あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

精神科に行きたいのです。
現在はフリーターでゆくゆくは就職したいと思っています。
私の場合は、何に対してもやる気が起きない。夜更かし、浪費癖が治らない、対人恐怖症、などです。

精神科に通うと就職の際に不利になってしまうのでしょうか?
私のような軽い症状の場合でも精神科に行っていいのでしょうか?

A 回答 (6件)


精神科に通った事実を告げなくとも就職は可能なので不利になることはありません。
ただ、精神科で、『何に対してもやる気が起きない。夜更かし、浪費癖が治らない、対人恐怖症』といった症状を治してもらえるとお考えになっているなら、それは全く違います。
たとえば、「何に対してもやる気が起きない」と言ってくる人に対して、精神科医は抗うつ薬を処方する可能性が高いです。
「夜更かし」には睡眠薬、「対人恐怖症」には抗不安薬などが処方されるでしょう。
確かに、それらの症状が一時的に消えることはあります。
しかし、こうした薬の作用を非常にわかりやすく言うと、たとえば次のようになる。

[抗うつ薬]
⇒覚せい剤を飲むとやる気が出ますよね?それと同じ作用です。
どちらもセロトニンという神経伝達物質の再取り込みを阻害する働きをする。

[睡眠薬・抗不安薬]
⇒麻薬をやると右も左もわからなくなり、ふらふらになって眠くなりますよね?また、見当識が失われたり怖いもの知らずになりますよね?それと同じ作用です。
どちらも、ドーパミン・ノルアドレナリンなどの分泌を阻害します。


つまり、精神科で出される薬は、あくまで一時的に症状を隠す[かもしれない]だけです。
対症療法という専門用語があるぐらいで、つまり、精神科で症状を治すことはできないと考えてほぼ間違いありません。
それだけならまだ可愛げもありますが、精神科の薬には全てにといっていいほど、重大な副作用があります。

a.
たとえば、以前主流だったパキシルという抗うつ薬は臨床試験で、
7906例中
自殺念慮 4( 0.05%)
自殺企図 5( 0.10%)
自殺既遂 2( 0.05%)
という副作用が確認されています。
(下記URL からインタビューフォームを表示させると、43ページ以降で、さらに詳細なデータを確認できる)
https://gskpro.com/ja-jp/products-info/paxil-ir/ …
海外の治験では、パキシル服用者3455人のうち11人(0.32%)が自殺を図ったことが報告されている。(下記5ページ)
因みに、偽薬を飲んだ人の中では1978人中自殺を図ったのは 1人(0.05%)だった。
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/3402
また、厚労省も事件との因果関係を認めており、明らかにパキシルが原因と思われる事件が日本国内でも起きている。
 2009 年 5 月 8 日に開催された薬事・食品衛生審議会医薬品安全対策部会に提出された資料によると、パキシルの副作用によって起きた傷害行為は判明しているだけで26件とのことです。
傷害行為の可能性があったものも含めると173件。

b.
さらに、現在もっとも処方されている 抗うつ薬 サインバルタ の臨床試験データは下記のとおり。
2079例中
自殺念慮 1( 0.05%)
自殺企図 2( 0.10%)
自殺既遂 1( 0.05%)
(下記のインタビューフォーム163ページ以降でさらに詳しい副作用一覧が確認できます)
https://www.lillymedical.jp//jp/JA/_Assets/non_p …

c.
抗不安薬はベンゾジアゼピン系が主流ですが、たとえばデパスの動物実験(ラット)では奇形の胎児が生まれています。
また、同じくベンゾジアゼピン系のジアゼパムを投与された妊婦が奇形児を出産している。
ジアゼパムは、アメリカの胎児危険度分類でカテゴリーD(危険度5のうち4段階目)に指定されている。
重大な副作用におびえながら、強い依存性のため中止することもできず延々と薬を飲み続けなければならなくなる可能性が大です。

d.
こうした薬を平気で処方するのが今の精神医療業界です。(データは製薬会社にとって不利なものですが、法律に基づいて製薬会社自身が公開せざるを得ない)
うつ や不安・恐怖症は病気ではありませんから薬で治すことはできません。
治療の必要がないどころか、治療すれば重大な副作用に見舞われるのは火を見るより明らかです。
一時的に症状を抑えることもありますが、わかりやすく言えば、それは気分の落ち込んでいる人に覚せい剤を飲ませるようなもの。
副作用に苦しみながら薬を止めることができなくなる。

自殺や奇形の確率が低いから大丈夫と言う人も中にはいますが、そういう問題ではありません。
精神科で処方される薬というのは、脳の神経細胞に直接作用し、脳細胞の膜たんぱく質構造を変質させてしまいます。
そのため、様々な重大な副作用や、依存性が発現してしまうのです。
しかも、なにより重大なのは、その薬が脳に与える仕組みが正確にはわかっていない、という点です。(だからこそ自殺したり、事件を起こしたりする人が出る)
それほど強烈な影響を脳に与えるのが精神薬というものです。
こうした副作用に全く触れずに安易に相談窓口や病院を紹介する方もおられるようですが、それは言ってみれば羊の皮を被った狼のような者です。
精神科の薬剤に頼るのがいかに危険で無意味であるかは、下記動画もわかりやすいでしょう。




ところで、拝見したような症状の根本的原因はストレスである可能性が高いと言えます。
ストレスを与えるものをストレッサーと呼びますが、同じストレッサーの刺激を受けてもストレスと受け止める人とそうでない人がいます。
いくつか理由はありますが、繊細な神経を生まれつき持っている方は、こうした症状が出やすいことがわかっています。
『浪費癖』は、明らかにストレスのはけ口として機能しているとわたしは感じます。
この繊細な神経を少し太くしてやる必要がまずあります。
ストレス耐性をアップさせる手法をいくつかご紹介してみます。

《自律訓練法》
ー自己催眠によるリラックス状態の体験ー
まず、深呼吸をして気持ちを落ち着けリラックスした状態を作る(背景)。椅子に腰かけた状態でも仰向けで横になっても構いません。
コツは、「地球の引力を体に感じるほど身体の力を抜く」ということです。
最初は、右手→左手→右足→左足の順に意識を集中させてこれを行ってみてください。
同じ順で、今度は、それぞれの部位に温かさを感じるように意識を集中させる。
次は静かに呼吸していることに意識を集中させる。
詳しいことは下記をご参照ください。
【 今すぐやってみる 】
https://www.youtube.com/watch?v=LVL6fI5VglM
【 参考サイト 】
・Well Link
「自律訓練法をやってみよう」
https://welllink.co.jp/health_info/autonomy/auto …

《マインドフルネス瞑想法》
禅の瞑想と似たイメージ。コツは、
ー今この瞬間に意図的に意識を向け、とらわれのない状態で、ただひたすら今を観るー
です。
詳しくは下記をご参照ください。
【 今すぐやってみる 】
https://www.youtube.com/watch?v=pAAzOD04SBs
【 参考サイト 】
・COCOKURI
「マインドフルネス瞑想の効果・やり方まとめ」
https://www.cocokuri.com/blog/effectiveness-mind …


《コーピング》
ーストレスへの自覚的対処法ー
安心感を得られたり、癒されたりする自分流の「もの・こと」を準備しておく手法も効果的です。
【 参考サイト 】
KUMORI nochi HARE
「ストレス解消法100個」
https://hare-media.com/1035/


こうしたことに関連して、物事を正しく認知する習慣をつけることも重要です。
たとえば、対人恐怖症の場合、よくよく考えてみれば、恐怖する必要はないのだ、ということを理解するということです。
むろん、理屈でわかってはいても怖いものはしょうがない、という面はあるでしょう。
ただ、本当は怖がる必要はないのだ、ということを理解することからしか改善ははじまりません。
認知療法・認知行動療法などが有効とされますが、論理的に分析・解釈することでご自身で改善できることも多いです。
専門家の助言を得たい場合は、下記サイトから最寄りの臨床心理士などを検索してみるとよいでしょう。
臨床心理士検索サイト(日本臨床心理士会)
http://www.jsccp.jp/near/rinsho/indexsch

以下のような窓口もありますが、未熟な担当者は安易に病院や薬を勧めるので注意が必要です。
こころの健康相談統一ダイヤル
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya
精神保健福祉センター
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.h
保健所
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/hokenjo/h_01
心の耳
http://kokoro.mhlw.go.jp/agency/
発達障害者支援センター
http://www.rehab.go.jp/ddis/%E7%9B%B8%E8%AB%87%E
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に丁寧な回答ありがとうございます。
ストレス耐性をアップする方法試してみます。

お礼日時:2019/01/14 11:11

精神科に通っているかというより、何の治療を行っていて、今の状態はどうなのかが大事ですね。



クルマ(営業車)を使う仕事でしたら、自動車の免許証を持っていても任せることはできませんし、対人恐怖症で症状が抑えられない方を営業として雇うことはできません。また、何に対してもやる気が起きないというのは困りもので、仕事に手がつかないようであれば、これも任せることはできません。

ただし、本年度から精神障害者の一般就労が義務化されたので、月収は10万円程度と安いですが、精神障害者雇用枠での採用が活発になっています。

ですから、一度、役所の福祉課で「就労移行支援事業の一般就労」について説明を受けてください。

そこから始めて、自信があれば、本格的な就職活動を始めても遅くはないでしょう。
    • good
    • 0

精神科に通院していても、会社の人に知られなければ、不利になることはありません。

どこの病院に行っているかという詳細情報は会社に通知されません。

それとは別の問題として、日常生活に支障を来たしていないなら、精神科に行かないほうがいいです。フリーターとして働けているんなら、マシなほうだと思われます。精神科は安易に向精神薬を処方します。それが効くならいいんですが、効かない人も多いです。それに、効いたとしても根本的に治るわけではない上に、重篤な副作用&後遺症が出ることがあります。そうなると人生を棒に振ることになります。なので、夜更かし・浪費癖くらいのことは、自分で改善しましょう。
    • good
    • 0

まずは誰にも知られないので


こちらで相談されてはどうでしょうか。

お住いの市区町村の役所で「無料 心の相談室」があると思います。
電話で役所に問い合わせればわかりますし、場合によってはそのまま予約できますよ。
事前予約制で45分~1時間 相談ができます。
相談相手は心療内科医か精神科医です。勿論ですが対人恐怖症などの事にも詳しい医師です。
病院ではなく、役所内の個室で相談できますので心にゆとりが持てますし
プライバシーも完全に守られます。
相談すれば、治療的なものが必要かどうかがわかりますし
気持ちの持ちようや、「こう考えることはできない?」とか
いろいろと気づかされて、アドバイスもいただけますよ。
何より、治療が必要な場合は相談した相手の印象が良ければ
相手の病院を受診できることが出来ますからので初診時から
医師は質問者様の症状・状態を理解していますので
的確なアドバイスや必要ならお薬を出していただけますからね。
    • good
    • 0

精神科が出来ることは、あなたに何らかの


病名を付与して抗不安薬や抗うつ薬などを
処方することだけです。

それらが必要であれば、通ってみてはいかがでしょうか?
行けば診察してくれます。

しかし、投薬治療には副作用や依存性のリスクがあり、
就労にも影響が出ると思われるので、軽度という自覚が
あるのでしたら個人的には勧めません。


>現在はフリーターでゆくゆくは就職したいと思っています。
>私の場合は、何に対してもやる気が起きない。夜更かし、
浪費癖が治らない、対人恐怖症、などです。



詳しい事情がわからない上での回答なので
申し訳ないですが、社会参加が難しいと
お考えでしたらこういうスクールもあります。


http://masamills.com/


けっこう重症の引きこもりの方が立ち直って
働けるまでになったりしてます。

なのでけっこう荒療治だと思います。

しかし質問事項を克服するためにはここまでしなければ
ならないのかもしれません。

ご参考までに。
    • good
    • 0

会社によると思います

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qここ、教えてgooでも、僕以外の精神障害者はまともじゃないことがよくわかりました。 だから、精神病に

ここ、教えてgooでも、僕以外の精神障害者はまともじゃないことがよくわかりました。
だから、精神病になると治りにくいのですよね?
僕は治りましたが。

Aベストアンサー

精神病は、一生モンですよ。よく治りましたね。

Q寝れません本当に寝れません

寝れません本当に寝れません

Aベストアンサー

不眠の最大要因は、生体リズムの乱れとストレスです。
#3さんのおっしゃる基本を確認することが最優先と言えます。


間違っても、睡眠外来や心療内科などの薬に頼ろうなどとお考えになってはいけません。
ロヒプノールをはじめ、睡眠薬や抗不安薬でよく使われているベンゾジアゼピン系の薬には重大な副作用があることがわかっています。
下記にお示ししたのは、ロヒプノールの添付文書(製薬会社自身が作ったものです)に書かれている副作用のほんの一部です。
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170033_1124008F1032_3_02.pdf
※(2ページ)
・ロヒプノールを投与したラットの治験で奇形の子供が生まれた。
・ベンゾジアゼピン系の薬(ジアゼパム、クロルジアゼポキシド等)を服用していた妊婦(人間)から口唇裂、口蓋裂の赤ちゃんが複数人生まれている。
・妊婦がベンゾジアゼピン系の薬を服用することで、新生児に哺乳困難、嘔吐、活動低下、筋緊張低下、過緊張、嗜眠、傾眠、呼吸抑制・無呼吸、チアノーゼ、易刺激性、神経過敏、振戦、低体温、頻脈等を起こすことが報告されている。
新生児が仮死状態になることもある。

※(19ページ)
[ 重大な副作用 ]
1)依存性(頻度不明):連用により薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、用量及び使用期間に注意し慎重に投与すること。また、連用中における投与量の急激な減少ないし投与中止により、痙攣発作、せん妄、振戦、不眠、不安、幻覚、妄想等の離脱症状があらわれることがあるので、投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行うこと。

「依存性」が重大な副作用のトップに挙がっているのは、たとえば眠れるようになったから薬を止めたいと思っても、上記のような理由で止めるのが難しいからです。
長く服用するほど止めづらくなる。
イギリスでは一ヶ月以上の処方は禁じられているぐらいです。
こうした薬を平気で処方するのが現在の精神医療業界です。
お医者さんの言うことだから安心というのは幻想にすぎない。
睡眠薬の危険性については下記動画もご参考になるでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=6DUCaeitXvQ&t=0s&index=29&list=PLgrh0f6hTIciMFPc2bFBFdKs88DPyYKcN


ダメ元で、下記も試してみましょう。
布団に入った状態でもできます。
慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、心の中で唱えること自体にも催眠の効果があると感じています。

《自律訓練法》
まず、深呼吸をして気持ちを落ち着けリラックスした状態を作る。椅子に腰かけた状態でも仰向けで横になっても構いません。
コツは、「地球の引力を体に感じるほど身体の力を抜く」ということです。
最初は、右手→左手→右足→左足の順に意識を集中させてこれを行ってみてください。
同じ順で、今度は、それぞれの部位に温かさを感じるように意識を集中させる・・・。

・第1公式(四肢の重感):手足が重たい(と心の中で数回唱える)
手や足には重さがあるため、からだの余分な力が抜けていて、からだの微妙な感覚を意識できるようになると自然と重さを感じるようになる。(感じても感じなくても第二公式へ進む)

・第2公式(四肢の温感):手足が温かい(と心の中で数回唱える)
リラックスするほど手足の温度は上がっていく。また手足には温度があるため、十分にリラックスできると「温かさ」を自然に感じるようになる。(第一と第二ができるまでは第三には進まない)

・第3公式(心臓調整) :心臓が静かに打っている(と心の中で数回唱える)
リラックス状態では、心臓は静かに打っている。それをただそのままに感じることで、さらに深くリラックスしていく。

・第4公式(呼吸調整) :楽に呼吸している(と心の中で数回唱える)
リラックス状態では、楽に深い呼吸をしている。それをただそのままに感じることで、さらに深くリラックスしていく。

・第5公式(腹部温感) :お腹が温かい(と心の中で数回唱える)
リラックス状態では、腹部が温まってくる。それをただそのままに感じることで、さらに深くリラックスしていく。

・第6公式(額涼感) :額が心地よく涼しい(と心の中で数回唱える)
深くリラックスしていくと、手足や腹部が温まると同時に、額はさわやかな高原で涼しい風を受けているような感覚になっていく。こうした状態をそのままに感じることで、さらに深くリラックスしていく。

一公式につき3分~5分程度が目安。
できなくても終わりましょう。
慣れてくると、すべての公式を同時に体感するようになります。
唱える回数は、特にこだわらなくて構いません。
あまり神経質になり過ぎず、気楽にやってみてください。継続が何より大事です。
終わったら最後に消去動作を行って、気分をスッキリさせます。
・両手を強く握ったり、開いたりする
・両手を組んで大きく伸びをする
・首や肩をよく回す
・その他、からだをほぐして自己催眠状態からさめる。

【 今すぐやってみる 】
https://www.youtube.com/watch?v=LVL6fI5VglM

【 参考サイト 】
・Well Link
「自律訓練法をやってみよう」
https://welllink.co.jp/health_info/autonomy/autonomy03/

不眠の最大要因は、生体リズムの乱れとストレスです。
#3さんのおっしゃる基本を確認することが最優先と言えます。


間違っても、睡眠外来や心療内科などの薬に頼ろうなどとお考えになってはいけません。
ロヒプノールをはじめ、睡眠薬や抗不安薬でよく使われているベンゾジアゼピン系の薬には重大な副作用があることがわかっています。
下記にお示ししたのは、ロヒプノールの添付文書(製薬会社自身が作ったものです)に書かれている副作用のほんの一部です。
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/1...続きを読む

Q副作用があることを隠そうとするのは、なぜでしょうか?

うつ病かもしれないと悩んで質問される方に対して、精神科や心療内科、メンタルクリニックを受診するように、そして抗うつ薬などを処方してもらうよう回答する方がおられます。
その方のお考えで勧めるのでしょうから、それは別に構わないと思います。
個人の自由ですしね。

ただ、たとえば私のように、副作用があることを明示すると、それをムキになって非難・中傷する書き込みをなさいます。
わたしは製薬会社自身が認めている副作用を示しているだけなのですが、それを非難・中傷する方の心理がよく理解できません。
お分かりの方おられましたら教えていただけませんか?
サポートさんに一生懸命通報して断られたりしているようで、ほんとに必死のようです。
可哀想な気もするんですよね。
なんとか解決策を見出してあげたいという気持ちです。

Aベストアンサー

違いを許容できない。

理性的になって考えてみるという思慮が浅く、感情優位なのでは?

良いか悪いか、好きか嫌いかという浅い感情優位で、考えてみる時間を持たずに、先に主観を言う=自己アピールしてしまう。
感情的に言動する傾向がある。

でも、この薬に関してもそうですが、自分の経験が、良い悪いを決定していることが多いですね。

薬に関しては、副作用か症状の改善のどちらを重視するか、服用して副作用が出るか、出ないか、服用しないと分かることができない事です。

なってみないと分かることが出来ないもの。
未経験である故に、そのさだめを簡単に理解しない。
そうなる可能性がどれほどのものか、明確にされていないものに関して、傾向だとか、そういう可能性があるとか、目安が自分の中にないものは理解できない。
反面、経験した事なら当たり前に信じ、その可能性の割合がどうとか、客観的に見てどうだとか、一旦考えることをまたもや省く。

人間の脳の生理とか機能の優先順位に沿って言動するタイプなのだろうと思います。
トランプさんのようなタイプかもしれないですよね。

まず思慮する前に感情的自己アピールが先に立つ。
自分の情報を人に見せすぎて、結果的に失敗する。

ここでは薬ですが、意見やその言葉ではなく、人物に対して誹謗中傷してしまうが、意図的なら考えているけれど、気づいていないならレベル的にどうか。
思慮に値するかどうか、気にする方がアホらしいという結論には至ることもあります。

違いを許容できない。

理性的になって考えてみるという思慮が浅く、感情優位なのでは?

良いか悪いか、好きか嫌いかという浅い感情優位で、考えてみる時間を持たずに、先に主観を言う=自己アピールしてしまう。
感情的に言動する傾向がある。

でも、この薬に関してもそうですが、自分の経験が、良い悪いを決定していることが多いですね。

薬に関しては、副作用か症状の改善のどちらを重視するか、服用して副作用が出るか、出ないか、服用しないと分かることができない事です。

なってみないと分かることが出...続きを読む

Qうつ病って治らない病気ですよね?

うつ病って治らない病気ですよね?

Aベストアンサー


うつ病の主因はストレスと言われています。
ストレスが人体に与える影響は極めて大きく、下記のようなメカニズムでうつが発症すると考えて良いと思います。

【 メカニズム 】
ストレスを最初に感知するのは恐怖や不安に関与する扁桃体で、脳側頭葉に左右対で備わっている。
扁桃体がストレスを感知すると間脳にある視床下部に信号が送られ、ここから副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)が分泌される。
CRHにより脳下垂体前葉からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)分泌が促進される。
ACTHは副腎皮質を刺激し、コルチゾール(抗ストレスホルモン)などの分泌を促進する。
これがストレスに対処するためのメカニズム、ストレス反応です。しかし、ストレスが強すぎたり慢性的だったりすると、一連のこうしたストレス反応が中止できなくなる。
コルチゾールが分泌され続け、結果的に枯渇状態に陥ってしまうわけです。副腎が疲弊してストレスに対抗できなくなり、副腎が制御している血糖値・血圧・免疫系などにも異常をきたすようになる。
これがストレスを深刻化させる副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)と呼ばれるもの。
また、コルチゾールの過剰分泌が脳内のセロトニン分泌を抑制するとともに、記憶や情動を司る海馬の神経細胞(樹状突起)を減少させることもわかってきている。セロトニンの減少と海馬の損傷・委縮によって、うつ病の原因になったり、認知機能の障害をもたらします。ただ、この海馬の萎縮は可逆的であるとされている。

ところで、ストレス反応によって分泌される抗ストレスホルモンは、ストレスという異常事態に対処すべく分泌されるわけで、本来は生体の防衛反応と言えるものです。
コルチゾールだけでなく、アドレナリン、ノルアドレナリンなども抗ストレスホルモンとして分泌される。
アドレナリンは自律神経の交感神経に作用し、心臓の心拍数を上げたり血管を収縮させる(神経で血管を締めつける)ことで血圧を上げたり、血小板に作用し血液を固まりやすくする。また、呼吸数増加、筋収縮力増大、血糖値増加なども促進します。
原始の時代には、野生動物などに対する(狩り・脅威といった)緊急事態に際し、闘争、逃走のどちらにも有効な反応で、緊急事態が去れば、こうしたストレス反応は収束していました。
しかし、現代人は慢性的なストレスにさらされ続けており、強い負荷を伴うストレッサーの出現や繰り返しのストレスなどによって閾値を超えてしまう危険性と常に隣り合わせの状態にあると言えるでしょう。


【対処法】
こうしたことから、ストレスを排除、あるいは軽減することで、うつから脱することができると考えて良いのではと思います。
同じストレッサーからの刺激を受けても、人によってストレスになったりならなかったりします。
まず体質(遺伝)が要因のひとつ。
また、幼少時の生育環境で過度な不遇状態を経験していると耐性が弱くなるとされています。
不規則な生活習慣を持っている人も一般的に耐性が弱い。
しかし、なんと言っても、物事を論理的に解釈・判断できなければ無用の悩みや苦悩を抱え込んでしまうので、論理的思考ができないと耐性が弱くなる傾向が強いということは言えるように思います。
ストレス対処の基本は回避・休養・論理です。
可能な範囲でストレッサーを避け、ストレスを受けてしまった場合には積極的に休養をとり、論理的に対処しましょう。

体質(遺伝)は変えようがないと思われがちですが、「自立訓練法」や「マインドフルネス」といった手法によって、それ相応の効果が実証されています。
生育環境が要因の場合は、「精神分析療法・精神分析的心理療法」などが有効になる場合も多いでしょう。
不規則な生活習慣は、「食事管理」や「睡眠管理」に留意が必要になります。
論理的対処に関しては、「認知療法・認知行動療法」などが有効でしょう。
他にも対人関係療法など色々ありますが、元を言えば、すべて認知療法の考え方に根差していると言って良いと思います。
ストレスを自覚的に制御するという意味でコーピングという手法も効果的です。

【 参考サイト 】
ウィキペディア(Wikipedia)
「ストレス (生体)」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9_(%E7%94%9F%E4%BD%93)


【認知療法・認知行動療法】
が最善の解決策だと個人的には考えています。
ストレスとなっているものを冷静に分析し、論理的に解決策、あるいは改善策を探ってみましょう。
具体的な要因が見つけづらければ、下記のストレスチェックを行って参考になさってください。点数表示させることができます。あくまで参考ですが。
http://www.nhk.or.jp/special/stress/01.html#check
(参考サイト)
・認知行動療法センター
http://cbt.ncnp.go.jp/guidance/about
・認知行動療法センター eラーニング
https://cbtt.jp/videolist/crtmanytypeofjob/20141_2
・日本臨床心理士会
http://www.jsccp.jp/near/interview9.php
・東京認知行動療法センター
https://tokyo-cbt-center.com/
・認知日本認知・行動療法学会
http://jabt.umin.ne.jp/index3.html
・厚労省「患者さん用」
https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/04.pdf
・厚労省「治療者用マニュアル 」
https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/01.pdf


【薬物療法】は、自殺の危険性があったり、動くことすらままならず、自立した社会生活が営めないほど弱っているなど、生命の危機が迫っているような緊急事態の場合にのみ、カンフル剤的に利用されるべきものです。

抗うつ薬(SSRI など)はセロトニンを増やすことで元気を出させる薬とされています。
ただ、実際には、脳の神経細胞にあるトランスポーターという膜たんぱく質の働きを阻害する形で作用します。
つまり、神経細胞の一部を変質させることで元気を出させる、という仕組みです。
ところが、神経細胞のそうした変質が脳全体にどのような影響を及ぼすのかはほとんどわかっていません。
化学的には服用後すぐに効果が出てもよいのですが、通常はひと月前後を要します。
この間、どんな作用が脳内で発生しているのかは未だ研究段階であり、明らかになっていないのです。
最近では、海馬の神経再生に関与しているのではないかという説も出ていますが、研究段階にすぎない。
つまり、どんな副作用が発現するかは、精神科医にもわかっていない。
抗うつ薬の双璧とも言えるパキシルやサインバルタでは、それぞれ1000人に3人、2人という自殺関連の副作用が臨床試験で確認されている。
そうした状況で、神経細胞の一部を変質するのですから、これだけでも十分に危険なものであることがお分かりになると思います。
精神薬全般の危険性については下記動画が詳しいです。

断薬という選択肢もあります。
下記のように、専門にしている医院もあるぐらいですが、断薬・減薬に詳しい精神科医もいるでしょう。
主治医と相談してみるのも一法かと。一人で断薬するのは危険です。
・Tokyo DDC<drug-deprivation-clinic>
http://tokyo-dd-clinic.com/
・ナチュラルクリニック代々木
http://www.citydo.com/prf/tokyo/guide/sg/t000174628-top.html?c=0401018
はるの・こころみクリニック
http://www.nozaki-clinic.or.jp/jigyousyo/haruno/

https://www.youtube.com/watch?v=nOG4ynmjRFo&list=FLsTR5Y4qteCIGGfOq4O5A2w&index=4&t=40s


うつ病の主因はストレスと言われています。
ストレスが人体に与える影響は極めて大きく、下記のようなメカニズムでうつが発症すると考えて良いと思います。

【 メカニズム 】
ストレスを最初に感知するのは恐怖や不安に関与する扁桃体で、脳側頭葉に左右対で備わっている。
扁桃体がストレスを感知すると間脳にある視床下部に信号が送られ、ここから副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)が分泌される。
CRHにより脳下垂体前葉からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)分泌が促進される。
ACTHは副腎皮質を刺激し、コ...続きを読む

Q心療、精神に詳しい方にお伺いしたいしたいです。 私は2年間精神科に通院しています。 診断結果は社会不

心療、精神に詳しい方にお伺いしたいしたいです。

私は2年間精神科に通院しています。
診断結果は社会不安障害でした。
でも、最近とても辛くて社会不安障害だけではないのかと思い始めてきました。
社会不安障害についてはたくさん調べました。
それとは違い、最近は日によって元気なにもあればそうでない日もあります。
元気な時は洗濯物や家事を少しだけします。
ダメな日はお布団から一歩もでません。
焦って不安で過食もしてしまいます。
親しい人に「どうして私はこうならなければならないの。消えたい。」と言ってしまうように荒れた日もありす。
でも、今は過食もせず、荒れたりもせず、穏やかになっています。(外には出られません。)
久々にあった友だちに前にあった時より悪くなっているように見えると言われてしまい、悩んでいます。

これも社会不安障害の症状なのでしょうか?
違う気がするのですが、、
病院に行くまで時間があり、気になるので質問しました。
睡眠薬を処方していただいているので夜はねむれるのですが、時間がかかります。

Aベストアンサー

社会不安障害はうつ病を併発しやすい病気の一つですから、症状の変化を詳しく記録しておき、次回の診察時に主治医に必ず伝えられるようにしておいてください。

ただ、うつ病を併発したとしても、治療方法はほとんど変わりません。

変わるとしたら、社会不安障害に使われやすいSSRIの抗うつ薬から、うつ病に使われやすいSNRIの抗うつ薬に変更することくらいです。

Qみなさんは思い出したくない事を忘れようと思うときどうやって忘れますか?

みなさんは思い出したくない事を忘れようと思うときどうやって忘れますか?

Aベストアンサー

僕も昔の嫌な思い出が頭を支配して離れないことがあります。理屈で忘れよう、別のことを思い浮かべようとしても、できません。できないからこそ頭を支配されるのです。

そういう時は自転車で遠征します。自転車に乗っていると、注意を周囲に向けざるを得ないので、頭の中が空っぽになります。また、遠くに行こうと思うと、目的地に行くことだけに集中するので、さらに頭が空っぽになります。それに体を動かすと、夜にしっかり眠れるので、心身が健康になります。

Q心療内科に行きたい

私は中学生の時に自傷行為と自殺未遂をしました。
母は泣いて、私はもうしないと誓いました。
三年くらい、我慢していたのに、またやってしまいました。どうしたらいいかもうわからないです。何度ももう大丈夫だと思っても、また、死にたくなってしまう。リストカットもやってしまった。やらないって決めたのに。なのに、なのにして、しまって。
それで、このままじゃ、きっとダメだと思います。
心療内科を母に何度か進められてはいたのですが、断り続けてきました。私は逃げるためにリストカットもして、自殺未遂もしたんです。だから病院になんか行けないって思う気持ちもあります。
私は普通に笑えます、元気ですし、ご飯もちゃんと食べてます。
でも、たまに吐いちゃうんです。食べたもの。自分を傷つけないと感情が抑えられないんです。今までは自分を噛んだりしてました。切るということはしてなかったです。
この程度でも病院に行っていいんでしょうか。
普通に元気ですし。ちゃんと頑張ろうと思えば頑張れます。
行きたいって言ってもいいのか、すごく不安になります。自傷行為をしてしまったこと言った方がいいのか迷います。約束を破ってしまったから伝えるべきなのではとも思います。悲しませるだけでしょうし。どうせ傷だらけなんだから、一つ二つ増えたところで傷が治ったら大差ないだろうなという思いもあります。
病院に行ってもいいのでしょうか。どうしたらいいのでしょう?どうしたら大丈夫になりますか?

私は中学生の時に自傷行為と自殺未遂をしました。
母は泣いて、私はもうしないと誓いました。
三年くらい、我慢していたのに、またやってしまいました。どうしたらいいかもうわからないです。何度ももう大丈夫だと思っても、また、死にたくなってしまう。リストカットもやってしまった。やらないって決めたのに。なのに、なのにして、しまって。
それで、このままじゃ、きっとダメだと思います。
心療内科を母に何度か進められてはいたのですが、断り続けてきました。私は逃げるためにリストカットもして、自...続きを読む

Aベストアンサー

#11です。

>全部話さないとダメなのですね。

精神科や心療内科で薬を処方しないことはあり得ません。
間違った薬を処方されてしまう危険性を回避するためには必要でしょうね。
病院に行くにしても、カウンセリングを受けるにしても必要になると思います。
たったひとつ言わなくて済む方法としては、自分自身で合理的な思考ができるようになる必要がありますが、これはかなり難しいでしょう。

色々、新しい情報を教えてくださり感謝します。
原因らしきものは、把握なさっているようですね。
ただ、あなたがひとつ勘違いなさっていることがあります。
犯罪を行なうにも、必ず、そこには理由・原因がある、という点です。

おぎゃあと生まれてきた赤ちゃんが、何の影響も受けていないのに犯罪に走ることはありません。
遺伝・生育環境をはじめ、色々な人との触れあい、付き合い、環境から受ける様々な刺激によって犯罪の下地は醸成されます。
つまり、はっきり申し上げると犯罪は、あなただけの責任ではないのです。
むろん、犯罪と名がついているのであれば、法律的にはあなたの責任になるでしょう。
しかし、そうした犯罪を行ってしまうような精神状態になったのは、あなたの責任ではないという点が極めて重要です。
あなたは、周囲の環境からのプレッシャーに弱い体質だったというだけのことなのです。
体質や性格が弱いといって、人を責めることはできますか?
合理的ですか?
違いますよね?
あなたを慰めるために言っているわけではありません。
わたしは、ただ真実を言っているだけです。
そして、真実を知ることが、まさに正しい認識、合理的・論理的な認識につながる。
真実や正しい認識は、脳の負担にならないので気持ちが楽になるのです。

あなたは今、「不合理な思い込み」に陥っています。
専門用語ではイラショナルビリーフと呼ばれているもので、これは、あらゆる精神疾患の最大要因と言えます。
これがストレスを作り出していると言っても過言でありません。
わたしがあなたのことを知らないから、そんなことを言うのだ、とあなたは思うかもしれませんが、それは違います。
たしかに詳しいことは知りませんが、人間というのは、どんなことでもできる存在です。
どんなことでも私は驚きません。
精神科の医師やカウンセラーなら、なおさらでしょう。
あらゆる人間を見てきているはずです。

いずれにせよ、貴女の場合も、あなた自身が否定される理由は、まったく無いということなのです。
まず、こうした当然のことをしっかりと認識できるかどうか、という点が極めて重要になります。
そこまであなたを追い詰めた理由になる、何らかのストレスがあったはずです。
そして、繰り返しになりますが、それはあなたの責任ではありません。
それを排除するか、または、それに対する考え方、つまり認知の仕方を変えることで、ストレスはストレスでなくなることが非常に多いです。
これが、#12さんもおっしゃっているところの認知行動療法、あるいは認知療法の目的です。
場合によっては、精神分析的心理療法という手法が効果を挙げることもあるでしょう。
ストレスが解消される、あるいはストレスに対する考え方、認知の仕方が改善されれば、死にたいという気持ちは、おそらく解消、あるいは軽減されると思います。

詳しい状況がわからないので確定的なことは申し上げられませんが、どうするかは、あなたが決めるしかありません。
理想を言えば、#12さんのおっしゃるように、カウンセリングを受けることです。
そして、正しい認知ができるようになるための助言をしてもらう。
しかし、死にたいという気持ちが強くなりすぎる前には、薬の助けが必要になるかもしれない。
先に申し上げた通り、わたしは基本的に精神科での薬物療法には反対の立場です。
理由はすでに申し上げましたが、副作用による悪影響の危険性が大きすぎるからです。
しかし、たとえ後で危険になっても、とりあえず目の前の危険を防ぐことが必要な場合もあります。
あなたがどの段階なのかは、ネット越しではわかりません。
公的機関に相談すれば、おそらく病院を勧められる可能性が高いと思います。
ただ、精神科の薬で治癒することはありませんので、その点だけは覚えておく必要があります。
抗うつ薬は、あくまで不安な気持ちを一時的に隠す効能があるだけです。
不安の原因を取り去ってくれるわけではないので、その原因になっていることを解決するか、または、認知の仕方を変えるかしないと、根本的な解決には至らない、ということです。

#11です。

>全部話さないとダメなのですね。

精神科や心療内科で薬を処方しないことはあり得ません。
間違った薬を処方されてしまう危険性を回避するためには必要でしょうね。
病院に行くにしても、カウンセリングを受けるにしても必要になると思います。
たったひとつ言わなくて済む方法としては、自分自身で合理的な思考ができるようになる必要がありますが、これはかなり難しいでしょう。

色々、新しい情報を教えてくださり感謝します。
原因らしきものは、把握なさっているようですね。
ただ、あなた...続きを読む

Q家族が発達障害っぽいんですが、本人を説得して病院に連れて行く方法 何かありますか?あきらかに本人の思

家族が発達障害っぽいんですが、本人を説得して病院に連れて行く方法

何かありますか?あきらかに本人の思い込みと騙されやすさで生活に支障が出てます。

注意すれば泣いて1日うずくまるし、人の意見を聞き入れようとしません。

知能と社会性はそんなに問題ないようですが、あまりにこだわりが強すぎるので

自閉症?ではないかと。

でも本人はけして認めません。このような場合、どう医療に繋げていけばいいですか?

Aベストアンサー

医者です。NO3の話、私もよくわかりません。専門外だからでしょうか?
NO4の話もっともです。診断がついたところで、何か治療があるのか?私の同級生(医者)の娘さんが、アスペルガーでしたが、パパの後をついで
医者になりました。
発達障害の理解やセーフティネットが遅れているというより、やりようがない。
薬や手術で良くなるわけでなく、金をかけなければ死んでしまう寝たきり老人が世の中にあふれているので、すぐに死にそうもない若者にかけるお金がない。さらに言えば、すぐに死にそうもない若者でも、デリケートだから、傷ついたから、心を病んでいるから、働けない。だから生活保護してくれという人たちがまた腐るほどいる。
その中で、働いている彼は立派だと思うし、給料の遅延滞納の所ばかりで働くのは、そういったところしか職場がないことを彼が分かっているからではないですか。
つまるところ、彼が自閉症スペクトラムだとしても、病院に受診して大きく状況が変わるわけでない。行政は、曲がりなりにも働いて給料をもらえる人を保護する余裕がない。理解がないからではなく、もっとダメな人がいっぱいいるから。
彼にとってもっといい職場があると思うのならば、彼のご家族と相談して、見つけてあげるしかないと思います。

医者です。NO3の話、私もよくわかりません。専門外だからでしょうか?
NO4の話もっともです。診断がついたところで、何か治療があるのか?私の同級生(医者)の娘さんが、アスペルガーでしたが、パパの後をついで
医者になりました。
発達障害の理解やセーフティネットが遅れているというより、やりようがない。
薬や手術で良くなるわけでなく、金をかけなければ死んでしまう寝たきり老人が世の中にあふれているので、すぐに死にそうもない若者にかけるお金がない。さらに言えば、すぐに死にそうもない若者でも、デ...続きを読む

Q私は死んだほうがいいのでしょうか? 生きてるのが辛くなりました。

私は死んだほうがいいのでしょうか?
生きてるのが辛くなりました。

Aベストアンサー

とにかく寝なさい。
寝てる間は辛いこととか感じないから。
寝たいぐらい疲れてるから死にたいと思うのだよ。

Q精神科を受診するべきか

清掃業をしています。25歳男性です。
1年半程前に、私が働いている現場に責任者として、47歳の男性が配属されて来ました。
その男性から、ストレスによる八つ当たりを受けました。他の従業員は責任者より年上で私だけ年下でした。
ほぼ毎日、身に覚えのない事で怒られたので、上司に相談し、上司から責任者に注意が行ったのですが、
後日、責任者から
なんで上司に言ったんだ!?
と怒られました。そのあともほぼ毎日怒られました。
精神的に辛くなり、夜眠れなくなりました
以前までは深夜1時には眠れたのですが、
明るくなってやっと眠気が来るようになり、
睡眠時間も1時間取れると良い方になりました。
酷い時は、一睡も出来ないまま、出勤した事もあります。
休みの日はずっとベッドで横になってる事が多くなりました。
休みの日は眠れるのですが、起きてもスッキリせず、逆に疲れが溜まっている感じがして、1日中寝ていても、疲れが取れません

その責任者は半年前に、いきなりの無断欠勤、音信不通となり、そのまま仕事を辞めたので、現在は居ませんが、私の症状は治っていません。
私が精神的に弱いだけかもしれませんが、
精神科に行ったほうが良いでしょうか?

清掃業をしています。25歳男性です。
1年半程前に、私が働いている現場に責任者として、47歳の男性が配属されて来ました。
その男性から、ストレスによる八つ当たりを受けました。他の従業員は責任者より年上で私だけ年下でした。
ほぼ毎日、身に覚えのない事で怒られたので、上司に相談し、上司から責任者に注意が行ったのですが、
後日、責任者から
なんで上司に言ったんだ!?
と怒られました。そのあともほぼ毎日怒られました。
精神的に辛くなり、夜眠れなくなりました
以前までは深夜1時には眠れた...続きを読む

Aベストアンサー

その責任者は頭のおかしい人だったのでしょう。社会にはそういう人が一定数います。僕は「毒人間」と呼んでいます。毒人間に遭遇したことは、運が悪かったと思うしかありません。

今のあなたは体内時計が不調なのでしょう。不眠のきっかけはその責任者でしょうけど、その後の睡眠障害のせいで体内時計が狂ったと思います。まずは、体内時計を直しましょう。

ただし、現在の不眠がとても酷くて、日中の活動に支障が出ているなら、睡眠薬に頼るのも手です。まずはぐっすり眠って元気を取り戻してください。体内時計を直すのはそれからにしましょう。ただし、医師に処方してもらうのは睡眠薬だけにしましょう。それだけで十分です。

体内時計を直すには、以下の事項を守ってください。寝付けない時にその場でどうにかできるような即効性のあることはありません。睡眠は事前準備が大事です。準備は朝から始まります。

(1)朝日を浴びる。
(2)朝食でタンパク質を摂る。
(3)晩御飯は早めに摂るか、少なめにする。
(4)テレビやスマホは就寝の1~2時間前に消す。
(5)散歩する。
(6)就寝前に風呂に入る。
(7)クラシック音楽を流す(+耳栓)。
(8)体内時計が直るまで日数がかかると覚悟する。

●詳細
(1)睡眠を司る体内分泌物メラトニンは、光を浴びると分泌が止まり、それから約15時間後にまた分泌され始めます。とは言っても、就寝時刻のきっちり15時間前に浴びなくてもいいです。それより前に浴びることで、就寝時刻に向けてじょじょに眠くなります。また、このことから分かるように、夜に強い光を浴びる(見る)とメラトニン分泌が不十分になる上に、体内時計が狂います。
(2)タンパク質は、昼にセロトニンに、夜にメラトニンに変換されます。きな粉入り牛乳が手軽です。さらに青汁粉末を入れると尚良いです。青汁には様々な栄養素が含まれています。しっかりした食事を用意できるなら、卵を食べましょう。また、ごはん食なら納豆がいいです。パン食ならチーズがいいです。
(3)内臓が消化の真っ最中だと、睡眠の質が悪化します。
(4)視神経を使いすぎると、脳が興奮して睡眠の質が悪化します。特にしっかり眠れるようになるまでは、テレビやスマホを就寝の3時間前までにやめましょう。何をして過ごせばいいか分からない人は、ラジオか落語を聞きましょう。ラジオ番組のデータはネットでいくらでも入手できるので、探してみましょう。落語は図書館でCDを借りましょう。
(5)長時間座っていたり目と脳を使うと、体が硬くなります。そうすると緊張が解けません。散歩することで全身がほぐれて、心身がリラックスします。
(6)暑い時期なら、水風呂に浸かるか水のシャワーを浴びましょう。寒い時期なら、体の芯まで温めましょう。
(7)小さな物音が気になってイライラするなら、クラシック音楽を流すことを勧めます。音楽は交響曲でなく、楽器の少ない曲がいいです。例えば室内楽、協奏曲、独奏曲です。個人的にはチェロがお薦めです。図書館でオムニバス・アルバムを借りましょう。日中に行なうのもお勧めです。音楽に加えて耳栓をすると効果的です。耳栓は商品によって遮音性が大きく異なるので、色々試しましょう。
(8)体内時計は毎日少しずつしか調節できません。睡眠が改善するまで1週間で直る人もいれば、1ヶ月以上かかる人もいます。気長に構えましょう。焦っても仕方ないです。

その責任者は頭のおかしい人だったのでしょう。社会にはそういう人が一定数います。僕は「毒人間」と呼んでいます。毒人間に遭遇したことは、運が悪かったと思うしかありません。

今のあなたは体内時計が不調なのでしょう。不眠のきっかけはその責任者でしょうけど、その後の睡眠障害のせいで体内時計が狂ったと思います。まずは、体内時計を直しましょう。

ただし、現在の不眠がとても酷くて、日中の活動に支障が出ているなら、睡眠薬に頼るのも手です。まずはぐっすり眠って元気を取り戻してください。体内時...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング