柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

quicklyとhurry upの使い方で
quicklyはshort
hurry upはlongerってきいたんですが、こんな解釈でいいですか?

例題で
Tokio run quickly =Tokio hurry up
Tokio eat quickly =Tokio hurry up
tokio work quickly=Tokio hurry up

quicklyを使うときは、
はやくご飯食べて、
はやく歩いて、
はやく仕事して

hurry upを使うときは、
相手がトイレ行ってくると言った時、はやく戻ってきて、
ちょっと出かけてくるといった時に、はやく帰ってきて

直接の動作について”早くして”いう時と直接の動作とは関係ない時に言うとので使い分けるのですか?

...................................
up hereと up stairs
down thereと down stairs
この使い分けは、人の好みですか?

お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

隊長!QuicklyとHurry upの違いは特にないかと思われます!隊長のおっしゃるとおり、そのような使い方はしますが、逆にしても使えるので差異化する必要性はないと思われます!


例えば、

1.
A: Hey, can I go take a piss little quick?
(ちょっと即行で小便行って来ていい?)
B: Yeah. Hurry up!
(あぁ、さっさと行け!)
2.
A: Hey, can I go take a piss in hurry?
B: Yeah. Quickly!

ただ、この場合ですとBは使えますが、2のAは(使えない事もありませんが)ちょっと変な感じがするであります!

ただ、相手がそこでその動作を行っていて「せかす」場合にはQuickのほうが自然であります!
B: Come on!!! Quick, quick!!
(ごるぁ、速くせーなっ!!)
A: Shut up! It's almost up!!
(黙っとけ!すぐ終わるわ!!)
B: Alright, I will be waiting down there!
(わかったよ!あっちで待ってるからな!)
と無理矢理Down thereにつなげましたが(笑)、Down thereは必ずしもDownstairsと同義であるとは限りません!「あっち」という意味もございます!

隊長!朝はきついであります!なんか意味不明な回答になっていたら申し訳ないであります!
以上、報告終わります!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは
なんか難しいですね。
必ずしも1つの意味じゃないという所がやはり。

なんとなくわかりました。

PS
ドラム好きなんですね。
私も好きです。会社のボスがドラマーでライブとかやったりしてます。格好よくみえるのは何でだろうと・・・。
習いに行こうか検討中です。

お礼日時:2005/03/02 18:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHurryとQuick の違い

HurryとQuickの違いがいまいち分かりません・・・

同じ意味と考えていいんでしょうか?

Aベストアンサー

【同様の意味で使われるとき】
日常の経験からも、また辞書(たとえばOxford Dictionaryとか)を引いて調べた限りでも、「hurry」も「quick」も「せかす」ときなどには同じ状況で交互に使われるのが現実だと思います。

「Hurry up!」(急いで!)を
「Quickly!」「Be quick!」「Make it quick!」
などと言っても、言いたいことは同じだったりしますし、

「Make it quick because we’re in a hurry!」
(急いでるんだから早くしなさい!)などと、二つの言葉を一緒に(同じ文で)言うこともあるでしょう。たとえば、上記の文も、
「Hurry up and finish your food because we have to get there quick (quickly)!」
(急いで行かなきゃならないんだから早く食事を済ませなさい!)
などと言いかえたとしても、やはり言いたいポイントは同じように思えますよね。

【意味の違いがあるなら・・・】
違いについて、なるほどそうか、と思える点の一つは、「hurry」の方が、「quick」よりも早い行動や動作を意味する場合がある、ということで、「hurry」が「more quickly」や「too quickly」に相当する、と感じるときがそうだと思います。この場合は、「hurry」はむしろ「rashly」「in rash manner」(よく注意せずに)の意味が出て、「quickly」(てきぱきと)との違いが表現できるので、たとえば・・・

「I made a mistake because I was in a hurry.」
「I made a mistake because I did it too quickly.」
(急いでやったんで間違えちゃった。)
と言う場合に、二つの言葉の語感の違いが出てくると思います。なので・・・

「Be quick but not in a hurry.」(急いで、でも急ぎすぎてテキトーになっちゃだめ。)
「Don't be too quick when you're in a hurry.」(急いでるからってあんまり早くしちゃだめよ。)
などと注意・助言したりするときにも、意味の違いを表現できると思います。

【同様の意味で使われるとき】
日常の経験からも、また辞書(たとえばOxford Dictionaryとか)を引いて調べた限りでも、「hurry」も「quick」も「せかす」ときなどには同じ状況で交互に使われるのが現実だと思います。

「Hurry up!」(急いで!)を
「Quickly!」「Be quick!」「Make it quick!」
などと言っても、言いたいことは同じだったりしますし、

「Make it quick because we’re in a hurry!」
(急いでるんだから早くしなさい!)などと、二つの言葉を一緒に(同じ文で)言うこともあるでしょう。たとえ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報