プロが教えるわが家の防犯対策術!

ドスパラというサイトに記載されている
バルク品
販売店舗(中古)
というのは、バルク品で中古ということですか?
わかる方いたら教えてください。

A 回答 (3件)

中古販売店で売られているので、中古の可能性が高いのですけれど、どこかが余った部品をまとめて売りに出したのあれば新品もあります。



新品のバルク品はパーツ販売店でも売られていることがあります。バルク品=一定量トレイに並んで載っているもの と言うイメージがあります。組み立て工場などに供給される部品形態ですね。実際、メモリや CPU でそう言った形で販売されているものを見たことがあります。これらは、一つ一つのパッケージには入っていないし、余計なものは付いていないので、その分安くなります。

一頃は IO Data や Buffalo、パソコンメーカーの供給しているメモリ以外は、皆バルクメモリを読んでいた時期もあります。現在販売されているメモリメーカーのプラスチックパッケージに入ったメモリなんですが、メーカー自体があまり有名でなかったので、バルクと呼ばれていました。今からすると信じられないですよね(笑)。

当然、そう言ったバルク品の中古もあるでしょうし、パッケージ等が無くなってしまっている中古品もあるので、見分けは付きませんね。どう言った品物かは来歴をお店に訊かないと判らないと思います。

箱入りでないものをバルク品と定義するならば、バラで売られているものは皆バルク品になります(笑)。心情的には、新品だけども箱がないバルク品であれば、それが希望するパーツなら買いだと思います。
    • good
    • 1

バルク品ですので、保証がないという感じの意味かと思います。



PCショップで、HDDを新品で売ってある場合、
①新品HDD1年保証とか、3年保証とか書いてあると販売価格が高い。
②新品HDD(バルク品)購入から2週間の初期不良のみ対応と書いてあると安い。

例えば、”電脳売王” というネット通販でよく見かける中古とかのPCを売ってあるショップですと、

「中古ノートPC、購入から2週間不良品は返品対応」と書いてあったりします。

中古品ですし、どこかの企業からリースアップとかで引き揚げた、新品から3年とか使ったノートPCを
仕入れますと、1台1台動作確認をすることが時間かかるので、問題ないというものをお客様に販売し、
買った人が届いてから2週間以内に使用してどこか不良個所があれば、交換または返金処理を申告相談
するという、初期不良のみの保証だったりします。

■参考資料:電脳売王で中古の法人向けタブレットを買うとどんな感じなの?
https://matome.naver.jp/odai/2150679004108279001

そんな感じですので、「バルク品とあれば、新品中古品問わず、保証というほどのものはありませんが、
その為この価格で売っていますよ~~」というザックリした保証体系を意味してあるのだと思います。
    • good
    • 1

製品という形で売ってなくて、部品として売ってるだけです。


でも新品ですよ。
要はパッケージ商品ではないってことです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバルク品と中古品どちらがおすすめ?

メモリを64MBから128MBに増設検討中です。
PC133SDRAMですが、ショップでバルク品(ノーブランド品)をみかけました
注意書きにPCが故障しても保証がありません・・とありました。
そもそもバルク品とは何ですか?又どこがつくるのですか?
それともうひとつ、メーカー品の中古と比べるとどちらが、信頼性が
あるのでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 #5です。

>難しくて理解できません(^ー^)

 確かに(^_^;

 もうちょっとわかりやすくしてみましょうか。

<DRAMメーカー>     <ノーブランド・メーカー>
 DRAMチップ製造  →   自社検品(基準は自由)
    ↓              ↓
  社内検査          自社モジュールに組み込み
    ↓              ↓
    ↓             検査・出荷

DRAM単体として製品化               
     ↓        ↓<サードパーティメーカー>  
     ↓         →DRAMメーカーより購入   
モジュールに組み込み        ↓
     ↓          モジュールに組み込み
   検査・出荷            ↓
                  検査・出荷

 上に示すように、ノーブランド品はDRAMメーカーで製造したチップがそのメーカーの内部検査を受ける前の状態で他のモジュールメーカーが独自の検査を行って製品化したものです。
 メジャーブランド品は、DRAMメーカーが検査を行ったチップを製品化したものです。
 サードパーティー以外でも、PCメーカーが独自のモジュールに組み込む場合があります。これらがPCメーカーの純正品です。メモリのバルク品は、これらのメジャーチップが主です。

 要は、DRAMメーカーの社内検査を通過し、そのメーカーの刻印があるチップを使っているのがメジャーチップ(またはメジャーメモリ)で、DRAMメーカーの検査を受けておらず、無名の刻印が指定あるチップがノーブランドです。
 バルク品はPCメーカーが自社製PCに組み込む目的で製造したものが市場に流れたものを指すので、品質的にはノーブランド品よりも高いことになります。従って、そのほとんどがメジャーチップと行って良いでしょう。
 ただ、PCメーカーといってもいろいろあるので、単価を安く抑えるためにあえてノーブランド品を使うこともあるかも知れません(もちろん動作確認はする)。

 メモリのノーブランドに付いては今発売の「WinPC 7月号」に記事があります(P.144)。ただ、次号の発売が来週の水曜なので、まだ店頭にあるかどうか分かりませんが。

>故障とはPCがお釈迦になる事ですか??

 端子部分などに問題があれば、最悪その可能性はあるでしょうね。一応電気が流れるわけですから、ショートや過電流が発生すればマザーの方にも影響が出る恐れは十分に考えられます。その店できちんと動作確認をしているなら大丈夫かも知れませんが.

 #5です。

>難しくて理解できません(^ー^)

 確かに(^_^;

 もうちょっとわかりやすくしてみましょうか。

<DRAMメーカー>     <ノーブランド・メーカー>
 DRAMチップ製造  →   自社検品(基準は自由)
    ↓              ↓
  社内検査          自社モジュールに組み込み
    ↓              ↓
    ↓             検査・出荷

DRAM単体として製品化               
   ...続きを読む


人気Q&Aランキング