A 回答 (9件)

ありますよ。


癌は若い人がなると進行スピードが早いので気がついた時には手遅れな場合が大いです。
心配なら早期に検査してくださいね。
    • good
    • 1

有り得ますので、検査しておきましょう。


定期的にね。
    • good
    • 2

がんの種類にもよりますが20代で末期の大腸がんは少ないですね、20代と限定すれば白血病が一番多いですね。


大腸がんが20代では100%無いと言う事ではなく数が少ないと言う事です。
    • good
    • 0

ありえないとまでは言いませんが、20代だと大腸に限らず、癌を患う人物自体が少ない気がします。



ちなみにこちらの周囲だと、今月60代の父親が大腸癌で大腸の一部を切除したばかりですが、現段階での医師診断では比較的初期で転移はなかったとの事。

大腸癌は早期発見で5年生存率80%と言われていますので、癌の中では致死率は低い方ですが、罹患者数も多いため、大腸癌で逝去する人物も結構な数、また肝臓に転移すると結構な致死率になります。
    • good
    • 0

若い時は体が元気で、


免疫力(抵抗力)が大きいから、
ガンや病気にかかりにくい。

20代なら、末期がんは99.9%ないですよ。
    • good
    • 0

とりあえず病院に行きましょう。


遺伝、環境、食生活、ストレス、危険因子。
様々な状況が考えられます。m(_ _)m
    • good
    • 0

私の姪が17で大腸がんで亡くなりました。

    • good
    • 2

あまり 聞いた話無いですねー!ガンに なられたの ですか?大腸ガンは 高年齢者に 多いと 思うのですが?、

    • good
    • 0

可能性は万に一つと思いますが・・・。


ただ、心配したり、気になる事が有るので有れば胃腸科を受診し医師に診ていただくと安心出来ると思いますよ (◎-◎;)。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q末期癌の母の病院に叔母が毎日来て困っています

先月、母(62歳)が末期がんで余命3ヶ月の告知を受けました。
母の姉(69歳)にも余命を知らせました。
その叔母(母の実姉)ができる限り会いたいからと平日毎日
病院に見舞いにやってきて8時間ほど滞在して帰って行きます。
余命が短く会いたい気持ちも分かりますが、滞在時間が
余りにも長く入院している当人も疲労困憊です。
母は自分の子供(特に私の妹)との時間を穏やかに
過ごしたいと思っていますが、叔母は病院で鉢合わせすると
妹に文句ばかり言っていて結果として母を苦しめています。
 
叔母は子供が無く理解できないかも知れませんが
母が一番大切にしているのは自分の姉ではなく
自分が産んだ娘なんです。
叔母が帰った後、病床の母が妹にした
叔母の仕打ちを謝っているのを
見てほとほと嫌になりました。
 
叔母にとっては母は妹なので会わせてあげたいとも
思っていますが病院に来る回数や滞在時間
を穏便に減らしてもらうにはどうしたら良いのでしょうか。
 
正直叔母はトラブルメーカーで祖母のお葬式でも
キレて木魚を外に投げたような人です。

先月、母(62歳)が末期がんで余命3ヶ月の告知を受けました。
母の姉(69歳)にも余命を知らせました。
その叔母(母の実姉)ができる限り会いたいからと平日毎日
病院に見舞いにやってきて8時間ほど滞在して帰って行きます。
余命が短く会いたい気持ちも分かりますが、滞在時間が
余りにも長く入院している当人も疲労困憊です。
母は自分の子供(特に私の妹)との時間を穏やかに
過ごしたいと思っていますが、叔母は病院で鉢合わせすると
妹に文句ばかり言っていて結果として母を苦しめています。
...続きを読む

Aベストアンサー

看護師さんやドクターから「体力的に負担」と言ってもらうべき。
貴方が言ってもややこしくなるだけ。言う事聞かない人種。

Q肝臓ガンから大腸ガンへの転移

ご教授お願いします。

C型肝炎が原因で、肝臓ガンになった場合、その肝臓ガンが腸へ転移する
可能性はあるのでしょうか?
血液の流れでいうと、大腸への転移の可能性は低いのでしょうか?
できれば詳しく教えて頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大腸から肝臓へと静脈が還っていきますので、通常は大腸がんの肝臓転移の方が多いと思います。肝臓がんの転移としては、肝臓や肺、腎臓、骨などへの血行性転移が多いと聞いています。大腸の癌のようなものが疑われたのならば、腫瘍マーカーを測ってみると大腸に原発した癌か、転移性のものか判断できると思います。肝臓がんの遠隔転移と大腸原発癌はstageが全然違ってくるので、調べた方がいいと思います。拙い内容で申し訳ありません。

参考までに
http://ganjoho.jp/public/cancer/data/liver.html

参考URL:http://ganjoho.jp/public/cancer/data/liver.html

Q末期癌だと何故自宅療養するのですか

何故末期癌だと自宅療養するのですか?
最後まで病院にいたほうが1日でも長生きできると思うので。


また末期癌で病院ではなく自宅療養で亡くなったら
遺族は罪には問われないのでしょうか?
病院に入院させていれば生きれた可能性から。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ!

他の皆さんが書き込まれているように

「亡くなる方が 思い出・安心感のあるところで。。」

っていうこともあります

一方で 大きな病院だと

「院内での 死亡率を下げるため。。」というのもあります

年度内に 「病院での 死亡率」というのが でる(発表)のです

ですから 出来るだけ 死亡率を下げたいのが

病院の 本音かな。。


でもね 昔は 「最期はご自宅で。。」という 本当の意味で

患者の事を考えて 多くの方が ご自宅で

『最期』を家族の皆さんに看取られて 旅立たれてたんですよ


罪には問われませんよ 安心してくださいね

時がくれば ご家族の皆さんで 看取ってあげてくださいね

Q大腸ガン及び肝臓ガンの治療

65歳の父親が大腸ガンを患いました。検査の結果、肝臓に
も転移しその大きさは約7cmほどの大きさもあります。
大腸は結腸に腫瘍がありすでに20%ほどの細さになって
います。現在、入院して治療を始めようとしているの
ですが内科と外科の先生とで意見がわかれています。
内科の先生は先に抗がん剤を投与して腫瘍が縮んでから
手術する方法。外科の先生は先に元である大腸の腫瘍を
とり除いてから抗がん剤を投与したほうが良いと言って
います。父親本人は食事を見ただけで食べる気がしない
ような状況となっています。こんな状態ですがどちらを
選択したほうがよいのでしょうか? なるべく長く生きれる
方法をとれればと思っています。カルテなどを見た状況
ではないのでわからないと言われればそれまでなのですが
意見を聞けたらと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

外科医の立場から
状況によって選択肢が変わります。
(1)抗がん剤治療を行う..
 1)手術に耐えられないほど体が弱っているとき
 2)体中(おなかの中に散っている、肺にたくさん転移している;つまり、何をしても手遅れという状態)ただし、大腸の癌ではおなかに散ることは少なく、肺転移も可能なら切除の対象となります。
 3)腫瘍が大きく、周囲に浸潤しており、手術で完全に切除できないため、抗がん剤で小さくしてから完全な切除を目指す。

おおまかに書きましたが、上記以外は基本的に手術が第一選択。

大腸がんの治療の第一選択は手術です。その理由は
 1)ほうっておくと腸閉塞(腸がつまる)になり、食事ができなくなる。また、人工肛門などの手術がいずれ必要になる。
 2)効果的な抗がん剤がない。..癌を治すほど効き目のある薬はありません。小さくするのに効果がある薬はありますがそれを使いつづけたからといって治るわけではありません。

転移について
 大腸がんでは、転移する際、一度にたくさんの癌が散らばるというよりは、1個だけあるいは少数だけの転移ですむこともよくあります。上に書いたように、大腸がんは薬では治りにくい癌であるため、肝臓や肺の転移の場合、切除可能なものは手術で切除するというのが一般的な考え方です。(大腸の手術のときにやるか、時期をずらしてやるかの違いはありますが)

内科の先生があえて抗がん剤を先行させようというのは(1)-3)のような状態なのでしょうか。病状によって対応は違うので、上記を参考に先生方と相談してください。

外科医の立場から
状況によって選択肢が変わります。
(1)抗がん剤治療を行う..
 1)手術に耐えられないほど体が弱っているとき
 2)体中(おなかの中に散っている、肺にたくさん転移している;つまり、何をしても手遅れという状態)ただし、大腸の癌ではおなかに散ることは少なく、肺転移も可能なら切除の対象となります。
 3)腫瘍が大きく、周囲に浸潤しており、手術で完全に切除できないため、抗がん剤で小さくしてから完全な切除を目指す。

おおまかに書きましたが、上記以外は基本的に手術が第一...続きを読む

Q高齢者と末期癌患者の心理

高齢者(90前後)と末期癌患者とでは死生観は近いのでしょうか?

知人に末期癌の男性がいて、一方で同居している高齢の義父がいます。

義父は高齢にもかかわらず、まるで時間を惜しむかのように体が許す限り用事をします。
今朝は「天気がいいから」と車を洗っていました。
私が義父の用事を手伝おうとすると、邪魔されたと思うのか、怒ります。

一方、末期癌の知人の男性がいます。
彼は痛みがない間は、時間を惜しむように次から次に用事を作って体を動かしています。

単に性格の問題かも知れませんが、
高齢者と余命少ない(でも体は動かせる)病人の心理って近いものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

末期癌患者です・・・
高齢じゃないので判りません。

動けるなら動かないと寝たきりになっちゃますから…
趣味のない定年間際程度の年齢の男性が亡くなる率が高いです
女性は家事で常に心配して生活してるので寝込むヒマもないのです
その分無理して大変ですけど…

高齢の方に比べると まだ半分しか生きてないので
その域には達していないと思いますけど…。

Q大腸ガンから肝臓ガン

知人に大腸ガンの転移で肝臓ガンになった方がいます。
現病院の医師の話ですと、相当な部分に転移が見られ、抗ガン剤治療等ではムダの
ような説明を受けているみたいです。今は高熱が出ては解熱剤、痛みが出れば痛み止めの薬を処置してその場しのぎの状態とのことです。
このまま無駄に時が経つのであれば、何か最前の治療方法は無いものでしょうか?
「駄目元」でも何か方法があれば教えて下さい。
メンタル的な情報でもお願いします。本人は意気消沈?です。

Aベストアンサー

大腸がんから肝臓に転移、抗がん剤の治療が無駄になりますね、#1の方が述べられている様に、サブリメントで良い物は在りますが(AHCC・丸山ワクチン・メシマコンブ等)これらの使用も良いと思いますが、薬草での治療も考えて看ませんか。
 リンパ腫の方とか、肺癌の方にも述べておきましたが、日々草を試してみて下さい、良い効果が出ると思います。
日々草の生の葉を3枚から5枚程度、食べて下さい、最初は、少し苦いですが、慣れると食べやすい物です、この日々草で、癌特有の痛みは取れます、食べてから約10分位で取れます。

Q末期癌 ステージ4 について

父は76歳です。 5年前に大腸癌で手術をして その後リンパに転移して、医者にもし抗がん剤か手術をしないと余命1年と言われました。 1度めの手術で全身麻酔が強すぎて片腕が動かなくなってしまい、 手術はうんざりで、年齢も年齢、 たくさんの本を読み自然死を選んだ父。 それから4年無事に痛みもなく元気に過ごしていました。医師の意見も覆し、本当に自然死を選んで良かったとお思いました。 ところが、 最近になって、痛みがおかなのあたりにできてきて痛み止めを飲んでいて、3ヶ月ぶりに調べたら末期癌ステージ4と医師に言われました。

いろいろネットで調べてイマイチ答えが見つからないので質問します。 

1ステージ4は余命が大体どれほどあるのですか?

2末期癌とは病院に入院していなくてはいけない段階ですか?

ー3 もし入院しなくてもいいなら、 最低どのラインで入院しなきゃいけないですか?

4末期癌4と末期癌3の違いは? 余命の長さの違い?

5医師の余命宣告はほとんどあてになるものですか? 

お読みいただきありがとうございます。

お返事いただけたらとても感謝します。

父は76歳です。 5年前に大腸癌で手術をして その後リンパに転移して、医者にもし抗がん剤か手術をしないと余命1年と言われました。 1度めの手術で全身麻酔が強すぎて片腕が動かなくなってしまい、 手術はうんざりで、年齢も年齢、 たくさんの本を読み自然死を選んだ父。 それから4年無事に痛みもなく元気に過ごしていました。医師の意見も覆し、本当に自然死を選んで良かったとお思いました。 ところが、 最近になって、痛みがおかなのあたりにできてきて痛み止めを飲んでいて、3ヶ月ぶりに調べたら末...続きを読む

Aベストアンサー

何もしないを選択されることは、ご本人の意思ですからいいのですが、
本当に何もできないでしょうか?
不安がっていても前に進みませんので、キチンとお知らべになってみては。
ステージ4から生還する人は、何もしなかったんではなく、
抗がん剤や、放射線をせず、ほかのできることをたくさんやったんです。
食事療法、特に糖質制限、笑うこと、マイナスの電子を体に取り入れるとこ、
重層、クエン酸を飲み、アルカリ性に持っていくこと。
複数の選択肢をできる限りやるのが効果的です。
お金がかからない方法が、案外効果的です。

Q祖母(82歳)が 末期がんで腸閉塞を起こしました。

祖母(82歳)が 末期がんで腸閉塞を起こしました。
昨年秋に卵巣がんの摘出手術をし 検査をしていただいたところ 5年ほど前の胆のうがんが原発の腺がんである。腹膜播種がある。と告げられました。
退院し自宅療養をしていましたが、4月に 嘔吐を繰り返し 腸閉塞と診断され即入院しました。
イレウス管(1ヶ月ほどで抜くことができました)での治療 高カロリー点滴で過ごしていました。
2週間ほど前に 糖尿病が悪化し 痙攣を起こしICUに入りましたが 治療をしていただき 一般病棟に帰ることができました。(高カロリー点滴がかえって悪かったようです)
そして 今回 また嘔吐を繰り返し このままでは またイレウス管を入れることになる。と担当医に話を聞きました。
4月に入院してから ほとんど絶飲食です。
癌も大きくなっていて 腹水も溜まっているようです。
イレウス管挿入は たいへん辛いものだと聞いています。
担当医が 言われるように やはり イレウス管を挿入しなければ 命にかかわる事態になるのでしょうか?
本人は 認知症もあり つらいとかしんどいとか言うことができない状態です。
一度 挿入したことがあるので そのつらさは体が覚えていると思います。
「いやだ」とか言えない状態で 医師の指示通り イレウス管を挿入することが かわいそうでなりません。
でも 挿入しないと 命の危険があるのでしょうか?
できるだけ 痛いことや苦しいことは避けて欲しいと 医師には伝えてあるようです。
これから 祖母は どういう経過をたどるのでしょうか?
どなたか 詳しい方の回答を お待ちしております。
 

祖母(82歳)が 末期がんで腸閉塞を起こしました。
昨年秋に卵巣がんの摘出手術をし 検査をしていただいたところ 5年ほど前の胆のうがんが原発の腺がんである。腹膜播種がある。と告げられました。
退院し自宅療養をしていましたが、4月に 嘔吐を繰り返し 腸閉塞と診断され即入院しました。
イレウス管(1ヶ月ほどで抜くことができました)での治療 高カロリー点滴で過ごしていました。
2週間ほど前に 糖尿病が悪化し 痙攣を起こしICUに入りましたが 治療をしていただき 一般病棟に帰ることができま...続きを読む

Aベストアンサー

症状緩和専門の書籍には、日本、海外問わず、イレウス管は症状緩和には必要ないとされています。鼻から入れる細い経鼻胃管のみで十分です。

唯一、手術を予定する場合にのみ、イレウス管は効果がある可能性があります。それ以外はイレウス管により劇的なコントロールができるという医学的根拠はありません。一番有名な内科学書、「ハリソン」にはイレウス管のイの字も出てきません。


日本の内科には、これまでの流れでイレウス管を入れる文化があります。残念ながら、経鼻胃管でイレウスをコントロールする方法を知らない医師が多すぎます。文化なのでやむを得ませんが...

イレウス管を入れると絶飲食にするという悪しき文化もあります。症状が改善する可能性のある3ー5日間はやむを得ませんが、その後は全く意味のない治療です。イレウス管を入れたがために、イレウス管が詰まらないように絶飲食にしているだけです(イレウス管を再度入れるのが大変なため)。イレウス管のドレナージ効果がちゃんとしていれば、水分や溶けてしまうもの(ゼリーや柔らかいパン、お粥程度)は十分食べても症状悪化につながりません。経鼻胃管であれば、仮に詰まってしまっても簡単に入れ直すことができます。

消化管閉塞の症状を和らげるために、優れた効果がはっきりせず苦痛が強いことははっきりしているイレウス管を入れ、入れたがために食べるということができない、全く本末転倒の治療となっています。
http://gankanwa.jp/tools/step/faq/nausea.html#nausea01
(こちらもご覧ください)

参考書籍)トワイクロス先生の症状マネジメント、ハリソン内科学、Oxford Text book of palliative care...
参考HP:ステップ緩和ケアオンライン(緩和ケア普及のための地域プロジェクトHP)

参考URL:http://gankanwa.jp/tools/step/condition/digestives/blockage/treat.html

症状緩和専門の書籍には、日本、海外問わず、イレウス管は症状緩和には必要ないとされています。鼻から入れる細い経鼻胃管のみで十分です。

唯一、手術を予定する場合にのみ、イレウス管は効果がある可能性があります。それ以外はイレウス管により劇的なコントロールができるという医学的根拠はありません。一番有名な内科学書、「ハリソン」にはイレウス管のイの字も出てきません。


日本の内科には、これまでの流れでイレウス管を入れる文化があります。残念ながら、経鼻胃管でイレウスをコントロールする方法...続きを読む

Q後期高齢者(83歳)で末期癌なのに、症状が無い!!

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父はまだ頭もはっきりしているので、長生きしてほしいと思っていました。

 最近、「足の付け根が痛い!」と言い出しているそうです。
 父は癌からきているんじゃないか、骨にまで転移してるのではないかと思うそうです。
 これは初期症状のはずですか?
 
 紹介状を書いてもらって、9月6日に市民病院へ持って行くそうです。そして、検査をするか決めるそうです。
 検査も相当苦しいそうで、父はどうせ長く生きられないのなら、残りの時間を自宅で、今まで通りの普通の生活をさせてやりたいと思っているそうです。

 余命を告げられ、とてもショックでした(涙)今も頭がボーっとしています。毎日でも会いに行きたい気分です。

 末期癌で全身に転移しているのに、『症状が無い』ことってあるのでしょうか?20年以上前に胃癌の手術で、胃を半分取ったので、38キロ前後と細いですが、食欲も変わりないようです(主に栄養ドリンク)。足の痛みが出たのは最近ですが、外出もしたいようで元気です。

 これから苦しむことになるのでしょうか?

 祖父母は今、2人暮らしなので、心配です。祖母には、まだ癌のことは伝えていません。

 末期癌で余命4ヶ月でも、祖父のように、たまたまレントゲンを撮ったら”末期”そして”無症状”という方はおられるのでしょうか?
 あり得ないと思いますが、私は誤診であって欲しいです。

 長文ですみませんが・・・宜しくお願いします。

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父は...続きを読む

Aベストアンサー

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが確実に痛みは来ますし食事も食べれなくなります。体力が落ちれば体の機能も低下します。きつい言葉で書き記しましたが私も医師から告知を受けちょうど3カ月で他界しました。奇跡を信じてあれもこれもと手を尽くし高額の健康食品も健康飲料も結局は効きませんでした。飲みにくいのと飲むことのストレスで今想えば反省だらけです。癌に効く薬は抗がん剤だけのようです。母は持病のリウマチですでに強い薬を服用していることも有り免疫を上げる治療も難しく抗がん剤治療は出来ませんでした。御祖父様が自宅で闘病生活をされたいとのお考えなら要介護認定を受けているのでしたら早速、ケアーマネージャーを通して往診の医師と看護ケアの手続きをして下さい。少しでも普通の生活に近い生活をさせてあげる場合は家族の協力が無いと無理です。最終的に点滴の交換やら排泄など家族が手を掛けます。緩和ケア病棟をエントリーするのも大切だと思います。私の場合は緩和病棟(ホスピス)は県内14棟の内、受付不能病棟多数。1~2ヵ月先の外来予約待ち、その後空きがあれば入院可能と言われたのが13棟です。残り1棟は数日中には入所可能だがとても古く、病院まで距離も遠く、私の場合は母の最期は県立病院の個室で最後の一月を過ごしました。告知を受けて一月後に家族で1週間の沖縄旅行に行きました。この時まで体力もあり痛みもなく本当に奇跡を信じていました。帰宅後数日で体力は落ちて行きました。
今後の御家族の方向性に少しでも役立てて頂けると幸いです。

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが...続きを読む

Q母が大腸ガンの開腹手術をすることになりましたが、、

母が大腸ガンの開腹手術をすることになりましたが、、
看護をする者が、私以外にいないのですが、私自身が、病院からかなり遠いところに車通勤をしているせいもあり、どうしようか?と悩んでおります。手術は10日くらいと聞いておりますが、大腸の手術は、術後の衰弱具合はどんなんなんでしょうか?(個人差はあると思いますが、、、)。
胃の回復手術よりは、術後の衰弱は激しくないのかな?と勝手に想像とかしていますが、、、
どんなことでもアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

お母様の年齢・病気のステージ・現在の状態が分からないので、術後の衰弱については何とも言えませんが、
入院中は看護師が世話をするので、手術の日に付き添う以外は、洗濯物の交換くらいでしょう。
勿論不安もあるでしょうから、お顔を出してあげられるに越した事はないと思いますが。

問題は退院後、自分で身の回りの事をすべてするのはしんどいでしょうから、お世話が必要だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報