プロが教えるわが家の防犯対策術!

住宅ローン減税について質問です。

2018年度   年収  484.5万
      所得金額  333.5万
所得から差し引く控除 135.5万
------------------------------
      合計所得 197.9万
   上記に対する税額100,400
住宅ローン減税額218,700
------------------------------
 引ききれなかった所得118,300
 おそらくこちらが市民税から控除され
 2019年度の市民税は88,000まで減りました。
 本来なら206,300になっている所です。

そこで、質問です。
市民税は残り88,000です。

2019年度の年収は2018年度の変わりなく480万ぐらいです。ですが個人事業主として開業したのですが、始めたばかりで売上金1万程度しかありません。しかし、経費として約50万使っております。
この場合、青色申告をして赤字50万で計上するつもりです。

この場合、所得税から引ききれなかった住宅ローン減税の額が市民税から引かれると思うのですが、優先順位的に赤字の部分はどういった扱いになりますか?

ざっくりとしたイメージ、所得金額から50万引かれて合計所得が50万減る訳ですから、住宅ローン減税で所得税から引ききれなかった分を市民税から引く分が赤字分があった為、その分多くの市民税から引かれるイメージで宜しかったでしょうか? 

少しややこしくなっており、適切な説明文になっているか不安ですが、皆様のご教授をお願いしたく思います。

宜しくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • この場合 市民税額88,000(前後有)ぐらいになると思われる市民税が赤字50万あることにより(住宅ローン減税も加味し)市民税額はざっくりとどれぐらいになりそうですか?

      補足日時:2020/01/22 01:56
  • 2016年に2000万+2017年にリフォームローン300万=2,300万が住宅ローンとして国から認められております。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/01/22 08:59

A 回答 (3件)

結論から言うと、


50万の損失が、無難に申告できるなら、
住宅ローン減税と課税所得減での
減税額は、
所得税では、約7.4万で、
所得税額は0
住民税では、約10.3万+5万で、
住民税額は、5.2万(20.5万から)
となります。

事業所得の損失を給与所得と
損益通算することで、所得税は
2.7万ほど軽減され、それにより
住宅ローン減税がその分、
住民税に押し出される形になります。

思ったとおり、住宅ローン減税額は、
住民税側の控除限度額にかかっているため、
住宅ローン減税が少し無駄になっています。

幸い2016年(8%の消費増税後)にローンを
組んでいるので、住民税での減税額の上限額は、
課税所得の5%か、97,500(少ない方)から
課税所得の7%か、136,500に増えてはいます。
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei …

課税所得が、197.9万から147.9万
となるため、
147.9万×7%≒10.3万
が、住民税のローン減税の上限額
となっており、それに減税額が
かかっています。

また、50万の赤字分で、
住民税の減額となっていますが、
住宅ローン減税の上限額にかかった分
減額がやや少ない状況になっています。

但し、50万の損失が認められるかは、
サラリーマン兼業ではちょっと?です。
事業収入(売上)の母体があまりにも少ないからです。
売上に伴って、変動費がはみ出たといったことなら
あまり問題視されないでしょうが、兼業の状態で
例えば、家事按分などで赤字を出していると、
割合多すぎと指摘される可能性もあります。

そのあたり、申告にあたってはよくご検討下さい。

明細を添付します。
「住宅ローン減税について質問です。 201」の回答画像2
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご教授ありがとうございます!

感激レベルの計算をして頂きありがとうございます。

後々、ベストアンサーにさせて頂きます!

こう言った計算ツールが有償?無償?であるのですか?
...知らなさすぎですみません。

お礼日時:2020/01/22 16:07

>こう言った計算ツールが有償?無償?であるのですか?


これは、勉強がてら自作したEXCELです。

自分の申告に必要な制度を集めて、
作成したシミュレーターです。

・年末調整の還付額の確認
・ふるさと納税の最適額
・株の配当控除、譲渡所得の申告方法の選択
・住宅借入金等特別控除による影響
・医療費控除の効果
・公的年金、雑所得等による納税の有無
といった確認と節税(住民税も)の
シミュレーションできるようにしています。

ただ、裏にある条件や確認内容によって、
あちこちパラメータをいじらないといけないので、
一般向きではないと思います。A^^;)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

凄いです...自作で作られたんですね!

節税対策、ふるさと納税等で無駄なく還付等を受けられているのでしょうね!

お礼日時:2020/01/22 23:36

住宅ローンを何年に組んだかが


重要まポイントになります。
いつですか?
この回答への補足あり
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング