人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

最近、北朝鮮は将来中国に合併吸収されるのではとの、大胆な意見が新聞をにぎわしています。とてもびっくりしたのですが、考えてみると満州が中国なのに、何故その隣の朝鮮が中国に入らないのか不思議です。また、チベットのようなむちゃくちゃな例もあります。
かんがえるに、朝鮮の人は怒るかもしれないが、ひょっとして、日本が朝鮮を植民地にしていたため、中国に組み込まれることをまぬがれた、とはいえませんか?
それとも、朝鮮は中国に組み込まれないほど、政治的にも心理的にも中国から独立した所だったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

中国という国は歴史的によくも悪くも周辺諸国を飲み込んだ国で、例えば満州も本来は中国ではありません。


満州はもともと北方騎馬民族の土地で、女真族が支配してましたが、ヌルハチが部族を統一して漢民族の王朝「明」を滅ぼし「清(息子のホンタイジの時代に成立)」を建国しました。
従って形としては満州が中国を併合しましたが、やがて女真族も中国という文明に飲み込まれ中国人になってしまったので、「中国人になった満州族の土地」として満州も中国の一部となってしまいました。
「元」や「金」なども異民族(漢民族でない)王朝です。
ところが朝鮮が中国を征服した例は過去になく、もし朝鮮民族が中国に王朝を建てた例があれば「朝鮮半島は中国固有の領土」と言いかねませんが、少なくとも歴史上はありませんから、朝鮮は独立した地域とされます。
中国は伝統的に東アジアでは対等の国家を認めない冊封主義をとっており、日本や朝鮮がお付き合い(貿易)したいと望めば臣下の礼をとり、中国皇帝から「王」として封じられなければなりません。
足利義満が「征夷大将軍」として中国と接触を図っても相手にされず「日本国王」と称したのは有名な話ですが。
こうした朝貢外交で日本と朝鮮は常にライバルでもあり、宮廷での席順を争う間でもあります。
しかしながらお互いが存在したから中国に飲み込まれずに済んだという面もあり、日中朝の3国は様々な駆け引きをしてきました。
中国から日本に対して協力して朝鮮を攻めようと提案されたこともありました。
これに乗れば、朝鮮を滅ぼした勢いで中国軍が日本に南下する危険もあり、これが当時の天智天皇の失脚につながったとの説もあります。
つまり朝鮮は日本にとっての傘でもあるのです。
日本が朝鮮を併合したから中国に組み込まれなかったかどうかは議論の分かれるところで、日本が朝鮮を支援して友好を深め、ロシアや中国の盾として、南方に勢力を伸ばすという選択肢もありました。
同じことはドイツにとってのポーランドでもあり、もしヒトラーがポーランドを独立国家として支援してれば、ロシアの盾となり、東部戦線は安泰だったと考えられます。
話を戻すと、朝鮮は中国を宗主国として歴史を渡ってきましたが、日本ともある時期は仲がよく、徳川将軍には挨拶の使者を送ったりしてますし、文化的には中国の影響下にあっても独立を保ってます。
元の時代に属国となり日本に襲来してますが、朝鮮国王も形式的にはおり、独立運動もあったので、独立国と見てもよいでしょう。
    • good
    • 1

近世のナショナリズムはハンパではありません。


隣接した強国があっても、その独立を維持、確立しようとする動きは世界中に見られます。
アイルランドしかり、ソ連崩壊後のウクライナ、カザフスタン等、またレバノン、パレスチナ等枚挙にいとまもありません。

近代世界での国境の意味は非常に大きいのです。
今日の情勢において朝鮮半島を中国領とするなどとの動きは、たとえ過去の履歴がどうあろうとあり得ないことです。

この回答への補足

皆さん回答ありがとうございます。
どうやら、日本のおかげで朝鮮半島は中国領にならずにすんだという意見はうけないようです。

補足日時:2005/03/03 01:36
    • good
    • 0

歴史的にも、文化的にも中国の一部になったことは無いですね。



中国文化の影響は強いですが、殆ど学術レベルの影響です。つまり、儒教や漢文文化。
儒教の影響で冠婚葬祭・礼に影響は見られますが、生活習慣レベルの影響はありません。
中世の国家機構にも影響は見られますね。

政治的には中国の直接統治に入ったことは無い。と断言できる水準です。
一時、漢代に楽浪郡など、朝鮮人居住地域にまで中国の行政機関が出てきたが、実質的に朝鮮人を支配していたレベルではない。と考えられ、すぐに、高句麗など朝鮮人の独立政治母体ができています。

新羅の統一も唐の力を借りているが、統一直後に影響力を排除しています。
新羅と唐の国境の唐側に朝鮮人の居住域はありましたが、すぐに渤海王国として独立しています。
高麗は完全に独立していたし、元が属国化したじきもありますが、モンゴル人の侵略が、侵略地域の王族の娘を妻にして、チンギス・ハーンの一族が直接統治するケースが多かったにもかかわらず、高麗の王族が元の王族の娘を妻にして高麗王として、存続しいました。

李朝朝鮮は完全に独立国でしたね。

寧ろ、唐以降の漢民族系中華帝国は、中華帝国の継承を正当性を中国を除いて最大の儒教国家朝鮮からの朝貢使節を受けることで、正当性の証明としていたのではないでしょうか。
    • good
    • 0

現在の中国の国境は第二次世界大戦後に日本の影響前の清の領土に戻して引かれました。

日本併合前の朝鮮半島は李氏朝鮮であり、明から王朝を認められていました。
 現在の中国は漢民族国家であり、漢民族国家としては最大の領土になります。他の民族による国家(王朝)の場合に比べて漢民族の多民族に対する扱いが過酷で、他の民族の土地の支配権を取ることが難しかったといわれています。
 朝鮮半島の場合は高句麗・高麗などと呼ばれる強力な民族があり、大陸の影響を強く受けながらも、元の崩壊後に李氏朝鮮として属国では有りますが、結構戦闘的な国家が樹立しました。
    • good
    • 0

政治的にも心理的にも中国から独立した、というのはある意味正しいかもしれません。


歴代の朝鮮王朝は、唐が中国を支配していた時代から既に、
中国の属国的な立場を建前としつつ、うまく独立国として立ち回ってきています。
内心では自分たちこそが中華の正式な後継者だ、なんて考えも持っていたようです。
また、国政が不安定なときは殆ど内外での戦争、あるいは植民地となっていた事も、
中国が(支配の意思があったとすれば)手出ししにくい理由として大きかったことと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%B0%8F% …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q在日韓国人などの人はなぜ祖国へ帰らないのですか?

よく在日韓国人の人は日本人と交わりたがらないくせに権利ばかり主張しているように思います、そんな彼らをみて「そんなにいやだったらさっさと国へ帰れよ!!文句いいながら日本にいすわるな!!ただ日本の経済力目当てだけにいるだけではないのか??」と正直思ってしまいます、帰化などもするようなきもないようですし。 戦後すぐには朝鮮半島が荒れていてかえれなかったという話なら十分わかるんですが最近は韓国も成長してきていっぱい職などもみつかりそうな気がするんですが・・・・。

ちなみに私は韓国や中国に対する戦前の行いはいくら建前を日本がつくろうが侵略だったことにはかわりないと思っています、が、戦後50年日本は謝り続けたにもかかわらず今現在も謝罪謝罪謝罪、日本は鬼だといいつづける彼らが正直好きではないです(中国の勝手な軍事行動や韓国の竹島の占拠などの態度もかんがみて)

荒れそうな質問ですがなるべく荒れないような真摯なご解答があると嬉しいです。

Aベストアンサー

質問:在日韓国・朝鮮人はなぜ帰化したくないの?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=996194

質問:在日朝鮮人を帰国させるように政府の方針を変えることは出来ないのでしょうか?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=397244

Q朝鮮半島はなぜ一応の独立を保てたか?

東アジアでは、歴史を通し、軍事的・文化的に拡大する中華帝国の影響で、周辺の国や民族が次々に飲み込まれて行きました。その過程で、現在で言うところの少数民族が生まれしたし、時代が下るにつれ、中央から離れた地点でも、少数民族が漢化しいて行きました。明・清期になると、広東省のような中華圏でいえば辺境の地においても、多数派が自らを中国人だといました。(・・以上が、私が中国史の授業や本で学んだことのまとめです。これを前提に質問いたします)

中国の政治・文化の中心地からそれほど遠くない位置になる朝鮮半島においても、当然に冊封態勢に組み込まれ、多くの影響を影響を受け続けてきたです。しかし、(封鎖・従属の程度、その様態については、政治的民族的感情により争いがありますが、それは本件では無関係なので、置いておきます)一部の時代を除けば、完全に中国に取り込まれることはなく、一応は別の民族・文化として存在を保ち、現在でも(北朝鮮ですら)中国一部にはなっておりません。周辺民族の歴史と比較すれば、半島全体が「中華人民共和国朝鮮自治州」となる歴史展開になっても、それほど不思議ではないと思われます。

中国がどんどん拡大し、ほとんどの民族が取り込まれて行く中で、中国からあれだけ近い朝鮮半島の人々が(文化的・政治的に冊封されつつも)一応の独立を保てたのはなぜでしょうか?

東アジアでは、歴史を通し、軍事的・文化的に拡大する中華帝国の影響で、周辺の国や民族が次々に飲み込まれて行きました。その過程で、現在で言うところの少数民族が生まれしたし、時代が下るにつれ、中央から離れた地点でも、少数民族が漢化しいて行きました。明・清期になると、広東省のような中華圏でいえば辺境の地においても、多数派が自らを中国人だといました。(・・以上が、私が中国史の授業や本で学んだことのまとめです。これを前提に質問いたします)

中国の政治・文化の中心地からそれほど遠くな...続きを読む

Aベストアンサー

1.漢時代以後、中国が朝鮮半島を直接支配していた時代が短い事と、またそれにより漢民族の流入が少なかった事。

2.北方民族の国家が朝鮮半島と漢民族の国家の間に存在した時代がかなりあり、緩衝地帯となった事。

3.中国のその時々の事情により朝鮮半島に力を入れられなかった事。

上記の点から自立した独立国家が朝鮮半島に長年存在できました。


漢の時代に朝鮮半島には漢の支配機構である楽浪郡、帯方郡が成立し、朝鮮半島のある程度はその支配下にあったわけですが、次の晋の時代の戦乱期、晋が滅びを迎えた時に楽浪郡と帯方郡は高句麗などに攻め滅ぼされてしまいます。

そして五胡十六国時代という中国が分裂した時代が到来し、各国は中華の覇権をめぐって戦争にあけくれます。朝鮮半島の支配どころではなくなります。こうした分裂時代が約300年も続きます。
この時、朝鮮半島のお隣、遼東半島に鮮卑の建てた前燕という国ができ高句麗と戦ったりします。
後に高句麗は朝鮮半島北部から遼東半島と満州の一部にもその支配地を広げています。

結局、晋の滅亡後の中国の分裂時代は隋によりようやく再統一されます。
隋と高句麗は冊封関係に入りますが、高句麗の嬰陽王は、他国と結ぼうとし、怒った隋に三度攻められますが、戦いに勝利します。
そのうち隋が滅び唐が建国されます。
その後、高句麗は唐と朝鮮半島南部の新羅に攻められ滅びます。
唐は朝鮮半島の支配を強めようとしますが、今度は新羅が立ち塞がります。
この頃、唐は吐番との戦争で敗北するなど深刻な問題が別にあり、結局支配していた朝鮮の地域すら新羅に委ねます。唐が朝鮮半島の旧高句麗の地を支配したのは8年に過ぎませんでした。
つまり、隋と唐の時代、両国は朝鮮半島の支配に失敗しています。

唐が滅ぶとまた中国は分裂の時代になり、後に宋が統一しますが、北辺は北方の契丹族が建国した遼となります。この時代、朝鮮半島はこの遼とお隣になり遼と高麗は何度も戦います。
そのうち遼は女真族の金に倒され、高麗のお隣はこの金になりますが、金は高麗よりも宋との戦いに力を入れました。
この金も蒙古(元)に倒され、高麗は蒙古と戦い敗北し、蒙古の支配を受けますが、高麗の王家は存続を許され傀儡政権のような形になり存続します。
ただそれも約100年ほどの事で、元が衰退すると高麗は元に叛旗を翻し独立を取り戻しました。

元を倒したのは明で、明は元の後継である北元や北方民族のオイラート、タタールなどとの戦いに忙しい状態でした。朝鮮半島は高麗から李氏朝鮮の時代になっていますが、やはり北方の民族と戦っています。
李氏朝鮮と明軍は連合して女真族と戦ったりもしています。
明も李氏朝鮮もやはり外敵として北方の民族が問題であったようです。
この後、明は女真族の清にとって変わられ、李氏朝鮮もその支配下になりました。

このように、必ずしも統一された中国の大帝国が必ず朝鮮半島のお隣に存在したというわけではなく、それなりの勢力を持った国が間にいたり、高句麗のように朝鮮半島から飛び出てかなりの勢力を保持していた国が存在したり、中国も内部分裂や外敵の存在により、朝鮮半島にまで支配を及ぼせないという期間がかなりありました。だから取り込まれませんでした。

なお広東省など華南の地に住む人々が自らを中国人というのは至極当然だと思います。古来、中原での戦乱を避けるために多くの人々が華南の地に逃れ住みました。また、北方の民族が華北を支配したため、漢人の政権の国が華南の地にできた事もすくなくありません。それだけ古くから支配が進んでいましたから。

なお明・清時代に広東省が中華の辺境というのは個人的にはどうかなと思います。
唐の時代に都護府という組織が辺境と異民族支配のために置かれていますが、南を担当する安南都護府が設置されたのは679年の事であり、その場所は広東省より南の現在のベトナムのハノイです。

1.漢時代以後、中国が朝鮮半島を直接支配していた時代が短い事と、またそれにより漢民族の流入が少なかった事。

2.北方民族の国家が朝鮮半島と漢民族の国家の間に存在した時代がかなりあり、緩衝地帯となった事。

3.中国のその時々の事情により朝鮮半島に力を入れられなかった事。

上記の点から自立した独立国家が朝鮮半島に長年存在できました。


漢の時代に朝鮮半島には漢の支配機構である楽浪郡、帯方郡が成立し、朝鮮半島のある程度はその支配下にあったわけですが、次の晋の時代の戦乱期、晋が滅びを迎え...続きを読む

Qテレビ、マスコミが韓国寄りな理由は?

テレビ、マスコミが韓国寄りな理由は?

韓国内での、芸能界の反日行動は、日本人にとっては、少なくともいい感情を覚えないレベル、規模です。

しかし、テレビ、マスコミは、韓国の反日を報道することはあまりありません。ネットのニュースも同様です。

なぜなのか考えてみました。

1. 日本のテレビ局は、近年の不況で、一般企業からのスポンサー収入が減少している。
2. それを補うために、パチンコ産業をスポンサーに受け入れている。
3. パチンコ産業の経営者は、朝鮮半島関係者が大半。
4. テレビがスポンサーの悪口を言うことはあり得ない。日本のマスコミ、芸能人自体に、在日が多い。彼らが、韓国の反日と直接つながっている、いないに関わらず、少なくとも、母国の悪口を言うことはあり得ない。

上記のことを考えたのですが、現状から外れているでしょうか?それとも合っているでしょうか?

もし、現状として合っているのなら、日本のマスコミは、韓国のプロパガンダの一旦を担っているようなものになります。それを止めさせるには、金の流れを止めればよく、パチンコを止め、パチンコ業界から金を受け取っている議員をつるし上げにする。。。。マスコミを牛耳られているから無理かな。

テレビ、マスコミが韓国寄りな理由は?

韓国内での、芸能界の反日行動は、日本人にとっては、少なくともいい感情を覚えないレベル、規模です。

しかし、テレビ、マスコミは、韓国の反日を報道することはあまりありません。ネットのニュースも同様です。

なぜなのか考えてみました。

1. 日本のテレビ局は、近年の不況で、一般企業からのスポンサー収入が減少している。
2. それを補うために、パチンコ産業をスポンサーに受け入れている。
3. パチンコ産業の経営者は、朝鮮半島関係者が大半。
4. テレビがスポン...続きを読む

Aベストアンサー

だいたい合ってます。

正確に言うと韓国民団っていう団体がスポンサーですけどね。
民主党の支持母体でもあります。

韓国民団は韓国政府から直接運営資金を受け取っていて、
それがマスコミにスポンサーとして支払ってるわけですから、
実質韓国政府によりマスコミが牛耳られてると言ってもいいぐらいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報