「文化大革命」の原因と終結、その必然性について詳しく教えてください。
難しくてよく理解できませんので・・お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

毛沢東が権力維持のため、また国民の毛崇拝をさらに向上させるために行ったとされています。

資本主義文化を徹底的に排することで文化大革命と言われていますが、その実状は毛沢東のあいまいかつ抽象的な言葉に対し、紅衛兵といわれる学生たちが勝手な解釈を起こし、国内にある文化遺産、書籍、親子関係までもが破壊され、気がつけば何も残らず、裏切りと無気力と告発へのおびえだけが国民に宿ったようです。あらかたの毛沢東に対する反抗分子がいなくなったことと国内生産力の低下に対する歯止めのため、「目標は達成した」として悪しき革命は終止符を打ったようです。結論から見れば国民にとって全く必要性はなく、毛沢東一人だけのためにあった出来事でした。
「ワイルド・スワン」は読みやすく詳しく載っているのでぜひ読んでみてください。
    • good
    • 0

 「そうだったのか!現代史」という本があります。

著者は、NHKの「週間子どもニュース」の司会者 池上彰さん。昨年の11月発行の本です。この本の第9章が、「文化大革命」という壮大な権力闘争 というタイトルで詳しくわかりやすく書かれています。
 「文化大革命」について、「指導者(毛沢東)が、間違って引き起こし、反革命集団に利用されて、党と国家と各民族人民に大きな災害をもたらした内乱である」と鄧小平は規定しています。
 文化大革命で、10年間で300万人が投獄され、500万人が処刑されたというデータがあります。この影響は、今日にまでおよび、1960年前後に学生生活を送った世代の人々を、現在の中国では「失われた世代」と呼びます。学校教育が満足に受けられなかったため、基礎学力が不足し、コンピュータなどの新しい技術や知識の習得も困難な世代です。
 多くの犠牲を払って、得たものは何もなかったのが、「文化大革命」でした。
    • good
    • 0

原因…毛沢東が、実権派内の資本主義分子を一掃したかった。



終結…けっきょく毛沢東が死んですべておじゃんに。

必然性…何もなかったのでは?

…というように理解していますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文化大革命がソ連を刺激した?

wikipedia によると「文化大革命」でも「中ソ対立が顕在化」したそうですが、それのどういった点がソ連を刺激したか怒らせたのでしょうか?

http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/5119/%C2%E6%CF%D1/detail.html?mode=0

Aベストアンサー

ソ連はフルシチョフが資本主義の良いところを多少取り入れて社会の安定や経済に重きを置く修正主義的な政策をはじめますが、毛沢東はあくまで資本主義は革命によって倒すしかないと考えて、中国内でも実権を握りつつあった修正主義者を排除しようとしたのが文化大革命です。

あくまでも、社会主義の枠内での対立なんですが、よくある宗教の宗派間対立みたいなかんじで、近いものほど憎しみあうんですかね。

Q文化大革命の日本への影響

文化大革命の日本への影響を知りたいです。
実際にはどれくらいの影響があったもんなんでしょうか。

Aベストアンサー

何をもって「影響」とするか、にもよりますが……

No.1さんのおっしゃるように、70年安保への影響はかなり大きなものがあったようです。

連合赤軍など、いわゆる左翼過激派に対して毛沢東の影響は絶大なるものがあったようですし、同時代において文化大革命を批判した「知識人」はほとんどありませんでした。
一例を挙げますと、ロシア/ソ連でいうシベリア送りに相当する「下放」、実質的には辺境農村での強制労働ですが、これを賛美する論調が日本では支配的だったくらいですし。

いわゆる日中国交回復も、中共の核保有とアメリカのベトナム戦争での事実上の敗北からくる米中国交回復の影響が主因ではありますが、上記のような日本での論調が国交回復を加速した一因でもあると思います。

もし大きめの、70年安保頃の出版物がたくさん置いてある図書館を利用することができるようでしたら、雑誌のバックナンバーや文系の学術著作物をざっと通覧していただくとある程度当時の空気がつかめると思います。

Q文化大革命

文化大革命

文化大革命では何名の方が亡くなったんですか?
なぜなかったことにされているんですか?

Aベストアンサー

>文化大革命では何名の方が亡くなったんですか?
 直接的な死者は数百万~数千万人ですね。
それに関連する食料不足などによる被害者は+2000万
 おそらく総計すれば4千万人以下と推察されます

>なぜなかったことにされているんですか?
中国共産党指導部内の大規模な権力闘争だから

Q中国の文化大革命と、第一次天安門事件の写真や動画を探しています。

 中国で起きた第一次天安門事件(四五天安門事件)の時の写真と動画を探しています。
 第二次天安門事件(六四天安門事件)の写真とドキュメンタリー映像はインターネット上などで、簡単に見つかりますが
 第一次天安門事件の時の写真や動画は、どこを探しても見つかりません。
 第一次天安門事件の写真や動画は存在するのでしょうか?もしあれば、教えていただきたいのです。また、その前の文化大革命の時の
写真と動画も探しています。その時の写真等があるならば、教えていただきたいのです。どうか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E6%96%87%E5%8C%96%E5%A4%A7%E9%9D%A9%E5%91%BD&btnG=%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E6%A4%9C%E7%B4%A2&gbv=2
文化大革命についての画像検索結果ですが・・・・

Q中国の文化大革命について

1960年代~70年代に起こった
中国での文化大革命のきっかけは何だったのですか?
また、この文化大革命は中国社会に
どのような変化をもたらしたのでしょうか?

Aベストアンサー

自分は歴史を研究していますが、中国史ではないので「一般人」としての回答です。

とりあえず、矢吹晋『文化大革命』(講談社現代新書、1989年)をお読みになるとよいかと思います。この本は読みやすく、かつ要領よく文化大革命の経緯を記載していますので、参考になるでしょう。

本書での面白い(個人的に思った)指摘は、体制に反逆して造反有理を唱えたエリート子弟が田舎に行かされた(下放)ことによって、彼らが立ち遅れた農村の貧困の現実を知ることになった、という点でした。

Q毛沢東による文化大革命について質問です。

毛沢東による文化大革命について質問です。文革では、思想の改革として主に儒学を否定しましたよね。それはなぜなのでしょうか?それに関係する文革の背景なども詳しく教えて下さい。加えて、儒学における「革命」に対する姿勢がどのようなものか教えて頂ければ、なお助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1です
中国は今でも中国共産党による1党独裁です。
比較的最近の、気功の1派の弾圧でもわかるように、政治的結党や言論の自由は基本的にありません。
中国共産党を批判すれば、国内居住できず、海外へ亡命的に移住しなければならず、帰国できません。
毛沢東は中国共産党の始祖的大英雄です。
手段の正当性はともかく、覇権を維持しNO1のまま死にました。
だから毛沢東の失政非難は、いまでも一般人はできません。中国共産党の存立基盤を否定することになり、生活基盤を奪われ、身の危険があります。
文化大革命の正しい再評価は、中国の政治体制が多数党による民主議会制に変わらない限り、無い。といえるでしょう。

中国共産党による大陸制覇は、
軍閥・地主と悲惨な農奴という封建社会制度、極端な男尊女卑や人身売買、出自による強固な身分制度、という旧制度を大破壊しました。
これにより、
貧しいけれど、一応建前として、男女平等・身分平等・収益再配分・最低就労保障がおこなわれた功績は、いまは変質してきているとはいえ、中国の知人と付き合うとよくわかるし、私も高く評価します。

封建制の衣替えをしただけの国民党では、とても、なしえなかったと思います。
国民党が移ってきた台湾では、国民党の封建的体質をきらう発言をこっそりする台湾人多数に昔会ったことがあります。

軍閥地主の顔が共産党幹部の顔に変わっただけみたいな不完全な部分はもちろんいまでもありますが。
それはともかく。
最初の全国制覇の旧体制のゆり戻しは、文化大革命の大破壊により完全に息の根をストップされました。
最初の全国制覇のプラス面は、2回目の全国制覇(文革)のマイナス面を基本的に上回っている、ということを私は感じています。
男女同権を謳歌する中国人女性と話すと、彼らもベースで、そのことはなんとなくわかっているように感じます。

巨大な中国は公正統治が困難で、汚職やヤクザ支配や地方総がかりの腐敗が横行しています。
伝統文化による倫理規範を喪失した中国には、個人個人の潜在意識に叩き込まれた確固たる倫理規範がなく、「私利私欲の短絡的充足が個人にとって善である」のが現状であり、トータルでは常に旧体制の方向に向かいたがる社会引力があります。

いい加減な国ではない、世界の中心で覇権を叫びたい、大中国を誇りに思いたい、そんな中国人にとって、
強力なカリスマで赤い手帳の規範を示した毛沢東がいまでも慕われる理由はここにある気がします。

日本人が、国家を亡国の危険にさらした天皇制を完全にはやめることができない、いまでも完全共和制になれない。のとどこか似ている気がします。

No1です
中国は今でも中国共産党による1党独裁です。
比較的最近の、気功の1派の弾圧でもわかるように、政治的結党や言論の自由は基本的にありません。
中国共産党を批判すれば、国内居住できず、海外へ亡命的に移住しなければならず、帰国できません。
毛沢東は中国共産党の始祖的大英雄です。
手段の正当性はともかく、覇権を維持しNO1のまま死にました。
だから毛沢東の失政非難は、いまでも一般人はできません。中国共産党の存立基盤を否定することになり、生活基盤を奪われ、身の危険があります。
...続きを読む

Q中国文化大革命の時期

中国文化大革命の時期は(西暦)何年に始まり、何年に終わったのでしょうか?

Aベストアンサー

中国の文化大革命は基本的には1966年から69年までです。

これは中国共産党内部の主導権争いでもあって、実権を失いかけた毛沢東派が1966年にしかけたもので紅衛兵運動によって奪権闘争を展開し、一時は中国国内が大混乱に陥ります。これに対して、周恩来派がこの混乱を一応収拾させたのが69年ですが、いわゆる四人組なども権力を保持して大きな影響力を持ち続け、76年に毛沢東が死亡後、華国峰が四人組を逮捕して指導体制を確立するまでが文化大革命ともいえます。なお、中国政府は77年8月に文化大革命の終了を宣言しています。

Q冷戦の終結について アメリカとロシア間の冷戦は1989年に終結しましたが、勝敗はどのようになっている

冷戦の終結について
アメリカとロシア間の冷戦は1989年に終結しましたが、勝敗はどのようになっているのでしょうか?
ソ連が崩壊し、ロシアの国力の低下と衰退が進んでいったため、勝者を決めるのなら西側のアメリカだと思うのですが、まず勝敗を決めること自体が好ましくないのでしょうか
また、冷戦終結の一番の原因も教えてもらえると嬉しいです

Aベストアンサー

勝敗はどのようになっているのでしょうか?
  ↑
冷戦は、資本主義と社会主義の戦いです。
そして、ソ連が崩壊し、ロシアとなって
社会主義を捨てました。
だから、ソ連の負けです。


まず勝敗を決めること自体が好ましくないのでしょうか
   ↑
そんなことはありません。
社会主義は間違った思想だ、ということを明確にする
ということは好ましいことです。
社会主義が産んだのは、独裁と貧困と自国民の大逆殺
でした。



冷戦終結の一番の原因も教えてもらえると嬉しいです
    ↑
国家の要は経済です。
社会主義ではその経済が成り立たなくなったのが
一番の原因です。
その欠陥を米国レーガン政権が軍拡競争で攻撃して、見事ソ連を
崩壊させたわけです。

どうして社会主義経済はダメだったのか。
知的エリートが集まって計画を建て、それに従った
経済活動をやれば理想的な国になれる、と考えたのが
傲慢でした。
そんなことは人間の手に余ることだったのです。

自然の成り行きに任せる資本主義経済の方が
優れていたのです。

Q文化大革命の理屈

中国の文化大革命についての質問です。

文化大革命って知識人を弾圧したという側面があったと思います。(私の知識によると。)

でも、どのような思惑で文化大革命が行われたにせよ、
知識人を弾圧するにはそれなりの建前がなければおかしいと思うんです。
勉強しないほうがいい人間だ、という理屈でもあったんですか?

どのような理屈で知識人を弾圧したのか、をお教えください。

質問は以上です。


過去の文化大革命についての質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=17297



『活きる』という映画で、中国の1960年代の場面で、
病院に医師がいないんです(紅衛兵の看護婦たちが医師の代わりをしている。)。
なぜいないかというと、
そこの医師が大学教授(助教授?)だったから糾弾された、という話だったと思います。

Aベストアンサー

いろいろ挙げられると思いますが、毛沢東の現実認識と思想が根本的な原因だと思います。

もともと共産党内部の奪権闘争として、党内部のブルジョア反動思想を排除する、というのが文革の出発点ですが、毛沢東はこれを民衆を使った大衆運動として実行しました。おのおのの国民に「自分で自分を教育し、自分で自分を解放する」ことを求めたのです。
問題だったのは、毛沢東には、学術界、教育界、出版、文芸など社会の多方面の分野が官僚化していたり現実主義化している、(つまり反動主義的である)という認識があったことです。特に各界における知識人ほど、プロレタリアとしては純粋さを失い反動勢力に近い存在であると考えられました。
文革初期のスローガンであった「旧世界の破壊」というのは、この認識と不可分の関係にあるわけです。旧世界の破壊というのは、当然ながら知識層による既成のエスタブリッシュメントを壊すことを指すわけですし、知識層ほど「破壊」すべきものが沢山あると考えられたわけです。

毛沢東の極端な平等主義も、この迫害に拍車をかけた要因でしょう。
彼の平等主義は、例えば分業の廃止などによく現れていると思います。労働者と農民、都市と農村、肉体と精神、これらの間に横たわる「三大差異」が完全に解消されることが共産主義の実現だ、と彼は考えていました。
ですから、軍隊も農民も労働者も学生も、等しく軍事、政治、文化面に関わってブルジョア批判をすべきだ、と考えたのです。
その先に描く理想社会を彼は「大きな学校」と呼んでいますが、その中身は貨幣経済、商品経済を停止した大きなコミューンのようなものです。こういう世界を理想とする彼の共産主義からすれば、やはり知識人は邪魔なものを一杯持った人間という風に見られがちだったのでしょう。
結果、ご指摘のような重労働による厳しい「自己改造(?)」を求められる結果を招きました。

(分業廃止はもともとのマルクスの思想にあることですが、彼は資本主義の行きついた先にこれを想定したのに対して、毛沢東は資本主義経済の未成熟ななかでこれを強引に進めたことが混乱に拍車をかけたと思います)

いろいろ挙げられると思いますが、毛沢東の現実認識と思想が根本的な原因だと思います。

もともと共産党内部の奪権闘争として、党内部のブルジョア反動思想を排除する、というのが文革の出発点ですが、毛沢東はこれを民衆を使った大衆運動として実行しました。おのおのの国民に「自分で自分を教育し、自分で自分を解放する」ことを求めたのです。
問題だったのは、毛沢東には、学術界、教育界、出版、文芸など社会の多方面の分野が官僚化していたり現実主義化している、(つまり反動主義的である)という認識...続きを読む

Q【日本の土下座の文化の発祥はどこの誰が始めた?】日本人は土下座することを恥とする文化があるので土下座

【日本の土下座の文化の発祥はどこの誰が始めた?】日本人は土下座することを恥とする文化があるので土下座することに抵抗があるという。



昔の武士は土下座するくらいなら切腹した方がマシだと言って切腹して自害するほどだった。

いつから日本人に土下座文化が誕生したのだろう?

誰がいつから始めた文化なのか知ってますか?


ちなみに祖先が武士でない農民であっても土下座することに抵抗があるという。

大名が通るときは農民は土下座して目を合わせてはいけなかった。

通り過ぎるのを土下座して通過し終えるまで頭を上げれなかったので自分の藩主の顔を見たことがなかった。

無論、籠に入って担がれて通過するので顔を上げていても顔は見れなかった。


土下座することが嫌すぎて日本人は土下座を苦痛に感じるので礼儀作法を教える小笠原家は双手礼と言う土下座に見えて土下座でない作法を考案した。

要するに土下座の格好をして手が鼻より奥に有れば双手礼で土下座ではないと洗脳した。

鼻より前に手をついた格好が土下座だと門下生に教えた。

するとなんだ鼻先より奥に手先を引っ込めたら土下座風に見えて土下座ではないのかと今でいう心療内科みたいな武士の心のケアを行なって武士の間に広がり武士は土下座を強要された時に双手礼をして土下座をしている風で上官の目を欺いて自尊心を保っていた。

時代は流れてなぜか双手礼は奥義のように忘れ去られて農民は双手礼の奥義を習っていなかったので武士は文化大革命で皆死んで農民が明治大正時代に生き残ったので武士は死んで双手礼を伝わらずに土下座文化だけ残った。

農民も土下座が屈辱だったので土下座することを嫌った。

【日本の土下座の文化の発祥はどこの誰が始めた?】日本人は土下座することを恥とする文化があるので土下座することに抵抗があるという。



昔の武士は土下座するくらいなら切腹した方がマシだと言って切腹して自害するほどだった。

いつから日本人に土下座文化が誕生したのだろう?

誰がいつから始めた文化なのか知ってますか?


ちなみに祖先が武士でない農民であっても土下座することに抵抗があるという。

大名が通るときは農民は土下座して目を合わせてはいけなかった。

通り過ぎるのを土下座して通過し...続きを読む

Aベストアンサー

似たような質問を見たが、あれは別サイトだったかな? 早々に締め切られると答えようがないのが、この手の質問サイトの問題点ですね。

日本人に土下座が恥という感覚は、あまりありません。むしろ積極的にやっている感があります。魏志倭人伝には、(上の人に)物事を伝える時にはしゃがんだりして両手をつくとあり、土下座の原型であろうと思われます。ただし、頭を下げるというのは、世の東西を問わず敬意を示す表し方ではあるものの、日本においては手を打つ(拍手)ことで敬意を表し、頭を下げるというのは中国から入ってきた儀礼のようです。上記の魏志倭人伝にも、目上の人に敬意を表すのに中国で頭を下げることの代わりに倭では拍手する、との記述が見えます。

時代が下り、奈良時代などになってくると、朝廷の入り口の左右に板の間(縁側みたいな感じ?)が設けられ、下位の者は早くに来てここで土下座し(板の上なので土下座ではないとも言えますが)目上の物が来るのを待っていたなどのしきたりがあったようです。非効率なのでやめさせようと令を出したがなかなか改まらなかった、などという話が残っていたとか聞いたことがあります。

切腹に関しては、自殺の1手法だったのが、豊臣秀吉が賛美して武士の間に広まったものなので、それを良しとするのはそれ以降(まぁ江戸時代から)のことです。


土下座に話を戻すと、これを受け入れられないのは西洋の人々です。昔、映画の007で、主人公が両手をついて土下座する(私から見たらしゃがむ程度)をしたのですが、それを見てあまりの屈辱に気絶した(観客の)女性が居たとか・・。

似たような質問を見たが、あれは別サイトだったかな? 早々に締め切られると答えようがないのが、この手の質問サイトの問題点ですね。

日本人に土下座が恥という感覚は、あまりありません。むしろ積極的にやっている感があります。魏志倭人伝には、(上の人に)物事を伝える時にはしゃがんだりして両手をつくとあり、土下座の原型であろうと思われます。ただし、頭を下げるというのは、世の東西を問わず敬意を示す表し方ではあるものの、日本においては手を打つ(拍手)ことで敬意を表し、頭を下げるというのは...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報