女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

アンイシュタインの理論によると光の早さで動くものは無限の重力を持つなら光子も無限の重力を持つはずじゃないですか?、アンイシュタインの有名な方程式E= MC^Cによるとエネルギーを持つものは質量を持つので光子の質量は0じゃないはずです。少しでも重力を持つと無限の重力を持つことになり矛盾しています。

A 回答 (13件中11~13件)

>アンイシュタインの理論によると光の早さで動くものは無限の重力を持つなら



こういう話どこから拾ってきたんですか?
相対論からこういう結論はでてきません。
    • good
    • 0

光子と重力子については、質量=0としています。



> エネルギーを持つものは質量を持つので
逆ですね。質量自体もエネルギーで、それを質量エネルギーと言っています。

なお、質量ゼロの物質はそのほかのエネルギーを持たないとか、
光速を超える運動体は存在しないとか、
そういうことは言ってはいません。
ご確認ください。
    • good
    • 0

相対性理論の数式は完全であり真です。

そして、私は相対性理論の篤い信者です。

しかし、その解釈には様々あります。①「時間と空間そのもの」が変化するのか、②時計が遅れ定規が収縮するので「時間と空間の座標」が変化するのか、③時間と空間が変化して見えるだけなのか、等々あります。

私は、②と解釈する者です。以下私の考えを説明します。

粒子は、光速に近づくに従って動き難くなります。ですから、高速で移動する時計は構成する粒子が動き難くなるので遅れます。私の肉体を構成する粒子も動き難くなるので、時計と一緒に高速で移動する私は、ゆっくりと動き・思考し・年を取ります。
私がゆっくりとなるので、自分が持っている時計が遅れていることに気が付きません。逆に、静止している人は速く動き・思考し・年を取っていると見えます。また、静止している人が持っている時計は、速く進んで見えます。まるで、自分に流れる時間が遅くなった様です。

しかし、決して私に流れる時間そのものが遅くなった訳ではありません。私や時計と言う物質が動き難くなっただけです。
また、高速で原子が移動すると、電子は動き難くなり回転速度が落ち遠心力が弱まり、原子核の電磁気力に引かれより小さい軌道を回ります。この仕組みにより、高速移動する定規は「ローレンツ収縮」します。定規が縮むので距離は逆に長く測定されます。しかし、自分自身が移動しているのでその分距離は短く測定されます。距離はその差引となります。

この遅れた時計と収縮した定規を使い、動きながら時間や距離を測定するので、高速移動する慣性系では「時間と空間の座標」が変化します。「時間と空間の座標」が変化すると、光の速度は常に一定に測定されます。
また、強い重力が粒子に掛ると粒子は動き難くなります。ですから、高速移動した時と同じ現象が起こります。つまり、高重力場では、時計が遅れ定規が収縮するので「時間と空間の座標」が変化します。

詳細は、下記のホームページを参照下さい。
http://www.geocities.jp/labyrinth125064/tokusyus …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報