『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

ドキュメントなどの管理に
Version, Revision, Volumeなどがあります.

個人的には
Version: 大きく変更があったら変える
Revision: 小変更で変える
Volume: 1まとまりのドキュメントが分割されたらそれぞれふる

と思っているのですが, パソコン好きはversionを多用したがるし,
サブカル好きにはvolumeを多用したがる人がいます.

正しい使い分けはどうなるのでしょうか.
また, このような使い方をされる他の語はあるでしょうか?

A 回答 (1件)

Version は、第○版という、大きな変更やほとんど新作したようなものに番号付けするときに使います。



Revision は、修正がなされた(revised)ということを表すので、一部分の差し替えや修正にとどまっているという意味合いがあります。そのため、修正前の大元となるもの(version)が存在するのが前提となります。

Volume は、第○巻のように、作品が分割して製本されたりCDにされて発売されているときに使います。そのため、ソフトウェアの世界にはそぐわない表現ともいえます。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

お礼が遅れました.
ご回答ありがとうございました.

お礼日時:2008/11/18 04:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング