【中国の教えに従ったら散々な目に遭った】


多分、中国故事の「急がば回れ」を間に受けて遠回りしたら遠回りしただけで終わった。

この中国故事って間違ってますよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

中国語に「欲速则不达」は大体同じ意味と思います。



《论语·子路》:“无欲速,无见小利。欲速则不达,见小利则大事不成。”

速やかならんと欲すること毋(な)かれ。小利を見ること毋かれ。速やかならんと欲すれば則ち達せず。小利を見れば則ち大事成らず
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2017/04/21 19:09

そう言う事象で使う言葉じゃないだけかと。


大望を抱く者は、目先の利益などに目を奪われず、大局的に考えて・・みたいなことですよ。

従い、単に急いでる時は、近道すりゃOKで。
そんな時に、わざわざ遠回りするのは・・アホです。

余談ながら、中国の故事で言えば、個人的には「50歩100歩」に違和感を覚えます。
戦場で100歩逃げるのと、50歩で踏み止まる違いは、かなりデカいと思いますので。
「50歩51歩」なら判るけど。
    • good
    • 0

パラドックス、逆説です。

    • good
    • 0

>多分、中国故事の「急がば回れ」を間に受けて遠回りしたら遠回りしただけで終わった。


>この中国故事って間違ってますよね?
まず、そもそも「急がば回れ」は中国故事ではありません。
こちら↓にあるように日本発祥のことわざで、「回れ」の対象は実は琵琶湖だったりします。
http://gogen-allguide.com/i/isogabamaware.html

「危険な水路を行くよりも、遠回りしてでも安全な陸路を行け」
というのが本来の意味ですから、ただ単に遠回りをするということとは違います。
    • good
    • 3

その場で一回転するという選択肢もある

    • good
    • 0

遠回りって道路を遠回りしたって事ですか?


それなら「急がば回れ」とは意味が違うでしょう。
辞書でよく意味を調べた方が良いと思いますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国の故事について教えてください

中国の故事について教えてください


具体的な作家名や故事が思い出せないのですが、
次のような内容の故事です。
ご存知の方、教えてください。


昔の時代の話、
著名な作家である○○が、地方の田舎を訪れた。
ある飲食店に入って食事をしたら、
そこの店主がとても横柄で不遜な態度であった。
しかし、回りの会話から、○○がどうやら有名な作家であるらしい、と解った店主は、
最初の態度から、急に一転し、ぺこぺことし始めた。
食後、○○が席を立とうとすると、
店主が○○に「店の宝にするから」と一筆求めた。
○○は色紙に「~~~~~~(中国語)」と書いた。
その内容は、「始め偉そう、中ぺこぺこ、終いには土下座」という内容であった。


故事のタイトルは、この「~~~~~~(中国語)」という語句だったように覚えてますが、
違うかもしれません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このような物語が知っていますが、それか、じゃないか、知らない。
大筋は三段階があります。
最初、店主が作家に“坐”といった。つまり、座れです。
作家だったということをわかったあと、“?坐”といった。つまり、座ってください。
最後、普通の作家じゃなく有名人だったということをわかった。それで“?上坐”といった。つまり、お腰掛けてください。(そう訳して、いいですか?とにかく、尊敬の意味です)
一方、店員に三階段でそれぞれ“茶”,“上茶”,“上好茶”といった。茶、茶を注ぐ、いい茶を注ぐという意味です。
だから、作家が最後、「坐、?坐、?上坐」、「茶、上茶、上好茶」という対句を書いた。


日本語が下手ですから、うまく説明していない。まだわからないところがあるなら、僕に聞いてください。もし、翻訳のミスを指摘したら、感謝します。

Q中国語の故事「各打三十大板」について

中国語の故事「各打三十大板」についてどういった内容の戒めなのかしりたいと思っています。

孔子の「厩火事」(これは落語ですが)のようなお話があるのでしょうか。
何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「各打三十大板」は長い中国語の故事ですから、http://www.jcrb.com/zyw/n5/ca10911.htm に「兄弟争田」を見てください。

何故「三十」ですか。「大板」は昔中国の刑罰です。簡単にいうのは「尻をたたく」です。
しかし、成人より30を上回るの「大板」は人を打ち殺すことができます。それから、「三十」は最も多いの数量です。

今、「五十」も使えますが、正確ではありません。

Q「車到山前必有路」って、中国では有名な故事なんですか。

「車到山前必有路」って、中国では有名な故事なんですか。

Aベストアンサー

同じ質問を香港出身の中国人(台湾、北京での就学経験有り)に聞いたことがあります。

彼女が言うには中国では有名な故事なそうですが、

香港あたりでは同じ意味合いで、

「船到橋頭自然直」をより好んで使うそうです。

Q中国の故事成語

むかし中国語を勉強するときに、故事成語の本を使ったことがあります。日本語の説明もありましたが、殆どが中国語でした。すごく分かり易く、有名な故事成語が沢山載っていました。今ではその本もなくなってしまい、出版社もわかりません。故事成語が載っているサイトでお勧めがありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

何か任意の漢字を入れると、その漢字を含む成語がずらずらと出てくる、「成語検索サイト」です。

中国語検索なので中国語フォント&IMがパソコンに入っていないと使えませんが、かなり優れものです。

電子成語辞典(中国語)
http://www.yofoo.com/chengyu/

参考URL:http://www.yofoo.com/chengyu/

Q中国故事・・政治??そんなの関係ねえ・・・

 本来は、社会か伝統カテゴリーなのでしょうが、こちらのほうがご存知の方が多いかと
 子供のころ、漢文の授業だったか・・故事で、王様が、政治に民が満足しているか気になって、身分を隠して町を歩いて聞いてみると「政治なんて、そんなの関係ねぇ・・」と答えたのを聞いて、たいそう満足した。
 という風な話があったと思います。教科書に載っているくらいですから、有名な故事だと思うのですが、こういうあいまいな記憶ではgoogle先生では聞きようがない。
 どなたかご存じないですか??

Aベストアンサー

帝堯の時代についてのお話ですね。
十八史略の「鼓腹撃壌」に描かれているものでしょう。

http://members.jcom.home.ne.jp/diereichsflotte/18CsAH/KOFUKUGEKIJO.html
http://homepage1.nifty.com/kjf/China-koji/P-129.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%AF


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報