土間をたたき工法で、自分で作りたいと思います。
施工の仕方について、説明しているサイトはないでしょうか。
便利な本とかでもいいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

三和土とも言われている土間だと思うんですが。


通常、たたき土間は
砂利を含んだ粘土に石灰と苦塩(にがり)を混ぜ、叩き棒
や叩き鏝を使って硬くなるまで付きかためる仕上げます。
仕上げ厚は10センチ位です。
石灰は粘土の硬化を助け、にがりは冬に土間の凍結を防止する効果があります。
三つの材料を使う事から三和土と呼ばれる様です。
ただの施工現場を見たことがないので配合は分かりません。
建材屋さんには配合済みの物もあるようなので建材屋さんのHPを参考にして下さい。
(施工方法も書かれていると思うんですが・・・)

参考URL:http://www.jyuraku-tuchi.com/index.html
    • good
    • 8

「たたき工法」を知りません。



ただ.本当の「土間」の作り方は.
そせい塩(97%?前後の純度の悪い塩)をたたみ1枚あたり100もんめ(1mon=約4g)程度まき.直径・長さ1-2尺程度の丸太に左右に棒を打ち付けててで持ちあがるようにした.土槌?を作って.2-3日かけて全体を叩きます。
塩を撒くと.水が浮き上がりますので.乾かないようにして.叩きます。

注意点としては.コンクリート工作物が有ると.塩の影響でコンクリート内部の鉄がさびて.近い将来(5-10年)土台が崩れます。したがって.コンクリートを一切使っていないことが必須です。

せいせい塩(食品用塩)は.不純物の硫酸マグネシウム・硫酸カルシウム含有量がきわめて少なく.使えません。塩化ナトリウムを加えることで.土中の水分を表面に導き出し.叩くことで.土の粒子間距離を狭くします。又.硫酸はチクソトロピックな性質が有りますから.叩いている分には.流動性が有ります。数日後叩かなくなった頃に.水分が減少し.粒子間距離が短くなり.硫酸の影響で粒子が凝集し.硬くなり.土間になります。
したがって.せいせい塩だけは使わないでください。ただ単に.地面が柔らかくなるだけです。

20-30年前に1回作るのに立ち会ったことが有るだけですから.分量については.自信が有りません。作られた.土間の大きさと.現場に積み上げられていた.塩俵(当時.俵で販売されていました)の量からの推定です。
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q居間と応接間

私の家では居間と応接間は厳密に分けていて、よほど親しい人でない限り居間に通すことはありません。居間と応接間の区別が曖昧だったり、一つの部屋を兼用しているところも多いかと思いますが、みなさんのおうちはどうですか。

Aベストアンサー

テレビがドテンと座っていて、ソファやカウチが一方向を向いているのが居間。ダイニングテーブルと椅子と食器戸棚のある部屋は、ダイニング・ルーム。

この二つの間に、キッチンのカウンターとダイニングテーブルまでの、不思議な空間があり、訪問客はまずそこに通されます。本来は家族用のブレックファスト・テーブル用の空間ですが、テーブル無しで椅子だけが壁にそって置いてあり、訪問客の人数に合わせ椅子とサイドテーブルを出します。

という訳で、昔風の応接セットはありません。客の目の前でコーヒーやお茶を作るカフェ風です。

銀行屋さんなど真面目な書類を持ち込む場合は、ダイニング・ルームです。

Q給水工事の工法は分岐工法かヘッダー工法か?

現在、新築一戸建てを検討中で給水工事の工法で迷っています。
4LDKで2階建てですが、2階に水周りはありません。給湯はエコキュートです。
お風呂使用中に台所やトイレを使用したときに水量が減ったりしないようにしたいのですが、この場合さや管ヘッダー工法がいいでしょうか?
HM標準は分岐工法でヘッダー工法にすると15万のコストアップになります。
分岐工法でも、樹脂管のサイズを大きくすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

理想はヘッダーでしょうね。

でも予算等当然あることなので先分岐工法でも問題ないかと思います。
従来の配管はすべて分岐工法ですよ。

メインの樹脂管を16Jで配管してもらいましょう。(20mm相当とメーカーは言っています。ただしチーズ等がない場合ですが)あくまで水道メーターが20mmという前提です。

ヘッダー 先分岐工法どちらも施工していますが、先分岐工法で苦情等在ったことは無いです。
理屈上はヘッダーと比べれば確かに同時使用率において流量の変化は激しいですが・・・特に水圧が落ちるエコ給湯みたいなので。
あくまで個人的にですが気にならないと思います。(シャワーについては、台所等の同時使用の場合は気になる場合もあるかもしれません)
どこまで質問者様が気にするかだけの問題です。

※ヘッダーにしたからといって水量の変化は必ずあります。あくまで少ないということだけです。メンテも床下は入れるなら特に問題なしと考えます。
気になるならシャワーだけ簡易ヘッダーみたいに一番手前で分岐をして配管してもらっては?どうなるかはわかりませんが・・・。

理想はヘッダーでしょうね。

でも予算等当然あることなので先分岐工法でも問題ないかと思います。
従来の配管はすべて分岐工法ですよ。

メインの樹脂管を16Jで配管してもらいましょう。(20mm相当とメーカーは言っています。ただしチーズ等がない場合ですが)あくまで水道メーターが20mmという前提です。

ヘッダー 先分岐工法どちらも施工していますが、先分岐工法で苦情等在ったことは無いです。
理屈上はヘッダーと比べれば確かに同時使用率において流量の変化は激しいですが・・・特に水圧...続きを読む

Q『リビングルーム』、『応接間』、『居間』の区別

 初めまして。日本語を勉強している外国人です。
 『リビングルーム』、『応接間』、『居間』の区別は何でしょうか。
 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

居間とは昔はその家の主や夫人が普段過ごす部屋を指しました。(昔の日本では細かく部屋が別れている構造が一般で気だった)
しかし、日本の住宅が欧米の文化を取り入れた間取りに変わるうちに、リビングルームと同義語になりました。つまり現在では同じ意味で使われています。

応接間は異なる意味を持ちます。
応接間とは客を迎え入れ、接待する部屋を指します。
ですから、リビングと兼用している場合もあるし、リビングとは別に独立して応接間を設けている場合もあります。

似ている言葉で客間というのもあります。これも応接間と似た意味で使われることもありますが、客が泊まるゲストルームという意味も持ちます。

では。

Q〈マンション〉施工図、施工計画書は作らないもの?

築5年、103世帯居住のマンションに住んでおります。
現在管理組合の理事会役員をしております。
ちょっと調べたいことがあり、管理会社経由で売り主に竣工図、施工図、施工計画書、工事写真を閲覧したいと申し出たのですが、竣工図と一部の写真しかないと言われました。
一般的に施工図や施工計画書、記録としての写真は作成しない、あるいは作成しても保管しないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

民間工事の場合、官庁工事と違いケースbyケースです。
確認申請通知書だけしか無いマンションも多々あります。
竣工図(完成図書)が有るだけマシなほうですよ。
私なんか耐震診断を受けた場合、難渋していますよ。
民間工事の場合、建築時に設計監理料や施工工事額を値切る過ぎるとしわ寄せがこういう所に及んでくるのです。

法的に保管の規制があるのは、建築確認申請した図面となります。
図面の保管は、設計者(設計事務所)となり、工事施行関係者は保管する必要も無く、関係ありませんね。

Q浴室土間に貼るものを探してます

現在の浴室はコンクリートの土間がむき出しの状態です。
土間を打ったのは最近のようで綺麗に見えます。
浴槽は洗い場から一段下がった部分に置いてあり、そこも土間が打ってあります。
自分で土間の上に何か貼りたいのですが、(1)手軽でおすすめの材料(2)貼り方を教えてください。

Aベストアンサー

賃貸ではなくて自宅ならNo3の方も書いておられる「バスナフローレ」がオススメです。
http://www.toli.co.jp/product_floor/bathna.html

昨年DIYで施工しました。(接着剤込みのセットを購入)
モルタル施工までは職人にお願いしました。
なんといっても明るく、冷たくなく、堅くなく快適です。掃除もらくです。

施工は一人でやりましたが位置合わせなど大変でした。
二人でやればむずかしくありません。
参考にしてください。

>結構高いですね。m210,000円くらいですか?

何かのまちがいでは?

Q駐車場の土間と柵ではどちらを先に施工したらいいのでしょうか

よろしくお願いします。
うちは、西側の角地で、道路よりも少々高い北側の土地に建っているのですが、北側が駐車場です。今は砂利のみとなっています。いずれは土間敷きしたいと考えています。そして角地ということで、目隠しに柵をやろうかとも考えているのですが、予算もあまりないので、一度にはできません。どちらを先に施工したらいいのでしょうか?
 こんな質問で申し訳ないのですが、宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

土間の種類にもよります。アスファルト舗装なら柵下の転圧が出来ないので土間(アスファルト)からするべきでしょう。コンクリートならどちらが先でも施工は出来ます。ただ、目隠し柵の用途であれば柵から施工されてはどうですか。

Q床conと土間con

床conと土間conの数量を測らないといけないのですが
当方勉強不足でよくわかりません。
そこで、

1、床conと土間conはどの部分をいうのか
2、床conと土間conの違い
について教えていただきたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足について
>床conは鉄筋コンクリート構造の部分だけでいいんでしょうか。
はい、鉄筋コンクリート構造の床スラブの部分です。
他の構造の場合、床conという言葉は聞いた事がありません。
鉄骨造の床の場合は、デッキコンクリートといいます。

>2F以上の土間conとはどの部分をいうのでしょうか。
土間conとは、1階の床部分しか言いません。
2F以上の床部分は、増し打ちコンクリート又はかさ上げコンクリートと言います。

積算でもしているのかね。
「建築数量積算基準・解説」という本にコンクリートの積算方法書いてますから、本屋へ行って買ってきて良く読んでおぼえましょう。
ご参考まで

Qパネル工法と2×4工法の違い

パネル工法と2×4工法の違いを教えてください。
関連サイトもあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

【パネル工法】
床・壁などの構造体をパネルとして工場生産した物を現場で組立てる工法
「木質系パネル」「鉄鋼系パネル」「コンクリート系パネル」がある。
【2×4工法】
2×4インチ(5×10cm)の断面の木材で作られた枠組に構造用合板を釘打ちした木製パネルを組合せる工法。

【社団法人日本木材加工技術協会関西支部】
http://wwwsoc.nii.ac.jp/wtak/index.html

「パネル工法と2×4工法の違い」
http://wwwsoc.nii.ac.jp/wtak/hatena/answers/a129.html

参考URL「住宅基礎知識」

参考URL:http://www.sumainonet.com/j/j_top.html

Q物置、カーポートと土間コンクリートまとめて工事するに安い方法

一戸建て住宅です。物置とカーポートを設置したく
同時に土間コンクリート工事もします。
さて、物置やカーポートは「しまいコム」さんなど
ネットで注文すれば安上がりなようですが、土間
コンクリート設置はネットで難しいと聞きました。
土間だけ別に地元の左官屋さんに頼みべきなのか、
工事と物置・カーポートをセットで頼むのか、一番
安上がり方法教えて!

Aベストアンサー

土間コンをされた所にカーポートも物置も設置されると仮定しての回答です。順番からすると1、カーポート2、土間コン工事 3、物置です。その理由は土間コンを先にするとカーポートを設置する際に柱の穴を掘るため穴を埋めた跡が残るのと、コンクリートをハツル費用がよぶんにかかる、また土間コンは水はけを考え必ず傾斜をつける為、物置を設置するスペースはフラットに仕上げてもらう、そうしないと設置時に物置面の水平をだすためレベル出し工事費が必要になります。あと注文ですがホームセンターのエクステリアセンターなどで見積もり依頼されれば良いと思います、また別のホームセンターや業者にも見積もり依頼される場合はAホームセンターの見積もりはこれだったけれど、同じ工事内容で見積もって下さい、と言った方が早いです。また見積もってもらったけれどキャンセルする場合は早めにハッキリ伝えるのがマナーです。後々のメンテナンスの事を考えると、所在のハッキリしているホームセンターがおすすめです。

Q2×4工法とSW工法とで迷っています

 現在、同じ分譲地内にある新築建売戸建2物件を比較検討中です。
 うち1件はSW工法ですが、南下がりの雛壇ではなく北下がりの雛壇、北道路でしかも盛土の上に建ち、南側にはブロックによる高さ1.5Mの擁壁があります。
 もう1件は2×4工法で、北道路ですが高低差が無い区画に建っています。
 2棟共土地面積・建物の大きさおよび価格は殆ど同じですが、分譲業者はSW工法の耐久性や強度を盛んにアピールしています。
 一方、その説明によれば、SW工法の方が2×4より材料コストが高いので、それらの物件の土地の価格はSW工法の棟の方が安いようです。
 個人的には新しもの好きなのでSW工法に惹かれるのですが、上述のとおり区画にやや難ありと感じています。
 また、HPで見た記事によってはSW工法について「強度は2×4並み」としているものもあります。
 一旦住み始めてしまえば工法の違いを意識する事もなく、火事や大規模な地震でも起こらなければ、むしろ日頃のメンテによる建物の持ちが違いの方が影響が大きいのでしょうから、あまり気にするのも妙かなとも考えています。
 更に、いくら構造材が100年持つと言っても、他の部分はとてもそれだけ持たないでしょうし、100年も住み続けられる訳でもなく、あくまで計算上或いは試験上での結果でしょう。
 一級建築士を弟に持つ私の友人曰く、「建売は日当たりと風通しが一番重要」とのことです。

 以上、長くなりましたが初めての大きな買物なので大いに迷っております。
 ぜひ、建築や不動産の専門家の方のアドバイスを頂ければ幸いです。

 現在、同じ分譲地内にある新築建売戸建2物件を比較検討中です。
 うち1件はSW工法ですが、南下がりの雛壇ではなく北下がりの雛壇、北道路でしかも盛土の上に建ち、南側にはブロックによる高さ1.5Mの擁壁があります。
 もう1件は2×4工法で、北道路ですが高低差が無い区画に建っています。
 2棟共土地面積・建物の大きさおよび価格は殆ど同じですが、分譲業者はSW工法の耐久性や強度を盛んにアピールしています。
 一方、その説明によれば、SW工法の方が2×4より材料コストが高いので、それらの物件の...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは、
やはりお友達の、「建売は日当たりと風通しが一番重要」
のアドバイスは定番ですが一番核心をついていると思います。
業者側からいうと同じ分譲地内であれば、土地の魅力に欠けるものに建物で付加価値をつけて売れ残らないようにします。最終的にすごく値引きするのであれば最初に付加価値を付けてさっさと売れたほうが経費的にも、他棟の販売にも影響したりするからです。
 私自身も2年前に条件付の物件を購入(プランは私がしました)しましたが、風通しを一番に考えました。
 構造的には書かれておられるように、気にすることはさほど無いように思います。それよりも間取とか住設機器の使い勝手とかの日常的な事の方が気になったりします。
 ただ私的には2*4は内外とも合板が貼りつめてあるのがチョット気になります。
 この2件の他にも選択肢があるのなら、7月1日に建築基準法が改正された事なども検討されたら如何でしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング