自分のお店を開く時の心構えとは? >>

 ナイロン(PA612)を溶かすのに蟻酸を使っていますが、臭いがきつく体に悪そうです。
 体や環境への負荷の小さな溶剤で、何か良いものがあったら教えてください。

A 回答 (1件)

 正直、環境にやさしい溶剤というのは難しいかと思います。

通常、高分子量の脂肪族ポリアミドは、フッ素系アルコールやハロゲン化水素、ヘキサメチルホスホルアミド、テトラメチル尿素、濃硫酸など、かなり特殊な溶媒が良溶媒として使用されますので・・・。

 比較的普通の溶媒として可能性があるのは、N-メチル-2-ピロリドンや、N,N-ジメチルアセトアミド、N,N-ジメトルホルムアミドあたりのアミド系溶媒ですね。で、これらに塩化リチウムを沢山溶解しておき、加熱中で長時間撹拌すれば、溶けるかもしれません。環境負荷はともかく、蟻酸に比べると人体への影響ってのは少ないかと思いますよ。

 実際に溶けるかどうか私自身が確認したわけじゃないので、あしからず(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答どうもありがとうございました。
回答中の物質名をキーワードに詳しく調べてみますね。

お礼日時:2004/09/29 10:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q6-6ナイロンを溶解させたい

ナイロンは、広義には一般溶剤には溶解しなく、フェノール類や濃蟻酸に溶解するらしいのですが、溶解させる場合、どんなものを使えば安全にできるのでしょうか。

追記:
薬局屋で聞いたところ、卸問屋がススメル溶解剤は『塩化メチレン』ということなのですが、塩化メチレンは、皮膚に接触すると炎症を引きおきしたり、蒸気を大量に吸引すると麻酔作用を示すらしく、なるべくなら使用したくないです。

Aベストアンサー

私も6,6-ナイロンが他にどんな溶媒に溶けるか知りませんので、参考までに。

まず塩メチですが、換気をよくしておけば沸点が低い(45度くらい)ので、揮散してとんでいきます。いつまでも残るということはありません。
私が排出設備を気にしたのは、環境問題に引っかかりやすい溶媒なので、廃液処理などが充分に行われているかな?ということが気になったからです。
あと、使っているそばに水道の流しなど下水につながっている水ためがあると、塩化メチレンはいくらか水に溶けますので、蒸気が溶解して下水に流れてしまいます。これで環境安全課から注意が来たことがあるので、質問者さんも気をつけてくださいね。
皮膚への接触は、ゴム手袋しておけば大丈夫です。
溶剤にもろに浸したりすると、しみこんできますが、飛沫がかかる程度なら問題ありません。

塩化メチレンに溶けるとなると、たぶんクロロホルムにも溶けるとは思いますが、安全性を考えるとどっちもどっちです。大体、同じような特性を持っています。クロロホルムの方がちょっと沸点が高い(60度くらい)ですが。

あとは何だろう。
THFに溶けるかもしれません。
これだって有毒に違いはありませんが、ハロゲン系溶媒よりはましだと思います。

問屋さんは他に何に溶けるか教えてくれませんでした?
(他力本願な私・・・)

私も6,6-ナイロンが他にどんな溶媒に溶けるか知りませんので、参考までに。

まず塩メチですが、換気をよくしておけば沸点が低い(45度くらい)ので、揮散してとんでいきます。いつまでも残るということはありません。
私が排出設備を気にしたのは、環境問題に引っかかりやすい溶媒なので、廃液処理などが充分に行われているかな?ということが気になったからです。
あと、使っているそばに水道の流しなど下水につながっている水ためがあると、塩化メチレンはいくらか水に溶けますので、蒸気が溶解して下...続きを読む

Qポリエチレンが溶解可能な溶媒について

ポリエチレンを溶媒に溶かしたいのですがアセトンなどに入れても溶けません。何か溶解可能なようばいなどありますか?

Aベストアンサー

結構難しいですよ。
PEとか、PPは、非常に耐薬品性が高いですからね。

扨、答えとしては、「デカリン」を用い、高温(130~150ぐらいだったと思います)で溶解可能です。
PE等の極限粘度を測定するときなんかにこの方法を用いるはずです。
このあたりの方法として、捜されると溶解方法の手順が見つかると思います。

くれぐれも高温溶媒を扱いますから、やけど等にはご注意くださいね。

Qポリエチレン・ナイロンが溶けました

冷凍食品をボイルしようとしたら、内袋(ナイロン・ポリエチレン製)が鍋の縁についてシュワッと溶けてしまいました。
溶けたところに穴が空いて中身が漏れました。

すぐに換気扇を最大にして、溶けたものが中に入ったかもしれないので食品は捨ててしまいました。
ポリエチレンとナイロンが溶けるとどうなるのでしょうか…
調べるとポリエチレンは溶けても無害という話がちらほらありますが、ナイロンは見当たりません。
捨てるのはやりすぎだったでしょうか。

異臭がしたような気もします(食品の匂いかも)

Aベストアンサー

ポリエチレンは融点が低い(80~120℃)のですが、ナイロンはかなり融点が高く
(220~260℃)これが溶けるのはよほどのことです。まず、鍋の余熱温度が
高すぎます。
ポリエチレンは炭素、水素、酸素の3種からなる合成樹脂で焦げても異臭はないですが、
ナイロンはこれにチッ素も加わり、焦げると異臭がします。簡単にいうと髪の毛を
焦がした臭いです。

溶けて固まった部分を取り除くとほぼ問題はないように思いますが、微量に発がん物質
に変化している場合もあります。しかし、これは魚や肉の焦げと同じなのであまり
神経質になることはありません。

Qプラスチックを溶かせる物

少しだけプラスチックを溶かしてみたいのですが、シリコーンオイルで、プラスチックの少々のデコボコは溶かせますか?

また、他にプラスチックが溶けるものを教えてください。

Aベストアンサー

プラスチックと言っても、その種類は膨大で金とアルミどころではない違いかがあります。
何に使われているものかでおおよその見当は付きますから、それを教えてください。
もっとも強力な溶剤としては ⇒ジクロロメタン( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%B3 )でしょうが取り扱いが面倒です。
 また、乾燥したからと言って元に戻らない場合も多いです。作業上も突出したところよりも凹んだところが犯されやすいという問題が・・・
 よって、基本的には刃物で削るかサンディングです。熱軟化性樹脂の場合は冷却を忘れないように・・

Qポリアミド(ナイロン)の加水分解方法?

ポリアミド6に複合されている含有物を取り出したいのですが、焼いて灰分残渣から取ると高温の熱の影響を受けてしまい、目的が達せません。
ギ酸か硫酸で溶解する手も考えましたが、強酸も一寸問題がありそうです。
そこで、弱い酸か、アルカリで加水分解できないかと考えたのですが、既にご経験の有る方の具体的方法について、お知恵を拝借いたしたく存じます。

Aベストアンサー

私も経験がありませんがナイロンは非常に酸に弱いので希塩酸で充分ではないかと思います。希塩酸なら後で大した障害にはなりません。
m(_ _)m

Qナイロンってなぜ分解しないの?

こんばんは。

さっそく質問なんですが、
1. なぜナイロンは生分解されないのでしょうか?
分子がアミド結合(ペプチド結合)でつながっているので、
タンパク質などと同じように簡単に分解させそうに思うのですが、
実際はほとんどされないみたいですね。

また、図書館で見た本に、
ナイロンは4-ナイロンのみ生分解と書かれていました。
この文の意味は、
「ナイロン4以外のナイロンは生分解したとしても極僅かで、
生分解しないに等しい。4-ナイロンはそれに比べ生分解性が強く現れる。」
っといった具合に解釈してみたんですが、
なぜ4-ナイロンとそれ以外に差がでるのでしょうか?
4-ナイロンの特別な点があれば教えていただきたいのですが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

4-ナイロン、別名:ポリ-α-ピロリドン。Pseudomonas sp.で分解することが確認されています。↓
​http://www.techno-qanda.net/dsweb/Get/Document-15633/15forum0211.doc​
構造はγアミノ酪酸のポリアミドですので栄養はあるでしょう。
他のナイロンは生分解性には多少問題がありますが、酸性に非常に弱いです。
以前ナイロン製作業着を塩酸雰囲気下に晒し、ロッカーに吊して置き1週間後に着ようとしたら粉々に(本当に粉に)なってしまった経験があります。

Q1寸・1尺・1間って何センチ?

日本の長さの単位って、センチメートルに直すとどのくらいなんでしょう?
いつも、ハテナ?と迷ってしまいます。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

普通は一寸3センチ、一尺30センチ、一間180センチで大体いいと思います

参考URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/yokai/kansan.htm

Q「PHR」という単位について

 樹脂の配合などにおいて添加剤の添加量を示すのに「PHR」や「phr」という単位を見かけるのですが、正式にはどういう意味なんでしょうか?

 自分としては「%」のつもりで解釈しているのですが、少し不安になってます。

 何かの略称とは思うのですが、それも判別がつきません。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語で「重量部」と言います。
樹脂の場合は P= per、H= hundred 、R = resin を表し、ゴムなら最後が R= rubber となります。

主の樹脂やゴムの重量を100として、その他配合、添加する物の重量を数字で表示します。
100分率の%と似ていますが、結果としてはその比率は違いますので、要注意です。

例えば、配合する物の合計が10であれば10÷110=約9%となりますが、仮に副樹脂を40として、
その他を代えなければ、10÷(100+40+10)=約6.6%となり、場合によっては、
大きく性質が変わる可能性があります。

QMeHOと水の共沸混合物

有機化学実験のてびき1を読んでいた所、
よく使われる有機溶媒の性質の欄に、
methanolは水と混ざるけれど共沸混合物を作らないとありました。
エバポレータを回した時に少し水分が残ったらMeOHを加えて飛ばしていたのですが、
本当に共沸混合物を作らないのでしょうか?

Aベストアンサー

共沸という用語は少々厄介です。
化学的には「液体の混合物が沸騰する際に液相と気相が同じ組成となる現象」ということであり、たとえばエタノール-水の系であれば約96:4の混合物がこれに該当します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%85%B1%E6%B2%B8
http://www006.upp.so-net.ne.jp/h-fukui/86Azeotrop.htm

水-メタノールの混合物がこうした共沸混合物を形成するかどうかは不明ですが、おそらくそうはならないということでしょう。

ただし、現実にはこうした物理化学的に厳密な意味での共沸ではない意味で用いられることもあります。
No.1のご回答にありますように、メタノールを加えることによって、常圧で水が100℃よりも低い温度で気化するということはあるでしょう。しかし、それを厳密な意味での共沸と呼んでよいのかどうかは私には判断できません。単に、水の分圧が下がっているだけのことかもしれません。現実問題としてはそれでもかまわないでしょうね。

それと、水-エタノールの場合ですら、共沸混合物中の水が4%にしかならないということであれば、メタノールであれば、共沸したとしてもその割合ははるかに低くなると予想されます。あやふやな回答で申し訳ありませんが、水の割合が0に近いという意味で「共沸しない」と言われるのかもしれません。

共沸という用語は少々厄介です。
化学的には「液体の混合物が沸騰する際に液相と気相が同じ組成となる現象」ということであり、たとえばエタノール-水の系であれば約96:4の混合物がこれに該当します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%85%B1%E6%B2%B8
http://www006.upp.so-net.ne.jp/h-fukui/86Azeotrop.htm

水-メタノールの混合物がこうした共沸混合物を形成するかどうかは不明ですが、おそらくそうはならないということでしょう。

ただし、現実にはこうした物理化学的...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報