先日新居への引っ越しを行いました。住んでみて気づいたのですが、キッチンの換気扇をつけると照明スイッチ(特にリビング周辺)の隙間から風がでてきます。
窓の気密が高いからでしょうか、壁内部の隙間を通り外から風を吸い込んでいるようです。
天井は吹き付け断熱なので、床からの風だとおもいますが、通常このような事がおこりますでしょうか?
また、このような隙間風自体問題になるのでしょうか?
ご教示ねがいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

24時間換気が義務付けられ、密閉状態にならないような工夫がなされているはずです。


3種類ある換気方法のうち、自然換気システムかどうかは分りませんが、
キッチンの周辺には必ず吸気口があるはずです。
そこが閉じていると、部屋の中が陰圧になり、どこかから空気が流動します。
スイッチにはコーキングがありませんから、隙間から壁の内側を通って基礎パッキンから入った風が出て来るのではないでしょうか?
一度、キッチンの吸気口を空けて換気扇を回して見てください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

恐らくご回答いただいた箇所が原因と思われますが、施工業者と設計士に見解をもらっているところです。

お礼日時:2017/04/17 17:41

壁内部の作りにもよりますが。

。。
一昨年自宅の建て替えをしましたが、前の家も今の家もそうした風を感じた記憶はありません。
で、今試してみましたが、キッチン、洗面所、などの該当する部分全てで「換気扇を回すと外壁側の電灯スイッチやコンセントからハッキリわかるほどの風が来る」という現象はありません。

恐らくスイッチ周りに壁内の部材や断熱材などが無く、外壁と内壁の間の空間まで抜ける隙間があるのでしょう。
まずは建てられた(?)会社にその旨の指摘を行い、改善を要望されるとよいかと思います。職人が入るという事は費用が発生するということですから「不具合」として言うかどうかですね。その辺は程度を含めた詳細状況がわかりませんので何とも。(_ _)

参考まで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。現時点では私も不具合とは認識しておらず、施工業者と設計士に見解をもらっているところです。

お礼日時:2017/04/17 17:38

換気扇によって空気を吐き出すわけですから


吐き出した分だけ、吸入します。
一番入りやすいところが、壁スイッチということです。

気密住宅では起こりうる事象です。
ですから、吸気口などが付いています。

外気が入り込むところは壁スイッチだけではありません。
コンセント、ダウンライト、ドアの隙間、システムキッチン
の隙間など、色々とあります。
壁スイッチに蓋(気密シート)をしても、また違うところから
風がでてきます。

一番いいのは、換気扇を回すとき、一番近い窓を
少しあけることです。
『換気』するわけですから、これが一番です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
設計士にも同じ対応をアドバイスもらいました。吸入口を一段階開けてみたのですが、まだ多くながれがあるようです。施工業者にも見解をもらう予定です。

お礼日時:2017/04/17 17:38

壁断熱工法なら壁の中に断熱材が入っていますが、普通は隙間なく入れます。

それが、スイッチを取り付けるときに、スイッチ周辺の断熱がスカスカになっていないでしょうか?
そこから空気もれとは変ですが、建てた所に確認してみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
施工業者に確認してみます。

お礼日時:2017/04/17 17:36

ありえない現象ですね……



なぜなら、換気扇を見ればわかると思いますが、

内部と外部が、直にツナがつていて、中間(羽)、回りのカバーの部分に隙間なんてないです。

ということは、別の問題。

おっしゃる通り床。
基礎が打たれてると思いますが、なにかの作業の時に穴を開けたりしてるはずです。太陽光システムならば、確実に穴を開けてるだろうし。
それが、完全に塞がれてないか、
もともと塞がってない。
自分でも確認できますが、危険なので、点検を呼ぶ方がいいです。(釘とか出てるし、落ちてるから)
あと、ガス管とか水道も管が通ってるので) 

あと考えられるのは、外壁の隙間。

換気扇はたまたまだとして、外壁に隙間があり、そこから風が循環してる。
ということ。

よくパネルに隙間があるのはありがち。
まぁ、普通はずれるから、修正するけど。

少しの隙間でも、入るものは入ります。

そこから腐食などが始まるんですけどね大抵。

今回は新居ということなので、
販売元に相談するのが一番。

なにかあってから、言っても遅いと思うので。

それか、最新の家がどうかは知りませんが、
家の作りで、もともと空気が循環、保温される仕組みとか?

でも、風を感じてるということなので、
それはないと思いますが、

出る、ということは、入り口が絶対ありますので。

(換気扇は直接関係ないと思いますよ)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。早速施工業者と設計士に連絡して見解をもらっている最中です。

お礼日時:2017/04/17 17:36

>換気扇をつけると照明スイッチ(特にリビング周辺)の隙間から風…


>通常このような事がおこりますでしょうか…

当然です。
換気扇で室内の汚れた空気を排出するには、出す量と同じ量の空気が入ってこないと、室内の空気が薄くなり人間は呼吸困難に陥ってしまいます。

というか、換気扇は真空ポンプではないので、人間が呼吸できなくなるほど空気が薄くなることはなく、代わりに汚れた空気が外へ出て行かないということです。
密閉したなかで換気扇を運転しても、換気扇は空回りするだけで空気はちっとも動かないのです。

このため、ここ 10年ほどの間に建てられて家では、必ず吸気口が何カ所か設けられています。
その吸気口も開閉可能なものが一部にあり、冬に寒いからといって吸気口を閉じてしまうと、おたずねのような現象が起こるのです。

異常でもなんでもありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
換気の仕組みについては理解していましたが、外気吸入口以外から外気を取り入れていた事について驚いたので質問させていただきました。

お礼日時:2017/04/17 17:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高気密高断熱工法 気密試験C値の件

高気密高断熱住宅の気密試験について、次の2点を教えてください。

(1) 気密試験の実施時期

施工のいつ頃、何回、気密試験を行うものなのですか。
例えば木工事が終了した時と引渡し時とかですか?
本当の住宅性能を測るのであれば、完成時に測定するのが適当かと考えてます。木工事終了時であれば、それ以降にまだ電話線の引き込み工事等で壁に穴をあける可能性もありますよね?

(2) 検査結果の定量的【良】判定値(妥当値)

地域(1)(2)区分で2.0以下、(3)以上の地域で5.0以下と定められているかと思います。
0.9以下を基準値としている場合、本当に適切な数値ですか?高性能住宅の場合はどのくらいの数値なのでしょうか?

よろしくお願いします。
  

Aベストアンサー

>断熱気密工事終了時と竣工引渡し前では、検査結果にいおて一般的に後者の方が
>気密度合い劣位となりますでしょうか。

通常、竣工時、C値が落ちたとしてもごくわずかです。ほとんど変わりません。
ただ、余談ですが・・・外断熱工法のうち、断熱材が突きつけで、テープで気密を取るウェイトの高いものは、経年変化的に、また、大きな地震力を受けた後など、未知数の部分はあります。

>電話線の引き込み工事等で壁に穴をあける可能性もありますよね?

こうゆうこともほとんどありません。
高断熱・高気密をコンスタントに施工しているビルダーさんは、元請は言うまでもなく、電気設備・給排水衛生設備業者も、勘所をよく理解していますから。
(その逆だと、ちょっと心配はありますが・・・)

Q気密と壁内結露について教えてください。

いつもお世話になってます。
新築で上棟したところです。今更ながら教えてください。
木造在来工法で、ピコイという会社のパネルをプラスしています。

普通、内断熱の壁の構造は、内壁→気密シート→断熱材→空気層→透湿防水シート→外壁サイディングでいいんですよね?

でも、気密シートや断熱材が安定的に確実な施工をするのは難しく、不十分だと壁内結露がおきるんですよね?

それは避けたかったために、パネル工法をプラスしたのですが、施工例とある図を良く見ると、
内壁→空間→ウレタンフォーム系断熱材→構造用パネル→透湿防水シート→空気層→外壁サイディングの順なのです。

構造用パネルに断熱材がくっついていて、柱の間に外側から貼り付けるような感じです。柱ほどの厚みの断熱材でないので、内壁から断熱材まで空間ができるのです。(イメージがつくでしょうか?)

建築する業者の人は、外側で気密をとっているといいます。外側から気密パッキンとか気密テープを貼っていました。
が、そもそも、室内と壁内の温度差が室内結露をうみ、内壁の隙間から壁の中に湿気が入り、壁内結露になるんですよね?

で、あれば、断熱材が内壁に接しておらず、内壁と断熱材の空間に壁内結露おきませんか?
外側で気密をとっていても、内壁からの隙間が問題に思えるんですけど・・・。

よくわかっていないので、質問の意味がわからないかもしれませんが、汲み取りいただき、教えていただけませんか?

いつもお世話になってます。
新築で上棟したところです。今更ながら教えてください。
木造在来工法で、ピコイという会社のパネルをプラスしています。

普通、内断熱の壁の構造は、内壁→気密シート→断熱材→空気層→透湿防水シート→外壁サイディングでいいんですよね?

でも、気密シートや断熱材が安定的に確実な施工をするのは難しく、不十分だと壁内結露がおきるんですよね?

それは避けたかったために、パネル工法をプラスしたのですが、施工例とある図を良く見ると、
内壁→空間→ウレタンフォーム系断...続きを読む

Aベストアンサー

壁内結露、専門的って程のことではないですが内部結露と言います。
内部結露の仕組みはおっしゃる事で大体あっていますよ。
ただ、別に「空間」だけで起こることでもなく、空間がない壁でも起こります。

で、改めて説明しますとですね、
室内の高温多湿な空気が壁内に入ります。
まー色々構造差はあるとして、断熱材に至ります。
そこまでは断熱材があるんで冷やされませんよね?
貴方の場合、室内とウレタンの間の空間で結露はないってことです。
本来断熱材の内側に気密シートがあるんで、そこでストップ。
暖かい場所だけで完結。内部結露も起こらない。
はずなんですが、それが不十分だと高温多湿空気が断熱材の内部に入り込みます。
温度差にもよりますが断熱材の内部から結露することもあります。
断熱材の内部なり外側なりで結露すると断熱材自体湿って断熱性能が激しく低下します。もー断熱材じゃありません。
こーなると悪循環です。断熱材で暖かい領域があったのにそれすらなくなり、内部結露と言うか室内壁の表面で結露しだす可能性もあります。
これが内部結露最大の問題です。断熱性能の低下。

でやっとこ本題ですが、ウレタンフォーム系。いいですね。
断熱性能は一般的グラスウール・ロックウールより高性能です。
また、吸湿性もほとんどありません。すばらしい。
ですんで、断熱性能の低下はそれ程気にしなくて良いと思います。
が、気密シートは無いんですね?
てことは、ウレタンを通り越えていく可能性ありですな。
ウレタンフォームと構造パネルの間、パネル内部で結露はありえるかも知れませんね。
ウレタンフォームですから断熱性の低下は良いとして、木材が塗れると腐朽しやすくはなるっちゃなりますが・・・。
まーそれほど気にしなくていいと思います。常時濡れてるならともかく、晴れて乾燥してる日があれば、そんな内部の木部でも2日程度で普通に乾きます。
あー長々書いといてなんですが、それ程気にすることじゃないかと。

壁内結露、専門的って程のことではないですが内部結露と言います。
内部結露の仕組みはおっしゃる事で大体あっていますよ。
ただ、別に「空間」だけで起こることでもなく、空間がない壁でも起こります。

で、改めて説明しますとですね、
室内の高温多湿な空気が壁内に入ります。
まー色々構造差はあるとして、断熱材に至ります。
そこまでは断熱材があるんで冷やされませんよね?
貴方の場合、室内とウレタンの間の空間で結露はないってことです。
本来断熱材の内側に気密シートがあるんで、そこでスト...続きを読む

Q高気密高断熱住宅なのに寒いのです。

昨年12月に念願のマイホームを建てました。(某ハウスメーカーで)以前住んでいた所は築40年の木造だったので新築で暖かい家を夢みてました。暖房はセントラルヒーティングで全室、24時間暖房可能です。家は南向きで日中は日が差します。しかし今年の冬は暖冬だったにもかかわらず、灯油代は1月2万円代、2月4万円代、3月2万円代でした。部屋の中は20℃と、寒くてしかたがありませんでした。ハウスメーカーに言うと「暖房のメモリをあげてください」と、言われましたが、メモリを上げる=灯油代も上がると言うことなのです。そんな恐ろしい事はできません。お風呂から上がっても脱衣所は13℃しかなく震え上がる寒さでした。今の時期はかめ虫も家の中に入って来てます。これって隙間があると言う証拠ですよね?吹雪の時はカーテンがゆらゆら風に揺れてました。この冬は大雪との事・・。今から灯油代の事が心配です。もしかして欠陥住宅なのでしょうか?世の中の高気密高断熱住宅にお住まいの方、お宅もそうですか?その位は当たり前なのでしょうか?!!暖かい家を夢みてたのにとても残念です。冬が来るのが怖いです。もし欠陥住宅ならこの先どうしたらいいのか教えてください。

昨年12月に念願のマイホームを建てました。(某ハウスメーカーで)以前住んでいた所は築40年の木造だったので新築で暖かい家を夢みてました。暖房はセントラルヒーティングで全室、24時間暖房可能です。家は南向きで日中は日が差します。しかし今年の冬は暖冬だったにもかかわらず、灯油代は1月2万円代、2月4万円代、3月2万円代でした。部屋の中は20℃と、寒くてしかたがありませんでした。ハウスメーカーに言うと「暖房のメモリをあげてください」と、言われましたが、メモリを上げる=灯油代も上が...続きを読む

Aベストアンサー

私はこれまで何十棟もの高断熱高気密住宅を建ててきました。
質問をお読みして、本当に気の毒だと思います。

かめ虫が入ってくるというのは、窓を開けた拍子に入ってくる事があるので何ともいえません。

でも、カーテンが揺れるというのは、部屋の中の温度差により、空気の対流が起きているためでしょう。
高断熱高気密住宅で常に暖房されている状態であれば、そのような事は起こりません。

部屋の中が20度で寒くて仕方が無いというのも、高断熱高気密住宅であれば、比較的低い温度でも暖かく感じられます。
(冷輻射を感じない、天井と床の温度差が無いなど、色々理由はありますが省略します)
高断熱高気密住宅で20度であれば、「別に大丈夫だけどチョッと寒いかな」という感じです。

脱衣室が13度‥‥‥ セントラルヒーティングでありながらこの温度というのは、高断熱高気密住宅においては考えられません。

灯油代が一月に4万円‥‥‥ 信じられません。

質問者さんのお宅は、明らかに高断熱高気密ではありません。
おそらく、北側の部屋の窓などが結露してませんか?


>もし欠陥住宅ならこの先どうしたらいいのか
ということですが、正直言って良い案が浮かびません。

以前、質問者さんと同じような状況の方が、その家の建築士と施工者を相手に訴えを起こした事がありました。
私は専門家としてその家の調査をしたのですが、高断熱高気密とはかけ離れた家でした。
しかし、高断熱高気密住宅にして欲しいという要望は、契約書やその他書面として示されてはいなかったので、
建築士と施工者に「そんな希望は聞いてない」と突っぱねられ、勝ち目はありません。

断熱気密工事をやり直せばよいのでしょうが、現実的なことではありませんし、
せめて、灯油代の負担を少なくする方策として、
セントラルヒーティングを止め、普通の家のように、各部屋個別に暖房するしかないかも知れません。

私はこれまで何十棟もの高断熱高気密住宅を建ててきました。
質問をお読みして、本当に気の毒だと思います。

かめ虫が入ってくるというのは、窓を開けた拍子に入ってくる事があるので何ともいえません。

でも、カーテンが揺れるというのは、部屋の中の温度差により、空気の対流が起きているためでしょう。
高断熱高気密住宅で常に暖房されている状態であれば、そのような事は起こりません。

部屋の中が20度で寒くて仕方が無いというのも、高断熱高気密住宅であれば、比較的低い温度でも暖かく感じられ...続きを読む

Q高気密高断熱の住宅工法またはハウスメーカー

高気密高断熱住宅で性能の高い工法はどのようなものでしょうか?またどこのハウスメーカーのどのプランが性能が高いか教えてください。

Aベストアンサー

北海道在住者です。

7年前に新築いたしましたが、私が選んだのはトステムの「スーパーシェル」工法です。
高気密・高断熱はもとより耐震性能にもこだわって選びました。
施工自体は認定工務店がいたしますが、躯体完成時に全棟機密測定を行います。
当時の実測値で、C値0.1、Q値1.5で、ごく最近の「高気密・高断熱」を謳っているメーカーでも、
実測でこの数値を出せる工法はそう無いと思います。

当時FPで施工し、実際に気密測定をされたモデルハウスにもよく見学に行きましたが、
数値の桁が1つ違っていたことを、よく覚えています。
それでも疑り深い私は、札幌のトステムの工場まで見学に行きましたが。
実際1年ほど勉強しましたから、建築の際にはプロの言っている事はほとんど理解できました。

スーパーシェルも近年「スーパーシェル2×6」に進化し、さらに性能がよくなったようです。
地元に認定工務店があるようでしたら、ご一考の価値はあると思います。

今でもモデルハウスはよく見学に行きますが、「(スーパーシェルは)高かったでしょう?」
と聞かれますが、実際は驚くほど安かったです。
完全2世帯住宅で床面積が広いこともありますが、単純に坪数で割ると
40万を切ってしまいました。
ビルダーさんの努力によるところ大なので、参考にはならないとは思いますが、
ハウスメーカーと比べて、決して高くはならないと思います。

北海道在住者です。

7年前に新築いたしましたが、私が選んだのはトステムの「スーパーシェル」工法です。
高気密・高断熱はもとより耐震性能にもこだわって選びました。
施工自体は認定工務店がいたしますが、躯体完成時に全棟機密測定を行います。
当時の実測値で、C値0.1、Q値1.5で、ごく最近の「高気密・高断熱」を謳っているメーカーでも、
実測でこの数値を出せる工法はそう無いと思います。

当時FPで施工し、実際に気密測定をされたモデルハウスにもよく見学に行きましたが、
数値の桁が1つ...続きを読む

Q高気密高断熱の家を建てるべきか?(夏)

今年中に住宅メーカー、工務店等と契約し家を建てるつもりです。
高気密、高断熱住宅に興味を持っていますが、勉強すれば勉強するほど分からなくなってきました。冬の恩恵は目を見張るものがあるようですが...

静岡県に住んでいます。普通の家やアパートでは真夏、クーラーなしでは厳しいです。高気密高断熱住宅にすれば、クーラーの涼しさが長く保持されランニングコストが軽減されるのでしょうか?

夏の高気密高断熱住宅のメリット、デメリットを教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、私も高気密、高断熱に興味をもち関連する本も読みあさり2社ぐらいに絞って見積もりとり家を、最近建てました。一般のハウスメーカーに比べかなり高額になりましたが、満足しています。今回夏のメリット、デメリットですね
ペアガラス標準仕様で、24時間換気システムももちろん標準仕様で、規制前からついています。締め切った状態にて(2時間で、部屋の空気が、入れ替わるらしい)L.M.H の3段切り替えですが、
高気密のデメリットは、窓からの日差しにより温まる一方ですので、冷房は必需品です。しかし現場施工のグラスウールの断熱に比べれば効率は、とてもいいものと思います。電気代も気にしてませんが、経済的に間違いありません。エアコンつけずに締め切って外出から帰ってきてもムッとする感じはありません。逆に、冬は電気ヒーター居間に1台風呂場に1台くらいで過ごしてます。ちなみに愛知県に住んでます。あとで後悔しないように満足出来る家が、たつといいですね


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報