ガン治療を行っている医療機関です。
転移状況を知りたく上記機器を投資対象にしています。

A 回答 (2件)

医療機関なら価格ぐらい知っているでしょう。


20億円ぐらいですが買いますか。
    • good
    • 0

そうですか

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガンの転移について 手術が原因でガン細胞が散って転移する可能性は?

ガンの転移について、以前より気になっていたことを質問します。ガンの手術をすれば誰でもいくらかは出血しますが、その時ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?
つまり、手術によってガンの移転を促進するリスクがあるのでは?と昔からぼんやりと思っていたのですが。

Aベストアンサー

>ガンの手術をすれば・・・・ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?

当然、そのリスクがあります。手術以前に、ガンか否かを調べるために患部の細胞を一部とってきて病理検査(細胞診)をしますが、そのときにさえに転移することが考えられる、と言われます。このことの危険性は一般に知られてないですね。

私の2回目の転移と思われる症状が出たとき、検査(細胞診)をするにあたってこの点を主治医に訊ねたことがありました。主治医は「実は、そのリスクがあるんです。」との回答でした。結果、私は他の所見からガンの転移の可能性が高かったので細胞診を受けず直接手術を受けた経緯がありました。術後の切除物の病理検査の結果はガンでした。そして散ったかもしれないガン細胞や取り残された小さなガン細胞を排除するために、手術と平行して免疫療法を受け、そのときから6年以上経っている現在でも免疫療法を受けてます。

「検査のための細胞診」や「手術を行う際に微細に散るかも知れないガン細胞」「取り残されるかも知れない微細なガン細胞」を排除するためにも、免疫療法の併用が有効と私は考えてます。尚、免疫療法に関しては、私の過去の回答を参考になるものがあるかも知れません(下記URLはその一例)。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=2285689

>ガンの手術をすれば・・・・ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?

当然、そのリスクがあります。手術以前に、ガンか否かを調べるために患部の細胞を一部とってきて病理検査(細胞診)をしますが、そのときにさえに転移することが考えられる、と言われます。このことの危険性は一般に知られてないですね。

私の2回目の転移と思われる症状が出たとき、検査(細胞診)をするにあたってこの点を主治医に訊ねたことがありました。主...続きを読む

Q大腸ガンからリンパ節転移の治療法について

大腸がんリンパ節転移について知りたいのですが。
私の親しい友人が、今年7月頃に下血があり病院へ行ったところ、大腸(直腸)ガンと診断されました。

治療を開始した頃は、治療すれば治ると言われていたようですが、その後の検査でリンパ節に転移が認められたとの事で、主治医からは『今の状態からだと完治の可能性は低い』と告げられました。
しかし、本人は先進医療も視野に入れ、やはり完治を望んでいます。

-------------
本人からの病状説明ですが↓


・5、6月頃、便をしたら血が紙について、「おかしい…」と感じる。

・7月に一回トイレに行ったら大量の血が出てさすがに病院に行こうと思って、肛門科を受診。
検査の結果、腫瘍が発見されて大病院へ受診。検査の結果、8月に大腸がん宣告。
この時私はかなり結果を聞くのを怖がってて、医者もそれに配慮して、「直腸がんで、リンパが弱くなってるから抗がん剤と放射線の治療をする」という言い方をした。
つまりこの時にはすでにリンパへの転移発覚。

・8月から放射線と抗がん剤治療開始。放射線は直腸への腫瘍に対して。
ちなみに抗がん剤名は、オキサリプラチン・レボホリナート・フルオロウラシスを使用する、FOLFOX6という方式です。
ポッドを埋め込んでそこから抗がん剤の点滴。なぜ、手術せずにこの治療なのかは人工肛門を避けるための他に、リンパへ転移した腫瘍をなくすため。リンパの腫瘍は大腸の大動脈にあって、これは手術も放射線も出来ないから今の所、抗がん剤治療しかない。一番何とかしたいのは、この大動脈の腫瘍。

・とにかくリンパへ転移した腫瘍が何とかなれば直腸の腫瘍は手術で何とかなる。

以上が本人からの説明です。

--------------------

最初の段階では手術をする方向で治療を始めたのですが、リンパ節転移が発見されたところで、手術は当分見送りで、現在は抗がん剤の治療のみをしております。
手術を見送った理由は、ガンが大動脈の近くに出来てしまったのが問題のようです。
抗がん剤の副作用もかなり強いようなので、抗がん剤の副作用を軽減できる方法などもあればお聞かせください。
リンパ節には3箇所くらいの転移があるようで、特に大動脈の近くにガンが転移してしまったのだ一番の問題のようです。
現在このような病状ですが、良いアドバイスがあったらお願いします。

大腸がんリンパ節転移について知りたいのですが。
私の親しい友人が、今年7月頃に下血があり病院へ行ったところ、大腸(直腸)ガンと診断されました。

治療を開始した頃は、治療すれば治ると言われていたようですが、その後の検査でリンパ節に転移が認められたとの事で、主治医からは『今の状態からだと完治の可能性は低い』と告げられました。
しかし、本人は先進医療も視野に入れ、やはり完治を望んでいます。

-------------
本人からの病状説明ですが↓


・5、6月頃、便をしたら血が紙について、「おかしい…...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、大腸がんの基礎を勉強してください。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/colon.html
http://www.jsccr.jp/guideline2009/guideline_2.html

ポートについては……
http://www.gsic.jp/cancer/cc_15/acd/index.html

大動脈周辺のリンパ節郭清……
上記の説明で、大動脈周辺のリンパ節郭清が
一般的には、可能であることが分かると思います。
しかし、今回は、医師が、「それができない」と言っているのは、
それなりの理由があるからです。
文面からでは、その理由がわかりません。

人工肛門を避けることが可能ということは、腫瘍が肛門から離れている
ということです。
大動脈周辺のリンパ節郭清と低位前方切除術(人工肛門を造らずに、直腸を
肛門を繋ぐ手術)とは、基本的に無関係です。
ですが、大動脈周辺の腫瘍が、低位前方切除術をするか、しないかの
問題になっているということは、そこを何とかしなければ、
低位前方切除術をしても、意味がない
ということだと思います。

つまり、状況は、かなり厳しいということが想像されます。

ご参考になれば、幸いです。

まずは、大腸がんの基礎を勉強してください。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/colon.html
http://www.jsccr.jp/guideline2009/guideline_2.html

ポートについては……
http://www.gsic.jp/cancer/cc_15/acd/index.html

大動脈周辺のリンパ節郭清……
上記の説明で、大動脈周辺のリンパ節郭清が
一般的には、可能であることが分かると思います。
しかし、今回は、医師が、「それができない」と言っているのは、
それなりの理由があるからです。
文面からでは、その理由がわかりません。

人工肛門を避...続きを読む

Q抗ガン剤治療中に転移

初めて質問させて頂きます。

内縁の妻が今春にリンパ節にも疑いがあるため肺癌の手術をを行い片肺を摘出しました。
手術は無事成功しリハビリに励んでおりました。
その後、予防のため本人はとても嫌がっていましたが万が一再発した時に治療しなかった事を後悔するよりやれる事をやっておこうと言う私の意見を聞いてくれ、抗ガン剤治療を行いました。
特に副作用の吐き気に苦しみながら2クールまで頑張ったのですが、3クールの途中で胃の痛み?により救急で病院へ。
胃には特に異常は見られないとの診断。
しかし、そのまま膵臓や他数か所への転移が見つかり先月息を引き取りました。
こんな事なら嫌がる抗ガン剤治療をしなければ副作用に悩まされず好きな事を一緒にした方が良かったかもと頭によぎります。

救急で運ばれた時にわかっていても手遅れなのか、抗ガン剤より強い癌細胞だったのでしょうか?
それとも抗ガン剤の種類が間違えていたのでしょうか?

わかりにくい文での長文すいません。
本当に抗ガン剤治療を嫌がっていたのに何のために?という考えが拭えず、、可能性の範囲で結構ですのでよろしくお願いします。

初めて質問させて頂きます。

内縁の妻が今春にリンパ節にも疑いがあるため肺癌の手術をを行い片肺を摘出しました。
手術は無事成功しリハビリに励んでおりました。
その後、予防のため本人はとても嫌がっていましたが万が一再発した時に治療しなかった事を後悔するよりやれる事をやっておこうと言う私の意見を聞いてくれ、抗ガン剤治療を行いました。
特に副作用の吐き気に苦しみながら2クールまで頑張ったのですが、3クールの途中で胃の痛み?により救急で病院へ。
胃には特に異常は見られないとの診断。
...続きを読む

Aベストアンサー

抗がん剤は同じガンでも、必ずしも効果があるわけじゃありません。
ある意味抗がん剤より強いガンだった、と考えるべきじゃないでしょうか。

「たら、れば」ですよ。
もしかしたら、抗がん剤を使わなければ好きなことをできたかもしれない。
でももしかしたら、転移もより進んでいたかもしれません。
過ぎてしまったことなので確かめることはできません。

最後まであなたの言葉に耳を傾け、あなたの意見にについてきてくれた…
そう思いませんか?
今から後悔してもキリがありません。先に行ってしまわれましたが、
一緒にいてくれたことに感謝しましょうよ。

Q【抗ガン剤】抗ガン剤の治療について質問です。抗ガン剤治療を受けてそのまま生き続けた人っているので

【抗ガン剤】抗ガン剤の治療について質問です。

抗ガン剤治療を受けてそのまま生き続けた人っているのでしょうか?

抗ガン剤治療をしなかった人でいつの間にかガンが消えて今も生きている人はよく聞きます。

しかし、抗ガン剤治療をした人で頭がつるっ禿げになった人で今もピンピン生きているという人の話は聞いたことがないです。

抗ガン剤治療をすると延命するがすぐに死んでいってる気がします。

抗ガン剤治療に懐疑的なんですけどどう思いますか?

ガンに負けた体がガンに勝つ抗ガン剤という毒を体内に入れて生き残れるという発想がおかしいと思ったりします。

抗ガン剤に勝てるならガンに負けなかったと思いますけど。

Aベストアンサー

私の以前の勤務先には抗がん剤治療を受けて髪がなくなっていましたが、5年経過したので治癒したと宣言された人がいます。

その後、別の部位にガンが見つかりましたが、新たなガンだとみなされました。

「すぐ」「生き続けた」が何年をさしているのかにもよります。

Q腎臓ガンから転移した高齢者の肺がん治療

79歳になる父の治療方法についてお願いします。体力はあるのですが本人の希望により苦痛を伴う治療は望みません。

『主治医(泌尿器科)に意向は伝えたので年齢や既往症を考慮して軽い抗がん剤を処方されたのだと思いますが、もし治療法を変えれば治る見込みがあるのなら他の選択肢を…と迷っています。』

『またこのまま軽い薬だけ飲んで行った場合、病状が今後どのような進行状況をたどるのか不安です。』

主治医に尋ねるべきだと思いますが父の前で聞けず、また私が遠く離れて暮らしているので、主治医に会いに行くことが難しい状況です。なので私自身も色々と調べてはいますが、どの方法が良いのか判りません。

ラジオ焼灼療法?のリスク等も含めて、どんな治療法が望ましいのかアドバイスをよろしくお願いします。

☆既往歴など
・1年前に腎臓ガン(中期)で左全摘手術(化学療法はせず)
・1、2センチと思われる物が両方の肺に転移していることが本日判明(何箇所かは不明)
・ユーエフティE(軽い?抗がん剤)を処方されました。
・3ヶ月後にCT検査を受けます。
・CTにより現在心臓肥大の兆候あり
・ごくまれに心臓に違和感を感じるが投薬等の治療は今のところ何も受けていません。
・降圧剤を毎日服用中
・8年前に15ミリ程度の心臓動脈瘤が見つかりましたが、特に治療はせず、その後動脈瘤の検査はしていません。
・5年前に初期の胃ガンで3分の2摘出、予後良好(化学療法はせず)
・ここ3年の間に鼠径ヘルニア(左右共)で2回手術しています。

心臓のほうも心配なのですが、腎臓ガン手術、肺転移の事で父が精神的に弱くなっているので少し落ち着くまで心臓の検査は待ってほしいと言われ、やむなく様子を見守っているところです。

長文になり申し訳ありませんが
よろしくお願い致します。

79歳になる父の治療方法についてお願いします。体力はあるのですが本人の希望により苦痛を伴う治療は望みません。

『主治医(泌尿器科)に意向は伝えたので年齢や既往症を考慮して軽い抗がん剤を処方されたのだと思いますが、もし治療法を変えれば治る見込みがあるのなら他の選択肢を…と迷っています。』

『またこのまま軽い薬だけ飲んで行った場合、病状が今後どのような進行状況をたどるのか不安です。』

主治医に尋ねるべきだと思いますが父の前で聞けず、また私が遠く離れて暮らしているので、主治医...続きを読む

Aベストアンサー

お礼の欄の文を読ませて頂きました。治療法は、ご自身で決めなくてはなりませんが、現在の治療にハスミワクチンとサプリメントを加える治療ですと比較的容易に出来ますので、先ずこれを試して見るのが現実的なのかな、と感じました。これだけでも初年度は相当の費用の負担となってしまいますし。質問者さんのお母さんは腎臓が原発とのことのようですが、ハスミワクチンは泌尿器系のガンに対しても効果が高い分野です。下記に私の母の体験談と多少の私の体験談が記載されていますので参考ください。状況は異なりますので何とも言えませんが、ちなみに私も私の母も手術に加えてハスミワクチンとサプリだけでやってきました。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1696288

また、ANo.2のURLに記載しましたDVD「ガンワクチン 治療型ワクチン時代の到来」という映像を、先程、再度見て見たのですが、質問者さんの同じように腎臓ガンから肺に転移したガンが消失した例が紹介されてますのでご覧になっては如何かな、と思いました。お住まいが東京であれば、阿佐ヶ谷の珠光会のロビーで繰り返し放映されてますので見ることが出来ますし、郵送で購入することも可能です。

ハスミワクチンも抗ガン剤をやってから時間をおかないでスタートするのがチャンスのときです。抗ガン剤によってガン抗原が顕わとなり、ガンの見方をしてしまう免疫抑制細胞 regulatory T cell をが一掃もしくは少なくなっているからです。前述しましたとおり資料がもらえるものならそれを持って相談されたらよいと思いますが、主治医が協力的でない場合でも、源発の部位と種類が分かっていれば、ハスミワクチンを始めることが出来ます。その場合ですと、ワクチンの注射はご自分でなさるか、お近くの医院でやってもらうことになると思います。ちなみに私や私の母は自分で自分のお腹(ヘソの2センチくらい下あたり)に5日おきにしてます。インシュリン注射の回数に比較したら少ない、と思ってやってます。

お礼の欄の文を読ませて頂きました。治療法は、ご自身で決めなくてはなりませんが、現在の治療にハスミワクチンとサプリメントを加える治療ですと比較的容易に出来ますので、先ずこれを試して見るのが現実的なのかな、と感じました。これだけでも初年度は相当の費用の負担となってしまいますし。質問者さんのお母さんは腎臓が原発とのことのようですが、ハスミワクチンは泌尿器系のガンに対しても効果が高い分野です。下記に私の母の体験談と多少の私の体験談が記載されていますので参考ください。状況は異なりま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報