プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

ジニ係数の計算で、完全平等線とローレンツ曲線に囲まれた面積を 最後に「2倍」するのはなぜでしょうか?

A 回答 (1件)

均等分布線を y=f(x), ローレンツ曲線を y=g(x) とするとき、


ジニ係数の定義は ∫{f(x)-g(x)}dx/∫f(x)dx です。

あなたの言う「完全平等線とローレンツ曲線に囲まれた面積」は
∫{f(x)-g(x)}dx のことですが、
∫f(x)dx のほうは三角形の面積なので、1×1÷2 = 1/2 になります。
よって、
(ジニ係数) = ∫{f(x)-g(x)}dx/∫f(x)dx
     = (完全平等線とローレンツ曲線に囲まれた面積)/(1/2)
     = (完全平等線とローレンツ曲線に囲まれた面積)×2
です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング