冬物クリーニング最大49%OFFはコチラ

満蒙は日本の生命線ってどういう意味ですか?少し簡潔にお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

日本の歴史上、近代以前に異民族と戦争したのは3回しかありません。

白村江の戦い・蒙古来襲(元寇)・秀吉の朝鮮出兵です。これらはすべて対馬から朝鮮半島を経由して、中国大陸のクニと戦っています。白村江は唐・新羅の連合軍と戦い、元寇は中国を支配した元が朝鮮半島から攻めてきて、秀吉は逆に「明を攻める為に」朝鮮まで行ったのです。

だから「朝鮮半島に日本と敵対する勢力が来ると、日本はすごく危ない状態になる」わけです。

松岡洋右がこの言葉をいった時代は、すでに朝鮮半島は日本に併合され、日本本土を守る防波堤になっていたのですが、となると今度は「朝鮮を守るための防波堤はどこなのか」ということになります。

朝鮮を守るためには、満州や蒙古を日本の支配下に置かないと安心できない、と言う状態だったのです。
そのうえ、イギリスやフランスなどが中国を事実上支配していて、ロシアもシベリアから南下をしてきていたのが当時の状況であり、満蒙を日本が押さえておかないと、イギリス・フランス・ロシアなどがそこを占領して、いずれ朝鮮半島もねらってくるだろう、という認識が「満蒙は日本の生命線」という言葉になったのです。
    • good
    • 1

絶対に手放してはいけない領土。


当時の政府の見解ですけど。
    • good
    • 0

あそこは、朝鮮半島の裏側です。



つまり、あそこを制されたら、朝鮮半島が
制される、ということです。

それは、日本の安全保障を脅かす
ことになります。

何しろ、半島は日本とは目と鼻の距離しか
ありません。
あそこに、ロシア軍などが駐留されたのでは
たまりません。

つまり、朝鮮半島は日本の生命線でも
あるのです。
元寇は、この朝鮮半島経由で日本を侵略
しました。

日清日露戦争はまさに、朝鮮半島を巡る
争いでした。


近年ではキューバ危機がありました。

米国の隣国であるキューバに、ミサイル基地
など造られたら、米国の安全保障上大問題です。

だからケネディ大統領も、第三次大戦覚悟で
海上封鎖に出たのです。
    • good
    • 0

「満蒙は日本の生命線」とは昭和6年にのちの外相、松岡洋右が初めて唱え、世に広まったスローガンである。

満州(中国東北部)と内モンゴルは戦略的にも経済的にも、日本の存亡がかかった地域だという意味。

平たく言うと生命線とは食料や燃料等補給が必要なモノが(近くに)有る場所の事。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング