自己破産をする際、財産はどの程度までのものを差し押さえられてしまうのでしょうか?
財産と言えるものは在りませんが、嫁入り道具の家具100万円程度のもの位しかありません。
あとは 冷蔵庫、テレビ等の普通の生活用品ばかりです。
車もありません。
また 自己破産の手続きをしたら
どの時点でそういった差し押さえの人たちが来るのでしょうか?
自己破産を考えているのは 主人で 私は連帯保証人などにはなっていません。
より良い方法を教えてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 どうしても、放したくない財産でしたら、弁護士に相談して、処分する段階で親族や友人に時価で買い取ってもらって、免責後、あなたがそれを買取りされたらいいと思います。

    • good
    • 0

自己破産しても一般に債権者が押し寄せて家財道具等を差し押さえられること


はありません。
処分可能な財産として財産価値の高いもの、例えば不動産(土地・建物)や
車、宝石類等を所有していたり、生命保険を高額にかけていて解約返戻金が
高額な場合それを処分して債権者に配当しなさい、ということがあります。
不動産に抵当権がついていれば債権者が抵当権を実行し、競売にかけられます。
車も最近は価値がすぐ下がるので売却して債権者に配当しなさい、ということは
あまり考えられません。
ただし、ご主人がサラリーマン等給与所得者の場合、債権者から給料の差押さえ
が執行されることがある可能性があります。その場合お給料の四分の一が免責
の決定まで差し押さえられてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おかげ様でこれからびくびくしないですみそうです。

お礼日時:2001/08/20 22:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産を考え中。実家の世帯主の私が自己破産したら実家はどうなる??

自己破産を考え中。実家の世帯主の私が自己破産したら実家はどうなる??
みなさん、教えてください。
私は賃貸マンションに住んでいるのですが、住民票は実家においたままの状態で、私が実家(持家)の世帯主になっています。
まだ住宅ローンは残っているようで、ローンの名義は母親で、私は一切払った事はありません。
借金の事は母親には言っておらず、知られたくないのですが、この場合、私が自己破産すると実家はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと腑に落ちないところがあります。
お父さんはどぅされまたか?

>ローンの名義は母親
もし亡父?名義のローンを母が支払っているなら、貴方も債務者です。
また、父名義の不動産だったたら、貴方も不動産の所有者かもしれません。
ここがクリアしない場合は、母に知られる事になります。

この点は大丈夫でしょうか?

で、私の回答です。

1.貴方は今まで、「官報」見たことありますか?
多分無いでしょう?従って、一般の人が、実家、親族が見ることもまずありません。

2.貴方は今まで、「身分証明書」(戸籍のある市役所で取れます)見たことありますか?
多分無いでしょう?従って、身分証明書に記載されたことを、市役所職員が(普通の感覚の持ち主なら)言いふらしますか?従って、これもまずあり得ません。

3.独力で破産申立てをするならともかく、弁護士等に依頼した場合には
債権者、裁判所、弁護士から実家に通知、封書は一切行きません。

以上のことは、やれば判ります。何が「真実」かっということを。。。

但し、官報の見る人はいますヨ。ヤミ金、振り込み詐欺の類です。
破産後はしばらくの間、『実家』に無用なウソ融資のハガキが増えます。
官報に載るのは、氏名、住所などで、電話番号は載りません。

最後に重要なことです。絶対っと断定はしませんが、
☆貴方の「居所」(賃貸マンション)の住所地にて、破産申立ができる可能性もあります。

ここで、イヤミな回答をみてモンモンっとするより法テラス等で早々に相談
なされるのが健全です。

ちょっと腑に落ちないところがあります。
お父さんはどぅされまたか?

>ローンの名義は母親
もし亡父?名義のローンを母が支払っているなら、貴方も債務者です。
また、父名義の不動産だったたら、貴方も不動産の所有者かもしれません。
ここがクリアしない場合は、母に知られる事になります。

この点は大丈夫でしょうか?

で、私の回答です。

1.貴方は今まで、「官報」見たことありますか?
多分無いでしょう?従って、一般の人が、実家、親族が見ることもまずありません。

2.貴方は今まで、「身分証明...続きを読む

Q自己破産 差し押さえ

仕事の関係で調べていたのですが、いまいち実態がわからなかったので質問させて頂きました。
自己破産すると給料が差し押さえられる場合があるらしいのですが、どのような場合に差し押さえられてしまうのでしょうか?また、どれぐらいの割合で差し押さえられるのでしょうか?大手の金融会社に限った場合でご回答お願いします。

Aベストアンサー

差押さえが出来るのは、債務名義を取得している場合です。債務名義の取得は、確定判決・仮執行宣言付判決・
仮執行宣言付支払督促・和解調書・調停調書で取得出来ます。従って、自己破産が直接、給与差押に関係するのものではありません。端的に言うと、払えって言ってるのに払わない→裁判所の回収のお墨付き貰う→でも払わない場合に公権力で差押さえが可能です。

差押可能な割合は税金と保険料を引いた4分の1となります。

Q自己破産の差し押さえについて

私はまだ高校生なのですが、父の事業が失敗し、自己破産することになりました。一番気になるのは差し押さえなのですが・・・。
母も保証人になっているので、どちらも自己破産するのだそうです。
家族の所有している財産も差し押さえの対象になってしまうのでしょうか?(ゲーム機、パソコンなど)
どなたか詳しく教えていただけませんか?

Aベストアンサー

自己破産なら財産もないとゆう事ですから
財産の差し押さえはありません

現在ローンで払っているものがあれば、回収されます

Q自己破産したら家族の預貯金は差し押さえられる

教えて下さい。

先月末、多重債務で自己破産することになり、弁護士さんに依頼しました。

本日、妹が銀行に行ったらなぜか預金が0円になっていたそうです。
私のせいかと考えてしまい、質問させて頂くことにしました。

家族は保証人でも無いのですが、家族の預貯金などは差し押さえられてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

>先月末、多重債務で自己破産することになり、弁護士さんに依頼しました。
>本日、妹が銀行に行ったらなぜか預金が0円になっていたそうです。

ほぼ99%の確率で、妹さん本人の問題です。あなたとは関係ありません。

で、まずは、落ち着いて、通帳記帳してもらって下さい。
誰が抜いたか判ります。

可能性として・・・。
1.税金を滞納して放置していた
2.妹自身のその銀行カードローンを延滞していた(3ケ月以上)
3.妹も何らかの借金を負っており、永らく放置し、訴訟にて判決を取れられ、
銀行口座の差押えをされた。
4.もともと口座にお金が無かった、勘違いだった。

のいずれかでしょう。
何はともあれ、通帳を記帳することです。

>家族は保証人でも無いのですが、家族の預貯金などは差し押さえ

そもそも、どうしたら差押えされるかご自身でもネットで調べて見て下さい。
民間同士なら民事訴訟で勝訴判決→民事執行法に基づき「差押え」です。
もし、あなたが弁護士に依頼する数ケ月前から滞納し、勝訴判決を相手から取られた
としても「家族の財産の」差押えは出来ません!!!!
また、
貴方が、今後、裁判所に破産申立(破産手続き開始後)したあとでは、
債権者は貴方の財産にさえ差押えはをすることは出来ません。
もし、配当する程度の財産が「貴方に」あれば、債務額の割合に従って「配当」
されるだけです。

よって、ご心配はほとんど不要です。

>先月末、多重債務で自己破産することになり、弁護士さんに依頼しました。
>本日、妹が銀行に行ったらなぜか預金が0円になっていたそうです。

ほぼ99%の確率で、妹さん本人の問題です。あなたとは関係ありません。

で、まずは、落ち着いて、通帳記帳してもらって下さい。
誰が抜いたか判ります。

可能性として・・・。
1.税金を滞納して放置していた
2.妹自身のその銀行カードローンを延滞していた(3ケ月以上)
3.妹も何らかの借金を負っており、永らく放置し、訴訟にて判決を取れられ、
銀行口...続きを読む

Q自己破産申請中に自己破産当事者が死亡した場合?

数ヶ月前に実家が家族ぐるみでやっていた、自営業が倒産し、昨日代表取締役である、おじが死にました。おじは自己破産申請中に死亡しました。借金の連帯保証人は、父、叔父の息子、叔父の妻が主ですが、実家が共同根担保になってます。その借金のみなら、私の父の借金は、家族でなんとか出来、我が家は自己破産しなくて良いのですが。。。もし叔父の死によって、借金が膨れ上がったら、父も自己破産しなければならなくなります。叔父が途中で死ぬ事によって我が家には、どー言う風に影響をうけるのでしょうか?逆に、叔父の生命保険がおりて借金の穴うめになるのでしょうか?教えて下さい宜しくおねがいします

Aベストアンサー

叔父さんの生死にかかわらず、連帯保証人であるお父さんは叔父さんの借金を返済する義務があります。叔父さんは破産を申し立てたほどですから、返済はできていなかったはず。となると、借金全額を一括で払えと貸主は言ってきているはずです。お父さんはそれを支払うことが出来るか否かが問題です。ただ、お父さんが一人で払えなくとも、同じ保証人である叔父さんの息子と妻との3人で払えればいいのですが。
また、叔父さんの息子と妻は、相続放棄をすれば(原則叔父さんがなくなってから3ヶ月以内)、叔父さん自身の債務(借金)は支払う必要がなくなりますが、保証人としての債務が残るので、実際には、叔父さんの生命保険金でその返済に充てることとなるでしょう。その後に残った金額をお父さんを加えた3人で返済することになると思います。
どちらにせよ、早急に対応しなくてはいけません。弁護士や司法書士に相談してはどうでしょうか。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報