半年で25キロ痩せました。今後どうすれば?

30代、女性です。持病の薬の副作用もあって、何をやっても痩せられないばかりか、7年ぐらいの服薬で太ってしまいました。半年前、体調が良くなったのをきっかけに、一念発起してダイエット。今ようやく適正体重を下回ったところです。徹底した食事制限をしてきました。最近パンが食べたいとずっと思っていますが、いざとなると食べられません。少しくらい食べても何でもないことは頭ではわかっているのに。もともと頑固な考え方があって、自分ルールが曲げられません。0ー100思考というか、やると決めたらやる、失敗したらやめてしまうタイプで、ルールをやぶった途端、なし崩しにリバウンドしてしまうのではないかと怖いです。幼い考え方で恥ずかしいです。嬉しい反面、今のままではまた体調を崩しそうなので、この凝り固まった考えを変えられるよう、アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

今の体重が安定している(増えもせず減りもしない)のなら、今の食事の状態が 摂取カロリー=消費カロリー になっているわけなので、今の食事を維持しないといけません。

もし変えると体重も変わることになります。パンは炭水化物の塊みたいなものですから、これを食べるようになると(何かを相当分だけ減らさないと)確実に肥満のほうに行きます。

もし体重がもっと減りそうな勢いであれば、ほんの少しは食べる量を増やすことが可能です。何をどれだけ多く食べても体重がキープできるかは、やってみないと分かりません。何かをほんの少し食べるのを増やして数ヶ月は体重の様子を見る必要があります。それで体重が落ち着く食事を見つけてください。拙速にやると失敗します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これからは数か月単位で調整していくのですね。せっかちで、すぐ結果を求めてしまうところがあるので気をつけます。回答を頂いて、パンへの渇望はひとまず落ち着きました(笑)微調整を繰り返しながら、ベストな心身の健康を探っていきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/18 13:59

マジ((((゜д゜;))))ですか!

    • good
    • 0

エエエエ!30kgの女性が25kg痩せて5kg!!!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

エエエエ!5㎏×10ってところでしょうか。
ありがとうございました!

お礼日時:2017/04/17 16:48

無理な食事制限や絶食をくり返した結果、自分の意思とは関係なくカラダが食べ物を受けつけなくなるのは「拒食症」です。

体重で言うと標準体重より15–20%以上やせると拒食症と診断されるようです。診断より難しいのが治療で、おそらく一番良いのは名医を捜すことのような気がします。
拒食症の基準とか専門病院については例えば下記を参考にされて下さい。最初に有料無料のカウンセリングがあるようです。下記では東京の病院が多いようですが、ご自身の近所によい病院が見つかると良いですね。
http://www.sessyokusyougai-clinic.com/ed/an.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の体型で専門医にかかってしまったら健康体すぎて笑われてしまいそうです。ただ、最初は標準体重になれたらいいなというところから、目標を達成するたびに、エスカレートしていって、ここ数日はほとんど絶食状態になってしまったので、少し自分でも心配になってしまいました。急なダイエットのストレスがたまっていたと思います。日にちを置いたら、落ち着きました。親身な御回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/17 16:53

半年で25kg減は凄いです(@@;)。

よく達成しましたね。

でも申し訳ないのですが、何があなたの現在の問題なのか質問文から読み取れません。
凝り固まった考えを変えたいとありますが、なぜ変えたいのかがわかりませんでした。

今の食生活で体調に問題がないなら変える必要ないですよ。変えなくて済むなら、むしろ変えない方がいい。
変えなければリバウンドしなくて済みます。
パンが食べたい、というのも気のせいで、食べなくても済むし、パンなど食べる必要はないです。

炭水化物の必要摂取量はゼロと言われています。
糖質は脳の唯一のエネルギーと言い張る人たちもいますが、嘘です。
脂肪とタンパク質から体が必要とする糖質エネルギーは100%体内で合成できるのです。
その分、脂肪とタンパク質をしっかりとっておけば全く問題ないです。

炭水化物には美味しい食べ物が多いですね。パンもそうですが、ラーメンやパスタ、ピザ、お寿司、ケーキなど。
どれも美味しいだけでなく、たくさん食べられるという点でも共通しています。

肉や魚も美味しいですが、たくさん食べられない(胃腸が消化できないので、体の方からブレーキがかかる)という点で炭水化物とは異なっています

食事をもっと楽しめるようになりたい、ということなら、計画性を持ってみたらどうですか。
カレンダーに「この日だけは炭水化物を楽しむ」という日を書き込んで、その日が来たら楽しみ、翌日から減量時の食生活に戻せばよいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>パンが食べたい、というのも気のせい
という御回答が的確すぎて、笑ってしまいました。気のせいだなと思ったら、どうでもよくなりました。
計画的にですね。これからずっと続くダイエットなので、たまに気分転換してもいいと、ゆるく考えていくようにしたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/17 17:02

元の体重は?



100kgの人が25kg痩せるのは別に問題ありませんが

50kgの人が25kgになったら大問題ですし
(もうすぐ死ぬ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適正体重を少し下回ったところなので、まだまだ全然死にそうにはありません。あまりにも我慢しすぎてちょっとストレスがたまっていたのかもしれません。むしろ健康に近づいたってことで、もうちょっと頑張ってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/17 16:47
  • 薬の副作用・中毒とその予防<中毒と環境因子による病気>の症状や原因・診断と治療方法

    薬の副作用、有害作用、および中毒  薬の最も著明な作用で治療の目的に用いられるものを薬の主作用といい、治療上不必要ないし有害な作用を副作用と呼んでいます。どんな薬でも両方の作用をもっており、副作用は必ずあります。  副作用の頻度を図3に示しましたが、通常の医療でいかに多くの副作用がみられるかおわかりになると思います。一般に重い病気によく効く薬ほど副作用も多く、実際には、抗がん薬のように主作用の効...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング