ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

誘電率について質問します

k=1/4πε

という式は証明可能なのでしょうか?

εは誘電率という意味で、kはクーロン力の比例定数です

質問者からの補足コメント

  • ご回答ありがとうございます

    1/4πという数字はどのように導き出されるものなのでしょうか?

    誘電率は物理的に計測できるものであるというのはわかります

    電位や電場の値が誘電率に比例しそうだなということもなんとなくわかるのですが、1/4πというのはどこから来るのでしょうか…?
    経験的な数値でしょうか?

      補足日時:2017/06/19 16:50

A 回答 (5件)

No.4です。

失礼しました。

>No.1です。

は間違いで、

No.2 です。

が正しいです。

#1さん、失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

とてもわかりやすかったです
1/4πがどこから出てきたか、kとεの関係、どちらも分かりました!

ありがとうございました!

お礼日時:2017/06/19 18:41

No.1です。



>1/4πという数字はどのように導き出されるものなのでしょうか?

点電荷が作る磁場は、電荷を中心とした点対称で、どの半径の球面の表面積をとっても「電気力線」の本数は同じになります。

点電荷 Q1 から発する電気力線の本数を Q1*N 本とすると、どんな半径においても、電気力線の球面全体の合計は Q1*N 本で一定です。半径 r の球の表面積は 4パイr² ですので、この半径での「単位面積当たりの電気力線の数」(電気力線密度)は
  Q1*N / 4パイr²
になります。
この「電気力線密度」が「電場の強さ」に相当するので、点電荷 Q1 から r だけ離れた地点の電場の強さを
  E(r) = Q1*N / 4パイr²   ①
と定義します。(このときに、N をどんな値にすればよいかは保留としておきます)

もう、ここで何故「1/4パイ」が出てきたのか分かりましたよね? 

最後までやれば、ここに別な電荷 Q2 を持ってくると、その電荷に働く力は
  F = E(r) * Q2   ②
となります。「電場の強さ」は、そのように定義しましたから。
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/dennba/de …

ということで、②に①を代入すれば
  F = Q1*Q2 *N / 4パイr²
となります。

これは、電荷間に働く力であるクーロンの法則
  F = k*Q1*Q2/r²
と同じ形をしていて、
  k = N / 4パイ
が対応します。

ここで、上で「保留」としておいた「N」を N = 1/ε と表わせば、
  k = 1 / 4パイε
になることが分かります。つまり、この誘電率「ε」とは

「Q クーロンの電荷からは、Q/ε 本の電気力線が出る」

という意味のものなのでした。「電気力線の数」というとちょっとあいまいですが、「電荷」とその電荷が作る「電場の強さ」の間を媒介する定数と考えればよいです。マックスウェルの方程式では、電場の「発散:div」が
  divE = ρ/ε
(ρ:電荷密度 [ C/m³ ])
という風に表わされます。
    • good
    • 0

証明可能か?というよりは、このように決めてしまったって事です(^^;)


このようにしておくと、大学で勉強する電磁気学の式が簡潔になるんですね(-_-)
    • good
    • 0

kはクーロンの法則(2つの電荷間に働く力)の比例定数です。



1/4πε は点電荷の作る電場の定数です。この電場の中に別な電荷を置けば、クーロンの法則と同じ力が働きます。

証明も何も、「同じもの」を別な方式で表記しただけです。
    • good
    • 0

物理に出てくる式全般に言えることですが、比例係数というものは使用している単位に依存します。


たとえばニュートンの運動方程式として
F=ma
というものがありますが、これはSI単位系を使うことが前提の式であり他の単位系では単位に合わせた係数がつきます。

この場合もそうで、これはSI単位系を使っているために基本的な方程式(Maxwell方程式等)から得られるものとなります。
単位の定義(m,kg,s,A)と基本的な方程式からクーロンの式の係数を導くことができます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第一宇宙速度で真上に打ち上げた場合

第一宇宙速度の約 7.9km/sで物体を水平に発射すると,空気抵抗や地球の自転等の影響を無視すれば地球を約84分で一周して元の場所に戻ってくると聞きました。

ではこの速度で真上に打ち上げた場合,第二宇宙速度の11.2km/sには足りないのでどこかで下降に転じると思うのですが,それは地上何kmでそこまで何分かかるのでしょうか?

Aベストアンサー

第一宇宙速度は、円運動の周速度です。
この速度で、加速度なしで等速運動する場合を考えています。

 宇宙レベルで考えると、「重力加速度」が一定とは考えれらなくなります。実際、#1さんの計算した「高度3100km」は、地球中心からの半径が 6371 + 3100 = 9471 km ということですから、地表の地球半径の約1.5倍で、万有引力の法則から、重力加速度は (1/1.5)^2 ≒ 0.44 つまり地表の半分以下になっています。

 ということで、正確には第二宇宙速度の計算のように「重力場の位置エネルギー」で計算する必要があります。

 無限遠を基準にした「重力場の位置エネルギー」は、地球表面では、地球の半径を R として
  U = -GMm/R
となります。
 同様に、地球中心からの距離を H の宇宙船の位置エネルギーは、
  -∫[∞→H](GMm/r^2)dr
なので、地表の位置エネルギーとの差が「打ち上げ時の運動エネルギー」ということになります。つまり
  -∫[∞→H](GMm/r^2)dr - ( -GMm/R ) = (1/2)mv^2
ということです。これより、
 (1/2)mv^2 = -GMm/H + GMm/R = GMm(1/R - 1/H)
→  GMm/H = GMm/R - (1/2)mv^2
→  1/H = 1/R - (1/2)v^2 /GM
→  H = 1/[ 1/R - (1/2)v^2 /GM ]

あとはこれに数値を入れて、
 R = 6371 km = 6.371 * 10^6 m
 M = 5.972 * 10^24 kg
 G = 6.674 * 10^(-11) m^3kg^(-1)s^(-2)
 v = 7.9 km/s = 7.9 * 10^3 m/s
より

H = 1/[ 1/(6.371 * 10^6 [m]) - (1/2)(7.9 * 10^3 [m/s])^2 / ( 6.674 *10^(-11) * 5.972 * 10^24 [m^3/s^2] )
 ≒ 1/[ 1.570 * 10^(-7) - 0.783 * 10^(-7) ]
 ≒ 1/[ 7.87 * 10^(-8) ]
 ≒ 1.27 * 10^7 (m)
 = 12700 (km)

ということです。地球の半径が 6371 km ですから、これを差し引くと地上からの高さ 6300 km 程度ということで、「地球半径程度の高さ」ということです。
 なお、静止衛星の軌道が地上約 36000 km ですから、これよりはかなり低いです。

第一宇宙速度は、円運動の周速度です。
この速度で、加速度なしで等速運動する場合を考えています。

 宇宙レベルで考えると、「重力加速度」が一定とは考えれらなくなります。実際、#1さんの計算した「高度3100km」は、地球中心からの半径が 6371 + 3100 = 9471 km ということですから、地表の地球半径の約1.5倍で、万有引力の法則から、重力加速度は (1/1.5)^2 ≒ 0.44 つまり地表の半分以下になっています。

 ということで、正確には第二宇宙速度の計算のように「重力場の位置エネルギー」で計算する必要があ...続きを読む

Qソレノイドの内部にできる磁界の大きさはソレノイドの寸法や内部に存在する物質の種類に影響されない とテ

ソレノイドの内部にできる磁界の大きさはソレノイドの寸法や内部に存在する物質の種類に影響されない

とテキストに書いてあります。H=NIよりそれは分かるのですが、学校の実験でただのソレノイドの電磁石より鉄釘に巻いたソレノイドの電磁石の方が磁力が強いというのがあったと思います

イメージとして中が空洞のソレノイド電磁石より鉄心に巻いたソレノイド電磁石の方が磁力が強いイメージがあるのですがやはりどちらも変わらないのでしょうか

Aベストアンサー

磁界とは加えたエネルギーです。
出力は、と言えば、媒体による磁束になります。
その磁束の大きさが、鉄等の吸着力になります。

Q1GB(ギガバイト)って、何g(グラム)の重さですか?

こんにちは。
1GBは、何グラムでしょうか?
GBがデータの単位で、グラムが重さの単位であることはもちろん理解している上での質問でございます。

パソコンで作った1GBのデータは、Wifiに乗せて他の家のサーバーやパソコンやスマホに運べるということは、確かに物体として存在するわけで、どのくらいのデータ量(GB)が集まったら、やっと1gになるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

有名な「マクスウェルの悪魔」に関連して、「シラードのエンジン」という話があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%AD%94#.E3.82.B7.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3

簡単に結果を述べれば、もし、熱力学の第二法則が正しい(第二種の永久機関が作れない)とするなら、
温度Tの環境で、1bitのデータを記憶するには、最低でも、k*T*log(2) のエネルギーが必要です。
例えば、T=300(K) (27℃)だとすると、1GB 記憶するには、
https://www.google.co.jp/search?q=%28Boltzmann+constant%29%2a%28300+kelvin%29%2aln%281e9%29
8.58346389 × 10^-20 ジュールのエネルギーが必要です。
さらに、有名な E=MC^2 を使えば、これは、
9.55039158 × 10^-37 キログラムに相当します。
https://www.google.co.jp/search?q=%28Boltzmann+constant%29%2a%28300+kelvin%29%2aln%281e9%29%2f%28c%5e2%29

有名な「マクスウェルの悪魔」に関連して、「シラードのエンジン」という話があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%AD%94#.E3.82.B7.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3

簡単に結果を述べれば、もし、熱力学の第二法則が正しい(第二種の永久機関が作れない)とするなら、
温度Tの環境で、1bitのデータを記憶するには、最低でも、k*T*log(2) のエネルギーが必要です。
例えば、T=300...続きを読む

Q原子核崩壊でα線やβ、γ線が出るのはわかるのですが、出続けるメカニズムがわかりません。

原子核崩壊でα線やβ線、γ線が出るのはわかるのですが、出続けるメカニズムがわかりません。放射性物質の半減期は何万年もあるものもあります。原子核が崩壊すればそのエネルギーが放射線となって放出されるのはわかるのですが、それは最初の一回だけ起こって、それが起こればもう起こらないのではないですか? つまり放射線も一回だけ出てもう出ない。それがずっと続いているというのは、ずっと原子核崩壊が続いているということなのでしょうか? 放射線が出続けるメカニズムがわかりません。ご教示よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ある放射能を持つ核種が、単位時間に崩壊する確率は、置かれている環境に左右されません。その核種、固有値であることが経験的に知られています。
確率なので、1つの粒を見ていれば、

・ いつ崩壊するかは神のみぞ知るということで、だれにもわかりません。
・ もちろん、崩壊してしまえば、その粒からは放射線はでません。

ということになります。

その同じ核種を一定量集め、たくさんの粒を統計的に観察し、半分の粒が放射線を出して崩壊するまでの時間を半減期と呼ぶわけです。
たくさんの粒があるから、放射線が出続ける。別に不思議なことはないですね。

半減期ごとに半分になり、やがてすべて崩壊すると、放射線は出なくなります。

Q高校物理 慣性力での文字の置き方についての質問です。

滑らかな水平面上に、滑らかな三角形の台があるとします。その上に小球を静かに乗せると、台と小球はともに動き出します。小球が動く地面と平行な方向を変位、速度、加速度が正の方向とする時に、台が加速度bで動き出したとする時の、小球に働く慣性力をどのように図示したらよいか分かりません。
このように台の加速方向が定められていない場合、bは大きさとして扱ってはダメですよね?だから台も正方向に移動するとして、慣性力を書かないといけないのですか?

物理の問題集を解いていると偶に、値が負になる文字が出てくるのですが、その時に、どう対処したらよいのか分からなくなります。これって負の概念について分かっていないということなのでしょうか?ご回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

物理の中で力学に関しては、ベクトル数値と聞きますが。
値が負、例、右に10の加速度、同じ場面で-10の加速度(左に10の加速度)

Qこの問題の(2)でエネルギー保存則を使って求められないのは何故ですか? 気体のした仕事=バネのエネル

この問題の(2)でエネルギー保存則を使って求められないのは何故ですか?
気体のした仕事=バネのエネルギー+ピストンの位置エネルギーとしたのですが
これに外に放出した分のエネルギーを入れないといけませんか?

Aベストアンサー

>この問題の(2)でエネルギー保存則を使って求められないのは何故ですか?
気体のした仕事=バネのエネルギー+ピストンの位置エネルギーとしたのですが
これに外に放出した分のエネルギーを入れないといけませんか?

シリンダ内部の気体が直接仕事をしているのはピストンだけです。
ピストンが気体から受けた仕事は次のように使われます。
・ピストンの位置エネルギーの増加
・バネの弾性エネルギーの増加
・外部大気にした仕事
質問者は3番目の外部の大気にした仕事を無視しています。大気の圧力は一定であるため、外部大気にした仕事は
大気圧×ピストンの面積×移動距離
で計算できます。

Q相対性理論とはなんですか? 最近なぜか分かりませんが、相対性理論が流行っていて、話についていけません

相対性理論とはなんですか?
最近なぜか分かりませんが、相対性理論が流行っていて、話についていけません。
僕でも理解できるようにどなたか回答お願い致します。
僕にとって分かりやすかったと思った説明をしてくださった方をVIPに選びますね(^∇^)

Aベストアンサー

私も中学生の頃に読んだ本の知識しかないんだけどね。
ちなみに計算自体は中学生数学でどうにかなる。
だけど、相対性理論で出てくる現象を理解するには、少なくとも高校生レベルの知識が必要になる。
多分君の周りで相対性理論の話題を出している人たちも、現象の半分も理解できていないと思うよ。

さて、じゃあ超簡単にどんなものかと言うと、要するに物理の理論。
細かい事を言い出すとメチャクチャ難解な理論。
で、「特殊相対性理論」と「一般相対性理論」の二つに分かれる。
ちなみに難易度は一般相対性理論の方が高い。

んじゃどんな現象のことかっていうと
特殊相対性理論では
1、光より速く動けるものはない
2、光に近い速度で動いているものの長さは縮んで見える
3、光に近い速度で動いているものの時間は遅く流れる
ってこと。
一般相対性理論は特殊相対性理論に重力を加味したもので
1、重力の強い場所ほど時間が遅く流れる
2、重力の強い場所ほど空間が歪む
3、止まっているものでもエネルギーがあって、重いほどエネルギーが大きい
てなとこ。

これらを様々な数式を使って証明して「ほらね、俺の言った通りでしょ?」っていう話。

でもってこれらの理論によって、宇宙の始まりって言われているビッグバンや、ダイソンの掃除機よりも何でも吸い込んでしまうブラックホールも、さっき挙げた6つのことで説明することができる。
どうやってそれを説明するかって話は、難しい話になるから割愛するし、何より私も説明しきれるほど知らない。

かなり簡単にエッセンスだけを抽出してみた。
とりあえず数式を解くだけなら中学生の数学で解けるけど、理解しようとしたら高校生くらいまで待てって話。

私も中学生の頃に読んだ本の知識しかないんだけどね。
ちなみに計算自体は中学生数学でどうにかなる。
だけど、相対性理論で出てくる現象を理解するには、少なくとも高校生レベルの知識が必要になる。
多分君の周りで相対性理論の話題を出している人たちも、現象の半分も理解できていないと思うよ。

さて、じゃあ超簡単にどんなものかと言うと、要するに物理の理論。
細かい事を言い出すとメチャクチャ難解な理論。
で、「特殊相対性理論」と「一般相対性理論」の二つに分かれる。
ちなみに難易度は一般相対性理...続きを読む

Qお湯の温度よりも高くなりせんよね?

60℃のお湯に鉄板とアルミニウム板を入れるとします。
すると鉄板やアルミニウム板が60℃以上になることってないですよね?

Aベストアンサー

ない事はないです
最初の時点で鉄板やアルミ板が60℃以上なら十分あり得ます。
初期条件に「鉄板とアルミ板は両方とも常温」などの様な条件が付いているのであればあり得ないでしょう

Q電子回路についての問題です。 全くわからないので写真の問題の解説解答をお願いしたいです。 よろしくお

電子回路についての問題です。
全くわからないので写真の問題の解説解答をお願いしたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)だけですが、
 C2 = C1・( 1 + Av )  になります。

C2にはVinしか加わりませんが、C1には一端にVin、他端に Vout=-Av・Vin が加わるので、
合わせて (1+Av)・Vin が加わることになります。つまりC1は容量値の(1+Av)倍のコンデンサとして働きます。( C1は容量は小さくても大きい電圧が加わるので流れる電流は大きくなります。)
例えば C1=10pF、Av=100倍 とすると、C2=1010PF と等価になります。
この現象をミラー効果といい、わずかな容量でも高い周波数でのゲインを大きく低下させます。スイッチング回路ではスイッチングスピードを低下させるのでその分ドライブ回路を強力にせねばなりません。

Q√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-6 この計算のどこがおかしいですか?

今高校数学2 複素数と二次方程式 の範囲を勉強しているのですが、
√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-√6  
この式のどこが間違っているのか分かりません!教えて下さい!
ご回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

質問者は、多分、複素関数の話をしたいのではないと思います。
-----------------------------------------------
>素数という概念内では根号の中身が負になってもいいのかなと
>思っていたのですが、違うのですか?ご回答宜しくお願いします!

複素数まできちんと学んでいますね?
根号の中身は負で大丈夫です。自信をもってください。
これまでは根号の中身が負の数はNGでした。
これからは、根号の中身が負であってもOKです。
-------------------------------------------------
でも「負の数の根号」とがOKなことと
「負の数の根号」×「負の数の根号」の“計算”が
今まで通りOKなことは違うということです。

つまり、根号の中身が負のときには
√a × √b = √ab 
とは計算してはいけないということ。

数学Ⅰの教科書を見てください。
性質★ a>0 b>0 のとき √a × √b = √ab
と書いてありますよね!

√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-√6 

の計算式では左から2つめの=が誤っていて、それ以外の=は正しいです。
--------------------------------------------------

No4の回答について

> √(ー2)(ー3)=√(ー1)√(2)√(ー1)√(3)=√(ー1)²√2√3=√2√3=√6 だから。 ☆

2つ目の=と3つ目の=が計算の性質★に違反しています。

>この部分を√(ー1)√(2)√(ー1)√(3)=i√(2)i√(3)としてはダメな理由を教えて頂けませんか?
ダメでなく、正しいです。(これは自信を持ってください!)
でも数式☆では2つめの=がNGだから、√6とは等しくありませんね!

質問者は、多分、複素関数の話をしたいのではないと思います。
-----------------------------------------------
>素数という概念内では根号の中身が負になってもいいのかなと
>思っていたのですが、違うのですか?ご回答宜しくお願いします!

複素数まできちんと学んでいますね?
根号の中身は負で大丈夫です。自信をもってください。
これまでは根号の中身が負の数はNGでした。
これからは、根号の中身が負であってもOKです。
-------------------------------------------------
でも「負の数の根号」と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報