最新閲覧日:

土間をたたき工法で、自分で作りたいと思います。
施工の仕方について、説明しているサイトはないでしょうか。
便利な本とかでもいいです。

A 回答 (2件)

三和土とも言われている土間だと思うんですが。


通常、たたき土間は
砂利を含んだ粘土に石灰と苦塩(にがり)を混ぜ、叩き棒
や叩き鏝を使って硬くなるまで付きかためる仕上げます。
仕上げ厚は10センチ位です。
石灰は粘土の硬化を助け、にがりは冬に土間の凍結を防止する効果があります。
三つの材料を使う事から三和土と呼ばれる様です。
ただの施工現場を見たことがないので配合は分かりません。
建材屋さんには配合済みの物もあるようなので建材屋さんのHPを参考にして下さい。
(施工方法も書かれていると思うんですが・・・)

参考URL:http://www.jyuraku-tuchi.com/index.html
    • good
    • 7

「たたき工法」を知りません。



ただ.本当の「土間」の作り方は.
そせい塩(97%?前後の純度の悪い塩)をたたみ1枚あたり100もんめ(1mon=約4g)程度まき.直径・長さ1-2尺程度の丸太に左右に棒を打ち付けててで持ちあがるようにした.土槌?を作って.2-3日かけて全体を叩きます。
塩を撒くと.水が浮き上がりますので.乾かないようにして.叩きます。

注意点としては.コンクリート工作物が有ると.塩の影響でコンクリート内部の鉄がさびて.近い将来(5-10年)土台が崩れます。したがって.コンクリートを一切使っていないことが必須です。

せいせい塩(食品用塩)は.不純物の硫酸マグネシウム・硫酸カルシウム含有量がきわめて少なく.使えません。塩化ナトリウムを加えることで.土中の水分を表面に導き出し.叩くことで.土の粒子間距離を狭くします。又.硫酸はチクソトロピックな性質が有りますから.叩いている分には.流動性が有ります。数日後叩かなくなった頃に.水分が減少し.粒子間距離が短くなり.硫酸の影響で粒子が凝集し.硬くなり.土間になります。
したがって.せいせい塩だけは使わないでください。ただ単に.地面が柔らかくなるだけです。

20-30年前に1回作るのに立ち会ったことが有るだけですから.分量については.自信が有りません。作られた.土間の大きさと.現場に積み上げられていた.塩俵(当時.俵で販売されていました)の量からの推定です。
    • good
    • 7

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報