今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

ラットの解剖先日したのですが、人間と違い肝臓が7葉に分かれているのですが、理由がわかりません。わかる方お願いします。

A 回答 (1件)

構造の理由は解明されていませんよ◎

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラットと人間の臓器の違いについて

先日、ラットを解剖したのですが、人間の臓器とラットの臓器の違いについての考察をしなければならないのですが思うように参考本やサイトが見つからなくて困っています。参考本やサイトなどがあったら教えてください。

Aベストアンサー

ヒトとラットの臓器の違い…、私も考察を迫られた時期がありました。
解剖時に何か測定はしましたか?もししていれば、そのデータはかなり有効です。是非、役立ててください。しかし、何もデータをとっておらず、単に解剖しただけなら、臓器の形態をヒトと比較して考察しろ、ということでしょうか?だとしたら、#3の方の仰るとおりに子宮や盲腸が形態的に違います。
ラットの食餌から推察すれば#3の方の仰るとおりに消化器系の違いも指摘できます。

私もアドバイスになるかどうかはわかりませんが、一つ記憶に残っている例を挙げてみます。ラットの肝臓ではP450?(すみません、はっきり覚えていません。)の働きがヒトより強いので、薬剤投与を視野に入れたヒトの疾患モデルとしての、毒性実験の時にラットを使うのはどうだろうか?という疑問が、ラットゲノムが解読された時に少し話題になりました。つまり薬物の代謝に違いがあるのに、ラットでの新薬の結果をヒトに適用してよいのか、ということです。

このような簡単なことでよろしければ、「ラット 臓器」で検索をかけてひたすら探せば、できないことはないです。
また、ご存じかと思いますが、PubMedなどの文献検索を使用する際は、ご自分の中である程度検索条件を絞り切れていないと、時間が無駄になります。

一つの臓器に質問を絞るなり、自分の考えを少し付け加えたりなどして質問の幅を狭めてもう一度、質問してみてはいかがでしょうか?

以上、長々と回答してしまい申し訳ないです。

ヒトとラットの臓器の違い…、私も考察を迫られた時期がありました。
解剖時に何か測定はしましたか?もししていれば、そのデータはかなり有効です。是非、役立ててください。しかし、何もデータをとっておらず、単に解剖しただけなら、臓器の形態をヒトと比較して考察しろ、ということでしょうか?だとしたら、#3の方の仰るとおりに子宮や盲腸が形態的に違います。
ラットの食餌から推察すれば#3の方の仰るとおりに消化器系の違いも指摘できます。

私もアドバイスになるかどうかはわかりませんが、一つ記...続きを読む

Q腎臓の大きさ、位置について

腎臓の大きさは、左右どちらが大きいのですか?
どちらが下にあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

位置・大きさにはは個人差がありますが、一般的には左が大きい(重い)ようです。高さは右が低い(肝臓が上部にあるため)となることが多いようです。

Qもう一度質問します 界面活性剤の濃度を上げていくと臨界ミセル濃度以前ではモル伝導率が緩やかに減少す

もう一度質問します

界面活性剤の濃度を上げていくと臨界ミセル濃度以前ではモル伝導率が緩やかに減少するのに対し、臨界ミセル濃度以降ではモル伝導率は急激に減少します

この理由について教えてくださればありがたいです

Aベストアンサー

電解質の濃度を高めていくとモル伝導率は減少していきます。
伝導率は電解質の濃度とともに高くなりますが、それをモル濃度で
割ったモル伝導率は低下するのです。
これは、電解質の濃度を高めると伝導率は上昇するが、
その上昇性は、濃度の上昇性よりも低い・・・
伝導性向上の効率が濃度が高いほどだんだん悪くなるということです。
なぜか?
一般的に考えられているのは、イオン同士が混み合ったり、
イオン同士の相互作用によって、イオンの動きが妨げられるからという
理由です。
界面活性剤の場合、臨界ミセル濃度以下では均一に溶解しているのですから、
界面活性剤の極性基の挙動が電解質と同じであると考えることができると思います。
一方、さらに濃度が高まり臨界ミセル濃度を超えてしまうと、
追加して添加した界面活性剤は、ミセルを形成してしまいます。
均一に溶解している界面活性剤に比べ、たくさんの界面活性剤分子が
集合したミセルは動きにくいなることから、添加量を増やしても
それに見合った伝導性の向上が得られないため、モル濃度で割った
モル伝導率は、急激に低下するのだと考えることができると思いますよ。

電解質の濃度を高めていくとモル伝導率は減少していきます。
伝導率は電解質の濃度とともに高くなりますが、それをモル濃度で
割ったモル伝導率は低下するのです。
これは、電解質の濃度を高めると伝導率は上昇するが、
その上昇性は、濃度の上昇性よりも低い・・・
伝導性向上の効率が濃度が高いほどだんだん悪くなるということです。
なぜか?
一般的に考えられているのは、イオン同士が混み合ったり、
イオン同士の相互作用によって、イオンの動きが妨げられるからという
理由です。
界面活性剤の場合、臨界ミ...続きを読む

Q重さ

ラットの肝臓の重量と、豚の肝臓の重量を知っていたら教えて下さい!だいたいの重量、平均的な重量で結構です。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

 ブタはわかりませんが、ラットならわかります。ただし、週齢、系統、性別などによって違うので、条件を教えて下さい。
 ちなみに一昨日、ラットの肝臓をとりだしましたが、12週齢F344♂で平均7.86g(n=10)でした。ずっと前にやったのは、7週齢SD♂で平均7.88g(n=5)でした。あれ?、一緒だ。でも、体重は全然違うんですよ。前述のは、300g近かったし、後述のは230g位だったんです。
 補足お願いします。

Q肝臓1gあたりのグリコーゲン量を計算したいのですが・・・

肝臓1グラムあたりのグリコーゲン量を求めなければならないのですが
途中から分からなくて全く進まなくなってしまっています・・・。
肝臓1.01gから調整した液体(特に希釈などはありません)
のグリコーゲン量が9.7mg/mlなのですが、
これをmg/肝臓1gという単位に直すには
どのように計算すればよいのでしょうか?

また、肝臓グリコーゲンの正常値とはどれくらいでしょうか?
どこを探しても見つからなくて・・・

まとまらない文章で申し訳ないのですが、
助けていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんにちは.
肝臓1.01gから調製した液体は最終的に何mLになりましたか?
ここが不明では厳しいですが,ここがわかれば計算できますね.

肝臓グリコーゲン量の正常値についてですが,
動物種によっても違うと思いますので,補足されたほうがよろしいかとおもいます.

ラットであればお手伝い出来るかもしれません.
調べてみます.

Q動物による腸の長さ

 動物によって腸の長さは違うものですが、その理由は「食べているものの違い」ということらしいのです。(肉食動物は草食動物に比べて腸が短い。)しかし、「腸」といってもいろいろな腸がありますよね?具体的にどの腸が長いのでしょう?調べてみたところ、コアラは盲腸がやたら長いと書いてありました・・・。ご存知の方、教えて下さい!

Aベストアンサー

植食動物の消化管は肉食動物に比べ発達した物が多いです。
なかでも,反芻動物(ウシ,ヤギ,シカ,ラクダなど)は腸管が長いだけでなく,胃も発達しています。
反芻動物の胃は4つの袋からなっていて・・・
第一胃:発酵タンク
第二胃:第一胃の内容を掻き混ぜるためのポンプ
第三胃:固形分を分離するフィルタ
第四胃:胃酸を分泌しタンパク質を分解
という役割を持っています。

ウサギ,ウマ,コアラなどは反芻動物と違い胃が一つしかありませんが,盲腸が非常に発達しています。これらの動物は盲腸が発酵タンクの役割をしているのです。

それと,一般的に鳥類は哺乳類にくらべ腸管が非常に短くなっています。これは体重を極限まで少なくするために進化(退化?)したためだといわれています。

ここでちょっと小話を!

○ウサギは時々自分のウンチを食べないと生きていけません。ウサギは盲腸で発酵させた分解物(「盲腸糞」という特別なウンチ)を口から取り入れないと栄養素を吸収しきれないのです。

○赤ちゃんコアラの離乳食は,なんとお母さんのウンチなのです。赤ちゃんはお母さんのウンチ(バップ)からユーカリの毒素を分解する微生物をお腹の中に取り入れて,はじめてユーカリの葉っぱを食べられるようになるのです。

植食動物の消化管は肉食動物に比べ発達した物が多いです。
なかでも,反芻動物(ウシ,ヤギ,シカ,ラクダなど)は腸管が長いだけでなく,胃も発達しています。
反芻動物の胃は4つの袋からなっていて・・・
第一胃:発酵タンク
第二胃:第一胃の内容を掻き混ぜるためのポンプ
第三胃:固形分を分離するフィルタ
第四胃:胃酸を分泌しタンパク質を分解
という役割を持っています。

ウサギ,ウマ,コアラなどは反芻動物と違い胃が一つしかありませんが,盲腸が非常に発達しています。これらの動物は盲腸...続きを読む

Qラットについて

今日、ラットの解剖をしました。
その考察として人間とラットの臓器の違いを考察するものがあったのですが、大学の図書館に行っても参考になるものがありませんでした。インターネットで検索してもなかなか見つけられません。
もしよかったら人間とラットの臓器の違いについての情報が書かれてるサイトがあったら教えてください。お願いします。
肝臓と胃についてはなんとか考察できました。

Aベストアンサー

肝臓と胃にお気づきなら、

 盲腸の大きさは?
胆嚢は、見つかりましたか?
膵臓は、どうでしたか?

Qラットの解剖について

 ラットの解剖実験をしました。
 横隔膜の中央部をハサミで切開したところ、急激に心臓の拍動が大きくなり呼吸が荒く(大きく)なった後、しばらくすると呼吸が止まりました。
 このような動きをするのは、どのような働きが起こっているからなのでしょうか?
 教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

気胸になったことにより呼吸困難が急に生じた、と考えられます。

横隔膜に開けた孔によって胸膜腔(肺と胸の体壁との間の空間)の気密が破れ、そこに空気が入り込んで気胸になったのでしょう。

参考URL:http://219.166.74.90/column_07.html

Qラットの♂♀の脂肪

先日ラットの解剖をしました。
ラットは♀に比べ♂の方が脂肪が非常に多く付いていました。
その時ふと疑問に思ったのですが、ヒトはむしろ逆で♀の方が体脂肪が多いですよね?
これは子供を産むために栄養が必要だから、みたいな理由だと思うのですが(これも違ったら訂正をお願いします)、ラットの場合はなぜ♂の方が脂肪が多いのでしょう?
どなたかこういう理由じゃないかな?みたいな意見がありましたら聞かせてください。

Aベストアンサー

No.1の回答者です。

精巣上体脂肪組織は精巣上体のみに付着していて、他の臓器とは完全に分かれています。ですから、巨大な脂肪塊ではあっても、解剖の邪魔になることはありません。

解剖の邪魔になるというのであれば腸間膜脂肪以外に考えられませんが、腸間膜脂肪が多量に蓄積してくるのは、オスでもメスでも性成熟後かなり時間が経って成長が止まった個体のみです。通常このような個体は実験には用いません。

おそらく、akuta_kさんの用いている動物は、実験用ではなく繁殖用として飼育されていたものではないでしょうか。この場合子供を生ませるメスと、妊娠や授乳の負担の無いオスの飼育環境の違いは、非常に大きなものになります。

ちなみに、メスでも妊娠させず非制限自由摂食で飼育を続けると、腹腔内には大量の脂肪が溜まります。

Qラットの解剖図について

先日ラットの解剖をしたのですが、ラットの臓器のスケッチを詳しく書きたいと思っているので、ラットの解剖図、各臓器が載っている本、もしくはウェブページがあれば教えていただきたいです。本の題名も教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

ラットの解剖図の書籍でしたらこちらが参考になると思います。
http://www.med.akita-u.ac.jp/~doubutu/tosho/anatomy.html
ちょっと気持ち悪いですが、以下でも結構です。
http://www.utm.edu/~rirwin/RatAnat.htm


人気Q&Aランキング