3日ぐらい前から右目瞼の上に虫刺されの様な腫れができます。少し痒いぐらいで、痛みはありません。水で冷やしたり洗ったりしたら次の日にはほとんど治ってました。でも毎日そういう腫れが1日で起きて、1日で治ります。何かのアレルギーなのでしょうか?
乱文失礼しました。回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

花粉症の可能性が大です。



眼科で専用の目薬と(目の中に入っても大丈夫な)軟膏剤を処方してくれます。
2~3日で治りますよ。
    • good
    • 0

可能性ありますね


何度もやっていると反対に抵抗力ついてもっとひどくなるかも
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蕁麻疹の痒みをひまし油塗ったら痒み治りますか?

蕁麻疹の痒みをひまし油塗ったら痒み治りますか?

Aベストアンサー

そもそもアレルギー反応のせいなのか原因はわかりませんが、蕁麻疹の痒みはかなりきついですよね。私は25年間悩まされてきました。

ステロイド内服するのも極力どうしても我慢できない時だけに抑えてください。

できれば飲み薬ではなく塗り薬の、軟膏が良いですが、弱めの物を薄めに塗ってください。
厚めに塗っても効果が高くなるより、副作用の方が大きくなってしまいます。

また蕁麻疹は暖かくなるとかゆみが増すので、なるべく患部を、よくある冷凍した保冷剤で冷やすとかなり楽になりますよ。

かゆみと付き合うのは大変だと思いますが頑張ってくださいね。

Q3日前にぎっくり腰になり整形外科いきました。炎症があるのでシップで冷や

3日前にぎっくり腰になり整形外科いきました。炎症があるのでシップで冷やして安静にするよう言われていました。
今日、整体院でマッサージをしてもらったところぎっくり腰は温めた方が良いと言われました。
どちらが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

整体、カイロプラクティックは公的資格の一切無い無資格者です。彼の理論や説明は医学的根拠に乏しく、時には営業本位のものも見受けられます。治療に関しての説明は聞き流した方がよろしいでしょう。


一般的には冷シップ、温シップとありますが、これは冷感シップ、温感シップの略です。冷感、温感と “感” の文字がつくことからもわかるように、実際には冷やしたり、温めたりしているわけではありません。冷たく “感じる” 、温かく “感じる” という意味です。シップとはお薬で炎症抑えるものです。たとえばバンテリンは、インドメタシンという薬剤で炎症抑えるのを目的にしています。

では実際に冷やしたり、温めたりする物は何か?と言う話です。冷やすものでいったら氷(氷嚢)や流水です。温めるものはお風呂やホットパックなどです。

コップの水にシップを貼って、水が冷えますか?
アイシングは冷えますが、シップは冷えません。

基本的には温シップは必要ないです。急性でも慢性でも冷シップがあれば十分です。ちなみに冷シップで、関節の動きが悪くなるなんて情報がありますが嘘です。インターネットの世界は嘘が多いですね。


一般的に炎症が強い時は(痛みが強い時は)温めると悪化します。以下のケースには注意しましょう。

・何かきっかけがあって傷めてすぐ
・いつもと種類の違う痛み
・いつもよりも激しく痛む
・ジンジン痛い

などのときは炎症が強く起こっています。これは体の中で起こっているのでピンとこないのでしょうが、早い話し捻挫や打ち身と同じです。捻挫をしてジンジン腫れて痛むときに温めるでしょうか?温めると逆効果になります。眼に見えるか見えないかの違いであって、起こっていることは同じことです。


急性期はマッサージも注意が必要ですが、もまれて痛くなっていないですか?一刻も早く治したいなら、鍼治療がお勧めです。一回の治療でかなり良くなると思います。


お大事にされてください。

整体、カイロプラクティックは公的資格の一切無い無資格者です。彼の理論や説明は医学的根拠に乏しく、時には営業本位のものも見受けられます。治療に関しての説明は聞き流した方がよろしいでしょう。


一般的には冷シップ、温シップとありますが、これは冷感シップ、温感シップの略です。冷感、温感と “感” の文字がつくことからもわかるように、実際には冷やしたり、温めたりしているわけではありません。冷たく “感じる” 、温かく “感じる” という意味です。シップとはお薬で炎症抑えるものです。たとえ...続きを読む

Q眼の周りの痒みと腫れがなかなか直りません

今晩は。昨年の11月頃から左眼目頭下に痒みがあり、あまり気にも留めずたまにかいていました。すると目頭が少し切れて周囲の皮膚が赤くなってきた為、皮膚科を受診し、塗り薬(プロペト、サンテゾーン0.05%眼軟膏)を処方され、朝晩塗っていました。4日程で症状はおさまり治りかけましたが、一週間程して痒みが酷くなり始め、次第に右眼の目尻の上部にも痒みがでて、皮膚が盛り上がり赤く腫れ、かさつきもありました。プロペトは塗っていましたが、サンテゾーンは痒みが酷いときに塗っていました。しかし症状は良くならないので、再度皮膚科に受診、薬を変えるとの事で、サンテゾーンからプレドニン眼軟膏になりました。コレを塗っても痒みが収まらない為(最初は収まるがまた痒みが出る)、今年1月に三度受診し、リンデロンA軟膏に変わりました。一緒に痒み止めでセチリジン塩酸塩錠10mg「イワキ」をもらい夜飲みました。プロペトは当初からずっと塗っています。リンデロンを塗ると痒みは数日で収まりますが、しばらくするとまた痒みが出ます。医師からは痒みがひどいときに塗るようにといわれました。それからは、両目のまぶたや目尻周辺、眼の下などに範囲が広がり、痒みが出たり収まったりの繰り返しで、皮膚が赤くなったり、盛り上がりやかさつきなども続いています。皮膚の赤みが酷いと殴られたよなアザのようになったりします。リンデロンはあまり長期にわたり使用しないほうがいいといわれたので、痒みが酷いときのみ塗っています。痒み止めもあまり効果が無かったので一週間ほどでやめました。最近はプロペトを主に塗っています。症状が出始めてからまもなく半年になります。無関係かも知れませんが途中2回ほど結膜炎になりました。このままの同じ病院で治療を続けてていてもいいのでしょうか?もしくは大きな病院を受診したほうがいいのでしょうか?長文になりましたがどうか宜しくお願いします。

今晩は。昨年の11月頃から左眼目頭下に痒みがあり、あまり気にも留めずたまにかいていました。すると目頭が少し切れて周囲の皮膚が赤くなってきた為、皮膚科を受診し、塗り薬(プロペト、サンテゾーン0.05%眼軟膏)を処方され、朝晩塗っていました。4日程で症状はおさまり治りかけましたが、一週間程して痒みが酷くなり始め、次第に右眼の目尻の上部にも痒みがでて、皮膚が盛り上がり赤く腫れ、かさつきもありました。プロペトは塗っていましたが、サンテゾーンは痒みが酷いときに塗っていました。しかし...続きを読む

Aベストアンサー

痒みや腫れをともなう湿疹の原因が分かれば無闇に薬を使わないほうが良いことがお分かりになります。

経験上、痒みがどれほど辛いことか、良くわかります。しかし、それを承知の上であえて言いますが、ステロイドを使っているといつまでも治らないし、かえって悪化することにもなりかねません。しかも目の周りは顔の中でもさらに皮膚の薄いところです。血管を収縮させる力の強いステロイドの影響は大きくなるでしょう。

半年かけても治癒に至らない治療を続けるべきではありません。その病院では治せない、ということです。症状が慢性化していますが、患者さん自らがこの治療はおかしい、と判断しないといけないでしょう。
また、同様な薬物治療をする病院でしたら、転院したところで余り意味はないと思います。

湿疹は排泄器官としての皮膚からそこに溜まった体にとっての毒を洗い流そうとしている姿です。皮膚から毒を排泄するときは大なり小なり赤くなったり腫れたり、痒みをともなった湿疹を作る必要があるのです。毒出しのために湿疹を作り、排泄すべき毒の量が減ってくるにつれて痒みが減り、赤い部分が小さくなったり、腫れが次第におさまってきます。分泌物も減り湿疹が次第に小さくなって、ついにはかさぶたになり最期に乾燥して屑がはげてきます。そうしてカサカサしたあと元の皮膚になっていきます。

皮膚から毒を排泄するため(生体の防衛反応です)にはどうしても体はみずからこういう湿疹を作って毒出し作業をしないといけないのです。

もうお分かりだと思いますが、ステロイドや抗ヒスタミン剤はこの毒を排泄しようとする体の自然の治癒反応(防衛反応)を血管を収縮しヒスタミンの放出を無理やり押さえ込もうとします。
すると症状が一時的に消失しても原因の毒が残ったままですから、薬が切れるとまた体は毒を出そうとしますね。
さらに、ステロイドは新鮮なうちは素晴らしい抗炎症作用を現しますが、長期に使っていると、コレステロール骨格をもったホルモンですので、次第に排泄が困難になり、コレステロールが溜まるのと同じように酸化して皮膚に沈着するようになります。今度は皮膚に沈着した酸化したステロイドが毒となって、体がそれをも排泄しようとして皮膚に炎症を起こそうとします。リバウンドというのはこの状態です。

湿疹の治療は基本的には毒が体から出るにまかせることです。体が許容できる毒の量になれば自然に治癒します。質問者さんの場合も、薬に頼らなければ、痒い痒い、といってる間にとっくに毒が排出され治っていた可能性があります。

どうしても病院やDrの力が必要なら、西洋医学だけでなく鍼や漢方薬などの東洋医学や他の代替医療にも力を入れ、脱ステロイドを手助けしてくれるDrを探してみることをお勧めします。

湿疹が出来やすくなる体質もあります。特に過食や甘いものの摂り過ぎ、あるいは運動不足はリンパ球を増やしていろんな抗原に敏感に反応しやすくしてしまいますので注意が必要です。

痒みや腫れをともなう湿疹の原因が分かれば無闇に薬を使わないほうが良いことがお分かりになります。

経験上、痒みがどれほど辛いことか、良くわかります。しかし、それを承知の上であえて言いますが、ステロイドを使っているといつまでも治らないし、かえって悪化することにもなりかねません。しかも目の周りは顔の中でもさらに皮膚の薄いところです。血管を収縮させる力の強いステロイドの影響は大きくなるでしょう。

半年かけても治癒に至らない治療を続けるべきではありません。その病院では治せない、...続きを読む

Q足の裏(特に踵)の痛み、痒み、腫れで悩んでます

3週間ほど前から足の裏・・・踵と足首が痛み始めました。同時に踵の周りと土踏まずが痒くなり、踵の角質がボロボロに。
お風呂に入って暖めようとすると、感覚が麻痺したように鈍いのです。
痛いのに麻痺してるというと矛盾してますが、お湯の温度が踵に伝わってこない感じなのです。指で押すと痛気持ち良いのですが、明らかに感覚が鈍ってます。
どことなく足が膨れているようにも思えました。炎症を起こしているみたいな・・・。(水虫ではないみたいです)
皮膚科に行き、角質をとる薬を処方してもらいましたが、痛みに効くと思われず使用していません。
自分で抗生物質入りの塗り薬を購入し、塗ったら、たいぶ症状が治まったので、このまま治るだろうと喜んでいたら、今日、再び痛みがぶり返しました。
別の病院で改めて診てもらおうと思うのですが、この場合、皮膚科、整形外科、外科、どこに行ったら良いのでしょうか。
とにかく、あまりの痛さで家事をするにも辛いです。
また、どのような病気の可能性があるかについても、教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

http://kakato-ashiura-itami.style-xyz.com/
検索したらこの様な物出ました
取りあえず「整形外科」の受診ですね。

Q皮膚の痒みを治したいのですが…

女性ですが、大陰部が痒くて困っています。もう16年くらい続いています。四六時中痒いわけではないのですが、たまに夜も痒みのあまり目が覚めてしまうほどです。当然、皮膚科で検査したのですが、「いんきんたむしとか、水虫、カンジダではなく、フォクスフォアダイス」という皮膚の痒みの病気だとおっしゃいました。そのお医者さんは本を見ながら「劇痒を感じ、治癒は極めて困難。」とおっしゃっていました。「治癒は極めて困難」ってことは治らないってこと?とも思います。実際、根源的に治る薬や方法はないそうで、軟膏や、ステロイドをかなり薄めた薬をくれますが、どれも一時的に痒みがひくだけです。無論それだけでもありがたいのですが…。
 命に関わる病気ではないのですが、やはりいろいろな面で困っています。皮膚科の専門医が「完治は困難。」と話しても、これを読んで下さってるどなたかが、「こういうことをして治った。」という経験や聞いた話をご存知ではないかと思い、質問します。
 なお、ご紹介していただいた治療法について、その方の言質をとったり、文句を言ったりはしません。ただ、結果の報告を聞きたい方には、かりに効かなかったとしたら、「私には合いませんでした。」程度ことはお知らせします。ですので、もしも結果報告を知りたい方は、治療法にプラスして、「結果教えてね。」程度のことを書いていただいたら結構です。
 どうぞよろしくお願いします。

女性ですが、大陰部が痒くて困っています。もう16年くらい続いています。四六時中痒いわけではないのですが、たまに夜も痒みのあまり目が覚めてしまうほどです。当然、皮膚科で検査したのですが、「いんきんたむしとか、水虫、カンジダではなく、フォクスフォアダイス」という皮膚の痒みの病気だとおっしゃいました。そのお医者さんは本を見ながら「劇痒を感じ、治癒は極めて困難。」とおっしゃっていました。「治癒は極めて困難」ってことは治らないってこと?とも思います。実際、根源的に治る薬や方法はないそ...続きを読む

Aベストアンサー

一応薬はある事はあるのですね.

 https://ds-pharma.jp/medical/product/doc/drenison_tap_tenpu.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報