柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

電力会社との分解点に柱上PASが設置されています。
PASの二次側から施設の一時側にASが設置され、DS、VCBとつながります。

このPASは、自社の所有物でしょうか??

先日、OCRが設置後年数経過により故障し、VCBが遮断され部分停電が起こりました。
OCR内部は電子部品が多く、基板内部の不良であろうと見受けられました

PASにも地絡を検知するためのGRだったかが搭載されていると思いますが、これもOCRと同じように故障した場合に不意の停電(全館停電)になるわけですし、自社の物であれば年次点検の停電作業時に交換も検討していかなくてはなりません。

関西電力管内ですと、どうなのかご存知の方おられましたらご教授願えませんでしょうか。

質問者からの補足コメント

  • ざっと図面を見ましたが、67Gは見つかりませんでした。。。
    67R地絡方向継電器はありますが、、

    PASは電柱の上にあり、その後地中ケーブルを通り、地下受電室内の立ち上がったところにAS盤というものがあります。
    ASが収まるAS盤内にはLAとASしかありませんでした。何かで引きはずすものでは無いようで、操作棒で操作しておられるところを見たことがあります。

    AS盤の二次側から、受電盤のDSにつながり、DSからVCBにつながります。
    受電盤に、不足電圧継電器とOCRがあります。本予備ともにです。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/10/16 15:53
  • 回答ありがとうございます。雨のなか確認に出てみました!
    ただのPASのようでして、ネット検索で出てくるようなSOGがついたものではなく、単純なPCみたいなものでした!
    自社内に電柱が無くて、道路の電柱から建物壁面に這わせて地下へいっていました。

    PASが、単純なPASであるために、受電室内に地絡方向継電器があるのかなと思いました。
    仰せのVCTは、受電室受電盤内にありました。これにより、電柱PASからAS盤へ行き、AS盤から受電盤のDSの前で検針しているようです。
    新しく来られた主任技術者さんが、「ここの設置はなんだか特殊だな」と言っていたのを思い出しました。

    質問をする前に確認不足で申し訳ありませんでした・・・汗

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/10/16 16:27
  • 回答ありがとうございます。
    以前主任技術者だった人に聞いてみましたが、毎年パス解放パス投入を電力会社下請けのかたにしてもらっている電柱のパスがpasで、分界点はpas二次側だろうとおっしゃいました。pasは関電の持ち物だろうと、、、役員が言っているのでこうなんでしょう。。保安規定を探して図面で確認してみます。
    幸い柱上のものは単純な開閉器なので今回のOCRのような不意の遮断はなさそうに思いました。

    No.7の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/10/16 21:55

A 回答 (7件)

あなたがPASと呼んでおられるものは、関電のASのように思います。

分界点はキュービクル側の可能性があります。構内に電柱がないことからもその可能が高いです。
書籍の典型的な図はあてにしないでください、
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

引き込み柱の立ち上がりケーブルヘッドの接続点とする という文言を見つけることができました。

お礼日時:2017/10/17 09:34

関西では無く九州ですが電気事業法などは同じ。


電力会社との責任分界点はPASの一次接続点です。したがってGR等の点検、修理等は需要家の負担になる。
    • good
    • 0

>自社内に電柱が無くて、道路の電柱から建物壁面に這わせて地下へいっていました。


いわゆるPASがなく、関電の電柱にケーブルで出迎えしているのでしょうか。
関電のASは通常のPASの外箱のないような形状をしています
そういう場合でも電気室にSOG付きのPASや同じ機能のUGSを置いていたりします。
しかしそういう保護装置なしの場合もあります。
 構内設備は結線図や機器台帳で管理されているので電気主任技術者はわかっているはずです。
ここで文章でやりとりしても正確なところはわかりませんので機器保全計画は電気主任技術者の方と話し合って下さい。
    • good
    • 1

NO.2ですが補足内容を見ても何故何故と見たことがない不思議な系統ですね・・・


アドバイス不能です。

#67(R=受電でG=地絡で同じ意味です)が引込盤か受電盤にあるのなら何を保護していますか?
どの気中開閉器がカップルになっているかシーケンスで判断してください。
つまり電気図面を読み込んでください。
    • good
    • 0

構内柱と対向する関電柱に関電のASがあってそこから架空線が延びてきて構内柱のPASにつながっています。

この接続点が財産分界点になります。PASやその制御箱は需要家の管理(所有)になります。
関西電力は需要家ごとにASを設けてくれています。
PASの2次側にASは普通つけませんがあるとしたら需要家側でつけたものでしょう。
滅多にないですが関電のVCTが構内柱についていることはあります。(構内第Ⅰ柱からとても広い駐車場の奥に建物がある配置でした)
この回答への補足あり
    • good
    • 1

仰るPASは当然電柱上ですが言われるASはどこに付いていますか?


柱上でしょうか?キュービクル内でしょうか?
またPAS用の方向地絡継電器(#67G)か地絡継電器(#51G)はどこに付いていますか?
AS用の保護継電器は何が付いているのでしょうか?

以上の回答を頂ければアドバイスができると思います。
なお、送電線の末端だと電力準備のPASが近くの電柱にありますよ・・・
それと地上なら所有の引込柱があるのが一般的です。

<追伸>
拙い知識ですがPASもASも気中開閉器で違いはないと承知しています。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

高圧受電設備の責任分界点については、下のURLをクリックして図を


参考にすると良いでしょう。
PASの一次側接続点が責任分界点として図入りで説明されています。

「高圧受電設備の責任分界点/関東電気保安協会」」
https://www.kdh.or.jp/safe/document/knowledge/hp …

「受電設備保証保険/関西電気保安協会」
https://www.ksdh.or.jp/service/security/insuranc …
・関西保安協会での保険の説明になっていますが、説明図の箇所に
 責任分界点と記載されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

拝見いたしました。
PASの一次側に斜めに線が記載されておりますね。
ということは、PASは自社所有物になるわけですね!ありがとうございます。

お礼日時:2017/10/16 15:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受電方式

キュービクル式高圧受電設備において
「出迎え方式」という言葉をよく聞きます。
「出迎え方式」とは?

Aベストアンサー

地絡継電器付高圧気中開閉器を設置しない受電設備のことで、「出迎えケーブル方式」と言われたりもします。
それなりに(特にイニシャルコスト圧縮の点で)利点のある方式ではありますが、万が一にも事故が起きたときの波及範囲のことを考えると、ちゃんと設備空間を確保した上で責任分界点に開閉器を設置すべきだと思いますけどね。

QASとPASの違い

ASとPASの違いがいまいち分かりません。
気中開閉器と柱上気中開閉器・・・両方柱上にあるような。
まったくの別物なんですか?

Aベストアンサー

PASもASも柱上気中開閉器という名称(たぶん)は同じですが、一般的には需要家側の引き込みの分解点に設置するものをあえてPASと呼んでいるようです
PASは地絡短絡を検出するための電圧・電流センサを内蔵しSOG検出ユニットと組み合わせることで構内の電気事故を波及させ無いようにする役割があります
需要家引き込み用の開閉器は次の種別に分かれます
PAS 架空線で引き込む場合の気中開閉器
PGS 架空線で引き込む場合のガス開閉器
UAS 地中線で引き込む場合の気中開閉器
UGS 地中線で引き込む場合のガス開閉器
ガス開閉器は小型でよいのですが、環境問題の観点から今後は気中が主流になると考えられます

Q柱上高圧気中開閉器(PAS)とSOGについて

通常、ペアで使われる柱上高圧気中開閉器(PAS)とSOG制御装置の動作についてご教授お願いします。

下記のPAS及び、SOGを例に質問します。
それぞれのカタログ(PDF)を参照下さい。

(PAS)
http://www.togami-elec.co.jp/products/04kouatsu/01rock/klt_lt/index.html

(SOG)
http://www.togami-elec.co.jp/products/04kouatsu/01rock/ltr/index.html



1)SOGはPASを動作させる継電器と考えればいいのでしょうか。
そして、PASは、その継電器(SOG)により動作する開閉器及び、継電器(SOG)に信号を与えるVT、CTが入っている装置という理解でいいですか?


2)方向性タイプのPASにおいて、地絡の場合は、ZCT及び、ZPDの入力により、TCを励磁して、開閉器を動作させるのだと思いますが、SO動作のときのOCR(過電流ロックリレー)の動作がわかりません。


3)VT(制御電源用変圧器)は、SOG用の電源を供給しているのだと思いますが、PASがトリップしたら、この電源も落ち、SOGはダウンするのではないでしょうか。
それでいいのですか?


4)SOGカタログの方向性仕様に地絡方向検出位相特性図があります。
PASは、需要家側(つまりPAS負荷側)の地絡で動作するはずですが、その位相がなぜLag60°~Lead120°になるのかわかりません。


以上、もろもろお教えいただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

通常、ペアで使われる柱上高圧気中開閉器(PAS)とSOG制御装置の動作についてご教授お願いします。

下記のPAS及び、SOGを例に質問します。
それぞれのカタログ(PDF)を参照下さい。

(PAS)
http://www.togami-elec.co.jp/products/04kouatsu/01rock/klt_lt/index.html

(SOG)
http://www.togami-elec.co.jp/products/04kouatsu/01rock/ltr/index.html



1)SOGはPASを動作させる継電器と考えればいいのでしょうか。
そして、PASは、その継電器(SOG)により動作する開閉...続きを読む

Aベストアンサー

問)P1,P2に電圧が来ないということは、SOG自体の電源も落ちるということではないのでしょうか?
なのになぜ、開放条件が成立したと判断でき、PAS開放の動作ができるのですか?

回答)
SOG制御回路の負担は小さく、当然のことP1、P2に電源がなくなっても機能を維持してSO動作できます。(全メーカー)
・SO動作は、SOG内のコンデンサーに蓄えられたエネルギーを使っています。
・40年ぐらい前からSO動作機能はありました。
基板内の回路はメーカー公表していませんが、昔の機種は簡易な回路でした。
一度バラシテ自分で回路図を作ると勉強になります。
・G動作についても2秒程度の電源喪失機能がついてます。

問)トリップコイルを動作させる電解コンデンサは、どこについているのでしょうか?
SOG制御箱内です。

戸上電機製作所本社に技術担当(S殿)がおられますので、取説他熟読されて電話されると良いです。

Q高圧受電の出向えケーブル方式について

先日、経済産業省主催の電気保安講習会に出席しました。
講師から「出向えケーブル方式は関西電力管内だけで行っている方法であり、波及事故の危険性がある良くない方式である。」との説明がありました。
そこで以下質問です。
出向えケーブル方式は何故、関西電力管内だけで行われているのですか?
(本来はその場で質問すべきですが、よろしくお願いします。)

Aベストアンサー

関電管内だけとは知りませんでしたが、基本的には高圧引き込み線はオープンワイヤーであるべきで、そうであればこれは電力会社の負担設備となります。
それを強いてケーブルを希望される場合は需要家が負担して施設し、管理することならば認めることとしています。

ケーブルは経年劣化が問題であり、定期的な測定管理と取替が必要なのです。したがって、特定の需要家だけを優遇する(経費負担を増やす)ことは電気料金の平等原則に反することとなります。

Q受電設備の機器

MOF、PCT、VCTそれぞれ別物でしょうか。
MOFっていう用語は最近使わないのでしょうか。

Aベストアンサー

● 最近は VCT(計器用変圧変流器)従来はPCT,MOFと呼んでいたようです
下記参考URLで VCTの欄を見て下さい

参考URL:http://dw.st2.arena.ne.jp/kigou.htm#%95%B6%8E%9A%8BL%8D%86%91%CE%94%E4%95\

Q高圧需要家の受電方式「出迎えケーブル」は東京には無いのでしょうか?

大阪近郊で高圧受電の工場、学校、ビル等の電気主任技術者をしています。
さて高圧受電方式には構内第1柱方式と出迎えケーブル方式の2種類あります(地上多回路は除く)が街中では出迎えケーブル方式の方が多く使われています。
東京では出迎えケーブル方式は無いという話を聞きます。本当でしょうか?本当ならこのような重大な事柄が地方(電力会社?)によって異なるのは何故でしょうか?
ー追伸ー
出迎え方式は受電ケーブルの保護が無いので必ず波及事故になりますが、設備費が安い。
構内第1柱方式は全て保護出来るが設備費が高く且つPAS回りの事故が結構多い。
以上から個人的には出迎え方式でも良いのではと思っています。

Aベストアンサー

人口に膾炙されていない方式なら回答は無理かも・・・。

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Q受電用トランスの容量計算について

受電用トランスの容量アップをしたいのですが算出方法がわからず困っています。建物は老健施設です。
照明とコンセントに接続されている機器の総容量は79KW(コンセントに常時接続されている機器の全容量に50%をかけています)に常時は何も接続されていないコンセント回路を1回路2KW(20ATのNFBで分岐されているので)とし予測利用状況から100%~15%を掛け算した予測負荷の総合計が66KWです。
高圧受電で単相3線式電灯コンセント回路になっています。(動力のトランスは別に設けられています)。
ちなみに今は75KVAのトランスで問題はおこっていませんが負荷の増設を計画しています。

Aベストアンサー

電灯コンセント用変圧器の容量算出は、
変圧器容量(kVA)≧総負荷容量(kVA)×需要率(%)×余裕率(%)であらわします。
需要率は=最大需要電力(kVA)/総設備容量(kVA)
電灯コンセント関係も力率が関係するのですがおおむね100%とすると総容量79kW/100%=79KVA
予測負荷66kWそのものが利用状況を掛けておられるので
現状の負荷の需要率を60%ないし50%としますと
79×50%+66=106kVAとなり、単相三線式ですと負荷を案分していると仮定して先ほど106kVAの50%となり、53kVAが変圧器容量となります。現状の変圧器でも問題はないと思いますが、予測負荷の状態等が不明ですので一概には申せません。高圧で受電されているのでしたら電気主任技術者がおられると思いますので一度ご相談されては以下かでしょうか

QPAS設置の法的根拠はありますか。

今は当たり前で責任分界点にPASがついてますが、指針等で推奨(受給契約!電力会社含む)されているだけで電気設備技術基準にも載っているのでしょうか。ただついて無いと受電を認めないとか、波及事故を起こした時など考えれば必ず必要な事は分かっているのですが。

Aベストアンサー

高圧受電設備指針の第2節「高圧受電設備の施設基準」>2-1「保安上の責任分界点」に次の一文があります。

原則、保安上の責任分界点は構内に設けることとした上で、
「特別の理由により自家用の構内に設定することが難しい場合は、保安上の責任分界点を自家用の構外に設定することが出来る」

敷地内にPASを設けるスペースがない等の場合に、この方法をとっている事業所は多くあります。
これは、出迎え電線路とか、出迎え方式などと呼ばれており、電力会社さんに相談すれば対処してもらえるようです。

なお、電気設備技術基準の高圧の引き込み関連も、ざっと目を通しましたが、区分開閉器の位置についての記載は見あたりませんでした。

その関連の既出の質問がありましたので、ご参考までに。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1066131

Q対地静電容量って

電気について勉強しているもの(電工2種の知識程度)です。
質問1 漏電と地絡は同じと解釈していいでしょうか?
質問2 対地静電容量という言葉がどうも理解できません、架空電線は大地から空気絶縁されていると思うんですが、本などでは大地から電線へコンデンサの記号を介して電流が流れるように見えるんですが、意味がわかりません、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問2 対地静電容量
コンデンサは導体と導体の間に絶縁物を入れたものです。
電線(導体)と大地(導体)の間に絶縁物(空気)を入れているのでコンデンサとなります。
 単位あたり(例えば1mあたり)静電容量としては小さくなりますが配電線など距離が長いので大きな値になったりします。
地面に対する静電容量というイメージでよいです。
ですので「大地から電線へコンデンサの記号を介して電流が流れるように見えるんですが」のその通りです。
電流が流れるかどうかは静電容量の大きさと電圧の大きさによります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報