刑法においての処断刑とはなんなのでしょうか?
自分で調べた限りでは、「法定刑に対し、科刑上一罪の処理、刑種の選択、刑の加重減免、併合罪の処理等の種々の修正を行うことにより導き出された刑罰」という
感じだったのですが、正しいでしょうか?
間違っている、若しくは、これよりももっとわかりやすい説明があれば教えてください。また、参考文献、参考になるHPなどあれば教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

東洋大学法学部模擬裁判実行委員会のホームページにいい解説をみつけましたので、紹介します。



http://mogisai.tripod.co.jp/court/court5.htm

お役にたてると光栄です。

参考URL:http://mogisai.tripod.co.jp/court/court5.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてごめんなさい。
とても役に立ちました。ありがとうございました!

お礼日時:2001/07/22 19:58

『法律学小事典(第3版)』有斐閣 によると



「法定刑に法律上及び裁判上の加重減刑を加えたものをいい、具体的な処断の範囲を画するもの。処断刑の範囲内で、刑の量定を行い、裁判所によって具体的に被告人に宣告される刑を宣告刑という。」

だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考にします。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/22 19:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国語から英語への自動翻訳

エキサイト翻訳やyahoo翻訳のような中国語から日本語への
翻訳サイトはあるのですが、標記のような中国語から英語への
翻訳サイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

 無料の中国語から英語への翻訳機能はgoogleにあります。中国語のサイトでは「百度」がありますが、翻訳エンジンはGoogleのものを使っているようです。
 この機能もここ5,6年で急速に発達しているようなので、未だ探せばいろいろあるかも知れませんが、実用段階には未だ少し違和感があるようです。
 あいさつ文、定型文などは問題はあまりないのですが、複文など少しロジックが複雑になってくると、結果が非常に厳しくなる傾向にあるようです。
 また、専門用語の入る文章は現時点では無料の自動翻訳は無理と思います。

 利用者にもこれらを使いこなせるだけの力が要求されます。
 入力は出来るだけ単純な文章を入力すること、翻訳結果が分かっている文章を使い、Trial Errorを繰り返して、機械の癖をつかむこと。(機械が理解しやすい様なロジックに合わせて入力する)

等等の準備が必要だろうと思います。

自動翻訳を使いこなすための力を身につけるのと自分の力で翻訳する力を身につけるかどちらが先に駆け着くかでしょうね。

完璧とは言わなくても、ある程度語学力が身につけば、それこそWaveの辞書を使えばかなりな事は出来るのではないでしょうか。

がんばってください。

 無料の中国語から英語への翻訳機能はgoogleにあります。中国語のサイトでは「百度」がありますが、翻訳エンジンはGoogleのものを使っているようです。
 この機能もここ5,6年で急速に発達しているようなので、未だ探せばいろいろあるかも知れませんが、実用段階には未だ少し違和感があるようです。
 あいさつ文、定型文などは問題はあまりないのですが、複文など少しロジックが複雑になってくると、結果が非常に厳しくなる傾向にあるようです。
 また、専門用語の入る文章は現時点では無料の自動翻訳は無理...続きを読む

Q包括一罪?科刑上一罪?数罪?

犯人が、同じ機会に同じマンションの複数の部屋に空き巣に入った場合、包括一罪でしょうか?
また同様に、同じ駐車場の複数の車を荒らした場合ではどうでしょうか?
包括一罪か科刑上一罪でしょうか?数罪でしょうか?

Aベストアンサー

包括一罪は論外だけど、設例の場合、一応判例的には併合罪とは限らないんだなこれが。科刑上一罪(牽連犯)の可能性はあるね。
キーワード教えるから基本書で調べると良いよ。
「かすがい現象」

Q中国語翻訳について

英語→日本語、日本語→英語の翻訳サイトは沢山あるのですが、中国語→日本語、日本語→中国語の翻訳が出来るサイト(翻訳無料)は幾ら探しても見つかりませんでした、どなたか御存知の方教えてください。

Aベストアンサー

日本語→中国語だけなら、Amikaiの多国語間翻訳(参考URL)で日本語→英語と英語→中国語ができるので、英語経由でなら翻訳できますが…。
中国語→日本語は探したけど見つかりませんでした。すみません。

参考URL:http://www.amikai.com/translate/

Q処断刑の形成について

処断刑の形成の順序として教授から
連・前・後・選択・再・法・併・酌
と習いました。
連・前・後・選択のあたりがよくわかりません。

前後は54条のことかなってのはわかるんですが、よく理解できていません。

わかる方説明していただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

連・・・連続犯(包括的一罪かどうかの検討)
前・・・54条前段(観念的競合か)
後・・・54条後段(牽連犯か)
選択・・・法定刑に懲役または罰金刑という選択がある場合に、懲役か罰金のどちらにするかを選択するってことだと思います。
再・法・併・酌は加重減軽の順序ですね(72条)

あまり自信はないのですが、一応筋は通ったと思います。
教授に確認しておいてください。

QPDFの中国語を無料で翻訳したい

中国語のPDFを何とか無料で翻訳したいと考えております。

単純にPDFのテキスト(中国語)をコピーして
翻訳サイトに貼り付けると、漢字が変換されて正しく貼り付けが出来ません。

手順としては、この方法が無料で出来ると考えるのですが
PDFの中国語を翻訳サイト(エキサイト等)に貼り付ける方法が
ありましたら教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

中国サイトに登録されている中国語PDFをダウンロードすることが
ありますが、Adobe Readerで開いて、例えば、Exciteの翻訳ページ
にふつうに貼り付け→翻訳できていますよ。

中国語と言っても、台湾や香港で使われている繁体字と中国本土で
使われている簡体字がありますが、それはきちんと区別しています
でしょうか?

また、「漢字が変換されて正しく貼り付けが」できないというのは
特定の中国語PDFでしょうか? それとも、どの中国語PDFでも起きる
のでしょうか? 
中国の検索エンジンでファイルタイプとして「PDF」を指定すれば、
PDFファイルだけを検索できますので、適当な中国語PDFファイルを
ダウンロードして試してみてください。

その他にも試してみたらよいことがありますが、まずは上記を
ご確認ください。

Q処断刑の形成方法について

処断刑の形成の順序として
連・前・後・選択・再・法・併・酌
と習いました。
連続犯・54条前段後段・刑の選択・再犯加重、法律上の減軽、併合罪、酌量減軽のことだと思いますが・・・
科刑上一罪、牽連犯も含めいまひとつわかりません。

刑法に詳しい方わかりやすく説明していただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

#詳しいとも言わないし分かりやすいとも言いませんけど。

補足を待つべきなんでしょうが、あえて補足を待たずにいくつか述べてみます。そこから「自分がどこが分かっていないのか」分かるかもしれません。と言いますか、以前にも同じような質問をしていた(文面はほとんど同じですね)ことからすれば「どこが分かっていないか分かっていない」のだと思います。

#……念仏のように丸暗記するのが悪いとはいいませんが、それだけでは理解できないのは当たり前です。正直な話あまり教え方が上手いとは思わないですねぇ……。

ここから下に出てくる理由付けは「私が勝手に考えた理由付け」です。当たらずと言えども遠からずとは思いますが、あくまで「勝手」です。しかし、問題は、「理由付けて憶えればきちんと理解して憶えられる」ということなので、その理由が真の理由であろうとなかろうと、理由として一応筋が通ればそれで十分です。問題は、「理解して憶える助けになるかどうか」だけです。

では、順番の検討に入ります。

「連前後」の部分は要するに、罪数を決めるという話。刑罰を適用する前提として行為がどういう犯罪を構成するのか決めなければならないのは当然でそれがどういう手順かということ。罪数論を理解しないと分からない話ではありますが、面倒なのでその説明ははしょります。

まず、「(本来的)一罪か数罪か」を決めるのが「連」(*)。次に数罪の場合に「科刑上一罪かどうか」が「前後」。前は観念的競合で後は牽連犯。これはどっちが先でどっちが後でもないのですが、規定の順番どおり前後でいいでしょう。あえて言うなら、行為が1個で罪名が2個の観念競と行為が2個で罪名も2個の牽連犯とでどっちが本来的一罪でない数罪に近いかと言えば当然牽連犯。だから本来的一罪でない数罪に近い牽連犯の方を後にすると考えても構いません。
ここまでで行為者の行為について何罪が何個成立するか、つまり罪数が確定します。

(*)現行法上、連続犯という概念はありません。連続犯類似の状況を包括一罪と評価した判例はありますが、元々連続犯概念は昭和22年改正前の刑法の規定に存在した概念で改正により削除になったものなので安易に使うのは間違いの元です。接続犯よりも時間的接着性が薄いが1個の犯罪と見るべきものについては、「かつての連続犯の一部と重なることになる」だけであって、これは現行法上はあくまでも「包括一罪の一種」。ましてここで言う「連」による一罪の判断というのは、包括一罪のみならず法条競合と単純一罪も含んでいるわけで「連」という表現はどうかと思いますけどね。

次に刑の選択が来るのはなぜかと言えば、条文でそう決まっているからではありますがその理由は何か。「刑の加重減軽を行うに当たって適用する刑種を選択しなければやってられないから」。選択刑のすべてについて加重減軽してから刑種を選択するよりは、最初に選択したほうが後々楽でしょう?とそういうこと。それに、少なくとも併合罪より先に選択しないと、自由刑と財産刑の併科ができない場合ができてしまいますし。まあ、加重減軽する刑を最初に決めた方が後が楽、と思っておけばいいです。要は無駄を省いているのだと。
で、先に言えば、酌量減軽は一番最後なのはなぜかと言えば、これは加重減軽を終えてもなお重すぎる場合に最後の手段としてその事件特有の事情をもって処断刑を調整するための規定だから。要するに、最後に刑のつじつまを合わせるために用意してある一種の一般規定ということ。だから当然最後の手段。

ここまで来れば後はその間に入るものが何でその順番はどうなっているのか、を考えればいいだけです。
この間に入るのは、再犯加重、法律上の減軽、併合罪加重の三つ。
これをどういう順番でやるのが合理的か?と考えれば、個別の問題から全体の問題へ、単純なものから複雑なものへと行くのが妥当。なぜなら、個別の問題は全体をまとめてしまってからでは斟酌できないし、単純なものを先にやっておく方が思考経済上楽だから。

そうすると、併合罪というのは別々の複数の犯罪について「まとめて刑を科す時の」科刑上の制限(必ずしも制限とはいえないが)を設けた規定なので、これは個別の犯罪ではなく全体として刑をどこまで制限するかという話。つまり、「全体」の話。
一方、再犯加重と法律上の減軽はあくまでも個別の犯罪についての加重減軽事由で、たまたま複数の犯罪にまたがることがあるにしても、その効果は個別的の犯罪ごとの話です。そういうわけで、全体にまとめるのは一番最後にするのが先に述べたとおり適当なので、併合罪加重がこの三つの中では最後になります。

さあ、後は二つだけ。再犯加重と法律上の減軽。
正直言えば、これはどっちが先でも結果は同じなのでその先後を決める合理的な理由は余りありません。あえて言うなら、単純な方が先。
再犯加重は、基本的に加重事由としては一種類です。一方で、法律上の減軽は何種類かあります。またその効果は減軽のみならず免除もありますし、必要的、任意的という違いもあります。つまり複雑。複雑なものは後の方が思考経済的には楽ではあります(いや、余り変わらないと言えば変わらないのですが)。まあ、加重と減軽どちらを先にするかについては加重が先と考えても良いですけどね。ただ、それだと、加(再犯加重)、減(法律上の減軽)、加(併合罪加重)、減(酌量減軽)と交互に出てくるのがかえって分かりにくくなる気もします。丸暗記なら逆に、交互に出てくるでいいでしょう。
ということで、再犯加重を先にして法律上の減軽を後にします。

以上で、順番が決まりました。
なお付け加えておくと、「罪数処理は刑罰の適用の話とは一応区別できる話」です。刑罰の適用の前提として罪数処理は当然必要ですが、罪数処理自体は直接的には刑罰の適用それ自体とは別の話であると。

#詳しいとも言わないし分かりやすいとも言いませんけど。

補足を待つべきなんでしょうが、あえて補足を待たずにいくつか述べてみます。そこから「自分がどこが分かっていないのか」分かるかもしれません。と言いますか、以前にも同じような質問をしていた(文面はほとんど同じですね)ことからすれば「どこが分かっていないか分かっていない」のだと思います。

#……念仏のように丸暗記するのが悪いとはいいませんが、それだけでは理解できないのは当たり前です。正直な話あまり教え方が上手いとは思わない...続きを読む

Q中国語のわかる方、次の日本語を中国語に翻訳してください。

中国語のわかる方、次の日本語を中国語に翻訳してください。
中国語のわかる方、「私の家へ5月1日に到着するよう荷物を送ってください」の日本語を中国語に翻訳してください。お願いします。

Aベストアンサー

?(qing)在(zai)5(wu)月(yue)1(yi)日(ri)将(jiang)那(na)件(jian)行(xing)李(li)寄(ji)到(dao)我(wo)家(jia)

Q併合罪。。。懲役刑と罰金刑

併合罪の計算方法がよく分かりません。
例えば刑法204条傷害罪(15年以下の懲役、または50万円以下の罰金)と窃盗罪(10年以下の懲役)の併合罪の場合、懲役の上限は15×1.5=22.5年となりますよね?これに罰金刑を加えることはできるのでしょうか。また、懲役刑はなしで罰金刑のみを科すことはできるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

その例では、傷害について有期懲役刑を科すか、それとも罰金刑を科すかを選択した上で、併合罪の処理をします。

1)傷害について有期懲役刑を選択した場合

15年以下の懲役(傷害)と10年以下の懲役(窃盗)なので、最も重い罪である傷害について定めた刑の長期を1.5倍して、22年6月以下の懲役となります(刑法47条本文)。

2)傷害について罰金刑を選択した場合

罰金については他の刑と併科するので、10年以下の懲役(窃盗)と50万円以下の罰金(傷害)を併科することになります(刑法48条1項本文)。

> また、懲役刑はなしで罰金刑のみを科すことはできるのでしょうか。

できません。

Q「時計修理道具」←日本語から中国語へ翻訳おねがいします。

「時計修理道具」←日本語から中国語へ翻訳おねがいします。
「ソーラー充電」日本語から中国語へ翻訳お願いします。

ご教授おねがいします。

Aベストアンサー

時計修理工具 →  (手)表修理工具
ソーラー充電 →  太阳能充电


ソーラー充電の2文字目と5文字目が文字化けします。
下記一覧の該当コードで、実際の文字を確認してください。
http://www.m-hoz.com/jsp/unicode.jsp?Bgn=0&End=65536

Q懲役刑と禁固刑はどちらが罪が重いのですか?懲役は労働を伴う、禁固は労働

懲役刑と禁固刑はどちらが罪が重いのですか?懲役は労働を伴う、禁固は労働を伴わない。とされていますが、死刑囚は労働せずに、独房に入れられるそうですから、禁固刑の方が罪が重いのでしょうか?

Aベストアンサー

禁固刑とは
 日本国の現行刑法では、禁錮(きんこ)とは、自由刑の一種であり、受刑者を刑事施設に拘置する刑罰である(刑法第13条)。禁錮は無期と有期とに分類される

・無期禁錮
 無期禁錮は、死刑、無期懲役に次いで重い刑である。日本国の刑事法においては内乱罪並びに爆発物使用罪(爆発物取締罰則第1条)及び爆発物使用未遂罪(爆発物取締罰則第2条)にのみ定められている、非常に稀な刑罰である。少なくとも1947年以降に無期禁錮を言い渡された者はいない。

・有期禁固刑
 有期禁錮は、原則として1ヶ月以上20年以下である(但し、刑を加重する場合には30年まで、減軽する場合は1ヶ月未満にすることができる)。したがって、ある条文において「2年以上の有期禁錮に処する」などと書かれている場合、天井知らずの刑が言い渡される可能性はない。裁判所は原則として「2年以上20年以下」の範囲内で量刑しなければならない。
有期懲役と刑の軽重を比較するときは、「有期の禁錮の長期が有期の懲役の長期の二倍を超えるとき」は禁錮のほうが重い刑であるとされている(刑法第10条)。3年以下の禁錮刑が言い渡された場合においては、情状によって、その刑の執行を猶予することができる。2007年に通常第一審事件の終局判決として禁錮が確定した人員は、3,548名である。このうち実刑判決は、3年超が11名、1年超3年以下が156名、1年以下が44名である。執行猶予を付された者は3,337名で、執行猶予率は94%に達している。

懲役刑とは
 懲役(ちょうえき)とは自由刑のひとつであり、受刑者を刑事施設に拘置して所定の作業を行わせる刑罰のことである(日本の刑法12条2項を参照)。
日本においては自由刑として他に禁錮と拘留が存在する。

隔離
 犯罪者を一定期間社会から隔離することにより社会の安寧を図る。また犯罪者を被害者による報復や社会の疎外から保護する。

抑止
 長期間自由を奪うペナルティーを科すことにより、犯罪を割に合わないものとする。

矯正
 強制労働という苦痛を与えることによって再犯防止を図るとともに、生活習慣などの健全化や職業訓練ともなるため社会復帰に役立つとされている。

禁固刑と懲役刑の違い
 同じく自由刑である懲役との制度上の違いは、懲役では「所定の作業」を行わなければならないのに対して、禁錮ではただ拘置(監禁)することのみが定められていることにある。
ただし、願い出により刑務作業を行うこともできる(「請願作業」あるいは「名誉拘禁」などといわれる。刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律93条、刑事施設及び被収容者の処遇に関する規則56条)。多くの禁錮受刑者は、請願作業に従事することを望むのが実情で、懲役と禁錮を区別する意義は薄いとする議論(自由刑単一化論など)も存在する。
また、同じく自由刑である拘留との違いは、期間の長短による。禁錮刑が無期または1ヶ月以上20年以下であるのに対し、拘留は1日以上30日未満である。



古くは、禁錮は政治犯や過失犯に科されるもので、懲役は破廉恥罪(殺人、窃盗など道徳的に非難されるべき動機により行われる犯罪)に対して科されるものとする理解があった。その名残りとして、政治犯的性質を持つ内乱罪の法定刑には懲役がない。しかし、現代においては必ずしもこのように解釈されているわけではなく、例えば、過失犯は非破廉恥罪であるが懲役刑が科されることもある。

結論からは、基本的に懲役刑の方が刑罰は重いと言えます。

参考に
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%81%E9%8C%AE
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%87%B2%E5%BD%B9

>死刑囚は労働せずに、独房に入れられるそうですから

刑務所は刑を執行される場所という機能が大きい。刑は禁固刑から懲役刑、死刑などの身柄が拘束されるものに限定される。罪の償いを行うべき場所であり、それが前提で運営されている。ただし、社会復帰が見込まれる者に対してはそのための支援が行われる場合もある。
日本において死刑囚は刑務所には収容されず、拘置所に収容される。
矯正施設である刑務所の方が厳しい施設です、死刑その物が刑であって、死刑執行までのそれまでは拘束してるだけに過ぎません。

禁固刑とは
 日本国の現行刑法では、禁錮(きんこ)とは、自由刑の一種であり、受刑者を刑事施設に拘置する刑罰である(刑法第13条)。禁錮は無期と有期とに分類される

・無期禁錮
 無期禁錮は、死刑、無期懲役に次いで重い刑である。日本国の刑事法においては内乱罪並びに爆発物使用罪(爆発物取締罰則第1条)及び爆発物使用未遂罪(爆発物取締罰則第2条)にのみ定められている、非常に稀な刑罰である。少なくとも1947年以降に無期禁錮を言い渡された者はいない。

・有期禁固刑
 有期禁錮は、原則として1ヶ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報