか?
それ以外に自分の考えを持っていますか?

例えば外国人参政権について賛成ですか?反対ですか?
子ども手当てに賛成ですか?反対ですか?
日米同盟に賛成ですか?反対ですか?
それはどうしてですか?
政治の受け手は大衆です。
大衆はあなたがどんな考えを持っているかを知りたがっています。

どうやったら選挙に勝てますか?
もし、あなたの質問がそうだとしたら、
誰もあなたにその答えを教えてくれないでしょう。
それはあなたにコネ=指導者がいないからです。

選挙に勝つ方法を教えてくださいというようなことは
お金と権力が落ちているところを教えてくださいと聞くようなものです。
知っている人は教えてくれません。
知らない人はいろいろなことをいいます。

質問を読み替えますと
権力を手に入れるにはさまざまな手段があると思いますが、もっとも効率的な方法を
ご存知でしたら、理由をつけて一言コメントいただけないでしょうか?
とも読めそうです。

それは自動車メーカーに燃費のいいエンジンを開発しているそうですが、
どうやって作るのか部外者ですが教えてください。
私も同じエンジンを作って稼ぎたいのです。
と聞くようなものです。

政治の現場を見てみたい場合はインターン生を募集している議員の所に電話をかけて、
あなたの希望を説明してみてはいかがでしょうか?
インターネットで探せば出てくるでしょう。
多少の下積みをしながら、その方とよく話してみるのがいいのではないですか?

私の事務所の事務員は何人も国会議員の秘書になったり、
選挙に立候補して当選しています。
落選ばかりしている人もいますが。

優秀なすし職人になるのには5年ぐらいかかります。
効率よくやっていても5年ぐらいかかります。
きっかけ作りは大切ですから、
現在すでに政治活動を行っている人に
ビラのポスティングを無料でやりたいなどと申し出てはいかがでしょうか?
ビラのポスティング一つでも、
マンションの管理人が急に出てきて怒鳴られたりしながら、
何をやっていいのか、
何をやってはいけないのか、
少しずつわかってくると思います。

政治活動をするには普通都道府県などの選挙管理委員会に政治団体の登録の手続きをして、
会計報告を毎年しなくてはなりません。
一度、お近くの選挙管理委員会で相談してはいかがでしょうか?

私は街頭演説をしているときに政党関係者から、
○○党でやってみませんかと声をかけてもらったりします。
効率的な方法を求めているようですから、
政治活動をとりあえず始めて、
そういったスカウトに応じてはいかがでしょうか?
それでも1、2年ぐらいはかかるのではないでしょうか?

もし、あなた自身に実力があれば、
○○党などに依存しなくて大丈夫ですよ。
自分の考えを素直に街頭で演説しているば、
あなたのことをだれかが応援し始めてくれます。
政治家を育てたい大衆が
やる気のあるあなたのことを見捨てるわけがありません。
もし、あなたに実力がなければ、
やっぱり相手にされないでしょう。

人生にはさなぎの時代が必要です。
よく勉強して、自分の意見を街頭で演説して反応を確認してみてはいかがですか?
    • good
    • 1

松下政経塾とかその手の政治家養成機関はいくつかあるみたいですね。


そういうところに入る。そうすると政治家になりやすいし、自動的にコネも手に入りますね。
    • good
    • 10

政治家といっても地方議会ならば、以下の方法でできるのではないでしょうか。



0.近所づきあいをしっかりする。(必要最小限、できなければ不可)
1.地元での清掃活動などをしっかりと行う。
2.地元のスポーツサークルに加入し役付き活動する。
3.地元の役員などを経験する。
4.地元の推薦を受けて市議会に立候補する。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございました。
とても、参考になりました。

お礼日時:2001/07/04 15:02

 「みこしに乗る人かつぐ人、そのまたわらじを作る人」とという言葉を聞いたことはありませんか?


 世の中に影響力を与えて変えるのが政治(本当は「世の中を良くするため」といいたいけどあえてこう書きます)。いわゆる「議員」にならなくても、「世の中をこうしたい」という気持ちさえあれば、政治参加の方法はいくらでもあるはず。
 一番の基本は自分の考えに近い候補に選挙で投票すること。候補を応援したければ選挙事務所でバイトやボランティアをする手もあります。
 あなたの「志」は何ですか?政治家でないとできないものですか。例えば「国を守りたい」なら自衛隊に入ったほうがいいのでは。「教育を変えたい」と思うなら先生になった方がいいと思いますよ。この国に今必要なのは、現場で体を張って仕事をする人です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございました。
とても、参考になりました。

お礼日時:2001/07/04 15:03

政治は世の中をよりよくする手段です。



あなたが、どういう世の中がよりよいものとお考えか存じませんが、同じように考えているであろう人たちを見つけ、その中に入って一生懸命活動してください。

その活動が認められれば、立候補者なり議員なりになる機会があるかもしれません。しかし、そのときにも、議員になることは世の中をよくするための手段であって、目的ではないことをお忘れなく。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございました。
とても、参考になりました。

お礼日時:2001/07/04 15:03

もっとも早いのは、HP上で気に入った政党に所属し、学習、活動に参加することだと思います。



一般には、社会人しながら、こういった活動に参加して、党の公認などもらえます。まあ、選挙学校といったとこでしょう。

やることはたくさんあるので、努力してみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございました。
とても、参考になりました。

お礼日時:2001/07/04 15:03

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ