よく交通違反の点数って「○○点減点」とか言ってますよね? 私も最初はそうだったのですが、ある人の話では「減点と言う表現は間違いで、累積って言うのが正しいのだ。 最初はみんな0点で、逆に16点以上の点数だってあるのだ。 ひき逃げとかは、35点くらいもつくのだよ。」と言われました。

確かに、年末の交通特番などでは、警官は違反者に「○○点」と言うだけに止めていますよね。特に累積とも言いませんし、「何点減点なの?」と聞いている違反者に対して特に訂正もしませんが、警官自身は減点と言っていないようです。(私の知っている限りでは)
しかし、たま~にやってる報道番組の特集とかではではキャスターが堂々と「○○点の減点ですね~」みたいな事を言っています。 報道番組なのに。

そこで、どうしてこういう誤った表現が一般化されているのか、それともこれは誤った表現ではないのか、公的機関(警察や公安委員会など)はなぜに統一を図ったり、敢えて訂正しようとしないのか(教本を見ても、累積とも減点ともかかれていおらず、単に違反点数は○○点と言う表現になっている場合が多い)、その辺の所を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

交通違反の際の点数はペナルティなので「減点」でいいと思いますよ。

あえて言えば「-○点」といったところでしょう。
ペナルティ=-(マイナス)ですね。

そして減点と累積は別の数え方ですよ。
例えば以前に2点の違反をしていて、今回新たに2点の違反をした場合、減点は2点、累積は4点です。上記の言い方で言えば、今回の違反で-2点、4点のペナルティが溜まった。といったところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
個人的な意見は確かにいろいろだと思いますし、(今までの習慣も含めて)減点と言った方が判りやすいと言うことも納得できます。
ただ、法的根拠に基づいて統一しておかないと、誤解を招くことにならないかなと思うのです。
例えば、免停ギリギリの点数5点の人が、11点以上の違反をしたような場合、もし「持ち点があと10点」だと思っていると、減算で考えた場合マイナスになりますよね?
それってちょっと判りにくくないですか?
それに、わざわざマイナスを考えてから、合計ペナルティを累積式で考えている人って、あまりいないと思うのですが。 大体の人って「○○点減っちゃった、あと○○点だよ・・・」って言った具合ではないでしょうか?

もっとも、質問の主旨は本来はどちらの表現が正しいか・・・って事なので。 一応、この制度の定めるところでは累積と言った方が正しいみたいなのですが、マスコミでも減点と言う言い方が一般的であるため、この辺に疑問を持ったんです。 で、やはり正しい方に統一した方がよいのではないかな・・・と。

お礼日時:2001/07/27 04:57

前歴が無い人の累積点数15点は、免停(免許の停止)では無く、免取り(免許の取り消し)です。


前歴がない人の場合、免停は6点からです。

なお、前歴(停止処分)の回数によって4点から免停になったり2点から免停になったりしますので、全ての人が6点で免停、15点で免取りというわけではりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに「15点=免取」でした。すみません、間違って書いてしまいました。免停はまっさらの人の場合で6点でしたね。
あと、免許の効力停止や取消などの条件が、前歴によりどんどん不利になってくる制度については知っています。
このような事情からも、減算カウントより累積カウントにした方が判りよいと思うのですが、いかがでしょうか?

私も人のことを言えた義理ではないのですが、減算、累積を含めて、点数制度のことをよく知らない人が多いと思いませんか? そのクセ、「いま○○点残っているから、まだ平気」とか「あと○○点で免停だから気をつけよう」とか言っている人って、この制度の本当の意味を全然理解していないと思うんですよね。
持ち点数が少ないから安全運転しよう・・・じゃなくて、自分の犯した罪の重さを点数の積み重ねという形で理解すべきだと思うのです。

お礼日時:2001/07/25 23:29

>どうしてこういう誤った表現が一般化されているのか



 交通違反での点数ってネガティヴな話ですので、「加点」より「減点」のほうがネガティヴなイメージ与えるから、この表現になってしまっていると思います。


>統一を図ったり、敢えて訂正しようとしないのか

 それほどのことではないからです。
 減点だ加点だと言っても、制度自体は揺るぎのないものだからだと思います

この回答への補足

blue_leoさんの参考URLを見て感じたことがあるので、私感で補足します。
点数制度には「基本点数」と「付加点数」があって、そもそも基本点数には16点以上というものが無いのですね。
例えば、大幅な速度超過でひき逃げをしたような特殊なケース(異常なケースと言うべきでしょうか)で初めて16点以上の点数が付加されるようです。
だからこそ、15点が一種のリミットスコアとして習慣付いているのでしょうか。

ただ、免許再取得の欠格期間などでは35点以上などと言う表記もあります。 例え、16点以上の付加が異常なケースで発生するものだとしても、こういう状況が発生する可能性があると言うことを正しく認知させておくと・・・僅かでも無謀な事故を減らせるような気がするのですが。

補足日時:2001/07/23 13:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私が思うに「15点=免停」と言う、教習所時代からの刷り込みが、最初の持ち点=15点=ゆえに減点と言う誤解を生みだしているのかなと思うのです。
減点方式だと0点未満は存在しないと言う事になりますが(中にはマイナスがあると思っている人もいるのかな)、実際に累積方式の場合16点以上と言う状況が発生しますよね?
制度自体が変わらなくても、16点以上の累積点数が存在し、点数を重ねるほど不利な状況に置かれると言う認識もある程度必要かと思うのですが。

お礼日時:2001/07/23 12:23

>これは単に視点が違うだけなので間違った表現というものは存在しません。



表現の問題ではなく道路交通法でそうなっているのですが。
http://www.pref.akita.jp/kenkei/osirase/b0423.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足、ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/23 13:02

 これは単に視点が違うだけなので間違った表現というものは存在しません。



 警察側の人間からしてみれば、点数は「課す」ものですので、累積と言った方がいいでしょう。
 しかし運転者からすれば、「最初に点数をもらってから」、その点数に対して加減点云々という話になります。だからこの場合は減点でいいんです。

 また、累積点方式に比べると、減点方式の方が「残り何点か」が数値で見えるので、それが運転者に対するプレッシャーとなるので、それによって安全運転を心がける人がいればしめたもの、といったような考え方なのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

元々、免許を交付された時は0点だったと思うのですが。
私も最初は15点ついていると思っていましたが、違反記録を取り寄せたところ「あなたの累積点数は0点です」とありました。

別の方も、減算方式の方が「ネガティブ」になると回答されていましたが、これは各々の状況に於ける慣例の違いだと思います。
例えば、レースなどで順位付けをする場合は番号が少ないほど優位ですし、通知票などは番号が大きいほど良いと言う例えです。 必ずしも減算するからと言って、ここにプレッシャーや切迫感を与えるとは言えないように思えます。

それよりも、違反点数制度を正しく理解して、16点以上の点数も存在し、点数が増えるほど今後に不利となる現実を認識することが大切かと思うのですが。
私がこのスレッドを立てたのは、制度の実際を知りたかったのは勿論ですが、報道の場面でまであやふやな(統一されていない)説明がなされているので、この部分に疑問を持ったからです。

お礼日時:2001/07/23 12:35

参考URLです。


累積と表現されています。
http://homepage1.nifty.com/J-hide/ihan.htm

参考URL:http://homepage1.nifty.com/J-hide/ihan.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やはり、「累積」が正しいようですね。
ひき逃げの点数については私の記憶違い(聞き違い?)でしたが、16点以上が存在するのは間違いないようですね。
免許点数制度の15点=免停と言う刷り込みが減点方式なんだと言う思いこみを生み、それが結局習慣になっているために報道のシーンでさえこういう表現をされているのかも知れませんね。
本当は制度の実際を正しく認知させて、点数が増えるほど不利な扱いを受けるという理解が必要なのではないかなと思うのですが。
せめて報道の場面では、制度の実際を伝えて欲しいものですね。

お礼日時:2001/07/23 12:47

ある人のおっしゃるとおり減点方法ではなく加点方法です。


ですから持ち点がマイナスいくつ、なんて状態はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やはり、「累積」が正しいようですね。
ひき逃げの点数については私の記憶違い(聞き違い?)でしたが、16点以上が存在するのは間違いないようですね。
免許点数制度の15点=免停と言う刷り込みが減点方式なんだと言う思いこみを生み、それが結局習慣になっているために報道のシーンでさえこういう表現をされているのかも知れませんね。
本当は制度の実際を正しく認知させて、点数が増えるほど不利な扱いを受けるという理解が必要なのではないかなと思うのですが。
せめて報道の場面では、制度の実際を伝えて欲しいものです。

お礼日時:2001/07/23 12:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q違反点数の消滅期間

昨日、違反者講習通知書が着ました。
内容は
20.3.10 指定場所不停止 2点
20.8.1  追越し方法   2点
21.7.10 通行禁止    2点
                    です。

当然違反しているので反省してはいるのですが、
最後に捕まったときに、警官に「そういった違反は
半年で消えるから(免停等の処分は)ないよ」
と言われたのに通知書が来たことに納得がいきません。

今までずっとゴールドで過去に人身等はありません。
警官が言ったとおり、違反点数が消滅しているのならば
通知書は無効だと思うのですがいかがでしょうか?

繰り返しになりますが、違反自体は反省してますし
講習にも行くつもりですが、警官の言葉が気になって
しかたがないので、ご意見よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

この「違反点数」については非常にややこしくて「簡単」に書けません。長くなるけど、よく読んでください。

「20、3、10 指定場所不停止 2点」の「以前の1年間(19年3月10日~20年3月10日)」継続して無事故無違反だったんですよね?
(だったとして、、、)

「消える」って考えないでください。

違反点数は「加算するか?」「加算しないか?」か、、、なんです。
(加算して行って「累積」ってなるんですけど)
「何に対して加算なのか?」これは「違反日付の点数に対して」なんです。
つまり。。。
「違反日付=やっちゃった日」から遡り「何処までが加算の対象となるか?」なんです。
そんで「加算の対象にならない部分」を分かり易く考えるために「消える」とかって表現をしちゃってるんですね。

これを踏まえ。。。

「20、3、10指定場所不停止の2点」。。。

これは、これまでゴールド(「過去三年間継続して無事故違反のヒト」を含む)でしたから「20年3月10日」以降「3ヵ月間(20年6月10日まで)継続して無事故無違反」であれば「後=20年6月10=の軽微な違反」に対して「加算されない」です。

ですから「20、8、1追い越し方法の2点」に対して「20、3、10の指定場所不停止の2点」は「加算されて」いません。
(三ヵ月経っているから)
(つまり、20、8、1時点では「違反点数2点」でした)


ここで注釈。。。

「3ヵ月間継続して無事故違反」であれば「その後」の「加算対象にならない」ってのは、ある意味での「特典」です。
この「特典」は「違反日付(やっちゃった日)」から「遡り過去三年間以上継続して無事故違反の人」にだけ与えらています。
また「一年間継続して無事故無違反」であれば、これまた「その後」の「違反点数」に対しての「加算」の対象とはなりません。

さて、この「20年8月1日時点」で「2点」だったワケですが、この「20年8月1日」以降(もしも)「1年間=21年8月1日まで=無事故無違反」であれば、この「20年8月1日の2点」は、これまた「加算」の対象外となったんですけど。。。

ところが、残念ながら「1年間経過=21年8月1日まで」を待たずして「21、7、10通行禁止の2点」をやっちゃったので、この「21、7、10の2点」に「20、8、1の2点」が「加算」されてしまいました。。。

現時点で「4点」ですね。。。

「違反者講習」って「更新」の際の「講習」じゃないですか?
「免亭処分」の通知じゃないですよね?

この件の警官が「半年で消える」って言った意味が分かりかねますねぇw
「一年で」とか言うなら分かるけど。。。
警官の「勘違い」でしょうねw
これを「警官がそう言ったんだから。。。」って言っても「通知」が「無効」になんかならないでしょう。


現時点で「4点」ですけど、これも「一年間継続して無事故無違反」であれば「その後」の違反点数に対しての「加算対象」とはなりません。
つまり「21、7、10通行云々」からですから「22年7月10日」まで「無事故無違反」であれば、その後、例えば「22年7月11日」に「何かやっちゃっても」この「4点」は「加算」されません。

さらに、さらに、、、
「21年7月10日」以降「三年間以上継続して無事故無違反」であれば「軽微な違反は後三ヵ月無事故無違反で加算の対象にならない」の特典も得られます。

「違反者講習」って名称は仰々しいけど、内容は「ビデオ」観るだけです。
(観るだけで「それでいいや」ってワケじゃないですけどね)
(今後気を付ければいいだけです)
(勿論、私を含めですw)

尚「違反点数は過去三年間の遡り加算して」の話は省いています。
「3ヵ月間継続して無事故違反」で「加算対象にならない」の部分でも「軽微な違反点数」なんですが、これも細かい説明は省いています
(これを含めた話をするともっと長くなっちゃうから)

質問者さんの「現時点」での質問に対しての回答とさせてもらいました。

この「違反点数」については非常にややこしくて「簡単」に書けません。長くなるけど、よく読んでください。

「20、3、10 指定場所不停止 2点」の「以前の1年間(19年3月10日~20年3月10日)」継続して無事故無違反だったんですよね?
(だったとして、、、)

「消える」って考えないでください。

違反点数は「加算するか?」「加算しないか?」か、、、なんです。
(加算して行って「累積」ってなるんですけど)
「何に対して加算なのか?」これは「違反日付の点数に対して」なん...続きを読む

Q友達が飲酒で捕まり13点減点、以前事故で4点減点 計17点減点になり裁判所に来る様に通知が来ました。

友達が飲酒で捕まり13点減点、以前事故で4点減点 計17点減点になり裁判所に来る様に通知が来ました。付き添いの人を最大3人までは連れて来ていいとの事 何の為に付き添いを認めるのか? 刑を軽減するにはどうしたらいいか分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめに点数は減点では無く加点ですので・・・

さて、13点というと酒気帯びですね。
違反において、免許取消の行政処分と罰金または懲役の刑事処分とに分かれてますね。

行政処分における意見の聴取ではなく、裁判所に行くと言うことは刑事処分の為の簡易裁判を受けるか正式な裁判を行うかとなると思います。

酒気帯び運転の罰金は50万円以下の為、簡易裁判で判決が出た金額を当日支払わなくてはなりません。
付き添いは、その支払いでお金が足りないときに借りれる人の事じゃないですか?

刑を減刑してもらうには、してもらえるだけの確かな証拠が必要です。
まあ20万円~50万円の間での罰金ですかね。
最悪懲役もありますので頭に入れておいた方が良いでしょう。

これは行政処分と刑事処分では異なりますので・・・
行政処分は危ない人には運転をさせられないと言うことでの免許取消処分となるわけです。

Q違反点数消滅について

自動車運転の違反点数についてお尋ねします。
半年くらい前に携帯電話を使用して2点の違反点数をもらいました。
4年くらい前に侵入禁止で2点の違反をもらったように思います。

そして、昨日追突事故をおこしてしまい、人身事故で相手の方は全治一週間のむち打ち症と診断されました。
この場合、免許停止になる可能性があるのでしょうか?過去に免許停止になったことはありません。

わかりにくい記述ですいませんが、くわしい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

4年前から半年前まで無事故無違反であれば、関係するのは半年前の2点からです

全治1週間の人身事故なら4~5点ですから(事故の際他の重大な違反が無ければ)
合わせると6点を越えます 30日の停止は確実でしょう

Q4月下旬に累積6点で違反者講習を受けました。次回違反をした場合何点で免

4月下旬に累積6点で違反者講習を受けました。次回違反をした場合何点で免停になりますか?

Aベストアンサー

違反者講習を受けた場合、行政処分は課せられていないので、
処分歴(前歴)0回点数は0点となっています。

ただし、次回軽微な違反で累積6点となった場合、
違反者講習とはならずに、
行政処分が課せられて30日免停となります。

違反者講習となるのは、
過去3年以内に免停や違反者講習受講歴の無い者となってます。

つまり、6点の違反で免停です。

Q軽微な違反点数の消滅期間について

こんばんわ。
去年の1月に車の免許を取ったのですが、同年の5月に原付のスピード違反で2点切られてしまいました。
知り合いに聞いたところ、一年で点数は消滅すると教えてもらったのですが、その翌年の3月に一年待たずして、(同じく原付にて)指定区分かなにかの違反で1点切られました。

そして、昨日原付の二段階右折で1点切られてしまいました。

その時、警官に、軽微な違反は3ヶ月で帳消しになるので、5月の分も3月の分もなくなってると思う、と言われました。
6点で免停と聞いていたので、かなり安心したのですが、家に帰ってネットで調べてみるとそんなことどこにも書いていないような……。

警官の言葉を信じてないわけでは無いのですが、どうもこんがらがって分からなくなってきたので、詳しい方がいれば是教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

軽微な違反の3ヶ月で帳消しについて。

結論は免許取得後、無事故・無違反の期間が2年経ってませんの、帳消しにならない。
過去2年間無事故無違反で経過した方(初めて免許を取得した人及び免許を再取得した人は除く)で軽微な違反(3点まで)を犯してしまった場合、その違反後 再び違反を3ヶ月連続して犯さなければ、3ヶ月前の軽微な違反分の点数は0点として扱われます。尚、累積点数として計算されないだけであって違反実績まで消滅するわけではありません。

平成19年 1月 免許取得
       5月 速度違反  2点
平成20年 3月 指定区分  1点
      11月 二段階右折 1点
よって現在は。累積 4点となってます。あと2点で30日の免許停止となります、尚 来年の平成21年11月で最後の違反から1年経ちますので、無事故・無違反の期間が1年経てば、前歴も「0」回・累積点数「0」となります。
さらに1年無事故・無違反で編成平成22年11月で2年間経つと、軽微な違反(3点まで)は3ヵ月何もなければ、違反点数上は「0」となります。

前歴(行政処分の回数 免許停止回数)が付くと、免許取り消しが、近づいて来ます、1年間の無事故・無違反何が何でも、頑張って下さい。


参考URL 張っておきます。     

参考URL:http://rules.rjq.jp/tensu.html

軽微な違反の3ヶ月で帳消しについて。

結論は免許取得後、無事故・無違反の期間が2年経ってませんの、帳消しにならない。
過去2年間無事故無違反で経過した方(初めて免許を取得した人及び免許を再取得した人は除く)で軽微な違反(3点まで)を犯してしまった場合、その違反後 再び違反を3ヶ月連続して犯さなければ、3ヶ月前の軽微な違反分の点数は0点として扱われます。尚、累積点数として計算されないだけであって違反実績まで消滅するわけではありません。

平成19年 1月 免許取得
       5月 ...続きを読む

Q至急 自動二輪初心者期間での違反累積点数6点は再試験??

いつも回答を参考にさせていただいております。

知人からの代理質問なのですが、お答えただければ幸いです。

昨日知人が交通違反にて捕まりました。
2点の追加があり、合計で6点になってしまい、
免停になってしまうとのことでした。
と、同時にその知人は初心運転期間でした。

またちょうど初心者講習を2週間ごに控えている状態で捕まってしまいました。

自分の知識(あいまい)では確か初心期間に6点の
減点をされてしまうと、初心者講習と免停+1年たったときに再試験という刑罰がかせられると認識していたのですが、
実際のところ、どのような刑罰がくるのでしょうか?
知人の現状です。
スピード違反3点
何かで1点
進入禁止で2点の計6点です。

またこれも自分で調べたあいまいな知識なんですが、
もし再試験や初心者講習がいやな場合は大型二輪の
免許を新たに取得すればまたそこから初心者期間が始まるので再試験と講習は無効になるということをどこかで見た気がするのですが、この問題に対しての答えもいただければ幸いです。

どなた様か詳しいかた、同じような状況のかた回答いただけたら幸いです。

いつも回答を参考にさせていただいております。

知人からの代理質問なのですが、お答えただければ幸いです。

昨日知人が交通違反にて捕まりました。
2点の追加があり、合計で6点になってしまい、
免停になってしまうとのことでした。
と、同時にその知人は初心運転期間でした。

またちょうど初心者講習を2週間ごに控えている状態で捕まってしまいました。

自分の知識(あいまい)では確か初心期間に6点の
減点をされてしまうと、初心者講習と免停+1年たったときに再試験という刑罰がかせられ...続きを読む

Aベストアンサー

合計6点の違反はすべて普通二輪での違反ですよね?(原付や普通自動車運転中の違反は初心者講習には関係ありません。)

でしたら、今回は初心者講習を受ければいいかと思います。初心者特例は普通二輪免許を受けたときから1年間に3点に達した場合に初心者講習を受ける必要があります。ただ、初心者講習をすっぽかしたり、初心者講習を受講してから再度3点の違反をしたときは再試験が行われますので注意が必要です。(この場合はやや6点に達した時期が微妙ですが、初心者講習前に6点に達しているので再試験は恐らくないと思います。)
もちろん、おっしゃられているとおり、大型二輪免許を取得すれば、普通二輪に関しての初心者期間はその時点で終了します。(再試験と講習は無効になります。)

ただ、今回は合計で6点に達しているので違反者講習を受ける必要があります。(一般的に言われている免停講習とは違います。また、講習を受けても前歴1とはなりません。)
詳しくは参考URLをご覧ください。

参考URL:http://rules.rjq.jp/ihansha.html

Q運転免許 違反点数の消滅について

似たような質問があったのですが、よくわからなかったので質問させてください。

一年以上の無事故無違反の期間が存在すると、過去の違反による累積点数は0に戻るという記載があったのですが、
例えば2009年1月1日に2点減点、同年7月1日にまた2点減点となった場合、2010年7月1日になって初めて4→0点となるという解釈で間違いないでしょうか?

Aベストアンサー

7月2日となると解釈すべきと何かで見たことがあります。
同日に違反すると加算されたような。
ただ、1月1日以前に2年間無事故無違反なら、1月1日の2点は3ヶ月で消滅してますから、2点の加算だけですね。

Q【交通違反】累積点数0点なのに、駐車違反金の催促状が届きます

【詳細】
自動車安全運転センターに運転記録証明書の発行を申請して、行政処分の前歴0、累積点数0、という結果が返ってきました。

そこには、H.16の3点と1点の違反、H.18の2点の違反は記録されていましたが、H.19の4月に犯した駐車違反は記録されていませんでした。

H.19の10月(つまり今月)に取り寄せた記録なので、4月の違反は反映されているはずですが、何も記載されていませんでした。

駐車違反に関して、過去に督促状が届き、今回催促状が届きました。納付しないと財産の差し押さえをする旨が書いてあります。

【質問】
1:駐車違反の記録が無いのは、ゴールド免許による3ヶ月消失の結果でしょうか?
2:違反記録の残って無い駐車違反の罰金を払わないのは問題ありますか?
3:財産の差し押さえとは具体的にどのようなことが行われるのでしょうか?

以上、些細なことでも、体験談でもよいのでアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

 累積点数はキップ(青、赤、白とあります。黄色のは「標章」です。)の手続きをしていないからでしょう?

黄色の標章を貼られただけでは点数は付きませんよ。

この「放置違反金」は車両の持ち主が「当時の違反者に青キップでの責任を取らせることができなかった」ペナルティで支払いを命ぜられるものです。

持ち主が支払えば誰にも点数はかかりませんが車両の使用制限の対象となるポイントが付きます。

では質問の回答です。
1 違反をしたあなた自身が青キップの手続きをしていないからです。
2 青キップの記録がないだけで、違反事実は間違いないので(しかも持ち主に対して命令されているものです。)問題ありです。
3 差押さえは「たとえば預貯金、保険証券、アルバイト代や給料、まあ財産価値があえば、車」なども対象になりえます。

ちなみに通常、放置違反金納付命令の翌日から年利14.5%という高利貸のような金利が付いてきます。

Q改正道路交通法の駐車違反で所有者に反則金!違反点数は?

駐車監視員制度がはじまりましたが反則金、違反点数はかわってないようです。駐車違反したものがすなおに切符をきってもらって反則金をはらうと違反点数もひかれますよね。そうじゃなくて違反者が出頭しないとき、所有者に反則金をはらわせますよね。その時違反点数はなしですか?所有者の点数がひかれるのでしょうか?所有者が免許もってないこともありますよね。誰か知ってたら教えてください。なぜなら違反点数がひかれないのであれば出頭せずに所有者に請求がきて違反金をはらえば点数は引かれずに住みます。所有者と運転手が一緒の場合です。

Aベストアンサー

>違反者が出頭しないとき、所有者に反則金をはらわせますよね。

違反者が出頭しないときに所有者に払わせるのは「放置違反金」です。

>所有者の点数がひかれるのでしょうか?

所有者に点数はつかないです。

>所有者が免許もってないこともありますよね。

一般論を言えば、免許を持っていなくても点数がつく場合はあります。
(「無免許運転」の点数もばっちり定義されている)
それとは別に、所有者に点数はつきません。

>所有者に請求がきて違反金をはらえば点数は引かれずに住みます。

…と、よく言われていますが…

違反者が反則金を払わなければ、従来どおり刑事処分の対象になります。
放置違反金の制度はこのことに何の影響も与えません。

実際には、もしかしたら警察は放置違反金を払えばそれ以上の追及はしないかもしれません。
しかし、それは法律上保証されたことではありません。

今見逃してもらっているからといって、
今後も見逃してもらえる保証はどこにもありません。
1台前の車が見逃してもらったからと言って、
次の車も見逃してもらえる保証はどこにもありません。

警察は「見せしめ捜査」「見せしめ逮捕」もけっこう好んでやります。
今回、言い逃れようとする運転者が増えれば、突然やるかもしれませんし、
誰がそのターゲットになるか分かりません。しかし、
「違反になるようなことをしなければ、あくどい捜査を食らうこともない」
とはいえます。

>違反者が出頭しないとき、所有者に反則金をはらわせますよね。

違反者が出頭しないときに所有者に払わせるのは「放置違反金」です。

>所有者の点数がひかれるのでしょうか?

所有者に点数はつかないです。

>所有者が免許もってないこともありますよね。

一般論を言えば、免許を持っていなくても点数がつく場合はあります。
(「無免許運転」の点数もばっちり定義されている)
それとは別に、所有者に点数はつきません。

>所有者に請求がきて違反金をはらえば点数は引かれずに住みます。

...続きを読む

Q初めて、減点の累積が6点になりました。

先日、原付でスピード違反をして警察に捕まり、減点の累積が6点になってしまいました。

このとき、警官から『はがきが来るはず』と言っていたのですが、減点の累積が6点になった場合、どうなるんでしょうか?
もし、免停になった場合、どうなるんでしょうか?

初めてのことなので、どうしたらいいか分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

軽微な違反の累積で、6点になってしまった場合は、条件付ですが違反者講習の可能性があります。

これなら、講習を受ければ、前歴0の点数0点にもどります。

下記のサイトで条件を調べてみたらどうでしょう。

>初めて、減点の累積が6点になりました。

それなら、行政処分にはならないはずです。

参考URL:http://rules.rjq.jp/ihansha.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報