外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

一月が誕生月なので障害厚生年金の更新の診断書が届いたので年明けに先生に書いて頂いて、一月中に提出する予定です。
ですが、提出先の宛名は日本年金機構御中だけで良かったでしょうか?
たしか、今年、提出する際に年金事務所の方から、日本年金機構のあとに障害年金センターみたいな部署を書いて必ず書留で送らないと大量の書類が送られるから、分類する手間を省けると言われて書いて送りました。
診断書のコピーは取っていますが、宛名までは忘れてしまいました。
同封された宛名は日本年金機構しか書かれていませんが、日本年金機構で大丈夫でしょうか?
年明けに年金事務所に確認すればいいだけの話しなのですが、ここで分かるならと思って質問させていただきました。
回答よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    診断書に同封されていた書類に書かれていた住所は日本郵便株式会社牛込郵便局私書箱145号日本年金機構本部でしたが、封筒の宛先は杉並区の日本年金機構本部でした。
    どちらの宛先が正しいのでしょうか?

      補足日時:2018/12/29 17:57
  • 使い慣れてなくてすみません。
    診断書と一緒に送られてきた書面はNo3さんの書面とこちらになります。
    住所が違っていたので混乱してしまいました。

    「一月が誕生月なので障害厚生年金の更新の診」の補足画像2
      補足日時:2018/12/29 22:19

A 回答 (5件)

繰り返しますね(回答 No.4 に添えた画像のとおり)。


正しい宛先(提出先)はこちら(↓)です。再確認しました。
私の書き方もまずく、申し訳ありませんでした。

<提出先>
〒162‐8799
日本郵便株式会社 牛込郵便局 私書箱第145号 日本年金機構

部署名を付けたりする必要はなく、年金給付業務部門などと添える必要はありません。
上のとおりで大丈夫です。

わざわざ<提出先>として牛込郵便局の私書箱が指定されているので、提出するのは、杉並区(高井戸西)のほうではありません。

ちょっと紛らわしくて混乱してしまわれたと思います(私も、一瞬混乱して、間違った答えを書いてしまったようです。たいへん申し訳ありませんでした。)。
こういったお知らせが届いたときは、<提出先>がちゃんと書かれているはずですから、そちらの住所のほうだけを見て、診断書を出して下さいね。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

助かりました

たびたびありがとうございました。
本当に無知ですみません。
記載通り、部署名など書かずに牛込郵便局に書留で郵便します。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2018/12/30 00:37

もし、診断書に添えられてきた文書が以下の画像のようなものであるなら、提出先は牛込郵便局です。


(障害年金センターが新宿区の牛込にあるから。)

このとき、呼吸器疾患でなければ、レントゲンフィルムを添える必要はありません。
また、高井戸の本部のほうへ送ってしまっても、実は、大丈夫です。障害年金センターへ回送されます。
「一月が誕生月なので障害厚生年金の更新の診」の回答画像4
    • good
    • 5

お手元の年金証書・年金決定通知書などに印字されている「診断書の種類」という数字を、まず見て下さい。


3桁の数字です。
そちらに「2」が含まれているでしょうか?

もし「2」が含まれているなら、診断書は「呼吸器疾患用の診断書」で、かつ「レントゲンフィルム」の提出も必要です。
また、診断書(障害状態確認届)のほうには「様式第120号の5」と書かれています。

いかがでしょうか?
あなたは「様式第120号の5」と「レントゲンフィルム」を出す必要がある、呼吸器疾患ではありませんか?
そうであれば、提出先は回答 No.2 のとおりです。

ご確認をお願いします。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます!
様式は120の4の精神なのでレントゲンは必要ありません。
同封されていた書面はkurikuri_maroonさんが添付してくださったものです。
これには宛先が牛込郵便局の日本年金機構だけになっていたのですが、もう一通の書面の住所は杉並区になっていたので混乱してしまいました。
わかりやすく教えて頂いてありがとうございます。
牛込郵便局私書箱に書留で送らせていただきます。
ただ、前回の時のように日本年金機構本部のあとに障害年金センターみたいな部署をつけた方がいいのか、日本年金機構とだけでいいのか、記憶が曖昧で申し訳ありませんが宛名はNo2の年金給付業務部門でよろしいでしょうか?
今回は診断書のコピーだけでなく、宛先のコピーもちゃんと控えて次回以降はこのようにご迷惑をおかけしないようにしたいと思います。
詳しく丁寧に教えていただきありがとうございます。

お礼日時:2018/12/29 22:16

しょーもない回答が付いてしまっていますので、結論から先に書きますね。


障害厚生年金(又は、障害厚生年金+障害基礎年金)を受けている人の「障害状態確認届」(更新時診断書、とは言わず、正式名称を使いましょう)の提出先(封書の宛先)は、以下のとおりです。

〒168‐8505
東京都杉並区高井戸西3丁目5番24号 日本年金機構 本部 年金給付業務部門

この部門の下に、年金給付部、中央年金センター、障害年金センターという部署があります。
最初は部門全体として書類を収受するので、部署まで細かく書かなくてもOKです。

それから、呼吸器疾患の人に限っては、レントゲンフィルムの提出を指示されることがあります。
その場合(呼吸器疾患の人に限る)には、『障害状態確認届と一緒に、必ず「レントゲンフィルム整理票」をフィルムの下部に貼付して以下の所へ送付するように』とされていたりしますので、気をつけて下さい。
(同封されてきた案内状に書かれているはずです。)

〒162‐8799
日本郵便株式会社 牛込郵便局 私書箱第145号 日本年金機構

どちらも、簡易書留や特定記録郵便で出すことをおすすめします。
また、意外と知られていませんが、障害基礎年金だけの人は、提出先が市区町村役場(国民年金担当課)。
そして、障害基礎年金で、かつ、20歳初診による障害基礎年金の人は、誕生月とは関係なく、一律に7月末日が期限になります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
診断書に同封された書面に書かれた提出先は日本郵便株式会社牛込郵便局私書箱145号 日本年金機構とだけしか書いてありませんが…。
たしかに前回も牛込郵便局の私書箱に書留で郵送したのは覚えています。
宛名に日本年金機構、年金給付部門、障害年金センターで送れば大丈夫でしょうか?
杉並区の住所も検索すると出てきますが、診断書に同封された宛先と違いますが杉並区の方に提出した方がいいのでしょうか?

お礼日時:2018/12/29 17:41

書留の宛名に「年金機構」とだけ書いたのならば、職員の言ったように、あなたの書類は大量の郵便物に紛れるでしょう。



中の診断書の宛名が年金機構でも、関係はありません。

問題になるのは、書留の宛名だけです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q障害年金のことについて。 再び投稿すみません。 相談員さんに、さんざん、障害年金は、でないと言われ続

障害年金のことについて。
再び投稿すみません。

相談員さんに、さんざん、障害年金は、でないと言われ続け【自動車運転していたら出ない】【今の症状ならでない】【主人の収入があるからでない】とかとか、言われてました。

結局 主人と協力して 申請をだして、 受給可能になりました。


そしたら、相談員さんは、主人に【でないと思ってた】【先生がすごいねー】と、までいってて、私は 出たことについて、嫌だったんか?おもうようになり、なんだか、相談員のことが、いやになりました。
なぜ、主人にまで 出ないとかまでいうのか...
おかげで、主人と、ぶつかってしまい、只今喧嘩ちゅうです。

でる、でない、先生がすごいとか、相談員さんがいうことじゃないきがする。

私の考えが、おかしいでしょうか?

Aベストアンサー

はっきり言いましょう。
相談員の人、大失格ですよ(^^;)。

言ってはならないことを言っちゃっていますよね。全く根拠がないのに。しかも、ご主人にまで!
絶対にやってはならないことをしてしまっていて、モラルやルールを無視しちゃっているので大問題ですよ。

◯ 自動車運転していたら出ない ⇒ 決してそんなことはありません(^^;)。
◯ いまの症状なら出ない ⇒ 日本年金機構の専門医などが決めること。相談員が言えることではない!
◯ 主人の収入があるから出ない ⇒ ぜんぜん関係ありません。配偶者や家族の収入とは無関係(^^;)。

相談員の人が無責任過ぎると言いますか、無知過ぎると言いますか‥‥。
とんでもないことですね。私が上司だったら、即座にクビにしても良いぐらいです。危なっかしくってしょうがないですから。

障害年金は、初診要件・保険料納付要件・障害要件の3つが揃っていれば、基本的に受けられるんですよ。
以下のとおりです。

◯ 障害年金を受けようとする障害の原因となった傷病で初めて医師の診察を受けた日が、はっきりしている
◯ 上の日(初診日といいます)がある2か月前までに、一定期間以上、きちっと保険料を納め続けてきた
◯ 初診日から1年6か月以上が過ぎていて、国民年金・厚生年金保険障害認定基準で決められている障害の状態にあてはまっている

で、医師は医師で、ちゃんと障害認定基準にあてはまるかどうかをちゃんと確認した上で(というのは、診断書記載要領というお手本のようなものがあるから)、診断書を書いてくれます。
ですから、きちっと手順を踏んで手続きをしていて、その手続きにミスがなく、かつ、障害の状態が基準に該当していたら、障害年金を受けられるのはあたりまえ。
まして、そのために、頼まれた医師が診断書を書くんですから。「先生がすごい!」とか、そういった話でもないんです。

あなたが思っていること(怒りのような気持ち)は、当然のこと。
きちっと手続きをして、受けられる条件を満たしたから受けられているので、堂々としていていいですよ。
あなたの考えは、な~んにもおかしくありません。

愚痴や怒りは、むしろ、ある程度までは言っても良いと思います。罵倒や誹謗中傷でないかぎりは。
といいますか、障害年金に関しては、とにかく誤解や偏見が多すぎるんですよね。
特に、精神障害に関することですと、いわゆる「同病者」(同じような精神疾患を持っているのでは、と思われる人)が、とんでもないほど誤解に満ちた「間違った回答」を繰り返しています。
つまり、相談に乗る立場の人も当事者の人も、ほんとうに障害年金のことをわかっていない‥‥。
そういった事実(わかっていない人が多すぎる、ということ)があるんだ、っていうことは、むしろ、もっと知られてもいいと思います。
そのためには、どんどん愚痴や怒りを言ってみてもいいのでは?、と私は思いますけれども。

はっきり言いましょう。
相談員の人、大失格ですよ(^^;)。

言ってはならないことを言っちゃっていますよね。全く根拠がないのに。しかも、ご主人にまで!
絶対にやってはならないことをしてしまっていて、モラルやルールを無視しちゃっているので大問題ですよ。

◯ 自動車運転していたら出ない ⇒ 決してそんなことはありません(^^;)。
◯ いまの症状なら出ない ⇒ 日本年金機構の専門医などが決めること。相談員が言えることではない!
◯ 主人の収入があるから出ない ⇒ ぜんぜん関係ありません。配偶者や...続きを読む

Q鬱病で働けなくなり、精神障害者年金受給中です。 今年の2月に認定されました。 提出した診断書にも働く

鬱病で働けなくなり、精神障害者年金受給中です。
今年の2月に認定されました。
提出した診断書にも働く能力が無いと書いてありました。
次、診断書の提出は平成33年の4月です。

年金事務所に聞いたのですが、「週2日、3時間程度で雇用保険の加入の無い範囲の勤務であれば、今の年金の支給額には影響しないです。ただ、次、平成33年に診断書を提出する時には影響するかもしれません。今の分には影響しません。」という回答でした。
直ぐに働こうとは思っていないのですが、年金受給に影響しない程度に働いて良いという事であれば、生活を支えながら、また働ける可能性があるという事で自分自身に希望が持て、明るい気持ちになれました。

でも、精神福祉士さんに相談する機会があり、その事を伝えると「今の障害者年金の受給額にも、年金額が減ったり影響する」と言われました。

28年ちょっとした役職を持ち続けて接客の仕事でした。休みもほぼ電話対応で働いて、お昼休憩もなく過ごし、いつのまにか、それが普通になっていました。
趣味は仕事というぐらい、何時間労働でも苦になりませんでした。
燃え尽き型鬱病だそうです。
退職して2年経ちます。

自分では、ようやく、まだ直ぐに長時間働ける状態でない自覚する事ができる状態になりました。短時間、週2日程度なら働けそうな気がします。
短期間の募集でと思っていました。

生活は私にかかっています。
息子と私の2人家族です。
でも、何より働けなくなった自分が情けなく、少しでも働けるなら働きたいと思っています。
急に、毎日8時間とかで働く事も無理そうなので、ゆっくり短い時間から働き始めて、働けるようになって行きたいと思っているのですが、今直ぐ、障害者年金に影響したら、生活できなくなるので、年金受給しながら慣らしたいと思っています。

年金事務所か、福祉士さんに伝え方が悪かったので回答が違うのだと思うのですが、どちらが正しいかご存知な方がいらっしゃったらお教えください。

(次回の平成33年の年金に影響するのは仕方ないと思っています。今を知りたいのです……)

鬱病で働けなくなり、精神障害者年金受給中です。
今年の2月に認定されました。
提出した診断書にも働く能力が無いと書いてありました。
次、診断書の提出は平成33年の4月です。

年金事務所に聞いたのですが、「週2日、3時間程度で雇用保険の加入の無い範囲の勤務であれば、今の年金の支給額には影響しないです。ただ、次、平成33年に診断書を提出する時には影響するかもしれません。今の分には影響しません。」という回答でした。
直ぐに働こうとは思っていないのですが、年金受給に影響しない程度に働い...続きを読む

Aベストアンサー

精神保健福祉士さんの言い分は間違っています。
年金事務所のほうが正しいですから、決して心配はなさらないで下さい。

障害状態確認届といって、1年~5年毎のいずれかの間隔(ひとりひとりの障害の内容や重さによって、その間隔が異なります)で、指定された年の誕生月に更新用診断書を提出すべき義務があります。
通常、障害年金の等級に変化が生じる可能性があるのは、この提出時だけです。等級が変わることによって、その年金額も変わり得るからです。

具体的な手法もちゃんと決められていますよ。
もしも等級が下がったり、労務可能のために支給停止になったりするような場合は、誕生月を「0」として、
「4」に当たる月の分から年金額をあらためる、というしくみになっているのです。

年金は、前々月分と前月分が、各偶数月に振り込まれますよね。
上で書いた手法と照らし合わせると、平成33年4月を「0」として、5・6・7月分までは出るのです。
つまり、等級が下がったり支給停止になったりするとしても、平成33年8月分から。
8月分は、8・9月分として10月に振り込まれるのですから、結局は、平成33年10月振込の前までは、現在の年金額が維持されますよ。

精神保健福祉士さんの言い分は間違っています。
年金事務所のほうが正しいですから、決して心配はなさらないで下さい。

障害状態確認届といって、1年~5年毎のいずれかの間隔(ひとりひとりの障害の内容や重さによって、その間隔が異なります)で、指定された年の誕生月に更新用診断書を提出すべき義務があります。
通常、障害年金の等級に変化が生じる可能性があるのは、この提出時だけです。等級が変わることによって、その年金額も変わり得るからです。

具体的な手法もちゃんと決められていますよ。
もしも...続きを読む

Q障害年金と所得の関係は?

精神科で医師に診断書を書いてもらい、年金の窓口で障害年金を申請したら、厚生年金に入ってないバイトでも過去や現在の所得は調査されますか?

20歳後の障害なので所得制限はないと思いますが。 
過去にバイトを転々としていると診断書には書いてました。

Aベストアンサー

障害年金の新規請求の際に障害年金受給権者(障害年金を受けられる本人のこと)の所得が調査されるのは、それが「20歳前障害による障害基礎年金」であるときだけです。

これは「20歳前障害による障害基礎年金」に限っては所得制限があるためです。
新規請求時に、本人の「所得証明書」(詳しくは年金事務所に問い合わせて下さい)を添付します。

なお、「20歳前障害による障害基礎年金」の支給開始後、毎年「所得状況届」を提出する必要があります。
ただし、法令の改正(昨年12月28日の官報で発表済)により、今年7月1日から、原則として「所得状況届」の提出が不要とされました。
これは、マイナンバー制度(住民基本台帳ネットワーク)を活用した把握へ変わるためです。
(注:法令の改正によって、障害状態確認届[いわゆる「更新時診断書」]の提出月が20歳前障害であるかないかにかかわらず「誕生月」に統一され、提出月末日の前3か月以内の診断書を要する、といった形にも変わりました。こちらは今年8月1日からです。]

以上により、「20歳前障害による障害基礎年金」ではない場合は、一切、本人の所得の調査はありません。
新規請求時はもちろんのこと、所得状況届の提出も不要です。

配偶者がいるときや、18歳到達年度末までの子(要は、高校を卒業するまでの子)か20歳未満の障害児の子がいるときは、障害年金に加算を付けることができるか否かを調べるため、生計維持関係の確認といって、配偶者や子の収入が確認できる書類の提出が必要です。
この場合、新規請求時に、配偶者の「所得証明書、課税(非課税)証明書、源泉徴収票 等」を添えます。
子に関しては、義務教育終了までは「所得証明書、課税(非課税)証明書、源泉徴収票 等」は提出不要で、子が高等学校等在学中の場合には、代わりに「在学証明書または学生証 等」を添えます。
言い替えると、配偶者や子がいるときには、配偶者や子に対する所得の調査があります。

その他、新規請求時には、診断書や年金請求書のほかにさまざまな添付書類が必要です。
詳しいことに関しては、日本年金機構のホームページ(以下のURL)を参照して下さい。

障害基礎年金 ‥‥ https://goo.gl/1fQucR
障害厚生年金 ‥‥ https://goo.gl/xSjcR5

「バイトを転々としていた」うんぬんということは、日常生活状況や就労の状況を把握・確認するために記されたもので、過去や現在の収入・所得の把握を目的としたものではありません。
そのため、ご心配なさらないでも大丈夫です。

障害年金の新規請求の際に障害年金受給権者(障害年金を受けられる本人のこと)の所得が調査されるのは、それが「20歳前障害による障害基礎年金」であるときだけです。

これは「20歳前障害による障害基礎年金」に限っては所得制限があるためです。
新規請求時に、本人の「所得証明書」(詳しくは年金事務所に問い合わせて下さい)を添付します。

なお、「20歳前障害による障害基礎年金」の支給開始後、毎年「所得状況届」を提出する必要があります。
ただし、法令の改正(昨年12月28日の官報で発表済...続きを読む

Q発達障害で障害者年金の申請をしたいと考えてます。 初診は16、7才位の時でもうとっくに1年半はたって

発達障害で障害者年金の申請をしたいと考えてます。

初診は16、7才位の時でもうとっくに1年半はたってます。

就労支援B型に行ってます。家の事はそれなりに出来るけど一人なら掃除も料理もしません…

基準が難しくてよく分からないんですけど通る可能性ありますか?

何か足りない事あったら答えられるの答えます。

Aベストアンサー

発達障害という理由で障害年金の請求をしたいということは、20歳になる前から発達障害だと認められていたということですよね?
障害者手帳と障害年金はお互いに無関係なので、手帳のほうの診断名や手帳のほうの等級が障害年金にも関係してくるということはありません。
また、発達障害があるときは、通常、うつ病なども発達障害の2次障害だとされるので、あくまでも発達障害として障害年金の審査をします。うつ病ということで審査をするわけではありません。

厚生年金保険に入ったことが1度もないようなので、受けられる可能性があるのは、国民年金からの障害基礎年金だけです。
20歳になるよりも前に初診があるときには、障害基礎年金の中でも特別な種類の「20歳前障害による障害基礎年金」というものになります。

「20歳前障害による障害基礎年金」になるので、あなたがもう21歳以上ならば、まず、初診日の日付を当時の初診医療機関で証明(受診状況等証明書)してもらってから、あなたの場合は、以下の2通の年金用診断書を用意します。

◯ 20歳の誕生日の前日をはさんで、前後3か月以内の実際に診察を受けたときのことを、当時かかった医療機関で診察してくれた医師から書いてもらう、「障害認定日現症」という診断書 

◯ いまのことを、窓口に書類を出す日の前3か月以内に実際に診察を受けた医療機関で診察してくれた医師から書いてもらう、「請求日現症」という診断書

そして、「障害認定日現症の診断書をまず審査して下さい(障害認定日による請求)。それが認められないのなら、請求日現症の診断書で審査して下さい(事後重症請求)」と申し立てる書類を添えて、病歴・就労状況等申立書(診断書で書かれた内容と矛盾がないように注意しながら、自分で書く書類)や年金請求書と一緒に窓口(年金事務所か市区町村の国民年金担当課)に出します。

そうすると、障害認定日による請求と事後重症請求の両方を審査して、どちらかを認めてくれます。
ただし、障害認定基準や等級判定ガイドラインといったものがあるので、もちろん、これらの基準を満たしていなかったなら、実際にはどちらも認められず、支給は受けられません。
障害認定日による請求が認められると、いまから最大で5年前までの分(もちろん、20歳以降の分からになりますが)をさかのぼりで受給できます(事後重症請求しか認められなかったときはダメです。)。

上の2つの診断書で書かれた障害の重さが、障害基礎年金の1級か2級に当てはまっていると障害認定基準や等級判定ガイドラインで認められたなら、障害基礎年金を受けられます。
ただ、あなたもわかっているとは思いますが、基準はとてもむずかしく、障害の重さや障害内容も1人1人でぜんぜん違ってくるので、あなたを診察してもいない人には何も答えられません。
というより、プライバシーの関係などもあるので、そういったことをネットで書くわけにもいきませんよね。
ですから、「通るでしょうか?」などと聞かれても、こういったQ&Aサイトではほとんど答えることができません。
つまり、とても残念なことなのですが、正直言って、質問をしてもほとんど意味がないんです。

ということで、ほかの方からも回答が付いていますが、年金事務所(日本年金機構)にたずねて下さい。
上で書いたような必要書類の様式は全部そちらにありますし、手続きの流れや注意すべきことなどもろもろをきちんと教えてくれます。
公的な制度についていろいろ疑問があるときは、ネットに頼らずに、きちんと役所・年金事務所などに出向きましょう。それが基本です。

発達障害という理由で障害年金の請求をしたいということは、20歳になる前から発達障害だと認められていたということですよね?
障害者手帳と障害年金はお互いに無関係なので、手帳のほうの診断名や手帳のほうの等級が障害年金にも関係してくるということはありません。
また、発達障害があるときは、通常、うつ病なども発達障害の2次障害だとされるので、あくまでも発達障害として障害年金の審査をします。うつ病ということで審査をするわけではありません。

厚生年金保険に入ったことが1度もないようなので、...続きを読む

Q障害年金申請中なのですが、担当医のいうところによると、うちの患者さんで落ちた人はいない。 と、おっし

障害年金申請中なのですが、担当医のいうところによると、うちの患者さんで落ちた人はいない。
と、おっしゃるのです。
なにか診断書に通る秘技でもあるのでしょうか。
審査が厳しいと聞いていますが。

Aベストアンサー

障害年金は症状・障害の程度に応じて認められます。なので、診断書の症状が、審査基準の規定どおりの重さであれば通ります(通りやすい)。あなたの担当医は、症状が重く、年金の認められる見込みがある患者だけ診断書を書いているんでしょう。あと、担当医は長年の経験から「これくらいの症状(診断書の記載)なら年金が認められるだろう」というのが分かっているんでしょう。

医師は制度上とても信用されています。なので、医師が作成した診断書も信用されます。なので診断書は、明らかな不備がないかぎり、そのまま採用されます。まあ、だからこそ医師は、年金請求用の診断書が責任重大だし手間がかかる(し、その割に儲からない)ので、できるだけ作成したがらないんですけどね。

Q障害年金の審査に通る可能性があるのかわからず困っています。

精神障害での障害年金の申請を考えています。
約20年前から「強迫性障害」、15年前から「うつや不安状態」の傾向があるのですが、
5年前に1回行った医者で「軽度のうつ」(薬処方)、3年前に数回通った病院で「強迫性障害」(障害手帳の説明のみ、診察の必要性・薬はなし)と診断されました。
通院して半年の現在の医者では、はっきりと診断する方針ではないためか、一応「強迫性障害」と「社交性不安障害」かなと診断されました。

その時々で1番悩んでいた症状を先生に話してそのまま診断されているだけなので、症状の一部しか診断されていませんし、発症して長いのに1度も薬では治療していないので申請しても病気として判断されないのではと不安です。
強迫性障害は毎日ですが、うつに関しては仕事したり人に会ったり何か刺激を受けた時に寝たきり・何も手につかないという風に悪化して、刺激を受けずに暮らしていればそこまで落ち込まずに暮らせているので、援助は必要ですがうつ病と言っていいのかわかりません。

今までの症状ではうつ病以外対象にならなさそうですが、役所では強迫性障害でも対象でないとは言われませんでした。
調べてもサイトによってかなり見解が違っていて、こんな微妙な症状では申請しても無駄でしょうか?

3年前から医療機関外のカウンセリングに通ったり、今の心療内科に併設されているカウンセリングで社交性不安障害に関する行動療法を半年受けたりしましたが、やはり医療機関でしっかり治療したのに治らないという状況でないと受給は難しいでしょうか?
通院していない期間の症状も申請用紙に書くようですが、発症からの期間の長さや通院期間外の症状などは審査にどれほど影響あるのでしょうか?
このまま通院期間が長くなっても可能性は低いでしょうか?

金銭的に余裕がないので障害年金で本格的な治療をしたいと思っています。
何かアドバイスや経験談などを教えて頂きたいです。

精神障害での障害年金の申請を考えています。
約20年前から「強迫性障害」、15年前から「うつや不安状態」の傾向があるのですが、
5年前に1回行った医者で「軽度のうつ」(薬処方)、3年前に数回通った病院で「強迫性障害」(障害手帳の説明のみ、診察の必要性・薬はなし)と診断されました。
通院して半年の現在の医者では、はっきりと診断する方針ではないためか、一応「強迫性障害」と「社交性不安障害」かなと診断されました。

その時々で1番悩んでいた症状を先生に話してそのまま診断されているだけな...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。詳細な説明は他の回答者の言うとおりです。あなたが今後、通院する中で心に留めておくといいことを、要点だけ説明します。

●障害年金を請求できるのかどうか
制度上は請求できる状態にあるのでしょう。「制度上は」というのは、年金の納付状況や「初診日から1年半以上経っている」等の要件は満たしているという意味です。役所に相談して事後請求できると言われたんですから、その点はほぼ確実だと思います。初診証明を実際に入手できるかが不安ですが。

ただし、役人は医学的なことに関して何もコメントしていないはずです。障害年金を請求できる病気は制度で決められています。なので、あなたの病名・病態によっては請求できません。

●障害年金を請求できる病気であるかどうか
社交不安障害や強迫性障害だけでは、障害年金を請求できません。これらの病気はパーソナリティ障害と呼ばれます。物凄くざっくり言うと「性格が極端すぎる」ということです。この意味において、潔癖症と同じレベルの話です。「綺麗好きが強い」というだけの話です。

ただし、強迫性障害等がある場合、それ以外にも何か問題を抱えていることがあるでしょう。強迫性障害等が精神的な症状を引き起こすことがあります(抑うつ、不眠など)。逆に、強迫性障害等が発達障害や統合失調症等によって引き起こされることがあります。そういう問題があれば、そっちで請求できます。

●障害年金が認められるか?
年金を請求できても、実際に認められるかどうかは別の問題です。障害年金は障害・症状の程度に応じて認められます。ここでいう「程度」というのは、ざっくり言うと「日常生活が症状によってどれくらい制限を受けているか」のことです。もうちょっと具体的に言うと、「普通に働けるよう健康を維持できるか」「生命を維持できるか」が分かりやすい目安です。例えば、「病気が理由で食事を満足に摂れない」「病気が理由で体や部屋を清潔に保てない」「病気が理由でお金の管理ができない」「病気が理由で眠れない」というのがあると、障害・症状が重いと判定されます。

●通院について
以上のような症状であなたが長い間困っているとしても、そのことを医師が把握するには長期間通院しないといけません。この期間は、医師があなたの言うことを信用してくれるまでにかかる期間だとも言えます。半年くらいは必要でしょう(法的な根拠がないですが)。なので、あなたはじっくりと通院を続けて、パーソナリティ障害以外にどんな疾患を抱えているかをちゃんと医師に診察してもらいましょう。

その際、上で説明した「目安」を参考にして、生活上の「制限」「困っていること」を日頃からメモしておくと診察時に便利です。なお、ここで言う「困っていること」は、症状自体に関係することです。「働けなくて金銭的に困っている」というのは違います。あくまで「なぜ働けないか」が重要です。

●余談
僕も医師と医学を信用していません。彼らは現在の標準的な医学だけで考えて、ほとんどマニュアルに沿って治療方法を選択するだけです。でも、そういう方法では、特に精神疾患は治りません。むしろ患者を薬漬けにして、余計に症状をこじらせるだけです。ある医師は、統合失調症が向精神薬の副作用&後遺症だと言っているくらいです。

ですが、精神疾患で生活できない人は確かにいます。そういう人は障害年金に頼らざるを得ません。そして障害年金を受給するには、医師の力を借りるしかありません。医師の力を借りるには、形だけでも「治療」「通院」を続けないといけません。そうしないと医師はカルテを書けないですし、カルテに基づいて診断書を書けないですから。そういう「打算」で通院するのも、生きていくための方策です。

#3です。詳細な説明は他の回答者の言うとおりです。あなたが今後、通院する中で心に留めておくといいことを、要点だけ説明します。

●障害年金を請求できるのかどうか
制度上は請求できる状態にあるのでしょう。「制度上は」というのは、年金の納付状況や「初診日から1年半以上経っている」等の要件は満たしているという意味です。役所に相談して事後請求できると言われたんですから、その点はほぼ確実だと思います。初診証明を実際に入手できるかが不安ですが。

ただし、役人は医学的なことに関して何もコメ...続きを読む

Q基礎年金が貰えなくなるって本当ですか?

基礎年金が貰えなくなるって本当ですか?

Aベストアンサー

ご質問の件は「特別支給の老齢厚生年金」に関することだったのですね。
基礎年金(国民年金)のことではないので、完全に勘違いなさっておられます。
また、制度がコロコロ変わった、というよりも、昭和61年4月1日からの新法年金のしくみの中で、既に決定されているものでもありますよ?
回答 No.7 でも言及されてはいますが、回答内容としては、いささか不親切なような気がします。
(繰上げ云々を言ってしまうとかえって混乱のもとにもなるような気がしますので、特別支給の老齢厚生年金[「特別支給の厚生年金」ではなく「特別支給の老齢厚生年金」と正しく書いていただきたいものです]のみの説明にとどめたほうが無難かもしれません。)

https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20140421-02.html
または https://goo.gl/ZtPFzd をごらん下さい。
一目瞭然です。

要は、60歳以上65歳未満の人の性別や生年月日によって、支給開始年齢や支給内容が異なるんです。
ですから、上のURLの内容をしっかり理解なさっていただけませんか?

ご質問の件は「特別支給の老齢厚生年金」に関することだったのですね。
基礎年金(国民年金)のことではないので、完全に勘違いなさっておられます。
また、制度がコロコロ変わった、というよりも、昭和61年4月1日からの新法年金のしくみの中で、既に決定されているものでもありますよ?
回答 No.7 でも言及されてはいますが、回答内容としては、いささか不親切なような気がします。
(繰上げ云々を言ってしまうとかえって混乱のもとにもなるような気がしますので、特別支給の老齢厚生年金[「特別支給の厚生年...続きを読む

Q障害年金制度の目の等級について。 外傷性角膜潰瘍・視野狭窄・両目視力0・04 等は, 障害年金制度上

障害年金制度の目の等級について。
外傷性角膜潰瘍・視野狭窄・両目視力0・04
等は,
障害年金制度上では,何級に該当
するか、教えていただけば,幸いです。

Aベストアンサー

僕は専門家ではありませんが、一般論で言う限り、視力が悪いといえども「見えている」のであれば、障害としては比較的軽いと判定されるでしょう。事務作業は普通にできるでしょうし。だから、良くて3級でしょうね。

障害年金の「障害」って、ざっくり言うと、生命の危機があるものほど等級が高いと捉えると分かりやすいです。その点、視力が悪いことは、それだけで生命の危機が高いとは言えないです。もちろん、車の運転等において制限があるのは確かですけどね。

少なくとも言えるのは、視覚障害の程度を審査する際、眼鏡やコンタクトを着けて視力を矯正した状態で判定されるということです。これは他の障害でも同じで、例えば精神障害は薬を飲んで改善した状態で審査されます。
https://sakuya-shougainenkin.com/eyesight

Q初めて質問させて頂きます。現在、埼玉県北部に在住しています。去年11月に障害年金の申請をしました。社

初めて質問させて頂きます。現在、埼玉県北部に在住しています。去年11月に障害年金の申請をしました。社労士の方からは高い確率で受給決定されると言われましたが、やはり心配です。受給決定又は不支給決定の通知と言うのはどれくらい待てば良いのでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

サービススタンダード(標準処理日数)と言って、おおむね90日前後で‥‥ということになっています。
ただし、あくまでも目安に過ぎず、これよりもさらに時間がかかってしまうケースがしばしばあります。
また、実際の初回の支払は、通知が到着した後、さらに40~50日前後あとになります。
正直なところ、ハラハラしながら、腹をくくって気長に待つしかありません。

回答 No.1 は正論です。
ただし、何とも冷たく切り捨てている感じがしなくもない書き方は、いつもながら賛成できかねないところがありますが。正論を吐くだけが能じゃないのですけれどもね。
あなたは、社会保険労務士の方に依頼されているのでしょう?
そうであるなら、社会保険労務士の方に聞くべきことですし、そもそも、社会保険労務士の方も最初にきちんと説明すべき事柄ですよ?

Q額改定請求をしたいけど、出来ない状態

私は障害者年金の受給者です。障害者年金の種類は基礎年金で、年金コ-ドは6350です。
タイトル通り1年近く体調を崩しているので、私は額改定請求をしたいと思っているけど、出来ない状態です。
この質問も何回も書き直したけど、思っていることを書くことが出来ないので、箇条書き的に書くことを、お許し下さい。 

▪私。現在40代半ば。子どもの頃に他の病院での誤診を見つけてくれた、小児科医の元主治医にほとんど受診していた
▪私は精神保健福祉手帳も持っている。申請から精神保健福祉手帳用の診断書は、元主治医がずっと書いてくれていた
▪私は療育手帳も持っている。療育手帳の診断書は元主治医の診断を変えることなく、受診回数が浅い院内の精神科の精神科医が書いた
▪私の精神疾患が悪化した際は、元主治医の紹介で院内の精神科医に診断してもらう。院内の精神科医で手に負えないと判断した元主治医は、別の病院の精神科医を紹介してくれた
▪別の精神科医に一年以上受診していたため、障害者年金の申請(再審)の診断書は、元主治医と連携して紹介された別の病院の精神科医が書いてくれた
▪障害者年金の診断書を書いてくれた病院の精神科には、何回か入院をしていた
▪元主治医は院長先生だが外来診察も行ってくれ、患者に慕われていた名医だった
▪元主治医は複数の学会のトップで書籍を出している、小児科医不足の時も元主治医に学びたいと、全国から小児科医が集まったほどの名医だった
▪元主治医自身が体調不良となり、休診となった。戻るまでの代診の医師を指定してくれた
▪元主治医は一度は外来診察が出来る状態となるが、再度、休診となった
▪三年前の4月下旬から体調不良(失声、歩行困難状態)となり、代診医師と時折受診していた院内の精神科の精神科医を受診していた。体調不良は落ち着いても、7月いっぱい引きこもり状態だった
▪三年前の9月下旬から体調不良(失声、歩行困難状態)となり、10月上旬から施設に数日間入居した
▪昨年2月中旬と下旬に体調不良で倒れ、救急車で元主治医の病院を受診するが、入院はしていない
▪昨年4月は体調不良がちだった。6月まで引きこもり状態だった
▪昨年の7月いっぱいに、障害者年金の診断書の更新をしなければいけない状態となった。代診医師に書くことを拒否されて、受診回数が浅い院内の精神科医に書いてもらった。結果通知を手にしたのは、12月だった
▪昨年9月上旬に転院する。すぐに体調不良で倒れ、救急車で元主治医の病院に受診する
▪元主治医が昨年10月上旬に、急死する。(外来診察は無理だったが仕事には復帰していたことや、具体的に外来診察に復帰することも表示されていたため、急死と書いた)
▪9月下旬から視力に異常が有り、見えないことが多く、転院先の新たな主治医に相談する。一応、眼科受診をすることを勧められた。視力低下は心因性で10月下旬には回復した
▪昨年12月末。内科の病院を、受診していた時に倒れた。転院した病院は個人病院であることや、救急車を受け入れないことから、私のデ-タ-がある元主治医の病院に搬送して貰おうとしたが、元主治医の病院に受け入れてもらえず、入院経験がある精神科のある病院にも5年ほど受診していないため、内科の病院から近くにある大きな病院に、精神科がないにもかかわらず搬送された。一泊、入院して退院する。
▪今年の1月上旬に、救急車で搬送された。元主治医の病院からまた受け入れられないと言われて、前回の傷病と同じだからと、救急車から精神科のない病院に搬送された。約1週間入院した
▪今年1月上旬の入院中は全くしゃべること、歩くことが出来ない状態だった。一ヶ月ほどたって、やっと小声が出る状態にはなったが、移動は床に手を付きながら這って行っている引きこもり状態。

いつも自然と良くなる(心因性)ため、gooで額改定請求のことを教わっても、障害者年金の等級は変わらないと諦めていました。また元主治医の診断書には書いていた(精神保健福祉手帳用)傷病で、障害者年金の対象の傷病を、前回の診断書更新時には発症していたにもかかわらず、受診回数が浅い元主治医の病院の院内の精神科医は書いていなかったり、今回は心因性でそのうち良くなると言われているけどなかなか治らない状態で不自由なので、額改定請求をしたいと思いました。でも自宅に車椅子などがなく、移動手段がありません。手続きをするにも移動手段がないため、出来ない状態です。介助を頼む両親も高齢者で私の方が体が大きく重いことから、頼みにくいです。仮に移動手段を手に入れても、これまで診てくれていた元主治医はおらず、新しく転院した病院の主治医はまだ私のことを知らない(転院して半年)状態です。また入院したとはいえ短すぎる期間の、しかも精神科ではありません。このような場合、額改定請求はどうやって出来るのですか?
両親は自宅に人を上げたくない考えです。

私は障害者年金の受給者です。障害者年金の種類は基礎年金で、年金コ-ドは6350です。
タイトル通り1年近く体調を崩しているので、私は額改定請求をしたいと思っているけど、出来ない状態です。
この質問も何回も書き直したけど、思っていることを書くことが出来ないので、箇条書き的に書くことを、お許し下さい。 

▪私。現在40代半ば。子どもの頃に他の病院での誤診を見つけてくれた、小児科医の元主治医にほとんど受診していた
▪私は精神保健福祉手帳も持っている。申請から精神保健福祉手帳用の診...続きを読む

Aベストアンサー

itnsi さんは、物事をとても真剣・まじめに考える人なのだと思います。
時にまじめ過ぎるときもあるのかもしれませんけれども、不快感を抱いたりはしませんよ?
どなたかと違って、きちっと相手と向き合って下さっている姿勢・態度がしっかり伝わってきますから。

福祉と障害年金とは違う、ということが、いまひとつよくわからなかったかもしれませんね。ごめんなさい。
施設のこととかを言っているのではありませんよ。
精神保健福祉士さんとかのことを言っているのでもありません。

障害年金に関しては、まず、医療の知識が必要です。どちらかというと、かなり専門的・特殊です。
そして、同時に、障害年金は保険なんですよ。
どこどこ生命などという民間の生命保険会社と全く同じで、きちっと制度に加入して、きちっと保険料を納めたり、きちっと決まった方法でがっちり手続きをして、やっとの思いで認められる‥‥。
言い替えると、ちゃんと制度で求められている制約をクリアしてますか?、っていうことが厳しく審査された上で認められる‥‥。

ところが、福祉っていうのは、そこそこ審査はあるにしても、たいていの場合、それを利用したいっていう気持ちがありさえすれば、まず、問題なく認められることが多いですよね?
障害年金はそうはいかない。どんなにほしくってほしくってたまらなくても、出ないときには出ません。1円も出ません。

いいでしょうか?
実は、最大の違いがこれななんです。
一見「困っている障害者のために」ということで、福祉のように思えるでしょう?
ところが、実際は、そうではないですよね。

だからこそ、福祉ではないんです。障害年金のことは。
福祉の分野で扱うようなものではないんですね。だからこそ、相談支援事業所に相談してもムダなんですよ。
年金用の診断書を役所の福祉課に出しても意味がない(実際には国民年金担当課か年金事務所へ出す)、っていうのと全く同じです。

ということで、私は、無意味にキレまくったりしているはずはありません。
きちっと理由があって、あえてきついことを言っている‥‥。ムキになってはいないんですけれどもねぇ。
わかって下さっている、というのはありがたいです。

itnsi さんは、物事をとても真剣・まじめに考える人なのだと思います。
時にまじめ過ぎるときもあるのかもしれませんけれども、不快感を抱いたりはしませんよ?
どなたかと違って、きちっと相手と向き合って下さっている姿勢・態度がしっかり伝わってきますから。

福祉と障害年金とは違う、ということが、いまひとつよくわからなかったかもしれませんね。ごめんなさい。
施設のこととかを言っているのではありませんよ。
精神保健福祉士さんとかのことを言っているのでもありません。

障害年金に関しては、まず...続きを読む


人気Q&Aランキング