人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

海外旅行に行きたくない人はなぜ行きたくないのでしょうか?

しかも、そのほとんどが1度も海外旅行に行ったことがない人達だったりします。

行って嫌な思いをしたならまだしも、行かないのだから分からないハズです。

私は財布をスられたり、タクシーをぼったくられたり、めちゃくちゃ食事がまずかったり、バスで変なところに降ろされて迷ったりしましたが、それでもまた行きたいと思います。

A 回答 (16件中1~10件)

>海外旅行に行きたくない人はなぜ行きたくないのでしょうか?



興味が無いからでしょう。

>しかも、そのほとんどが1度も海外旅行に行ったことがない人達だったりします。
>行って嫌な思いをしたならまだしも、行かないのだから分からないハズです。

あなたは、少林寺拳法に入門したことがありますか? 囲碁の同好会に足を踏み入れたことは? 弦楽器の優雅な世界を味わうべく教室に通ったことは? 哲学の討論会なんかも参加したことは? カラオケ歌謡教室は? 暗号学会とかには足を運んでいますか? ドローンの操縦教室は? 句会には当然参加されますよね。

>私は財布をスられたり、タクシーをぼったくられたり、めちゃくちゃ食事がまずかったり、バスで変なところに降ろされて迷ったりしましたが、それでもまた行きたいと思います。

自分が好きだから他の人も好きって訳じゃないんです。

私、結構、紛争地帯が好きで、国連軍が介入しているところとか、反政府ゲリラが活動的なところとかに一時出入りしていました。地雷原の中に放置されたり、斥候の政府軍相手に警告のために発砲したり、うろうろしていたら迫撃砲で狙われたりしました。膠着状態だったので、さほど戦死者は見ていませんが、軍人、民間人問わずに戦死者が出てもおかしくない環境のところを歩いてきました。多くはないけどそういった死者、死傷者は見てきました。酷いところだとは思いましたけど、嫌ではなかったです。付いて来た放送作家とか雑誌記者は何人かいましたけど、私よりも遥かに後方で撤退しました。人によって嗅覚やラインは違うので、そのこと自体は批判対象じゃありません。

一緒に行きますか? 私は自分を守るので精一杯なので同行者は放置するかもしれませんし、戦場、戦域でのルールを知らない輩は、私自分の命を守るべく殴り倒すこともあると思います。軽銃器を扱えないような輩は死ぬかもしれません。というかそういう人の場合、死ぬ確率は必然的に高まります。
そういうところ、行ったことないですよね。行かないんだから、分かってないですよね。何故行かないの? 何故行きたくないの? 単純に興味がないか、自分の命と比べれば価値がないからでしょ。
そう言ってあげないと分からないぐらいの想像力の欠如性を発揮するんなら。私自身は一緒に行きたくないです。だって、足出まといな同胞を救うために道連れになっちゃうから。

>海外旅行に行きたくない人はなぜ行きたくないのでしょうか?

凄く簡単なことです。興味や価値観のベクトルや量が違う。ただそれだけのことです。
    • good
    • 0

食わず嫌いもあるでしょう。


ツアーなら簡単なのに。
旅行の総費用が高くなることも一因かもしれません。
    • good
    • 0

飛行機が怖いとかじゃないでしょうか?船と陸路でも頑張って行こうと思えばヨーロッパでもアメリカでも行けますが・・・金が掛かりすぎますよね。

それから、行きたくていけない人もいるかもしれません。犯罪歴があるとか、お金に余裕がない人とか。私はアメリカに20年住んでいますが、アメリカ人でも国外に行ったことがない友達も結構いますよ。
別に強制することでもないですし、最近は海外の方が安いからと、日本国内の旅行もしないで海外旅行ばかり行く人も増えているのでそっちの方がバカだと思いますけどね。
    • good
    • 0

海外に行かなくても


日本で海外に似た場所、
日本にいて海外気分を楽しめる場所が
今は増えてきたからだと思います。

言葉も文化も違う場所で
気疲れするから嫌といった人も増えてるような気がします。
    • good
    • 1

飛行機嫌い、めんどくさい、知らないところでよくわからない勝手、疲れる、などの理由

    • good
    • 1

『代替』出来る娯楽があるからだと思います



海外旅行に行く「対価」に対して




重いスーツケース持って・・

慣れない空の上で寝て

「黄色」以外のいろんな肌の色の緊張感を与えられ続け・・

その土地の慣れないパン食、、食事を取り・・




などと、、『日常』とは違う

ある意味【非日常】を私からすると【与えられ続けられる】・・




それを「快楽」とするのか【キツい】と思うのか




お金に対してなんでも「対価」があると思います

私にはよっぽど慣れたところにしかその「対価」はないように思います

今現状の『海外旅行』にはその「対価」がないように思います

だから行きません、今のところ。
    • good
    • 0

飛行機が嫌いな人がいます。

    • good
    • 1

面倒くさいからでしょ。

お金や日数がかかる、英語を話せなきゃならない、普段やらない準備を色々とする必要がある。などなど。

 表面上のイメージばかりが膨らんで、なかなか一線を越えられないという。まさに食わず嫌いと一緒ですよね。

 ご質問者さんは既にお察しかと存じますが何事もやってみなければ、誰もが自分自身にとっての本当の価値は分からないものですけれどね。
    • good
    • 1

友人と作った会社だと7年持ったら旅行しようとの約束で、


ハワイ3泊5日が候補に上がりましたが、
言葉の問題と家族への連絡方法でボツになりました。
スマホが無い頃でしたから。
結局決まったのは神戸でした。
お金を出す側は国内旅行よりはハワイでしたので、
ガッカリしてました。
    • good
    • 0

そもそも旅行が好きではない人がいるのと同じかと。


バイクで走るのは好きだけど車の運転は好きじゃないとかいう人も多いですし。。。
個人個人の嗜好(志向、思考、指向)ですから本人も「なぜか?」を考えた事が無いという方がほとんどではないでしょうか?

行くのに時間が掛かって(韓国、台湾、中国の一部、グアムなどの近場を除いて)面倒とか、事名が通じなくて面倒そうとか、通貨が違うのでお金を払ったりとかも面倒そうとか、そういった“面倒くさい”の方がまず来て、“興味”を上回っていたりするのかもしれないですね。

参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外旅行、欧州の人気が今ひとつなのはなぜ?

12月22日~27日まで、ウィーンへ行こうと思い、先週から「もう、格安は売れたよなあ」と諦めモードで格安航空券をネットで探したら、あるある!昨日の日曜日(16日)でも、ルフトハンザはたくさん空きがあるし、安い(往復10万円台から)、向こうの宿もなかなかよいところが空いてる空いてる・・・クリスマスはいつもいっぱいなのに。
しかし、フィンエアだけは全く出てなかったです。

海外渡航情報を見たら、ロシア全土が黄色になっており、国際空港でのテロが多いと書いてあります。
この時期にこんなに空席が、しかもルフトハンザでたくさんあり、フィンエアが全く無いのはなぜでしょうか?フランスのテロも関係ありますか?

たまたま偶然にしては、ベルリンや他の国際都市もガラガラでビックリしています。
ちなみにエアトリ(旧 Denaトラベル、スカイゲート)です。多少高いですが、安心して使えるのでこの10年、ここを利用しています。

なぜクリスマス1週間前なのにこんなに空いているのか教えてください。

Aベストアンサー

・22日発、27日帰着だと一般的な年末年始の休みにはちょっと早い
・時間の掛かるヨーロッパより手近なアジアなどが人気
・冬のヨーロッパは昼間がとても短くて寒く街観光向きでない(イメージも含めて)
・数年前からの移民問題と度重なるテロによる死傷事件。最近のパリの大規模デモの報道もあって手控え状態が続いている
etc.etc.

ちなみに我が家の場合は年末年始をヨーロッパでというのは結構あるパターンです。以前はクリスマスマーケットとかを見にこの時期にも何度か行きましたが、最近は気が済んだので行かなくなりました。(^^;
今年は家の事情で年末年始も行けませんが。(;_;)

なお、フィンエアーはヨーロッパへ行くには乗っている時間が短いし、ヘルシンキ空港はコンパクトで乗り継ぎがしやすくかつ、フィンランドはシェンゲン協定に加盟しているのでシェンゲン協定加盟国へ行く場合はヘルシンキ乗り継ぎの際に入国審査が済むため便利。
加えて同じように所要時間が短いアエロフロートほど安くは無いが会社のイメージがよく、同じように所要時間が短いポーランド航空と違って毎日運航でスケジュールの自由度が高い。
あとマリメッコ塗装の機体があったり、ヘルシンキ空港にはムーミンショップがあったり。
そんなわけで人気です。
それとルフトハンザ系(ルフトハンザ、オーストリア、スイスインターナショナル)は事前座席指定が有料ですが、フィンエアーは無料ですね。

参考まで。

・22日発、27日帰着だと一般的な年末年始の休みにはちょっと早い
・時間の掛かるヨーロッパより手近なアジアなどが人気
・冬のヨーロッパは昼間がとても短くて寒く街観光向きでない(イメージも含めて)
・数年前からの移民問題と度重なるテロによる死傷事件。最近のパリの大規模デモの報道もあって手控え状態が続いている
etc.etc.

ちなみに我が家の場合は年末年始をヨーロッパでというのは結構あるパターンです。以前はクリスマスマーケットとかを見にこの時期にも何度か行きましたが、最近は気が済んだので行...続きを読む

Qみんななんでイギリスイギリスって言うんですか?イギリスの中にイングランド、スコットランド、ウェールズ

みんななんでイギリスイギリスって言うんですか?イギリスの中にイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドで構成されてるのに、イギリス行ってきたよ!とか。いやイギリスって言われてもどこの国やねんって思うんですけど、でもその場合ほとんどの人がイングランド行ってますよね。イングランド以外のスコットランド、ウェールズ、北アイルランドに行った人でイギリス行ったよって言う人いなくないですか?

Aベストアンサー

国の成り立ちとしてはその通りですが「みんななんでイギリスイギリスって言うんですか?」というのは「なんでみんなジャパンに行った、っていうんですか?日本が正式な名称でしょ」と言うのに似ていて「歴史的にそうなっている」としかいえないです。

日本人がなぜ「イギリス」というかというと、戦国時代に来たポルトガル語の宣教師が使った「Inglez」が「エゲレス」になり「イギリス」変化したものだと言われています。ジャパンもマルコポーロが聞いた「日本」の中国語発音「ジップン」などが語源と言われているので、同じような感じでしょう。


さてイギリスの中には確かにイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドと4カ国あるのですが、この4カ国すべて王様は同じ「イングランド王」です。ウェールズだけは便宜上「王太子をウェールズ王とする」と言う約束になっているので、イギリス王太子は「プリンスオブウェールズ」と呼ばれますが、国は4カ国でも統治者は一人で、統治者の元の国がイングランドなんです。

ですからポルトガルとかフランスとかドイツなんかも「イングランド王が支配する国」で、この4カ国を「イギリス」に近い呼び方で呼んでいるわけです。

イギリス人は「うちは4カ国の連合王国だからグレートブリテンと呼んで」と言っていますし、EUのイニシャルも「GB」ですが、ヨーロッパであってもGBなんて呼ぶ国はなく、フランスではアングレッテ:Angleterre、ドイツではエンゲラント:England などです。もちろん正式にグレートブリテンに対応した名称で呼ぶことはありますが、普通は書いた通りです。

。イングランド以外のスコットランド、ウェールズ、北アイルランドに行った人でイギリス行ったよって言う人いなくないですか?

いや「イギリス行ったよ」と言う人もたくさんいますよ。

国の成り立ちとしてはその通りですが「みんななんでイギリスイギリスって言うんですか?」というのは「なんでみんなジャパンに行った、っていうんですか?日本が正式な名称でしょ」と言うのに似ていて「歴史的にそうなっている」としかいえないです。

日本人がなぜ「イギリス」というかというと、戦国時代に来たポルトガル語の宣教師が使った「Inglez」が「エゲレス」になり「イギリス」変化したものだと言われています。ジャパンもマルコポーロが聞いた「日本」の中国語発音「ジップン」などが語源と言われてい...続きを読む

Qそもそもの『海外旅行』。

『海外旅行』って私行ったことないんですけど

例えばエッフェル塔とかスフィンクスとか・・

海外の海でもなんでもいいんですけど

一緒に同伴した人の“センス”って出るもんじゃあないんですか?

選択する場所やそこでの遊興、、

一人旅だったらまだしも

二人以上の場合そういう

行く人の“センス”って大きいもののように感じるんですけど




やっぱり同伴で行く人の場合

そういう付いて行く人のそういったところって重要ですか?

Aベストアンサー

重要ですよ。

バックパッカーみたいな旅行が好きなのに、高級志向でお洒落なホテルでお酒飲んだりゴルフがメインの旅行に同伴しても楽しめないのと同じで。遺跡や博物館に行きたい人が、ハワイのビーチに付いて行くのも楽しくないはずです。

全ての好みが同じってのはありえないですが、ある程度は自分の好みの感覚に近い人としか旅行なんて行けないですよ。
ただでさえ移動のストレスってあるので、それこそ好みの違いで大喧嘩に発展しますよ。

Q海外旅行つまらなかった国ってある?(*´-`)

海外旅行つまらなかった国ってある?(*´-`)

Aベストアンサー

メキシコからすぐに行けるけど、ヒコーキ代がメチャ高い(ヨ-ロッパ二行くより高い)キューバ。

クラシック・カーじゃなくただの古いボロ車を騙し騙し走らせているだけ。観光者物価はメチャメチャ高い。物が何もない。メチャ暑くてたまらん。主要道路沿いは見れるが、その一つ後ろの通りなどメンテがされていない酷い建物ばかり。まともなホテルは、キューバ人は近らさてもくれない。

誰かアホが、国民すべてが笑顔の社会主義が成功した国、なんて言ってたけど、大ウソ。娘が仕事に行く時、暗くなってから帰ってくるよな、もし遅くなるんだったら、通りがかりの男の家でも泊めてもらえ。一人の男に抱かれる方が、何人もの男どもに強姦されるよりましだから。娯楽もない、家の中は暑すぎる、道路には車もないので、道路で隣近所集まって、ラジオの音をガンガン鳴らして、狂ったように踊りまくって、疲れたところで寝る。停電だらけだから、どこの家にも古臭い灯油ランプが鎮座してる。

でも、日本の年齢だけ恋人なしの奴が行ったら、夢のようなことが起こる。店に入れば、可愛い店員が一分もせずに「あんた、独身?結婚して島から連れ出して~」って寄り添ってくる。爺も一日に何人ものから求婚された。独身女性も同じ。される。年齢・容姿関係なしにすぐにイケメン野郎からナンパされて求婚される。モテない男は、スペイン語をちょっとだけ勉強しから行けよ~!

あんなつまらんとこないと確認にするために、ヨーロッパに行くより高いお金を使ってきました。

メキシコからすぐに行けるけど、ヒコーキ代がメチャ高い(ヨ-ロッパ二行くより高い)キューバ。

クラシック・カーじゃなくただの古いボロ車を騙し騙し走らせているだけ。観光者物価はメチャメチャ高い。物が何もない。メチャ暑くてたまらん。主要道路沿いは見れるが、その一つ後ろの通りなどメンテがされていない酷い建物ばかり。まともなホテルは、キューバ人は近らさてもくれない。

誰かアホが、国民すべてが笑顔の社会主義が成功した国、なんて言ってたけど、大ウソ。娘が仕事に行く時、暗くなってから帰っ...続きを読む

Q年末年始6日休み海外旅行、さすがに厳しい? 年末年始、29日から30、31、1、2、3と6日間休みな

年末年始6日休み海外旅行、さすがに厳しい?

年末年始、29日から30、31、1、2、3と6日間休みなんですが、さすがに海外旅行はギリな日数で厳しいですよね?

韓国とかは考えてません。

Aベストアンサー

ご質問者さんが厳しいと考えるのは日数が短いからのようですが、一般的には予約を押さえるのがこの時期は最も厳しいですよ。たとえ金額が高くても殺到するからで、他の皆さんも同じ様な事情(休暇の取得)があるからですが。旅行以外にも海外への帰省とか、年末年始でもビジネス客もいますしね。

 いくつものハードルがありますが、まずは決断力が第一ですね。たとえ日数が短くて費用もかかり混んでいようと、どうしても海外へ行きたいのか諦めるのか。何かを得るには、何かを捨てなければならない場合もあるとの割り切り。そして逆転の発想も必要ですね。

 具体的には期間は短いけど、場所や内容度の濃度い旅行にする。費用が高くても、そのために日常生活で余計な出費を削るようにする。混み合っててもそれだけ人気のある時期に、人が行きたがる場所へ行けると解釈する。予約が取り難くても穴場を探したり、何とかしてくれる有益な旅行会社や担当者を選ぶ。などなど。

 例えば費用を低くしたいなら、中途半端な時間帯に飛ぶ飛行機を選んだりホテルのグレードを下げたりですね。ツアーでも安いのは、この辺りの事情がからんでいます。結論的には大手旅行会社の出来るだけ多くのツアーの中から選ぶか、最も行ってみたい国を得意とする専門の旅行会社へ何社も相談してベストな選択をするかですね。

ご質問者さんが厳しいと考えるのは日数が短いからのようですが、一般的には予約を押さえるのがこの時期は最も厳しいですよ。たとえ金額が高くても殺到するからで、他の皆さんも同じ様な事情(休暇の取得)があるからですが。旅行以外にも海外への帰省とか、年末年始でもビジネス客もいますしね。

 いくつものハードルがありますが、まずは決断力が第一ですね。たとえ日数が短くて費用もかかり混んでいようと、どうしても海外へ行きたいのか諦めるのか。何かを得るには、何かを捨てなければならない場合もあるとの...続きを読む

Q今(なるべく早めに)行くべき旅行先【海外】

海外旅行が趣味です。
しかし、仕事が気軽に休みが取れる状況ではありませんので旅行に行くのは年に1、2回程度です。

最近、友人がガラパゴス諸島に行ったらしく話を聞いて「私も、いつかリタイア(定年)した頃に行きたいな〜」と何気なく話したところ、

「あなたがリタイアする頃にはガラパゴス諸島がまだ存在しているかわからないよ」と言われました。
その友人が言いたいのは、あと約40年後にガラパゴス諸島の生物や自然がそのまま残り続けるとは思えないということです。
もちろん、残って欲しい、残さなければいけないとは思いますが。
環境破壊等々でどうなるかわからないという意見には一理あるなと思いました。

このように、今後見られなくなる可能性のある世界遺産や旅行先はあるでしょうか?

Aベストアンサー

氷河,それも直接さわれるようなところが思い浮かびます。

1990年代,ノルウェーのブリクスダル氷河はその先端から簡単に上を歩いたりできました。その後行ってはいませんが現在の状態をネットで見ると簡単には氷河にアクセスできないようです。
同じくスイスのグリンデルワルトの近くには氷河の中に穴があけてあって中が歩けるところがあり,青くてきれいでした。今はもうないようです。
カナダのアサバスカ氷河も2000年頃行ったとき,それより前の年代からの後退が表示してあってその速さに驚いたものですが,現在ではさらに後退し道から遠く離れています。
その他,いくつかの氷河でも同様なことがあります。どれもツアーなどでなく個人で行って簡単に観光できましたが,だんだんツアーなどでないと触れられないところが多くなってきたと思います。

Q私は取り返しのつかないことをしてしまいました。どうしたら? 海外旅行中、現地で知り合った日本人女性と

私は取り返しのつかないことをしてしまいました。どうしたら?

海外旅行中、現地で知り合った日本人女性とツアーをシェアしました(シェアすると代金が安くなるんです)

1泊2日の予定でしたが、直前に旅行会社のオーナーからその3日後に祭りがあることを知り、

その女性は3日後、日本に帰国する予定で、私はまだ帰らないので、一人残ることを決め、

祭りのことは言わずに、一人残ります、とだけメールで伝えました。

本人は後から知ったようで祭り私も見たかったです~というさっぱりした感じだったので

利害の一致のシェアだし、気にしてないのかな?と言う感じで

最初は会話もあり、普通だったのです。

でも現地にいき、連泊する宿が見つからなく、オーナーやガイドが探してくれ、

だんだんその女性はイライラしてきて、全ての受け答えが辛辣になり、

私には怒ってるようにしか見えなかったので、

上記のことを謝った(祭りのことをメールで書かなかった)ら、

そのことじゃない!どうせ航空券の帰る予定はずらせないし!私気が強いからこういう言い方になるの!と本人は否定するのですが、

私の英語力不足否定に始まり、会話をするたびにピリピリになり、

遊びで来てのに、どうしてそんな、なんだかわからず平謝り、私がとにかく悪いと思い、さらにその態度が火に油を注ぐような感じになり、

最後は自分がとにかく悪いことを皆にしてしまった、と思い、

その女性にお礼を言って一人残りました。

私も思い出すのが辛いですが、

自分の悪かった所をしっかり反省しなければと思い、客観的な意見を聞きたいと思います。

私の何が一番まずかったのでしょうか?

私は取り返しのつかないことをしてしまいました。どうしたら?

海外旅行中、現地で知り合った日本人女性とツアーをシェアしました(シェアすると代金が安くなるんです)

1泊2日の予定でしたが、直前に旅行会社のオーナーからその3日後に祭りがあることを知り、

その女性は3日後、日本に帰国する予定で、私はまだ帰らないので、一人残ることを決め、

祭りのことは言わずに、一人残ります、とだけメールで伝えました。

本人は後から知ったようで祭り私も見たかったです~というさっぱりした感じだったので

利害...続きを読む

Aベストアンサー

何度もすみません。
No.3のお礼コメントで追加された情報を見て、あなたは自分の状況を説明するときに、相手にとって必要な情報をきちんと整理して、過不足無く出す、という「情報の整理と取捨選択が苦手」な人なのだと思いました。
会話でも、同じようなことがあるのではないですか。
だとしたら、祭りに関する計画を彼女に話す過程で、あなたの情報の出し方が(彼女にとって)不十分かつ意味不明なところがあって、それが彼女をイラつかせた可能性もあるかな、と思いました。

もう彼女とは別れたのですし、彼女もそのときに言いたいことを言ったと思います。
怒らせた、心配させた、悪いことをした、と罪悪感を引きずったところで、あなたにとっても彼女にとっても、良いことはありません。
反省は大事ですが、罪悪感と反省は別物です。反省は、悪かったところを客観的に検証して、次のために前向きに活かすための行動です。
自分が悪い悪いと、罪悪感を持ち続けるのは、旅行中にあなたが謝り続けたのと同じように、卑屈な行動です。彼女もそれを知ったら、余計にイラつくでしょう。別にあなたを謝らせたいわけじゃないでしょうし。
人を謝らせる、というのは、一般的な感覚では、決して愉快なことではないのですよ。
もし彼女と連絡を取れることがあるのなら、「あのときはお世話になりました。ご心配をおかけしたかもしれませんが、無事に祭りを楽しんで、帰国できました」と、お礼と無事の報告をすれば良いだけだと思います。

何度もすみません。
No.3のお礼コメントで追加された情報を見て、あなたは自分の状況を説明するときに、相手にとって必要な情報をきちんと整理して、過不足無く出す、という「情報の整理と取捨選択が苦手」な人なのだと思いました。
会話でも、同じようなことがあるのではないですか。
だとしたら、祭りに関する計画を彼女に話す過程で、あなたの情報の出し方が(彼女にとって)不十分かつ意味不明なところがあって、それが彼女をイラつかせた可能性もあるかな、と思いました。

もう彼女とは別れたのですし、彼女...続きを読む

Q欧米人の食事事情

外国の食事情に詳しい方教えて下さい。

現在、東南アジアとアジアを転々としながら生活しています。タイに3年、中国に4年、昨年からマレーシアで生活しています。

私はせっかくなので現地のグルメを堪能しようと、トリップアドバイザーなどを利用して外食を楽しんでいました。その時に、ふと思ったことです。

いわゆる、ローカル食と言われるレストランでは現地人か中国人が多く、日本人と韓国人もよく見かけますが欧米人はほとんど見かけません。


逆に、久しぶりに、ワインでも飲みたいなと思ってバルや洋食、ステーキなどのお店に行くと、アジア人もいますが、「どこにこんなに隠れていたんだ?」ってくらい欧米人を見かけます。

欧米の方々は、自分の食べ慣れたものを食べるこだわりとかあるのでしょうか?
アジア人って結構いろんな文化とりこんで何でもありなところがあるので、ローカル食も普通に行けるだけで、欧米の方々には現地のものを食べてみようとかいう考えはないのでしょうか?

ふと、気になって質問しました。個人的に今まで見て思っただけなので広い世界にはローカル食に行く欧米人も沢山いると思いますが、、、。
なんとなく少ないのかな〜と疑問に思いました。詳しい方いましたら教えて下さい。

外国の食事情に詳しい方教えて下さい。

現在、東南アジアとアジアを転々としながら生活しています。タイに3年、中国に4年、昨年からマレーシアで生活しています。

私はせっかくなので現地のグルメを堪能しようと、トリップアドバイザーなどを利用して外食を楽しんでいました。その時に、ふと思ったことです。

いわゆる、ローカル食と言われるレストランでは現地人か中国人が多く、日本人と韓国人もよく見かけますが欧米人はほとんど見かけません。


逆に、久しぶりに、ワインでも飲みたいなと思っ...続きを読む

Aベストアンサー

>いわゆる、ローカル食と言われるレストラン

ここがミソですね。欧米人は比較的「衛生観念」が発達しているので「怪しげな店」にはあまり入りません。だから安全性が高い日本の定食屋などは観光地などにあれば欧米人がたくさん来る場所もあります。

日本人や韓国人の衛生観念が低いとはいいませんが、同じアジアンフードなので、何が入っているか衛生状態はどうか、というのが比較的分かりやすいので入れるのだと思います。

たとえば日本人でも、アフリカの衛生状態が悪い場所で、地元の人しか来ないローカルフードだと「なにがはいっているのか分からない」から避ける人も多くいるでしょう。
そういう「文化的な違いから正常な判断ができない」ために避ける傾向はどうしてもあります。

また、セキュリティの問題もあるでしょう。アジア人同士ならそれほど目立たない場所でも白人や黒人なら目立つということもあります。ローカルな場所は治安が悪いこともあるので、目立つ白人などは避ける傾向も強いです。

でもタイのプーケットに行ったときは、ショッピングセンターのフードコートに欧米人がたくさんいたので、ローカルフードを全く食べないわけでもないようで、やはり衛生問題と安全性の問題は大きいと思います。

>アジア人って結構いろんな文化とりこんで何でもありなところがあるので、ローカル食も普通に行けるだけで、欧米の方々には現地のものを食べてみようとかいう考えはないのでしょうか?

これは人によります。またその地域にもよります。

タイなどの東南アジアはもともとイギリスの植民地だったこともあって「欧米人を優遇する文化」があります。アジア人が同じアジア人を差別して白人を優遇するのです。質問者様もそういう光景に出会ったことがあるのではないでしょうか。

欧米人からみればアジア料理は「取るに足らないモノ」というイメージもあり、人によっては「観光のためにアジアに来ているが、アジアの事を知る必要はない」という(アジア人から見れば)傲慢な考えの人も少なくありません。

特に東南アジアは物価が安いので、欧米人でも比較的大衆的な人が来ることも多く「文化的な理解など全く考えない」人たちも相対的に多くなります。

プーケットのような観光地であればあるほど「別に現地食なんて食べたくない、欧米の食事ができない場所なんて行かない」という人がたくさんいるのです。

>いわゆる、ローカル食と言われるレストラン

ここがミソですね。欧米人は比較的「衛生観念」が発達しているので「怪しげな店」にはあまり入りません。だから安全性が高い日本の定食屋などは観光地などにあれば欧米人がたくさん来る場所もあります。

日本人や韓国人の衛生観念が低いとはいいませんが、同じアジアンフードなので、何が入っているか衛生状態はどうか、というのが比較的分かりやすいので入れるのだと思います。

たとえば日本人でも、アフリカの衛生状態が悪い場所で、地元の人しか来ないローカル...続きを読む

Q欧風カレーというのがありますが、あれはヨーロッパで実際に食べられてるカレーなのですか?

それとも日本人が想像したヨーロッパ風のカレー?
美味しいからどっちにしても好きだけど、気になるので教えてください。

Aベストアンサー

欧風カレーと言うのは一般的に「デミグラスソースを隠し味に使っているカレー」ということらしいです。

元々、ボンディという店のシェフが開店前にフランスで料理の勉強をして、カレーにデミグラスソースを合わせることを発明し「欧風カレー」と名付けたのが最初で、彼の弟子などが独立して欧風カレーをメニューに入れたため、広まったと言われています。

カレーの歴史についていえば、元々は印度やスリランカ・タイなどの南アジアから東南アジアの一部までの「スパイスを使った料理」が発祥で、ご存知だとは思いますが、現地では各種のスパイスを組み合わせて料理を作るので、全部カレー味といえばカレー味、でも「カレー」という料理はない、ということになります。

では「カレー」はどこでできたのか、といえばイギリスでインドを植民地支配していたイギリス人たちが、インド風の味付けを好んだことから、インドでガラムマサラと呼ばれるスパイスをミックスしたものをヒントにイギリスのC&B社が「カレー粉」を発売したことに始まります。

カレー:curryは元々タミル語のカリ:kari(கறி)から借用された言葉で、元々は「ご飯(飯・汁・オカズ)」を意味する言葉だったようです。

日本は明治期に日英同盟を組んでいた関係で、海軍をイギリス式で学び、その時に「日持ちするスパイスで作るシチュー」のレシピを学び、それを日本海軍がご飯に合うようにとろみをつけて人気メニューになり、兵隊さんが家庭に戻っても作ったこと、日本でもイギリス製のC&Bのカレー粉が手に入ったことなどから、普及したようです。

現在では日本のカレーはインド料理の影響を受けた独自の料理と位置付けられていて、またイギリスなど欧州にはご飯を食べる文化がないので「シチューなどの煮込み料理のひとつ」と認識されているので「カレー」と言う独立した分野はないようです。もっともフランスやスペインなどご飯を食べる(ただし主食ではない)地域では、シチューの添え物としてご飯やクスクスをそえて、見た目は日本のカレーライスにそっくりなものもあります。

むしろ香港などイギリス支配下のコメを食べる地域のほうが「架喱飯」(カレーライス)など「カレー料理」があるといえるでしょう。

欧風カレーと言うのは一般的に「デミグラスソースを隠し味に使っているカレー」ということらしいです。

元々、ボンディという店のシェフが開店前にフランスで料理の勉強をして、カレーにデミグラスソースを合わせることを発明し「欧風カレー」と名付けたのが最初で、彼の弟子などが独立して欧風カレーをメニューに入れたため、広まったと言われています。

カレーの歴史についていえば、元々は印度やスリランカ・タイなどの南アジアから東南アジアの一部までの「スパイスを使った料理」が発祥で、ご存知だとは思...続きを読む

Q共同運航の日時や路線が全く同じ便での、日本と海外の航空会社間の料金の違いについて

例えば東京とヨーロッパの某都市を往復するとして、航空会社のHPへ直接予約する場合ですが。

共同運航していて日時や路線まで全く同じ便でも、ヨーロッパ某都市の本国の航空会社へ予約する方が日本の航空会社へ予約するより、明らかに安かったりするのでしょうか。

もしそうであれば、理由はいったい何なのでしょうか。

Aベストアンサー

No.5です。

> とても複雑な事情が絡んでいるようで、航空業界も色々とあるようですよね。

ANAとオーストリア航空の共同運航便の料金比較でしたら両社ともスターアライアンス加盟航空会社ということもあり、そもそも共同運航という形で座席の販売協力関係にあるわけですから「複雑な事情」というほどの事は無いかと思います。
No.5にも書きましたように「自国発の長距離便の往復航空券は自国並びに周辺国からのお客様が主ということで高め・・・というか標準的な設定で、海外発はその国の航空会社ではなく自社を選んで欲しいということで少しディスカウントした価格設定とする」ことが多いです。
したがって同じ便であっても日本発着の往復航空券の場合、オーストリア航空は海外発着の料金設定なのでオーストリア航空の料金設定としては少し安め、ANAは自国発着の料金設定なのでANAの標準的な料金設定ということになります。


> 共同運航の全く同じ日時と航路の便でも各々のHPで予約検索すると約2万円の差が出まして、初夏の出発で半年前に見た結果なのですが詳細は存じませんがオーストリアの方が安かったです。

前述のような料金設定の差が該当日程の便の場合は2万円であった・・・ということになります。
なお、来年初夏のご旅行ということですとANAも独自に羽田から毎日ウィーン便を飛ばしています(オーストリア航空は成田から週5便だったかですね)のでその便の料金との整合性(←空港も異なるので同額ではなくても)の考慮も多少はあるかと思います。

参考まで。

No.5です。

> とても複雑な事情が絡んでいるようで、航空業界も色々とあるようですよね。

ANAとオーストリア航空の共同運航便の料金比較でしたら両社ともスターアライアンス加盟航空会社ということもあり、そもそも共同運航という形で座席の販売協力関係にあるわけですから「複雑な事情」というほどの事は無いかと思います。
No.5にも書きましたように「自国発の長距離便の往復航空券は自国並びに周辺国からのお客様が主ということで高め・・・というか標準的な設定で、海外発はその国の航空会社ではなく自社を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング