ちょっと変わったマニアな作品が集結

現在郵便局の養老保険(ニューナイスプラン)と学資保険に加入しています。一括で払っておくと少しでも利率が良いのかな?と思うのですが払い済みと払い込み済みの違いを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

詳細がわかりませんのではっきりとしたことはいえませんが以下のとおりだろうと思います



保険料の負担が重くこれ以上払込ができないとか、何らかの理由でこれ以上その保険にお金をかけたくない場合、解約以外の対処の方法は次の二つで、そのひとつが「払い済み」です
ひとつは、「延長」といって、延長定期保険に変更する方法です。現在の保険の解約払戻金をもとに定期保険に変更します。保険期間は一般に短くなりますが、保険金額は同じなのでその間は今と同じ保障を維持することができます。
二つ目は、「払い済み保険」に変更する方法です。これは、解約払戻金を元に、今までと同じ種類の保険か養老保険に変更するものです(取り扱いは会社によって異なります。)。保険金額は減りますが、保険期間は変わりません。
延長定期保険や払い済み保険への変更には、一定の条件があります。例えば、最低保険金額相当の解約払戻金が無ければ変更はできません。また、延長定期保険や払い済み保険にすると各種特約の保障はすべて消滅します

「払い込み済み」とは
終身タイプ保険などの払い込み期限のことです
終身タイプ保険とは一生涯を補償するものですが
いつまで払えば一生涯補償してくれるかといった内容で
保険料が変わってきます
65歳払込済みといった場合、保険料を65歳まで払って、以後契約を置いておくことで、補償は一生涯続くといったケースです

「毎月払っている保険料を一括してそれ以降の
払込みを不要にすること」というのは
「前納払い」といった方法です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。検討してみます。

お礼日時:2004/10/19 16:01

こんにちは。

いい保険に加入してますね、特にニューナイスプラン、もう発売はしていません。大切にして下さい、生存保険金が何回か出ますので・・
ひとつ間違った解答がありますので、郵便局に問合せたほうがいいと思います。
私の知識を教えますね。払い済みとは・・
一概にもどれもできるとは限りませんが、払い込み年数や保険金額によることにあたります。基本は、払い済み契約にすると、保険金額(満期金)が減ります。そして、特約が付加されていたものは、この契約にすると、特約はなくなります。
払い込み済みは・・・前納で最後まで払うという意味です。3ヶ月以上前納すると割引が発生しますので、ちなみに、一年払いは、約2.9%~3%の割引です。簡単ですが、そんな感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ニューナイスプランは前納しても元本割れするようなのでもう一度検討してみたいとおもいます。ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/19 16:02

払い済み


現在の保険料払込額で保険期間はそのままで保険金額を下げて、それ以降払込みが不要にすること。

払込み済み
毎月払っている保険料を一括してそれ以降の
払込みを不要にすること。
ニュアンス的にはこんな感じです。
ですから払い済みは保険料は払えないけど保険は残したい場合で、当然満期保険金やそれ以降の特約は下がります。
払込み済みは一括するので割り引きがありお得になりますので、後は満期まで据え置くだけです。
現在の割引額が昔に比べて少ないので、一括にこだわらず1年払い等と比べて上手に払っていった方が良いようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

言葉は似ているのに全然違うものなのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/19 16:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q払い済み保険って解約できるの?

主人が若いときに契約した終身保険があります。

私と結婚をしたときにその保険を払い済み保険に変更して普通の定期つきの保険に入りました。

もともと1,500万の終身保険でしたが払い済みに変更したことにより約200万の保険になっています。

払い済み保険への変更証書に記載された「解約返戻金」ですがこれは普通の保険を解約したときと同じなのでしょうか?

証書には変更のあった日から何年目で何万という記載になっており今年の末の時点で終身保険で約80万の返戻金となっています。これとは別に生前給付(だったかな)についても払い済みになっておりこちらは同様に約20万です。

ふたつあわせると100万くらいになるのですが解約できるなら解約して現金を手元に置いておきたいなぁと。(子供が生まれるので学資保険の一括払いに充当とか)

ちなみに60歳とかだと解約返戻金はもっと高くなるのですが老後に備えてこのままにしておくのがいいのか・・・とも思います。

保険会社はソニー生命なんですが別の外資系に吸収される?とか先行き不安というウワサを聞いているので万が一、ソニー生命がなくなってしまったりすると「ゼロ」とは言わないまでもかなり減額される可能性はあるのでしょうか?

何かアドバイスをいただけると助かります。

主人が若いときに契約した終身保険があります。

私と結婚をしたときにその保険を払い済み保険に変更して普通の定期つきの保険に入りました。

もともと1,500万の終身保険でしたが払い済みに変更したことにより約200万の保険になっています。

払い済み保険への変更証書に記載された「解約返戻金」ですがこれは普通の保険を解約したときと同じなのでしょうか?

証書には変更のあった日から何年目で何万という記載になっており今年の末の時点で終身保険で約80万の返戻金となっています。これとは別に生...続きを読む

Aベストアンサー

もちろん、解約すれば、返戻金がもらえますよ。
そして、払った額に、年々運用益が乗るわけですから、基本的には、後で解約するほど高い返戻金ということになります。

ソニー損保が破綻もしくは破綻寸前ということにでもなれば、当然もらえる額は減ったりゼロに近くなったりということもあり得るでしょうが、現時点では経営自体は健全なようですから吸収されるても既存の保険は受け継がれるでしょうから、それが原因で返戻金が無くなったり減額されたりすることはないでしょう。

ということで、今解約して、手元に置いておくのも悪くはないでしょうが、すぐに必要なお金でなければ、保険の形のままおいておいて、必要が生じたときに解約する方が、一般的に考えれば、得なケースが多そうです。


人気Q&Aランキング