質問(1)水溶性はどのように定義されてるんですか?
質問(2)酸化還元反応は塩基と酸を用いなくてもいいのですよね!?
質問(3)電解層の負極って何剤でしたっけ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>質問(1)


他の方の回答で充分だと思いますが、「不溶」「難溶」「可溶」と言う表現もされています。
詳しい定義は知りません。
また、エタノールのように非常に水に溶けやすい液体の場合にはどのような割合で
も溶けあっています。

>質問(2)
酸化還元反応は「電子のやり取り」ですので、酸-塩基とは基本的には関係ありません。
どのような反応で気になったのかが解れば説明がし易いんですけど。

>質問(3)
話がややこしくなるんですが、
電気分解における反応の場合
負極側につながっている電極(正しくは【陰極】)上では還元反応が起きています。
逆に電池反応(電池内部の反応)を考える場合
負極上では酸化反応が起きています。
    • good
    • 0

 


【質問(1)】

 定義というと「水にどの程度溶けるか」ですか。その表現は,一般的なのは HIMADESU さんがお書きの「溶解度」ですが,他にもあります。

 例えば,「薬局方」では「溶質 1 g 又は 1 ml を溶かすに要する溶媒量」で判断して,次の様に表現する事になっています(第十一改正,1986年版を見てます。最近の第十四改正でどうなっているかはわかりません。)。

  極めて溶けやすい       1 ml 未満
  溶けやすい      1 ml 以上   10 ml 未満
  やや溶けやすい    10 ml 以上   30 ml 未満
  やや溶けにくい    30 ml 以上   100 ml 未満
  溶けにくい      100 ml 以上   1000 ml 未満
  極めて溶けにくい   1000 ml 以上  10000 ml 未満
  ほとんど溶けない  10000 ml 以上


【質問(2)】

 酸化還元反応と酸塩基反応は別物ですので,お書きの通りです。ただし,酸性あるいは塩基性でないと進まない酸塩基反応が多い事も確かで,この場合は当然酸または塩基を加えます。


【質問(3)】

 電解槽の負極は電池から電子(e-)が来て,電解する物質へ電子を与えます。ですから,言うとすれば「還元剤」です。
 
    • good
    • 1

(1)の質問だけ、nozomi500さんの回答に補足します。

水に限らず、液体にどれだけ溶けるかは、溶解度で定義されています。溶媒一定量に対して、溶質が何g溶けるかが、溶解度です。ちょっと難しい言い方をしてしまいましたが、簡単に言えば、水100gに対して、何g溶けるかが溶解度です。場合によっては、100mlに対してだったりしますが、これは、その溶解度の数字の単位を見れば、水どのくらいに対して溶ける量かが必ず書いてあります。
    • good
    • 0

1:文字どおりですと、「水に溶ける」ですが、イオンに分かれるもの、および、極性をもつものは水に溶けやすいですね。



2:「酸化」のいちばん身近な反応は「燃焼」ですから、ガソリンに火をつけるのに塩基も酸もつかいませんね。
(3)の質問にも関係しますが、水素原子をもらうのが「還元」と考えれば、あとは「電子」の動きで見ていけばわかりやすいですね。「水素原子」から「電子」をとると「水素イオン」(=陽子ひとつ)ですから、中和反応やいろんなところで、たどっていくことができます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「完熟トマト」の定義とは?

野菜や果物には「完熟〇〇」という表現があります。ものによって「完熟」の定義が違うと思いますが、「完熟トマト」の世の中共通の定義というものが有るのでしょうか?
有るのでしたら内容を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

農産物流通です。
通常市場に持ち込まれるトマトは薄いピンクすら入る以前のものです。
そうしなければ流通(時間や扱い)に耐えられないでしょうね。

では、「完熟」はというと完熟トマトの共通の定義がないので曖昧です。
本当に完熟、つまり収穫してすぐに食べる状態では流通させると確実に割れます。
うちでは完熟トマトとして販売している頃はカラーチャートで7~8段階で収穫してもらっていました。
見た目は全体が赤く完熟ですが赤がまだ薄いです。

現在は「完熟」という表現が曖昧なことと本当の完熟ではないことから
消費者に優良誤認を与えかねないということで、表示・表現をやめています。

自らの団体が定義をつけ、それを常に消費者に案内していれば
「完熟」という表現を使っても許されそうですね。
例えば「○○産地の完熟基準・・・カラーチャート9段階で収穫し、消費者の手元に24時間以内で届けたものを完熟という」など。

Q酸塩基反応と酸化還元反応

受験勉強です。酸塩基反応ではH+を出すほうが酸で受け取るほうが塩基、酸化還元反応では酸化数の増減で決まるというのはわかります。H2SはSの酸化数が下限なので還元反応できないというのも分かりますが酸塩基反応では酸として働くと言うのがわかりません。酸塩基反応と酸化還元反応の違いも分かりづらいです。

Aベストアンサー

「酸」と「酸化」が何となく似ているために、「酸を加えることが酸化???」といった誤解を招くことがあるようですね。

No.1のご回答にもありますように、全く別物ですので、分けて考えて下さい。「酸塩基反応」と「酸化還元反応」を並べること自体が誤解の元です。

酸化数が変化しない限りは酸化還元反応ではありません。このことを的確に理解するためには、酸化数の決め方を理解する必要があります。
例外はありますが、「化合物」中のHの酸化数は+1、Oの酸化数は-2というのが基本で、それに基づいて他の原子の酸化数が決められます。
したがって、H2SにおけるSの酸化数は-2です。
これが、NaOHと反応して、Na2Sとなった場合にも、Naの酸化数は+1(アルカリ金属だから)ですので、Sの酸化数は-2のままであり、この反応は酸化還元反応ではないことがわかります。
その一方で、H+がH2Sから、NaOH由来のOH-の方に移動していることになりますので、酸塩基反応ということになります。

Qガラス転移の定義とは??

ガラス転移の定義を、自分の言葉でテストに書いたら
×になりました。
ガラス転移の定義ってなんですか??
ちゃんと決まっている言葉(定義)なのですか??
なんか調べてもぱっとこなくて・・・
なんとか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたの回答を教えて下さい。テストの回答はないのですか?
質問の回答に困ります。

以下参考まで。
ガラス転移とは,ガラスを過熱するか,またはガラスになる過冷却液体を
冷却した時その物質の融点又は液相温度の2/3~1/2の温度付近で,熱膨張
係数や比熱容量突然変化する温度,"ガラス転移温度が存在すること。
ガラスは過冷却の液体である。との言い方もできる。(ガラスの事典より)

 ガラス転移現象とは、過冷却状態からガラス状態に移るときに性質が
大きく変わる(例えば熱膨脹係数が急に小さくなる)現象をいい、ガラス
転移現象を示す温度をガラス転移温度(あるいはガラス転移点)と呼びます。

 ガラス転移とは、温度を変えたときに、アモルファス固体相が示す、比
熱や熱膨張係数のような熱力学的微分量が結晶的な値から液体的な値へと
多少急激に変化する現象である。(Wong and Angell, 1976; p.36).

 過冷却液体をさらに冷却していくと、分子運動がさらに制限されるよう
になり、最終的にはほとんど停止する。この過冷却液体が運動性を失う現
象をガラス転移と呼ぶ。つまりガラス転移は無秩序である非晶部位(過冷
却液体)でしか起きない(固体である結晶は融解するだけ)。
 

あなたの回答を教えて下さい。テストの回答はないのですか?
質問の回答に困ります。

以下参考まで。
ガラス転移とは,ガラスを過熱するか,またはガラスになる過冷却液体を
冷却した時その物質の融点又は液相温度の2/3~1/2の温度付近で,熱膨張
係数や比熱容量突然変化する温度,"ガラス転移温度が存在すること。
ガラスは過冷却の液体である。との言い方もできる。(ガラスの事典より)

 ガラス転移現象とは、過冷却状態からガラス状態に移るときに性質が
大きく変わる(例えば熱膨脹係数が急に小さく...続きを読む

Qどんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応に分けられるのでしょうか?

化学反応は、おおまかに分けて酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである。という話を聴いた事があります。

確かに、化学の教科書で化学反応のページに載っているのは酸・塩基反応と酸化還元反応です。

世の中には、数え切れないほどの化学反応があると思うのですが、どんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する、というのはいまいち信じられません。

化学反応の種類というのはそんなに単純に分けられるものなのでしょうか?
たとえどんな化学反応が起ころうとも、どんな化学反応式に出くわしたとしても、「酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである」というような態度で化学を勉強しても問題ないのでしょうか?

また、有機化学の分野では付加反応とか縮合反応など、いろいろな名前の反応が出てきますが、これもより一般的に考えれば酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する化学反応なのでしょうか?

Aベストアンサー

有機化学が専門なので有機の話をさせていただきますが、おおまかにというので思いきりおおまかに言えば酸、塩基反応というのは電子密度が高いところから低いところに電子が流れる反応のことです。こう考えるとDiels-Alder反応もジエンのHOMOからジエノフィルのLUMO(あるいはその逆)に電子が流れる反応なのでおおまかには酸、塩基反応といえます。考えなければならないとしたら3,3-シグマトロピーなど電子密度というよりは構造上の歪みが駆動力となって起こるような反応ですが、例えばsp2の結合角は120°と決めているのはそれが電子状態がもっとも安定だからなわけで、歪んでいるというのはその結合内に電子密度の差が出来ている状態です。これを解消するために反応が進行するわけですからやっぱりおおまかには酸、塩基反応と言っていいでしょう。またラジカルの反応は一電子酸化、還元になります。長ったらしく書いてしまいましたが電子状態に差がなければ少なくとも有機反応は進行しませんので、そのようなことを理解した上ならどんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応に分けられるといっていいと思います。
最後に勉強の姿勢ですが、このような考え方は有機合成反応の反応経路を勉強するのには非常に役に立ちます。立体などの知識は必要ですが、基本的には反応式を見てそこにある分子のもっとも電子密度の高いところと低いところを反応させていく、それだけで教科書レベルの反応は全て説明可能なはずです。

有機化学が専門なので有機の話をさせていただきますが、おおまかにというので思いきりおおまかに言えば酸、塩基反応というのは電子密度が高いところから低いところに電子が流れる反応のことです。こう考えるとDiels-Alder反応もジエンのHOMOからジエノフィルのLUMO(あるいはその逆)に電子が流れる反応なのでおおまかには酸、塩基反応といえます。考えなければならないとしたら3,3-シグマトロピーなど電子密度というよりは構造上の歪みが駆動力となって起こるような反応ですが、例えばsp2の結合角は120°と決めて...続きを読む

Qダイアディックの絶対値の定義とはなんでしょうか?

ダイアディックの絶対値は、どのように定義されているのでしょうか?

Aベストアンサー

ダイアディックについては私も夢中になって勉強しましたが、実際に物理学の中で応用したことはありません。知識だけなので、回答すべきじゃないのですが、他に回答がつかない様なので、少しでも参考になれば、と書かせていただきます。

そもそも、ダイアディックに絶対値というものが定義されているとは知りませんでした。Gibbsは不変量として、first、second、thirdを定義しているので、絶対値の定義として相応しいものがあるのなら、この中のどれか、ということになるでしょう。

firstはマトリクスでいうところのトレースに相当します。secondはなんとも言い難いですが、thirdはマトリクスでいうところのデターミナントに相当します。よって、ダイアディックに絶対値が定義されるのであれば、不変量のthirdが相応しいかと思います。

ご参考までに。

Q酸化還元反応と酸塩基反応

酸化還元反応と酸塩基反応は1つの化学反応で
一緒に起こるのでしょうか?

それと酸塩基反応が起こってる際は
酸化数は変化しないのでしょうか?

Aベストアンサー

酸・塩基、酸化・還元の基礎的な意味で言えば
酸・塩基反応では酸化数は変化しません。
ただ酸が酸化剤・還元剤として働くという場合もありますから
物質としての酸・塩基と酸・塩基反応をする酸・塩基とは区別しておく必要があるでしょう。

中和反応を
H^+ + OH^- → H2O  (1)
で考えれば
酸化数は変わっていません。
酸はこの反応でのH^+を提供しています。
HA→H^++A^-  (2)
の反応ではHAを構成しているH,Aどちらでも酸化数は変わっていません。
OH^-は塩基から提供されます。
金属の酸化物との反応ではOH^-は見当たりません。酸化数の変化は起こっていませんので(1)と同等な反応が起こっているとみなします。酸化物+水→水酸化物 というステップを入れてもらうと納得しやすいでしょう。(水に溶けにくい酸化物が酸には溶けるという場合もありますから形の上からだけの判断だとしておいて下さい。)

酸が関係する反応で酸化還元反応であるとすると
(1)(2)以外の変化が起こっているはずです。

Mg+2HCl→MgCl2+H2  (3)
これは酸化・還元反応です。(1)の変化がありません。
Mgが酸化されています。HClは酸化剤として働いています。
酸HAの中のHの酸化数が変化しています。Aの中にある元素の酸化数は変化していません。

Cu+4HNO3→Cu(NO3)2+2NO2+2H2O
HNO34つのうち2つが酸化剤として反応しています。残りの2つは酸として反応しています。
この反応では酸HAのなかのAの部分で酸化数が変化しています。
イオン反応式に書き直すと酸化数の変化した部分を抜き出すことが出来ます。
Cu+4H^++2NO3^-→Cu^2++2NO2+4H2O
両辺から2NO3^-が消えてしまったのです。
これがH^+を提供する役割だけをした酸の分です。

H2SO3のように還元剤としての働きを持っている酸もあります。

酸化数は酸・塩基反応が起こったのか、酸化・還元反応が起こったのかを区別する手がかりになっています。

酸・塩基、酸化・還元の基礎的な意味で言えば
酸・塩基反応では酸化数は変化しません。
ただ酸が酸化剤・還元剤として働くという場合もありますから
物質としての酸・塩基と酸・塩基反応をする酸・塩基とは区別しておく必要があるでしょう。

中和反応を
H^+ + OH^- → H2O  (1)
で考えれば
酸化数は変わっていません。
酸はこの反応でのH^+を提供しています。
HA→H^++A^-  (2)
の反応ではHAを構成しているH,Aどちらでも酸化数は変わっていません。
OH^-は塩基から...続きを読む

Q中学2年図形の証明についての質問です。定義、定理、仮定の違いとは…

非常に初歩的な質問ですみません。
今の私の解釈では・・・

【仮定】
・問題文に出てきた事象。
・結論にはなり得ない。

【定義】
・証明をしなくてもわかりきっている(知識として丸覚えしなければならない)特徴。
・問題を解く際、答えでここへたどり着く証明をすれば、その図形であることがいえる(例:~により、AB=CB(2辺の長さが等しい)なので三角形ABCは二等辺三角形である)。つまり、結論になり得る。

【定理】
・以前証明してはっきりした特徴。
・結論になり得る?

習った内容をすっかり忘れてしまい、結論になり得るのはてっきり「定義」のみかと思って問題集の証明を解いていたのですが、どうやら模範解答を読むと定理も結論にしていいようで…

つまりは・・・
・定義と定理の違いはさほどなく、両方とも図形の特徴(性質)である。
・よって、定義のみならず定理も丸覚えせねばならない。
ということになるのでしょうか?

図形の性質については小学校でも触れているので、定義と定理にさほど違いが無ければ、とりあえず特徴を片っ端から思い出して証明を解けばいい話なのでちょっと気が楽になっていいなあと思っているのですが・・・如何でしょうか?

非常に初歩的な質問ですみません。
今の私の解釈では・・・

【仮定】
・問題文に出てきた事象。
・結論にはなり得ない。

【定義】
・証明をしなくてもわかりきっている(知識として丸覚えしなければならない)特徴。
・問題を解く際、答えでここへたどり着く証明をすれば、その図形であることがいえる(例:~により、AB=CB(2辺の長さが等しい)なので三角形ABCは二等辺三角形である)。つまり、結論になり得る。

【定理】
・以前証明してはっきりした特徴。
・結論になり得る?

習った内容をすっかり...続きを読む

Aベストアンサー

「定義」は決められた事です。
例えば直角三角形の定義は「内角の1つが直角である三角形」。
決まったことなので、理由も何もありません。

それに対し、「定理」は証明により導き出された法則です。
例えば「ピタゴラスの定理」。
これは「~なので、ピタゴラスの定理により、三角形ABCは直角三角形である」
という風に証明に使うことができます。

「定理」はもちろん丸暗記していると便利ですが、証明により導き出すことができるので、必ず丸暗記しなければならないということはありません。

Q酸塩基反応と酸化還元反応

合成関数の微分公式について質問です

dy/dx = dy/du * du/dx

この公式の代数的証明は教科書に載っています。
でもなんかしっくりこないです。形式的に見えます

微分っていうのは接線の傾きを求めることなんですよね
この認識のもとに立って、合成関数を幾何的な考え方で
納得したいんです。そうでなくても、公式の本質を少しでも
理解したいです。どなたかご教授お願いします。
不明な点は補足します。おっしゃってください。

Aベストアンサー

「酸塩基反応と酸化還元反応」と「合成関数の微分公式について質問」
とはつながりません。
「数学」カテでお聞き下さい。
なお数学の専門家ではありませんが、
>dy/dx = dy/du * du/dx
を見たとき、
>微分っていうのは接線の傾きを求めること
と言われたばあい、なるほどそういう意味から捉えるとこの式は御質問とは逆に非常に論理的で美しく見えます。
なぜなら、dxとdyが「線形」の関係ならduが間に入っても、dx、du、dyの全てが線形であることに変わりはなく、変数交換(微)積分の意味が良く分ります。

Q要件定義書とは?

すみません教えてください。
私は設計を全くしたことがなくて馬鹿みたいな質問かもしれませんが

設計を行う上で「要件定義書」をかかなければならないと
思うのですが、その要件定義書にはなにを記載すればいいのか
具体的に教えていただけないでしょうか?

さらに大雑把な質問ですが、案件を受注して仮に外注に仕事を
投げる場合、どこらへんまで、こちらで物を作ったらいいのでしょうか?

馬鹿みたいな質問ですがもしよろしければお教え下さい。

Aベストアンサー

「要件定義書」自体、さまざまな定義があるようですが、基本的にはクライアントから「RFP(Request For Proporsal)要求定義書」が提出されるケースもありますが、クライアント側にシステム部門がなかったり、システム知識がない場合には、要件のヒアリングをしたうえでヒアリング結果をまとめた「要件(要求)定義書」を作成します。いわゆる新システムの青写真になります。
記載項目は以下のもので網羅されていると思います。参考にしてください。
・開発案件名
・開発の目的と背景
・効果予測
・システム稼動開始予定時期
・開発案件概要
・全体実現イメージ
・導入後の見通し(データの増加予想など)
また、外注に振る場合は、要件のヒアリング作業から参画してもらい外注に要件定義書を作ってもらうこともよいと
思います。

Q酸化還元反応式(過酸化水素水と硫酸酸性ニクロム酸カリウム水溶液)

タイトルのとおりなのですが、酸化剤と還元剤をたして、電子を消して、イオン式まではなんとかできたのですが、そこから化学式に直すことがよくわかりません。
左辺のイオンの反対のものを両辺に加えるというところがよくわかりません。
具体的にどのようにすればよいのか、
詳しく説明してもらえるととても助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。重要なことを思い出しました。
この反応では、ニクロム酸カリウム水溶液が還元剤になる可能性があるということです。つまり、青色のCrO5を生じる可能性があるということです。
ただし、これはマイナーな反応ですので、問題でこれが想定されているかどうかわかりません。「H2O2 CrO5」で検索すればヒットします。英語がほとんどですが・・・なお、CrO5は不安定ですので、最終的には酸素を発生して分解してしまうことになるでしょう。詳細は知りませんが。

上述のことを無視して考えるのであれば、H2O2は還元剤として作用することになります。硫酸酸性KMnO4との反応であればそうなりますよね。
だとすれば、O2が発生するはずです。つまり、
H2O2 + O^2- → H2O + O2 + 2e- 
になるはずです。
KMnO4との反応式を参考にして考えて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報