これからの季節に親子でハイキング! >>

築一年の住宅です。YKKエピソード 省エネ建材等級星3つのペアガラスです。 風の強い日(週に2~3度)にテッシュがゆらゆらと揺れヒューヒュー、シューシューと音がする程度のすきま風が入ります。窓の開閉はあまりしませんがサッシした枠にはうっすらと砂埃がたまります。

ロールカーテンを使用し室内22度 ロールカーテンと窓の間7.5度 外気7度で窓全体に結露しています。暖房器具はエアコンのみで加湿器は使っていません。

このような状態をハウスメーカーに伝えたのですが「強風の際は、ある程度のすきま風は仕方ない、修繕の対象にはならない」との返答です。台風などの際は仕方ないかもしれませんが週に2~3度あったり今の季節ですと冷気が強くかなり参っています。

新築を建てた友人はありえないと話し私もそう思うのですが手立てがありません。一般的にこんなものでしょうか?対応策やアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>風の強い日(週に2~3度)にテッシュがゆらゆらと揺れヒューヒュー、シューシューと音がする程度のすきま風が入ります。



あり得ない。
不良品か不良施工。

>「強風の際は、ある程度のすきま風は仕方ない、修繕の対象にはならない」との返答です。

そいつは1年以内にクビになる。

>対応策やアドバイスお願いします。

風の強い日に現地を確認させる。
営業ではなく建築士の資格を持った人間から文書で回答させる。

あたしなら怒鳴るね。
下手に出るとナメられるよ。
ところでそんな状況で雨漏りしないの?
    • good
    • 6

あり得ないです。


サツシでは無くてハウスメーカーの対応です。

次回は地元で長年営業している注文建築の工務店に立ててもらいましょう。
    • good
    • 8

引き違い窓をよく観察してください。

レールの上に車が乗っていて、裾は列車の下部のように開いているのですよ。密封されているわけではりません。
横すべり窓や縦すべり窓は窓枠に押し付ける構造になっているので密封性は良いのです。引き違い窓は密封が悪いので、本当は北西の窓には付けてはダメなのです。
ペアグラスにしたら結露しないわけではありません。YKKエピソードは樹脂で縁切りしているがアルミ枠ですので、室内湿度によっては結露します。24時間換気を作動させて、冬場は湿度を40%程度にすることです。

隙間風も結露も今となっては対策として、後付けで電動シャツターを取り付けることです。
    • good
    • 8

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」と云うのがあり、


平成12年4月1日以降に締結された新築住宅の取得契約(請負/売買)には、
基本構造部分(柱や梁など住宅の構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分)について、
10年間の瑕疵担保責任(修補請求権等)が義務づけられます。

この基本構造部分には開口部も含まれておりますので、
瑕疵であれば無償の修繕対象となりますので、

再度、ハウスメーカーの担当者ではなくsの上の人に電話で「現場確認もせずに、強風が吹毛場隙間風は当然といわれた」ので、今回の電話でも「同じ返事なら」、指定住宅紛争処理機関(住宅紛争審査会)に相談しますと伝えて見てください。

住宅紛争審査会は、
裁判外の紛争処理手続です。
http://www.chord.or.jp/trouble/kikan_list.html
    • good
    • 5

現場確認もせずそのような返答するのは問題があると思います。


住宅の悩みとトラブル無料相談室というサイトがありますので利用されてみてはいかがでしょうか。
http://www.iekenko.net/toiawase1.html

また直接相談できる方々の紹介がされているサイトもあります。
http://www.kenchiku-gmen.or.jp/sumai110.html

プロに相談して対応を教えていただくのがよろしいのではないでしょうか。せっかく高いペアガラスを付けてそれは辛いですよね。早い解決をされるといいですね。
    • good
    • 1

サッシのカギをかけた状態でも隙間があるということでしょうか?であれば重症ですね。

サッシなんてのは工場で規格をクリアして出荷されているものです。サッシ枠やサッシの隙間から風が入るのはサッシ自体に問題があると思われます。
当然サッシ枠と壁の間から入るならそれは建てつけが悪い粗悪な建物と言うことになるでしょう。
何れにしてもサッシ自体に問題があることは考えにくく、枠がゆがんでいるとしか思えません。だとすればサッシの開閉にも支障が出ているとも考えられますが、それは無いのでしょうか?
別の業者に確認させて、原因が建てかたにあるならその分も含めて請求できるのでは?
    • good
    • 3

小型の換気システムが今は付いているでしょう、そこからの風ではないですか?。

    • good
    • 5

そのハウスメーカーは詐欺メーカーです。

    • good
    • 1

 現在の住宅窓はサッシなので、隙間風はほとんど入らないはずです。

隙間風が入るとすれば、サッシが相当に歪んでいて、窓のパッキングでも防げないほどの隙間があるとしか思えませんが、そんなに歪んでいるのであれば、肉眼でもわかるはずですが。

 パッキングが破れているか、歪んでいて、窓の隙間風を防げないのだろうと思います。調べて貰ってはいかがでしょうか。おそらく、一箇所だけだと思いますけれど。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築の家のすきま風

昨年、新築の家を建てました。

最近の家は気密性が高いので、冬はエアコンがよく効いてあったかく、夏はクーラーがよく効いて涼しいというイメージがあったのですが、どんなにエアコンを掛けても部屋があったまりません。

原因は、コンセントや電気スイッチからのすきま風です。
ティッシュをかざすと、勢いよくなびくくらいの冷気がコンセントやスイッチから入ってきています。

HMさんにどうにかしてほしいと訴えたのですが
「家が通気工法で建っているから仕方ない」と言われました。

本当に、通気工法で家を建てると、すきま風が入ってきて当たり前なのでしょうか?

自分で出来る対処法でも、工務店などへお願いする方法でもいいので、なにかいい知恵を拝借出来れば嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 (外壁)通気工法とは、家の壁とサイディングの間に空気を通す方法で、最近の日本の在来工法はほとんどがこの方式で建てられていると思います。通気工法と隙間風や断熱性能・機密性能とはまったく関係がありません。

>>コンセントや電気スイッチからのすきま風

 本来、きちんとした高気密住宅にするのであればコンセントには気密ボックスをつけるべきでした。
 現状、コンセントの向こうはロックウールだと思われるので、24換気によってコンセント部分が吸気口となってしまっているのでしょう。
 
>>隙間風の対処法

 根本的には気密コンセントボックスを取り付けるの良いのですが、現時点でそれが可能かはHMに確認してください。気密ボックスはコンセント用に穴の開けられたロックウール部分に埋め込み、周囲の気密シートとボックスを気密テープで固定して周囲からの空気の漏れを防ぐのが理想です。現時点ではすでに壁ができてしまっているので、そこまでの工事をするのは困難かと思われます。

 コーキングはやめたほうがいいです。コンセントの差込口を塞ぐことはできないので効果がありません。見た目が汚くなるだけです。

>>隙間風のせいで寒いのか?

 外部から入ってくる冷たい空気の量は、24換気の換気量によります。コンセント部分からの空気の流入がなくても外気の取入口から入ってくるので、家全体に入ってくる冷たい空気の量は変わりません。

 1.24換気の換気量は適切か?必要以上に換気されていれば部屋の温度は上がりにくくなります。

 2.室内温度が低いのか、体感温度が低いのか。冷たい風の流れがあると実際以上に寒く感じます。窓からの冷気(コールドドラフト)は代表的です。コンセントからの風が冷たく感じるのであれば、コンセントを箱で囲うようにすればましになるでしょう。
 
>>床下換気口

 夏はあけて冬に閉める....という人が結構いますね。その方が人はすごしやすいのですが、家にとっては良くありません。床下の湿度を下げるために床下換気口があるのですが、外は夏は高湿、冬は乾燥しています。夏に開けていると高湿の空気が床下に流れ込みます。逆に秋から冬に閉めていると湿度が下がりにくくなります。

 (外壁)通気工法とは、家の壁とサイディングの間に空気を通す方法で、最近の日本の在来工法はほとんどがこの方式で建てられていると思います。通気工法と隙間風や断熱性能・機密性能とはまったく関係がありません。

>>コンセントや電気スイッチからのすきま風

 本来、きちんとした高気密住宅にするのであればコンセントには気密ボックスをつけるべきでした。
 現状、コンセントの向こうはロックウールだと思われるので、24換気によってコンセント部分が吸気口となってしまっているのでしょう。
 
>>隙...続きを読む

Q窓サッシの隙間風防止方法

当地は新潟県の日本海側で冬は零度近い強風にさらされます。
一般に窓からの放熱が多いと言われ、ガラスに断熱シートを貼っていますが・・・
熱がガラスから逃げるのではなく、実態はサッシからの外気侵入が最大。
実際手を当てるとスースーと冷気が入り込んでいます。
(内側に追加した樹脂断熱サッシは良いのですが)

隙間風は、上下左右の全方向から入ってきます。
市販のスキマテープを使ってみましたが上手く行きません。

解決された方が居られましたら施工法も含めお教え下さい。

Aベストアンサー

私はコーキング説に賛成です。
一冬限りですので、春になればカッターの刃で簡単に落とせます。
もし見栄えを重要視するのだったら 先にマスキングテープ もしくは養生テープでサッシ部分を養生して隙間にコーキングします。
春になれば その養生テープごと剥がせば元通りになりますよ。

立春を過ぎたからといっても 「春まだ遠からじ」の北陸は大変ですね。
神戸の今日なんか、もう春そのものでしたよ。
あと少し桜の花までもう少し・・・ 頑張ってください。

Qサッシ窓上部からのすきま風対策

先日、公営団地に入居し暮らし始めたのですがキッチンの換気扇を稼動させた時に一部屋のサッシ窓から異音がすることに気づきました。
どうやらサッシ窓の上部から、すごい勢いで風が侵入しているらしく、「ヒュー」「ピー」と音を立てて外の冷気が入り込んでました。

隣接している他の部屋の窓からは、一切風は入ってはきません。
一部屋の一つのサッシ窓のみから風が入っています。

窓はいわゆる普通のサッシ窓で、掃きだし窓になります。
その窓の外側の一枚の上部の壁枠と窓のサッシの隙間から風が入ります。

団地なので釘を使ったり、傷をつけるようなことはできないのですが
なにか自分でできる対策はないでしょうか?

子供部屋として使用しているため、換気扇をつけるとあっという間に部屋内が寒くなってしまい
子供が部屋にいる時は換気扇が使えなくなってしまい困っております。
窓の断熱用として売られている、プチプチを貼ってみましたが、あくまでガラス部分の断熱にしかならず、
何かで塞ぐ方法もベランダへ出入りができなくなってしまうので、できればしたくないなと考えております。

なにか良い方法はないのでしょうか?
どうか宜しくお願いいたします。

先日、公営団地に入居し暮らし始めたのですがキッチンの換気扇を稼動させた時に一部屋のサッシ窓から異音がすることに気づきました。
どうやらサッシ窓の上部から、すごい勢いで風が侵入しているらしく、「ヒュー」「ピー」と音を立てて外の冷気が入り込んでました。

隣接している他の部屋の窓からは、一切風は入ってはきません。
一部屋の一つのサッシ窓のみから風が入っています。

窓はいわゆる普通のサッシ窓で、掃きだし窓になります。
その窓の外側の一枚の上部の壁枠と窓のサッシの隙間から風が入ります。...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
2つ提案してみます。

1) まず無料で試せる方法としてはサッシ下部にある戸車を調整して、窓を上にあげてみて下さい。
上部の落下防止ストッパーとの兼ね合いも考慮しながら。

2) 次に、外側の窓という事は部屋内から見て左窓になるかと思います。
よく考えて頂ければ分かるのですが、通常は網戸を右にして普段開閉する窓も右、固定窓は左とした方が良いです。
何故ならば、左を網戸にして左窓を開閉していては、構造上 虫などが入りやすくなります。
中途半端な開閉具合だと、網戸と左窓の間に隙間が発生するので、ジグザグに侵入できてしまうのです。

前置きが長くなりましたが、その様な理由から余程の事がない限り左窓を常時閉めた状態であるとして、空気の入る部分にバックアップ材を詰めてみては如何でしょう。
http://www.hitachi-chem.co.jp/japanese/products/ppcm/019.html
断面の丸いものや四角いものがあり、サイズも各種揃っています。
緩衝材みたいなものですから代用できる物も探せばあるでしょうし、新築現場でもハンパは破棄してしまうので、お願いすれば1mぐらい入手できます。

要は隙間テープと同じ事なのですが、場所的にそちらは貼るのが難しいので、バックアップ材を提案してみました。
窓固定なら貼る必要もなく、ただ挟んでいれば良いだけですからね。
隙間より若干太いものを選ぶようにして下さい。
柔軟性のある物なら、他の物で代用しても良いですよ。

注意として、部屋自体ある程度の通気は確保して下さいね。
事故があるといけないですから。
また、部屋のドアを少し開けるとかすれば、それだけで鳴きはおさまりますよ。
結局は早の密閉性が高いから、中でも一番通気される箇所から吸入されているだけです。

ご参考までに。

こんにちは。
2つ提案してみます。

1) まず無料で試せる方法としてはサッシ下部にある戸車を調整して、窓を上にあげてみて下さい。
上部の落下防止ストッパーとの兼ね合いも考慮しながら。

2) 次に、外側の窓という事は部屋内から見て左窓になるかと思います。
よく考えて頂ければ分かるのですが、通常は網戸を右にして普段開閉する窓も右、固定窓は左とした方が良いです。
何故ならば、左を網戸にして左窓を開閉していては、構造上 虫などが入りやすくなります。
中途半端な開閉具合だと、網戸と左窓の...続きを読む

Q窓サッシの調整(重度?)についてですが・・・

たまたま、アミドがグラグラしていたため、それをはずして調整した時に気づきました。
どこの家にでもある普通の窓サッシ(900×1550)なんですが、
しっかりとピタッと閉まらず、なんかナナメってて上方だけに隙間ができます。
もちろん、サッシ下部にある調整ネジのことも承知しています。
そのネジも、回してみればそれなりにサッシは微妙に動いています。
でも、右側・左側の両方の調整ネジをいくらいじっても、
ほんのわずか1ミリ程度狭くなった感じですが、隙間はなくなりません。
調整ネジも、もう回らないくらい、めいっぱいのところまで来ています。
戸車は問題なく、開閉はスムーズに軽々な感じです。
他の窓も一応チェックし、ネジで微調整もして問題ありません。
どうすれば、気持ちよくピタッといくんでしょうか?
どのサイト見ても、その調整ネジで解決できるみたいな感じですが、
それでも調整できない場合、何が原因でしょうか?
わかる方いましたら、是非御知恵を貸していただけないでしょうか?

Aベストアンサー

#3です

お礼を見ました

サッシの微調整はされている
皆さまの回答は敷居 或いは柱の部分が直角が出ていないと きっちり閉まらない。
勿論私も同意見です。

ただ試してほしことは 極端な図面を書きましたが
(B)の戸車をサッシ側に少し押し上にあげれば、柱に沿うことは理解して頂けますか?
もしくが(A)戸車をサッシからほんの少し下げる。

画像は極端ですが 水準器でも当てれば簡単に判ることですが
敷居、柱のどちらかが狂っているのですから、
最終的には戸車を外して・・・

押さえこんで止めているだけの簡単な構造ですので、
詰め物をするとかすれば絶対に調整は出来ます。

ただ この絵の状態であって、修正した場合は左側が持ち上げられますので 水平は当然出ませんが
見た目には目立つ事は絶対ありません。

Q家の床が鳴ります。

平成15年4月に新築建売住宅に入居しました。
住み始めて3ヶ月くらいして、1階リビングのフローリングの床の上を歩くと「ギギィ」と音がするのです。
すぐに不動産会社に連絡をし、床が鳴ることを聞いてみると、
「木造の家の場合は、湿気や乾燥で木の伸縮が起こり、どうしても音がします」
と言われました。
数日後、大工さんが来られ、床板を留めている金属のネジを絞めてもらい音はしなくなったのですが、それからまた3ヶ月くらいすると床鳴りがするのです。
それから3度ほど、床下のネジを絞めてもらったものの、また今も床が「ギギィ」と鳴っています。
こちらも何度も連絡するのが面倒なので、しばらく放っていましたが、静かにしていると結構音が響くので、こないだ不動産会社に電話をしました。
するとまた「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

木造の家って本当に床が鳴るものなのでしょうか?
それとも建築に何か問題があるのでしょうか?(その会社の工法は、床板を完全に乾燥仕切ってない状態で建てていくので、音がすると言われてました)
住宅の鑑定士のような人に相談するのが一般的ですか?

建築には全くの素人なのでよく判りません。
ご存知の方がおられましたら、回答よろしくお願いいたします。

平成15年4月に新築建売住宅に入居しました。
住み始めて3ヶ月くらいして、1階リビングのフローリングの床の上を歩くと「ギギィ」と音がするのです。
すぐに不動産会社に連絡をし、床が鳴ることを聞いてみると、
「木造の家の場合は、湿気や乾燥で木の伸縮が起こり、どうしても音がします」
と言われました。
数日後、大工さんが来られ、床板を留めている金属のネジを絞めてもらい音はしなくなったのですが、それからまた3ヶ月くらいすると床鳴りがするのです。
それから3度ほど、床下のネジを絞めて...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ
わたしは10年ぐらい木造住宅の耐震診断の仕事をしていました。

>「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

この点が一番疑念の種ですね!
フローリングの一般的な施工の方法は,
1:最初に大引き(おおびき)という9センチ角ぐらいの太い材木を90センチ(3尺)間隔で部屋に配置します。(大骨組みだと思ってください)
2:大引きと直角方向に33センチ間隔(3尺)で細い根太(ねだ)という材木を配置します。(小骨だと思ってください)
3:その上に荒床を(だいたい1.2センチ厚ぐらいの合板が多い)敷きます。
(じゅうたんの場合はこの上に直接貼ってしまいます)
4:フローリングの場合は言わばじゅうたん代わりですので、この上にまた品物によって色々ですが1.何センチ程度の化粧板が敷きこまれます。
…ということは、骨組みである1と2の間はかなりきっちりしてるので鳴ることはあってはならないのですが、2と3や、3と4の間というのは季節による膨張縮小などで隙間ができたりするとぎしぎし鳴る場所となります。
(これゆえに木造の床は必ず鳴ります、という返事になるわけです)

ところで心配なのは、なぜ鳴るのか?という原因ですよね。
骨組みと無関係な2と3、3と4の間で鳴っているのであれば、単に音が耳障りだから止めれば良い、という程度の考えでかまいません。
(とくに季節・湿度によって鳴る時期が決まっている場合)
しかし、たとえば家具や重いピアノなどをどすん、と置いてしまったことによって、小骨の根太がぽきん、と折れてしまうようなこともたまに起こります。
そんな場合にはきちんと修繕してもらうことが必要になります。
体重のある大人が、問題の位置で「うん、うん、」と力を入れて床を踏みつけたときに、ゆさゆさするようであれば、根太が折れているようなことが大体わかります。
または、お台所の床下収納があれば、そこから実際に潜って、問題の場所まで匍匐前進して実際に確かめてみることが出来ればそれが一番です。
(メモ用紙とカメラを持っていくといいです)
根太にひびが入っていたら、要修理ということがわかります。

>住み始めて3ヶ月くらいして

という時期から考えますと、乾燥していく経過で、施工時にはぴっちりしていた継ぎ目が、乾燥からすこしずつ隙間があいて音がするようになっているのではないか、と大抵考えられそうです。
新築当初の数年間は、天井裏からいきなり「バリっ!!」とか、誰もいないはずの二階で「どーん!」と家が壊れそうなすごい音もします。
これは大きな梁が乾燥収縮で亀裂が入る音ですが、建築基準法で定められている梁のサイズは収縮亀裂が入ることを前提としたサイズで考えられていますので、「新築の音」を楽しむようにしてみてください。

フローリングの床のぎしぎしが、季節・湿度とは無関係に続くが、床下に潜っても割れはないし、大人がずんずん踏みつけても特にぶよぶよすることもない、という場合は本当に単なる「うぐいす張り」です。でも気持ち悪いですよね、そういう場合には、問題になっている継ぎ目が確定できればそのところに水で薄く溶いた木工用ボンドを筆先や注射器などですーっと浸透していくように吸い込ませてあげると治ってくれます。これはすきまの状況によっては日を変えて3~4回ぐらいやってあげないと吸い込みきれないですが、そんなことでも改善してくれます。

(コニシボンド「フロアメンダー」という商品名でも同様のセット商品として販売されていますが結構高いので、私は水溶きボンドで安上がりに済ませています)

いずれにしましても、床下にもぐれるようでしたら、問題の個所を下から自分の目でしっかりのぞいてみて、ご家族で協力しながら上からふみつけてもらいながら下からチェック、ということをして納得してみるとよろしいと思います。

こんにちわ
わたしは10年ぐらい木造住宅の耐震診断の仕事をしていました。

>「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

この点が一番疑念の種ですね!
フローリングの一般的な施工の方法は,
1:最初に大引き(おおびき)という9センチ角ぐらいの太い材木を90センチ(3尺)間隔で部屋に配置します。(大骨組みだと思ってください)
2:大引きと直角方向に33センチ間隔(3尺)で細い根太(ねだ)という材木...続きを読む

Q新築で”パキッ”とか”ミシッ”とか木の音

いつもお世話になっています。
私の知り合いに相談されて私では分からないので、こちらの意見を聞かせて頂下さい。

2006年9月にセキス○ハウスで新築の家を建てて住んでいます。
時々、寝ていると”パキッ”とか”ミシッ”とか、木の音がするようです。
営業の人に聞くと、新築の木の家は、建てたばかりだから、そういうことがあると言いますが、本当にそうなのか。気になっているようです。
私は、全く分からないので、信じられませんでした。

この話とは別になりますが、期間内に家が出来なかったり、タンスが家に入らなかったり、その他色々トラブルがあり、現在も修理が終わっていないこともあり、セキス○ハウスで建てたことを後悔しているようです。
一流のハウスメーカだと思うのですが、こんなものなのでしょうか?

分かる方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一年半くらい前に新築しました。
我が家は、いろいろ見て最終的に、とある地元の工務店にお願いしました。
shokyuushaさんと同様、あの音にはびっくりしました。
体が「びくっ」とするくらいの音でした。
担当者の人も、知り合いの建材店の人も、よくあることだと言っていました。
また、和室に縁側をつけたのですが、部屋と縁側の間の障子が開かなくなったことがあります。
これも、素材が木であるからこそのようです。
何度か調整をして、今はだいぶ、落ち着きました。
家は少しづつ手をかけて、作っていくものだと言われました。

セキス○さんは現場では組立作業のため工期がとても短いのがメリットのひとつだと思います。
期間内に出来なかったとありますが、どのくらい遅れたのでしょう。
遅れるにしてもあらかじめご連絡がありませんでしたか?
万が一、なかったとしたらそれは考え物ですが、せっかく建てた家、それでもいろいろよくしてくれたであろう営業さん。
これから、何かと相談することがあるかもしれません。
解決していないトラブルや修理はいついつまでに作業完了してもらうという、打ち合わせを早く済まされて、良い関係を続けられたらなと思います。

一年半くらい前に新築しました。
我が家は、いろいろ見て最終的に、とある地元の工務店にお願いしました。
shokyuushaさんと同様、あの音にはびっくりしました。
体が「びくっ」とするくらいの音でした。
担当者の人も、知り合いの建材店の人も、よくあることだと言っていました。
また、和室に縁側をつけたのですが、部屋と縁側の間の障子が開かなくなったことがあります。
これも、素材が木であるからこそのようです。
何度か調整をして、今はだいぶ、落ち着きました。
家は少しづつ手をかけて、作って...続きを読む

Qマンション8階はすきま風が当たり前ですか?

これまで戸建・アパートと最高でも2階にしか住んだことがなく
今回はじめて8階という高さに住み始めて3週間ほどです。

築19年のSRCマンション10階建ての8階。
関東近郊の割とのどかな自然もある場所です。

引っ越し初日から数か所蚊に刺され
玄関周辺にはクモの巣もはりますし、
ベランダ側の窓辺に小バエ?のような小さい虫も落ちていたりしました。

8階程度だとたいがいの虫が飛んでこれないと聞いていましたが、
リフォーム会社(入居前に大規模なリフォームをしました)の人に聞くと
「ここは木の生えた斜面が近いので通常の8階よりは地面が近いせいもある」
とのことで、まあなるほどこの自然だし多少の虫は仕方ないかと思いました。
(ベランダからは広がる田んぼと手前に木々が少し見えます)

しかし、物理的に窓の外に虫がいるのは仕方ないとしても、
窓を閉め切っていてもあきらかにすきま風が吹き込んでいるんです。

よく聞くピューとかそういう音はしませんが、
窓辺にいくと風を感じます。

高層階だから気圧のせい?とも思いましたが
高層階はすきま風が当たり前というのもおかしいなと思い
リフォーム会社の方とサッシメーカーの方に来て見ていただきましたが
20年近い割には状態も悪くないしゆがみもないというのです。
(取り付けてあるサッシは豊和工業というメーカーのもので、
見に来ていただいたのは通常の個人向け?の大手サッシメーカーです)

また、私がG対策として家中すべての換気扇をまわしていることで
引っ張られているのが原因のひとつであると。
(確かに換気扇を止めると、窓の開け閉めが少し軽くなります)

しかし、昨日も掃除したばかりなのに砂埃のようなものが吹き込んでいて、
もう片方の窓には小バエが入っていました。

虫が苦手なので、サッシが解決するまではとほとんど窓は開けていません。
(洗濯物もいまのところ部屋干しでベランダに出ていないので)

サッシによっては水の掃出しのためなどで隙間があったり、
多少のたわみなどもあるでしょう。

とはいえ、高層階で気圧が高いから?にしても
風が吹き込んで砂埃や小虫まで入るのが8階では普通なのでしょうか?

マンション用で普通のメーカーのものより高気密だというのですが、
数年前にリフォームした実家のLIXILの新しい窓と見比べると
網戸にした状態で窓の重なり部分?を覗くと隙間が見えるのも気になります。

これまで戸建・アパートと最高でも2階にしか住んだことがなく
今回はじめて8階という高さに住み始めて3週間ほどです。

築19年のSRCマンション10階建ての8階。
関東近郊の割とのどかな自然もある場所です。

引っ越し初日から数か所蚊に刺され
玄関周辺にはクモの巣もはりますし、
ベランダ側の窓辺に小バエ?のような小さい虫も落ちていたりしました。

8階程度だとたいがいの虫が飛んでこれないと聞いていましたが、
リフォーム会社(入居前に大規模なリフォームをしました)の人に聞くと
「ここは木の生えた斜...続きを読む

Aベストアンサー

補足がありましたので再度回答です。

>換気扇を切ると軽くなるといわれましたが、昨日はこわれるんじゃないかと思うくらい開きませんでした。

なるほど、それは酷いですね。
リフォーム会社の担当にその現状を確認してもらった方が良いですね。
サッシの枠が歪んでるのかなぁ?

もし、リフォーム会社の対応で満足できないなら不動産会社や管理会社にクレームを入れてください。
隙間風が入る物件、網戸が引っかかる物件とは聞いていないしそれを改善するためにこちらが対策して負担をするのはおかしいと。

虫は・・・夏よりはましだと思いますが厳しいですよね。
網戸に塗るタイプのものが割と効果高いです。
つるすタイプは全く効きませんよ。
虫によってはハッカ水も効果的です。

ウチも換気扇を付けていることが多いですけどそれで窓の開閉が重くなる事は無いですよ。
サッシは横方向の動きなので窓が外から押し付けられていても軽い力で開きます。
換気扇が2か所あり両方最強にしてるとかなりの排気をしますが大丈夫ですね。

窓の合わせ部分の隙間もありますが閉まる側にもスポンジタイプの隙間テープを付けると閉める時のパチンと言う防音効果と掃出し穴を塞ぐことが出来ます。
でもまぁこれも普通はリフォーム会社などが入居前にやってくれることとこですけどね。

原因が特定できないのもありやはり交渉した方が早そうです。

補足がありましたので再度回答です。

>換気扇を切ると軽くなるといわれましたが、昨日はこわれるんじゃないかと思うくらい開きませんでした。

なるほど、それは酷いですね。
リフォーム会社の担当にその現状を確認してもらった方が良いですね。
サッシの枠が歪んでるのかなぁ?

もし、リフォーム会社の対応で満足できないなら不動産会社や管理会社にクレームを入れてください。
隙間風が入る物件、網戸が引っかかる物件とは聞いていないしそれを改善するためにこちらが対策して負担をするのはおかしいと。

虫...続きを読む

Q”24時間換気”ってどうしてますか?

家を建てました。24時間換気がついているのですが皆さんはどうされていますか?ずっとつけっぱなしにしてますか?
24時間換気のスイッチには「メンテナンス以外は止めないで下さい」となっていますが、つけていると暖房をしていても空気が入替えされて寒くなっているような気もします。たまに通気構を閉めて24時間換気も止めています。換気したいときだけつけようかな・・と思っていますが、これって駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多数危険なものが存在しています。
これが化学物質過敏症という病気を引き起こすことに気がついたのは実は割と最近です。昔は原因がわからず、でも多数の患者が苦しんでいましたが、北里大学を初めとしてようやく病気であると医学的にも認知され、大問題になりました。
そこで国土交通省と厚生労働省においてこの科学物質過敏症に対する対策を考える審議会が作られ議論されました。
そこで出た結論では、

明確に危険性の判明している化学物質については建材での発散量を規制する
(F****のように表示し、使用量を規制する)

これは割と簡単で、実施が決まりました。ただ長期間換気されない状況が続くとたとえ非常に微量な発散量でも室内の濃度が高くなるため、換気量の問題が残されました。

またシックハウスを防止するという意味では難しい課題も多数残されました。

A.危険性が指摘されているがまだ危険量が不明のものについては引き続き研究を進める
(結局議題に上った複数の問題物質はまだ規制されていません)

B.建材は規制できるが、家の中に入るもの、特に「家具」などは規制の対象外となった。
(国内産は業界自主規制か進んでいますが、海外輸入品まで規制できないため、通商産業省は規制は無理として対象外としました)

C.家の換気量により、また測定位置・高さにより濃度が異なるという問題。
 (たとえば床材からの発散であれば床面は発散量が高くなります。これは赤ちゃんや寝たきり老人には影響が大きいなど)

これらのことから、どうしても24時間常時の換気を取り入れないと、規制値の意味もなくなるし、Bのような問題を解決できないという結論に達しました。

以上が24時間換気を義務とした背景になります。
これをもってではユーザーはどうしたら良いのか。これはもはや各自が判断するないようでしょう。
たとえば24時間換気をとめていて、換気もせずにいたところシックハウスとなった。そういう場合でもそれは自己責任になり誰も責任はとってくれないというだけのことです。

ただ家族に誰もアレルギーが出ていなければ極端に恐れる必要はないとは思います。
たとえば1時間に一回、風が通るように窓を対角2箇所開けてあげるだけで換気は十分とれます。
そのようにして生活している中ではわざわざ24時間換気をつける必要性は実はありません。

ただこれだけは守ってください。
「長時間留守にするときには必ず24時間換気をつけておくこと」

一番危険なのは長時間換気されないために濃度が高くなっていて、帰宅時にまともに濃度の高い空気をすってしまうことなのです。
長時間家を開けるから省エネでとめておこうと考えるのは間違いで、もしとめるのであれば、帰宅したら息を止めて家の窓を全部オープンにして家の空気を一度完全に換気するようにして下さい。

では。

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多...続きを読む

Q新築引渡し後の補修、こんなこと堂々と申し出て良い?

こんばんは。おたずねします。
新築の引渡し日があったのですが、当日は、単に書類を交わすだけで図面を付き合わせたりすることもなく終了しました。

「不具合や傷が有った場合には直しますので、言ってくださいね」と言われているのですが、
担当が帰った後に家を見てみると、気になる点が結構ありまして困惑しております。

そこでお尋ねしたいのですが、補修は通常どこまで対応してもらえるものなのでしょうか。
傷や穴の補修は当然として、大きな点としては、
・作りつけの棚の扉の塗装が一部はげている(上塗りは無理なので扉の交換が必要)
・コンセントの位置が指定と違う(そこは埋めて、別の穴を開ける必要がある。壁紙も…)
・玄関タイルの側面の1つタイルだけ5mmほど出っ張っていて、他と均一に並んでいない(貼りなおしが必要)
などがあります。

上記のようなものでも、施工主には言う権利、メーカーには直す義務があると考えて、堂々と申し上げてよいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も沢山ありましたよ。


担当者同席で一緒に確認した時点で15ヶ所。

後日私達で確認出来た場所が8ヶ所。

全て対応して頂きました。

ドアの交換。キッチンの人口大理石。玄関と娘の部屋の壁紙全て。玄関のタイルと多数対応して頂きました。

嫌な顔もせずキチッと対応していただき感謝しています。これは出来ませんなど一切ありませんでしたね。

その後も 6年間各所の補修などもキチッと対応していただきました。とても満足していますし、色んな方に

も話をして、その担当者で知人が戸建を建てています。

面倒だと考える担当者ではいけませんね。私は良い担当者に当たったと感じています。補修や交換をしてもメ

ーカーの負担はありませんから。

ドアならドアのメーカーや施工会社の損失になるだけでメーカーハウスには何の損失もありません。

今でしか言えない事も沢山あるでしょうから全て言っておきましょう。

場所の写真など(日付入り)撮っておくのも良いと思います。

生涯に何度も建てる事は出来ませんので後悔の無い幸せな楽しい住まいにしたいですよね。

Q浄化槽保守点検料金と清掃料金の妥当性

2年半前に新築した際、町からの補助金をもらい割と高額な浄化槽を設置しました。何でも淡水魚が飼えるほど綺麗な水になるということを聞いたのですが・・・。それは5人槽で4人家族使用しています。その後2,3カ月おきに郵便受けに放り込まれている請求書は税込みで¥3675です。その金額が正当性あるものなのかその点検が確実に行われているのか常に私たち家族は留守なのでわかりません。今回、汚泥が溜まっている為清掃してくださいと言われました。料金表は嫌気式濾床方式で税込み¥24097です。これらの料金は住んでいるところによっても違うのだろうと思いますが近所の人に聞いたところで地元の人ばかり・・・・・・それが当然と思っている人だと思います。できればいろいろなところの方や詳しい方にお話を伺えたらと思います。また清掃とはどれくらいのサイクルで行わなければならないのでしょうか? 私たちは家にいるのは夕方以降、早朝までです。週末もあまりいません。

Aベストアンサー

こんばんは、状況にもよりますが町からの補助をもらった場合には1年に一度の水質協会の浄化槽の点検が必要になります。それに伴ない浄化槽の性能を最大限に生かせるように10人以下の合併浄化槽であれば(年間4回)、浄化槽管理者による管理が必要になります。この場合管理業者との年間契約を結ばなくてはいけなくなります。おおよそ2万円前後ではないでしょうか。その費用に保守点検をした際に消毒が足りなければ補充しますし、洗剤等を使いすぎていて泡が出すぎているようであれば泡を消す薬品を使用します。それは年間契約料とは別に請求されると思います。
清掃ですが基本的には年に一度の清掃が決められていますが、使用頻度によって変わりますので、管理者の判断になってきます。中には悪徳な管理者もいると思いますので
一度管理業者に連絡をして立ち会って見ても良いのではないのでしょうか?ところで契約はどのようにしたのでしょうか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較