痔になりやすい生活習慣とは?

夜、電車の窓に写る像がぶれて見えるのはなぜですか?

A 回答 (5件)

>ぶれて


この表現は一つの像が細かく動いて・・・・・。
ではなく二重に見えるという意味にはすぐには受け取れません、みなさん気を利かしてくれていますが。
光は通貨する媒質によって屈折率が異なります空気とガラスでも異なります、その境界域で一部こちらに反射される光があればそんな状況が出ます。
当然厚いほど、斜めの角度が大きいほど、差は大きくなります。
NO3さんの回答と同じですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

油断していました。ご指摘ありがとうございます。

お礼日時:2019/04/24 18:07

あなたが乱視である可能性もw

    • good
    • 0
この回答へのお礼

https://coopervision.jp/lessons/ranshi-toric/abo …目を酷使することでたまに近い状態になります。ありがとうございます。

お礼日時:2019/04/24 06:17

ガラスの手前の層(境界)で反射した光と


奥側の層で反射した光が重なるため
    • good
    • 0
この回答へのお礼

3DSもそうなのかな。ありがとうございます。

お礼日時:2019/04/23 20:14

二重窓なんじゃないかな?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ドア付近ではそうですね。ありがとうございます。

お礼日時:2019/04/23 20:12

ガラスが厚いからです

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そのまんまなんだ。ありがとうございます。

お礼日時:2019/04/23 18:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q等速直線運動をさせてください

力学台車を、何を使ってもいいので
等速直線運動させてください。
ただし、実際に可能なことでお願いします。

Aベストアンサー

昔、水時計というものがありました。
時間に正比例して水面が上下する(等速直線運動?)、それを針の回転運動に変換していた?。
重力で台車を引っ張る実験装置、重りを単につりさげるのではなく、水槽に浮かべた船に乗せ、水槽の水を適当な細いパイプで排出すれば?。
時間に比例して下がる水面の動きを台車の動きに変換できます。

Q空気中で発生する衝撃波について

空気中を音速を超える物体が通過した時、その周りに衝撃波が発生しますが、その物体が一粒子である時も同様に衝撃波は生じるのでしょか。

例えば放射線源からα線は音速を遥かに超える速度で飛び出してきます。その周りに衝撃波は生じているのでしょうか?

マクロな物体と違って衝撃波が生じないとした場合、何故なのかも教えていただきたいです。

Aベストアンサー

衝撃波や空気の「波」は、空気を構成する分子の運動によるマクロ的な「粗密の伝搬」です。従って「波」の形になるにはそれだけの大量な数の「分子」が存在することが必要です。「気体分子運動論」のような、一種の「統計力学的現象」「マクロ系の現象」です。
(「アボガドロ定数:6 * 10^23」が関連する世界です)

アルファ線が個別の原子・分子と衝突する現象は、個々の「原子・分子」の運動として記述できますから、統計力学的な「波」という扱いとは異なるでしょう。いわゆる「ミクロ系の現象」「質点の力学」で扱える現象です。

単独のアルファ粒子の運動を扱うなら後者(ミクロ系)、「放射線」としてある程度の強度のアルファ線を出している線源を取り扱うなら前者(マクロ系)という感じでしょうか。
ただし、単独のアルファ粒子であっても、多数回の衝突や相互作用を繰り返す(つまり「平均行程」上の累積の反応断面積がそれなりに大きい)のであれば、ミクロ系での取り扱いは難しいかもしれません。ニュートン力学で「二体問題」までは簡単に取り扱えても、「三体」以上の「多体問題」が「お手上げ」になってしまうように、そういった「中間的な問題」は結構取り扱いが面倒です。なので「解析的」にではなく、「パチンコ玉式統計」とも呼ばれる「モンテカルロ・シミュレーション」などで「近似的な数値解」を求めることも多いようです。

質問者さんが取り扱いたいと考えている現象が、どちらに近くて、どちらで取り扱うのが「便利」で「より現象に近い近似」なのかによって、どのように扱えばよいのかが決まるのではないでしょうか。
「α線は線源を出て5センチ程度で止まる」という現象は、上に書いた「中間的な問題」に近く、ミクロ系、マクロ系どちらでも正確な記述が難しいかもしれません。

衝撃波や空気の「波」は、空気を構成する分子の運動によるマクロ的な「粗密の伝搬」です。従って「波」の形になるにはそれだけの大量な数の「分子」が存在することが必要です。「気体分子運動論」のような、一種の「統計力学的現象」「マクロ系の現象」です。
(「アボガドロ定数:6 * 10^23」が関連する世界です)

アルファ線が個別の原子・分子と衝突する現象は、個々の「原子・分子」の運動として記述できますから、統計力学的な「波」という扱いとは異なるでしょう。いわゆる「ミクロ系の現象」「質点の力学...続きを読む

Q閉回路において電流はなぜ一定に流れるのでしょうか?

閉回路において電流はなぜ一定に流れるのでしょうか?

Aベストアンサー

一義的には、自然法則が「閉回路において電流は一定に流れる」 ようにできているからです。
これをあえて説明するのは二義的という事になります。(後付けの説明という事)
二義的説明としては
現実世界では、導線と言えどもある程度の抵抗があります。
従って、回路はどの部分を取り出した場合でも抵抗を持っています。
電源電圧は、(導線部分も含めて)回路の各部分に、抵抗値に見合った大きさで、分割されてかかるので
電流は回路のどの部分でも一定になります。
比喩的に言えば、現実世界の閉回路はどの部分でも、抵抗と電圧のバランスにより、電気的に同じ角度の傾斜が付くので
そこを転がる電子は同じ速度を持つ(電流値がどの部分でも一定になる)と言えます。

一方、回路図においては、導線は抵抗値0として扱われます。
従って、もし導線に電圧(電界)がある場合、電流は無限に流れることになってしまいます。
しかし、そのようなことは起こりませんよね。
でも、電場が無ければ電流(の元になる電子)は流れることができません。(電子には、慣性の法則と言うものが通用しないので、回路のどこかで加速された電子が、惰性で導線部分を移動するという事は出来ません。従って電流の元となる電子が導線部分を動くためには、導線部分に電界があることが必要になります)
となると、上に書かれた事柄は対立し矛盾が生じることになって難しい問題が出てきました。
そこで、回路図においては以下のようなことが本質にあることを理解しておかないといけないことになります。

回路図では、導線は自由に伸び縮みさせることが出来ます。究極的には導線部分を極限まで縮めて1点にしてしまう事や、反対に1点を引き延ばして長い線(導線)にしてしまう事もできます。
従って、下図の2つの回路は等価で、導線を(極限までに縮めて)電池と抵抗(抵抗1と抵抗2)の接する点にしてしまった右図は、左図から余計な物を省いた簡潔な回路図ということになります。
(反対に、右図の抵抗と電池の接点を引き延ばして線にしたものが左図)
でも、導線が一切無い回路図は書くのがむずかしいですよね!
そこで、便宜的に(回路図を書きやすくするために)、抵抗0の導線が描かれる左図が通常使われているのです
だから、回路図において導線は厳密には存在していない(導線の両端は一体である。例えば、回路図左の電源マイナス極と抵抗2青丸部分は(直接)接しているもの)と思うべきなのです。
従って、回路図においては厳密には右図のような導線のない状態で考えなければいけません。右図では、電源電圧は抵抗値に見合った大きさに分割されて抵抗1と2にかかるのでオームの法則により、各抵抗の電流値は等しくなります。
この時、抵抗2と電源の接点の青丸を流れる電流Iが右回路全体を流れる電流となりますが、この青丸を引き延ばして左図とした場合、左図の下部の導線は、元は右図の青丸であったので当然この導線を流れる電流値はIとなるのです。
左図の他の部分の導線に流れる電流に関しても同様です

一義的には、自然法則が「閉回路において電流は一定に流れる」 ようにできているからです。
これをあえて説明するのは二義的という事になります。(後付けの説明という事)
二義的説明としては
現実世界では、導線と言えどもある程度の抵抗があります。
従って、回路はどの部分を取り出した場合でも抵抗を持っています。
電源電圧は、(導線部分も含めて)回路の各部分に、抵抗値に見合った大きさで、分割されてかかるので
電流は回路のどの部分でも一定になります。
比喩的に言えば、現実世界の閉回路はどの部分...続きを読む

Q電流の正体は電子なのに何故、電流は電子とは逆向きの方向へ流れるのですか?

電流の正体は電子なのに何故、電流は電子とは逆向きの方向へ流れるのですか?

Aベストアンサー

昔は電子のことは知られていませんでした。

磁力の場合N極を出発してS極に収斂するように磁力線を描くという暗黙の了解がありますが、その方が人間の感覚に合っているからです。

同じく電流も「何かが流れている」という認識でした。
それにはマイナスからプラスに流れるよりプラスからマイナスに流れると考えた方が人間の感覚に合っています。
なので電流の向きは「プラスからマイナスへ」と決まりました。

その後電子が発見され実は電子の運動(の伝播)だということがわかりますが、それはすでに電流の向きが歴史的に定着した後でした。
さまざまな法則や技術の中に電流の向きは広汎に取り入れられてしまっており、もはや変更は不可能でした。

読めばわかるとおり、電流の向きには電子のような実質はありません。

Q物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと

物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと高く出来ないのでしょうか?

例えばパネルの電子回路のすぐ後ろに水を流して熱を取り出し、その熱で発電とか、パネルを放射状並べてパネルを反射した光を1箇所に集めそこでまた熱を発生させ、それを発電とか

こういうのは実施されてないのでしょうか?無知な質問ですいません

Aベストアンサー

水を流すとなると循環装置が必要になります。
定期的に水やパイプ、フィルターも交換しなければならないですし、
薬剤等も必要でしょう。
もちろん人件費も跳ね上がります。
大規模なだけにPCの水冷装置のようにはいかないです。

熱で発電となると蒸気を発生させなければいけませんが、機械の排熱しかも常温常圧の下では、商業用発電に足りる出力には到底なりません。
したがってやろうとするとまたしても膨大な設備投資その他が生じます。

パネルの並びはやっているところもあります。
しかし商業用発電に足るほどの電力はまかなえず、たとえば反射炉と言って高温にして物を溶かしたりする、そういう工業用の用途に用いられています。

何事にも収益と損失のバランスに基づくコストの見通しの上に経済活動が行われているのであり、
やりたくないからやらないわけではないのです。

発電効率の問題は、現在の素子のそれを大きく上回る新たな素材の発展を待たなければならないでしょう。

Q宇宙は無限大の時間、存在していると考える人がいないのはなぜですか?

宇宙は150億年前にビッグバンによって誕生したと、多くの物理学者は考えています。
でも、そうなると地球の年齢が50億年なので、宇宙が誕生してから3分の1もの期間、地球が存在していることになります。
地球に比べると宇宙は果てしなく広いのに、存続時間は3倍程度しか変わらないのは納得できません。
宇宙の年齢は150億年でなく少なくとも京、垓といった膨大な時間、もしくは無限大の時間、存在していると考えることはできないのでしょうか。

Aベストアンサー

昔は定常宇宙論が主流でしたよ。
アインシュタインだって宇宙項で宇宙を定常なものに
しょうと努力しました。

宇宙膨張とかCMBとか、都合の悪い事実が見つかる度に
修正をよぎなくされて、しぼんでいっただけです。

今の観測結果を綺麗に説明できるモデルを発明すれば
復活するかも。だいたい、宇宙の殆どを占めるダークマターも
ダークエネルギーもなんだかさっぱり分かってないので、
将来大どんでん返しがあるかも(^^;

しかし、時間スケールと空間スケールは連動しなければ
変と思うのは何故でしょう?
根拠がわかりません。

Q力学についての質問です。 静止衛星の軌道半径をr 、質量をm、地球の半径をRとしたとき、静止衛星の軌

力学についての質問です。
静止衛星の軌道半径をr 、質量をm、地球の半径をRとしたとき、静止衛星の軌道上での重力は

F=mg•R^2/r^2
ですか?

Aベストアンサー

「万有引力」の式を使えば、万有引力定数を G、地球の質量を M として
・地上での重力
 F0 = G*m*M/R^2    ①
・静止衛星軌道上での重力
 Fs = G*m*M/r^2     ②
です。

一方、地上での質量 m の物体に働く重力は、重力加速度を g として
 F0 = mg    ③
とも書けます。

①と③を比べれば
 g = G*M/R^2   ④
 G = g*R^2 /M   ⑤
であることが分かります。
「地上(地表面)での重力加速度:g」は、④式のように「万有引力定数と、地球の半径・質量を使って計算したもの」であることが分かりますね?

あなたがお望みのことは、その逆の、地上(地表面)での「重力加速度:g」を使って、静止軌道における重力を表したいということなので、⑤を②に代入して
 Fs = (g*R^2 /M)*m*M/r^2
  = mg*(R/r)^2   ⑥
ということになります。

⑥式に、重力加速度の式④を代入すれば、万有引力の式から静止軌道上での重力を求める②式になることは分かりますね?
みんな、同じ式を「定数部分を変えて」表現しているにすぎません。基本は「万有引力の式」です。

「万有引力」の式を使えば、万有引力定数を G、地球の質量を M として
・地上での重力
 F0 = G*m*M/R^2    ①
・静止衛星軌道上での重力
 Fs = G*m*M/r^2     ②
です。

一方、地上での質量 m の物体に働く重力は、重力加速度を g として
 F0 = mg    ③
とも書けます。

①と③を比べれば
 g = G*M/R^2   ④
 G = g*R^2 /M   ⑤
であることが分かります。
「地上(地表面)での重力加速度:g」は、④式のように「万有引力定数と、地球の半径・質量を使って計算したもの」であることが分かります...続きを読む

Q化学についてです。 元素記号を書く際、2文字目、筆記体はダメなのでしょうか? Pbのbを筆記体にした

化学についてです。
元素記号を書く際、2文字目、筆記体はダメなのでしょうか?
Pbのbを筆記体にしたら、学校の先生にバツにされました。l以外は筆記体にしない!絶対って書かれたんですけど、そんな規定ほんとに存在するんですか?
確かに、Pbをわざわざ筆記体にするような人は少ないと思いますが、私は中学の時に、bと6を間違えて識別して、間違えたことがあってトラウマになってます。
だからbを筆記体で記しているのですが、物理や数学ではいいのに化学はダメなんですか?
私なりにネットで調べてみましたが、そういった情報はありませんでした。ネットにないなら書物あたりにあるかと思うのですが、そういったルールを見たことある人はいますか?
また、このルールについて何か知っている方はいますか?教えてください。
場合によっては点数は変わることありませんが、抗議しようと思ってます。

Aベストアンサー

全世界の元締めである IUPAC の規定では
元素記号は立体で書く
となっています. だから, 厳密にいえば l だって立体で書かないとダメ.

Q動物の目の仕組みについて。 赤と緑の混合色(黄色)と純粋な黄色の単色光が同じ色に見えるのは人間だけな

動物の目の仕組みについて。
赤と緑の混合色(黄色)と純粋な黄色の単色光が同じ色に見えるのは人間だけなのでしょうか?

Aベストアンサー

単純に訊かれたことに答えると「だけではない」が答えです。

動物の色覚は、彼等の視細胞が持っているオプシンタンパク質の吸収波長から推定することができます。そういう知見が得られる前には「動物は色がわからない」という誤った風説が流布されていましたが、もう少なくとも30年以上前の話です。

ヒトは3種類のオプシンを持っているため3原色で表される色覚世界を持っています。実は動物の多くは、4種類以上のオプシンを持っています。例外的に哺乳類だけが2種類しか持たず、その中でさらに例外として、霊長類は変異によって1種類を回復して3種類になっています。
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/16/012700001/012800003/index.html

なので、三色性色覚のサルは、人間と同じように「赤+緑=黄」と感じるはずです。二色性色覚のイヌやネコは、むしろ混合してなくても区別できない、「赤=黄=緑」になります。明るさによる区別はつくはずですが。人間の赤緑色盲の場合と同じです。

Q日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

Aベストアンサー

太極旗は、李氏朝鮮(高宗)時代の1883年が最初
日の丸は、1870年制定


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング