痔になりやすい生活習慣とは?

『三角形 ABCにおいて、c= √2、角A=45°、角B=105°のとき、aの値は、いくらか』という問題ですが、
b の長さがわかってれば、cosAの値をを使った a自乗の公式(ごめんなさい、名前忘れました、余弦定理?)を使えば、簡単だと思うんです。

けど、3つ角度がわかってて、1辺しか 長さがわからない場合は、どのように取り組めばいいんですか?

よろしくお願いします。

「高校の数学 三角関数 これってどうやって」の質問画像

A 回答 (4件)

正弦定理は、


三角形の内角の正弦とその対辺の長さの関係を示したもの
で、その関連で外接円の半径が関わります。
どの三角形にも適用できます
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

遅くなってしまいごめんなさい。

そうだったんですね!
ありがとうございます

お礼日時:2018/12/08 10:39

例外はありますが、


基本的には、

正弦定理…2つの角度と1つの辺の長さがわかるとき
余弦定理…2つの辺の長さと1つの角度がわかるとき
     または、3つの辺の長さがわかるとき

と、使い分けを考えてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

覚えておくようにします。
ありがとうございます!

お礼日時:2018/12/08 10:39

正弦定理を使う。


任意の3角形で、正弦定理は常に成立する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ありがとうございます

お礼日時:2018/12/08 10:38

∠A=45° ∠B=105° 三角形の内角の和は180°であるので ∠C=30°


c=√2 であるので aは正弦定理により
c/sin30°=a/sin45°
a=√2/(1/2)×(√2/2)=2
答え a=2

基本的な三角形の性質を見落としています
    • good
    • 1
この回答へのお礼

うーん・・・

ありがとうございます。

正弦定理って 外接円の時しか使えないんじゃないんですか?

なんか 高校の教科書に、『三角形ABCの外接円の半径Rにたいして〜』って 正弦定理の説明のところに書いてあるんです。

ということは、外接円だけじゃなく、どんな三角形にも正弦定理って使えるんですか?

よろしくお願いします。

お礼日時:2018/11/28 20:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(1)θ=36°のとき、cos2θ=−cos3θが成り立つことを示せ。 (2)cos36°の値を求め

(1)θ=36°のとき、cos2θ=−cos3θが成り立つことを示せ。
(2)cos36°の値を求めよ。

解説よろしくお願いします。

Aベストアンサー

cos72°=cos(-72°)=-cos(180°-72°)=-cos108°=-cos3θ  ← cos(π±x)=-cosx の公式・cosの性質を利用するだけです
∴cos2θ=-cos3θ

cos2θ = -cos3θ ①に
ここで、3倍角の公式 cos3θ=4(cosθ)^3-3cosθ ➁
倍角の公式 cos2θ=2(cosθ)^2-1 ③
を適用する 3倍角の公式は加法定理などを使い導出出来る

2(cosθ)^2-1 = -(4(cosθ)^3-3cosθ)
-4(cosθ)^3 - 2(cosθ)^2 + 3cosθ + 1=0
4(cosθ)^3 + 2(cosθ)^2 - 3cosθ - 1=0 ← cosθ=-1の時,左式は0になり、(cosθ+1)が因数の一つだと判る。cosθ=-1,θ=180°であり、求める解ではない、
(cosθ+1)・(4(cosθ)^2 - 2(cosθ) - 1)=0 となり、2次式の方に解がある。2次式に解の公式を適用する

cosθ=(2±√(4+16))/(2・4)
=(1±√5)/4
但し(1-√5)/4<0 であり cos36°>0 とは異なるのでこれも解ではない
∴cos36°=(1+√5)/4 答え cos36°=(1+√5)/4

(2) は cosθ を式で捻り出してからも計算が面倒くさいです

cos72°=cos(-72°)=-cos(180°-72°)=-cos108°=-cos3θ  ← cos(π±x)=-cosx の公式・cosの性質を利用するだけです
∴cos2θ=-cos3θ

cos2θ = -cos3θ ①に
ここで、3倍角の公式 cos3θ=4(cosθ)^3-3cosθ ➁
倍角の公式 cos2θ=2(cosθ)^2-1 ③
を適用する 3倍角の公式は加法定理などを使い導出出来る

2(cosθ)^2-1 = -(4(cosθ)^3-3cosθ)
-4(cosθ)^3 - 2(cosθ)^2 + 3cosθ + 1=0
4(cosθ)^3 + 2(cosθ)^2 - 3cosθ - 1=0 ← cosθ=-1の時,左式は0になり、(cosθ+1)が因数の一つだと判る。cosθ=-1,θ=180°であり...続きを読む

Q解いてみたものの、どこがまちがったかわかんないんで教えてほしいです

解いてみたものの、どこがまちがったかわかんないんで教えてほしいです

Aベストアンサー

間違っている箇所だけ指摘。
(1)
∇はベクトルです。
∇φ=(∂φ/∂x,∂φ/∂y,∂φ/∂z)
です。"+"は間に入りません。
∇・の"・"はスカラー積を意味します。
∇・(∇φ)=(∂/∂x,∂/∂y,∂/∂z)・(∂φ/∂x,∂φ/∂y,∂φ/∂z)=∂^2φ/∂x^2+∂^2φ/∂y^2+∂^2φ/∂z^2
となります。

(2)積分する範囲が間違っている。
x≧0,y≧0となっていますので0≦φ≦π/2です。

Q「2」と「6」で、なぜお互いに大なりイコールなのに、「6」のほうは90につけないのですか?

「2」と「6」で、なぜお互いに大なりイコールなのに、「6」のほうは90につけないのですか?

Aベストアンサー

おい、体を傾けるなー。
え!?まっすぐ立ってますやん。直角ですやん。

tanは直線の「傾き」なので、まっすぐ立ってる線に傾いてるゆうたら、え!?となるので、tan90゚に = をつけない。

数Ⅰはθの範囲が0゚から180゚しか出ない。入試などが近い場合はややこしくなると困るので、= がつかないのは90゚と思っていいです。

補足。他の回答者さんの答えにはいつも勉強させてもらってます。

Qこの問題を教えてほしいです。 出来れば紙に書いて欲しいです^^

この問題を教えてほしいです。
出来れば紙に書いて欲しいです^^

Aベストアンサー

こうではないかなと思うのだが。

Q中三の数学についてです。なぜ角Xが2倍の角度になるのですか

中三の数学についてです。なぜ角Xが2倍の角度になるのですか

Aベストアンサー

もちろん『中心角は円周角の2倍』の定理の証明をすればいいのですが、
とりあえずこのままでも計算はできます。

まず円周上の点にA、B、Cと名前をつけ、OBに補助線を引きます
ここで、∠C=αと置きます

すると⊿OBCは二等辺三角形(OB=OC=半径)なので、∠OBC = α
 ∠COB = 180°-2α          ・・・ア
次に⊿OABも二等辺三角形、∠OBA = α - 32°なので OAB = α - 32°
 ∠AOB = 180°-2(α - 32°) = 244°- 2α  ・・・イ

また∠AOB + ∠COB = ∠ AOB なので、ア、イを代入すると
  x = 244°- 2α - (180°-2α) = 64°
と 32°の2倍になっています

Q5桁の整数Nについて、Nの万の位をa、千の位をb、百の位をc、十の位をd、一の位をeとする。Nが11

5桁の整数Nについて、Nの万の位をa、千の位をb、百の位をc、十の位をd、一の位をeとする。Nが11で割り切れるための必要十分条件はa-b+c-d+eが11の倍数であることを示せ。また、各桁の数字がすべて異なる5桁の整数のうち、22で割り切れる最大の整数を求めよ。

解説お願いします!

Aベストアンサー

桁数減らして、

> 百の位をc、十の位をd、一の位をeとする。

3桁の整数は、
100c + 10d + e
と書けます。

11をくくり出して、

99c + c + 11d - d + e
11(9c + d) + (c - d + e)
なので、この3桁の整数に関しては、c-d+eが11の倍数なら、11で割り切れるとか。


> 各桁の数字がすべて異なる5桁の整数のうち、22で割り切れる最大の整数を求めよ。

同様に、a, b, c, d, eを足すのか引くのかした結果が22の倍数とかって条件になるでしょうから、
abcdeの順、足し算してる順に、計算結果が22になるよう、9から大きい数を当てはめてみてとか。

Q2番なんですけど恒等式持ち込むのわかるのですが問題が言っている状況が謎です。(図で書いた場合の)教え

2番なんですけど恒等式持ち込むのわかるのですが問題が言っている状況が謎です。(図で書いた場合の)教えてください!

Aベストアンサー

実際に, てきとうな k をいくつか選んで描いてみたら?

Q複素数の参考書をやっていたらこんな問題がありました 複素数で解くとそこまで難しくはないのですが 「ぱ

複素数の参考書をやっていたらこんな問題がありました
複素数で解くとそこまで難しくはないのですが
「ぱっと見がベクトルの問題です」

なのでベクトルで解く方法はありませんか?

(京大なので複素数じゃないと解き難いという引っ掛けなのかもしれませんが....)

Aベストアンサー

厳密にいうと線分AB に対して「三角形ABC が正三角形になる」ような C は 2個あるので, 単純に
三角形 ABC' が正三角形になる
では不十分ではないでしょうか>#1.

とはいえ #1 のように
当該ベクトルで与えられる点が C と一致する
という方針で行けばそんなに難しくなかったりします.

Q三角関数 sin cos tanの表について 写真の表って全部覚える必要ありますか? ここまで覚えて

三角関数 sin cos tanの表について

写真の表って全部覚える必要ありますか?
ここまで覚えておけば、他はそれを使って出せるとか、あれば教えて欲しいです!!
問題解く時に、これを覚えてなければ解けないのでしょうか?

Aベストアンサー

全部覚える必要はありません。

sin、cosの90°までと180°、360°だけで十分です。

cosθ=cos(π-θ)、sinθ=-sin(π-θ)だけ覚えておけば
後は単位円を頭に中で描いて符号が変わるだけです。

Qベクトルについて。

各辺の長さが1で底面ABCDが正方形である四角錐O-ABCDがある。辺OBの中点をP、辺ODをt:(1-t) (0<t<1)に内分する点をQとし、平面APQと辺OCの交点 をRとする。 (1)↑ARを↑AP、↑AQ、tを用いて表せ。
(2)四角形APRQの面積をtで表せ。
教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

(1)
基準点と3つの基本ベクトルを適切に定める(解答者任意)
定める例
点OとOA↑,OB↑,OD↑
点AとAO↑,AB↑,AD↑
四角形ABCDの中心(点Hと呼ぶ)とHA↑,HB↑,HO↑

AP↑、AQ↑を上で定めた基本ベクトルで表す

AR↑を(解答者任意に定める文字3つを使って)2つの方法で基本ベクトルで表す
表し方1:文字1つ:点RはOC上の点
表し方2:文字2つ:点Rは3つの点A,P,Qで定まる平面上にある

同じベクトルの基本ベクトルによる表し方は同じ基本ベクトルの係数が同じになるから
連立方程式(3つの方程式)ができるので、解答者が定めた3つの文字が t で表せる

表し方2を t で書いて終了

(2) うまいやり方が思いつかなかったので地道に

一般論 △ABCの面積は、AB↑,AC↑の大きさと内積が計算できれば求められます
(計算が面倒)

この問題 (1)で考えた基本ベクトルの和で各点は表せるのでベクトルの大きさと内積は計算できます

解き方1(面倒な計算が2回)
四角形を2つの三角形に分解して面積を合計

解き方2(面倒な計算が1回)
(1)の結果よりAP'↑=2*AP↑ となる点P'を考えると
四角形APRQの面積は△AP'Q の面積から△PP'Rの面積を引けば求められて
△AP'Qと△PP'Rの面積比が t を使った比で表せることから△AP'Qの面積を求めて比を使って四角形の面積を計算

(1)
基準点と3つの基本ベクトルを適切に定める(解答者任意)
定める例
点OとOA↑,OB↑,OD↑
点AとAO↑,AB↑,AD↑
四角形ABCDの中心(点Hと呼ぶ)とHA↑,HB↑,HO↑

AP↑、AQ↑を上で定めた基本ベクトルで表す

AR↑を(解答者任意に定める文字3つを使って)2つの方法で基本ベクトルで表す
表し方1:文字1つ:点RはOC上の点
表し方2:文字2つ:点Rは3つの点A,P,Qで定まる平面上にある

同じベクトルの基本ベクトルによる表し方は同じ基本ベクトルの係数が同じになるから
連立方程式(3つの方程式)ができるので、解答者が定め...続きを読む


人気Q&Aランキング