今どうしても種類を知りたいコウモリがいます。大阪に生息しているコウモリで体の大きさは5cmくらいのコウモリなんですが夕方になるとよく民家の付近を飛び回っています。
このコウモリはなんと言う名称のコウモリなんでしょうか?
また、主に何を食べて生きているかも教えて下さい。
このコウモリは病原菌を媒介していますか? 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 市内ですと、アブラコウモリの可能性が高いです。

食べ物は、蚊などの昆虫です。野生動物ですので、病原菌を媒介する可能性はありますが、はっきりしていません。
http://www.nara-edu.ac.jp/~inoue/sizen/ippan/dou …
 また、北摂にはキクガシラコウモリがいます。
http://www.neverland.to/~obsg/

 コウモリの生態については、下のBBSが詳しいです。

参考URL:http://www.nara-edu.ac.jp/~inoue/sizen/bat/keizi …
    • good
    • 0

イエコウモリ(別名アブラコウモリ)です。


動物である以上、何らかの病原菌を媒介する可能性はあります。
このコウモリには、コウモリマルヒメダニ等が寄生し、
そのダニは人間にも寄生することがあります。
天井裏にずっと住んでいるというような話だと、
もしかしたら人間にも害があるかもしれません。
しかし、あったとしても湿疹やアレルギーくらいです。

日本のコウモリは、人間と接触しないし、
人間が生活する場所をうろうろすることもありません。
そのため、ネズミやゴキブリ、ナメクジのように、
媒介する病原菌で特に注意すべきものは知られていません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンクリート水路と蛍の生息環境

 一般的には、コンクリート水路は水生動植物にとっては住みにくいもので、それを否定するつもりは全くないのですが、ある学芸員から「蛍の幼虫のエサになるカワニナはカルシウム分が豊富にある環境の方が良く育つので、土水路よりもカルシウム分が溶出してくるコンクリート水路に多少泥が溜まっている程度の環境の方が良いという研究報告がある。したがって、コンクリート水路は蛍の幼虫にとってはそれほど住みにくい環境ではない。コンクリート水路で蛍が育たないと思われているのは、コンクリート水路だと成虫になるとき壁面を上れないからで、水路の壁面構造が蛍の生息環境を脅かしている主な原因だ。」と聞いたことがあります。環境問題に非常に詳しい学芸員の方なので、この発言は正直言って意外だと思いましたが、根拠があって話されていると思うのですが、そのような研究報告を知っている方いたら教えてください。また、実際にコンクリート水路周辺で蛍の大群が見られるといった情報や、壁面を幼虫がはい上がれる工夫がされているような水路の施工事例があったら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは
学芸員の方の主張なのでそれなりの根拠があるものと思いますが、
コンクリート水路にカルシウムが溶出しカワニナの成長を助けると言うのはどうでしょうか。例えば防波堤などは施工して二年位して初めて藻類が活着し、色々な生物が住むようになる・・・と聞いたことがあります。これは最初はセメントのアク(アルカリ分)が溶出しやすいためです。
コンクリートからカルシュウムが供給されるのは、ほんの初期だけだと思います。
環境の分野の論文では、「コンクリート製の水路は環境が単調で自然水路と比べて生息環境が劣る」と言うのが一般的です。
カワニナは色々な所で生息が可能でしょうが、蛍の幼虫は環境としてはあまり良いとは思えませんね。
現実的には、強度面や維持管理を考えるとどうしてもコンクリートに依存せざるを得ません。
過去のコンクリート製水路だと、U字溝や三面張り水路を思い浮かべがちですが、最近環境復元技術が非常に向上してきました。
多くの会社で多自然型護岸製品が開発され、「蛍ブロック」等の商品名で販売され、施工されています。
一例として以下に販売会社のURLを紹介します。
http://www.shinwa-concrete.co.jp/top.html
施工事例は以下のURLです。

参考URL:http://www.coara.or.jp/~mieko/990217riverpark/990217riverparkj.htm

こんばんは
学芸員の方の主張なのでそれなりの根拠があるものと思いますが、
コンクリート水路にカルシウムが溶出しカワニナの成長を助けると言うのはどうでしょうか。例えば防波堤などは施工して二年位して初めて藻類が活着し、色々な生物が住むようになる・・・と聞いたことがあります。これは最初はセメントのアク(アルカリ分)が溶出しやすいためです。
コンクリートからカルシュウムが供給されるのは、ほんの初期だけだと思います。
環境の分野の論文では、「コンクリート製の水路は環境が単調で自然水...続きを読む

Qコウモリに悩まされて・・・

私は、福岡県在住の者です。冬以外の春、夏、秋とコウモリの糞尿に困ってます.
現場は車庫です。愛車の色は白なんですが、ピーク時にはチョコチップアイスになるほどブツブツです。(現在車庫のシャッターは閉じられない状態)
市内の動物園や、鳥類センターなどに問い合わせたのですが、これといった回答がもらえませんでした。夜行性の動物のため夜間は電灯を点けたままにしてみたり、
タンスの防虫剤を吊るしてみたりといろいろやってみたのですが効果なしです。
シャッターを閉じるしか方法はないのでしょうか?
コウモリを寄せ付けないよい方法をご存知の方教えて下さい!

Aベストアンサー

撃退器があるようです。下記URL参照。

参考URL:http://www.alal.co.jp/Bird/index.html

Q松の生息

いろんな海辺を散歩してふと疑問に思ったのですが、
海辺でよく松が生息してるのはどうしてでしょうか?

Aベストアンサー

マツならなんでもというわけではないのです。
クロマツなら育つのです。
塩水や塩が葉につくと、普通の植物は枯れます。クロマツは、塩害に強い植物です。クロマツの葉は細いので強い風に逆らわず、葉に乗った砂を落とすことができるので生育できるのです。
また、クロマツが海岸に自然と生えたのではなく、台風・暴風目的で人間が人工的に植えたのです。

参考URL:http://www.ffpri-skk.affrc.go.jp/matu/qmatu_kaigan.html

Q野山に生息する野生動物の死骸が見あたらない、なぜ?

市街地にも雀やカラスが沢山いますが、市街地ではその死骸を見かけることが有りません。
自動車事故とか人為的な場合は別ですが...

野山でもまず見かけることはありません。
長年山歩きをしているのですが見たことがありません。

小学生の子供に問われて考え込んでしまいました。
私も全く同感です。

小鳥や獣の自然死の死骸はどうなっているのでしょう。
童話的なお答えではなく、科学的、物理的な回答を希望します。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

野生生物が死ぬと、その肉体も消滅するというのが、
UFO・超能力研究家の矢追さんの説です。

まあそれはともかくとして、
人間が病気で死ぬときのことを考えるとわかりますが、
死ぬ前の段階として「死にそうに弱る」という時期があります。
気息奄々。立つこともあたわず。オカユしかのどを通らない。
そういう動物は自然界では生きていけません。すぐ補食されます。
魚についての研究で、「魚には老衰死はほとんど無く、
その前に補食される」というのを読んだ覚えがあります。
おそらく鳥や獣も同じだと思います。

Q馬糞ウニの生息域

 美味食材としての馬糞ウニは北海道が有名ですが、その生息域(南限)はどのあたりでしょうか?
 また、愛知・三重・和歌山などの太平洋岸に生息するウニの種類について教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは
バフンウニは全国的に分布しているようです。
和歌山(中紀)で捕まえたことがあります。
北海道でとれるのはエゾバフンウニですがバフンウニは全国区
北海道でもバフンウニが増えているようです。(地球温暖化の影響でしょうか?)
違いについてのレポートは
http://www.fishexp.pref.hokkaido.jp/shikenima/151to200/1840.htm
和歌山に生息するウニ類
以下のURLを参考にして下さい。
http://www.osaka-c.ed.jp/ibaraki/seibutu/anim3.htm

参考URL:http://www6.ocn.ne.jp/~kmitoh2/zaturoku2/uni/seikei1/seikei1.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報