人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

NHK受信料について…
住んでる地域がもともと電波障害のある地域で屋根にアンテナは設置しておらず
地デジになる為、auひかりで契約をし現在
テレビ、パソコン、カーナビ、iphone 、ブルーレイレコーダーを使用してます。
今回NHK 受信料裁判の決定で色々な意見があるようですが、我が家の場合は結論としてNHK受信料は払わないといけないのでしょうか?
ちなみにNHK受信料は払ってます
ご意見よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • たとえ電波障害がある地域でauひかりに加入してても受信機がある限り「支払い義務はある」ということなら素直に払い続けます
    支払い拒否して、数年間の未払い請求とか、
    NHKの人が来て怖い思いはしたくないですからね!
    みなさん、回答頂き有難うございました。

      補足日時:2017/12/19 14:30

A 回答 (7件)

電波障害などで受信状態が悪ければ、条件によっては減免措置を受けられます。


細かい事はNHKの窓口へ問い合わせれば教えてくれます。
私の知り合いは山間部で地上波が殆ど映らないと言う事で受信料免除となっても居ますので、一度相談した方が良いですよ。
但し、このサイトにも時折質問として上がっている戸別訪問してくるNHKからの受信料徴収委託業者は払わないとダメと言う
一点張りになる可能性が高いので、NHKの方へ問い合わせた方が良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

電波障害区域で共同アンテナを使用してましたが地デジになってから個人アンテナを設置してるところがあるということは通常に受診できる区域になってる?
よく分かりませんが減免措置、調べてみたいと思います
回答頂き有難うございました

お礼日時:2017/12/19 14:51

ホントの話? auひかりで地デジ見られます?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメント有難うごさいました

お礼日時:2017/12/19 17:54

電波障害があって見られない?。


でも、現実には見ているのでは?。
アンテナがなくてもテレビが見られるなら支払い義務は発生します。
で、本当に電波障害で見られないのであれば、すぐにNHKに電話をすることです。
するとすぐにやってきて電波の状態を調べ、それ相応の対処をしてくれます。
もちろん、費用はかかりません。
そして、きちんと受信できるように改善してくれます。
ちなみに、その地域専用のアンテナを設置してくれることもあるがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うごさいました

お礼日時:2017/12/19 17:52

受診料を払っているなら NHKに電波障害を解消するよう交渉するとよいです。

正当な権利です
言うだけはタダですから 遠慮なく申し入れましょう。少なくても 調査に来ますよ
ウチでも 以前ですが 写りが悪いと言ったら 調査に来ました もちろん無料。電気屋に頼むと有料www
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます!
電波障害の原因は、すぐ近くに新幹線が通っているからなんです

お礼日時:2017/12/19 16:47

現法では支払義務が有る



テレビ設置有りなら、
解約は難しいですよね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございました

お礼日時:2017/12/19 14:38

放送法によれば支払い義務があるのは「受像機を設置している世帯」です。


映りは考慮外です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

支払い義務があるという事で解決しました
有難うございました

お礼日時:2017/12/19 14:37

1回契約してしまうと解約は難しいですね。

受信機器がある以上支払義務はあります。なんか理不尽ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解約というより、「義務がある」で解決しました
有難うございました

お礼日時:2017/12/19 14:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電波障害時のNHK受信料

現在住んでいる地域は近くにある大型ショッピングモールがある為に、居住開始時に「電波障害により地上波放送(当時はアナログ)は受信出来ない」とケーブルテレビ局から連絡がありました。
その連絡より先に友人とアンテナの設置を行いましたが、当然ですが映らずデンキ屋に調整を依頼しようか?と考えていた時でした。

周りの家の殆どがケーブルテレビ局に加入していますが、私の家ではケーブルテレビ局とは契約せずに、スカパーに加入しました。
現在、地上波用のアンテナは撤去が面倒なので設置したまま、BS用のアンテナは設置していません。

10年近く前に、NHK受信料の集金員が訪問してきた際に上記の説明をしたら、「じゃぁ結構です」と言い集金員は帰りましたが、先日10年ぶり位に集金員が来ました、再度同じ説明をした所、「テレビがあるなら支払い義務があるし、アンテナもあるので…」と言われました。

このような場合、見れないNHKに対して本当に支払義務があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんぱんは。

 NO.2です。


>との事ですが、現在はスカパーのみの視聴です、
それでも受信料を払わなければならないって事でしょうか?

 
 受信料を支払わなければなりません。それは、テレビを見ているということは、NHKを見ていようと見ていないとに関らず、チャンネルを合わせればNHKを見ることができるのが現在販売されているテレビすべての機能なので、テレビを入手して見ていればNHKはまったく見ていなくても、受信料を支払わなければならないという法律の趣旨です。

 受信料不払いが続くと、NHKは法的処置を起こしてきて、訴訟になることもありますが、これでほとんどの人が敗訴して受信料を支払っています。

 参考までに放送法32条の条文を張っておきます。

放送法32条(受信契約及び受信料)
1.協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であって、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。
2.協会は、あらかじめ総務大臣の認可を受けた基準によるのでなければ、前項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料を免除してはならない。
3.協会は、第一項の契約の条項については、あらかじめ総務大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも同様とする。
放送法37条(収支予算、事業計画及び資金計画)
4 第32条第1項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料の月額は、国会が、第1項の収支予算を承認することによつて、定める。


 
 この法律の解釈によっては、NHKが受信できないテレビを販売すれば良いのではないかとも考えまる人もいますが、NHKを受信できないテレビを製造して販売することは認められていないので、現実的にはテレビを入手すれば、NHKと契約して受信料を支払うこととなります。

 こんぱんは。

 NO.2です。


>との事ですが、現在はスカパーのみの視聴です、
それでも受信料を払わなければならないって事でしょうか?

 
 受信料を支払わなければなりません。それは、テレビを見ているということは、NHKを見ていようと見ていないとに関らず、チャンネルを合わせればNHKを見ることができるのが現在販売されているテレビすべての機能なので、テレビを入手して見ていればNHKはまったく見ていなくても、受信料を支払わなければならないという法律の趣旨です。

 受信料不払い...続きを読む

Q難視聴地域におけるNHKの受信料の支払いについて

難視聴地域におけるNHKの受信料の支払いについて

ぼくが住んでいるところは難視聴地域です。以前は自治会(のような組織)が共同アンテナを管理していましたが,現在ではケーブルテレビにより,各家庭に地上波+BSのみの配信を行っています。ケーブルテレビ会社との契約はほぼ強制で,入居前より不動産会社から必要経費として聞かされていました。

疑問に思うのは,このような状況下でNHKの受信料の支払いは必要なのでしょうか。受信契約とは,「受信できる状態にあれば料金を支払え」ということでしょうし,受信料にはコンテンツだけでなく視聴可能にする費用が含まれている考えるなら,受信できるようにする責務はNHK側にあると思うのです。たとえ受信契約を結んでいたとしても,ケーブルテレビの料金を支払わなければ受信できない状況は,NHKの契約不履行には当たらないのでしょうか。

法律に詳しい方,教えてください!

Aベストアンサー

放送法では、NHKは「あまねく全国で受信できるように措置を講じること」なっています。
しかし、従来のアナログ放送や地上デジタル放送では中継局の数が足りず、山間部や離島などでは電波が受信できない地域が存在します。
このため、NHKは受信可能な地点(多くは山の上)に共同受信施設を設置し、各家庭までケーブルを引いて受信できるようにしています。これをNHK共聴といいます。
ただし、NHKの電波が受信できない地域は民放も受信できませんので、NHK共聴に民放の受信施設も併設していますが、民放部分に関しては共聴組合の加入者の負担で設置運営しています。
従って、NHKを受信するための設備の維持管理費用は、すべてNHKが負担し、直接電波を受信できる地域と格差がないようにしています。

これに対して、自主共聴と呼ばれる共聴組合もあります。NHK共聴と同様に難視聴を解消するために共同受信施設を設置していますが、NHK共聴と違う点は原則としてNHKの電波は受信可能であるが、民放の映りが悪いための施設という点です。
自主共聴組合では、地デジ化の工事費用についてはNHKの技術協力や行政からの補助金である程度負担が軽減されますが、基本的には維持管理費用は組合員の負担です。
しかし、近年ケーブルテレビや光テレビの普及により、共聴組合を脱退する人が多くなり、組合施設の管理負担がいっそう重くなるケースが問題化しています。
そこで、共聴組合を解散し、地域ごとケーブルテレビや光テレビに加入しているところも出てきています。

質問者様の地域はこのようなケースに該当し、地域ごとケーブルテレビへ加入しているのではないでしょうか。おそらく屋外アンテナを正しく設置すれば、NHKは受信可能だと思いますよ。

もし、NHK共聴組合を解散してケーブルテレビに加入しているのであれば、それはその組合が解散時に権利放棄した結果ですから、NHKに非はないでしょう。

NHKの放送を視聴できる環境にある限り、NHKとの受信契約は放送法にしたがったものであり、NHKの債務不履行には当たりません。

また、質問者様は、転居の際、不動産会社からケーブルテレビ加入についての説明を受けている訳ですから、不動産会社や売主・貸主に対して権利の瑕疵を主張することもできません。

放送法では、NHKは「あまねく全国で受信できるように措置を講じること」なっています。
しかし、従来のアナログ放送や地上デジタル放送では中継局の数が足りず、山間部や離島などでは電波が受信できない地域が存在します。
このため、NHKは受信可能な地点(多くは山の上)に共同受信施設を設置し、各家庭までケーブルを引いて受信できるようにしています。これをNHK共聴といいます。
ただし、NHKの電波が受信できない地域は民放も受信できませんので、NHK共聴に民放の受信施設も併設していますが、民放部分に関し...続きを読む

QNHK受信料、電波状況が悪い時の支払いは?

友人のケースについての相談です。
彼女の住んでいる場所は都会近くですが山手で電波状況が悪く、ほとんどの家がケーブルを(で)見ています。しかし彼女のアパート(賃貸)はケーブルがなく、ほとんどのチャンネルがあの「ざーっ」という画面で見にくく、音もそれに交えて聞こえてくるので聞き取りにくくて仕方ありません。その中でも特にNHKの電波が悪く、まったくみないようです。私も遊びに行くのでわかります。
もちろんブースターを付ければ解決するのかも知れませんが、彼女は「民放はまだ見れる」との理由で、付けていません。
それで、NHKの受信料は今まで別の理由(よくある「見ないから」とかそんなの)で支払っていなかったようなのですが、今回担当の人が過剰にしつこいようで、「NHK見なくてもテレビがあれば支払う義務がある」という例の文句をしきりに言ってピンポン何回も押すわ、何回もノックするはで大変なようです。最初から言わなかった手前と、かろうじて見れないことはない(番組内容がわかる、聞こえる)ので「NHK映らない(映りにくい)ので」とは言っていないそうなのですが、実際映りにくい事を理由に断れるものでしょうか?それに、ズバリ、電波がきちんと来ない状況でも「テレビがある」と言う理由で受信料は払わないといけないのでしょうか?あとその他アドバイスあればお願いします。

友人のケースについての相談です。
彼女の住んでいる場所は都会近くですが山手で電波状況が悪く、ほとんどの家がケーブルを(で)見ています。しかし彼女のアパート(賃貸)はケーブルがなく、ほとんどのチャンネルがあの「ざーっ」という画面で見にくく、音もそれに交えて聞こえてくるので聞き取りにくくて仕方ありません。その中でも特にNHKの電波が悪く、まったくみないようです。私も遊びに行くのでわかります。
もちろんブースターを付ければ解決するのかも知れませんが、彼女は「民放はまだ見れる」との理...続きを読む

Aベストアンサー

法律ではNHKと受信契約を締結する義務があることは書いてますが
お金を払わなければいけない内容は書いてません
NHHは受信契約を締結している人にはお金を払えとはいえません
受信契約をして下さいはいえますが
受信がかろうじてできる状態では受信契約を締結する必要が無いと思います
見えないもの払えない


私のNHKに対しての意見
NHKはうそばっかりいいますよ 私は払ってません
1.法律でNHKと契約しなけばいけない内容です
2.契約者で無い人に集金および支払いを催促すれば法律違反です
3.1.の契約をしなくても罰則はありません
4.1.の未契約でNHKを見てもOKです。判例があります。
5.NHKが受信料金を請求できのはNHKと契約した契約者のみです
6. NHKの職員にも払って無い人が過去にいた(NHKは否定はしているが)
7.どうして沖縄が安いの変ですね。なんで全国一律では無いの
8.収支報告書みるとこんなにお金を集金しているのが良く割ります
  フジTVや日テレの何倍も収入があります
9.法律違反をするNHKに対抗するには
 1)お金を払わないと法律違反と言う集金人に書面を書いてもらう
 2)上記はまず書きません本人は違反とわかっているから
 3)あなた本当にNHKの職員ですか身分証明書を見せろと要求する
 4)法律違反ですから警察を呼びましょう
 5)来ても無駄だと判ったら二度と着ません 我が家には2年くらいはきてません
10.ワウワウやスカパーより以上の料金とるのだったら番組表や講座のテキスト   は無料で配布すべき
11.払わないとは言ってません私は、
 1)なんで沖縄が安いの
 2)こんなに予算が必要なの 道路公団と一緒の状態
 3)情報開示が無い 客にたいして
 4) お金払っている人に会長(役員)を選ぶ権利があってもいい
 5)上記は生保などは(株主)は権利あるのに不思議
 6)NHKは、国営放送では無いといっているが・・・・・
 7)形を変えた税金と一緒です 国民がチェックできる体制に無い
12.書くときりがないのでおしまい
以上 

法律ではNHKと受信契約を締結する義務があることは書いてますが
お金を払わなければいけない内容は書いてません
NHHは受信契約を締結している人にはお金を払えとはいえません
受信契約をして下さいはいえますが
受信がかろうじてできる状態では受信契約を締結する必要が無いと思います
見えないもの払えない


私のNHKに対しての意見
NHKはうそばっかりいいますよ 私は払ってません
1.法律でNHKと契約しなけばいけない内容です
2.契約者で無い人に集金および支払いを催促すれば法律違...続きを読む

Q映らないNHKの受信料も払う義務がありますか?

このたび娘が親元を離れてアパートで一人暮らしを始めました。そのアパートは室内アンテナでテレビを見るしかなく、NHKはまったく受信できません。娘はNHKの集金人にもその旨を伝えたそうですが、受信状態の確認もせず「みんな払っているから」程度の説明で、契約していったそうです。
そこでお聞きしたいのですが、
(1)まったく受信できない受信料も払わなくてはいけないのでしょうか?もし払わなければいけないのなら、NHKは受信状態を改善する義務があるのではないでしょうか?
(2)未成年にも関わらず契約をとってよいのでしょうか
(3)解約できるでしょうか?
受信料に反対しているわけではありませんが、納得がいきません、以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

まずは「日本放送協会放送受信規約」をお読み下さい。
http://www.nhk.or.jp/eiso/box3.html

(1)NHKが受信できなくても受信できる装置があるだけで支払義務
  が発生するようです。(第1条第1項参照)
  NHKが受信できない時は「特別契約」になるみたいです。
(2)状況から察するに生計は1つで住居が異なることになると思いますが
  その場合でも支払義務が発生するようです。(第2条第1項参照)
未成年者は関係ないようです。
(3)解約は出来ます。
  色々と方法はありますので「受信料 解約」でネット検索(google等)してみて下さい。

# ちなみに私は払っていません。(笑)

Q【NHK契約員】「受信機でB-CASの電波拾ってから訪問する」 どうやってB-CASの電波を受信機

【NHK契約員】「受信機でB-CASの電波拾ってから訪問する」

どうやってB-CASの電波を受信機で拾えるの?

マンションでも一軒ずつ拾えるの?

Aベストアンサー

テレビに刺さってるB-CASカードから受信信号が出ているのです。

なので、テレビを点けていれば分かる仕組みです。

マンションでは厳しいですが、一戸建てなら間違いない。

それに名簿はありますからね。
加入者じゃない人に、そのようにB-CASで分かる!と強弁すれは、大抵よほどの悪人でもない限りは白状します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報