専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

代理商の媒介代理と仲立の区別について

代理商とは、「商人または会社のためにその平常の営業の部類に属する取引の代理又は媒介をする者で、その商人または会社の使用人でないもの(商法27条、会社法16条)」であり、このうち媒介をする場合の代理商を媒介代理商と呼ばれると思います。
仲立人とは、「他人間の商行為の媒介を為すを業とする者(商法543条)」とあります。
媒介代理商も仲立人も、その行為はどちらも「仲立ち(商法502条11号)」に当たることと思います。
しかし、どちらに分類されるかで受ける規制が違ってきます(例えば競業避止義務など)。
では、どちらに分類されるかはどうやって決まるのでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

>代理商が「特定の商人の営業を継続的に補助する」ということは、条文上の「平常の」という文言から導かれているのでしょうか?



 「平常の営業の部類に属する取引」というのは本人にとって、単発的、偶発的な取引ではなく、いわば、反復的、必然的な取引ということです。そのような取引の代理又は媒介を代理商に委託するのというのは、代理商に反復的、継続的に代理又は媒介を行ってもらうためにするはずです。ですから、本人と代理商との間に継続的関係があるのが通常の姿でしょう。

>つまり、条文をわかりやすく並べ替えると、「商人のために、その営業の部類に属する取引の代理又は媒介を平常的に行っている者」といった理解でよろしいのですか?

 「(特定の)商人のために、平常、その営業の部類に属する取引の代理又は媒介を行っている者」としたほうがよいと思います。あくまで、代理商にとってではなく、本人にとって、代理又は媒介される取引が平常のものだからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきどうもありがとうございました。
おかげさまで理解が進みました。

お礼日時:2010/07/09 08:07

 代理商は、「特定」(不特定ではないという意味であって、一人の商人しか駄目という意味ではありません。

)の商人(本人)のために、本人の営業を補助する立場にありますから、本人と継続的な関係を持つことになります。それゆえ、代理商には競業避止義務が課されています。
 例えば、損害保険代理店は、通常、特定の損害保険会社のために保険契約締結の代理又は媒介をしますから、代理商になります。

 一方、仲立人というのは、単に他人間の商行為の媒介をするとなっていますので、特定の商人の営業を継続的に補助するという関係が前提にありませんので、仲立人には競業避止義務は課されていません。
 例えば、旅行代理店は、通常、不特定のホテルや旅館業者と旅行客との宿泊契約の媒介をしますから、仲立人といえるでしょう。
 
 もっとも、仲立人が特定の商人から媒介の委託を受けたような場合、媒介代理商と類似しますから、実際のケースでどちらに分類されるか判断するのは難しい場合はあると思います。 

この回答への補足

代理商が「特定の商人の営業を継続的に補助する」ということは、条文上の「平常の」という文言から導かれているのでしょうか?
つまり、条文をわかりやすく並べ替えると、「商人のために、その営業の部類に属する取引の代理又は媒介を平常的に行っている者」といった理解でよろしいのですか?

補足日時:2010/07/06 09:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきどうもありがとうございました。

お礼日時:2010/07/05 09:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q代理商と仲立人の違い

このふたつの違いがあまりわかりません・・・。
参考書なんかを読んでもあまり理解できません。

損害保険代理店なんかが代理商にあたるみたいですが、

損害保険代理店は仲立人とも言えるような感じがするんですよ・・・。
保険代理店って仲立してませんか?

あ!もしかして、
「自分も契約当事者となる」のが代理商で
「自分は契約当事者にならない」のが仲立人ですか!?

ここですかね!?違いは!!

よろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

代理商と仲立人との違いは、継続的に特定の商人のために補助をするか否かです。
代理商は特定の商人の補助をしますが、仲立人は不特定多数の商人の補助をします。
例えば、代理商は保険代理店、仲立人は旅行会社や不動産会社、結婚の仲介会社などが該当します。

>「自分も契約当事者となる」のが代理商で「自分は契約当事者にならない」のが仲立人ですか!?
代理商はさらに締約代理商と媒介代理商とに分類されます。
前者は自らも契約当時者になれますが、後者はなれないという違いがあります。
ですので、権限という観点からみれば、媒介代理商≒仲立人だと言えます。

Q詳しい方:媒介代理店も競業避止義務ある?

代理商は、締約代理商又は媒介代理商の2つに区別されます。

締約代理商が独占権を持つ場合は、競業避止義務は会社法で課せられると思います。
しかし、媒介代理商が独占権を持つ場合も、競業避止義務は媒介代理商に課せられるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>「独占権」とは、「独占性」のことでして、当方が日本における唯一(Sole)の排他的「Exclusive」代理店になるということです。

 「独占権」と「競業避止義務」は別に考えて結構です。あまり適切な例ではないですが(通常、代理店契約で競業避止義務を明記しているので、会社法の規定を持ち出すまでもないので。)、A保険代理店が、B保険会社の唯一の代理店になるということは通常ないと思いますが、だからといって、B保険会社の許諾なしに、C保険会社の代理店になることができるというわけではないからです。

>受託者が締約代理商的であれば、法律的にも競業避止義務を負うことは明らかですが、媒介代理商的な場合、法律的に競業避止義務を負うかどうかは問題だというようなことを、読んだことがあります。

 代理商の競業避止義務についての詳しい文献や論文を読んだことがないので、何とも言えませんが、そういう主張をされる学者あるいは実務家もいるのでしょうね。ただ、それは解釈論なのか立法論なのか不明ですし、仲立人とどう違うのか不明なので、個人的には、競業避止義務を負うことを前提に考えた方が無難だと思います。

>このような条文を契約書に入れておけば、商法 第二十八条および会社法 第十七条は免除されるということですか?

 個別、具体的な問題については、渉外法律事務に詳しい弁護士に相談されたほうがよいでしょう。準拠法が日本法になるとして、会社法等の解釈の一般論で言えば、代理商の競業避止義務は、あくまで、本人(会社)の利益保護を図る趣旨の規定なので、契約で競業避止義務を排除することは可能です。

>「独占権」とは、「独占性」のことでして、当方が日本における唯一(Sole)の排他的「Exclusive」代理店になるということです。

 「独占権」と「競業避止義務」は別に考えて結構です。あまり適切な例ではないですが(通常、代理店契約で競業避止義務を明記しているので、会社法の規定を持ち出すまでもないので。)、A保険代理店が、B保険会社の唯一の代理店になるということは通常ないと思いますが、だからといって、B保険会社の許諾なしに、C保険会社の代理店になることができるというわけではないからです...続きを読む

Q代理と取次の違い

商法における代理と取次の違いを教えてください。
媒介についてはある程度理解したつもりです。
代理と媒介の違いは簡単に言えば契約締結権の有無だと思うんですけど、取次とこの二つ(代理と媒介)の違いがよくわかりません。
どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

取次とは、「問屋(551条以下、代表的には証券会社)」や、「運送取扱営業(559条以下)」のことです。

ポイントは、取次商は、自己の名を持って、他人のための商行為をするというところです。

代理や媒介は依頼人が直接契約の当事者になりますが、取次の場合は、

依頼人 ⇔ 取次商 ⇔ 相手方

という契約になるため、依頼人と相手方の間に直接の権利義務関係が発生しません。

Q商業使用人、代理商について教えてください。

今年初受験するものですが、今日から商法の勉強をはじめましたが、過去問でわからないところがあったので、どなたかご教授ください。

(1)商人の対外的業務を代理する権限を持たないもの(技師、工員、整備員、簿記係等)は、商法にいう「商業使用人」には含まれない。
(2)媒介代理商は、代理権限を有しない。

それぞれの根拠というか考え方ですが・・・
(1)商業使用人というのは、企業の内部に関するもののみを補助する者をいうのでしょうか?
(2)媒介代理商は、単なる取次ぎだから。
 民法でいう使者みたいなものですか?

どなたか、ご協力よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

〔商業使用人〕
定義:雇用契約によって特定の商人(営業主)に従属し、その商業上の業務を対外的に補助する者 ⇒支配人

商人は、支配人を選任し、その営業所において、その営業を行わせることができる。

支配人は、商人に代わってその営業に関する一切の裁判上または裁判外の行為をする権限を有する。
支配人は、他の使用人を選任し、または解任ができる。
支配人の代理権に加えた制限は、善意の第三者に対抗できない。

商人が支配人を選任したとき、支配人の代理権が消滅したときは「登記」をしなければならない

支配人は、商人の許可を受けなければ、次の行為をしてはならない。
1自ら営業を行うこと
2自己または第三者のためにその商人の営業の部類に属する取引をすること
3他の商人または会社もしくは外国会社の使用人となること
4会社の取締役、執行役または業務を執行する社員となること


〔使用人〕
⇒ 番頭 手代
商人の営業に関するある種類または特定の事項の委任を受けた使用人は、当該事項に関する一切の裁判外の行為をする権限を有する。
ただし、その代理権に加えた制限は、善意の第三者に対抗できない

物品の販売等(販売・賃貸その他これらに類する行為)を目的とする店舗の使用人は、その相手方が悪意でない限り、その店舗に存在する物品の販売等をする権限を有するものとみなす


〔代理商〕
商人のためにその平常の営業の部類に属する取引の代理または媒介をする者で、その商人の使用人でないもの。

代理商は、取引の代理または媒介をしたときは、遅滞なく、商人に対して、その旨の通知を発しなければならない。

代理商は、商人の許可を受けなければ、次の行為をしてはならない。
1自己または第三者のためにその商人の営業の部類に属する取引をすること
2その商人の営業と同種の事業を行う会社の取締役、執行役または業務を執行する社員となること

〔商業使用人〕
定義:雇用契約によって特定の商人(営業主)に従属し、その商業上の業務を対外的に補助する者 ⇒支配人

商人は、支配人を選任し、その営業所において、その営業を行わせることができる。

支配人は、商人に代わってその営業に関する一切の裁判上または裁判外の行為をする権限を有する。
支配人は、他の使用人を選任し、または解任ができる。
支配人の代理権に加えた制限は、善意の第三者に対抗できない。

商人が支配人を選任したとき、支配人の代理権が消滅したときは「登記」をしなけれ...続きを読む

Q代理商の留置権について

代理商の留置権は民法の留置権とは異なり、
被担保債権と留置権の牽連関係を要求しないとはどういった
意味でしょうか?

Aベストアンサー

牽連性とは
 簡単に言えば
 民法の留置権の場合は、「時計の修理代金を払わない時に、修理を依頼された時計を留置できる。」というやつで、債権と物とが直接関係していなければいけない事です。

 これに対して代理商、商事一般の場合は、「時計の修理代金を支払わないときに、時計にはぜんぜん関係の無い預かっている有価証券等を返さないで留置できる。」ということです。債権と物とがぜんぜん関係が無くてもOKというのがポイントです。商事一般の場合は、債務者の所有物でなければなりません。

Q「商法」について、仲立人の氏名黙秘義務と介入義務の問題点はなんでしょうか? ネットにも本にも載ってな

「商法」について、仲立人の氏名黙秘義務と介入義務の問題点はなんでしょうか?
ネットにも本にも載ってないため質問させていただきました。

Aベストアンサー

氏名黙秘義務について、
成約前にかけひきとして氏名黙秘の実益はあるが、
548条は、成約後も当事者が匿名を通すことを認めている。
そこまで匿名性を維持することが必要になる事情は
想定しにくく、規定ぶりに疑問が呈されている。

介入義務について、
当事者の氏名・商号等を黙秘された相手方を保護する
趣旨の規定であるが、仲立ち人の視力は乏しいことが多く、
さほど実益あるとは思えない。また当事者の命令があると
黙秘しなければならず、命令者の義務を当然に介入義務の規定
は負わせている。問題ではないか。
(氏名黙秘命じると、命令した当事者は、仲立人の介入義務を
利用できてしまう)
さらに、仲立人は介入義務を履行しても、契約当事者にはなれず、
氏名黙秘した当事者に求償できるに過ぎない。
バランスが悪いという問題が指摘されている。


人気Q&Aランキング