外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

釣ってきたチヌの処理方法について

本日釣りをしに海へ行き、帰ろうとしたところ、隣で釣りをしていた方にいらないからとチヌを十数匹いただきました。
クーラーボックスや氷などがなかったためそのまま持ち帰り、家に帰ってきた今も冷蔵庫にそのまま入れています。締め?や血抜きなども行っていません。
明日の夜に友達と食べるつもりなのですが、まず何をすべきでしょうか。。。そしてどのように保存しておけばいいでしょうか。。
魚の知識がなく、何をすべきか全く分からなかったので質問させていただきました>_<

A 回答 (8件)

一番最初は水洗い、釣り上げた時に地面に置いた時の砂とかがついているから


ウロコ取りでウロコを落としてから、腹を開いて内蔵を取り出して洗います。
頭も使うんだったらエラも取り出して、血合いを取り除いてから、キッチンペーパーで余分な水分を取り除きます。

3枚に降ろして、あとは刺し身や塩焼きに、ムニエルや鶏のから揚げ粉をつけて揚げるのもおいしいですよ。

youtubeに沢山、魚の下ろし方があるので、何本か見てイメージトレーニングをしてから望むのがいいですよ(^_^)v


魚が多すぎる場合は、ご近所に配りましょう
ウロコを落として内蔵を出した物をあげると喜ばれますよ(^_^)v
頭があると、釣ってきたよーという証拠になります。
いつも配ってるんだったら三枚おろしをあげましょう
魚下ろすの邪魔くさいですからね(^_^;
    • good
    • 0

No.6、すみません、自信ありの絵がたまに勝手に入ってしまいます。

また入ってたら申し訳ないです。
    • good
    • 0

食べきらなくてまだ残っているのなら、明日以降はもう冷凍庫に保存した方が良いですね。

鱗とエラ、わたを取ってからでないと痛みは早くなります。出来れば皮も剥いだ方が良いです。皮の剥ぎ方は検索した方が詳しく解りやすいと思います、調理法も検索すれば沢山有ると思います。サイズが大きい場合2つか3つに切って出来れば空気に触れない様にチャック付きの密封袋に入れるべきです。1ヶ月位は持ちます。でも刺身でなく加熱調理用です。解凍してから塩をして塩焼きや、或いは煮付け等も美味しいです。
    • good
    • 1

全部の魚まとめてやります。

一つの作業をすべての魚についてやります。

①まず、〆て 血抜きして洗う。
②鱗と綺麗にとり除く。
③洗う。
④肛門から口元まで包丁をいれる。
⑤お腹とエラまで取り除く。
⑥綺麗に洗う。
⑦ザルなどで水切りします。

刺身は新しいうちに食べますので3枚に開いてサク切りしておいてもいいと思います。
アラはアラ炊きやみそ汁に使えます。

大きい魚なら、胃がおいしいとおもいますが。煮魚に入れるといいです。

明日、塩焼きするなら、お腹から割って開きの状態にしておくと塩も効くし焼いても水分が抜けやすいので水っぽくないのでおいしいです。

それぞれ、入れ物に入れて冷蔵庫で保管です。
    • good
    • 0

血抜きとワタを取り、鱗を取ります。


塩を振り、焼き魚に。
次に、味醂、しょうゆ、砂糖、薄く切った生姜を加えます。
銀紙ど、中蓋をし、程良く煮上げます。
酒の肴に最適。
    • good
    • 0

血抜きせず、且つ全く冷やさずに持ち帰ったわけですよね?



冷蔵庫に入れるまでにどのくらいの時間が掛かったか分かりませんが、
数時間掛かっているなら、生で食べるのは避けたほうが良いかもしれません(^^;)

チヌ(クロダイ)はスズキの仲間ですが、マダイ等と同じく、1~2日熟成させたほうが旨味が増すといわれていますが、
それは、きちんと締めた後、適温(※)で保存した場合です。
※:凍らないレベルで、できるだけ低温 
 ➡凍らせてしまうと、ほとんど熟成しない

なので、締めずに、且つ冷やさずに持ち帰ったなら、既に傷んでいると思われるので、
生食は止めたほうが良いと思います(^^;)

いずれにしても、既に死んでいるでしょうから血抜きは無理にしても、
内蔵が一番早く痛むので、早めに内蔵とエラは除いておいたほうが良いです。
    • good
    • 1

鱗とって、はらわた出して、冷蔵でもいいけど、


冷凍してしまった方がいいよ。
    • good
    • 0

魚は血抜きをしないと臭くなります(数時間で)


釣ったら頭の後ろの部分(首?)に切れ込みを入れ、
尾の付け根の部分にも入れてスカリに入れて海に
入れておけば血が抜けます。
今はすぐに内蔵を取って臭いをかいでみましょう。
それで動調理するか決めましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q黒鯛(チヌ)のおいしい食べ方

いつもお世話になります。

去年からチヌ釣りにはまって月2回ほど夜釣りに出かけてます。サイズは20~34までですが、釣ったら即クーラーに入れて持ち帰り、朝7時ごろおきて内臓取り食べられるようにしています。

毎回こういう風にしてるんですが、塩焼き又は鯛めしにすると少し生くさいです。

締める事も血抜きもしてないからかもしれません。
する方法がわからないので、いいサイトか書籍あれば教えてほしいです。

文字で読んでもイマイチわからない素人でもわかりたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元々、「真鯛」に比べて、磯臭いと言われている魚ですしね。

エアポンプなどを使って、わざと生かして持ち帰るようにしているのではなく、
釣ってそのままクーラーに入れておくだけでは、やはり、食べる時には美味しくないと思います。

生かして持ち帰るのでなければ、
釣ったその場で直ちに生き締めをして血抜きすることがベターでしょう。
とりえず、こちらをご覧になってみて下さい。

http://www.mitene.or.jp/~s-iga/co/taberu.htm

これでも分かりにくかったなら、「生き締め」などをキーワードにして WEB 検索なさってみて下さい。
分かりやすいサイトが見付かると思いますよ。

Qチヌを釣り上げた後の処理

チヌを釣り上げた場合、スカリに入れて置いたほうがいいか、ストリンガーにつなぐほうがいいか、すぐに血抜きをして〆たほうが、どの方法が最適かどなたか教えてください。

Aベストアンサー

元魚屋勤務です。

基本的にはすぐに〆て下さい。
クーラーBOXが無い、或いは釣った中で一番大きいのを持って帰りたいなどの場合はストリンガーで活かして、帰る時に持ち帰る分だけ〆るのもありでしょう。
なお、上記の通り逃がすことを前提にするならスカリは止めてください。
ぬめりが取れて鱗が傷みます。

〆る方法は
1)脳天をナイフで刺す。或いは神経〆。(体がピクピクと痙攣する)
2)エラを切る。(血が出る)

神経〆について、参考まで。
(色々書いてましたが、良いサイトがあったので省略しました)
http://sangodo.gt.shopserve.jp/SHOP/ikisime50.html

Q内蔵を取り出して持ち帰ると鮮度は?

最近、海上釣り堀に、はまっていまして、真鯛、ワラサ、シマアジなんかを釣って帰って、自分で捌いて、美味しく食べています。家族や、ご近所さんにも好評で、新鮮な魚を買いに行く気分で釣りに出かけています。しかし、釣れる数が、場合によっては半端でなく、40センチ級真鯛10匹、60センチ級ワラサ2匹、40センチ級シマアジ2匹もあると、家中、鱗だらけ、血だらけ、また処分する内臓の量も、これまた半端でなく、従ってスカリから上げるとき、活け絞め(船頭がやってくれる:エラからナイフを入れ絞める)の後、鯛は鱗を取り、内臓を取り出した後、クーラーに入れます。ワラサは内臓とエラも取りクーラーに入れます。シマアジは内臓を取るだけです。クーラーに氷を入れ海水を入れて、ギンギンに冷やして持ち帰っていますが、最近の情報で、鯛類は直接冷やさない方が良いと有りましたので、今後は注意します。(シマアジは直接冷やした方が良いのでしょうかね?)
さて、このように、内臓を取り出して持ち帰ることでの鮮度への影響は如何でしょうか?もし取り出さない方が良いのでしたら、ゴミの処分方法を再検討することにします。
又、前回神経絞めについて質問し、死後硬直を遅らせる技について理解しましたが、内臓を取り出した魚についても神経絞めは有効なのでしょうか?とにかく持ち帰った魚を、出来るだけ美味しく食べたいと思っています。

最近、海上釣り堀に、はまっていまして、真鯛、ワラサ、シマアジなんかを釣って帰って、自分で捌いて、美味しく食べています。家族や、ご近所さんにも好評で、新鮮な魚を買いに行く気分で釣りに出かけています。しかし、釣れる数が、場合によっては半端でなく、40センチ級真鯛10匹、60センチ級ワラサ2匹、40センチ級シマアジ2匹もあると、家中、鱗だらけ、血だらけ、また処分する内臓の量も、これまた半端でなく、従ってスカリから上げるとき、活け絞め(船頭がやってくれる:エラからナイフを入れ絞める)の後、...続きを読む

Aベストアンサー

内蔵を取った魚を海水を入れたクーラーに入れたまま帰ると身に水分が廻り刺身で食べても水っぽくておいしくなくなります。
またそんな身ですと捌いて刺身にするまでは運良くプルプルの身でも刺身を食べているうちに水分が身から出てきて刺身の下に水分がたまり身が洗いにしたように、はぜてきて最後は皿が水だらけということに成りかねません。
特にこれは鯛がなりやすいですね。
だから最後の方の身は弾力もなくなり水っぽくて旨味も全然なくなってしまいます。

釣場でそこまで出来るのは決して悪いことではありませんが、そこまでしたのなら魚に水分が付かないように1匹ずつビニールに入れて口を締め海水は入れずにまんべんなく氷を隙間に入れていくのがおいしく持ち帰る方法だと思います。
ホントにおいしく食べようと思ったら内蔵を出した時に海水で洗ったのなら腹の中にペーパータオルなどを詰めて腹の中の水分も取っておくべきです。
氷も出来れば漁業者が使うような小さなバラ氷が一番ですけど、もしなければアイスピックなどで出来るだけ小さく砕いて魚が多いときは魚を立てた状態で隙間に氷を入れれば魚の重みによって身割れすることもなく長く新鮮さを保てます。

青物は本来内臓の痛みが早いので通常は氷締めにしたりしますが内臓とエラを取っていればそうギンギンに冷やさなくてもいいと思います。
外気温やクーラーの性能にもよりますが食べるまで2時間以内ぐらいならあまり氷を多くしなくても良くて
もっと早いのなら上に新聞などを敷いて直接魚に氷があたらないようにして冷気だけで冷やしてもいいでしょう。
冷やしすぎはやはり早く硬直を招きます。
私は厳冬期のグレ釣りは自宅まで磯から2時間ほとんど氷はいれません。

神経締めは一気に即死させてすぐ、まだ神経が活きているうちでないと意味はありません。
神経締めの概要はお分かりいただけたかと思いますが実際は神経自体1mmほどのほんの小さな部分ですし青物だとその長さの線もいります。
文面からの理解以上に超難しいと思っておいて下さいね。
まず初っぱなからうまくいくことはないと思います。

内蔵を取った魚を海水を入れたクーラーに入れたまま帰ると身に水分が廻り刺身で食べても水っぽくておいしくなくなります。
またそんな身ですと捌いて刺身にするまでは運良くプルプルの身でも刺身を食べているうちに水分が身から出てきて刺身の下に水分がたまり身が洗いにしたように、はぜてきて最後は皿が水だらけということに成りかねません。
特にこれは鯛がなりやすいですね。
だから最後の方の身は弾力もなくなり水っぽくて旨味も全然なくなってしまいます。

釣場でそこまで出来るのは決して悪いことで...続きを読む

Qちょい投げ竿はシーバスロッド等の代用品となりうるか?

今年の初夏に釣りを始めたばかりど素人です。
先輩の誘いでキス釣りを始め、いわゆるちょい投げの竿(イシグロの自社製品、3.6m、4千円)を買ったのですが、その竿はシーバスロッド等のルアー釣りの代用品となりうるのでしょうか?
仕事が不規則で、いつ釣りに行けるかわからないため、エサを必要としないルアー釣りを覚えたいと思っているのですが、イシグロの店員から、「お客さんがお持ちのちょい投げ竿で十分代用できますよ。」と言われました。
試しに2回行ってみたものの、結果は2回ともボウズ。行くたびに釣れる訳ではないのはわかっていますが、このまま自信を持ってこの竿で挑戦していけばいいものかどうか迷っていまして…。
当然、高価な物や専用の物が有利なのは承知ですが、それほどシビアに釣果を求めてはいないので、楽しめさえすればいいかとも思っていますが…。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

理屈だけ言えば、問題ありません。なにしろスピニングリールの構造上多少軽い仕掛け(ルアー)も投げられちゃうし、安い竿は少々無茶しても折れないように出来てますから。だって初心者だとちょっと根掛かっただけで信じられないような荒業で外そうとするでしょ?それにサカナが掛かったら信じられないようなゴボウ抜き~しばらくプランプランさせたりするでしょ?初心者向けの竿は頑丈じゃないと、困るんです。

とここまでは単にできるかできないか、の話でここから先は『釣れるか釣れないか』の話。

2回釣りに行って2回ともボウズ、だそうですがここから勝手に邪推すると「さては、エサ釣りの要領で闇雲に沖に投げやしたね?」と。それでは初釣果はチョイと遠い先の話。というのも、エサ釣りでもそうですが、とにかくサカナがいる所にルアーを通さなきゃ釣れるわけがありません。それもエサ釣りのように臭いで惹き付ける事ができないから1箇所でも多く『ここ、いそう…』という所にルアーを通すのが肝心。これ本当。
となるとブッコミ釣りみたいな担ぎ投げでは狙った所に投げるなんて器用なことは到底できません。ここの回答者でも「狙った所の半径20cm以内にルアーを落とせる」という人が結構います(私は最近ルアーをやっていないので半径10cmの程度・以前は10m先の茶碗の中にルアーを落とす事ができた)が、実はそんなに難しい事ではない、手首の返しを利用したキャストに切り替えれば。

つまりいろんな安い竿がある中で貴方が持っている竿が『手首の返しを利用したキャスト』ができるかな?という点に全ては掛かってきます。もし利き手で手首を返したキャストができる(もう片方の手は竿尻に添える)のであればあとは船の陰や桟橋の下や光と影の境目を狙って投げればいいだけで、キャスト回数をこなせばいつの間にか狙った所に打ち込めちゃう。先にも記した通り、サカナがいる所にルアーを通さなければ、絶対に釣れません。
けど『手首を返したキャスト』をやっていたらハンパなく手首が痛え・手首が攣る、というのであれば完全に不向きです。釣り具屋の店員に「だましやがったなバカヤロウ」です。そんなときは安くていいのでシーバスロッド購入を検討するとよろしいでしょう。

なお以前の質問で
http://okwave.jp/qa4293339.html
http://okwave.jp/qa4265843.html
↑1~2万円前後のシーバスロッドに関して回答していますのでこちらを参考にしていただければ、万が一手首が攣るような竿だったとしても安心ですね。

どうも、釣りバカです。

理屈だけ言えば、問題ありません。なにしろスピニングリールの構造上多少軽い仕掛け(ルアー)も投げられちゃうし、安い竿は少々無茶しても折れないように出来てますから。だって初心者だとちょっと根掛かっただけで信じられないような荒業で外そうとするでしょ?それにサカナが掛かったら信じられないようなゴボウ抜き~しばらくプランプランさせたりするでしょ?初心者向けの竿は頑丈じゃないと、困るんです。

とここまでは単にできるかできないか、の話でここから先は『釣れるか...続きを読む

Q鯛は3日目がおいしい、ほんと ?

釣り好きですが、釣りたての魚は、スーパーでの魚と比べると雲泥の差で釣りたてがおいしいと思います。
ところで、先日のテレデでは、鯛など「熟成 ?」すると云っていました。
私は、とんでもないと思います。
いかがでしようか ?
「いなだ」「すずき」等々、「いわし」「あじ」等小魚でなくても釣ったすぐの方がおいしいと思います。
仮に、熟成とそうでない魚とあるならば、どこで見分けすればいいでしようか ?

Aベストアンサー

鯛、アジ、ブリ等、
「締めて3日目くらいが一番美味しい(うまみが多い)」
と言われる魚が多いのは事実です。
(生食ではなく火を通す場合(塩焼きや煮付け)は、私は新鮮な方が美味しいと思いますが)

これは、他の方もおっしゃっている通り、日を置くことでうまみ成分が増えるからですが、
ただ死ぬにまかせていただけではだめです。

生きているうちにきちんとした手順で締める(血抜きや神経締め等)ことで、初めて「美味しさ」につながります。
スーパーで売っている魚は、大抵の場合、獲ってからただ氷水にいれて締めているだけなので、
うまみにつながらないのでしょう。

現に、私はアジ釣りを良くしますが、
クーラーに入れる前に血抜きを行い、海水氷で冷やして持ち帰ります。
そうして持ち帰り、2日(長いときは3日)程クーラーの中で寝かせてから刺身で食べることが良くありますが、とても美味しいですよ(^^)

確かに歯ごたえは釣り立てには及びませんが、私は歯ごたえより、うまみを選びます。

ただ、必ずしも
「寝かせる=うまみが多くなる」
とは限りません。
例えば、イシモチ、カマス、ハゼ、サバ(生きているうちにエラと内蔵を除いたものに限る)等、
「足が速く、刺身で食べることが出来るのは釣り人の特権」
と言われている魚は、釣ったその日しか刺身で食べられません。

なので、熟成で美味しくなるのは魚によりけりですね。

尚、熟成か腐っているのかを見た目で見分ける方法は私は分かりません(^^;)
なので、私が安心して生食するのは、自分で釣ったか、店(寿司屋等)で食べるときだけです。

鯛、アジ、ブリ等、
「締めて3日目くらいが一番美味しい(うまみが多い)」
と言われる魚が多いのは事実です。
(生食ではなく火を通す場合(塩焼きや煮付け)は、私は新鮮な方が美味しいと思いますが)

これは、他の方もおっしゃっている通り、日を置くことでうまみ成分が増えるからですが、
ただ死ぬにまかせていただけではだめです。

生きているうちにきちんとした手順で締める(血抜きや神経締め等)ことで、初めて「美味しさ」につながります。
スーパーで売っている魚は、大抵の場合、獲ってから...続きを読む


人気Q&Aランキング