初期の大腸がん切除後に(内視鏡でつまんで取るやつです)、乳酸菌を摂ってくださいといわれたのですが、どんな方法でとればよいのでしょうか。ミルミルを飲むぐらいしか思いつきません。
1)お勧めの乳酸菌飲料(食品)を教えてください。
2)一日にどの程度とればよいか教えてください。
3)どのような食品を取れば大腸によいのか教えてください。

以上、よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

MiJunです。


littlekissさん、お久しぶりです。
ご紹介頂きありがとうございます。
以下の参考URLサイトのことと思いますが・・・?
リンクが充実しているようです。

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=115253

「腸内細菌」に関しては、光岡東大名誉教授が有名ですね!
乳酸菌に関しては、「ヨーグルト」をお勧めします。

さらに、「大腸に良い」のは「食物繊維」でしょうか?

「ヨーグルト」「食物繊維」に関してもTOPページで「ヨーグルト」「食物繊維」と入れて検索すると沢山Hitしますので参考にしてください。

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/ohji/othrsite.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速見てみます。

お礼日時:2001/08/14 00:08

過去の質問で 腸内細菌について のなかでMiJunさんが紹介されている


参考URLがお役に立つように思われます。
また、私も回答を寄せた質問 おならが沢山発生してしまいます。の中で
Zauberfloteさんと同じご病気になられた方からの乳酸菌についてのコメントも
かかれてありましたよ。

教えて!gooの質問検索のウィンドウに
腸内細菌について 
おならが沢山発生してしまいます。
乳酸菌
の言葉を入れて検索してみてください。

お身体、お大事にしてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。質問が重なってしまったようですみません。さっそく調べてみます。

お礼日時:2001/08/14 00:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳酸菌の培養について

先日、乳酸菌を発酵堆肥から分離するときに、シクロヘキシミドとアジ化ナトリウムを加えるように指示されましたが、それらを加えるのはなぜでしょうか?また、乳酸菌の培地に炭酸カルシウムを加える意義についても教えて下さい。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

発酵堆肥には当然乳酸菌以外の菌が存在します。
シクロヘキシミドは真菌類に対する抗生物質ですし、アジ化ナトリウムはヘモグロビンに対して不可逆的結合することによる呼吸阻害ですから、共に乳酸菌以外の菌を減少させるのに用いるようです。
入れなくても分離はできるでしょうが、おそらく酵母などがごっちゃりと生えてきて分離が大変なので入れるのではないでしょうか?

また、乳酸菌に限らず微生物を液体培地で培養しているとどうしても二酸化炭素や酢酸などの排出に伴い培地が酸性になりがちです。これを抑制するために炭酸カルシウムを入れます。乳酸菌は特に乳酸を合成するので培地が酸性に傾きやすいのかもしれませんね。

Q花粉症アレルギと乳酸菌

花粉症には乳酸菌がいいらしいと、知人に聞き、早速ネットで調べました。
そうすると、乳酸菌には多数種類があり、その中でもアレルギ改善には有効なものと、そうでないものがあり、現時点では、商品などに効能としては表記できない、ということはわかりました。
子供を含め家族全員、花粉症で、子供はそれ以外にもアレルギ体質なので、何とか改善されればと思ってます。
そこで、実際に市販されてるヨーグルトで、どれを食べればよいのでしょうか。ご存知の方があれば教えてください。商品名、または「このように表記されてるもの」など、実際に購入の上で参考になるようにアドバイスをお願いいたします。
もし、わかれば、自家製で培養していきたいと思ってます。(L21はできないようですが・・・)(←ヨーグルトメーカなどで、作るということです)

Aベストアンサー

ヨーグルトの乳酸菌、私もいろいろ調べました。

大きな会社が調べて出しているんだから間違いないと思いますけど、いろいろな情報サイトを見ていると、花粉症が治るくらい乳酸菌をとるにはすごいたくさんヨーグルトをとらなければいけないとあったのですが・・・。1日300g以上とか。
私はそれが辛いので(もちろんヨーグルトは好きだし食べてます!銘柄はいろいろです)、プリビオっていうサプリメントを摂っています。ノアレなど有名なものより乳酸菌が多いし、添加物も含まれてなかったので。マイナーだけど気に入っています。

それと、お客様相談室に電話して聞いたのですが、どのヨーグルトも、効果が高い乳酸菌は少ししか入ってなくて、多いのはヨーグルトをおいしく作るための乳酸菌だそうです。もしヨーグルトが増やせたとしても、花粉症に効く乳酸菌がちゃんと増えているかどうか、わからないですよね・・・。
権利のこともありますし、気をつけたほうがいいのでは、と思いますよ。

商品には情報がほとんどないですが、インターネットならいろいろ情報が探せると思います。いい乳酸菌が見つかるといいですね!

ヨーグルトの乳酸菌、私もいろいろ調べました。

大きな会社が調べて出しているんだから間違いないと思いますけど、いろいろな情報サイトを見ていると、花粉症が治るくらい乳酸菌をとるにはすごいたくさんヨーグルトをとらなければいけないとあったのですが・・・。1日300g以上とか。
私はそれが辛いので(もちろんヨーグルトは好きだし食べてます!銘柄はいろいろです)、プリビオっていうサプリメントを摂っています。ノアレなど有名なものより乳酸菌が多いし、添加物も含まれてなかったので。マイナーだけど...続きを読む

Qキムチに乳酸菌?

牛丼屋でキムチ入り牛丼を注文した際、
何となくメニュー表を眺めてたら
キムチ牛丼の箇所に、
「乳酸菌・タウリン」と書いてありました。
乳酸菌!??
想像もつきませんでした。よもや、あの激辛な、
しかも白菜等で構成された漬物に「乳酸菌」とは…。
乳酸菌と言うと、乳製品に入っている感じがしますが
どのようにしてあの激辛な中に乳酸菌が
できるのでしょうか? そしてこの乳酸菌は、
お腹にとって有効なものなのでしょうか?

Aベストアンサー

キムチは乳酸菌の発酵食品ですよね。
乳酸菌が含まれていても不思議ではありません。
乳酸菌は整腸作用があるので、とても有効なものです。

参考URLもご確認ください。

参考URL:http://www.asahi.co.jp/toku/html/bn_20000806.html

Q大腸内視鏡をするのに、全身麻酔をした方がよいという人もいるのですが、そ

大腸内視鏡をするのに、全身麻酔をした方がよいという人もいるのですが、そんなにつらいものでしょうか?

Aベストアンサー

>大腸内視鏡をするのに、全身麻酔をした方がよいという人も
>いるのですが、そんなにつらいものでしょうか?

3ヶ月前まで整形外科病棟に入院していましたが、病棟の近くに
内視鏡室があり、大腸の内視鏡検査を受診されている方を
多数見かけましが、全身麻酔で受診される方はいませんでしたよ。
私も3年前に胆嚢炎で入院した際、大腸の内視鏡検査を受けましたが
至って普通に出来ましたよ。私が辛かったのは内部の写真を撮る際、
ガス?(空気?)を入れて膨らませるんですよ、腸を。
その時お腹が張って苦しかったですね。おならが出そうな感じに
なるんですが、天使のような看護師が悪魔の囁きを言うんですよ。
『お腹が張ってガスが出そうになっても我慢してくださいね。』ってね。
その状態でガスが出ると内視鏡が勢い良く抜けてしまうそうです。
(信じられない話ですけどね)
良く皆さんが内視鏡先端が直腸から下行結腸、下行結腸から横行結腸、
横行結腸から上行結腸の各「曲がり角」を通過する際に少し痛い、と
言いますが、そんなには痛くはないと私は思います。大腸検査で
全身麻酔を使うようでは検査が一泊二日のコースになっちゃいますよ。

>大腸内視鏡をするのに、全身麻酔をした方がよいという人も
>いるのですが、そんなにつらいものでしょうか?

3ヶ月前まで整形外科病棟に入院していましたが、病棟の近くに
内視鏡室があり、大腸の内視鏡検査を受診されている方を
多数見かけましが、全身麻酔で受診される方はいませんでしたよ。
私も3年前に胆嚢炎で入院した際、大腸の内視鏡検査を受けましたが
至って普通に出来ましたよ。私が辛かったのは内部の写真を撮る際、
ガス?(空気?)を入れて膨らませるんですよ、腸を。
その時お腹が張っ...続きを読む

Q乳酸菌の単位・数え方について

こんにちは。

こちらのカテで良いのかわからないので、
カテを間違っていたら、すみません。

素人なので、何もわからないのですが、
乳酸菌の入ったサプリを探していて疑問に思うのですが、
乳酸菌の数え方がわかりません。

例えば、
「乳酸菌 100億個」
「乳酸菌 1兆個」
「乳酸菌 ビフィズス菌・・・10mg 
     ○○(乳酸菌の一種)菌・・・ 10mg」
「乳酸菌 ヨーグルト 何杯分 または 何リットル分」

と言う表示なのです。

多い方が、良いと思っても、
○個と○mgと○杯分・・・など
単位がそれぞれ違うので、比較のしようがありません。

「個」と言うのは、それぞれの個数であって、
mgでは表す事が出来なのでしょうか?

お聞きしたいのですが、
例えば、 乳酸菌100億個は、乳酸菌何mgに相当するのでしょうか?
または、 ビフィズス菌100億個は、ビフィズス菌何mgに相当するのでしょうか?


宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 まず訂正をします。乳酸菌の特定の種類がビフィズス菌です。ヨーグルトは何種類か乳酸菌を混ぜているものと、特定のビフィズス菌のみ一種類が入っているものがあります。そのため販売しているものによって「このヨーグルト中の乳酸菌は~」という表記と「このヨーグルト中のビフィズス菌は~」という表記にわかれるわけです。

 菌数と重さに関してですが、人間の数十%は水と言うように、細菌も水を多く含んでいます。通常、菌数を多く見せるために、菌数は乾燥重量ではなく、湿重量で求めるため、すこしややこしいのですが、簡単に言えば、1gで10の11乗匹前後ですね(1000億匹)。体積で言うなら1mlで10の12乗前後かな(一兆匹)。1番の方もおっしゃっていますが、湿重量なので、菌の状態如何(死に掛けはやせ細っている、などの状態)で数十%の誤差がありますが、大体この程度です。
 ヨーグルト一杯程度というのは、ヨーグルトという商品名で販売するにはヨーグルト1mlに菌が10の7乗匹(1000万)以上いないといけないので、この辺が基準になっているはずだと思います(ここはわたしの推測です)。ちなみに1mlに1000万というのは細菌の数としては、かなり少ないですね。全部菌だと1mlで10の12乗なので、%で言うと0.001%ですか・・・はじめて数えましたが、ヨーグルトの基準値適当ですねえ。
 
 ちなみに、1番の人もおっしゃっていますが、菌数と言うのは死んだ菌も数えています。食べればその時点で殆ど死んでしまいますが、もともと乳酸菌が何故体にいいのかと言えば、体に元から存在する乳酸菌に栄養を与えたり、生きたまま腸に届いた菌がそのまま居つくためです(ちなみにこのフレーズよく言われますが、生きたまま腸に居つく菌というのはほぼ0です。いや0は言いすぎですが、殆どが届く前に死んでしまい、届いたものも大半はトイレ行きですね)。まあそうはいいますが、菌が死んでいても整腸作用は十分にありますので、実際の所はほとんど問題ないんですけどね。

 まず訂正をします。乳酸菌の特定の種類がビフィズス菌です。ヨーグルトは何種類か乳酸菌を混ぜているものと、特定のビフィズス菌のみ一種類が入っているものがあります。そのため販売しているものによって「このヨーグルト中の乳酸菌は~」という表記と「このヨーグルト中のビフィズス菌は~」という表記にわかれるわけです。

 菌数と重さに関してですが、人間の数十%は水と言うように、細菌も水を多く含んでいます。通常、菌数を多く見せるために、菌数は乾燥重量ではなく、湿重量で求めるため、すこしや...続きを読む

Q輸液 アルカリ化剤 乳酸

乳酸がどうしてアルカリ化剤になるかがわかりません。
輸液の教科書などには、「肝臓で代謝されてHCO3-になる」とか書かれていますが、乳酸の代謝を生化学の本で調べてもそのようなことはありません。
LDHの作用でピルビン酸になってから、糖新生か、TCAサイクルに行く、と言ったところです。
確かにピルビン酸からアセチルCoAの過程でCO2が産生されるため、
H2O + CO2 → H2CO3 → H+ + HCO3-
の反応が進みHCO3-はできますが、これでは体内はアルカリには傾きません。
どうしてもわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

もしかしたら、ルシャトリエの平衡移動の法則の所でつまづいてませんか?

つまり、私へのご質問の
>H2O + CO2 → H2CO3 → H+ + HCO3-
>ではH+が作られているような気がしますが。

の部分ですが、右方向にいくらでも反応が進むのでしたら、おっしゃる通りになりますので、H+ を供給する事になってしまいます。

しかし、体内には既に、H+ も HCO3- も H2CO3 も沢山あるわけです。

その中の H+ が不足の状態がアルカローシスなわけです。
この状態では、HCO3- は沢山ある状態なので、ご質問にある式は右方向には進みません。

めんどくさい式を書くと、

k[H2CO3]=[H+][HCO3-]
:[]はモル濃度(正しくは活量)k は一定の値の数字

という式が出てくるのですが、面倒くさい式の右側を見ていただくと、H+ が少なくても、HCO3- がいっぱいあれば、H+ の量の変化は少なくなるのがお判りになりましょうか。

今回問題になってる、代謝性アルカローシスは嘔吐による胃液の喪失であり、その胃液の中の塩酸として存在する H+ は体内の、この電解質平衡によってまかなわれていますので、体内の H+ が直接減る事になり、その際、片割れの HCO3- が沢山あまってる状態になります。
その為、乳酸で、H2CO3 を補給しても、ほとんどが肺などから CO2 として排出される結果になります。

もしかしたら、ルシャトリエの平衡移動の法則の所でつまづいてませんか?

つまり、私へのご質問の
>H2O + CO2 → H2CO3 → H+ + HCO3-
>ではH+が作られているような気がしますが。

の部分ですが、右方向にいくらでも反応が進むのでしたら、おっしゃる通りになりますので、H+ を供給する事になってしまいます。

しかし、体内には既に、H+ も HCO3- も H2CO3 も沢山あるわけです。

その中の H+ が不足の状態がアルカローシスなわけです。
この状態では、HCO3- は沢山ある状態なので、ご...続きを読む

Q乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?

最近、「ヨーグルト」、「乳酸菌」、「免疫力」という言葉をよく見聞きします。

私はヨーグルト愛好家ですし、免疫力アップにも関心があります。
そこで、疑問が生まれました。疑問は2つです。

乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
食べた乳酸菌が腸に住み着き善玉菌になるのでしょうか?

いろいろ調べましたが、免疫力アップとか整腸作用とかの効果期待するには、「腸内善玉菌を増やす」ことが必要、ということはわかりました。

では善玉菌を増やすには、どうしたらいいのか?
わかったのは、
「腸内善玉菌を増やすには、エサとして食物繊維を摂取するのがよい」
「ヨーグルト等の乳酸菌はそのまま腸に住み着かない」
「整腸作用のためには死体の方がカサが増えるので死んでいた方が効果的」
「通常乳酸菌は胃酸や熱でほとんど死んでしまう」
といった情報です。

錠剤の乳酸菌は当然生きていないし、ヨーグルトも加熱して調理したら死んでしまいます。
最近は、細胞膜かなにかを厚くして胃酸にも耐えて腸まで届く乳酸菌、とか宣伝文句はいろいろありますが、こうした健康食品は大変高価です。毎日摂取するには高すぎます。

健康のために普通にヨーグルトとかの乳酸菌食品をとっても、生きた乳酸菌が腸まで届かないから意味がないのでしょうか?

生菌の薬もあるようですが、病気でないと処方されません。

本当に、乳酸菌は生きて腸まで届かなければ効果はないのでしょうか?
また、食べた乳酸菌が腸で生きていることで、善玉菌になるのでしょうか?

最近、「ヨーグルト」、「乳酸菌」、「免疫力」という言葉をよく見聞きします。

私はヨーグルト愛好家ですし、免疫力アップにも関心があります。
そこで、疑問が生まれました。疑問は2つです。

乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
食べた乳酸菌が腸に住み着き善玉菌になるのでしょうか?

いろいろ調べましたが、免疫力アップとか整腸作用とかの効果期待するには、「腸内善玉菌を増やす」ことが必要、ということはわかりました。

では善玉菌を増やすには、どうしたらいいのか?
わかったのは、...続きを読む

Aベストアンサー

基本的な考え方として、人間はわざわざ乳酸菌を育てるように、様々な抗菌物質を作り出して、腸内の悪い菌が増えないようにコントロールしています。しかし40代後半くらいから、老化に伴って徐々にコントロール機能が落ちるので、悪玉菌が増えてきます。また個人差はあり、強いストレスにさらされるとやはりコントロール機能が落ちることが知られています。
 オリゴ糖、食物繊維など善玉菌の栄養になるようなものを摂取することも大切ですし、同じように、睡眠時間を十分に摂取するなど生活習慣なども影響します。
 生菌でも死菌でも同じように善玉菌を増やす効果があります。別にその時に摂取した菌が腸内に根づかなくてもいいではないでしょうか。乳酸菌なんてちっとも気をつけて摂取しなくても若いうちは乳酸菌の多い腸内環境になるわけですから、。
 サプリメントで摂取する乳酸菌はほとんど通過菌です。根づく菌はビフィズス菌ですが、おそらくほとんど胃酸で死にますし、大腸までたどり着いても先客がいますので、その菌が根付くかどうか分かりません。腸管免疫系に影響を与えたり、善玉菌に加勢することに価値があります。

参考URL:http://www.nyusankin.or.jp/scientific/hosono_2.html

基本的な考え方として、人間はわざわざ乳酸菌を育てるように、様々な抗菌物質を作り出して、腸内の悪い菌が増えないようにコントロールしています。しかし40代後半くらいから、老化に伴って徐々にコントロール機能が落ちるので、悪玉菌が増えてきます。また個人差はあり、強いストレスにさらされるとやはりコントロール機能が落ちることが知られています。
 オリゴ糖、食物繊維など善玉菌の栄養になるようなものを摂取することも大切ですし、同じように、睡眠時間を十分に摂取するなど生活習慣なども影響します...続きを読む

Q粘膜下下鼻甲介骨切除術で保険金くれますか?

先日こちらの質問の仕方が良くなく、よい回答が得られなく再質問となります。

保障内容ですが
(1)手術給付金
病気・怪我などで、手術場合、術式に応じて 主契約5・10・20万(特約に入っているので私は10・20・40万)→私の場合は20万とコールセンターより聞きました。

(2)疾病入院給付金
主契約入院日額5000円(特約に入っているので私は1万)

さらに手術して入院5日以上の場合、通院特約で6000円という内容です。おそらく通院もあります。

病名[推定] 術式
(1)(通院先の先生いわく薬剤性?)アレルギー性鼻炎 粘膜下下鼻甲介骨切除術(左右)
(2)鼻中隔湾曲症 鼻中隔矯正術

同時にやるので、手術給付金は高いほうの(1)のみ
入院は7泊8日らしいです。

背景は、鼻炎でいつも通っている耳鼻科の紹介になります。
(1)薬で治らない (2)レーザーも失敗の可能性がある (3)根治を目指すには手術→大病院へ
と、当初は選択肢があり、通院半年でも症状が改善されなく、最終的に医師と相談の元(3)を選びました。

保険は2年半前に加入
入院は子どもの頃だけ鼻の骨を折って1回(保険契約時、告知欄にはかなり以前の入院のため記載する場所なし)ただし、鼻は完治。しかし、成人になり、少しずつ詰まるようになってきた感じは今になってあったかなと思っています。

耳鼻科の通院は今年3月ごろ
それまでは鼻が詰まるとき市販の点媚薬を使っていました。
くわしい原因はわかりませんが、それが原因らしいです。花粉症と。(保険契約時、告知欄に記載する場所なし) 実際ひどいと思っていなかったので病院に通院していないので告知してません。

保険対象となるのか心配で、保険本体に何度か聞き、「恐らく初めての通院が契約2年後なので大丈夫」との返答でしたが、基本は医師の診断書をもとに「手術の必要性があったかどうか」と「原因」で判断するとのことです。

手術の必要性といっても、選択の余地があり、根治を希望したので手術に踏み切り大病院を紹介されたのです。原因といっても鼻炎は花粉症もそうですが、鼻が詰まるのは契約以前からたびたびあり、前述の通り、市販の点媚薬をさしてました。病気と意識せず・・・。契約時、告知義務違反はありません。病気と知ったのは最近です。

保険会社は契約No.1の外資大手です。

すでに保険会社に問い合わせてます。心配なのは診断書・原因等、審査って厳しいものなのでしょうか。大丈夫という言葉を信じていいものなのか・・・。

同じ病気だった方、もしくは詳しい方にご教授願えたらと思います。なお、初めての保険請求で素人です。稚拙な文章で申し訳ございません。足りない部分があれば補足いたします。平によろしくお願いいたします。

先日こちらの質問の仕方が良くなく、よい回答が得られなく再質問となります。

保障内容ですが
(1)手術給付金
病気・怪我などで、手術場合、術式に応じて 主契約5・10・20万(特約に入っているので私は10・20・40万)→私の場合は20万とコールセンターより聞きました。

(2)疾病入院給付金
主契約入院日額5000円(特約に入っているので私は1万)

さらに手術して入院5日以上の場合、通院特約で6000円という内容です。おそらく通院もあります。

病名[推定] 術式
(1)(通院先の...続きを読む

Aベストアンサー

No.1で回答したものです。

たぶん、質問者さんが、事前に詳しく調べておられるので、回答者の方もさらに詳しく前提条件をお聞きになりたかったのだと思います。

一般的な質問は、質問者さんが「事前に詳しく調べておられる内容」的なことを回答するパターンが多いのだと思っています。

そこから先の詳しい確定的な内容になると、掲示板といった都合上、なかなか断定的なことの回答は難しいのかもしれません。

一般的なパターンとして、病院などにもともとかかっていない状態のものについては、保険加入後に「さらに悪くなった分」に関することが保証されるというニュアンスなんだと思います。

例えば、時々鼻がくすんくすんとしていたが通院などしている状況でなく気にしていなかった。ところが加盟後数年して急に悪さが強くなり通院治療が必要になれば、悪くなった分に対しての必要な治療分、悪くならなければ手術は不要だったんだから、その分は保証しますよといった感じだと思います。

ただ、このあたりの因果関係や判定については、保険会社独自のものですので、保険を請求してみてからしか分からないです。もし支払い対象とならなかった場合は、その理由を聞くこともできますし、不払い事案不服申立窓口的なのもあると思います。

No.1で回答したものです。

たぶん、質問者さんが、事前に詳しく調べておられるので、回答者の方もさらに詳しく前提条件をお聞きになりたかったのだと思います。

一般的な質問は、質問者さんが「事前に詳しく調べておられる内容」的なことを回答するパターンが多いのだと思っています。

そこから先の詳しい確定的な内容になると、掲示板といった都合上、なかなか断定的なことの回答は難しいのかもしれません。

一般的なパターンとして、病院などにもともとかかっていない状態のものについては、保険加...続きを読む

Q乳酸菌による腐敗について

 乳酸菌は一般的には体に良いとされていますが、乳酸菌が原因による食品の腐敗や、劣化について知識等をお持ちの方、教えて欲しいです。
 乳酸菌による腐敗・食品の劣化とはどういうものでしょうか?

Aベストアンサー

乳酸発酵は微生物活動の終焉の姿です。
乳酸菌が造り出す酸性の世界は、他の微生物の生存はおろか、自らの生存さえ許さない厳しい強酸性の環境です。程度によってPHは低下していきますが、味覚として感じるのは『酸っぱさ』が増していく感じだけでしょう。管理されて行われた乳酸発酵の環境下では、当然他の微生物は繁殖できませんので、決して腐ることはありません。よって食中毒の心配は皆無です。

Q花粉症。いつころ病院に行けばよいか??

今は花粉症ではありませんが、
ひどかった今年4月ころ耳鼻科に行った際に、
「花粉症は早めに処置すればよい」みたいなことを言われましたが、
いつころから病院で処置してもらえれば、いいですか。

その病院はとても混むので、ここでお聞きします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はスギ花粉アレルギー58.20と最悪なので、1月から、アレジオンを服用していました 他のアレルギーはありません でも2011.9に喉のいがいがが続き、胸部X線+呼吸機能検査で異常なしでもダメで、咳+タンが続いたので、呼吸器科に行き、ステロイドの吸入をしたら、3日(1日2回)で治りました 40回吸入できるサイズで10%負担で690円と高いクスリです 診断は花粉症でした


人気Q&Aランキング

おすすめ情報