「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

現在、高校の課題研究で理数生物を専攻しているのですが、なかなかテーマが決まりません。発酵について調べたいという意見が多いのですが、何か参考になる事柄知りませんか?

A 回答 (3件)

http://www.nagano-c.ed.jp/seiho/risuka/kadaikenk …

開けないみたいなのでサイトごと送ります!
    • good
    • 1

発酵には色々あるのですが「表面発酵」というのがあり、少し異なります。

    • good
    • 0

下記のサイトを参考にされたらどうでしょうか



研究のまとめとして、毎年報告集を作成しています。各グループ10ページ程度にまとめます。 まとめる作業を通して研究の意義や内容について考えるよい機会となっています。 
下のリンクから過去の報告集の内容を見ることができます。

2005年度(平成17年度)
2006年度(平成18年度)
2007年度(平成19年度)
2008年度(平成20年度)
2009年度(平成21年度)
2010年度(平成22年度)
2011年度(平成23年度)
2012年度(平成24年度)
2013年度(平成25年度
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校生にできる課題研究の内容知りませんか?

生物学に関して、高校生でもできる課題研究を探しています。
何か良いアイデアがあったら是非教えてほしいです。
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

遺伝子でいうなら、一番簡単なのは野菜などからDNAを抽出することでしょうか?(DNAであると証明するのはめんどくさいですが)


他には、例えば生徒全員の血液型を調べて日本人の血液型の割合と比較するとかいうのはどうでしょうか?(ちょっと問題になるかな)

ある旧帝大ではB型とAB型の割合が日本人の血液型の一般の割合と比べて有意に差があると認められるらしいです。

Q高校2年生の生物の課題研究で微生物について調べることになったのですが先

高校2年生の生物の課題研究で微生物について調べることになったのですが先生曰く研究テーマは自分たちで決めろとのこと
一応調べてみたりしたのですがどういった研究すればいいのかが書いてあるサイトがうまく見つからず困っています
先生からもらったプリントのテーマ例には培地・染色法といったことが書いてありますが他に何も書いていません
そこでどんな研究テーマがあるのか教えてくれませんか?

(大学レベルの研究は期間的にも施設的にも無理だそうです)

Aベストアンサー

最近、除菌や抗菌された製品が多いですよね。
そういった観点から調べてみてはどうでしょう

たとえば石鹸の成分の違いによる効果とか
お酒・唐辛子など昔からある抗菌作用のあるものとか
どんな場所に菌が多いのかとか

菌というのはどこにでも浮遊している身近なものですからそう難しく考えなくても大丈夫ですよ。

Q高校の研究について

 今、化学部で何をしようか困っています。
 高校で化学の研究をしようと思っています。しかし、何かいいテーマが思いつきません。高校生らしい実験で、あまり難しすぎず、簡単すぎない研究をしたいと思ってます。分野的は化学・物理です。

 また、参考までに他の高校がどのような研究をしているのか教えてください。

 よろしくお願いします(*^_^*)

Aベストアンサー

 この中の入賞者リストが参考になるでしょう。
http://www.jssa.net/

Q課題研究

高校1年生です。

高校の理数科で、来年から1年間4~6人ずつ数学、生物、化学、物理、地学の班に分かれて課題研究をします。

私は食品や栄養に興味があり、それに関する研究をしたいと思ってるのですが、高校生にも出来、かつ簡単すぎない研究テーマとはどのようなものがあるでしょうか。

Aベストアンサー

「栄養学の発達の歴史」は高校生には理解出来るでしょう。第一次大戦末期のドイツでの経験から発達したもののようです。その「きっかけ」「必要な栄養素の特定法」「必要量の測定法」なども面白く、高校生にも理解と実行が可能に感じられるでしょう。例えば「たんぱく質の必要量をどう決定するか」を考えるだけでも面白いですよ。その気で探せば沢山の資料があるでしょうね。

Qなぜ、アンモニアと塩酸の中和では水が出ないのですか?

なぜどちらとも液体なのに水がでないのですか?
教えてください。。。

Aベストアンサー

教科書に載っている酸・塩基の定義を見ると
酸:水に溶けてH+(正しくはH3O+)を出す物質
塩基:水に溶けてOH-を出す物質
アルカリ:水によく溶ける塩基
とあります。

「水に溶けて」ということですから水溶液が前提です。
中和が起これば酸の性質、塩基の性質が互いに打ち消されるのですからH++OH-→H2O
が起こっています。これは定義から出てくることです。水中のH+とOH-が減少しなければ中和ではないはずです。
でもH2Oが生じるということと反応式の中にそのH2Oが出てくるということは別の問題です。

化学反応式は反応によって量が変化した物質の間の関係式です。存在はするが量が変化していないという物質は式の中に書きません。反応に重要な働きをしていても書きません。触媒を反応式の中に書かないというのもこの立場です。

NH3は水中で
NH3+H2O→NH4++OH-
の反応でOH-を生じますから塩基です。水によく溶ける物質ですからアルカリとも呼んでいます。
この状態にHClを組み合わせて反応を考えると
NH3+H2O+HCl→NH4Cl+H2O
です。両辺に共通なH2Oは量の変化していない物質ですから消去します。
NH3+HCl→NH4Cl
反応式の中にH2Oは出てこなくなります。

この反応式は水溶液中の反応も水溶液外での反応も表わしています。
ただ反応の仕組みは異なっています。水溶液中での反応では水が出来ています。水溶液外での反応では水は出来ていません。(水溶液中の反応に対しての質問だと思いますから#1のように水溶液外の反応を示しても回答にはなっていない事になります。)

水溶液中で酸、塩基として働く物質は水溶液外でも直接に反応することが可能です。

固体のCaOと気体のCO2が反応する場合でも同じことが成り立ちます。
CaO+CO2→CaCO3
は中和反応です。石灰石の熱分解の式はこの逆反応です。
それぞれを別々に水に溶かしてから混ぜれば、CaCO3の沈殿が生じるよく知られた反応が起こります。
CaOとCO2を出発物質として書けば水溶液中での反応も同じ式になります。
よく出てくる式はCa(OH)2を出発物質とした
Ca(OH)2+CO2→CaCO3+H2O
です。水溶液中でも水溶液外でも同じ反応式になります。この式ではH2Oが生じています。でも片方から出ているように見えます。水溶液の中での反応か外での反応かで仕組みが異なっていることが分かります。
水溶液中の反応であるとしてもH2Oの数が異なりますね。教科書に出てきたときに気がつかれましたか。CO2は2価の酸として働きますからH2Oは2つ出てくるはずです。
Ca(OH)2+H2O+CO2→CaCO3+2H2O
で両辺から共通なH2Oを1つ消してしまっているのです。

アンモニアの場合出発物質を水溶液中でもNH3としています。
NH4OHは現在どの教科書でも使われていません。これは不安定な分子という意味の表現でもありません。H2O+CO2→H2CO3とするのとは意味が異なります。書くと多分間違いにされるでしょう。

ラボアジェの本を見ると「非金属元素の酸化物は酸である」という表現が出てきます。CO2もSO2もNO2も酸として扱っています。

教科書に載っている酸・塩基の定義を見ると
酸:水に溶けてH+(正しくはH3O+)を出す物質
塩基:水に溶けてOH-を出す物質
アルカリ:水によく溶ける塩基
とあります。

「水に溶けて」ということですから水溶液が前提です。
中和が起これば酸の性質、塩基の性質が互いに打ち消されるのですからH++OH-→H2O
が起こっています。これは定義から出てくることです。水中のH+とOH-が減少しなければ中和ではないはずです。
でもH2Oが生じるということと反応式の中にそのH2Oが出てく...続きを読む

Q生物のレポート

高校二年生です。

学校の宿題でレポートが出されました。
レポートのテーマは『生物』

せっかくなので“人間”について書くことにしました。


・放射能が人間に及ぼす影響について
・脳死について


と上記2つが浮かんだのですが“放射能”の方は化学的な“脳死”の方は哲学的な内容が中心になってしまうと思いました。



そこで皆様なら『生物』がテーマのレポートを書く場合どのような内容にしますか?


『人間』に限らず純粋に頭に浮かんだものを教えてください。


皆様の知恵をお貸しください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「お礼」を頂いたので,もう少しヒントをあげちゃおうかな。
ウイルスは生物か? BSEの原因となるプリオンは生物と言えるのか?
などどうかな。


人気Q&Aランキング