【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

英語の依頼表現は、多種多様であり、次の表現も主な依頼文です。

・Will you~?
・Won't you~?
・Would you~?
・Wouldn't you~?

"Won't you~?"は、否定疑問文であり、しなくていいことを前提としているために、"Will you~?"より丁寧であると教わりました。また、"Won't you~?"や"Wouldn't you~?"は、実際ネット等の実践的な会文例で余り目にすることがないように感じています。

つきましては、次の点ご教示願います。
①"Won't you~?"と"Wound you~?"はどちらが丁寧なのか。そしてその理由。
②"Won't you~?"や"Wouldn't you~?"のような否定疑問文の依頼は実際の会話でよく使われるものなのか。

A 回答 (3件)

私にはご質問に自力で回答できる能力がありませんので、情報提供だけします。

非常に長いですが、下記サイトが参考になるかも知れません。

http://www2.kct.ne.jp/~suga/jimakudatabase.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

資料提供ありがとうございます。

このような研究があるのですね。

少しずつ読ませていただきますね。

お礼日時:2021/06/24 09:23

アメリカ人はwon't you は普通に丁寧語と捉えてる人が多いですがイギリス人はそれは懇願で「お願いお願い。

ダメじゃないですよね!」的な表現で普通はよっぽどのお願い以外は使わない。みたいな事があります。国民性ですかね。へりくだると言うか押し付けがましい表現と感じるからでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

感覚が分かり使いやすくなりました。

お礼日時:2021/06/24 08:49

① 文脈や同じ英語圏でもアメリカ、イギリスでの認識は微妙に違うのでどちらが丁寧と一概に言えないと思いますが、一般論で言えば Would you~? のほうが遠回しで相手に断る選択肢を与えているねでゆり丁寧な表現。



②否定依頼は公のシーンではあまり使われないと思います。何故なら依頼と言うより懇願に近い表現だからです。しかし何度も言いますが、これはあくまで一般論です。個々の文脈や背景によって意味合いは変わってきます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

>②否定依頼は公のシーンではあまり使われないと思います。何故なら依頼と言うより懇願に近い表現だからです。

懇願というのは、頼む主体が相手に相当へりくだっているという意味でしょうか。

お礼日時:2021/06/23 14:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング